カテゴリー別アーカイブ: 株式市場

株で勝てない人の共通点

2017.01.23
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

先日のセミナーの休憩中のことです。
ひとりの初老の男性が私のほうにやってきました。

なんだか額にしわを寄せて難しい顔をしています。

まさに苦虫をかみつぶしたような感じ…

何かはわかりませんが、前からずっと
何かを考え続けているようです。

セミナーの途中で何か失礼なことでも
言ったのではないかと、ハラハラします(汗)

それで開口一番にこう言われました

「やっぱり今年は上がるよね!?」

(えっ?・・・)

あちゃー出ちゃいました〜

『思い込み予測』です!!

上がると思い込んでしまって
頭の中でコチコチに固まってしまっています。

非常に危険な状態です。。。

この方がどんな理由で上がると判断しているとか
そんなことは問題ではありません。

”思い込んで”いることが問題なのです。

もうこのメルマガを読ん出られる方なら
お分かりだと思いますが、

上がるか下がるかなんて誰にも分らないんですよね。

それに多くの人が予測をしますが、
多くの方がはずれます。。。

たとえ年末の株価を当てたとしても
途中の上がり下がりにポジションを
持てた人なんてそんなにいないわけです。

これまで多くの人が相場に参戦して
退場していったのは

予測して、外れたからです。

つまり相場は予測してはダメなのです。

しかし、多くの人は予測してしまいます。

予測はそれほど楽しいものなのですね。

予測は思い込みを強くして、
正常な判断を失わせます。
ロスカットしなかったり、
利益確定の機会を逃します。

特に副業でトレードをされている方は
相場の分析に時間をさけません。
また必要な環境もそろっていない場合も多いです。

ならば、いっそのこと予測は捨てて

動いたほうにポジションを持つことに

神経を集中すべきです。

最後にマーク・ダグラスの「ZONE」より
名言を抜粋します。

「何事も起こり得る」

いつもニュートラルでいましょう(^^♪

藤井百七郎

<本日のオススメ>
投資について不安がある方へ

あらゆる経験をしてきたベテラン講師、
しかも70歳を超えて未だに現役で
稼ぐことに特化した現役トレーダーが

あななたの不安や疑問に
率直にお答えします!
もちろん、塩漬け株の判断も可能です。

どうしたら勝てるか見当がつかないという方は
是非この相談会へご参加ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170129/


[Video]2017年初頭は乱高下する理由

2017.01.05
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
2017年の相場も昨日あけまして、

多くのメディアで様々な側面から
相場展望についての分析がありますが、

皆さんは鵜呑みにせず、自分なりの考えを
持っていただければと思います。

ただ、相場の格言で猿年・酉年は荒れる
というものがありますが、

私から見てもチャートに「荒れサイン」が出ていますので、
それについて動画で解説します

↓ ↓ ↓ ↓

皆さんも様々な手法を駆使しているかと思いますが、
特に順張り派の方については、逆にいくと
大きく吹っ飛ぶ可能性がありますので、

年始はまず大きく損をしないところに
フォーカスしていただければと思います。

それでは、2017年もどうぞよろしくお願い致します。

藤井百七郎

P.S.
ところで、
乱高下が予想される1・2月の相場状況において、
空売りがリスクコントロールとして大変有効です。

買いと売りのポジションを
調整する中で大きな損失を防げ、
逆に言うと、買いのみの選択肢で投資をすることは
昨年の相場から考えても大変危険です。

「空売りって何か怖い」という方ほど、
この機会に必ず空売りをマスターしてください。

参加はこちら


年内あと2日の注意点!

2016.12.29
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、
 
 
お疲れ様です。
藤井です。

日経平均は少し長い
クリスマス休みといった感じですが、
トレードの調子はいかがでしょうか?

残り2日となった今年の相場の
短期的な注意点について
動画で解説したいと思います。

↓ ↓ ↓ ↓

あと2日もすると
新年の相場になるのですが、
アメリカのダウと営業日が違います。

ポジションを持つ場合は
ダウがどちらかに大きく傾くかも
注視して見て下さい。

今年もありがとうございました。
 
 
藤井百七郎
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お詫び】本日の動画の誤り訂正

本日配信いたしました私藤井の動画の内容に
一部誤りがありましたのでお詫びと訂正をいたします。

動画では、NYダウの休日を元旦1日のみと言っておりましたが
正確には2日が振替休日となっており、1月2日まで休場となります。

都合、日本とNYダウのギャップは4日ではなく3日となります。

通常の概念で不正確な情報をお届けしたことをお詫びいたします。
私の確認不足で申し訳ありませんでした。

どちらにしても日本が休場中にNYダウは3日営業します。
年明けには大きく値を空けて始まる可能性があります。
年越しの持ち越しには十分にお気をつけてください。

藤井百七郎

  
<待望の開催決定!>
なぜ、株式トレードは
株価が上がるか下がるかの二択なのに、
9割の人が負け続けるのか?

負ける原因は手法にはありませんでした。

分かってしまえば
勝つよりも負けることの方が難しくなる
トレード理論をお伝えします。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170118/


六本木で学びました・・・

2016.11.26
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

先日、マネージャーと2人で
六本木へ食事に行き、とあるお店に入りました。

平日ということもあり、
店内は私たち2人だけ。

上品でゆったりとした空間だったので、
ワインのボトルを開けながら
ついつい長時間滞在してしまいました。

そしたら、
ちょっとお食事する予定だったのが
思っていた以上の出費になってしまい、

調子に乗ると思わぬアクシデントがあるなと
反省したので、

謙虚さは忘れずにいたいと思います!

さて、相場の方も
トランプ大統領が決定してからは
東証一部~マザーズまで
幅広く値上がりが見られます。

トレードをするにはいい時期に
なってきたと思います。

ただ、初心者の方などは特にそうですが、

こういうときは、
資金の集まる銘柄を乗り換えつつ、

しっかり一つの銘柄に集中すると、
より確実な成果が得られますよ。

いくつもポジション持っていると
訳が分からなくなっちゃいますからね。笑

ポイントは、上がっている銘柄の中でも、
流動性がある上がる銘柄だけ見極めて、入ること。

上がっている銘柄
すべてに参加する必要はありません。

大切なのは、自分に合う銘柄や手法を確立しながら
資産を増やすことです。

上昇相場ですので、
これから仮に大きく値上がりした銘柄を
逃してしまったとしても、

チャートのパターンを理解できたら、
後は観察で大丈夫です。

大相場を取り逃して
悔しいと思うことでマイナスの方向に
いってしまうことが多いので、、

冒頭の話に戻りますが、

落ち着いて、謙虚に
頑張っていきましょう(^^

ウルフ村田
 
 
<※緊急追加募集>
銘柄選択は得意ですか?

株の楽しみの一つであり、
また、悩みどころの一つでもありますよね。

上がるか・下がるか
銘柄選択にかける時間を
別のことにまわせたら…
もっと効率的な投資が可能だとは
思いませんか?

教えた生徒の勝率100%という
圧倒的に手堅い手法で利益を出したい方はご参加ください。
↓↓↓
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_161115-29/

※残り1名。お急ぎください。


「継続する」ための私の法則

2016.09.23
koushi_yoko01

From:高橋陽子
秋葉原のカフェにて、、、

私は週に2回、加圧トレーニングに
行くことを日課にしています。

まず、なぜ加圧とレーニングを
しているかと言えば。
トレーダーは座り仕事になって
しまいますね。

慢性的な運動不足です。
それに加えて、パソコン作業だと
肩こりに背中も丸くなる。

背中が丸くなれば、おのずと
背中にも肉が付いてきます(汗)

この解消に効果てきめんだったのが
加圧トレーニングでした。

今では、体幹が強くなり、姿勢も
よくなり、スタミナもついてきましたし、
背中のお肉も取れてきました。

おまけの効果で全身のお肌もツルツル♪
ありがたい効果です。

とは言え、なにを始めるにしても
始める事自体がかなりのパワーが
必要ですね。

「本当にできるかな?」
「続くかしら?」

などと考えるものです。

また、始めてみたとしても
大体、数回通ってみたものの
おっくうになって、通うのを
止めてしまった経験ってありませんか?

せっかく入会金、月会費を払ったのに
通わなくなってしまったジム。。。
誰しも経験があると思います。

私も過去、何度かジムを退会した
経験がありますので、
どうやったら継続的に通えるか?
が、最大の悩みでした。

この途中で辞めてしまうのを
なんとか食い止めるには、
「ある法則」を利用します。

人間は、新しいものを習慣化するには
ある一定の期間が必要です。

しかし、この期間を乗り切ってしまえば。
新しい習慣として継続できるのです。

その期間が
★約1ヶ月続けること!!

1ヶ月といっても、1ヶ月に1回では
意味がありませんが、新しい毎日の習慣を
作る時には効果があります。

たとえば、株式投資で言えば、
一番面倒なのが「銘柄探し」に
なります。

これを1ヶ月、とりあえず5分でも
良いので続けてみる。

ここで重要なのは、最初から1時間や
2時間などのハードな目標にしないこと。

あくまでも、習慣化するのが目的です。
5分~10分と決めるのです。
それを1ヶ月続けてみてください。

朝、起きたら顔を洗う。
と、同じように。

家に帰ったら、銘柄を探す。
を習慣にするのです。

ここだけの話ですが。
私はかなりの飽き性です(笑)

その私でも、飽き性を克服して
加圧トレーニングを習慣化できたのですから。

このブログを見ている殆んどの方が
有効かと思います(^^♪

株式投資で勝つには、

銘柄を選択する。
チャートを分析する。
注文する。

これが基本中の基本ですよね。

そして、
これが、初心者の最初のハードルです。

うまく習慣化できないのです。

これを習慣化するまでに辞めてしまう。
それってとってももったいないですね。

株式投資で儲けるのはとっても重要です。
でも、その前に株式投資をうまーく
日常の習慣に入れてくださいね!!

習慣化に成功したら。
今度は能力をどんどん加速させて
みましょう!!

何事にもステップがありますが、
人生も株も、良いステップを踏んで
楽しい毎日、自分が理想とする
毎日を手に入れてくださいね(*^_^*)

高橋陽子


【新講師デビュー!】はじめまして、奥村尚と申します。

2016.09.22
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

JIS読者の皆さま、
はじめまして。

奥村と申します。

このメルマガで、今後いろいろな情報、
特に株式投資に関する情報を発信してゆくことになりました。

これから、どうぞよろしくお願いします。

本日が記念すべき連載第一回目ということで、
まずは簡単な自己紹介をしたいと思います。

僕は、大学で、人工知能の研究をしたあと、
大手証券に入り、そこで長くクォンツモデルの
開発と運用をやりました。

——————————————————-
※クォンツとは、数学・数理的な金融工学の手法を用いた
マーケットの分析・予測モデルのこと
——————————————————-

これまでキャリアの中では、、、

ノーベル賞をとった大先生と共同研究したり、
フィールズ賞をとった大先生考案の
モデルの検証に携わったりもしました。

証券会社の自己売買部門(高度なディトレをする部門)
でのモデリングなどもやりました。

リサーチ部門のCIO(最高情報責任者)もやりました。

でも、その会社は、外資系企業に買収され、
その外資系企業といろいろあって、
その後、IoT企業に転職しました。

——————————————————-
※IoT=Internet of Things
モノのインターネット化=様々な「モノ(物)」がインターネットに
接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、
情報交換することにより相互に制御する仕組み)
——————————————————-

(難解な横文字ばかり出てきてしまってすみません・・・汗)

その後は、

モサド(イスラエルのスパイ組織)
科学顧問の技術をシンガポールの軍需企業と製品化して、
空港に収めたりもしました。

要するに、IoT業界と金融業界の交点で、
30年(!)ビジネスをしています。

ながーくやっているので、本当に
いろいろと経験してきているのですが、
それは追々書き連ねていくことにします。



そして現在は、株式を中心とした
投資情報の評価をしたり、

プライベートエクィティ(いわゆるヘッジファンド)の
運用アドバイザーをしたり、

自分でもプライベートエクィティを主宰して、
ひと様の資金運用をするかたわら、

いくつかのベンチャー企業のCFO(最高財務責任者)をやり、
自分でもベンチャー企業を興こして働いています。

これだけでも、結構忙しいのですが、

残る力で、企業評価と証券市場のテーマで
時々大学でも教鞭をとっています。

日本は、先進国の中では例外的に
金融や投資のことを教育、特に義務教育において
無視しつづけてきています。

その結果、投資詐欺に騙されやすく、
また、投資行為そのものが、
どこか胡散臭いものとみなされているように思います。

それを少しでも改善したいと思い、
日本における金融リテラシーを少しでも向上させることを、
ライフワークとして活動しています。

これからこちらのブログを通して、

私の生涯に渡る専門分野である

FinTech(金融+テクノロジー)

を軸に、
皆さまの金融リテラシーの向上のお役に立てればと思います。

また、アナリスト、ヘッジファンドマネージャーとしての
視点からのマーケットの動向や予測についても
お伝えしていければと思いますので、

こちらもどうぞお楽しみに。

奥村尚