カテゴリー別アーカイブ: 株式市場

知らなきゃ損! 日経平均とTOPIXの歪みを見抜く

2017.07.19
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

日経平均(以下NK225)は、

日経新聞社が決めた225銘柄の単純平均を、
TOPIXは東証1部上場企業の時価総額の総和を、
それぞれある時期を100として、
指数化したものです。

細かな違いはあるものの、
どちらも株式相場全体の値動きを
代表する指数として重宝されます。

この2つの指数の比をNT倍率といいますが、
この6月以降、NT倍率は急落しています。

NT倍率の計算式は、NK225/TOPIXですから、
この値が下がるという事は、

a.分子が小さくなる(NK225がTOPIXより比率的に下がる)
b.分母が大きくなる(=TOPIXがNK225より比率的に上がる)

というケースで、NT倍率の値が下がるのは式から理解できます。

グラフで確認してみましょう。

今年に入り、先週7月14日の
引け時点でTOPIXは4.6%上がりました。

NK225は2.7%上がりました。

NT倍率は1.8%下がりました。

このグラフは、一つのチャートで比較できるように、
NK225を今年1月4日のNT倍率(=12.6)で割り算しています。

もし、NT倍率が変化ない場合、
TOPIXとNK225は完全に重なるわけですね。

しかし、NK225は、どんどんTOPIXに対して下がっている。

このグラフでは為替はいれていませんが、
円安は進んでいるので、
輸出関連株を中心に相場は好調です。

半面、内需関連株は不調です。

NK225とTOPIXの構成銘柄比率が異なるので、
上がる銘柄と下がる銘柄の数次第で、
NT倍率は日々変動するわけですが、
これだけ一気に下げるのには、わけがありそうです。

TOPIXが買われて、NK225が売られるワケとは、
いったい何でしょうか?

ひとつは、歪の解消です。

もともと、NT倍率は2008年は9.5倍でした。
それが、5年間で12.5倍まで上がった経緯があります。
その反動が起きています。

NT倍率がどんどん上がってきた原理は、こうです。

NK225は、先物取引主導で価格が付きやすいのですが、
NK225が上昇する際は、
裁定買い(=現物を買い、先物を売る)が起こります。

このポジションが積もり積もると、
NK225の採用銘柄は割高になり、
TOPIXは割安になるのです。

似た理由で、
NK225連動型の投資信託の買い(=NK225採用銘柄の買い)も
理由として挙げられます。

NK225先物だけを売買する投資家も多いはずでが、
これまた、理由に挙げられます。

その反動がおきている、ということです。
この反動、つまり、NT倍率が下がる流れは、
今度も続くものと考えています。

なお、裁定買い残は、短期での勝負ポジションなので、
かならず近いうちに解消されます。

つまり、何兆円にも膨れ上がると、
短期的な下落につながることも
覚えておくとよいと思います。

ちなみに、裁定ポジションはまだまだ低い水準ですから、
その点では安心してよいでしょう。

奥村尚


<編集部のオススメ>
稼げていない現状を直視したい人だけ
お越しください。

成長のきっかけには圧倒的な敗北感と
それをバネにした大きな「反発」が必要です。

あなたが変化を望むのであれば、
きっとお役に立てるトレード理論が
ここにはあります↓
http://japan-i-school.jp/jim/170725_mrk/


そこを待つ姿勢、忍耐、必死さ。

2017.04.22
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

4月もすでに下旬に差し掛かり、
来週末からはゴールデンウィーク!

せっかくの連休中ですから
色々な形でリフレッシュする方も多いと思います。

私も今でこそ休みの日も
仕事の予定を入れていますが、

以前はその日の相場を終えて
時間が出来たときに

岩盤浴でデトックスしまくることが
最高のリフレッシュ方法でした。

たっぷりと汗をかいた翌日って、
元気と集中力がハンパないので
さらにお仕事が楽しくなるんです。

最近行けていなかったのですが
また時間を見つけて行こうかな。
岩盤浴おススメです(*^^*)

忙しいときって
目の前ことに視線が行きがちですが、

だからこそ、
普段できないことをして
チャージをする期間は必要ですよね。

岩盤浴で元気が得られるように、
チャージすることでその後に
プラスになることも多いものです。

私の場合は結局その場でも
株のことを考えてしまうのですが笑、

実際、今の安定しない相場状況では、
ポジションを持たず、

今こそトレードの
充電期間なのかもしれません。

簡単な相場が来たときに
良いタイミングで再びポジションを持つべく、

日経平均やマザーズ指数の日足などを
じっくりと観察することはもちろん、

他にも相場状況を表す指数は
数多く存在するので、

この機会に新たな参考指数を
取り入れておいて損はないはずです。

例えば、「恐怖指数」は、
市場のファンダメンタルを数値化して
チャートの天井圏を推測できるように
利用されていますので、

特に初心者の方でご存じでなかった方は
是非調べてみてくださいね。

普段は銘柄のチャートを見るので
精一杯な方も多いと思いますが、

初心者の方も上級者の方も、
ノーポジションの時こそ

新しいことを勉強・検証することで
大相場が来た時に生かせますので

お仕事のチャージ期間も
トレードのチャージ期間も

たっぷり有意義と過ごしましょう(*^^*)

ウルフ村田


[Video]今の相場の買いと売りのポイントについて

2017.04.20
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

日経平均はここにきて
右往左往していますね…

これはどのような現象かというと、
4月の下げが急だったために
相場が「どこでブレーキを踏むべきか?」
悩んでいる局面と言えます。

そのような状況で
買いと売りのポジションをどう持つべきなのか
動画で解説していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

下げてきた株価はどこかで必ず反発しますが、

単純に大きな陽線が出たから
「よし買い戻し!」という訳ではなく、

全体が下げ相場であることを
認識しながらトレードしましょう。

4月も残り10日、頑張って行きましょう!

藤井百七郎


80%が見落としてる重要ポイント

2017.03.20
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のリビングより、、、

「どうやったら株で勝てますか?」

これは、セミナーで
一番よく聞かれる質問です。

どうやってって、
あまりにも抽象的過ぎて
答えるのが難しいですよね。

私なんかも含めて株に携わっている人間は
ものすごい数ですが、

すべての人が求めている問題でしょう。

勝てる方法はこれから先も
ずっと探っていくものですが、

勝つためのコツはいくつかあります。

それは・・・

日経平均株価と歩調を合わせること!

もっとも初歩的で
これほど重要なことはないと思う。

どんなにいい会社でも
日経平均株価が下がっているときはほぼ下がる。

あんまりメジャーでない会社も
日経平均株価が上がっているときは
ひょっこり上がってくる。

狙っている銘柄があれば、
日経平均株価が上がるときに
ちょんと買えば追い風に乗って利がのる。

大きな目線で見たときに、
それが相場というものです。

原理原則にも思えますが
これ、意外と多くの人がわすれがちです。。。

特に株式の銘柄は
固有の会社名がついているせいか、愛着がわきやすい。

固有の名称を何度も呼んでいるうちに、
我が子のように思えてしまう。

終いにはかなり株価が下がっているのに、
うちの子に限って大丈夫だ、
なんて親バカも方もいる次第ですね。

目の前にかわいい我が子がいると
周りがみえなくなってくる・・・

YDK!(やれば できる 子)と思い込んでしまう。

業績はいいし、注目度もいい、これから話題の業種だ。
きっと悪いのは今だけでぜったいに上がってくる。
だって・・・私の子なんだから!

こうなると、もう末期症状です。。。

「木を見て森を見ず」

全体を見ながら一部にこだわる必要があります。

麻雀の上手な人は自分の手牌だけでなく、
ほかの人が捨てた牌
つまり「場」の流れを見ていきましょう。

さあ、今日は祝日!

なにかいい銘柄はないかと探しに行く前に、
日経平均株価のチャートをまずはじっくりと、
じっくりと見直してみるのもいいかもしれません。

藤井百七郎

【投資銀行のトレード戦略】

世界最高峰の150人に選ばれた
トレーダーのうちの1人が
20年前からキャリアを通して使い続けてきた
トップのトレード戦略を公開中…

詳細はコチラ


新年の目標、忘れていませんか?

2017.01.30
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋に向かう新幹線の中より、、、

今年もあっという間に1か月が経ちました。

お正月気分などとうの昔、
いつの間にかいつもの日常に
てんてこまいな方が多いと思います。

新年に意気込んで目標を立てたことも
すっかり忘れてしまっているなんてことも。

達成に向かうことなく年末ごろになって、
「そういえば新年あんな目標立てたっけな…」と
ぼーっと思いだすのか、
はたまたそのまま忘れ去ってしまうのか…

ちょっとそれはもったいない…。

なので今回は、
今のうちに新年の目標を思い出したり
改めて立て直したりしながら

その目標の達成に向かってもらえるよう、
エールを送りたいと思います(^^)

ところで
今年皆さんは初詣にはいかれましたか?

今年一年どうかいい年でありますように。
家内安全、無事で過ごせますようにとか、

今年こそは株で勝たせてください。

なんて、私も一生懸命お参りしたものでした(^^;

山口県にすごく面白い神社があるので
ご紹介します。

元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)
といいます。

さい銭箱がすごいところにあるのです。

どこにあるかというと…

なんと鳥居の一番上にあるのです。

すごく高いところにあるわけです。

ですから、おさい銭を入れようとすると
すごく上に投げなくてはいけません。

5回、10回、20回と投げても入りません。

人によっては50回目くらいでやっと入ったとか、
結局入らなかったので、辞めたという人もいます。

神社としてもおさい銭はたくさんもらえたほうが
いいのに、なぜこんな高いとこrにあるのかというと

願い事は簡単にはかないません。
一生懸命に努力しなさいとの意味があるそうです。

深いですね〜

目標は高すぎてもいけませんが、
低すぎてもいけません。

高すぎると途中で嫌になっちゃいますし、
低すぎると達成感がありません。

あなたの今年の株の目標は何ですか?

高すぎても低すぎてもいけません。

株デビューするなんてのは低すぎますが、

よーし株だけで食べるぞ!っ
てのは高すぎます。

目標は、
あなたががんばって手が届くくらいの
高さに設定しましょう!

去年は勝ったり負けたりだったとしたら、
今年は3か月続けてプラスにするぞ、とか

ロスカットが苦手だとしたら、ロスカットのプロ
になるそ、なんてものいいでしょう。

銘柄探しを1か月は集中してやるぞ
なんてのも、いいかもしれません。

目標が決まれば後は簡単!

目標に向けての行動をするだけです!!

今年の年末に一年を振り返ったときに、
「今年はいい年だった、
すごく成長を感じる年だった、と
いえる年にしたいですね(^^♪

藤井百七郎
 
 
<本日のオススメ>
株式トレードで9割の方が勝てない原因は
手法にはありませんでした、、、

相場の原理原則に従った
全く新しいトレード理論を公開します。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170215/


[Video]一目均衡表から見る日経平均の今後

2017.01.26
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
都内のセミナールームより、、、
 
 
おはようございます。
本日は少し指向性を変えて。

昨年のイギリスのEU離脱や
トランプ大統領誕生などの「まさか」を受けて

市場がリスクオフをとりながら
日経平均に「下げ」のサインがあったと
一目均衡表から見て取れましたので、
その先行きも含めて動画で解説していきます。

↓  ↓  ↓  ↓

一目均衡表で大きな特徴というのが、
本日から26日間の雲息が見られるという事ですが、

ここから先は日経平均が
雲の中に入るのか?避けて上げていくのか?

移動平均線とローソク足とでは判別がしにくいので、
1つの注目ポイントになりそうです。
 
 
藤井百七郎
 
 
<明日、公開終了>

あなたは知っていますか?

実は、FXを始めた人の90%が
1年以内に退場してしまう原因の1つが

相場の本質とは外れた手法を
選択してしまっている、
ということなのですが…

今のトレードが本当に
あなたに合っているのか、
本質を確認したいと思いませんか?

それをこちらで公開しています。

http://japan-i-school.jp/parity/day/opt-3/