カテゴリー別アーカイブ: 中野英

【卒業!】最後に・・・日本株への自分の想い

2016.02.23
nakno-profile

From:中野英
都内の自宅より、、、

これまで自分のブログを
ご愛顧いただいたこと、
心より感謝申し上げます。

誠に勝手ながら、
しばらく自分の活動に
専念したいと考えまして、、、

本日を以て、
ジャパン・インベストメント・スクールでの
執筆を卒業させて頂くことになりました。

こうして文字を連ねながら、
『自らの視点』を確認する場でもありました。

ディーラーという、孤独な・・・
※ 不特定多数の投資家との戦い・・・に、
日々身を置いてきたということもあり、、、

全く真逆の《投資家の皆さんのお役に立てる場》に
身を置くことが嬉しくもありました。

どの程度お役に立てたのか、
自分には分からないですが・・・

今後の皆さんの取引のどこかで何らかの
好影響を与えていくことを、心から願っています。

今日は、最後のブログ記事として、
今後の日本株への自分の想いを書きたいと思います。

年始からの波乱も一段落し、ここにきてやっと、
世界の株式市場は落ち着きを取り戻してきています。

特に、ニューヨーク株式市場、
木曜日は、株価下落にも関わらず・・・
※ 恐怖指数(ボラティリティ)の低下・・・

という動きが見られ、
《投資家の押し目買いスタンス》が
より強く感じられるようになりました。

金曜日もその流れを踏襲し、
株価が下げたところでの
《底堅さ》が際立ちましたね(#^.^#)

パニック的な動きが収まり、
かつ『投資家の買いが戻ってきた』こともあり、
日々の値幅も狭くなってきました。

これこそ、ニューヨーク株式市場の
《投資家層の厚さ》の証と言えるでしょう。

それに対して、日本株(´・ω・`)
パニック的な売りが収まり、商いが減少。

そして相変わらず、スルスルと
《上下に激しく振れる》相場が続いています。

値動き自体は大きいので、
一見『面白い』相場とも感じられますが、、、

《上下に激しく振れる》ということは、
それだけ・・・中身が薄い。

言い換えると・・・
※ 参加者が少ない(投資家層が薄い)
・・・ということを意味します。

《物質》で表現すると・・・
ニューヨーク株式市場は、《炭素》が
ぎっしり詰まった・・・※ ダイヤモンド

日本株は、同じ《炭素》の塊でも、
スカスカの・・・※ 木炭。
そのような感じでしょうか?

確かに、木炭の方が《柔らかい》分だけ、
形が色々変形します。

株式市場に置き換えれば、もしかしたら、
上昇する時も《異常》とも言える上昇が
たびたび見られるかもしれません。

しかし、《木炭》ですから、当然・・・
※ 脆い・・・下げる時も、《異常》な
下落がたびたび見られることになるでしょう。

世界には、様々な《投機家》から
《投資家》まで、様々な参加者がいます。

《投資家》は、基本的に・・・
※ リスクを抑制することを
第一に、利益を追求する

・・・そういう意味でも、《投機家》が
目立ちすぎない程度の相場が、程よい相場と言えます。

そう考えてみると、今の日本の株式市場は・・・
※投資家が近寄りづらい市場と言えるかもしれません。

そうして《投資家》の手が
引いていってしまうようだと、
その後の待ち受けるは、最悪・・・

※《閑散》という、
廃墟のようになった株式市場・・・取引したくとも、
取引相手すらままならないような、そんな株式市場です。

『短期的な株式市場の動きに一喜一憂しない』!

という発言が、たびたび聞かれますが・・・

真に『憂う』べきことは、
そのような動きを生み出してしまうような・・・

※投資家層の薄さなぜならそれは、同時に・・・
※『日本株の魅力の乏しさ』の証でもあるのですから。

『海外のマーケットの影響を全く受けない』と
いうことは、実質《不可能》でしょう。

しかし、水物である《為替市場》の動きに振り回されるような、
そんな不安定な国・株式市場からは、脱皮しなければなりません。

それは、《政治家》を選ぶのが
『日本国民自身』であるということも踏まえて・・・

※ 日本人全員が試行錯誤して、
日本を変えていかなければならない

・・・待ったなしの現状が、
目の前にあるのだと思います。

長きに渡りご愛読いただきまして、
本当にありがとうございました(#^.^#)

中野英


世界最大!の仕手株『日本株』との付き合い方

2016.02.16
nakno-profile

From:中野英
都内の自宅より、、、

『日本株らしさ』全開のマーケットになっています(笑)

ここ最近・・・こんな相場、今までに見たことありますか?
・・・という質問を、何度かされましたが(´・ω・`)

はい、何度も見たことあります(笑)

2000年から、ほぼ毎日・
一日中取引して過ごしたのですから。

今の相場について、『難しいです』と
いうご意見を頂くことも増えたかもしれません。

自分にとって?
自分にとっては・・・

※ 簡単です
・・・別に、特別な相場でも
何でもありません(´・ω・`)

ここで一つ、自分の《スタンス》を
お伝えしておいた方がいいですね。

基本的に・・・

※ 投機
・・・知識はありますが、取引するにおいて
《ファンダメンタル》という領域は、考慮しません。

『値動きだけ』のみを
追求することになります。

『長年続けてきたスタイルだから』でもありますが、
もう一つ理由を挙げますと・・・

元々『世界最大の仕手株』という
位置づけにあるのが・・・

※ 日本株
・・・つまり《投資的》発想が
通用しにくい市場だからでもあります。

これは、『アナリストの予想は当たらない』と
いう日本の伝統(笑)とも繋がっていて(´・ω・`)

どうして当たらないのかと言えば・・・

※ 《運用》の視点が、欠けているから

・・・ 運用に携わったことがないがゆえに、
『現場のルール』というものが分からないのかもしれません。

もちろん、自分も全てを
知っている訳ではありませんが・・・

今の相場に影響を与えているだろう
『ルール』について、少し書いてみます。

まずは、
《投資家のルール》について考えてみます。

細かいルールを抜きにして、
基本的なルールは次の2点になります・・・

※ ポジションの金額
※ 最大ロスの金額

・・・総合して《リスク》に関する部分です。

《利益》に関しては、ノルマというものが暗黙で
設定されたりしますが、《ルール》ではありません。

ここで重要なことは・・・

※ 利益は『絶対』ではないが、
ルールは『絶対』である。

・・・スポーツと同じで、
『ルールあっての結果』ということです。

さて、ここで初めて、《投機的視点》で
このルールを考えてみます。

上記のルールを、
分かりやすく書くと・・・

※ 取りうる最大の《リスク》が決められていて
  それ以上の《リスク》に晒された時は・・・
  強制的にポジションを落とす

この意味が分かれば、
日本株の乱高下を理解出来たも同然。

リスクを分けると、
主に次の2つの要素に分けられます・・・

※ ポジションの金額
※ ボラティリティ(予想変動率)

・・・簡素化させて、
この二つの《掛け算》ということにします。

それを踏まえて、
『リスクを一定以内に保つ』方法を考えてみましょう。

いきなり本題に入りますが、
もし、ボラティリティが上昇したら?

簡単な例を挙げますと・・・

テイク出来る最大のリスクを《200》として、
ボラティリティが《20%》であったとしたら・・・

※ 最大で取れるポジションは《10》です。

では、ボラティリティが
《40%》に上昇したとしたら・・・

※ 最大で取れるポジションは《5》。

・・・ここで、『ルールを守るために』
取るべき行動はどんなものでしょうか?

簡単ですね、《引き算》をすればいいだけです。

☆ 10 - 5 = 5

《5》にあたる部分を、
現金化することになります。

もし、このようなルールで運用している投資家が
世の中に溢れていたら、果してどうなるでしょうか?

★ 売ります ⇒ 下落します ⇒ ボラティリティが上昇します ⇒ 
その分売ります ⇒ 下落します ⇒ ボラティリティが上昇します・・・

このような連鎖が発生することになります。

まさに、これこそ・・・
※ 売りが売りを呼ぶ展開と言えます。

この連鎖を止めるには、《株式市場》
もしくは《連動する他の市場》で・・・

※ 《売り》の規模以上の《買い》が入り、
株価の下落(変動)が収まる・・・と
いう条件が必要になります。

その意味で、今回の下落が
止まった要素としては・・・

※ ドル円の《110円台》
・・・が大きかったと思います。

この水準を抜けるには、
相当の《材料》がなければならないでしょう。

言い換えれば、まずは
『誰もが買いを入れる』水準ということです。

結果として・・・

※ 買いが入る ⇒ 下げ止まる
 ⇒ ボラティリティが低下する

・・・つまり『売りが止まる』訳ですから、
それまで『売っていた投機家』は、
真っ先に買い戻すことになります。

《投機家》が『ポジションを閉じる時』の
スピードは、凄まじいものがあります。

それを知っていれば、昨日の《1000円高》も
何ら不思議なことではないのです。

日本株と付き合っていくには、
誰一人として例外なく・・・

※ 《投機市場》である日本のマーケット
・・・という現実を受け入れなければなりません。

何事も《柔道の受け身》など、
怪我をしないための練習を、
第一に行います。

ぜひ、『怪我をしないこと』をモットーに、
株式投資を楽しんで頂きたいと思います(#^.^#)

中野英


<編集者のオススメ>
デイトレWEBセミナー
期間限定公開中

人生大逆転のチャンスが
完全無料です!


《外国人投資家》になりきったら、こんなことが分かりました・・・

2016.02.09
nakno-profile

From:中野英

都内の自宅より、、、

世界と比較しても、
下落が著しい日本の株式市場です。

先週は、アジア株が全面高でも、
ニューヨーク株式市場が高くても、
日本株には売りが降り注ぎ続けました。

それに対して、先週末ニューヨーク株式市場が
大幅安だったにも関わらず、月曜日は強い動きに。

正直なところ、昨日戻ったことはシナリオ通り。

前日比変わらず水準までを考えていたので、
想像以上に戻った動きではありましたが(´・ω・`)

月曜日の戻りのきっかけになったのは、もちろん・・・

※ アメリカ雇用統計

・・・週末にニューヨーク株式市場が
大幅に下落した要因の一つと言えるかもしれません。

しかし、なぜそれが
日本株には《ポジティブ》に働いたのか。

まずそれを知るには、
『先週一週間下げ続けた理由』を
知ることが必要になります。

そこには・・・

※ 《海外投資》に深く関わる要素が絡んでいた

・・・今日は少し、《外国人投資家》の
立場に立って取引してみましょう(#^.^#)

まずは、先週一週間の金融市場の動きの中で、
最も目立っていた事象を掘り出してみます。

株式投資をしていると、
《海外の株式市場》ばかりに
目が向かいがちですが(´・ω・`)

実は先週、最も特筆すべきだった事象は・・・

※ 為替市場での《ドル安》

・・・冴えない経済指標が続き、
《アメリカ経済》と《FRBによる利上げペース》に
疑問符が付いたのが原因だと思われます。

その結果、《対円》で起こった現象は・・・

※ 円高・ドル安

・・・日本株・特に輸出株にとっては
《売り材料》とされている動きです。

しかし先週は、輸出株だろうが何だろうが、
《日本株全体》が売られていました。

それに対して、東南アジア株などの
その他のアジア株は、同時間に大幅上昇する動き。

どうして、日本株だけに売りが降り注いだのか?

いくつかの理由が考えられますので、一つ一つ挙げてみましょう。

1. ドル安が《デメリット》となる日本株を売って、
ドル安が《メリット》となる東南アジア株にその資金を振り向ける

お話しした通り、日本企業・特に輸出企業にとって、
《ドル安》はデメリットとなります。

それに対して《東南アジア》諸国は・・・

※ ドル建て債務を多く抱えている

・・・ということで、《ドル安》は抱えている債務を
目減りさせる効果があり、メリットを享受することになります。

このような関係から、《ドル安》のトレンドを
意識してのポジション調整が行われた可能性があるわけです。

次の理由は・・・

2. これまでの《ドル高》トレンドで
積み上がったポジションのアンワインド

基本的に上記と同じ理由ですが、こちらは・・・

※ 《利上げ=ドル高》のトレンドを
意識して作っていたポジションを閉じる動き

・・・日本株《ロング》、東南アジア株《ショート》の
ポジションを閉じる動きと言ってもいいかもしれません。

そして、最後に挙げるのは・・・

※ 《円高・ドル安》の間に利食い売りを出す動き

・・・外債投資をしたことが
ある方なら意味が分かると思います。

《為替ヘッジ》をせずに
『現地通貨で』海外投資をする場合・・・

※ 現地通貨が高くなれば、
その分だけ資産価格は膨らみます

つまり、外国人投資家から見れば・・・

※ 《円高》の動きになっている時に
売った方がより利益が膨らむ。

・・・その意味で、《日銀のマイナス金利導入》後の
《円高》の動きは、絶好の『売り場』と映ったのかもしれません。

以上の点を踏まえて、改めて先週金曜日から
月曜日にかけての動きを考えてみましょう。

ニューヨークの株式市場は、『冴えない企業決算』と
『利上げの可能性が再燃』したことから、大幅に下落しました。

そして為替市場では『利上げの可能性再燃』と
いうことで《ドル高》が進みました。

先週一週間の下落の要因となったものは、明らかに・・・

※ 《ドル安》

・・・では、月曜日に海外株式市場の下落を受けて
安く始まった後、果してどのような行動を取るべきだったか?

投資家は『利益を最大にするために』投資行動を行っています。

時には《外国人投資家》の立場に立って相場を見てみると、
その時の流れがより見えてくるかもしれません(#^.^#)

中野英

<編集者のオススメ>
公開5日でコメント200件超え!
大反響のWEBセミナー

いまなら無料で見られます。
今すぐクリック!


そこまで来ているのか?近日中に訪れる現象とは

2016.02.02
nakno-profile

From:中野英

都内の自宅より、、、

とうとう金融緩和《第三弾》が炸裂しましたね。

マイナス金利という、『後に引くことを許さない』と
いう政策に打って出たわけなのですが・・・

※ そこまで追い込まれている・・・

ということの証明ですね。

仕組み上、『金利低下局面』では、
銀行の《利ザヤ》は小さくなります。

景気減速で・・・

※ 《利ザヤ》が低下 & 《貸出先》の減少

・・・となれば、銀行の商売は苦しくなるわけですが、
そこに追い打ちをかけるような政策とも言えます。

※ 『利ザヤの低下』に拍車をかけ

※ 『貸出先の減少』に罰則を与える

しかも、国内事業の停滞を受けて開拓してきた
《海外事業》も、チャイナショック以降、不安定な状態に。

『もっと国内に資金を回せ』と言われても、
《利ザヤ》の小ささと合わせて、もう一つ・・・

※ 貸し倒れリスク

・・・融資条件を緩くして貸し出した結果、
貸し倒れが増えてしまったら、現状と比較にならない
《悲劇》が待ち受けることになります。

競馬の世界と照らし合わせて話をしますと・・・

日本経済は、サラブレッドの《脚》のようなものです。

とても大きな体(経済)を持っていますが、
それを支える脚(需要)はとても脆い。

もし、そんなサラブレッドに鞭を入れて、
限界以上に走らせるようなことをすれば・・・

サラブレッドの脚は、脆くも崩れてしまうでしょう。

サラブレッドにとって、《脚》は・・・

※ 心臓の次に命に直結する、最も重要な体の部位

・・・無理やり《貸出》を増やさせた(鞭を入れた)結果、
それが《貸し倒れ》となった(脚が折れた)ら。

その先にあるのは、再起不能(予後不良)かもしれません。

アイスホッケーでは頻繁に見られる光景ですが、
キーパーを攻撃プレイヤーと交代させて、
全員(6人)攻撃をすることがあります。

まさに・・・

※ 『取れるか分からない』1点を取るために、
『失敗したら確実に取られる』1点のリスクを負う

・・・確実に生まれる《銀行のリスク》を覚悟の上で、
不確実な《資金の流れの活性化》を狙いに行く。

先週金曜日からの動きが、まさにそのような流れで・・・

『最も強い動き』をしたのが・・・

※ 『期待』で買われた、不動産・証券・その他金融株

次に、『強めの動き』をしたのが・・・

※ 『円安』メリットがある、輸出株

負の面を被って売られたのが・・・

※ 『実害』で売られた、銀行株

この3点から見ても、《マイナス金利》による
トレンドの継続性が脆弱であることが分かります。

所詮、《期待》での買いの上昇力には、限りがあります。

《期待》から《現実》に目が向いたとき、
そのギャップが余りに大きければ・・・

その反動もまた、とても大きなものになるでしょう。

そして、そこに残るのは・・・

※ 《実害》という『悪材料』

・・・だけかもしれない。

金融緩和による《輸出株》の上昇力が
《強め》に過ぎないのも、これと同じで・・・

※ 《円安》の効果は、『売れて初めて』効果が表れる

・・・世界経済への懸念が晴れない限り、
《円安》にしたところで『輝かしい未来』は描きづらいのです。

まさに・・・

※ 《期待》の買い

※ 《現実》の売り

・・・この二つの力が強くぶつかり合う
《均衡点》が、近日中に訪れると思います。

その先に待っているのは・・・

※ 期待の剥落

※ 現実の光明

・・・果して、どちらでしょうか?
 

中野英


これだけは見て見ぬフリはできない?株式市場の日本の問題点

2016.01.26
nakno-profile

From:中野英

都内の自宅より、、、

世界有数の《投機市場》である・・・

※ 日本の株式市場

・・・ 年明け以降、
その本領を発揮しています(笑)

まぁ、お金の使い方が未熟な
国民そのままに、お札をばら撒いたら・・・

そして、元々『ガラの悪い』投機家が
集まりやすい場所であった訳ですから・・・

※ この結果は、なるべくしてなった

・・・ただ、それだけのことです。

この前、海外でファンドの運用をしている方から
『外国人から見た日本人』の話を聞きましたが・・・

※ 日本人は《ノー天気》過ぎる

・・・否定のしようもないですね(´・ω・`)

まだ学生だった頃、『大丈夫だ』と言って
《銀行・証券》まで破綻が広がった・・・

※ 1990年代後半

証券会社にいた頃、『日本は大丈夫だ』と言って
《サブプライムショック・リーマンショック》の影響をもろに受けた・・・

※ 2007年~2008年

そして、問題を《原油の下落》に押し付けて、『大丈夫だ』と言って
《チャイナショック》の可能性を軽視している感が否めない・・・

※ 今現在

《平和》であることは素晴らしいことですが、
《平和ボケ》することは褒められたことではありません。

常に《侵略》と隣り合わせであった
《大陸の国々》と、どこか一線を画されたような《島国》。

その違いが影響しているという話を、
ずーっと昔に聞いたことがありますが(´・ω・`)

日本人に、決定的に欠けていると思われる習慣が・・・

※ 自分で考えること

・・・人に流されるばかりでなく、
自分で考え・自分で判断する習慣を
身に着けていきたいものです。

今日は、日本の株式市場から見える
《日本の問題点》について、書きたいと思います。

日本の株式市場には様々な《色》があり、何でもかんでも・・・

※ 上がればいい

・・・というものではありません。

『こんな銘柄が上がっているようでは駄目だ』と
いうような銘柄が、多々あります(笑)

それとは色彩が変わりますが、《日本経済の停滞》の
一因となっていると思われる業種群があります・・・

※ 人材派遣会社

・・・マージンを抜かれることから、
派遣労働者の《低賃金》が常態化していますね。

世界各国と比較すると、日本の派遣会社の数は
《異常》とも言えるレベルに達しています。

そのほとんどが『中間マージンを抜く』だけの
《悪徳業者》とも言える存在ですから、そんな国で働く国民が
《裕福》になれるわけがありません”(-“”-)”

昔からの日本の特徴でもありますが、
基本的に行動力はないのに・・・

※ 何かをやりだすと、後先のことを考えずに行動する

・・・建物を建てまくって《破産寸前》の自治体しかり、
非正社員化を進めて《崩壊寸前》の日本国しかりです。

国の政策の後押しがあったわけですから、
当然、業界は『正の恩恵』を受けました。

上場している会社も多々あり、株価も大きく上昇。

しかし、株価が上昇していくにつれて、
逆に《日本経済の問題点》が表面化してきました。

そして、その《問題点》の影響を最も受けた業種が・・・

※ 小売り

・・・『中国人の《爆買い》で何とか凌いでいる』と
いうようなところは、現在の日本では、決して珍しくありません。

株式市場で見てみても、
《チャイナショック》以降の小売り株の値動きは、まさに・・・

※ 悲惨

・・・こちらはまさに『負の恩恵』を
受けてしまった業種群と言えるでしょう。

どちらの株の上昇が、
今後の《成長》に繋がるのか(´・ω・`)

様々な意見があるところでしょうが、
少なくとも、これだけは言えます・・・

※ 何でもかんでも、
『株価が上がればよい』というわけではない

・・・表面だけで判断するのではなく、
その中に潜む《本質》についても考えて頂きたいと思います。

中野英

—<<ニュース>>———–
あの不動修太郎先生が、FXの手法を公開していますね。

数々のメディアに取り上げられている
実績のある先生です。

なんでも、メソッドを学べば、3ヶ月で素人でも
勝てるようになるとか、、、興味津々です。

こちらからご覧いただけます


鍵となるか?これからの国内機関投資家の動向

2016.01.19
nakno-profile

From:中野英

都内の自宅より、、、

年明け以降、下げも下げたり、
本当によく下げます(笑)

《中東諸国の売り》だとか、英銀バークレイズの
『日本を含むアジア太平洋地域の現物株事業の大半から撤退』報道だとか、、、

次から次へと現れる・・・

※ 売らなければならない投資家

アベノミクスがもてはやされた時代は
過ぎ去り、既に日本株は・・・

※ 世界の景気敏感株

・・・日本株への熱狂は冷め、
単なる《換金売りの対象》と成り下がっています。

まぁ、そもそも・・・

※ お札をばら撒く

※ 株を買う

※ 借金をして、公共事業を行う

・・・この数年、この程度のことしかしていないのに、
『日本の将来に強気になっていた』こと自体が笑止千万。

既に『機を逸した』感もありますが、この株価下落が・・・

※ 日本人が目を覚ます

・・・そんなきっかけになればと思ってなりません。

今日は、(勝手につけた)俗称《日本防衛軍》こと・・・

※ 公的資金

・・・その動向について、書きたいと思います。

アベノミクスの《頼みの綱》とも言える『円安・株高』を
支える公的資金ですが、ここに来て、その国内勢の動きが目立ってきています。

為替市場においても、《117円割れ》は
看過できないということなのか、昨日は朝方から
国内勢の買いが観測され、《117円超え》まで押し上げる動きが見られました。

株式市場でも、先週の《17000円割れ》水準から急速に切り返した日に
『公的資金の買い』が観測され、やはり昨日も買いが見られました。

上記の動きから、《日本(政府)の防衛ライン》が見えたような気がします。

※ ドル円の《117円割れ》水準

※ 日経平均株価の《17000円割れ》水準

日本の金融機関も『国の意向が何らかの形で影響しているのでは?』と
考えている自分にとっては、《公的資金》という存在の大きさは計り知れないのですが(´・ω・`)

とにかく、中国と合わせて日本が・・・

※ 世界2大《株価操作大国》である

・・・株式投資に身を投じるには、
そのことを意識して、向き合わなければなりません。

さて、防衛できるかどうかは別として、
日本側の《防衛ライン》は見えたとして・・・

では、上値はどうなのか?

上値を買っていく投資家は、そのほとんどが
《外国人投資家》と考えてよいかと思われますが(´・ω・`)

その外国人投資家・・・

★ 2013年の10兆円以上の買い越し以降、
実質的には《アベノミクス》を期待しての買いは入れていません

2014年は《日銀追加緩和》をきっかけに
買戻しを迫られ、結果として年間で『少々買い越し』。

2015年は《ECB金融緩和》によって溢れたヨーロッパマネーが
日本にも流入しただけで、結果として年間で《少々売り越し》。

つまり、その《金融緩和》がなければ、2014年・2015年は・・・

※ 下落していた可能性が高い

・・・既に《2013年》を以て、《アベノミクス》に
期待して株を購入する動きは終わっていたように思います。

今再び、《追加緩和》の有無が頻繁に話題に上っています。

その《金融緩和》も余地は限られると見られ、
消費増税が控えていることもあり、非常に厳しい環境にありそうです。

この2年、《公的資金による買い支え》と
《金融緩和》だけで株価を維持してきたと言っても良い日本株。

日本株の《真の実力》は、果してどの程度のものなのでしょうか?

結果がどうであれ、一日も早く株式市場が
《日本の実体》を写すことを願っています。

中野英