カテゴリー別アーカイブ: 情報

判断に使うのは“これ”だけです

2017.11.11
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週の相場は大きな波乗りのように
激しい動きでしたね。

最近、本当に多くの方から
「日経平均はどこまで上がりますか?」とか、

少し前の選挙の時には
「自民党が勝ったら株価は上がりますか?」とか、

とにかく株価予想の質問をよく聞かれるようになりました。

株の講師として表に立っている以上、
私に聞きたくなる気持ちも分かるのですが、

事実を申し上げますと、、、
 
 
私、予想なんて全然しません!
 
 
全くしないことは無いですが、
そもそもどちらに転ぶか決めていないのです。
 
よく考えてみてください。

今後の株価やら景気やらを
正確に予想して当て続けるなんて、
一部の才能ある人にしかできないことです。

テレビに出るような評論家やアナリストさえ
外してしまうのです。
 
そんな高難度の中で
私が予想しても何にもなりません。笑

だから、自分で予想するよりも、
本当に限られた・信用できる人の予想を
聞くようにしています。

その人たちが何を言っているか聞きながら
パターンをいくつか想定するんですね。

実際、その人たちの話をよく聞いていると、
「秋から株価はこうなるね」って
鋭い観点でプラスの意見もマイナスの意見も出ます。

  
ただ、ここで大事なのは、
そこで出た予想を盲信しないこと。
 
 
パターンをいくつか想定して、
どちらに転んでもいいように
対策するのが大切です。

このスタンスは、
20代で投資を始めた時から変えていません。

ちなみに、
20代の頃は銀行員だったので、
ゴールドマンサックスや
リーマンブラザーズといった

その世界に通じている人から
今後の景況について聞かされていました。

今思うと、
インターネットがなかった当時は、
限られた人しか聞けない貴重な情報でしたね。
 
 
ところが、今は
インターネットにより誰でも情報に
アクセス出来る便利な時代です。

ネットでの情報収集の話をすると、
「なんだ、村田さんパクリですか!!」って
思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、

パクリとかではなくて、、

形はどうあれ
独りよがりで予想するより
人の声に耳を傾ける方が
よほど賢明だと思っています。
 
インターネット上には

みんながどんな予想をしているか?
みんながどう思っているか?

プロからアマまで
生の声がゴロゴロしています。

特にFXのトレーダーは
結果次第で為替が動く
重要指標を気にされるそうですが、

よほどの天才以外は、
人が何を言っているのか横目で確認をして
 
 
「分からなかったらポジション取らない」
のが賢い選択だと思います。

知り合いの有名為替トレーダーと
ロンドンでご一緒させて頂いた際にも

自分のトレード画面より、
隣の人の画面を見まくっていました。笑
 
 
最近いい成績出している人が何をしているか?
とにかく上手い人のまねしよう~ということですね。
 
 
実際、ネットがない時代から
私も上手なトレーダーの友人と
電話で連絡を取りながら、
日々情報交換をしていました。

もちろん、
それは仕事中に頻繁にできるわけではないし、

私は事務がとにかくできなくて
周りに苦労を掛けていたので、

見つかったら上司に殴られていたでしょう。笑

だから、今の世の中は情報収集を
本当に気軽にできますし、

予想に対して盲信は避けつつも、
この環境はぜひ生かしてほしいですね。
 
 

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
現役プロトレーダーが
直接伝える急騰株の秘密

銘柄選択のやり方から
具体的な売買ポイントまで、
プロが使うシンプルな手法を伝えます。
ぜひご参加ください。

http://japan-i-school.jp/jim/171118_seminar/


株の学校、終焉?

2017.10.09
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

どうやったらもっと
自分ではない他の人を
株で上手にしてあげられるんだろう…

どうやったらもっと
株で独り立ちできるように
してあげられるんだろう…

最近考えるんですよね。

学校というと似たもので
自動車学校がありますね。

だいたいの人が1カ月くらいで免許を取ります。

免許を取って路上で運転していれば
大体の人が上手になっていきます。

個人差はあるのでしょうが
ほとんどの人は当たり前に
運転できるようになります。

自動車の運転は学校で学んで実践していれば
大体の人が上手になっていきます。

ところが株はそうはいかないようです。
では何故、
株は自動車のようにいかないのでしょう…?

きっと、自動車の場合は
すでに環境が整備されているからでしょうね。

教わった通りに運転すれば
問題ないように整備されているからでしょう。

基本的に左側を走っていれば問題ないし、
何かあったらブレーキを踏めばいいし、

車線かはみ出して運転しない限り
事故ることはほぼありません。

青信号なのに交差点で横からぶつられたら、
ぶつけた方が悪いというふうに
法やルールもすでに整備されています。

ところが株の世界はどうでしょう…?

株の世界ってのは相場になるんだけど、
相場は全く整備されていないんですよね。

ルール無用の世界なのです。

どんなことをしても
勝たないといけない人たちがいて

彼らは大量の資金を持っていて、
勝つためにどんな手段でも使ってきます。

そんな環境の整備されていない
魑魅魍魎の世界に、
足を踏み込むわけですから

太刀打ちできなくて
当たり前なのかもしれないですよね。。。

もちろん中には、少し勉強しただけでも
スイスイと利益を出している人もいます。

では利益を出している人と
苦しんでいる人の違いは何だろう…?

物事はセンスだ、という人がいます。

私も確かそう思います。
私の場合はどうだったか…

私も御多分に漏れず
ずいぶんと相場に持ってかれました…(汗)

一夜にして、
損金が計算できないくらい
やられたこともあったし

時間をかけて、
なぶり殺されたこともありました。

それでも、それでも、
続けてこれた珍しいタイプです。

ある意味、
痛点が鈍かったのかもしれません。

痛点が鈍いというセンスが
あったのかもしれません(笑)

まあ私にセンスがあったかどうかは別にして、
センスはセンスだけでは開花しませんね。

何らかの刺激やアクションが必要なのです。

どうやったらもっと自分ではない他人を
株で上手にしてあげられるんだろう…

最近、試しにやってみた企画に
ヒントがありました!

WEBで実にのんびりした
株の番組をやってみたのです。

通常のガチガチのセミナーではなくて、
食後に一杯やりながら
観てもらうようなリラックスした内容です。

約1時間くらいの番組だけど、
たらたらと株の話から
離れたりくっついたりしてる中で

何らかのヒントをつかんでくれる方が
多かったのです。

果たしてどうなるかしらん…
と始めた企画だったけど
予想以上にいい反響をいただきました。

株の専門誌をガチ読みするより、
高額のセミナーを缶詰で受講するより、

意外とたらたらした時間の中に
役立つヒントが眠っているようでした。

昔、剣の達人は、
師匠から修行の中から教わるのではなく

師匠と食を共にした時の端々の言葉から
ヒントを得て達人になっていったように、

のんびりと時間を共有して、
話しているときに

ご本人に役立つヒントが
見つかっていくのです。

話すほうも聞くほうも、
計算していないところに

大きなヒントに化ける話が
眠っているみたいですね。

どうやら、
株を上手になってもらうキーワードは

のんびりの共有…
時間軸ではないかと思っています。

もうすでにあなたも
株をやってられると思いますが、

どんな時にヒントを得られたのか?
どんなものがあればヒントを得られそうか?

ご意見をもらえるとうれしいです(^^♪

P・S:
なんだか私の独り言のような
メルマガになってしまいました。

最後までお付き合いいただきまして、
ありがとうございました。

<編集部のおすすめ>
エントリーとエグジットだけでは
勝つことは不可能です。

どこで買ってどこで売るか?
ばかりに膨大な時間を投じた結果、
「気が付いた時には退場していた」
本当の原因と正しい解決策を知ってください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar171024/
※残り8名


情報を〇〇しないと上手くいかない?

2017.04.01
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今日は月に1度の出張で
大阪からの発信となります。

このブログも含めて
実にいろいろなメディアで
これでもか!というくらい
情報発信をしている今現在なのですが、
その恩恵もたくさん受けています。

1つ思うこととしては、
「情報を発信する人のところに、人が集まる」
という原理原則です。

株はどんな銘柄でも少なからず情報戦で、
その情報を持っているか持っていないかが、
非常に明暗を分けます。

私も日常生活の雑務すら
株の情報収集にあてていますが、
やはり1人出は限界があるもの。

このようなときに、
仲間のトレーダーからの情報がモノを言います。

つまりは、情報も
トレーダー同士で持っているものを
交換し合うわけです。

だから、株の世界でも
積極的に情報発信を続ける方には
多くの人・情報が集まりますし、

逆にただ情報を得たいがために
「くれくれマインド」でいると、
上手くいかないんですね。

私も自分の株の技術や
持てる情報を皆さんに余すところなく
お伝えしていますが、

皆さんも株が上達してきたら
ただ自分のために情報を集めるのではなく、
人のために発信する習慣を付けてみましょう(^^♪

ウルフ村田


見逃し厳禁!相場のルール変更を意識する

2017.02.22
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

ここ数日、暖かい日があり寒い日があり、
おだやかな日があり、強風大雨の日もありました。

なんだか市況の話をしているみたいです。

ということで、今回は市況の読みについてお話します。
久しぶり、もしかするとブログでは初めてかもしれませんね。

相場のメカニズムに関して、
まずはおさらいしておく必要があるでしょう。

日本は、日本の事情と理由があって、相場は動きます。

同様に、欧州には欧州の、米国には米国の、
それぞれ事情と理由があって相場は動きます。

そして、それぞれの地域での理由は、
為替、債券、株式市場を介して他の地域に影響を与えます。

全ての事情は
世界同時にニュースで伝わるので、
そこから解釈される心理要素も
市場に大きく影響を与えます。

確実に言える事は、全ての金融市場は、
市場参加者(=売買オークション参加者)「だけ」による
需要と供給で価格がきまります。

相場は需要供給によって
上がるか下がるかの単純な瞬間瞬間の動きです。

けれども、いろいろな情報が関与しているため、
簡単に読み当てる事は出来ないですね。

ある瞬間読みが当たっても、
次の瞬間には、当てた時と違うルールで相場が動いていると、
同じ方法では当てる事はできません。

これが相場の難しさであり、面白さでもあります。

前置きが長くなりました。

まずは大きな流れを読んでみましょう。
為替と日経平均をグラフにしてみました。
明確に動きが変わった日に縦線をいれてあります(2月21日前場まで)。

この縦線がルールの変更日になると考えながらグラフをご覧ください。
ルールが変わる以上、それまでと同じ考えや読みは通用しません。

最初の縦線は、ブレクジットです。
英国のEU離脱は特に心理的な震撼を与えましたね。

次は参議院選挙です。
自公の安定政権に市場は安心感を覚えました。

その次は、トランプ新大統領の決定です。
その後にトランプラリーと呼ばれた
上昇相場がやってきたのは誰もが知るところです。

最後の縦線は、1月24日です。
この日までは為替だけに反応して相場が動いていましたが、
この日を境にそれまでほど反応しなくなってきました。

ブレクジットとか参議院選挙、
新大統領のような明確な大きなニュースはありませんが、
明らかに動きが変わった日です。

日程的には、第3四半期の企業決算が理由と考えられます。

かつ依然として為替は支配的でもありますね。

とすると、今は業績と為替の双方
主要なルールとして相場を動かしていることになります。

第3四半期の企業業績を終えた段階で
上方修正は東証1部500社の集計では約100社、
下方修正は約30社でした。

今年度の為替レートは、
今期(4月1日から2月21日まで)の平均が108円です。

現時点ではこの平均より5円ほど円安なので、
当期決算には良い影響があるでしょう。

他にも理由を探せば
相場を動かす理由はたくさんありますが、
大きなルール変更を意識すること
まず大切だと思います。

それでは、次回をお楽しみに

奥村尚

<編集部のおすすめ>

株式トレードで、あえて
”負けに行って”いませんか?

どんなに良い手法を使っても
あなたが「負けるマインド」を
持ち続けている限り、
利益は生み出せないでしょう。

「勝てる自分に変わりたい」
そんなあなたのために、
特別な1日が待っています。
http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


今日の話は読者をえらびます

2017.02.07
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日の話は、読者を選びます。

すべての方向けではありませんので、
対象外の方は申し訳ありません。

対象を広くして抽象的なことを話すより、
少数の方に深く役に立つことを選びました。

今日の話は、

・トータルがマイナスになってしまう
・いつも損大利小になってしまう
・勝てる確信がない
・トレード自体を疑っている
・正直、泣きそうだ

これらの条件に当てはまる人向けです。

そう、今日の話は、
勝てなかったころの昔の私自身
に向けて書きます。

■拝啓、一生懸命なあなたへ

将来の資金のために、
あるいはやりたいことのために、
または子供の教育費のために、

自分で資金を増やすことに挑戦し
周りの反対を押し切って
トレードの世界に入った皆さん

勇気を出して取り組んだのに、
勉強しても、どうしても、

あと少しのところでなぜか勝てずに
悩みに悩んでいることと思います

ポジションを持っていると
仕事中もどうしても気になってしまい

うまくいっているとテンションが上がり
含み損の赤字を見ると気分が悪くなる

絶対にトレードで勝てるはずだ
と信じる気持ちとは裏腹に、
含み損がデジャブとなり慣れてくる

そんな毎日が辛いと思います

私も昔、そうでした。

そんなあなたの役に立てればとの思いで、
私がそこから抜け出したきっかけを
少しだけお話しします。

私は、根っからの理系人間です。

理屈っぽいところがあります。

大学で抗がん剤の研究をしていたときも
寝ずに研究に没頭し、
自分の理論を証明することに
一生懸命になっていました。

抗がん剤の研究に比べたら、
チャートを読みといて勝つことなど
よほど簡単に思えたのです。

しかし、その予想は大きく外れました

「なんで、あと少しのところで
 いつも損が膨らむんだろう?」

「なんで、まるで計算されたように
 いつも損大利小になるんだろう?」

「なんで、言われた通りに
 やっているのに負けるんだろう?」

「なんで、あの人は漂々とした顔をして
しっかり利益を出しているのに
俺だけ勝てないんだろう・・・」

そう感じている毎日がつづきました。

なぜうまくいかないにのか、
まったく見当もつきませんでした。

頭では勝てるはずが、
やってみると勝てない

自分の理論と現実が真逆なのが
なぜだかまるでわかりませんでした。

しかし、ある夏休み、

9日間、寮の部屋にこもって
チャートを睨み続けていたとき
とうとう神が降りてきました

『信じていたことは9割
嘘なんじゃないか』

一から考えて論理を組み立てていて
そういう結論になりました

自分で考えると、こんな結論に至りました。

★レンジブレイクアウトそのものが
自動的に損大利小になるエントリーだ

★こまめな損切りは、利益とは関係ない

★ロスカットを遠ざけて長く待つのは
相当にリスクが大きい

★買い目線は明らかに不利

★ファンダメンタルズ投資と
テクニカル投資は使う場面が違う
(一緒に使えない)

★・・・・

本やセミナーで言われたことを
はいそうですかとそのまま信じたこと

私は深く後悔しました

もっと早く気づくべきだった・・・

でも、同時に感謝しました。

見破った自分を誇りに思いました。

泥沼にハマっているあなた、
はまりそうなあなた、

本物の情報と噂の情報が
ごっちゃになっているはずです

何を信じるのか
信じる根拠は何か
信じる判断軸は何か

一度、落ち着いて、
紙を広げ、ペンを持ち、
状況を整理してみてください。

紙に書いて考えることで
問題点をあぶりだしましょう。

どうすればよいかわからなければ
質問してみましょう

あなたが今読んでいるメルマガには、
これだけの実績ある講師がいます

言われただけでわかるほど、
人間は頭が良くありません。

質問をする癖、
理解があっていることを
ひとつずつ確かめる癖を
つけることです

トレードスタイルによって、
まったく同じ情報も
正しくも誤りにもなります

昔の私自身のように、
現状を変える行動をとりましょう

2月は勝てますように!!

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
自分でたくさん考えて
それでも結論が出なければ
勇気を出して質問しにきてください

私は誠心誠意、お答えします。
http://j-i-s.info/j-i-s/170215_seminar/


株の大暴落を予測するには…

2016.12.05
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

1929年、
アイルランド系移民から
一代で巨万の富を手にした
ジョセフ・ケネディという人がいます。

あるときウォール街で
少年に靴磨きをさせていました。
するとその少年が
ケネディにこう言ったそうです。

「だんな、これからは
どの株が上がりますかね?」

そういわれたケネディは
慌ててオフィスに戻り、
持っている株をすべて売りに出しました。
もうすぐ大暴落があるぞと直感したのです!

周囲の人々は
まだまだ上がるのにもったいない…
といいましたが、
ケネディの予測通りの結果となりました。

その年の10月に「
暗黒の木曜日事件」が起きて
株が大暴落したのです。

多くの投資家たちが損をしましたが、
大暴落の前にすべてを処分していた
ケネディは、その後も相変わらず
大富豪のままでいられたそうです。

これはけっこう有名なストーリーですが、

株式投資で長く生き続けるには…
または今ある利益を確保するには…

何気ない日常からも危険を事前に
察知する能力は必要なようですね。

ケネディは、靴磨きの少年でも、
株に興味を持っていたことで
普段は株の話しなんかしない人たちも
今株を買ってきていることから、
今が天井圏であると察知したんです。

我々にとっても大暴落は恐いものですよね。
(空売りの場合は別ですが…)

できれば避けて通りたい。

ならばケネディのように、
靴磨きにいけばいいかというと
それも面倒くさい。

ということで、
もうちょっといい方法があるので
ご紹介します。

私が大暴落の危険察知にやってることが
あるんですが、大暴落の予測方法は

コンビニにあります!

コンビニに行ったら、
雑誌コーナーに行ってください。
なんでもいいけど、
芸能大衆紙の表紙を見てみましょう。

表紙に株の見出しが出ていたら
要注意です!!

日ごろは株のことなんか
一切載らない芸能大衆紙に、
株の話が載っていたら
天井圏である可能性が高い!

ましてや、
「元閣僚幹部が語るここだけの暴騰銘柄」
なんて書いてあったら、
かなりやばいかもしれません…

日経平均もトランプ相場で
ずいぶんと上昇しています。
NYダウも過去最高値を更新中です。

山高ければ谷深し。

上がったものはいつかは下がります。

突然の大暴落に巻き込まれないためには
何気ない日常の中にも
アンテナを張っておきましょう(^^♪
 

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

ここでお伝えすることは決して
小手先の投資手法ではありません。

ほとんどの個人投資家が知らない

相場のプロとともいえる存在が
残酷すぎる現実を暴露します。

http://j-i-s-sl.info/okuribito/nikkei225_161215/