カテゴリー別アーカイブ: 株価

株でがっかりしない方法

2016.05.05
fujii-profile

From:藤井百七郎
名古屋駅のカフェより、、、

先日、恐竜のイベントに行ってきました。
自宅から車で30分のナガシマスパーランドです。

「ええ年こいて、何が恐竜やねん!」
と思われるかもしれませんが、
私は小さいころから大好きなんです(^^♪

昔、NHKでやってた「生命40億年の旅」
という番組がありました。

地球に生命が誕生した5億年前から現代までの
全10回のシリーズは、何度見たか覚えていないくらいです。

というわけで、今回のイベントでは
あのティラノサウルスを解剖する
というので、行ってみました。

現地に到着後、
入口のティラノサウルスの影が見えただけで
テンション上がりに上がります!

インフォメーションのような動画を見せられて
ようやく会場へ・・・
 
 
お~~ティラノサウルスが解剖されている!!
実物大だけあって、超ド迫力でした。
ニセモノとわかっていても、テンション上がります!

この先の出し物にさらなる期待をもちつつ
進んでいくと…今度はティラノサウルスの目の標本。
うーん、これもリアルです。

続いて、胃のホルマリン漬け
うーん、なるほど。

そのまま、ティラノサウルスの
肝臓、大腸、心臓・・・・あれ?
ほどなくして、私はもう出口に立っていました。

えっ、、もう終わり!?

しかも、胃、肝臓に大腸に心臓って・・・
焼肉屋のホルモンじゃないですか(^^;

めちゃくちゃ期待していただけに
はずれたショックは大きかったです…(涙)

まあ、よくよく考えてみれば800円のイベント。
徒歩5分で終わる内容でも文句は言えませんが・・・
 
 
もともとの期待が高いと、
結果とのギャップでかなり
がっかりしてしまうことは誰しもあります。

特に、決算発表なんかは如実です。
多少業績が上がっても、事前の期待が高いと
大きく売り込まれたりする。

株を仕込んだときは往々にして期待は高い。

「できればこの辺まで来てくれれば…」
「そうすればこれだけ利益がでる…」

目標株価を設定している人なら利益を
期待してもおかしくありませんし、
以前は私も同じことをやっていました。

理論的に株価がどこまで進むか割り出して
利益を計算して、期待するんですね。

しかし、株価は理論通りには動かないもので、
実際は、なるようにしかなりません。

だから、今は目標株価は割り出しますが、
先に利益を計算したりしなくなりました。

株価がどこまでいくか…

明日どうなるか…

それはもう、神様しかわからないことかもしれません。
大事なのは、結果を受け入れる姿勢だと思います。

捕らぬ狸の皮算用なんて言葉もありますが、
先に利益を計算して期待してしまうと
あとからのショックを大きくするだけです。

株価は計算や期待通りにいかないことを
もう一度折りこんでおきましょう。

藤井百七郎


株価に一番影響を与えるもの

2015.01.22
fujii-profile

From:藤井百七郎
グアムより、、、

グアム入りして
早3日が経ちました。

こっちに来ても
ノートパソコンで多少
仕事はしていますが^^;

でも改めてどこにいても
パソコンとネットがあれば
トレードができることに喜びを感じています。

さて先日、
iphone6に変えました。

5に変えてから
2年以上経過していてバッテリーも
古くなったし、広い画面のほうが便利に思えたからです。

5に比べて画面が
広いので出先でチャートを
チェックするにはとても便利ですね。

また同じネット環境でもさくさくデータが
くるのでトレーダーにはいいかもしれませんね。
なんだか少し楽しい藤井でした。

さて、株価というのは
上がったり下がったりします。

さほど一週間ほど前とは
業績も材料も変わったところが
ないのに株価は前より上がったり下がったりしますね。

株価の上がり下がりに
影響を与えるのは業績だという人もいます。

ではなぜ特段に新しい
業績の発表もでていないのに
株価は上がったり下がったりするのでしょう?

株価の動きについて
基本に戻ってみましょう。

株価はオークション形式で値段が
決まります。その株を欲しい人がたくさん
いれば株価は上がり欲しい人が誰もいないと株価はあがりません。

逆に下がっていくのが株価です。
なぜなら上がらない株を持っていても
しょうがないので持っている人が売るからです。

ずいぶんと以前より株価が
高くなっていてもそれでもまだまだ買いたいと
いう人がさくさんいる銘柄はさらに上値を追っていきます。

ポジティブな情報の出た銘柄は
まさしく新しい人の買いで値が上がっているのです。

ですから、これから
値上がりのする銘柄を探すには・・・

これから買いたいという人が
たくさんいる銘柄を探すのもいいのですが、
私が考えている株価への影響の一番大きなものは…

それは…

いまその銘柄を
保有している人の心理です。

これからその銘柄を買いたい人の力と
すでに持っている人の心理からくる力と

どちらが強いかといえば

すでに持っている人の
心理からくる力のほうが圧倒的に強いです。

なぜならすでに持っている人に
とって株価の動きは我が身のことで
持っていない人にとっては他人事だからですね。

投資家はまだまだ値が
上がってほしいという期待もあれば
今ある利益を減らしたくないという恐怖も持ち合わせています。

買うは易し売るは難しといいますか、
買う時よりも利が乗っていても
売る時のほうが敏感になるようです。

ですから買いたい株があったなら、
思い立ったが吉日ですぐに買うのではなく、
一息おいて株価チャートを見てください。

ずいぶん以前からチャートが
右肩上がりで来ていたのなら、一旦は
以前に買った人の利益確定の売りがでるだろうてきな…

ならば一旦下げてくる押し目を
確認してから買ってもいいかな
的な懐の深さが欲しいものです。

今後の株価に影響を与えるもの

それは今すでに
持っている人の心理です。

日経平均が18000円をなかなか
超えられないのも理由があります。

リーマンショックに株を買った人たちが
8年越しに自分の株がマイナスからプラマイゼロに
戻ってきたので売るといった戻り待ちの売りをこなせていないからです。

株価はたしかに政治や為替、海外の情勢や
事件、ファンダメンタル的な要素の影響も受けます。

しかし、株価に一番影響を与えるのは
すでに持っている人の心理の力という側面から
チャートから株価を見ることによって中期的なトレンドを予測することは可能です。

これから株を買う自分を本位で考えるのではなく、
もし自分がすでにこの株を持っていたらどうするかな…と
一息おいて作戦を練ってみてください。

藤井百七郎