カテゴリー別アーカイブ: 株式市場

上値が重いときには

2018.01.20
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

大発会は日経平均が500円幅を記録し、
出だし好評だった東京市場も

徐々に上値の重さが目立つようになりましたね。

今週に入ってからは、
新興株を中心に急騰が見られた後は、値が崩れ、

やや円高に動いていることもあり、
株価も上がりにくくなっています。

とは言え、
その分、内需の株が上がったりしますし、

何処に資金が入っているか
見極めるのが重要になりますので

日経平均が上がろうと下がろうと、
自分は必ず資金が入ってきたところで勝つ、
という強い意識でやっていきたいですね。

仮想通貨なんかもそうですが、

初動から持っている人間には
ちょっとした下げ幅は全然平気です。

ただ、エントリーの位置が悪いと、
いつもダメージを被ってしまい
ストレスだらけになってしまいますので、

下値不安の無いところ
いつも戦うという意識をして下さい。

まったく動きがなかったのに、
突然上がりはじめて、

規則性を持って上がっていくチャートでは
株価を上げようという意志が働いています。

この上げてくれる意志が抜けた後、
「まだ上がるかな」と思って持っていても

大きな力が働かないので、株価が上がっていくわけもなく、
売りが一気に加速します。

方向が決まると下がるのも早いです。

高値圏で短い足が何本も続いた後に
窓を開けて下放れた陰線が出現した状態のチャートを
団子天井といいますが、

高値でこの状態になると、
下に放れた場合には、大きく下がる可能性が高いです。

三角持ち合いと同じで、
上に行かない、と皆が思い始めると、
一気に売りが加速し、

利益が無くなってしまいますので、
皆さん、十分に気を付けて下さいね。

それでは。

ウルフ村田


今年もチャンスを楽しもう!

2018.01.14
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます!
谷口です。

年初から、暴騰している日経平均ですが、
年末の見事な三角持合いからの上っ離れと
セオリー通りに動いています。

1月は米雇用統計が良いので、
ダウ平均は25,000ドルの大台を上っ離れ。

しかし、為替は持ち合いを保っています。

うかつに喜んでもいられません。

ロスカットはもちろんですが、空売りも視野に入れて
利益を積み上げて行きましょう!

さて、2017年度も絶好調だったIPOですが
今年も絶好調を保つでしょう!

今後も楽しめる銘柄が目白押しです!

【今年IPOが噂されている銘柄】

メルカリ
2017年上場の噂あり。
フリマアプリで世界展開をもくろんでいる
大人気銘柄。

ZMP
2016年から上場延期された、
自動運転の核になる銘柄で、こちらも大人気。

USJ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。
ハリポタで再上場!

JR貨物(日本貨物鉄道)
全国規模で貨物列車を運行、
他不動産事業などで大型安定上場銘柄。

Spiber(スパイバー)
鋼鉄の340倍という次世代繊維
「クモの糸」を開発しているベンチャー企業。
大人気間違いなし。

サウジアラムコ
世界最大の石油会社です。
時価総額は200兆円(上場分で10兆円)。

東京メトロ(東京地下鉄)
東京で地下鉄を経営する老舗鉄道事業者。

ヨドバシカメラ
家電量販店から多角的な経営を進めてきている。

ランサーズ
ランサーズはフリーランスのための新しい仕事形態である
「クラウドソーシング」の先駆けの会社。

Sansan
法人向けにクラウドで名刺を管理するサービス「Sansan」や、
個人向けの名刺管理アプリ「eight」を提供。

洸陽電機
省エネ支援から発電所建設まで、エネルギーに関連。

ブシロード
カードゲーム、トレーディングカード、
ゲームソフトを手掛けている。

ロッテ
大型上場銘柄、人気化間違いなし。

などなど、

上場までに、IPOのテクニックを身につけておけば

将来は安泰です

今年もIPO銘柄は話題に事欠きません!

儲けるチャンスがてんこ盛りです!

しっかり稼いでIPOを楽しみましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
先日、手法や知識に憑りつかれている友人に
2017年のトレード結果を話したら、

「どうしてこんなに差が開いたんだ…」
と嘆いていました。

2018年は、その友人と一緒に、
本質的なトレード戦略を学べる
こちらのセミナーに参加します。

2018年、勝ちを独り占めしない方はコチラへ


戌年の相場を占う

2018.01.07
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

新年、明けましておめでとうございます!

谷口です。

今年は「戌年」!
干支によってその年の相場を占う、
所謂、アノマリーというものがりますが、

今日のブログでは、
戌年のアノマリーを見てみましょう!

1940年からの相場で戌年は過去5回、
勝率は4勝1敗 80%となっています。

今年は戌年の中でも、
「戊(つちのえ)戌」となるのですが
前回は60年前の1958年。

この年の日経平均はなんと年間で、
40.5%もの上昇しています。

当時は、東京オリンピック(1964年)
に向けて国立競技場が完成、
岩戸景気がスタートした年でもありました。

当時の首相は、
安倍晋三現首相の祖父である岸信介。

1961年までの長期上昇相場の
入り口になっていました。

さて、
このアノマリーが繰り返されれば、
2018年の日本経済は
大きく上昇することになります。

とても楽しみですね!

これだけ大きく上昇すると
リセッション(世界恐慌)入りするのでは?
との声もあります。

ですが、現在の世界経済の流れを
マクロ的に見てもその可能性は低くなってきました。

記憶に残るリーマンショックの時代とは、
異なる状況と言う事ですね。

ビットコインのバブルや、中国経済のバブルが
リセッションの切っ掛けになるとの声もありますが、

どちらも、大手金融機関からは
離れた場所で動いており、
危険性は少ないとみられています。

IPO銘柄につていもセカンダリーを狙える銘柄が
多数出てきていますので、

市場の勢いを味方につけつつ、

しっかりと適正株価を計算しながら、
押し目を狙っていくことで、
かなり優位なトレードが可能になりそうです。

こういった好条件の相場こそ、
冷静な判断が重要になります。

そのための知識とスキルの習得に
手を抜かない姿勢が、成果…つまりは
手元に残る利益の違いとなってきます。

私も皆さんにお役立ていただけるような情報を
逐一、このブログでお伝えしたいと思っています。

絶好のチャンスを一緒にモノにしていきましょう。

今後日本が経済成長を続けていくことを予感する年明けに、
皆さんと同じ時間を過ごせる事は大変喜ばしいことです。

2018年もよろしくお願いいたします!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
空売りも知らないトレード初心者が
3ヶ月でトレード成績を安定させ、

今では、毎月コンスタントに
100万円の利益を獲得するまでになった

具体的プロセスをお伝えします。

残席わずかです。

利益を安定させる秘密はコチラ


400円の下げは大暴落じゃない!

2017.12.11
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

いやいや今年ももう終わりですね〜

ほんとに月並みの言葉ですが、
1年ってあっという間ですね。

今年で 51歳になりましたが、
この歳になると、1日は長いのですが
1年ってすごく早く感じます。

人は歳をとると、時間の流れが
早く感じるようです。

恐らくですが、
若いころは新しい経験ばかりで
衝撃や新鮮味を覚え、
時間をかみしめて過ごしているのですが、

歳をとると、同じことが起きても
すでに経験しているので、
それほど衝撃を感じないので、
時間の流れを早く感じるのではないかと、
私は考えています。

あまり感動しなくなるし、
あまり驚かなくなるのでしょうね。

先週に日経平均が一時的に下げました。
値段にすると”たったの”400円くらいでした。

たったの400円くらいの下げだったのですが、
とても大きく騒がれました。

通常のニュースでも報道していましたし、
大きく取り上げている新聞もありました。

私は別に大した下げじゃないと思っていたのですが、
世間の反応って、わからないものですね。

たったの400円でしたが、振り返ってみると、
今年一番の大きな下げだったそうです。

ただし、、、

去年2016年を振り返ってみると、何回か
大きな下げがありましたが、400円どころじゃ
なかったですよね。

2016年11月のトランプさんの当選は1000円の暴落
2016年9月のイギリスのEU離脱は1500円です。

これらに比べれば、400円の下げなんて
子供みたいなもんです。

ですが、多くの人が一瞬ですがパニックになりました。

面白いもので、マーケットって、
株価が500円くらい上がっても騒ぎません。

ところが、同じくらい下がると急に騒ぐんですね。

上がるとなんとも思わないんでしょうが、
下がると急に不安になるんでしょうね。

さて、今回の400円の下げですが、
確かに少しヒヤリとはするでしょうが、
もしあなたが、経験のあるトレーダーだとしたら
ビクついていてはいけません。

ビクついて、せっかく乗っかっている利益を
急いで確定してしまってはいけません。

今回のケースでいえば、
危険を感じて行動を起こすのであれば、
もう少し下げた場合でしょう。

今の日経平均はまだまだ上昇トレンドです。

22500円くらいから400円くらい下げたところで
行動を起こしてはいけないのです。

案の定、翌日には400円くらい上昇して
取り戻してきましたね。

確かに400円の下げや、チャートで
大きな陰線が出るとビックリするものです。

ですが、もしあなたがトレード歴がもう2年以上で
トランプ大統領誕生やイギリスEU離脱を経験されて
いるのであれば、これくらいの下げに”新鮮味や衝撃”を
覚えてはいけません。

冷静な対処をして、引っ張ってきた利益を
さらなる高みにもっていくべきです。

トレード上達の7割は、経験だと私は思っています。

テクニカル分析は100%当たるものではありません。
上がるか下がるかの可能性を導き出すものです。
そして、相場は可能性通りには動きません。

これからも先、いろんなことが起こると思いますが、
築き上げてきた”経験”に照らし合わせて、
目の前の相場に対処していきましょう。

まだまだ先は長いのですから(^^♪

藤井百七郎

<NEWリリース>
トップレベルのトレーダーが見る
2018年の相場、リアルタイムでの
為替・先物相場チャート解説をお伝えします。

決して表に出てこない極秘情報を
手に入れてください…

参加はこちらをクリック


2018年、2019年の市場はどうなる?

2017.12.06
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

もう師走です。

今年1月4日の大発会の寄付きは
日経平均で19298円68銭でした。
年初来最高値は11月9日の23382円ですから、
最大リターンは21%を超えたことになります。

今の日経平均は22000円を超え、
さらに上がる勢いをみせていますから、
年初来高値を超える可能性もあります。

世界的には欧州米国を中心に、
経済は好調です。

大手シンクタンクの調査レポートでは、
数値の違いこそあれ2018年も
この好調さは維持されるものと報告されていて、
それは日本も例外ではありません。

日本は2020年にオリンピックを控えています。

プレオリンピックなどが開催されるまでに
会場は完成、関連する建物もほぼ完成するので、
再開発需要のピークは
開催年の1-2年前に来ます。
それが2018年です。来年です。

GDP成長は今年もプラス(3年連続)、
来年もプラスになると見込まれます。

株式相場も、
このままの勢いにのって上がってゆく
期待感は膨らみます。

2019年は10月に消費税が10%に
引き上げられる事になっており、
消費マインドの悪化が懸念されますので、
来年が株式相場の
クライマックスになる可能性があります。

こうした良い調子の時には、
あまり小細工せずに相場の流れに乗って、
調子よく進んでいくのが得策だと思います。

それでは、また次回。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
シンプルなメソッドで
経験年数や知識量に関係なく

利益獲得が実現できるトレード法。

トレード経験はそこそこ長いものの
利益を出せていない方は、
今すぐこちらをチェックして下さい。

秘密のトレード手法をリアル相場で公開


年末年始におすすめ「来年の相場予想」

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

この2か月ほど日本の株式相場は、
上がるでもなく下がるでもない状態が続いています。

世界的にも米独をはじめ
似たような煮え切らない状況です。

(英国だけは、だいぶ下がり始めましたが、
これはブレグジットが当初見ていた
夢のような幸せな話ではなく、
むしろ苦難が多々待ち構えている事が
明確になってきたからでしょう。)

この動き、
9月以降の強烈な上げの後なので
一服にも見えますし、
だいぶ上がってきたので
これ以上は上がらない天井感にも見えますが、

これは解釈次第、チャート分析でも
分析手法によって判断が分かれそうです。

さて、
個別企業の割高割安の判断は、
企業の儲けと将来性に依存します。

儲けは一株当たりの利益(EPS)で表します。

将来性は、株価がEPSの
何倍まで買われているか(PER)で表します。
いわゆるバリエーションです。

今は利益が少なくても、
将来を期待される企業は、
EPSは低いがPERが高い。

利益が今大きくても、
将来性があまり期待できない企業は、
EPSは高いがPERは低い。

平均の平均をとると、
PERは14-16倍が妥当とされます。
そのまた平均をとると15倍が標準です。

今、日経平均採用銘柄225社がひとつの会社だとして、
EPSは1527.6円(11月28日日経新聞社発表値)です。

PER15倍だと EPS 1527.6 x 15 = 22914円。

この値は本日の時点で日経平均の
最も妥当な評価として記憶しておくと良いでしょう。

昨日の終値はこの妥当な値より安いので、
割安であると評価できます。

正確に書くと
個別銘柄での本日時点でのEPSは
本年度決算の予想値を用いるのですが、

その値は予想であり
会社予想をとるか
アナリスト予想を取るかでも違いが出ます。

アナリスト予想であれば
どこのアナリスト予想を取るかで、
結構異なってきます。

株価は今の儲けより
将来の儲けを期待して売買される
ので、
来年度は今年度より成長すると考えるならば、

その成長率を考えて今年度のEPSを加味した
来年度のEPSを当てはめるのが良いでしょう。

大手証券および生保などの経済研究所が
年末年初に日本企業の成長率を
はじき出して発表するので、
その数字を参考にしてみるといいでしょう。

それでは、また次回。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
ちょっと面倒だけど、
安全で利益が簡単に出せそうなIPO投資…
実は、失敗している人も多いんです。

さらに、本当の旨味は、
抽選ではなかった…!

あなたの常識を変える
新たなIPO投資の側面を無料公開中!
詳しくはこちら