カテゴリー別アーカイブ: ファンダメンタル分析

テクニカル分析の真髄 vol.2

2017.12.19
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

前回から引き続き、
2017年の恩返しとして、

【特別な内容】をブログに書いています!

【特別な内容】というのは、
AI(人工知能)を開発して
改めて実感した、

テクニカル分析の本質のシェアです。

データに基づいた内容で、
今日のトレードからすぐに使用できる、
有用なものになると思います。

今回のテーマは、

~テクニカル分析の真髄 vol.2~

ーーーーーーーーーーーーーーー
勝率が高すぎる手法は、
長期間勝ち続けることができない。
ほどよい勝率こそ最短最速の道。
ーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんは、

・勝率99.9%の投資手法
・連勝が止まりません!!
・今月は1回しか負けていません

こういった宣伝文句に、
魅力を感じてしまいませんか?

魅力的ですよね。

思わず知りたくなりますし、

「やってみようかな・・・」

と思ってしまいます。笑

しかし、
そういった高勝率手法が

実は、あなたの資産を、
大きく増やしてはくれない
可能性が高いとしたら、
どう思いますか?

今回、為替(FX)にはなりますが、
膨大な数の取引シミュレーションを、
実際に行い、

長期間にわたって、
圧倒的なパフォーマンスを出す手法は、
勝率がそんなに高くない、

ということがわかりました。

具体的には、
60~65%程度です。

結構、意外ではないでしょうか?

当然、RR比率(※)は
1.5くらいはありますが、
勝率が高くない代わりに、
普遍的に長期間通用します。

つまり、勝ち続けることができるので、

うさぎとカメではないですが、

結果的にトータルで見ると
勝率が90%を超えるような手法より、
圧倒的なパフォーマンスになります。


RR比率とは、
利益確定時の金額と
ロスカット時の金額の
比率のことです。

トレードに限った話ではないですが、
勝ち【続ける】ということの威力は、
計り知れないものです。

あなたがもし、
資産を100倍にしたいなら、
短期的に勝率100%目指すのではなく、

勝率は60%だけれど、
ずっと使える考え方
を手に入れることをお薦めします。

また、
勝率が60%程度だと、
連続ロスカットが続くこともあるため、

1回の投資金額はあまり大きくせずに、
分散投資をすることが必須となります。

分散投資といっても、
難しいことは全然なく、

7つ以上に資金を分散して、
普通にトレードをするということです。

長く普遍的に使用できる、
エントリーポイントと
エグジットポイント、

プラス分散投資。

これこそ、
長期的に、
圧倒的なパフォーマンスを生み出す、
唯一の組み合わせである、

というのが、
私の今のところの結論です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
勝率が高すぎる手法は、
長期間勝ち続けることができない。
ほどよい勝率こそ最短最速の道。
ーーーーーーーーーーーーーーー

深い結論ですので、
覚えておいてくださいね。

GOOD TRADE!!

Mr.K

(追伸)
来年1月、初めて大阪で開催します。

安定して利益を出し続ける方法を、
順を追ってご説明します。
話をお聞きになるかどうかは、
もちろん、皆さまの自由です。

9割が株式トレードで勝てていない
真相もお伝えします。

負け組にならない方法


テクニカル分析の真髄 vol.1

2017.12.12
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

来年は恩返しの年にします

と前回のブログで書かせていただいたところ、

想像以上に反響をいただいたのが
本当に嬉しかったので、

来年からと言わず、
1ヶ月前倒して今回から、
【特別な内容】をブログに書いていくことにします!

その内容とは、

AI(人工知能)開発をする過程で改めて実感した

テクニカル分析の本質的な内容を
毎回シェアしていくというものです。

データに基づいた内容ですから、
今日のトレードからすぐに使用できる
有用な内容になると思います。

それでは、始めます。

~テクニカル分析の真髄 vol.1~

ーーーーーーーーーーーーーーー
直近の値動きのみのパターンには
長く通用する法則性は存在しない
ーーーーーーーーーーーーーーー

テクニカル分析って何?

という方もいらっしゃるかもしれませんので
最初に定義しておきます。

私のブログでは、次の意味で使用しています。

テクニカル分析とは、
「チャート+出来高」の情報のみを使用して
相場状況を分析することです。

つまり、

・時事ニュース
・企業情報
・IR、決算情報
・日経平均株価
・為替情報
・同業種の株価

といった情報を一切使うことなく、

・分析対象のローソク足
・出来高

の2つの情報のみをインプットにして
現在の状況を分析してトレードする

ということです。

なお、

ローソク足の情報をもとにして
移動平均線やボリンジャーバンドなどを
表示し、それらを使って分析する

ということは、間接的ではありますが
ローソク足の情報のみを使用している
ということになりますので、
テクニカル分析に入ります。

私は、100%テクニカル分析のみで
トレードをしていきますし、
私の構築した理論も
完全にテクニカル分析のみです。

つまり、

チャートはランダムではなく
先の展開を予測するために必要な情報は
チャート+出来高に織り込まれている

という前提に立っています。

もちろん、それ以外の情報
(これを私はファンダメンタルズ情報と呼びます)
も合わせて分析すれば、
分析の精度はさらに向上する
かもしれません。

その可能性は十分にあると思います。

ただ、

長期間トレードをし続けるためには
なるべく時間をかけずに、
シンプルな方法の方がよい
と考えているので、

あえてファンダメンタルズ情報は
見ないという制限をつけて
トレード理論を構築しました。

これで前提の説明が終わりましたので
本題に入ります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
直近の値動きのみのパターンには
長く通用する法則性は存在しない
ーーーーーーーーーーーーーーー

あなたは、

ゴールデンクロスしたら買い
デッドクロスしたら売り

という戦略を聞いたことがありますか?

または、

5日移動平均線を上に越えたら買い
5日移動平均線を下に割ったら売り

というようなものでもいいです。

非常に有名なテクニカル分析の典型
なので、聞いたことがある人が
かなり多いと思います。

しかし、

しかし、、、

衝撃的なことに、

私は為替のAIを開発していて
データでの裏付けとともに
驚愕の事実を明らかにしてしまいました。

なんと、

ゴールデンクロスやデッドクロスは
長期的に見ると何の意味もない

ということがわかりました。

これまでも感覚的、あるいは
実際にチャートを見てきて
そう思っていましたが、

今回、はっきりデータの裏付け
までもが出てしまったのです。

長期的に見ると、というのは、
約60万本のローソク足で
ゴールデンクロスとデッドクロスの
優位性を見た場合ということです。

ゴールデンクロスとデッドクロス
だけではありません。

移動平均線をトリガーにした
エントリーポイントや
陰線または陽線をもとにした
エントリーポイントも同様です。

ある一定期間、大勝ちするパターンは
別のある一定期間で大負けします。

そうして、60万本で平均すると
期待値は0(優位性なし)に帰着していくのです。

私が調べた以外のものに
もしかすると優位性のある
パターンが存在する可能性はなくはありません。

しかし、

少なくとも直近5本程度の
値動きには優位性のあるパターンは
見い出せませんでしたし、

まして、

「ゴールデンクロスをした」というのは
ローソク足1本プラス前後1本の
合計3本のパターンですから、

短期的には機能している期間はあっても
1年と勝ち続けられないということが
判明しました。

つまり、

巷(ちまた)で言われている
有名なテクニカル分析のポイントが
機能するような気がするのは
単なる気のせいである

ということです。

少なくとも、私の分析結果は
そういう結果が出ています。

でも、

だからといってテクニカル分析
そのものが使えないわけではないのです。

実は、見つかったのです。

テクニカル分析の優位性は
はっきりと数値で表れました。

3年以上の期間において
勝ち続けるパターンというのが
確かに存在していました。

秘匿性が高すぎるので
ここですべてを公開することは
できないのですが、

恩返しブログですから
ヒントを公開します。

テクニカル分析を機能させるために
真髄となるポイントは、

チャートの流れを考慮することです。

もっと定量的にお話しすれば、
約500~3000本の
ローソク足の流れを考慮する

明らかに優位性のある
ポイントがあることがわかりました。

500本というのは、
日足チャートで言えば2年分に当たります。

そう、

テクニカル分析をするのであれば、
最低500本のチャートを見て
その流れをパターンとして
捉える必要があるのです。

これは、

私の理論を
数字で裏付けたことになるわけですが、

これまでのテクニカル分析否定論とも
符合する、辻褄の合う結果になっています。

ゴールデンクロスとか
デッドクロスとか
移動平均線を越えたらとか
ボリンジャーバンドのσを越えたらとか
単純な逆張りとか
三尊とかダブルボトムとか

そういった
短期的で近視眼的な
単純なものは
サインになり得ず、

一方で、

もっと長期間の流れを考慮すると
パターンが存在する

ということなのです。

はい、今回は、
ーーーーーーーーーーーーーーー
直近の値動きのみのパターンには
長く通用する法則性は存在しない
ーーーーーーーーーーーーーーー

ということをお話ししました。

次回も楽しみにしていてください。

GOOD TRADE!!

Mr.K

(追伸)

年内最後のセミナー案内です。
今まで以上に期待に応えられるよう、
時間をかけ内容も大きく変えました。

お会いできるのを
楽しみにしています。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_171221/


「 テクニカル VS ファンダ」の矛盾

2017.09.05
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日の内容は、プロでも混同してしまう人が多い内容です。

トレードの勉強をしていると、対立する見解に数多く出会います。

A先生とB先生の言い分の矛盾を説明できますか?

A先生:「保有期間を長くすると、リスクが減りますよ~」

一方で、

B先生:「保有期間を長くすると、リスクが上がりますよ~」

と逆のことを言っています。

 

A先生の言い分としては、

「保有期間を長くすると、
短期的な売買が平均化されてノイズが減るので、
長く持った方が勝率は上がります、
だからリスクが低いです。」

まあ、そんな気がするし、

 

B先生の言い分は、

「いやいや、未来になればなるほど、
予測不可能な事態が発生する可能性が上がるので、
目先の将来よりも遠い将来を
当てようとしたほうがリスクは上がります。」

というのも、やっぱりもっともな感じがする。

 

いったい、どっちなんだ!!!?

と混乱している人は、非常に多いと思います。

 

実際、どうでしょうか?

A先生とB先生、どちらが正しいか堂々と説明できますか?

こういう話は、論理派のあなたにはとても面白いと思います。

 

では、説明しますね。

まず、この矛盾した内容を説明できる人は、結構少ないと思います。

なぜなら、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の
両方をよく知っていなければ答えられない
からです。

 

冒頭のA先生とB先生の言い分が矛盾しているのは、

A先生が、ファンダメンタルズ分析の論理で、
B先生が、テクニカル分析の論理で話しているからなんです。

そう、誰もこうやって説明しないので、私が提唱してしまいますが、

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の論理というのは、
多くの場合、対立構造にあるのです。

なぜか?

これを理解するためには、
ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について、本質的に理解しなければなりません。

 

非常に簡単に言うと、

ファンダメンタルズ分析というのは、
【本来価値】を予想して、現在価値が割安であれば買い、
割高であれば売るという戦略
になります。

それに対して、

テクニカル分析というのは、
【勢い(トレンド)】の強さと持続時間を予想して、
トレンドの初期であれば順張りで乗り、
トレンドの末期であれば逆張りで仕掛けるという戦略
になります。

 

例えて言うと、

ビットコインの価格が目下急騰している!
⇒ この急騰は半年は続く勢いだから、買おう!

というのが、テクニカル分析。

ビットコインの利用用途は今後世界中に広がり、利用価値がどんどん上がっていくだろう
⇒ 価値があがるから、短期的な価格上下はあっても結局上がっていくから買おう!

というのが、ファンダメンタルズ分析です。
同じ「買う」という結論に達したとしても、根拠がまったく違うのです。

 

言葉を変えると、

テクニカル分析は、「過去」の分析によって、
未来への影響を予想する分析方法であり、
時間はつながっていて、
過去は未来に必ず何らかの影響を及ぼしますから、

これはこれで成り立っています。

決して、過去の「チャートパターン」を当てはめるだけの分析ではありません。

また、ファンダメンタルズ分析は、
「現在」と「未来」のギャップを狙う分析方法であり、
ギャップは時間の経過とともに埋まっていき、収束する
という数学的にも正しい理論で成り立っています。

チャートに表示できる様々なテクニカル指標にも、
テクニカル分析的な指標とファンダメンタルズ分析的な指標があります。

 

ですから、色々な手法の様々な理論や論理を使うときは、

それがテクニカル分析の論理なのか、
ファンダメンタルズ分析の論理なのかを
自分で認識し区別しなければなりません。

だって、両者は逆の結論を導きますから!

 

ちょっと難しいな、、、と思っている方は、これだけ覚えておきましょう。

テクニカル分析は、近い将来を予想するのが得意で、
ファンダメンタルズ分析は少し遠い将来を予想するのが得意。

だから、理想形は、両方使えることです。

ファンダメンタルズ分析で大きな方向性を判断し、テクニカル分析で直近の値動きが揃ったときにエントリーするのが一番堅実です。

 

ちなみに、私はニュースや企業業績などはまったく見ませんが、
しっかりとテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の
両方の要素を取り入れた売買判断をしています。

まずは、あなたの好きな方を勉強し、そのあと、もう一方も勉強して、

ぜひ【両刀使い】になってください!^^

 

それでは今日は、この辺で。

GOOD TRADE!!

 

Mr.K


【大相場】初動で入るには、コレが外せない

2017.08.26
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅にて、、、
 
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

トレーダーのみなさん、
PCにこだわりはありますか?

私は専業トレーダーというのもあり、
こだわりのPCを2台もっています。

2台ともマイクロソフトから出ている
Surface(サーフェス) のプロ仕様。

何で2台持ちなのかというと、

1台は株価チャートを見るため、
もう1台は情報収集用です。

読み込みスピードも速く、
とても気に入っています(^^♪

大相場を作る銘柄の初動に
素早く入るためには、
スピードが欠かせませんからね。

特に、今週の日本株は
ゲーム関連銘柄で少し持ちなおしましたね。

ゲーム関連の銘柄はもともと
大きく伸びるものが多く、

調整や暴落のタイミングに注意しながら、
ギリギリまでついて行くのもありかと思います。

ただ、去年のブランジスタのように、
ゲームはリリースされていないのに
「思惑」で先んじて上がり、リリース前に下がるという
ことも大いに考えられますので、

心配であれば、
途中でも早い段階で利確してください。

それにしても、、

つい2週間前までは
北朝鮮情勢が不安定になっていて

非常に難しい相場だったのに、
相場が様変わりしていくのも株の魅力です。

そして、いつも思うのが、

本当に簡単な相場にだけ、
大きな金額をつぎ込んでトレードするのが
一番結果が出るということです。

株は美人投票だから、
ほかの人がいいなと思っているものに資金が入り、
これは危ないなと思ったら資金が引く。

美人が強いうちは、
ちょっとやそっとじゃ崩れませんし、
極端な話、そういう相場だと大して勉強していなくても
勝ててしまいます。
(楽して儲かったお金は後で必ず失いますが)

なので、難しい相場で少しずつ稼ぐテクニックも
磨くべきですが、簡単な相場の見つけ方も大事です。

「今は地合いが悪いから」とか
「難しいな~」って思いだけで相場を見ないと、
いざ、良い相場になったときにチャンスを逃してしまいます。

仮に自分がトレードしていなかったとしても、
上手なトレーダーが何をしているか?
横目で観察しながら見るクセはつけておきましょう。

ただ、このとき注意してほしいのは、
自分がマークしている上手なトレーダーが
何か活動していると、

「自分も何かやらなきゃ」

って脅迫観念を味わうことがあります。

しかし、そこはじっくり様子を見て、
入れると確信を持ったところでトレードしてください。

お金を入れても入れなくても
相場は逃げていきません。

ちなみに具体名には言及しませんが、
相場の良し悪しを見分けるポイントの1つとして

上場廃止が決まっていたり、プラス材料のない銘柄が
値上がり率ランキング上位に来たりしてる時は要注意です。

これの多くは、やはり
マネーゲームの様相を呈しています。

資金が行き場をなくして
無理矢理上げた結果なんですよね。

なので、このような兆候を見逃さないためにも、
常に定点観測を心がけてみてください(^^♪
 
 
ウルフ村田


相場に広がる不安

2015.12.21
fudou-profile

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

先日、都内を移動していたのですが、
なぜか、目的地の会場を間違えました。

大慌てで、タクシーで移動です。

母が他界して、
いろいろな手続きで、
バタバタしていたからでしょうか。

為替では、ミスをしないよう、
気をつけなければいけませんね。

とりわけ、
最近の相場は
注意が必要ですよ。

その理由をお話していきます。

まず、復習から。

為替をする上で、
テクニカル指標は
とても大切です。

ですが、相場の予想のために
さらに重要なのは、チャートに
直線を引くことです。

その直線の引き方は
多くの種類があります。

とりわけ大切なのは、
底値を結ぶ「サポートライン」と、
天井を結んだ「レジスタンスライン」です。

また、この2種類の直線と同じ位に
いやそれ以上に大切なのは、
「水平に引く直線」です。

では、実際の相場を見てみましょう。

151221図1
【図1】

上の図1は、
ユーロ/米ドルのチャートです。

為替取引市場の中で
一番取引量が大きいのは、
基軸通貨である米ドルです。

次は欧州共通通貨であるユーロですね。

ですから、
ユーロと米ドルの取引量は
世界で最も売買高が
大きい通貨ペアです。

取引量が小さい途上国通貨は、
時として少数の機関投資家が
売り込んで、わずか数日の間で
大きく下げることがあります。

それに比べると平均的には
ユーロ/米ドルは動きが小さく、
穏やかになっている筈です、、、

が、、、
もう一度、ユーロ/ドルの
長期チャート図1を見てください。

図1の前半はユーロがドルに
対するレートが1.3から
大きく下がり続けていますね。

図1のチャートに
直線を引いてみたのが
下の図2です。

151221図2
【図2】

相場が下落から上昇に転換したところ、
もみ合っているレートを直線で結んでみました。

一度、大きく相場が転換、
あるいは長い間揉み合っていたレートは、
投資家の記憶に残り、チャート上で
意識されるポイントになります。

ですからまた同じレートで
繰り返し転換、または揉み合います。

図2の最後、つまり、
最近の部分だけの時間軸を
拡大したのが、下の図3です。

151221図3
【図3】

今回の記事のすべての
図は日足のチャートです。

私のチャートでは、
値上がりを示す陽線は青、
陰線は赤で示しています。

図3の12月3日は
ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁の
発言をきっかけにユーロが大きく動きましたね。

そこで大きな値上がりを示す長い青線、
つまりは大陽線(だいようせん)を付けていますね。

チャートに書き込んでいる通り、
レートが、1.051から
1.098まで急騰しています。

これはユーロとドルとの
レート(交換比率)なので、
イメージしにくいかもしれません。

日本円に直すと128.2円から
134円という大きな動きです。

最近の相場はこのように、
時折大きく動く相場ですので、
注意が必要になりますね。

要人の些細な発言で、
大きく為替が動くということは、
市場に不安感が広がっているということです。

こういう相場の心理を
地合いと言います。

その地合いを掴むことが
相場の予想において大切ですね。

不動修太郎


国策ど真ん中銘柄が一番相場になるとは限らない?

2015.11.20
paris-profile

From:向後はるみ
都内の自宅より、、、

おはようございます、向後はるみです。
先週末の14日(土)は、名古屋にて億トレーダ―むらやん氏との
コラボセミナーに登壇してまいりました。沢山の方にご来場いただき、あっという間の2時間でした。

2121212

そちらでも、「国策については、首相官邸のHPでイラストなども交え、
見やすく纏められていますので、是非ご覧になってくださいね」というお話をしたのですが、
その後、首相官邸のHPって何ですか?という質問を頂きました。

首相官邸で検索してkantei.~のものですよ、とお話をしていたのですが、
あまりピンと来ていないご様子で・・・あぁ、意外にわかりにくいものなのかなぁと感じました。

そこで、今回はそちらのURLと国策銘柄の
おススメ使い方とチェックポイントをお話しますね。

まずは、首相官邸HPはこちらです。
トップページでは、キーワードなどがわかりやすくまとまっています。

アベノミクス成長戦略で、明るい日本に! ≪詳細版≫

「日本再興戦略」改訂2015-未来への投資・生産性革命-の改革2020プロジェクト・工程表

「これまでの改革の主な成果と新たな取組」

『改革2020』プロジェクト

この辺りをご覧いただくと、国策って何だろうという
疑問が解消されるかと思います。

さて、この沢山ある国策関連銘柄ですが、動き出してから調べるのは
大変なので、先にある程度、ご自身でまとめておくことをお勧めします。

関連銘柄は、下記のサイトなどでも簡単に検索できます。

四季報ON LINE
株探
アセットアライブ株式情報

ポイントは、国策のド真ん中銘柄が、一番、相場になるとは限らないことです。

上昇率だけ見れば(持続性は地合いや需給など、銘柄によりますが・・・)
国策に絡んでいる、中小型株の方がぶっ飛びやすかったり、力強い上昇を継続したりします。

そこも考慮しながら、機動的に対応してくださいね。

今日も私の記事をお読み下さり
ありがとうございます。ブログランキングクリックお願いいたします。