カテゴリー別アーカイブ: 初心者

短期トレードは消去法だった?

2017.06.10
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のセミナールームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

先週、私の銀行員時代の話をさせていただき、
なぜ私がここまで株に中しているか?
お分かりになった方も多いかと思います。

株とひとことで言っても
私が注力しているのは「短期トレード」。
これにもちゃんとした理由があります。

特に重要な考え方として、

人ができることは人に任せ、
「自分の得意なこと」だけの一点集中でやる!と
腹を決めることですね

この考え方で、ここまでの人生を
築き上げてこられたと思います。

前回の記事でも取り上げましたが、

私は事務も苦手、ビジネス的な文章作成も下手、

長時間落ち着いて同じことができない……などなど、

出来ないものを消していったら、残るもの。
それが唯一、私が得意と自負している
瞬発力やを生かした短期トレードだったんですね。

ある意味消去法だったのかもしれません。笑

具体的に言えば、その日市場に流れている
あらゆる情報をバーッと読んで、、、

その時頭に叩き込み、株価が上がる「初動」の瞬間に
パッと買って売って逃げる。

このような短期集中のスピード勝負なら
仕事を辞めた後も自分も生き残っていけると考え、

株式トレーダーとしての道を選択しました。

もちろん、短期だけでなく
スイングトレードの経験もありますが、
のんびりしたのはあまり得意ではなくて。笑

ただ、こればかりは人によるもので、
瞬時の勝負ではなく私と真逆で
長期投資の方が得意な人だっているはずです。

私も精いっぱい自分の持てる技や
方法を伝えていきますが、

私からのものに限らず
情報を受け取る側の皆さんも
必至に学ぶとともに、

ご自身に本当に合うものは何か?
常に胸に手を当てながら考えていくと
自分に合った投資スタイルが築けると思います。

それでは、本日もよろしくお願いします(^^♪

ウルフ村田


日米会談を利益につなげる注目ポイント

2017.02.15
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

先週末は日米のトップ会談が
大きく取り上げられたニュースとなりましたね。

ゴルフが良い悪いとか、そのゴルフ場がどうこう、
という事ばかり目立ちました。

事前の注目点として、
無理難題を押し付けられるのか否か、
にも注目があつまりました。

が、相場に携わる者の視点として、
もっと別の事に注目すべきです。

今回は、副首相も同行した、という点です。

麻生副総理の同行は、
既に1月の時点で米国の要請があり、

日本も歓迎する、として、
訪米の予定がニュースされていましたね。

なぜ、そんな事が注目すべきことなのでしょうか?

日本においては副総理は、
内閣総理大臣が欠けたときに
臨時に代行をする第一順位の国務大臣として
指定されています。

安倍総理と麻生副総理が行動を共にすると、
もし二人に同時に何かあると
国家としてリーダーが不在になります。

かつて、トップ二人が同時に
同じ国にいった事があったでしょうか?

そのリスクをとってまで、
米国の要請に応じたという事になります。

一方、そんなことは米国は百も承知で招待をした。

これは、何を意味するのでしょうか。

蜜月です。

双方とも、良い関係をアピールしたい。
決まりきっています。

米国が、トップ二人を招待しておいて、
厳しい課題を突き付けるはずがないのです。

つまり、トップの二人が行くと決まった段階で、
もう会談の成功は見えていたことになります。

案の定、日経平均で400円も相場が上がりましたね。

したがって、2月10日の相場の高騰は、
その前からわかりきったこと、だったのです。

麻生副総理は、ペンス副大統領と
経済分野の意見交換をしたそうですが、
具体的な突っ込んだ話もしたかもしれません。

例えば、鉄道網とか、人工知能の利用とか、
そういった分野での協力を
話したのではないかと僕は予想します。

と、すると。。。。

相場に立ち向かうものとしては、
ニュースは、このように読んでみると、
案外役に立つと思います。

また次回をお楽しみに。

奥村尚


トレードに影響大!EUの展望を予測するために

2017.02.08
prof_okumura

From:奥村尚
ブダペストのホテルより、、、

おはようございます。

僕は、先週から中欧で経済の
取材を行っているのですが、

1週間ほどチェコ(プラハ)に滞在したあと、
週末にドナウ川を船で下って
ハンガリー(ブダペスト)に移動してきました。

このチェコとハンガリーは類似点があります。

まず、
どちらの国もEU加盟国でありながら
通貨としてのユーロを導入できていない事。

ユーロを導入できないのは
財政赤字が理由です。

マーストリヒト基準といいますが、
赤字国債の新規発行額は
GDPの3%以内に抑える必要があるのですが、
それができていないのです。

実際には街中では
ユーロが流通していて
支払いもカードも
ユーロで済みますが、

小さな商店や地下鉄などでは
現地通貨が必要です。

もうひとつは旧ソ連の影響です。
東欧という共産圏を構成していたのですね。

チェコはプラハの春を旧ソ連が介入し
秘密警察が支配する暗黒の時代になりました。

ハンガリーは
ハプスブルグ帝国で
栄えたのですが

一次大戦で負けた影響で弱体化し
結局ナチスと同盟しソ連と闘います。

戦後はソ連に占領され
支配されました。

どちらの国もロシアに対する
(悪い)感情には特別なものがあります。

東欧とひとくくりにもできません。

日本にいるとあまり気が付かないのですが、

チェコ/ハンガリ―と
ルーマニア/ブルガリアの間には
大きな経済格差があります。

一人あたりGDPはチェコ17600ドル、
ハンガリー1万2300ドル、
下はルーマニア9000ドル、
ブルガリアの6800ドルです(2016 IMF発表)。

国家間で数倍の格差がある。
それがEUなんですね。

ちなみに日本は3万2500ドルで、
フランスやイスラエルより下、
イタリアより上といった位置にいます。

さて、EUを離脱する英国の
最大の理由は移民受け入れでした。

EUは域内国籍をもっていれば、
好きな国に住んで働くことができます。

これは、北海道で生まれて東京で
仕事する事と同じように見えますが、
大きな相違があります。

言葉と制度です。

日本で生まれた限りは日本語を話し、
日本人として受ける法的権利は
どこで生まれても同じですね。

 しかしEUでは各国の制度法律が違うので、
問題が発生しています。

生活保護、子ども手当、社会福祉の制度は
豊かな英独は整っており魅力的なのです。

結果、ルーマニア、ブルガリアから、
英独に移民が殺到しました。

例えばロンドンは人口が増えすぎて
朝の電車は山手線並みの混雑になり、
英語を話せない人が急増し、
病院も待ち時間が倍になりました。

あまり報道されていませんが、
日本もとばっちりを食っています。

2011年以降、英国は人口増加を抑制するため
EU以外からの移民(日本や米国を含む)を
厳しく制限しているのです。

米国で博士号を取得した
高学歴の科学者は移民できず、

無職の英語を話せない
ポーランド人が無条件に移民できるのです。

これに加えて、難民受け入れの問題があります。

EU加盟国は割り当てルール(ダブリン協定)があるのですが、
どう適応するかの法律そのものは
各国で定めているので、うまく機能していません。

年間10万人にも上る難民受け入れを
どう受け入れるか、

今後ルール改変を含めて
EU離脱の選択が各国で議論されるでしょう。

まず移民問題があってその先に難民問題がある。

今年の大きな流れを理解するうえで、
記憶されておくと良いと思います。

今年は、欧州は選挙ラッシュです。

3月のオランダ総選挙、
フランスの4-6月の大統領選と議会選挙、
9月の独連邦選、

今後のEUの方向を、
もしくはEUの存在そのものがどうなるか、
わかってくる年になります。

ブレクジットの時のように、
相場も大きく動く可能性があります。

デイトレードをやっている人には
待ち遠しくて仕方ないのではないでしょうか。

肝心の欧州の経済ですが、
また機会をあらためて、ご報告したいと思います。

では、次回をお楽しみに。

奥村尚

<本日のオススメ>
チャートのみで相場を見極め
人間心理を読み解き、利益を生み出す。

唯一無二の投資戦略を
あなたも体験してみませんか?

相場の原理に迫る投資セミナーはこちら↓
http://j-i-s.info/j-i-s/170215_seminar/


注意しなければいけない注文ルール

2017.02.01
prof_okumura

from:奥村尚
プラハのホテルより、、、

現在、プラハに滞在しております。
こちらの様子もお伝えしたいところですが、
それはまた来週以降に。

本日は、
僕が主催する運用塾の生徒さんからの
質問について書いていこうと思います。

推奨銘柄を買うのに、上昇機運の中では
なかなか思った通りの指値で買えない。

買おうとした銘柄が、
どんどん値を釣り上げているのが歯がゆい。
ということでした。

指値で買い注文を(たとえば1週間の期間で)
出した場合、

その後1週間で一瞬でもその指値以下になれば
確実に購入できるので(特に急がなければ)、
だいたい買えるのですが、

買おうと思った日に限って
買えるまで相場を見ているし、
その相場がどんどん上昇してゆくのを見るので、

なかなか買えない、
どんどん上がってしまうから
今すぐ買わないと、、、、
と焦る、ということだろうと思います。

どうせいずれ下がって
買う機会が訪れる可能性が高いわけですが、
トレードを業としているのでなければ、

1回や2回、買えなくても別に。
と割り切ってよいと思います。

ところで、
成り行きで注文を出せば
確実に寄り付きで買えるのですが、
指値より割高になることが多いですね。

成り行きは、
いくらでも良いから買いたい、という注文。

指値は、
たとえば買う時900円で指値すると、
900円以下で買う=900円より高い価格では買わない、
という注文です。

実は、
寄り付きが買指値より安くなる場合、
指値注文より成り行き注文が優先されるので
指値より有利になります。

どういうことかというと、
成り行き注文はその全部を寄り付きで
処理することになっている(東証)ので、

寄り付きで確実に買う場合は、
成り行きで注文するに限ります。

成り行きの注文が全数処理されたあと、
まだ売り注文が残っている場合は、
残る売り注文が買指値と対当されて注文が成立します。

つまり、
寄付きよりと同じ価格以上で
買指値をしているにもかかわらず、

指値注文であるがゆえに寄付きでは
約定されないケースが起こるのです。

少し複雑ですが、
板寄せによる価格形成の仕組み上、こうなります。

この板寄せ、寄り付きと
引けの際に処理される基本ルールです。

こうした取引所における注文のルールは、
かなり明確に公表されていますね。

私もお伝えしたうえで、
いろいろなアドバイスしていますが、
皆様も一度よく確認してみる事をお勧めします。

では次回もお楽しみに。

奥村尚


実は見逃しがちな○○ポイント!

2016.12.12
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

先日、
相場の実況生放送をやってるときに、
ある株の学校の講師と、いま持っている銘柄の話になりました。

銘柄コードを聞いて、
チャート画面で開いてみると
すごーく利益が乗っていました。

「もう売ってしまってもいいんじゃないの?」

と聞くと、

「まだまだ引っ張ります」

とのお返事。

短期的な目標株価はとっくに過ぎていましたが、
さらに持ち続けて、
すごく利が乗っているんです。

なぜK講師はそんなに長く引っ張れたのか…?

それは、
“トレードを有利に進めるための作戦”が、
見事に成功していたからなんです。

その講師は元々、
トレードが上手いです。

相場に関係なく、上手にとっている。
彼がほんとに上手だなと感心するのは、

ひとつのルールに固守することなく、
実験的に手法を考えて試してみたり、
ルールを小刻みに変えたりしているところです。

あれこれと試しながら、
“自分なりのルール”
も確立しているのです。

そして今回の短期売買であれば、
利確ポイントはとっくに過ぎていたのに
なぜ引っ張れたのかというと…

利確ポイントに来た時に、
すごく利益が乗っていたからなんです!

すごく利益が乗っていると、
「多少下がっても大丈夫」と
強気になれる。

トレードにおいては、
強気な作戦が功を奏することもあります。

野球でも、得点差が開いていれば、
新人選手を試せるのと似ています。

では、なぜ利益確定ポイントまで来た時に
すごく利益が乗っていたのかというと…

ここがトレードのポイントなんですが…

すごくいいところでエントリーしたからです!

その講師は株価が上昇するジャストタイミングで
買いエントリーしていた。

これが、このトレードの一番大きな勝因です。

売りですごく悩むときは、だいたいが
入るポイントを間違えていることが多いんです。

「本来の買いポイントを過ぎて買ってしまった」とか…

「上昇する前に逆張りで入ってしまった」とか…

株は買うより売るほうが難しいと言われますが、、

実はその売りの前にある、
“どこで買うか”
が上手にできてれば、
売りはそんなに難しくないんです。

利益確定にしても…

ロスカットにしても…

もしあなたが、毎回売りで悩んでいるのなら
一度、”買いポイントが正しかったかどうか”
チェックしてみてはいかかでしょうか?

買いのエントリーの精度が、
売りの精度を上げるんです。

銘柄選びも大事だけど、
それ以上に、エントリーポイントも大事。

トレードで持ち越して、
有利に展開したいのであれば
ぜひエントリーポイントに注意してみてほしいです(^^♪

 
藤井百七郎

<本日のオススメ>
このデイトレメソッドの特徴は、
「自由でワガマママな生活を謳歌できる」
ところにあります。

1日中相場に張り付いている方、
兼業投資家の方、

人生においてのトレードの負担を軽くし、
ちゃっかり利益だけを狙いませんか?
http://j-i-s.info/j-i-s/day_master_on/


ブランクがあっても勝てる人

2016.11.28
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

先日、いつも通っているボクシングジムに新人さんが入りました。
練習してるのをちらりと見ると、どうやら経験ありの感じ。

尋ねてみると、
やっぱり学生時代にやってたとのことでした。

ただ、15年ほどやっておらず、
太ってきたのでボクシングを再開したそうです。

現役時代に比べて15キロ太ったので、
初日はさすがにしんどそう…

そうですよね~
ブランクが15年ですからね。

まあでも太った、ブランクがあると言っても
学生時代にやってた人は、全然違います。

一目見て、ベースになる部分が
しっかりしているのがわかります。

いっしょに打ち合ってみると、
ゼイゼイ言いながら
しっかりとパンチを打ってくるし、
こっちのパンチはよけるんですよね。

さらに聞いてみるとやっぱり、
学生時代はインターハイとかにでてたらしい。。。

かなり真剣にやっていたようです。

私も小中高とずっと野球やってたし、
その後はクラシックバレエを20年くらい続けました。

今やれば当時ほどできなくても、
そこそこはできる自信はあります。
(もちろん、リハビリすればの話しですけどね…(^^;)

一時期に徹底して身に着けたスキルって
ブランクがあっても消えないものなのです。

これはトレードも同じ。

どんなに高額のセミナーを受講したり
投資の本なんかを読んでも、
そのままにしておくと簡単に色あせてしまう。

せっかく覚えたスキルも、
その後ちょろちょろっとやってみるだけでは、
身につかないのです。

しばらくぶりにやってみると、
もうそのほとんどが忘れてしまっているんですね。

なぜなら、人は6日経つと実に覚えたことの
76%を忘れてしまうらしいから。。

ブランクがあっても忘れていないようにするためには
覚えたことを徹底的に深堀りしてみるといいです!

覚えたことを実践して、実践して
繰り返して、繰り返して…

毎日、毎日…

どこまでやれば深堀になるかは人によって
違うでしょうが、徹底してある期間は
実践と深堀りをするべきですね。

あなたもトレードをせっかく勉強したなら
しばらくは実践して、実践して、
深堀していくべきです。

そしたら、ブランクがあっても
すぐに思い出すことができます。

すべての条件がそろってトレードできる人は少ないと思います。

いろんな理由で途中に中断することもあります。

そして、中断して久しぶりにやってみると、
全部忘れてしまっていて、面倒になって
結局やめちゃうんですよね…

でも、一時期にしっかりとスキルを身に着けておけば、
ブランクがあってもすぐに復帰できます。

せっかく覚えたことは、ある期間は集中して
取り組んでほしいと思います。

最後に…

“やっぱり成功する人って違うなっ”て
思ったことがあったので付け加えますね。

知人の投資家さんとお話ししていたときです。

彼は投資歴15年以上の大ベテランで、
成長株に投資して、長期で保持するスタイル。
資産を2億円にしたすごい人です。

ふと流れから、ポケモンGOの話しになりました。

「私もポケモンGO頑張ってるんですよっ」ていうと
「レベルはどこまで?」と聞かれた。

私のレベルはその時は15。
まあまあ高いと自負していたのだけど、
その投資家さんにはこう言われました…

「低っ!最低でもレベル20には行かないと!!」

その投資家さん、副業投資家なので本業がある。

子供もいるし、そんなに時間はないはずなんですけど・・・(汗

やっぱり成功する人って、
なんでもとことんやるんですね。

”投資”であっても、”ただのゲーム”であっても…

なんだかこのあたりに、成功する人と
そうでない人の分かれ道があるような気がしました。

それでは今日はこの辺で(^^♪

 
藤井百七郎