カテゴリー別アーカイブ: 売買判断

日米会談を利益につなげる注目ポイント

2017.02.15
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

先週末は日米のトップ会談が
大きく取り上げられたニュースとなりましたね。

ゴルフが良い悪いとか、そのゴルフ場がどうこう、
という事ばかり目立ちました。

事前の注目点として、
無理難題を押し付けられるのか否か、
にも注目があつまりました。

が、相場に携わる者の視点として、
もっと別の事に注目すべきです。

今回は、副首相も同行した、という点です。

麻生副総理の同行は、
既に1月の時点で米国の要請があり、

日本も歓迎する、として、
訪米の予定がニュースされていましたね。

なぜ、そんな事が注目すべきことなのでしょうか?

日本においては副総理は、
内閣総理大臣が欠けたときに
臨時に代行をする第一順位の国務大臣として
指定されています。

安倍総理と麻生副総理が行動を共にすると、
もし二人に同時に何かあると
国家としてリーダーが不在になります。

かつて、トップ二人が同時に
同じ国にいった事があったでしょうか?

そのリスクをとってまで、
米国の要請に応じたという事になります。

一方、そんなことは米国は百も承知で招待をした。

これは、何を意味するのでしょうか。

蜜月です。

双方とも、良い関係をアピールしたい。
決まりきっています。

米国が、トップ二人を招待しておいて、
厳しい課題を突き付けるはずがないのです。

つまり、トップの二人が行くと決まった段階で、
もう会談の成功は見えていたことになります。

案の定、日経平均で400円も相場が上がりましたね。

したがって、2月10日の相場の高騰は、
その前からわかりきったこと、だったのです。

麻生副総理は、ペンス副大統領と
経済分野の意見交換をしたそうですが、
具体的な突っ込んだ話もしたかもしれません。

例えば、鉄道網とか、人工知能の利用とか、
そういった分野での協力を
話したのではないかと僕は予想します。

と、すると。。。。

相場に立ち向かうものとしては、
ニュースは、このように読んでみると、
案外役に立つと思います。

また次回をお楽しみに。

奥村尚


トレードに影響大!EUの展望を予測するために

2017.02.08
prof_okumura

From:奥村尚
ブダペストのホテルより、、、

おはようございます。

僕は、先週から中欧で経済の
取材を行っているのですが、

1週間ほどチェコ(プラハ)に滞在したあと、
週末にドナウ川を船で下って
ハンガリー(ブダペスト)に移動してきました。

このチェコとハンガリーは類似点があります。

まず、
どちらの国もEU加盟国でありながら
通貨としてのユーロを導入できていない事。

ユーロを導入できないのは
財政赤字が理由です。

マーストリヒト基準といいますが、
赤字国債の新規発行額は
GDPの3%以内に抑える必要があるのですが、
それができていないのです。

実際には街中では
ユーロが流通していて
支払いもカードも
ユーロで済みますが、

小さな商店や地下鉄などでは
現地通貨が必要です。

もうひとつは旧ソ連の影響です。
東欧という共産圏を構成していたのですね。

チェコはプラハの春を旧ソ連が介入し
秘密警察が支配する暗黒の時代になりました。

ハンガリーは
ハプスブルグ帝国で
栄えたのですが

一次大戦で負けた影響で弱体化し
結局ナチスと同盟しソ連と闘います。

戦後はソ連に占領され
支配されました。

どちらの国もロシアに対する
(悪い)感情には特別なものがあります。

東欧とひとくくりにもできません。

日本にいるとあまり気が付かないのですが、

チェコ/ハンガリ―と
ルーマニア/ブルガリアの間には
大きな経済格差があります。

一人あたりGDPはチェコ17600ドル、
ハンガリー1万2300ドル、
下はルーマニア9000ドル、
ブルガリアの6800ドルです(2016 IMF発表)。

国家間で数倍の格差がある。
それがEUなんですね。

ちなみに日本は3万2500ドルで、
フランスやイスラエルより下、
イタリアより上といった位置にいます。

さて、EUを離脱する英国の
最大の理由は移民受け入れでした。

EUは域内国籍をもっていれば、
好きな国に住んで働くことができます。

これは、北海道で生まれて東京で
仕事する事と同じように見えますが、
大きな相違があります。

言葉と制度です。

日本で生まれた限りは日本語を話し、
日本人として受ける法的権利は
どこで生まれても同じですね。

 しかしEUでは各国の制度法律が違うので、
問題が発生しています。

生活保護、子ども手当、社会福祉の制度は
豊かな英独は整っており魅力的なのです。

結果、ルーマニア、ブルガリアから、
英独に移民が殺到しました。

例えばロンドンは人口が増えすぎて
朝の電車は山手線並みの混雑になり、
英語を話せない人が急増し、
病院も待ち時間が倍になりました。

あまり報道されていませんが、
日本もとばっちりを食っています。

2011年以降、英国は人口増加を抑制するため
EU以外からの移民(日本や米国を含む)を
厳しく制限しているのです。

米国で博士号を取得した
高学歴の科学者は移民できず、

無職の英語を話せない
ポーランド人が無条件に移民できるのです。

これに加えて、難民受け入れの問題があります。

EU加盟国は割り当てルール(ダブリン協定)があるのですが、
どう適応するかの法律そのものは
各国で定めているので、うまく機能していません。

年間10万人にも上る難民受け入れを
どう受け入れるか、

今後ルール改変を含めて
EU離脱の選択が各国で議論されるでしょう。

まず移民問題があってその先に難民問題がある。

今年の大きな流れを理解するうえで、
記憶されておくと良いと思います。

今年は、欧州は選挙ラッシュです。

3月のオランダ総選挙、
フランスの4-6月の大統領選と議会選挙、
9月の独連邦選、

今後のEUの方向を、
もしくはEUの存在そのものがどうなるか、
わかってくる年になります。

ブレクジットの時のように、
相場も大きく動く可能性があります。

デイトレードをやっている人には
待ち遠しくて仕方ないのではないでしょうか。

肝心の欧州の経済ですが、
また機会をあらためて、ご報告したいと思います。

では、次回をお楽しみに。

奥村尚

<本日のオススメ>
チャートのみで相場を見極め
人間心理を読み解き、利益を生み出す。

唯一無二の投資戦略を
あなたも体験してみませんか?

相場の原理に迫る投資セミナーはこちら↓
http://j-i-s.info/j-i-s/170215_seminar/


注意しなければいけない注文ルール

2017.02.01
prof_okumura

from:奥村尚
プラハのホテルより、、、

現在、プラハに滞在しております。
こちらの様子もお伝えしたいところですが、
それはまた来週以降に。

本日は、
僕が主催する運用塾の生徒さんからの
質問について書いていこうと思います。

推奨銘柄を買うのに、上昇機運の中では
なかなか思った通りの指値で買えない。

買おうとした銘柄が、
どんどん値を釣り上げているのが歯がゆい。
ということでした。

指値で買い注文を(たとえば1週間の期間で)
出した場合、

その後1週間で一瞬でもその指値以下になれば
確実に購入できるので(特に急がなければ)、
だいたい買えるのですが、

買おうと思った日に限って
買えるまで相場を見ているし、
その相場がどんどん上昇してゆくのを見るので、

なかなか買えない、
どんどん上がってしまうから
今すぐ買わないと、、、、
と焦る、ということだろうと思います。

どうせいずれ下がって
買う機会が訪れる可能性が高いわけですが、
トレードを業としているのでなければ、

1回や2回、買えなくても別に。
と割り切ってよいと思います。

ところで、
成り行きで注文を出せば
確実に寄り付きで買えるのですが、
指値より割高になることが多いですね。

成り行きは、
いくらでも良いから買いたい、という注文。

指値は、
たとえば買う時900円で指値すると、
900円以下で買う=900円より高い価格では買わない、
という注文です。

実は、
寄り付きが買指値より安くなる場合、
指値注文より成り行き注文が優先されるので
指値より有利になります。

どういうことかというと、
成り行き注文はその全部を寄り付きで
処理することになっている(東証)ので、

寄り付きで確実に買う場合は、
成り行きで注文するに限ります。

成り行きの注文が全数処理されたあと、
まだ売り注文が残っている場合は、
残る売り注文が買指値と対当されて注文が成立します。

つまり、
寄付きよりと同じ価格以上で
買指値をしているにもかかわらず、

指値注文であるがゆえに寄付きでは
約定されないケースが起こるのです。

少し複雑ですが、
板寄せによる価格形成の仕組み上、こうなります。

この板寄せ、寄り付きと
引けの際に処理される基本ルールです。

こうした取引所における注文のルールは、
かなり明確に公表されていますね。

私もお伝えしたうえで、
いろいろなアドバイスしていますが、
皆様も一度よく確認してみる事をお勧めします。

では次回もお楽しみに。

奥村尚


本当にまた上がってくる?

2017.01.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

昨年末に故郷の石川県に帰りました。
小学校の同窓会です。

石川県加賀市の少し山のほうの小学校です。

三谷小学校といって名前の通り三つの谷(集落)の
合間にある小さな小学校です。

前年に続いて2回目で、年末は当時の同級生
たったの17人でしたが、集まれるメンバーだけで
簡単な同窓会をやっています。

そんな中、
ある同級生の奥さんが株をやっているとのこと!

こんな田舎ですから、まわりに株をやっている人はなく
私の仕事も知ってるので、日ごろ話せない株の話を
いっぱい話してくれました(聞かされした(^^;)

金利が上がれば株価も上がるということで
みずほFGを買ったとか。

なぜかバーコードのサトーHD。

トランプ大統領なら資源関連なのでトーヨーカネツ!
(すごく上がっていましたがこれは買えなくて残念がってました)

お仕事も普段されていて、時間も取れないとのことでした
すごく目のつけどころがいいですね!

年末の上昇相場も手伝って、利が乗っていたとのこと!

すごい!すごい!!

まずは賞賛とおめでとう。

ところが問題は…

少し前はもっと利が乗っていた。

売ろうかどうしようか迷ってるうちに下がってしまったことです。

(もったいない…

 ひところはすごく利が乗っていたのに…(汗)

それで本人はなんて言ってるかというと…

「そのうちまた上がってくるやろうしね~」

・・・。(汗)(汗)

株はそんなに甘くはありません(^^;

なんで売らなかったのと聞いたら、

「まだまだ上がるかと思ったから」とのこと。

株は買うのは簡単、売るのは100倍難しい。。。

株は「もっと上がれ」と期待するものではなく

「いつ売ろう」と考えるものです。

もう一つ言うと、”買う前から”こうなったら売ると
計画しておかないといけないのです。

チャートを見れば売りのサインはしっかりとありました。

彼女に簡単なチャートの見方と、買ったらほったらかしに
しないでねと最後に伝えました。

彼女はこう言いました。

「株はほんとうに難しいね。
 思った通りいかんし、すごいプレッシャーやしね。」

続けて彼女が最後にすごくいいことを言ってくれました。

「株ってハラハラドキドキの心のゲームやね」

 
 
藤井百七郎
 
 
<大好評!>
視聴者900名超!
こちらの特別企画が好評です。

プロが実際に使っている、
「勝率8割超のトレードルール」を
知りたい方はいませんか?

http://japan-i-school.jp/jim/op2/
※いまなら無料でご覧いただけます。


テーマ株の思わぬ罠

2017.01.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪へ向かう新幹線の中より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

2017年初めての記事ですねo(^-^)o

大発会からの相場は
多くの個別銘柄がぶっ飛んでて
幸先の良いスタートですが、

かといって、昨日とかにエントリーしちゃうと
ズコッと下がってしまって、、、
という方もいらっしゃるかもしれません。

2017年、皆さんがトレードで
成功していただくために、

AIとかVRを中心に
ポテンシャルの高いテーマ株が出てきましたので、
今日はそのような銘柄の売買について解説していきたいと思います。

ひとえに
「相場が良い」とか「このテーマ株が良い」といっても
個別銘柄によってその様相は大きく異なります。

例えば、同じAI関連でも、
企業がただそのカテゴリーに属すだけではなく
現在進行形で事業として成り立っている

= 実体があるかどうかで、
その後の継続的な上昇が変わってきます。

実体がないと、
一時的に値上がりしても
市場が「これ、本物かな~?」という見方をして
資金が引いてしまうことがあるんですね。

また、今度は実態があって
ファンダも良いのに上値が重い銘柄もあります。

しかし、そういった銘柄をよーく見てみると
チャートに規則性を見つけることが出来ます。

例えば、1回株価が上がっては横ばい、
また上がったかと思ったら横ばい、なんてパターン。

数週間下がっては吹き上がり、
また数週間下がっては吹き上がりといった銘柄も有ります。

このように、小型株・大型株に限らず
チャートに規則性が見られる銘柄は多々有りますので、

その規則性とご自身のトレードの相性が合うと、
面白いように利益が出るようになります。

逆に言うと、
ひとそれぞれ相性が良い銘柄がありますので、

ご自身の目でチャートを見て、
手に負えそうか?判断して、
手に負えそうでなければ、無理に売買しないことです。

何より確信が持てる銘柄。
これが大切です。

年初3日間ですでに色々な銘柄が値上がりしましたが、
全部トレードする必要はなく、

じっくり見極めをしていただければと思います。

あ、ただ、銘柄は横目で見ていないと気付かないので、
売買しなくても監視は続けて下さいね。

それでは(^^

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
「オーバーシュートした銘柄は必ず下がる」
のが相場の原理原則ですが、

そんな急落さえ収益チャンスに
変えてしまうスキルを
徹底的にお教えします。

詳細はこちらで紹介しておりますので
ぜひご覧になってください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170120/


運命が変わる銘柄選択

2016.12.26
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のトレードルームより、、、

あなたにこんな経験はないでしょうか?

昨日、買おうかどうか迷っている銘柄が2つありました。

迷った末に、
以前に利益の出たイメージのいいほうを選びました。

すると、見送った銘柄はすごく上がっていて、
自分が買ったほうは鳴かず飛ばず…

さらに、その日は下げていき、
あえなくロスカット…

ああ、あっちの銘柄にしておけばよかった〜…

まあトレードをしているとよくある話ですよね。
これは仕方ないよね〜…と。

しかし、
あきらめてしまうのは、いけません!!

復習になりますが、
トレードの良し悪しを決めるのは
銘柄選択と仕掛けポイントになります。

この2つの条件がしっかりとしていれば
ロスカットや利益確定の手仕舞いはとても
有利に展開できます。

実にこの2つの要素でトレードの80%は
決まると言っても過言ではありません。

まあひっくり返して言うと…

ロスカットで大きな損が出たり、
利益確定に悩むのは、

銘柄選択と仕掛けポイントに
見落としがあったのかもしれませんね。

資金がありまるほどあれば、
気に入った銘柄をあれこれと仕込んで、
確率で勝負もできますが、

一般的な個人投資家の資金であれば、
銘柄選択から銘柄の絞り込みの作業が必要です。

より良い銘柄に絞り込まなくてはいけません。

この絞り込むときの、
”こだわり”といったものが
その後の展開に大きな差を作ります。

1ミリの見落としが
100メートルの差になるのです。

たとえば、買いで考えている銘柄で、

日足チャートで
短期線と長期線のデッドクロスがあるとか、

週足を見ると上に、
ぶっとい下向きの移動平均線があるとか、

一目均衡表で
基準線と転換線の逆転が頭を押さえてるとか…

ほんのちょっとしたことなんですが、

まあいいや…とか、
これぐらい大丈夫だろ…なんて
見落としたり、無視したりしていると

翌日に空をあけて、下から始まったりします。。。

飛行機は機体にほんの1ミリの穴が
空いていただけで墜落してしまいます。

トレードにおいても同じです。

ほんの1ミリくらいの大きさの反対要素が
その後の展開で大きな差になります。

チャートを日足だけでなく、
週足や長期のチャート、一目や信用残、
出来高などなど、

チャートを上から下から、
裏側からも見るしつこさが大切です。

実際にうまくいっている人は、
チャートをいろんな角度からよく見ています。

トレードの大きな要素である銘柄選択には
こだわりと見落としがないように
虫メガネをもって見るくらいに臨んでいきましょう(^^♪
 
 
藤井百二郎