カテゴリー別アーカイブ: 売買判断

本当にまた上がってくる?

2017.01.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

昨年末に故郷の石川県に帰りました。
小学校の同窓会です。

石川県加賀市の少し山のほうの小学校です。

三谷小学校といって名前の通り三つの谷(集落)の
合間にある小さな小学校です。

前年に続いて2回目で、年末は当時の同級生
たったの17人でしたが、集まれるメンバーだけで
簡単な同窓会をやっています。

そんな中、
ある同級生の奥さんが株をやっているとのこと!

こんな田舎ですから、まわりに株をやっている人はなく
私の仕事も知ってるので、日ごろ話せない株の話を
いっぱい話してくれました(聞かされした(^^;)

金利が上がれば株価も上がるということで
みずほFGを買ったとか。

なぜかバーコードのサトーHD。

トランプ大統領なら資源関連なのでトーヨーカネツ!
(すごく上がっていましたがこれは買えなくて残念がってました)

お仕事も普段されていて、時間も取れないとのことでした
すごく目のつけどころがいいですね!

年末の上昇相場も手伝って、利が乗っていたとのこと!

すごい!すごい!!

まずは賞賛とおめでとう。

ところが問題は…

少し前はもっと利が乗っていた。

売ろうかどうしようか迷ってるうちに下がってしまったことです。

(もったいない…

 ひところはすごく利が乗っていたのに…(汗)

それで本人はなんて言ってるかというと…

「そのうちまた上がってくるやろうしね~」

・・・。(汗)(汗)

株はそんなに甘くはありません(^^;

なんで売らなかったのと聞いたら、

「まだまだ上がるかと思ったから」とのこと。

株は買うのは簡単、売るのは100倍難しい。。。

株は「もっと上がれ」と期待するものではなく

「いつ売ろう」と考えるものです。

もう一つ言うと、”買う前から”こうなったら売ると
計画しておかないといけないのです。

チャートを見れば売りのサインはしっかりとありました。

彼女に簡単なチャートの見方と、買ったらほったらかしに
しないでねと最後に伝えました。

彼女はこう言いました。

「株はほんとうに難しいね。
 思った通りいかんし、すごいプレッシャーやしね。」

続けて彼女が最後にすごくいいことを言ってくれました。

「株ってハラハラドキドキの心のゲームやね」

 
 
藤井百七郎
 
 
<大好評!>
視聴者900名超!
こちらの特別企画が好評です。

プロが実際に使っている、
「勝率8割超のトレードルール」を
知りたい方はいませんか?

http://japan-i-school.jp/jim/op2/
※いまなら無料でご覧いただけます。


テーマ株の思わぬ罠

2017.01.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪へ向かう新幹線の中より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

2017年初めての記事ですねo(^-^)o

大発会からの相場は
多くの個別銘柄がぶっ飛んでて
幸先の良いスタートですが、

かといって、昨日とかにエントリーしちゃうと
ズコッと下がってしまって、、、
という方もいらっしゃるかもしれません。

2017年、皆さんがトレードで
成功していただくために、

AIとかVRを中心に
ポテンシャルの高いテーマ株が出てきましたので、
今日はそのような銘柄の売買について解説していきたいと思います。

ひとえに
「相場が良い」とか「このテーマ株が良い」といっても
個別銘柄によってその様相は大きく異なります。

例えば、同じAI関連でも、
企業がただそのカテゴリーに属すだけではなく
現在進行形で事業として成り立っている

= 実体があるかどうかで、
その後の継続的な上昇が変わってきます。

実体がないと、
一時的に値上がりしても
市場が「これ、本物かな~?」という見方をして
資金が引いてしまうことがあるんですね。

また、今度は実態があって
ファンダも良いのに上値が重い銘柄もあります。

しかし、そういった銘柄をよーく見てみると
チャートに規則性を見つけることが出来ます。

例えば、1回株価が上がっては横ばい、
また上がったかと思ったら横ばい、なんてパターン。

数週間下がっては吹き上がり、
また数週間下がっては吹き上がりといった銘柄も有ります。

このように、小型株・大型株に限らず
チャートに規則性が見られる銘柄は多々有りますので、

その規則性とご自身のトレードの相性が合うと、
面白いように利益が出るようになります。

逆に言うと、
ひとそれぞれ相性が良い銘柄がありますので、

ご自身の目でチャートを見て、
手に負えそうか?判断して、
手に負えそうでなければ、無理に売買しないことです。

何より確信が持てる銘柄。
これが大切です。

年初3日間ですでに色々な銘柄が値上がりしましたが、
全部トレードする必要はなく、

じっくり見極めをしていただければと思います。

あ、ただ、銘柄は横目で見ていないと気付かないので、
売買しなくても監視は続けて下さいね。

それでは(^^

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
「オーバーシュートした銘柄は必ず下がる」
のが相場の原理原則ですが、

そんな急落さえ収益チャンスに
変えてしまうスキルを
徹底的にお教えします。

詳細はこちらで紹介しておりますので
ぜひご覧になってください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170120/


運命が変わる銘柄選択

2016.12.26
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のトレードルームより、、、

あなたにこんな経験はないでしょうか?

昨日、買おうかどうか迷っている銘柄が2つありました。

迷った末に、
以前に利益の出たイメージのいいほうを選びました。

すると、見送った銘柄はすごく上がっていて、
自分が買ったほうは鳴かず飛ばず…

さらに、その日は下げていき、
あえなくロスカット…

ああ、あっちの銘柄にしておけばよかった〜…

まあトレードをしているとよくある話ですよね。
これは仕方ないよね〜…と。

しかし、
あきらめてしまうのは、いけません!!

復習になりますが、
トレードの良し悪しを決めるのは
銘柄選択と仕掛けポイントになります。

この2つの条件がしっかりとしていれば
ロスカットや利益確定の手仕舞いはとても
有利に展開できます。

実にこの2つの要素でトレードの80%は
決まると言っても過言ではありません。

まあひっくり返して言うと…

ロスカットで大きな損が出たり、
利益確定に悩むのは、

銘柄選択と仕掛けポイントに
見落としがあったのかもしれませんね。

資金がありまるほどあれば、
気に入った銘柄をあれこれと仕込んで、
確率で勝負もできますが、

一般的な個人投資家の資金であれば、
銘柄選択から銘柄の絞り込みの作業が必要です。

より良い銘柄に絞り込まなくてはいけません。

この絞り込むときの、
”こだわり”といったものが
その後の展開に大きな差を作ります。

1ミリの見落としが
100メートルの差になるのです。

たとえば、買いで考えている銘柄で、

日足チャートで
短期線と長期線のデッドクロスがあるとか、

週足を見ると上に、
ぶっとい下向きの移動平均線があるとか、

一目均衡表で
基準線と転換線の逆転が頭を押さえてるとか…

ほんのちょっとしたことなんですが、

まあいいや…とか、
これぐらい大丈夫だろ…なんて
見落としたり、無視したりしていると

翌日に空をあけて、下から始まったりします。。。

飛行機は機体にほんの1ミリの穴が
空いていただけで墜落してしまいます。

トレードにおいても同じです。

ほんの1ミリくらいの大きさの反対要素が
その後の展開で大きな差になります。

チャートを日足だけでなく、
週足や長期のチャート、一目や信用残、
出来高などなど、

チャートを上から下から、
裏側からも見るしつこさが大切です。

実際にうまくいっている人は、
チャートをいろんな角度からよく見ています。

トレードの大きな要素である銘柄選択には
こだわりと見落としがないように
虫メガネをもって見るくらいに臨んでいきましょう(^^♪
 
 
藤井百二郎


上がる銘柄を教えてもらったら

2016.10.03
koushi_fudo01

From:不動修太郎

私が講師を務めていた
株式のスクールで同窓会の
受講生の集まりがありました。

私は可能な限り、投資家の
懇親会等には顔を出すように
しています。

高い参加費を払い、
しかも時間を使って
参加してくれた受講生への
恩返しと礼儀の意味合いもありますし、

私としてもそのような集まりで
株、為替の投資家の
知りたい事、
悩みを伺う事ができます。

投資スクールに参加する人たちは
投資について知りたい事、悩みが
あるからこそ、スクールに
参加するのでしょう。

だからこそ、スクールの
講師は、受講生の知りたい事を
掴み、セミナーでは
その解決につながる話をしなくては
なりません。

さて、株式セミナーでは、いつも
推奨銘柄を聞きたがる人が
多いです。

私は為替の専門家では
ありますが、株式の推奨銘柄に
ついて尋ねられる機会が
増えました。

株式投資の雑誌の記事でも
人気があるのは、推奨銘柄、
騰(あ)がりそうなテーマの記事です。

大きく上がる可能性が
ある銘柄を教えて欲しいという
気持ちはよく分かります。

推奨銘柄を聞くのはいいのですが、
ふたつ注意してほしいことがあります。

どんなに業績が良くてもいつまでも
上がり続ける銘柄は有りません。

ですから、皆様が仮に有望な銘柄を
教えて貰い、それを買って、
首尾よく株価が上がったとしても
その株を手放すタイミングを
決めるのは、投資家である皆様です。

ですから、株価チャートの形から
株価がある程度は予想出来る、或いは
テクニカルで判断できることが
大切です。

この事は考えてみると
当たり前なのですが、案外
その当たり前を忘れてしまう
投資家が多いです。

もう一つ、買う前に確認すべきは
その銘柄が推奨されている理由です。

その会社の業績がいいからなのか、
或いは、業績は良くないけど
注目を浴びているのか、
などのヒントを貰うのはいいのですが、
最終的には決め手となる情報は自分で掴みましょう。

例えば、今季の業績が上方修正されて
株価が上がったという事実が
分かったとしましょう。
すると来期の業績に注目し、その銘柄の
売り時を思案することになります。

ですから、騰がりそうな株の
ヒントを貰うのはいいでしょう。

ただ、投資は常に自己責任ですので、
買う時期、買う理由、利益確定する
時期は自分で判断しなければならないのです。

不動修太郎

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。


利益確定を上達させるには

2016.09.14
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

じつは最近、ボクシングジムを変えました。
理由は後ほど説明しますが、

そのボクシングのトレーナーから

『きれいなフォームなんだけどね~
それでは勝てないね~』

と言われました…

元々はやせるために始めた
ボクシングでしたが、試合にでる機会も増えてきて、

実戦で相手と本気でやると、
自分に足りないものが明確に見えてくるのです。

そこで、もう少し実戦で戦うために
練習をしたいと思って、ジムを変えました。

新しいジムは、なんと
元チャンピオンが教えてくれます。

だから、かなりきついです。。。

ありがたいことに
もう50のおっさんなのですが、
手抜きをしないで教えてくれます(^^;

トレーニングは1時間半くらいですが、
帰るころには、魂が抜けたくらいになります。

それも、家に帰っても食欲がないくらい。

けど、とても楽しいです。
今まで知りたかったことを
どんどん教えてもらえるからです。

しんどいのは、恐ろしいくらいに
しんどいのですが、それを上回るくらい、
ボクシングは楽しいのです。
 
 
しかし、その新しいジムで、
シャドウボクシングをしていたときのことです。
(シャドウボクシングとは、
 相手をイメージしてジャブなどの型を練習すること)

トレーナーに言われました。

『きれいなフォームなんだけどね~
それでは勝てないね~』

元々はバレエダンサーなので、
型をきれいにしたまま動くは得意です。

ジャブジャブワンツーなんて、
ボクシングの基本の動きですが、
基本通りに再現するのには自信がありました。

基本通りに、折り目正しく。
しかし、それでは実戦では勝てないのです。

いくらフォームがきれいだからと言って
実戦で勝てるかどうかは、別の話。

逆に基本通りできれいなフォームは、
相手に読まれやすく、やられてしまうからです。

ボクシングは対戦ゲーム。
相手にこっちの動きを読まれてしまっては
負けてしまいます。

きれいに基本通りに動くことは大事ですが、
相手にプレッシャーをかけるために、

フェイントをかけたり、
不規則な動きをして
警戒心を持たせなくてはいけません。

基本通り、折り目正しくは
実戦ではダメということです。
 
 
これは、トレードでも同じで、
基本通りはもちろん大切ですが、
場合によっては実戦的に動かなくてはいけません。

どこかというと、、、
 
 
利益確定がまさにそうです。
 
 
利益確定は、仕掛けるときより、
ロスカットより、すごく難しいので、
より実戦的でなくてはなりません。

その時の相場や個別銘柄の癖を読んで、
これまでの経験にも基づいて
実戦的レベルで対処したほうが
成功しやすいと思います。

利益確定にはいろいろと
ルールもあったりしますが、
それはあくまでも基本であって、実戦的ではありません。

実際、利益確定に関しては
明確なルールを提示できてないのが
現状だと思うのです。

相場の風向きがころころ変わる持合相場なら
ほんの少しの利益でも利食って、
さっさと勝ち逃げすべきだろうし、

個別銘柄において、
粘れば当たりがくるような癖があるなら、
引っ張っていくべきです。

トレーダー1年生ならば、
折り目正しく基本通りに
トレードを進めたほうがいいですが、

経験をつんできたのであれば、
実践的に利益確定をすることを
おすすめします(^^♪
 
 
藤井百七郎
 
 
 
<編集部のオススメ>

買ったら下がり、売ると上がる・・・
銘柄選びに疲れていませんか?

そんなあなたにオススメのセミナーです。

・小資金から数倍~10倍以上の
 リターンが期待できる
・銘柄選びは「パターン」に当てはめるだけ
・株初心者でもマスター出来る

そんな投資手法を
体験できるセミナーが
9/18(日)に開催されます。
残席も少なくなってきましたので、
興味のある方はお急ぎください。

詳細はこちらをクリック

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_160918/


遊び人と付き合いますか?

2016.09.04
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

今日は何を仕掛けようか?
と迷うことってありますよね。

悩んでいる内に時間が刻々と
過ぎてしまうこともあるでしょう。

私としましては。
「活きの良い魚はどれでしょう?」的な
目線で見るのですが。

活きの良い魚にも2種類あります。

・会社員みたいに律儀なタイプ
・かなり危ない遊び人タイプ

どちらも一長一短ございますね。

会社員と付き合うと、律儀に株価が
動くので、比較的トレンドが分かりやすい。
だけど、つまんないですねー。

だって、動きが分かりすぎて

面白みが無いのです。

しかも、少しずつしか上がらないので

付き合っている内に飽きてしまう(笑)

では遊び人タイプ
こちらは動きが読みづらい反面
一気にブレイクする可能性あり
しかし、手痛い傷を負う可能性もあって
かなーり慎重にお付き合いしなければ
いけませんね。

お付き合いはどちらのタイプに
しましょうか?
と、朝一から悩むのですね。

皆さんならどうしますか?

恋愛の話ではなく、株の話です(笑)

東証一部の銘柄にしても、
全てが会社員タイプとは限りません。

会社員に見えて、遊び人だった
ってこともあるでしょう。

そんな時に、「えっ?実は遊び人?」
って、思う前に検証をしなければ
なりません。

そうです。
遊び人には遊び人の
「証拠」があるんですね。

その「証拠」が過去のチャートを
分析することです。

うーん。
やっぱり過去はにじみ出るものです。

だからこそ。
過去の「証拠」を「分析」して
良いトレードをしてくださいね(^^♪

何度も言いますが。。。
これは恋愛の話ではございません(*^_^*)

高橋陽子

<編集部のおすすめ>
銘柄選択は得意ですか?

株の楽しみの一つであり、
また、悩みどころの一つでもありますよね。

銘柄選択にかける時間を
別のことにまわせたら…
もっと効率的な投資が可能だとは
思いませんか?

銘柄選択不要の投資法が
気になる方はこちらをクリック!

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_ry_190927/
※先着5名限定の募集です