カテゴリー別アーカイブ: メンタル

逃した銘柄がストップ高…

2018.04.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

「えーっ嘘だろう???」

私は地団駄を踏んで
悔しがりました…

いつものように後場14時から
銘柄を探しているとき、
何気なくストックしておいた
監視銘柄を見ていると

後場から急騰して
ストップ高になった銘柄が
あったからです。

「え〜〜〜っ、狙ってたのに〜〜〜!」

6025 日本PCサービスです・・・

その日は木曜日。
四季報の内容が更新されているのを思い出し
午前中にちらほらと銘柄を探していると
目に止まったのがこの銘柄でした。

最新号比修正率 233%
四季報と会社予想かい離率 317%

こっ…これは…すごい…!!!

湧き上がる興奮を覚えつつ
チャートを確認しました。

しかし、その日、その時は
まだピクリとも動いていませんでした…

ちょうど75日移動平均線あたりをウロウロ…
株価は600円くらい。

それでも、更新された業績予想から
上値目途を計算してみると
なんと倍の1200円!

「みんながこの事実に気が付いたら
これは絶対に上がるな…」と

私は踏んだのです。

ところが、
私はそのときに買いませんでした…(^^;

私、昔から買い物は
する前によく考えるタイプなんです…(汗)

洋服なんでもそうなんですが、
いいなと思ってもすぐには買わずに
よく考えてしまう。

この変な癖が
ここで出てしまいました(^^;

まあもうちょっと様子見してからね〜とか
他にもっといい銘柄ないかな~と思って、
そのまま後回しにしちゃったんですね。

そしたら、
その日の午後に
ストップ高に張り付きました…

トレーダーのみなさんでしたら
このときの私の気持ちを
分かっていただけると思います。

見てなかった銘柄がストップ高になっても
別になんとも思いませんが、
見ていた銘柄がストップ高になると、
その悔しさは宇宙レベルです。

悔しくって、悔しくって、
買わなかった自分が
腹立たしくて仕方ありませんでした。

本当に悔しかった…

いやはや、お買い物や嗜好品なんかを
よくよく考えて買うのはいいことなんでしょうが、
やっぱり株はタイミングなんですね。

銘柄を買うな、時を買え!

この格言を実感した日でもありました。

いけると”踏んだ”銘柄は、
やっぱり少なからずとも
入っておくべきだと痛感…

ただし、根拠もなく
いけると”思った”銘柄を衝動買い、
なんてのはダメですから
気を付けないといけません。

それでも、せっかくの投資機会。

やっと見つけた”本当にいい銘柄”は
その時に入っておかないと、
逃げちゃうもんなんですね…

見つけたそのときに入るためには、
入れるようになるためには、

きちんと、裏付けされた
買いの理由をすぐに見つけられる技術。

それから、結論や判断は手際よく、
すぐに出せるように
日頃から練習しておくことも重要です。

今回逃した銘柄は
大きかったわけですが、
次回は逃さないように
私も精進していきます。

みなさんも見ていた銘柄だけは
逃さないように
気を付けてくださいね(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
FXチャートの見方を劇的に変える
秘伝のノウハウを伝授します。

非常にシンプルで
確立されたこのノウハウは
プロも実際に活用する必勝理論。

それでも気にならない方は
クリックしないでください。↓
http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/


「おしん戦略」とは

2018.04.05
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

じれったい、じれったいですね。。。

今の日経平均と相場です。
上値が重く、そして下がりもしません。

抵抗ラインを抜けたかと思うと、
今度は下支えしてきます。

スウィングトレーダーにとっては
裏切られてばかりの相場です。

こんな時は、前回の動画でもお話ししましたが
提案としては、225銘柄から離れてみる。

ひとつは、IPOセカンダリなんてのは
今のところ、よい結果
になっています。

もうひとつは、、、

とにかく、とにかく、
辛抱~辛抱~・・・。

小さなロスカットでしのいで、
トレンドが出始めるまでじっと待つ。

「おしん戦略」とでも申しましょうか、
耐えて、忍んでいくしかないようです。

でも、ただただ忍んでいるだけでは
芸も戦略もないので、

せめて業種だけでも絞っておきましょう。

詳しくはこちらから(^^♪
 ↓↓↓

<編集部のオススメ>
あなたは2つも大きな間違った知識を得ていた。
だとしたら…

ここで間違いに気付けるでしょう。

今すぐ自分の実力をアップしたい方には
とっておきの内容です。

https://japan-i-school.jp/sl/takako/seminar_180418/


トレーダーとしてのナンセンス

2018.04.02
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

私、藤井は毎週のように情報発信をしています。
それに対して、コメントもいっぱい頂きます。

感謝や励ましのようなありがたいコメントもあれば、
中にはショックなコメントもあるんですね。。。

先日はこんなコメントがありました。

「早く明日の相場を予想してください!」

「上がるか下がるか当ててみてください!」

・・・(涙)。

なんて悲しいコメントなんでしょう。。。

別に誹謗中傷されたからではありません。

明日を予想するという考え方にがっかりしました。

同じ投資家、トレーダーとしてがっかりです( 一一)

このメルマガを読んでいただいている
皆さんは分かっていると思いますが

明日を予測してはいけないのです!

明日の上がるか下がるかを予測して

ポジションを持ってはいけないのです。

持たないといけないのは、シナリオです。

ここを上に抜けてきたら上がるな…

なら、抜けたほうを買い増しして

様子をみていこう、とかです。

相場というのはどこか野球と似ていて、

試合前からどっちが勝つかなんて

わからないものです。

勝ち負けはゲームの流れなんです。

この回に点が入ったほうが有利だね、

みたいなものなんです。

何度も言いますが、絶対に予測してはいけません。

多くのアナリストの予測がはずれている事実や

これまで多くの投資家が予測してはずれて

相場から退場していった歴史を見直さないといけません。

それから、うまくいってる投資家の共通点は

ロスカットと予測しないです。

どれがうまくいくかなんてことも
中々分からないものです。

うまくいったものは引っ張って、
反対に行ったら切って逃げる。

とてもシンプルなルールで決断、行動するべきです。

明日を予測して、たまたま利益が出ることもあります。

しかし、トータル的には予測が外れた損失が

利益を大きく上回っている結果を

自ら再認識しなくてはいけません。

未来を予測したい、
予測できるようになりたいというは
人間の根源的な欲求かもしれません。

しかし、相場で利益を重ねていくには
予測したいなんて言う、

邪魔な欲求は切り捨てる必要があるようです(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>

下落相場でも早いもの勝ちの
お宝銘柄が存在することを
ご存知ですか?

1時間半で、
このお宝を見つける
ヒントを手に入れたいのなら
こちらをご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180413_14/


トレードを辞める日は近い

2018.03.06
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

あなたは、トレードを辞める日を決めていますか?

「え?・・・何の話?・・・
いきなり、何言ってるんですか?」

と感じた人は、

現実を見ていない人か、計画性の足りない方だと思います。

少なくとも、

トレードが、勝率100%にならない論理ゲームである
ということを忘れている人です。

アルバイトのように、
安定して勝率100%で永続的に稼ぎ続けるもの

だと思っている人、多すぎます。

そんな意識でいるから、
毎日の勝敗や値動きにいちいち翻弄されるのです。

趣味やボケ防止でトレードをやる人は、
別にいいと思います。

カジノに行く感覚でトレードをしているなら、
大勝ちできれば儲けもので、

負けても「あーあ、やっちゃったぁ!」
で良いわけですから、

そんなに真剣に取り組むと
逆に、しらけますよね。

でも、

たった一回きりの人生、
何か目標があって、そのための資金調達のために
トレードをやっているなら、

今日の話はとても重要です。

・・・

=======

トレードを辞める日を決めることはとても大切です。

トレードを辞める日
=目標資産額に達する日

ということなので、
トレードを資金調達の「手段」と考えていないと
こういう発想にはなりません。

いいや、私は、一生トレードをしていきたいんだ!

という方、
それがいったいどういうことか
わかって言っていますか?

トレードは、
1回1回の勝率が絶対に100%にならない勝負

です。

ということは、

たとえ、勝率が90%だったとしても、

運がものすごく悪ければ、
連戦連敗がありえる

ということです。

そう、

トレードはもともと、
最悪の事態が起こるリスクを孕んでいるからこそ
大きなリターンを狙えるという戦場
なのです。

まさに戦場。

ですから、

私は、一生トレードをしていくんです!

というのは、

私は無敵の戦士になって、
一生、死ぬまで、戦場で戦い続けるんです!

と宣言しているようなものです。

どれだけ天下無双の戦士でも、

死ぬまで戦場に立ち続ければ、
いつか運悪く命を落とす、という気がしませんか・・・?

少なくとも、私は、
トレードをそういうイメージで捉えています。

ですから、一生通用する手法なんて
あるとは思っていません

もちろん、現在の相場状況で
ほぼ確実に資産を増やす戦略や手法はあります。

が、10年後も通用する!と
盲目に信じるほど、楽観的ではとてもいられないのです。

トレードは、投資のひとつですし、
その意味では、ビジネスも投資のひとつです。

ビジネスに置き換えて考えてみてください。

今、大企業だとしても、
50年後に大企業として生き残っていると信じられますか?

もしもそう豪語する大企業があったら、
そう言っている時点で、逆に無理、
と感じるのではないでしょうか?

何が起きるかわからない

と常に緊張感をもって戦場にいて、
不断の努力を続けて初めて
長い間、勝ち続けるという実績が生まれる

と思います。

ですから、究極の勝利というのは、

勝ち逃げに成功したとき

ではないでしょうか。

目標の資金額まで、なんとか漕ぎつけて、
トレードを辞めて目的を達成する

そう考えるのが

本当の意味での堅実な投資家
だと思います。

世界一の投資家と言われている
ウォーレン・バフェットは、
23年間、一年単位で無敗です。

つまり、毎年、資産を着実に増やし続けてきて
23年が経過したという状態です。

注目すべきは、
それが世界一であるということ。

ですから、我々個人トレーダーは、

5年~10年、
自分のトレード戦略が通用するうちに
勢いよく勝ちまくり、
相場のルールが変わらないうちに
勝ち逃げする

というシビアな意識でいるべきだと
私個人的には思っています。

スピード感と緊張感

やるなら、本気で圧倒的な集中力で
やりましょう。

中途半端に投資している人が多すぎです。

やるなら、超非凡を目指しましょう。

あなたは、人生の舵をどこに向けていますか?

何のためにトレードをしていますか?

(追伸)

タイトルの意味は、
私がトレードを辞めるという意味ではありません。

目標額に到達して、
現在のトレードがいったんゴールインする日が
見えてきた、という意味です。

GOOD TRADE!!

Mr.K

(追伸2)
今回のブログを読んで、、、

本気で投資に向き合うと決めた方、
トレードの目的がはっきり定まった方、
集中による圧倒的な結果を手に入れたい方は、

私と一緒に超非凡な成果を目指しませんか?

トレードという戦場で生き残るために
あなたの中の本気を引き出します。

あなたの人生を一変させる特別講座を受講する方はこちらへ


油断大敵。大怪我をしないポイントとは?

2018.03.03
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のホテルより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

油断していると危ないです。

高値から戻ってくるリバウンド、
ここに引っかかって身動きが取れなくなる
個人投資家もいます。

とくに、
既に10倍20倍になったような銘柄は

地合いが崩れてから
グズグズになったりしています。

大丈夫ですよ、と言っている方が
意外にそういったところに
引っかかってしまうんです。

そうならないように
狙っておきたいのは
下値不安のない銘柄です。

・これから上げていく様な銘柄
・最安値からの切り返しが強い銘柄
・下落前の高値を超えている銘柄

こうした銘柄にエントリーした方が
下値不安がなく
何かあった時に崩れにくいです。

とはいえ、
そういった銘柄を見つけ
自信満々でいても、

何が起こるかわかりません

もし、一気に下がったら
一旦止めておいて、

もたついた時には、どっちに動くか
慎重に見極めることが重要
です。

皆が「良い」と言っているからと
何の気なしにホールドしたまま
ぼけっと見ていると、

思ってもいなかった方向に
飛んでいってしまうことがあります。

評判が良くても
傾向的に高値圏であれば、

エントリーするかどうかは
慎重に考えてください。

株価が下値付近に来たら、
始めてエントリーを考える
んです。

それに加えて言うと、
オシレーター系テクニカル指標も見て、

さらにシナリオと逆の方向に
進んでしまった場合に備えて

逆指値を入れておけば、
大怪我せずに済むでしょう。

安易に高値掴みせず、
傾向を見抜けるように取り組んでみてください。

方向性が出てから取り組んでも
まったく遅くはありません
から。

それでは今日はこのへんで。
来週も頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田


メンタルを強化する方法

2018.02.27
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

先日、大阪でセミナーをしてきました。

とても熱心な方ばかりにお集まりいただき
積極的な質問も多く、真剣に聞いてくださるので

その思いに応えようと
当初予定の内容を大幅に超えて
勝つ秘訣をありったけお伝えして参りました。

皆さん、お帰りにになるときに

「今日は本当に来て良かったです!」と
列にならんで丁寧にお礼を伝えてくださり、

大阪まで行った甲斐があったと
とても嬉しかったです。

さて、セミナーでいただいた質問の中で
気になる重要な質問がありましたので
今回はそれを取り上げようと思います。

ーーーーーーーーーーーー
メンタルの重要性について
ーーーーーーーーーーーー

トレードをしていて、
メンタルの弱さが課題だという悩みを
いただきました。

それに対しての私の回答は・・・

「メンタルは全然重要じゃないと思いますよ」

です。

言い間違いではありません。

メンタル(=精神力)は
トレードで勝つ上で不要
だと思います。

トレードを教えていると

「先生、メンタルの重要性がよくわかりました!」

という方がたまにいるのですが、
いやいや、それは間違った認識ですとお伝えします。

こう考えればわかります。

ーーーーーーーーーーーー
メンタルが必要なときって
どんなときでしょうか?
ーーーーーーーーーーーー

思い通りの結果が出なくて
諦めそうになったとき、
精神力が問われる、、、

のですよね?

心が折れそうになっても
自分自身の信念を強くもって
やり通す力が精神力(=メンタル)

ですよね。

でも、それって、トレードに必要でしょうか?

いいえ。

まったく必要ないとは言いませんが、
ほとんど必要ないと思います。

よく考えてみてください。

一般的に、何かに挑戦したときに
精神力が必要だと言われるのは、

努力を続けることが成功に繋がるとき

です。

スポーツをやっていて、
スランプに陥って悔しくても
コツコツと練習をする

とか

営業成績がなかなか伸びなくて
会社を辞めたくなっても、
PDCAを回してスキル向上に努める

とか

そういうときには、
メンタルが弱くて自分の軸がブレブレだと

努力を継続できないので
大きな結果は出にくい
と思います。

それは同意です。

では、トレードに置き換えて考えたとき、
必要なメンタルは?

・含み損になってもロスカットせずに
持ち続けるメンタル??

・負けが続いても、淡々と冷静にエントリーを
続けるメンタル??

・怖くても初動で「えいやっ!」と
エントリーするメンタル??

いやいや、それって
スポーツたとえば野球のピッチャーで言えば、

スランプが続いているのに、
今の投球フォームで絶対に結果が出るはずだ!と
盲信して頑なに同じフォームを続ける

ってことですよ。

そこじゃないでしょ!!!

結果が出るまで続けることに
メンタルを使うべきであって、

ただ含み損の株を持ち続けるのが
メンタルじゃないですよ。

含み損でも損切りしないっていうのは
何もしないで祈るってことですからね。

諦めそうになっても毎日練習をすることとは
雲泥の差です。

そもそも、含み損が広がって吐きそうになっても
挫けずに待ち続けるっていうのは、

エントリーの方向が
長期的に見て正しくないと何の意味もないです。

それに対して、

何かに挑戦したときに、
結果が出るまで諦めずに挑戦し続けるというのは
基本的に正しい行為です。

そう、

行動を続ける上でメンタルは重要

でも、それだけではダメで、
行動の方向性が合っている必要があります。

トレードで言えば、
メンタルを発揮すべきなのは、
たくさんチャートを見て研究することにおいてです。

トレードっていうのは、
原則として、先の展開が読めているときしか
利益にならない
のですから、

メンタルより先に、
根本的な問題として、分析力や洞察力が必要なわけです。

そこを鍛える努力を十二分にした人が、
「メンタルが重要」というならわかります。

でも、その努力をしていない人が多いです。

分析力の向上に努めて、
自分の勝率やRR比率を上げていき、
最後の最後に

「これだけ分析力があるし、
過去の勝率やRR比率で実力が証明されているから
あとは、自分の判断に自信を持って淡々とやろう」

というメンタルが必要になってきます。

ついでに、

メンタルは鍛えられない、という事実を
知っておいたほうがいいと思います。

自分の信念を信じ切る強さというのは、
思い込みとか鍛錬で向上するものではなく、

それまでの努力量に対する自信から
自然とにじみ出るもの
です。

メンタルがない、という思考に逃げたらだめです。

自分の実力や知識がないことを自覚し、
まずは、リスクを最小限にして努力を続けましょう。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集部のおすすめ>
あなたが投資家としての
本当の成功を求めるなら

「今」がそのチャンスです。

その理由は、
こちらに目を通せば
理解されると思います。

期間限定、無料でご覧いただける
個人投資家向けビデオプログラムですので、

お見逃しないようご注意下さい。

無料ビデオプログラムのご視聴はコチラ