カテゴリー別アーカイブ: トレーダーの生活

〇〇は盲信禁止!

2017.03.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

先週は大規模な投資イベントに
参加させていただき、
様々な方とお話しさせて頂き、

地合いが良かったこともあり、
感謝のコメントを沢山頂きました。

昨日もセミナーを開催したのですが、
このブログ記事を見て、
株で利益が出てスクールへの入校を
決めて下さった方がいらっしゃいました。

もともと儲かったお金で
さらに学びに再投資するという、
理想的な流れかと思います^ ^

もちろん、先週まではかなり
地合いが良い状況だったかと思いますが、
初心者の方は特に注意か必要です。

特に興奮して引っ掛かりやすいのが、
【目標株価】。

目標株価の多くは、なかなかその通りに行きません。

思惑で上がり、いざそのネタとなる
イベントが出る頃には下がるというのが、日常茶飯事です。

目標株価1000円って言ってたのに、
800円を超えたら下がってきて、、

なんでーー?!!
という質問をよく頂くのてすが

目標は、あくまで目標。

株価上昇の期待は持てるけれど、
不測の事態はあることを考慮した上で、

まず盲信しないことが大事です。

また、そもそも目標株価が
設定される背景として、

少なくとも値幅を作りたい
という意図は当然あり、

逆にその考え方で行くと、

大きく上げて下げてを繰り返している、
「何やってるの?」
ってチャートがあります。

こういう銘柄をオススメする訳ではないけど、
あれ?って気づくこと、

そして、初心者には綺麗なチャートが
分かりやすくてオススメだと思います。

自信のある方は
そのチャートの特徴を見抜いて
トレードすれば大丈夫です。

そのためにも、
「見れば分かるじゃん」ではなく、
過去の大相場のチャートを見て、

自分ならここで入った方が良かったって、
お休みの日は復習してみましょう♪

ウルフ村田


目がふたつある理由

2017.03.06
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のリビングより、、、

先日、フィギュアスケートを見ていて
思いました。

「華のある人とない人がいるなあ…」

華のある人は
同じ振り付けや技をやっても、
パッと見栄えがしますし、

演技が終わった後も印象に残るので
ファンになりそうです。

しかし反対に、華のない人は
けっこう難しい技を決めても、
いまいち印象に残りません。

このときは中国の男性が優勝しましたが、
失礼ながら、華がないな~と
思ってしまいました…

せっかくの難しい技が決まっても、
サラリとしてしまって、
感動がなかったんです。

昔、クラシックバレエを
やっているときも同じことを思いました。

華のあるダンサーは
やっぱり人気があります。
特に主役には絶対必要条件です。

また、今となっては感情表現が上手な
とてもいいダンサーが排出されていますが

以前の日本のダンサーは
ロボットみたい、と言われていました。

テクニックや手のポジションなどは
お手本通りなのですが、

動きがカチカチしている人ばかりで、
いわゆる華がなかったのです。

さらに、華のある人というのは、
道ですれ違ってもわかるものです。

私はあんまり華がなかったので
うらやましくて仕方ありませんでした(^_^;)

毎日、銘柄探しで
チャートをたくさん見ますが、

チャートにも人間と同じで
華のあるチャートというのがあります。

次々と探しているときに
「あっ!」と思うんです。

パソコンのキーボードの↓とEnterを
連打している手がつい、ハタと止まります。

どこがどういいとか、
テクニカル的にどうとかいうことでなく、
ただ単純にオッと思ってしまうんです。

たまによーく見ると、
やっぱ違うななんてこともありますが、
なぜだか気になって、
後から見直したりしまうんですよね。

感性的にいいと思ってしまうチャート…

意外とこういうチャートって、
仕掛けないけど次の日に見てみると、
すごい動いていたりもします。

13年もやってると
経験則で目についたりしてしまうの
かもしれません。。。

いろいろとテクニカルを教えたり、
勉強したりしていますが、

最終的には、
『感』て大事なような気がします。

まあピーンと来るというか、
第六感みたいなもの。
意外とあたっていたりするんです。

ただし、それもある程度の
経験則があっての話ですよ!

最初から感だけでやるのなら
テクニカルを勉強する意味はありません。

「感」も大事ですが、必ずテクニカルで
裏付けもしていただきたいです。

感情と理論ってことになりますが、
この両輪は大切です。

ところで、人間の目はなんで
2つもあるんだろうと思うことがあります。

進化の途中で絶対必要だから
2つになったんでしょうけど、

別に1つでも問題なかったような
気がしませんか?

私はこう思いました…

きっと、
「2つの方向から見る目を持ちなさい!」
というメッセージではないかと…

「感情だけで判断してはいけない、
 理論側からも判断しなさい。」

だから2つもあるのかもしれません。

脳ミソも右と左に分かれていますしね。
感情脳と理性脳と言ったような…

話が少しチンプンカンプンに
なってしまいましたが、とにかく、
「感」だけではダメって話でしたm(__)m

藤井百七郎


この流れに気付けるかが明暗を分ける

2017.03.04
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

3月に入りましたね。

時期としても決算発表で
様々な企業の好業績が期待されるタイミングですので、
張り切っていきたいですね。

さて、先月のトレードはいかがでしたか?

一般的に言われている2月の相場は、
日経平均が1万8000円台後半から
1万9500円手前でもみ合いを繰り返した傍らで、

あるカテゴリーの個別銘柄の急伸が目立ちました。
気付いていましたか?

何かといいうと、
去年IPO(=新規上場)を果たした銘柄群です。

全てではないのですが、
私は直近IPOは買っておいて損をすることはない!
と思っています。
(ちょっと大げさでしたか^^;)

しかも、公募や公開時に
買い付けるのではなく、
上場を果たした後のタイミングで良いんです。

IPO銘柄の何より素晴らしいポイントは、
長きにわたり含み損を抱えている方がおらず、

大きな値上がりが期待できる点ですね。

実際、昨年上場を果たした銘柄の
「直近IPOバブル」は留まるところを知りません。

気になる方は、
直近のIPOのチャートをまとめたサイトがあるので、
ご覧いただくと良いと思います。

また、今回はIPOの例を出させて、
相場にはその時の情勢によって、

資金や話題が集中しているカテゴリー
があります。

テーマ株やアノマリーというのも
1つの良い例ですね。

1月・2月は直近IPOでしたが、
月が替わったこのタイミングでしたが、
今、どこに資金が集中しているのか?

週末にじっくりお考えいただいて、
またトレードに取り組まれると良いかと思います(^-^

ウルフ村田


百害あって一利なし!

2017.02.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

スクールの授業ではトレードで勝つために、
「頭の回転をよくしよう」ということで、
手法以外にも大切な週間についてお伝えしています。

私が普段どんなことを考えているのか
知りたいという方も多く
いらっしゃるかと思いますので、

以前も伝えましたが、
私が朝に「絶対」やってはいけない
習慣についてお伝えします。
 
特にトレードで今、あまり勝てていない人は
気をつけて欲しいのですが、
 
 
朝、含み損銘柄の計算をするのは
絶対に避けてください。
 
これは百害あって一利なしです。
 
理由はいくつかありますが、
朝は1日のトレード手順を組んだり、
情報を収集したりするために
非常に重要な時間だからです。

人間の脳も、
朝が最も活性化します。

その貴重な時間を含み損の計算に使っていて、
次の大相場を作る銘柄やその情報を
掴みそこねてしまったら、
それこそ「もったいない」と思いませんか?
 
 
また、気持ち的にも
「さぁ、今日も一日頑張ろう!!」と
希望とエネルギーに満ちてスタートする
タイミングのはずの朝に、

含み損の計算をしていたら
どうしても気持ちが落ち込んでしまいます。

そうなると、人間とは不思議なもので、
「含み損」というネガティブな感情が、
頭の回転を鈍らせるんですね。。。
頭の回転が鈍ると

当然、次のトレードにも悪影響が出てきますし、
本当に良いこと無しです。
なので、もしあなたが含み損に悩んでいて、
朝、その計算から始まっていたら、
今すぐそれは止めた方が良いと思います。
 
トレーダーという生き物は
何が起きても頭を切り替えて
対応を変えることが生き残るためには重要ですので、

上記の事実からも、含み損を抱えている銘柄から
もし資金が抜けているなら、
早めのロスカットをして次にスパッと移るのもアリです。

もし持ち続けるにしても
明確な戦略を立てて、毎日のはじまりに
含み損の計算をしなくて済むように

プランを立ててみてください^^
 
 
ウルフ村田


私が手にした成功の法則

2017.02.12
koushi_yoko01

from:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

昔こんな子がいました。

口癖が

「どうせ私なんか。。。」
「どうせできっこない」

口癖がそれですから
やっぱり失敗します。

何から何まで失敗ばかり。
成功とは程遠い生活を送っていました。

その子は今も失敗続きなのだから
将来大人になってもきっと
失敗続きのダメ人間になるのだと
確信していました。

だから、大人になるのもまったく
楽しみではないし、人生の希望も
ありませんでした。

この子供の名前は高橋陽子と言います。

そうです。

つまり私です。

あまりのセルフイメージの低さに
過去の自分にうんざりですが、
そんな少女でした。

それが、どうしてこうなったのか?

良い意味でも、悪い意味でも
図太い女性に変化しました(笑)

成功にまい進中です!!

理由は簡単です。

セルフイメージを少しずつ
変えていったから。

そして、良いイメージを取り入れ。
実行したから。
でしょう。

現在、色々な方々に接しています。

たまにですが、過去の私の様に
失敗を恐れ、現状のまま動かない人がいます。

そして、失敗するとこう言うのです。

「やっぱり私は失敗するんだ」と。

成功する人は違う考え方をします。
同じ失敗をしても。

「良い経験をした。どうやって攻略しよう?」
と、攻略法を見つけるのです。

どちらの人間も同じ失敗をしたのに。
全然捉え方が違うのです。

株式投資を教えていても、そうです。
同じ失敗をしても、成功するかどうか?

これは、失敗の捉え方が違う点に
かかっています。

自身のセルフイメージが低いと
失敗に上手く対処できず、やっぱり。

と、逃げてしまうのです。

同じ失敗なのに、かなりもったいない。
そう思いませんか?

また、残念ですが人生は平等には
出来ていません。

不平等に溢れています。

だからと言って、それに嘆き悲しみ。
行動を起こさないのは、その人自身の問題です。

株もそうですし、何に対しても
成功する人の特徴は。

セルフイメージをコントロールし、
成功をするまで失敗をものともしない
そんな人でしょう。

現在、セルフイメージが低いなと
思っている方は。

即刻、自己否定や自己批判は止めて
くださいね。

自分の味方は自分
です。

自分のためになる事をし、また行動し
セルフイメージを最大限アップしましょう。

そうする事によって。
成功の第一歩を踏み出せます(^^♪

成功するのも、失敗するのも。
自分次第なのです。

自分を大事にして、成功を
自分の手で掴み取ってくださいね(*^_^*)

高橋陽子


相場のライオンになれ!

2017.02.10
koushi_yoko01

from:高橋陽子
神田のカフェより、、、

今日は1日ずっとMAXで
トレードをしていました。

検証や分析ももちろんですが、
やはり。

利益を取る!!

これが楽しいからこそ、朝からずっと
トレードをしてしまうんですよね~

朝の寄り付き前に、
ある程度の銘柄の絞込み作業をします。

昨日の状況を検証し、
今日もトレンドが出るか?を
チェックするのです。

そのためには必要なスキルがあります。

日足のチャートのトレンドを
しっかり読む。

このスキルです。
デイトレですから、3分足と、
板を見れば良い。ではありません。

もっと、
大きな流れも見る必要があるのです。

だからこその
「日足」のチェックになります。

これは、
どんなに時間が無い時でも同じです。

たとえば、
ちょっと遅れて9時半から相場に
INして見た瞬間、

3分足でトレンドが出そうなチャートが
あったとします。

しかし、そこで焦ってはいけません。

そこでも日足のチャートを
チェックしてから、
INするポイントを探るんですね。

これをしないで入ってしまうと。

思わぬ高値掴み
あっというまの急落

に飲み込まれることがあるのです。

だから、どんなに時間が無くとも
しっかり「日足」のチェックです。

チェックしている間に
上昇してしまったら

「諦める」が基本。

チェックしないで入るよりは
良いですし、

このチャンスを逃しても、
またチャンスはいっぱいあります。

次のチャンスを待てばよいのです。
相場で戦っていると。

レードしている時間より。
検証しつつ、INするタイミングを
狙っている時間。

つまり、
待ちの姿勢の時間の方が
多いことに気付かされます。

「待つのも相場」これは、
古くからの相場格言ですが、
これが出来ないと、株では勝てません。

まずはチャンスをじっくり待ちなのです。
待ちくたびれて、入ってしまった。
なんてのはナシですよ(^^♪

待って、検証して、また待って
ベストタイミングで入るのです。

デイトレで上手く行かない人は。
勉強不足か。

もしくは「待てない」が
原因かもしれません。

じっくり待って。
チャンスを狙いましょう。

アフリカのライオンも狩りをする際は、
何時間でも草むらで獲物を狙い、
待つと言います。

私達も相場では
ライオンみたいなものですね♪

じっくり待って。がっつり利益を
狙っていきましょうね(*^_^*)

高橋陽子