カテゴリー別アーカイブ: 投資家心理

先週のイベントを経て、円はどこまで行くのか?

2017.03.22
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

こんにちは。

相場は、いろいろなイベントがあった
先週を乗りきって今に至りました。

もう、出る材料は出つくして、
こんどはあたらしい手掛かりがない、
という状況になってしまいました。

FOMCの利上げ決定を受けて、
米債券市場では長期債を売り、
ドルを買う動きが目立ちましたが、

確かに瞬間的にはドル高(円安)になったものの、
むしろ逆の動き(円高)となりました。

ここ何日かの為替市場は、G20を終え、
そのG20でも明確な姿勢が出なかったため、
余計にその傾向が出ています。

むしろドルに対しては円安の
ピークは終わったものとして、

円高を懸念するゆえに株式も
上値が重いように見えます。

今回の円高理由は、
事後的にはいくつでもあげられますが、

米利上げ回数が今年は(当初市場が懸念した)4回ではなく
3回になるものと見込まれたため
米金利の先高感が薄れたこと、

そもそも今回の利上げは事前に
市場が95%織り込んでいた
(つまり、既に市場はドル買いを終えていた)ため、

むしろ安心して反対のポジション(ドル売り)に
シフトしたこと、が理由となるでしょう。

しかし、むしろ本来の水準へ向けた自然の流れ、
ともいえるのです。

それを説明します。

日米の通貨レートは、
長期的には日米で同じものを買う時
に同じ値段で買えるレートに落ちつきます。

購買力平価(PPP:Purchasing Power Parity)といいます。

これは理論的な一致点であり、
実勢レートが購買力平価
と完全に一致することはありませんが、
PPPと大きくかい離する状態が
長期に続くことはありません。

PPPの計算は、1973年を基準とする為替に、
2国間の特定の指数を用いて計算します。

どこが発表するどの指標統計を使うかで
多少異なりますし、PPPもいくつか種類があります。

(消費者が購入する物価(消費者物価)を基準とするか、
国内企業間の取引価格からみる物価(企業物価)を基準とするか、
日本が輸出する価格FOB価格(輸出物価)でみるかで、3種類あります。)

総務省統計局が公表する消費者物価指数、
日銀の企業物価指数などを使えば誰でも

試算できますが、その詳細はさておき、
ズバリ95円と考えてよいでしょう。

え、そんなに円高なの?

そうです。
95円は、円ドルレートの適正水準なのです。

ただし、この水準は、あくまでも統計から導いた理論値であり、
実勢レートは、ずっとかい離しているのが通常です。

かい離が解消されるのには時間がかかります。

3-5年です。

なぜそんなに時間がかかるのかは、
いろいろな説がありますが、
それは気にするときりがないのでやめておきます。

いずれにしても、
今のドル円(112.81円,3月21日)は、
PPPが示唆する本来水準95円からみると、

18.7%も円安であり、今後、長い時間をかけて、
95円に向かう過程である、といえなくはないのです。

その過程で、株は安くなるか高くなるか、
とは全く別の問題ですし、あくまでの
長期のトレンドということは強調しておきましょう。

では、次回をお楽しみに

奥村尚


FOMCは織り込み済み?今日、注目すべき重要指標

2017.03.15
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

もう3月の半ばになってしまいました。
光陰矢の如し、です。

この時期は例年、とにかく決算の見通しが
何より情報として重宝されますが、
今年は珍しく違います。

世界的にも重要なイベントが多いからです。

FOMCを真っ先に
思い浮かべる方は通です。

が、
CMEのフェデラルファンドレート先物という
短期金利の先物取引が示唆する利上げ確率は

3/14時点で95%を超えており、
市場はほぼ完全に織り込んでいます。

従ってサプライズが起こるとしたら、
利上げが見送られた時になるでしょう。

イエレン議長は3月3日から、
早期利上げのポジティブな見解を発表しており、
見送られる可能性も小さいものと思います。

債務上限休止期限が3/15(水)に到来します

米国では国債発行残は上限を議会が決定しています。

しかし上限があると国債を自由に発行できなくなるので
オバマ政権時代に停止されていました。

その期限が3/15(水)で、上限が復活します。

上限引き上げが成立しないと、
利払いのキャッシュを調達するための
国債が発行できないため、

利払いが遅れる=米国債の利払いがデフォルトになります。

デフォルトというのは、
踏み倒されることだけではなく、

利払いがスケジュール通りに
支払われない事をふくめて使う言葉であり、

そうした意味ではこれまでも何度も
米国債はデフォルトになっています。

まぁ一時的に支払いが遅れるにしても、
米国はお金がなくて支払いを
停止するわけではないのですから、
必ず収束するようにできています。

大げさにニュースで伝わる場合でも、
みなさんは影響をうけないでください。

オランダ議会選挙があります。
これも3/15(水)です。

世論調査では、反EUを掲げる自由党が20%の
議席(総数150議席中30議席)を得て、第1党となる見通しです。

オランダ議会は、
自由民主国民党と労働党の2党が連立政権をとっていて、

与党2党で合計35議席と自由党単体を上回る様子ですが、

フランス(4月大統領選、6月議会選)、
ドイツ(8-10月議会選)、
イタリア(2018年5月)

と続くEU主要大国の選挙に影響を与える事が注目されます。

トランプ大統領の予算教書演説が16日に予定されています。

米国では予算の権限は議会にあり、
大統領は議会にお願いするだけの立場です。

しかも、減税の改革にあまり踏み込まないものと
みられていて、市場は反応しそうにありません。

ひとつ、ふたつとイベントを消化しながら、
市場が不透明感を払拭できた時、
次の高みまで相場が上昇するのではないかな、
と思う次第です。

それでは、次回をお楽しみに

奥村尚


クリスマス直前「今年の総まとめ」

2016.12.21
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

こんにちは。

今回は2回続いた日銀の話を続ける予定でしたが、、

今週はクリスマス。
そして、すぐ年末が来ます。

そろそろ1年を振り返ってみて、、
という話をしようと思います。

昨年末の大納会では日経平均19033円で終わり、
今年の大発会は18450円で終えました。

実に583円安という波乱のスタートだったんですね。

その後さらに下がりましたが約一年かけて
結局、昨日は19494円で引けました。

これは今年の高値圏ですから、
一年を通しておおざっぱにみると株を買った人は
(多かれ少なかれ)みな儲かったという事になります。

僕から見た現状をわかりやすく
“劇場”に例えてみたいと思います、、、、

今年はとにかくいろいろあったけれど、
米国の8年ぶりの大統領選で”ムード”が一変しました。

それまではガラガラだった劇場に
久しぶりに人が集まってきました。

ムードで支えられて株が高くなり円安になりました。
その円安が企業業績を水増しする結果となり、さらにムードは高まります。

日銀の買い支え型破りな新大統領、
時には孫社長という“役者”がどんどん登場して
舞台は盛り上がっています。

そしてさらに、盛り上がりはまだ続くように見えます。

「いったい、いつ終わるのだろうと」心配になり、
舞台終了を待たずに、途中で劇場を出ていった人も多いですが、
空いた席はスグに埋まり、劇場の外はいつも人であふれている。

主役の新大統領は1月20日の襲名披露があるので、
 それまでは続くのじゃないだろうか・・・

いやいや、その後はハネムーンがあるし、
 もっと続くのじゃないだろうか・・・

劇場の内外では、物語の先を予測する会話があちこちで聞こえ、
参加する人もしない人も大勢がこの大きなステージにくぎ付けになっています。

ちなみに、大統領は1月20日の就任後、
「一般教書演説」(State of the Union Address)があります。
慣例的に最終火曜なので、1月31日になるでしょう。

これは国の状況に関する見解と政治課題を説明する
message(教書)となります。

ついで、
「予算教書」(Budget Proposal)が2月に示されます。

議会が大統領予算案を示し、
「〇〇に対しこれだけお金が必要だと思うので予算化してくれ」
と依頼するものです。

どちらも注目されると思いますし、

1月20日以降予算教書演説までの期間は、
政権発足懸念の心理で市場が振れる可能性がある
とみています。

いずれにしても、
今年に関しては「終わりよければ全て良し」といったところでしょうか。

僕はというと、、、、

この一年、僕のお客様は投資でうまくいきました。

これが一番ですが、僕自身の投資も同様にうまくいきましたし、
CFOとして支援しているベンチャー企業もうまく回りだしました。
計画通りです。

そして、計画外の良い事もありました。
このようにブログで金融の話題を発信するという
新しいことにも挑戦できました。

いろいろなめぐりあわせで良い出会いもありました。
趣味でやっている競技エアロビックも良い成績だったぞ。。。。

と、なかなかに良い年だったのですが、
僕の話はさておき。

そろそろ、本格的に年間計画を反省し、
またあらたな年間計画を立てる時期にきましたね。

みなさんにとっては、今年はどのような一年でしたか?

それでは、また来週。

奥村尚

<今週金曜開催セミナー>
年始から新しいことに挑戦したいあなたに!

このセミナーで急騰株の本質を知れば
すぐに利益へ直結させることができます。

年明け、盛況相場で稼ぎたい方はこちらをクリック↓
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_161223/


新聞はひまなときに読もう

2016.04.23
fujii-profile

From:藤井百七郎
静岡のスタッフ合宿のホテルより、、、

みなさん、新聞は読んでますか〜?

我々トレーダーはすなわち、投資家。
投資家にとって、情報は命!

情報は、明日の利益に
大きな影響を与えてくれます。

新聞をしっかりと読み込んで、
これからの相場をしっかりと
予測しましょう。

情報は早く仕入れた人の勝ち。
誰よりも早く起きて、新聞を読みましょう。

できれば合わせて、
経済番組もみておきましょう。

おすすめは、
テレビ東京系の朝5:45から始まる
『モーニングサテライト』がいいです。

さあ、みなさん、早起きは三文の得。
がんばっていきましょう!!!

・・・。

アホかって感じですね(^_^;)
実際こんなことをしても勝てません。

しかし、信じてる人の多いこと、多いこと…

これから株をやるんだから、勉強しなきゃ、
それにはまず新聞をしっかりと読み込まないと!

これは、がんばり屋さんに多い失敗です。

株を勉強することはもちろん大事ですが、
新聞を朝早く起きて読むのは別問題。

新聞から銘柄を探すわけではないからです。

でも、とにかく、
がんばり屋さんは何かしなきゃと思って、
このような行動に出てしまう。。。

結論からいいます!

朝早く起きて、日経新聞を読んでも

勝てません!!!

新聞もしょせんは新聞屋ですので、
売上が上がることしか書きません。

新聞の売上は広告費です。
広告を出してる企業の都合の
良いことしか書きません。

だから、読んでも意味がないのです。
新聞を読むなら、ひまなときでOK。

ひまなときに、世間で起きてることや
みんなが信じていること、予想を外す
経済アナリストの無能さを眺めておけばOK。

わざわざ早起きする必要はなく、
もちろん、早朝の経済番組も
意味がないと思っています。

どうしても見たければ、
500円/月でオンデマンドで観られます。

ニュース以外にガイアの夜明けなど、
テレビ東京系の経済番組が全て見放題なんですね。

ただ、これも時間があれば
観るくらいでいいと思います。

あるトレーダーは、朝の準備の時に、
後ろでオンデマンドを流し聞きしてるとのこと。

朝早く起きて、寝不足で、
集中力を落とすくらいなら
しっかりと寝て、備えたほうが
ずっといいです。

我々昭和の世代は、
新聞は早く起きて読むものと教わりました。

だから、株をやるなら、
その分誰よりも早く起きなくてはと
がんばり屋さんは思ってしまいます。

これも、がんばり屋さんが
株で勝てない理由のひとつでもあるのです。

がんばることも、ある意味では大事です。

でも、がんばることと併せて、
”要領よくやる”というのも、
同じくらい大事なことです。

特に朝の時間は貴重だからこそ、
何に使うかで、その日の利益が変わったりします。

そこのがんばり屋さんのあなた…

気をつけてくださいね(^u^)

 
藤井百七郎


節目の作戦

2016.01.11
fudou-profile

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

大人になると1年は、
あっという間に過ぎるように
感じることが多いですね。

私の母は昨年の7月に、
部屋の中で転んで骨折し、
入院して手術を受けました。

それを含め、2回入院し、
11月に帰らぬ人に。

年末には、母の四十九日の
法要を済ませましたが、
昨年は長い1年でした。

脳科学、心理学によると
人間は未経験の体験をすると
それが印象に残り、時間を
長く感じるそうです。

ですから、
一般には年齢を重ねるにつれて、経験が増え、
未経験の体験をすることが少なくなるので、
時間が速く流れるように感じるとのことです。

そういう理由なのか、
私にとって昨年一年は
長く感じた1年でしたね。

今年1年は、
どのような年になるのでしょうか?

長く感じるのか?
短く感じるのか?

為替はというと・・・

ここ最近はトルコの通貨、
リラの為替見通しについて
聞かれることが多くなりました。

なぜなのでしょう?

トルコは国内と周辺国に
紛争の怖れを抱えています。

テロ、戦争などの事件は突然起きるので、
経済的な動きと違って事前に予想する事は困難です。

トルコに限らず、紛争地域に近い途上国の通貨は、
紛争の影響を大きく受けるためにボラティリティ
(変動の幅)が大きいものです。

もしトルコの周辺で事件が起きると
トルコリラは急落するでしょうし、逆に
危機が去れば、急上昇することもあります。

では、トルコリラの
値動きを見てみましょう。

下の図1は
トルコリラ/ 日本円の
直近までの長期チャートです。

160111図1
【図1】

図1を見ると
最近のトルコリラは
安値圏にありますね。

ですから、
安くなったトルコリラを買いたい、
あるいは既に買ったという人が
増えているのですね。

次にリラの最近の
値動きを見てみましょう。

160111図2
【図2】

上の図2は
3か月強のチャートです。

水平の破線はトルコリラが折り返した、
あるいはもみ合ったレートです。

こういうレートを「節目」と言います。

最近のトルコリラはちょうど
その節目のレートに差し掛かっています。

また、最近の値動きの高値を結んだ
レジスタンスライン(黄色の直線)と
安値を結んだサポートライン(赤い直線)を見て下さい。

最近は値動きが
小さくなってきていますね。

これはトルコリラを
買っている人と売っている人の人数が
ほぼ同じなので上にも下にも動かなくなって
値動きがだんだん小さくなっているのです。

これを三角持合いといいます。

この状況は綱引きで
2つのチームの力がほぼ同じで
綱が動かなくなった状態と似ています。

この力のバランスが崩れると・・・

上か下に急激な動きが
出る可能性があります。

ですから、
これから新たにポジションを持たず、
方向性が出るのを待つのが得策でしょう。

というのも、、、

チャートの形、これまでの値動きからすると
上がる可能性が高いと見えますが、
トルコの国内外の状況によるからです。

このようにチャートから
投資家の心理を読むことにより、
相場を予想できるようになります。

今年も悔いの無いように
過ごしていきましょう。

不動修太郎


相場に広がる不安

2015.12.21
fudou-profile

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

先日、都内を移動していたのですが、
なぜか、目的地の会場を間違えました。

大慌てで、タクシーで移動です。

母が他界して、
いろいろな手続きで、
バタバタしていたからでしょうか。

為替では、ミスをしないよう、
気をつけなければいけませんね。

とりわけ、
最近の相場は
注意が必要ですよ。

その理由をお話していきます。

まず、復習から。

為替をする上で、
テクニカル指標は
とても大切です。

ですが、相場の予想のために
さらに重要なのは、チャートに
直線を引くことです。

その直線の引き方は
多くの種類があります。

とりわけ大切なのは、
底値を結ぶ「サポートライン」と、
天井を結んだ「レジスタンスライン」です。

また、この2種類の直線と同じ位に
いやそれ以上に大切なのは、
「水平に引く直線」です。

では、実際の相場を見てみましょう。

151221図1
【図1】

上の図1は、
ユーロ/米ドルのチャートです。

為替取引市場の中で
一番取引量が大きいのは、
基軸通貨である米ドルです。

次は欧州共通通貨であるユーロですね。

ですから、
ユーロと米ドルの取引量は
世界で最も売買高が
大きい通貨ペアです。

取引量が小さい途上国通貨は、
時として少数の機関投資家が
売り込んで、わずか数日の間で
大きく下げることがあります。

それに比べると平均的には
ユーロ/米ドルは動きが小さく、
穏やかになっている筈です、、、

が、、、
もう一度、ユーロ/ドルの
長期チャート図1を見てください。

図1の前半はユーロがドルに
対するレートが1.3から
大きく下がり続けていますね。

図1のチャートに
直線を引いてみたのが
下の図2です。

151221図2
【図2】

相場が下落から上昇に転換したところ、
もみ合っているレートを直線で結んでみました。

一度、大きく相場が転換、
あるいは長い間揉み合っていたレートは、
投資家の記憶に残り、チャート上で
意識されるポイントになります。

ですからまた同じレートで
繰り返し転換、または揉み合います。

図2の最後、つまり、
最近の部分だけの時間軸を
拡大したのが、下の図3です。

151221図3
【図3】

今回の記事のすべての
図は日足のチャートです。

私のチャートでは、
値上がりを示す陽線は青、
陰線は赤で示しています。

図3の12月3日は
ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁の
発言をきっかけにユーロが大きく動きましたね。

そこで大きな値上がりを示す長い青線、
つまりは大陽線(だいようせん)を付けていますね。

チャートに書き込んでいる通り、
レートが、1.051から
1.098まで急騰しています。

これはユーロとドルとの
レート(交換比率)なので、
イメージしにくいかもしれません。

日本円に直すと128.2円から
134円という大きな動きです。

最近の相場はこのように、
時折大きく動く相場ですので、
注意が必要になりますね。

要人の些細な発言で、
大きく為替が動くということは、
市場に不安感が広がっているということです。

こういう相場の心理を
地合いと言います。

その地合いを掴むことが
相場の予想において大切ですね。

不動修太郎