カテゴリー別アーカイブ: 株式市場

【動画】買っていい銘柄の見分け方

2018.05.24
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

おはようございます。

決算発表も山場を越えました。
今年も悲喜交交でしたね。

例年になく良かったものは爆上がり、
逆に悪くなくてもがっかりのパターンは
爆下がり、、、

チャートを見ていても、
そこまで売り込まれなくてもいいんじゃないのってのも
たくさん見られています。

下がったら買いたくなるのが人情、、、
かといって、なんでもかんでも買いか
というとそんなに株は甘いものではありません、、、

日足だけでなく、月足やその他指標から
計算してみると、
くっきりと買っていい銘柄、
やめたほうがいい銘柄の区別がつきます。

詳細はこちらの動画から(^^♪

 ↓↓↓

<編集部のオススメ>
じつは株式投資より高度なテクニックも、
豊富な知識も必要ない日経225先物取引で
効率よく稼ぐ方法を体験して下さい。

初心者、未経験者の方に
特化したプログラムなのでご安心を。
詳細はこちらから↓
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180607_14/


相場を読む力「金利」について

2018.05.23
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

本日は金融の基礎である、
お金の貸し借りについてお話します。

重要となる項目は以下3点です。
・金利
・お金を借りる期間
・借り手と貸し手

まずは金利について簡単にお話しします。

そもそも金利とは、
銀行からお金を借りたときの利息金額を
元金に対する割合で表したもので、
年率換算レートによって示されます。

例えば、金利1%で
100万円を銀行から借りたとします。

この場合の利息は
年間1%=1/100、つまり、
100万円の1/100である1万円です。

次にお金を借りる期間を考えます。
1年借りるのか、
6年借りるのか、
30年借りるのか、などです。

このようなお金の貸し借りの期間について、
金融業界では、
2年までを短期、
数年(厳密ではないですが5年まで)を中期、
5年-10年までを長期、
10年を超えると超長期、
と呼び、

短期はさらに、
1日をオーバーナイト、
1日単位で設定されるn日期間をトムネ、
と呼びます。

お金の貸し借りとは、
貸し手となる資金を持っている人または組織で投資を行う投資者、
借り手となる資金を調達したい需要者で成り立ちますが、

個人であればお金は銀行から借りる、
または貸す(=預ける)ことが多い一方で、

経済の世界ではお金を借りたい組織
(国、地方自治体、事業法人、金融法人)が、
組織として債券を発行します。

債券とは、
お金を必要とする組織が発行する、
あらかじめ利率や完済する日=満期日が
決めてある一種の証券です。

国が発行する場合は国債、
民間企業が発行する場合は
社債などと呼びます。

なかでも、最も一般的な債券は
割引債と呼ばれるものです。

これは満期日(たとえば1年後)に
100万円を返す(償還といいます)として、
それを100万円より割り引いて
99万円で売る、といった仕組みをとります。

このケースでは、
投資家側は99万円で購入し、
1万円の利益があるので、
リターンは1/99=0.0101=1.01%/年になります。

経済の世界では、
債券を投資家に売り、債券市場の中で
お金を貸し借りするというのが一般的です。

この債券を購入した投資家は満期日まで待つほか、
買った債券をまた債券市場で売買することができます。

債券市場という言葉が出てきましたが、

これは、株式市場でいう東京証券取引所(東証)のような、
1か所の取引所を用いて集中して売買される仕組みが
採用されていません。

株式は1998年12月まで、
取引所集中義務が規定されていて
東証へ注文を流して取引を集中させ、

勝手なところで好きな価格をつけることを
禁じていた経緯がありました。
(今は夜間や私設取引もさかんで自由化されています)

しかし、債券に関しては、
もともとプロ投資家のみが取り扱う商品なので、
そうした規制がなかったのです。

つまり、債券市場は、
機関投資家同士が相対(OTC,over the counterといいます)
で取引する事が多く、

そうした取引全般を指し、
金利は債券市場で債券の取引を通して形成されます。

さて、本日はお金の貸し借り、
債券市場の成り立ちについてお話させて頂きましたが
いかがでしたでしょうか?

相場を読むのに役に立ちますので、
基礎的な部分からお話しさせて頂きました。

次回は債券と金利の関係、
相場への影響についてお話します。

どうぞご期待ください。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
またチャンスを逃しますか?

今FXで勝てていない、
悩んでいるのなら最適な講座です。

あなたのように悩んでいた方も、
この「正しい負け方」を知って
わずか1ヶ月で資金の倍以上利益を出しました。

次回講座の日程は未定なので、
このチャンスを逃さないでください。

https://japan-i-school.jp/sl/parity/180602_kujira/


【驚愕】あなたが負ける原因

2018.05.20
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます!
谷口です。

噂の銘柄「メルカリ」の上場が決定しました!

メルカリはスマホを中心にした
「フリーマーケット」アプリで国内最大!

出品から配送、代金回収までを
手軽に安心して取引できるシステムを提供しています。

設立は2013年2月でたったの5年で売り上げ2000億を超える
企業となり世界的にも急成長の企業となっています。

現在、アメリカ、イギリスでも展開し世界展開しています。
上場規模としてはマザーズ上場ではミクシーを抜いてトップとなります。

海外展開のため借入金は多いものの本業では堅調な売り上げを
継続しており、売り上げは年々増加しています。

昨年上場の噂がありましたが、
今年最大の話題となっており、
発表のあったTDNetでは一時アクセスできないほどとなりました。

3月4月の初値急騰で損を抱えている投資家も多いこの頃ですが、
IPO人気を再燃するきっかけになる銘柄の登場に、
またまた目が離せなくなってきました!

さて、今日はトレードにおいて重要な考え方、
損は小さく利益は大きくする「損少利大」について。

スイングトレードで一番重要なことは
損切を早くして、利益確定を遅くすることです。

分かってはいるものの、
実際にはこの逆をやってしまいます。

損が大きく、利益が小さくなる
と、言う事です。

なぜ、思っていることと
逆のことをしてしまうのかという事ですが、

これは人間が本能として持っている
「儲けたい、損したくない」と言う考え方に起因します。

誰だって、損はしたくないし
儲けたいわけです。

そのためにやっているトレードで
本能のせいで負ける?

トレードをしたことのある人ならわかると思うのですが、
損失が出ると、しばらくで戻るだろうと考え
損失が大きくなると、今損切すると大損になると考え

しばらく様子を見よう、、、となります。

要するに自分の置かれた被害について、
無かったことにしたいという
「リスク回避」の考えが出てきてしまい、
戻ることのない大きな含み損を抱えることになります。

このような状況になった場合、
儲けることよりも「被害」が無かったことにしたいので、
買った値段とトントンになったら決済しようと考えます。

結局、儲けは出ないのです。

また、買った銘柄が上昇した場合
このような経験はないでしょうか?

1000円で買った株が上昇して
朝9時の時点で1500円に急騰していた。

もっと上がってもっと儲かるとウキウキしていると
15時を迎えた時点で1200円に下がっていた。

あの時売らなかったせいで3万円も損した!
と考えて、利益を引っ張ると損をすると考えるようになります。

このように利益が出ても、
「リスク回避」能力が働いて
早め早めに手じまうようになってしまい、
「損大利少」となってしまうのです。

では、どうやってこれを回避したらいいのでしょうか?

その続きはまた来週に。

さよなら、さよなら、さよなら、、、

谷口洋章

<編集部のおすすめ>
FXを始めて勉強もしているのに損益はトントン…
なぜか勝てなくて悩んでいるなら、
まずこの講座を聞いてみるのをおすすめします。

なぜならこの講座を受けられた方の多くは
そういった悩みを抱えていましたが、

わずか3ヶ月で月利20%安定して利益を出す方もいる
驚異のプログラムです。
詳細はこちらからご興味があればどうぞ↓
https://japan-i-school.jp/sl/parity/180602_kujira/


【動画】メルカリの7つの危険信号

2018.05.17
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

決まりましたね~

超大物新人IPOです。
ご存知、メルカリです。

6月19日に上場決定です。

ブックビルディングは6月4日ですから
事前の抽選申し込みはお忘れなくです!

さて、大物IPOといえば
2016年のLINEもそうでした。

あの時は値がついてから真っ逆さまに
下げていきましたが、人気度の割には
冷たい下げでしたね。

さてさて、このメルカリはいったいどうなんでしょう…

初値から買っていっていいのか…

それとも、見送りか…

はてさて、運よく抽選に当たっとしたら

寄付きから持ち越していいのか…

細かく調べるといくつかの危険信号がありました。

こちらの動画で説明しています(^^♪

  ↓↓↓

<編集部のオススメ>
数十%以上のレベルで値上がりする
急騰株をストレートに手に入れられる
サービスを体験して下さい。

非常にわかりやすい内容で、
これから株を始めようとするひとにも
オススメです。
http://japan-i-school.jp/jim/seminar180525_26/


知られざるヘッジファンドの実態

2018.05.16
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

本日はヘッジファンドについてのお話です。

ヘッジファンド(hedge fund)という言葉があります。
米国に多く存在し、あの手この手で市場を混乱させて一儲けする、
輩ものの集団のような、なんだか得体のしれないイメージがあります。

でも、実態は大半の人がよく知らないまま、
イメージだけがぼんやりあると思います。

表に出る機会が少ないですからね。
今回はこのヴェールを少し剥いで、
多少なりとも顕にしてみようと思います。

ヘッジファンドは、ファンドのひとつです。
簡単にいうと投資信託です。
普通に日本にある投資信託と同じもの、と解釈して差し支えありません。

ヘッジとは「リスクヘッジ」のことですが、
リスクヘッジは、リスクを軽減するための保険を掛けることですね。
実際はリスクを大きくとることでリターンを得る事を目的とするため、
名は体を表していません。

ヘッジファンドが普通の投資信託と異なる最大の要素は、
公募(Public offering)であるか私募(Private placement)であるか、です。

公募は募集人数に制限がありません。
ですから一般メディアにPRし、薄く広く投資を募ります。

一口単位の投資で最低投資額も数千円、数万円から募集を受けます。
野村投信とかフィデリティなどの大手はよく聞く運用会社です。

私募は参加人数に制限があります。
法律で募集人数に制限があるのです。
(ひとつのファンドにつき米国では99人です)

この人数制限の範囲で極力たくさん資金を集める必要があるので、
一人当たりの投資金額も巨額であり、
投資家の参加条件も大きな違いがあります。

一般的には最低投資額も100万ドルです。
現金で100万ドルを投資できる人ですね。
最低金額の人はほとんどいません。

当然に一般メディアでは募集を行いません。
募集は縁故にほぼ限定されます。(金持ちの友達は金持ちだ
式の拡大縁故で募集をかけます…時々大物も参加しています。
元大統領とか)。

次に、どの投資信託もファンドマネジャが資金運用しますが、
運用には資金募集費用、リサーチ費用、運用費用、管理費用がかかります。

こうしたコストは公募であろうが私募であろうが同じなのですが、
運用方針が違います。

公募の投資信託は、例えばESG(環境、社会、ガバナンス)をテーマとして
募集したお金は、そのテーマのみに絞って投資します。
実際には多少違うとしても、少なくとも建前としてはそうなっています。

私募ではこの建前はありません。

儲かる事をしてさえいれば別に環境に悪かろうが、
社会性が低かろうが、株ではなく商品先物であろうが、
なんにでも投資します。
つまり、運用の自由度も普通の投資信託とは異なるでしょう。

ファンドの運営コストの取り方もかなり異なります。

公募投資信託は儲けても儲けなくても管理報酬をとります。
ファンドマネジャの運用コストはその中に組み込まれています。

ヘッジファンドは、
運用はプロ中のプロが行うので管理費用も高いのですが、
さらに成功報酬の費用が別にチャージされます。
実現リターンに対し20%をヘッジファンドがとるのが一般です。

米国ではヘッジファンドをプライベートエクィティといいます。
ヘッジファンドよりもこちらの方が名が体を表していて、
わかりやすい表現ですね。

まだまだいろいろな話は残っていますが、
このあたりで(まずは)終わりとしておきます。

では、また次回をお楽しみに。

【追補】ヘッジについて。
たとえば新興国の証券に投資する時、
その証券は確かに上がるかもしれないがそれ以上に現地通貨が下落し、
トータルでは損することが良くあります。

こうした場合、通貨の下落分を見込み
あらかじめその通貨を売っておくことで、
通貨が下落しても損しない(この場合はむしろ得をする)ことになりますね。
ここまでは普通のヘッジです。

これをさらに推し進めると証券とは関係なく、
通貨だけを投機的に大量に売る、
ということで巨額の利益を得る事もできます。

100億ドルの英ポンドを売り、
一晩で9.6%もの巨額の利益を得たジョージソロスの
‘イングランド銀行を負かした男’の伝説はあまりに有名です。

投資金額が大きく現実味に欠けますが、
このような投資のやり方がある、という知識は押さえておきたいですね。

それでは。

奥村尚

PS.
これまで金融、相場についての解説、投資の知識を
限られた方にのみお伝えしていましたが、

広く一般の方にも正しい投資の知識に触れて頂き、
ご自身の投資活動をより良くして頂きたいと思いました。

この度新しい取り組みとして、
WEB番組として情報の発信をします。

投資に対し今まで誰かに聞くことが出来ず、
疑問に思っていたことを質問頂けるコーナーもありますので
詳細はこちらからご確認頂ければと思います。

http://japan-i-school.jp/jim/ifl_180606/


「初値買い」って、儲かるの?

2018.05.13
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

五月晴れが続く中、なんだかやたらと暑くなって、
すでにばて気味です、、、

五月バテ、、、

いや、年か(T T)

そんな私とは対象的に、
日経平均も元気を取り戻し始め
IPO銘柄も4月の爆上げ銘柄の下落も終わり
そろそろ買い時になってきました。

2月の暴落ではあまり影響を受けなかったIPO銘柄ですが
その後の余波で元気がなくなっていましたね。

現在上昇トレンドに日経平均はなってきましたので
大きく上昇のチャンスです!

とは言え、もう少し相場全体の調整が済んだ
6月前後かなと思っています。

トレードの方法を模索中の方は、

IPOは初値買い

つい思っていませんか?

ダメですよ、
「初願いが良い」なんていうのは
もはや噂話の領域です!

実際には、初値買いでみんな爆死しています。

みんなわかっているはずです。

良い銘柄を高いところで買っても意味がないんです。

良い銘柄を安く安くたたき売られたところを買いに行ってこそ
うま味があるというものです!

世間の噂にお気を付けください。

資金を失っては元も子もありません。

勉強して、信じられる自分になってから
買いに行ってください。

初値は高値

高値は初値

このことを肝に銘じて、
このチャンス相場に乗っていきましょう。

もちろん、ルールに則り、確信が持てるときは、
しっかり利益を狙ってくださいね!

谷口洋章


PS.
今月の29日に、
特別企画で「お金の勉強会」という
セミナーを開催予定でいます。

ここでは、これまで公にしていない
投資術もご紹介する予定です。

私の主催しているIPO研究会の会員さん優先ですが、
会員ではない方にも募集枠を作ろうと思っていますので、
興味のある方は事務局からのメールをチェックしておいてくださいね!