カテゴリー別アーカイブ: トレーダーの生活

百害あって一利なし!

2017.09.23
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

スクールの授業ではトレードで勝つために、
「頭の回転をよくしよう」ということで、
手法以外にも大切な週間についてお伝えしています。

私が普段どんなことを考えているのか
知りたいという方も多く
いらっしゃるかと思いますので、

以前も伝えましたが、
私が朝に「絶対」やってはいけない
習慣についてお伝えします。
 
特にトレードで今、あまり勝てていない人は
気をつけて欲しいのですが、
 
 
朝、含み損銘柄の計算をするのは
絶対に避けてください。
 
これは百害あって一利なしです。
 
理由はいくつかありますが、
朝は1日のトレード手順を組んだり、
情報を収集したりするために
非常に重要な時間だからです。

人間の脳も、
朝が最も活性化します。

その貴重な時間を含み損の計算に使っていて、
次の大相場を作る銘柄やその情報を
掴みそこねてしまったら、
それこそ「もったいない」と思いませんか?
 
 
また、気持ち的にも
「さぁ、今日も一日頑張ろう!!」と
希望とエネルギーに満ちてスタートする
タイミングのはずの朝に、

含み損の計算をしていたら
どうしても気持ちが落ち込んでしまいます。

そうなると、人間とは不思議なもので、
「含み損」というネガティブな感情が、
頭の回転を鈍らせるんですね。。。
頭の回転が鈍ると

当然、次のトレードにも悪影響が出てきますし、
本当に良いこと無しです。
なので、もしあなたが含み損に悩んでいて、
朝、その計算から始まっていたら、
今すぐそれは止めた方が良いと思います。
 
トレーダーという生き物は
何が起きても頭を切り替えて
対応を変えることが生き残るためには重要ですので、

上記の事実からも、含み損を抱えている銘柄から
もし資金が抜けているなら、
早めのロスカットをして次にスパッと移るのもアリです。

もし持ち続けるにしても
明確な戦略を立てて、毎日のはじまりに
含み損の計算をしなくて済むように

プランを立ててみてください^^
 
 
ウルフ村田


【大相場】初動で入るには、コレが外せない

2017.08.26
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅にて、、、
 
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

トレーダーのみなさん、
PCにこだわりはありますか?

私は専業トレーダーというのもあり、
こだわりのPCを2台もっています。

2台ともマイクロソフトから出ている
Surface(サーフェス) のプロ仕様。

何で2台持ちなのかというと、

1台は株価チャートを見るため、
もう1台は情報収集用です。

読み込みスピードも速く、
とても気に入っています(^^♪

大相場を作る銘柄の初動に
素早く入るためには、
スピードが欠かせませんからね。

特に、今週の日本株は
ゲーム関連銘柄で少し持ちなおしましたね。

ゲーム関連の銘柄はもともと
大きく伸びるものが多く、

調整や暴落のタイミングに注意しながら、
ギリギリまでついて行くのもありかと思います。

ただ、去年のブランジスタのように、
ゲームはリリースされていないのに
「思惑」で先んじて上がり、リリース前に下がるという
ことも大いに考えられますので、

心配であれば、
途中でも早い段階で利確してください。

それにしても、、

つい2週間前までは
北朝鮮情勢が不安定になっていて

非常に難しい相場だったのに、
相場が様変わりしていくのも株の魅力です。

そして、いつも思うのが、

本当に簡単な相場にだけ、
大きな金額をつぎ込んでトレードするのが
一番結果が出るということです。

株は美人投票だから、
ほかの人がいいなと思っているものに資金が入り、
これは危ないなと思ったら資金が引く。

美人が強いうちは、
ちょっとやそっとじゃ崩れませんし、
極端な話、そういう相場だと大して勉強していなくても
勝ててしまいます。
(楽して儲かったお金は後で必ず失いますが)

なので、難しい相場で少しずつ稼ぐテクニックも
磨くべきですが、簡単な相場の見つけ方も大事です。

「今は地合いが悪いから」とか
「難しいな~」って思いだけで相場を見ないと、
いざ、良い相場になったときにチャンスを逃してしまいます。

仮に自分がトレードしていなかったとしても、
上手なトレーダーが何をしているか?
横目で観察しながら見るクセはつけておきましょう。

ただ、このとき注意してほしいのは、
自分がマークしている上手なトレーダーが
何か活動していると、

「自分も何かやらなきゃ」

って脅迫観念を味わうことがあります。

しかし、そこはじっくり様子を見て、
入れると確信を持ったところでトレードしてください。

お金を入れても入れなくても
相場は逃げていきません。

ちなみに具体名には言及しませんが、
相場の良し悪しを見分けるポイントの1つとして

上場廃止が決まっていたり、プラス材料のない銘柄が
値上がり率ランキング上位に来たりしてる時は要注意です。

これの多くは、やはり
マネーゲームの様相を呈しています。

資金が行き場をなくして
無理矢理上げた結果なんですよね。

なので、このような兆候を見逃さないためにも、
常に定点観測を心がけてみてください(^^♪
 
 
ウルフ村田


じゃあ勉強したら株は勝てるのかって話しだよね

2017.07.24
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋駅西口の教室にて、、、

最近、思うんですが…

株ってやっぱり勉強しただけでは勝てないんですよね…

かといってね…

じゃあ最終的にはカブックスに入れなんて
低レベルの話ではないので安心してくださいね(^^;

たまに時間を作っては近所のスーパー銭湯に行くんですね。

この時期にぬるめの露天風呂にあおむけで寝っ転がって
夜空を眺めているとふと、普段は考えないことを
考えたりします。

なんで株をやってるんだろう…?

この質問、私に限らず私と同じく株をやってる方に
聞いても、

うーーーん、・・・。

って方が多いですね。

金をもうけるため

家族のため

老後のため

借金のため

などなどありますが、それは始めたきっかけであって
続けている理由ではありませんね。

かという私自身もほんとはよくわかっていないんです。

ただただ思うのは、

株をやっている方を見ていると、勝っていても負けていても

なんだか楽しそう、ってことです。

勝っているのは当然楽しいでしょうが
不思議と負けていても楽しそうに見えるのです。

株を始めた理由、今も続けている理由。

はっきりと言えない、わからないにしろ

根底には「お金」というキーワードがあるように思えます。

では「お金」って何でしょう…?

これもはっきりとシンプルに答えられる人は少ないと思います。

生活を支えるもの

将来のために必要なもの

世の中はマネーゲーム

なんて言い方もありますが、

それはお金自体ではなくて、お金の概要みたいなものです。

はっきりとお金とは何だと言える人は少ないように思えます。

つまり、株の根底にあるお金自体も
実体のよくわからないものなんですね。

ただ、なんだか株をやっていると
その実体のよくわからないお金に一番近い存在だから
株をやっていると安心するような気がします。

働いて、働いて、やっともらう不満足な給料ではなく

やった分、頑張った分がダイレクトにもらえる株。

株をやってることで得体のしれないお金の実体が
ぼんやりと見えて、お金より上に立てるようになり
思い思いの人生が送れている。

だから株をやっているのかな…

なんて最近思うんです。

ついでに思うところは、株で勝てるようになるために

株を長く続けるようになれるためには

こういったテーマに少し向き合う時間も必要なのかなと

思って、メルマガに書かせてもらいました。

あなたのお考えを聞かせてもらえるとうれしいです。

コメントお待ちしています(^^♪

藤井百七郎


[ここで差がつく]四季報の読みこなし方

2017.07.15
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

私が株式投資で
最も重視しているのが資金の「需給」

ですので、どんなに業績の良い銘柄でも
まず「需給」が無いと判断した場合は
手を付けません。

ですが、四季報を使った銘柄選択も
なかなかバカにできないので、
今回はそのお話をしたいと思います。

四季報で私が特に注目するのが株主構成で、
皆さんも誰が大株主なのか?注目してみてください。

すると、
企業や金融機関だけでなく

意外と個人が大株主になっている
ケースをよく見かけるんですね!

個人名は出しませんが
中には有名な個人投資家が
大株主になっており、

その彼らが、ある日突然
上がる要素がなさそうな銘柄の
株主になっていることがあります。

当然、プロである彼らは、
なぜその銘柄を買ったのか?
はっきりと確信があります。

これこそがポイントで、

「この銘柄(企業)は何が魅力なのかな?」

という気持ちで、
調べてみるといいと思います。

掘り出し物が見つかるだけでなく、
銘柄選択における「プロの視点」を、
養うこともできます。

大株主を検索するサイトもあるので、
そちらも参考にしてみてください(^^♪

でも、相場に生き残るには
いくら実力があっても、
確信を持っていても、固執しないこと。

やっぱり、
ファンダメンタルズより地合いが上です。
いい会社でも、地合いが悪いと下がります。

特に、レンジに突入しつつある今は
強い銘柄に集中投資!

今後は、為替に左右されない
内需型の銘柄群が注目されると、
個人的には見ています。

ただ、
先に登場した個人投資家も、

ちょっとダメだな~と思ったら、
たとえ大株主をしていても
あっさり損切りすることもあります。

この春からの、バイオやゲーム関連のように
企業としての実体よりも
思惑で上昇してきた銘柄もあり、

そういった”オーバーシュート銘柄”は、
最後必ず暴落します。

なので、実力のある投資家でも
そういった銘柄には乗らないと
決めている方もいますし、

それでも、トレードしたい場合は、

暴落に備えて
エントリー時に逆指値を入れる、

下落の予兆が少しでも見えたら即逃げる、
くらいの身軽さは持っておきましょう。

また、
そこで心置きなく損切りするためには
手数料の安いネット証券会社が
必須になりますので、

今後も解説したいと思います(^^♪

ウルフ村田


【脱】含み損スパイラル

2017.06.17
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、
 
ウルフ村田です。

私は定期的に個人投資家の中でも
億を稼ぐトレーダー、いわゆる億トレと
話をする機会があるのですが、

勝っているトレーダーには

「勝っているトレーダーのリズム」が
あることをご存知ですか?

勝っているトレーダーのリズムとは、
揺るぎない自信があること。

安定感があって、
何があっても変な方向に暴走しないこと。

しかも、決して人のせいにしない、
地合いのせいにもしないという、

筋が通った「胆力」といっても
いいかもしれません。
 

あなたもそんな
トレーダー像をもちろん
目指しているかと思いますが、

では、その「勝っているトレーダのリズム」を
手に入れるにはどうすればいいか?

何より、自分の身体のメンテナンスが大事です。

トレードでいえば、
頭の回転をとにかく速くすること。

特に含み損を持っている時って、
含み損で頭がいっぱいで、
ボーっとしてしまいます。。。

そうなると暗いし、良い銘柄が出ても、
すぐ反応できなくなってしまうんですね。

なので、例を上げますと
頭の回転を速める必須アイテムとして、
足ツボマッサージシートを重宝しています。
 
100円だからといてバカにしてはいけません!!

皆さんもご存知の通り、
イボイボが足の裏を刺激して
すごく気持ちいいんですね。

マッサージ屋さんで
「強くしてください」とお願いすると

やられすぎることも
しばしばあると思うのですが、

足ツボマッサージシートだと、
自分の体重の掛け方で調整ができるんですね。

トレーダーはなかなか
外を出歩くことは無いし、

出歩いたとしても
なかなかこの刺激はありません。

リフレクソロジーや
マッサージに行かなくていいのです。

また、化粧ポーチも最近はジップロック!

ここ、笑うところですが
理由は真剣で、化粧ポーチのデザインや
手入れを気にするくらいなら銘柄を見ていたい。

だから、いつでも替えの利く
ジップロックを重宝しているんですね。

このように些細なことでも
頭の回転を速くすることはいくらでもできます。
 
株で頭を活性化し、
「勝っているトレーダーのリズム」を身につけたい人は、

ぜひやってみてください(^^♪
 
 
ウルフ村田


株はあなたを救う?それとも…

2017.06.03
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週末は大阪に出張で来ています(^^♪

相場は一時期の調整を抜けて
一気に上げてきましたね。

例年は売り場といわれる5月でも
今年はなかなか方向性が読みづらく
苦労された方も多いかと思います。

相場の上げ下げにかかわらず
明確にトレンドが来る時期は
順々にやって来ますので、

今回の上昇を取り逃した方も
後から乗るのもいいですが、
焦らず待つことも念頭に入れてくださいね。

ただ、私も「あ!これは!」と思ったときは
上昇の途中であっても便乗することがあるのですが、

スクールの生徒さんからは
「ウルフ村田さんは頭がキレるから反応が早いんですよ~」
といわれることがあります。

確かに相場経験は28年あって
一日の長はあるかもしれませんが、
そんなに大きな差ではありません。

むしろ、私は自分で言うのも変ですが、
普通の方に比べて苦手なことが多く、
たまたま株で得意なパターンを見つけて
それを続けているだけなんです。

とはいっても、今日はその手法ではなく
きっかけのお話で、
私は専業トレーダーになる前には銀行員として
30歳まで勤めていました。

選んだ理由は女性でも早くから大企業相手に
仕事ができるといったことがあって、
為替担当として仕事をしていました。

実際、人と話をするのが好きだったので
取引先からは大好評で、どんどん仕事を受注できていたんです。

ところがところが!
事務作業が絶望的にできない(*_*;

私の性格上、集中力が長時間続かなかったり、

文章が書けなかったり、

正確性を求められる計算ができなかったりと、
信じられないくらい大きな壁にぶち当たります。

実際そんな方は少数だと思うのですが、
「勉強ができるけど実務が上手くできない」という
典型的な使えない東大生タイプは私でして笑、

精神的にも極限状態まで追い込まれたこともあります。

ただ、そこで私の身を助けたのが株取引で、
仕事の傍ら続けていた株で当時からすでに
まとまった金額を稼げていました。

そして、毎月いつも何かと迷惑をかけているアシスタントを全員引き連れて、
高級ホテルで食事を振る舞ったりと

迷惑をかけている分「カネで解決」していました。笑

仕事では1つのことに集中すると周りが見えなくなってしまいましたが、
短期型の記憶や集中は誰よりも得意だったので、
株の短期トレードにはぴったりだったんですね。

私の例のように、日々の生活で何かと苦労することがあっても、
株ができれば本当に自分の身を助けてくれます。

今も日々、情報発信をしているのは、
個人投資家の方に稼げるようになっていただきたい思いと、

情報を共有している人のもとには自然と情報が集まってきて、
結果的に自分にとってもプラスになることがあります。

もちろん、株は簡単ではありませんので、
大きく間違えてしまうと逆に身を滅ぼすことになりかねませんが、
自分に合ったやり方で練習を積めば必ず勝てるようになります。

頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田