カテゴリー別アーカイブ: リスク

知らなきゃ損! 日経平均とTOPIXの歪みを見抜く

2017.07.19
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

日経平均(以下NK225)は、

日経新聞社が決めた225銘柄の単純平均を、
TOPIXは東証1部上場企業の時価総額の総和を、
それぞれある時期を100として、
指数化したものです。

細かな違いはあるものの、
どちらも株式相場全体の値動きを
代表する指数として重宝されます。

この2つの指数の比をNT倍率といいますが、
この6月以降、NT倍率は急落しています。

NT倍率の計算式は、NK225/TOPIXですから、
この値が下がるという事は、

a.分子が小さくなる(NK225がTOPIXより比率的に下がる)
b.分母が大きくなる(=TOPIXがNK225より比率的に上がる)

というケースで、NT倍率の値が下がるのは式から理解できます。

グラフで確認してみましょう。

今年に入り、先週7月14日の
引け時点でTOPIXは4.6%上がりました。

NK225は2.7%上がりました。

NT倍率は1.8%下がりました。

このグラフは、一つのチャートで比較できるように、
NK225を今年1月4日のNT倍率(=12.6)で割り算しています。

もし、NT倍率が変化ない場合、
TOPIXとNK225は完全に重なるわけですね。

しかし、NK225は、どんどんTOPIXに対して下がっている。

このグラフでは為替はいれていませんが、
円安は進んでいるので、
輸出関連株を中心に相場は好調です。

半面、内需関連株は不調です。

NK225とTOPIXの構成銘柄比率が異なるので、
上がる銘柄と下がる銘柄の数次第で、
NT倍率は日々変動するわけですが、
これだけ一気に下げるのには、わけがありそうです。

TOPIXが買われて、NK225が売られるワケとは、
いったい何でしょうか?

ひとつは、歪の解消です。

もともと、NT倍率は2008年は9.5倍でした。
それが、5年間で12.5倍まで上がった経緯があります。
その反動が起きています。

NT倍率がどんどん上がってきた原理は、こうです。

NK225は、先物取引主導で価格が付きやすいのですが、
NK225が上昇する際は、
裁定買い(=現物を買い、先物を売る)が起こります。

このポジションが積もり積もると、
NK225の採用銘柄は割高になり、
TOPIXは割安になるのです。

似た理由で、
NK225連動型の投資信託の買い(=NK225採用銘柄の買い)も
理由として挙げられます。

NK225先物だけを売買する投資家も多いはずでが、
これまた、理由に挙げられます。

その反動がおきている、ということです。
この反動、つまり、NT倍率が下がる流れは、
今度も続くものと考えています。

なお、裁定買い残は、短期での勝負ポジションなので、
かならず近いうちに解消されます。

つまり、何兆円にも膨れ上がると、
短期的な下落につながることも
覚えておくとよいと思います。

ちなみに、裁定ポジションはまだまだ低い水準ですから、
その点では安心してよいでしょう。

奥村尚


<編集部のオススメ>
稼げていない現状を直視したい人だけ
お越しください。

成長のきっかけには圧倒的な敗北感と
それをバネにした大きな「反発」が必要です。

あなたが変化を望むのであれば、
きっとお役に立てるトレード理論が
ここにはあります↓
http://japan-i-school.jp/jim/170725_mrk/


EUのアフター組?加盟国の関係性

2017.07.12
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

EUには、インナー6と呼ばれる盟主国があります。

EUの、いわゆるいいだしっぺで、
仏、独、伊とベネルクス3国がその6か国です。

他の22か国は、インナーに対して
アウターとはいいませんが、
アフターには違いありません。

特に英国は、最初から入ろうとしていたにもかかわらず
仏の反対があって参加できなかった経緯があります。

要するに仏英は、仲の悪い国なんです。

その割にはドーバー海峡を
トンネルでくり抜いて地続きにするなど、
大人の付き合いをしているのは
さすがの成熟さも持っています。

EUは28か国で構成されていますが、
いずれ英国が離脱するので1か国少なくなります。
しかし、EUに加盟を希望する国々はたくさんあります。

モロッコは早くからEU加盟の望んでいたし(1987加盟申請)、
トルコもEUの前身のEECと連合協定を締結し

1987年にEU加盟申請をするなど、
かなり前からEUへの加盟を望んでいました。

モロッコはアフリカ大陸であるという理由で却下され、
トルコは宗教上の嫌悪感もあって
アジアだからという表向きの理由をつけられて
加盟できずにいます(トルコはまだ却下はされていない)。

ところでトルコといえば
ギリシアと仲が悪いことで有名です。

食べ物も民族も似たようなものですが、
隣国同士だったこともあり、

歴史的にも宗教という
決定的なものが違うこともあって

御多分に漏れず戦争が多く、
やはり英仏のいがみ合いと似たものがあります。

先週から今週にかけて、トルコに滞在しました。
経済や相場の状況を自分の目で確かめたかったからです。

トルコは広大な国で、東側はISが
支配する地域と接しており
東側中心に国土全体の1/3は
テロが頻発するちょっと怖い地域です。

西側はブルガリア、ギリシアと接していて、
首都イスタンブールを中心に栄えています。

しかしサッカーの試合などは、
テロが怖いのでちょっといきづらい感じがあります。

丁度先週は、本田選手がトルコの
強豪チームに移籍するのではないかと
ニュースされましたが、

現地でもちょっとしたニュースに
なっていました(移籍話は流れたそうです)。

さて、相場の話にもふれましょう。

ギリシアやトルコは、
EU諸国の株式に比べ出遅れており、
案外割安なまま放置されています。

この半年の株式市場のパフォーマンスは上々です。
どちらの国もこの半年で15%以上、上げました。

EUの中でもスペインやイタリアは
総じて経済不安が理由で割安であったため、

その反動に加えEU自身が
盤石に見えてきた理由も手伝い
この半年はパフォーマンスは上々です。

特に5月まで一気に上げたのですが、
この2か月間は調整が続いており、
今から投資して間に合うかどうかは、
分析する価値があります。

こうした国々への投資は、
今後のユーロの強含みを予想する人には、
通貨ヘッジなしでインデックス買をいれることで
通貨と株の2重取りが期待できるでしょう。

それでは、また次回お楽しみに。

奥村尚


<編集部のオススメ>
本気で儲けたい人だけ来てください。

なぜなら、ここでお伝えすることは
「億」を目指す人にだけ
知ってほしい相場の真実だからです。

興味のある方は今すぐチェック!

http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_170714/


選挙に無反応な市場が「教えてくれるコト」

2017.07.05
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

今回は、株価が物語る評価について
お話したいと思います。

市場がつける取引価格は、
その価格自体が示す’なにか’を
暗に物語ることがあります。

インプライド(暗に示唆する)という
言葉で重宝されています。

たとえば、現時点での価格に至る
「価格の上下具合の変動」をみて
変動率が計算できるので、

市場が揺れ動いているか
安定しているかがわかります。

これは、恐怖指数として
も知られています(VIX,ボラテリティインデックス).

また、REITの価格から最終利回りがわかるので、
そこから投資家が要求する利回りがわかります
(インプライドキャップ)。

これ以外にも、株値からわかることもあります。

たとえば政局や世界情勢です。
市場がどう読んでいたのか、ということです。

今回の都議会選で読んでみましょう。

株価は、先週も選挙後の月曜日も、
ほとんど動きませんでしたね。

都民ファーストが大勝ちし
一気に第1党に躍り出て、
自民党が大負けした
(ついでに言えば野党第1党も大負けした)

結果に、市場は動じることなく、
何事もなかったかのように平静な価格をつけました。

選挙の事前も事後もほぼ同じ価格で
落ち着いていた事を考えると、
市場はその結果に驚きはなく、
さらにいえば先週から織り込んでいた
と言えるのです。

もちろん、事後的に言えるだけです。

さらに、日経新聞社が計算している恐怖指数 (日経VI)も、
先週から今週は横ばいです。

つまり、都議会選挙の前も、あとも、
変動率は同じです。

まったく選挙なんぞ存在していなかったかのようです。

これは、昨年7月10日の参議院選挙の結果と大違いです。

昨年は、参院選の後ブレクジットなど
なかったかのように一気に上がりつづけ、
その後のトランプラリーと続きました。

どちらも、市場が事前に読んで「いなかった」
サプライズがもたらした価格上昇でした。

さて、おそらく、市場が示唆する
(日本の)政局は、このようなものでしょう。

「 国政は安定多数が望ましい。
 今はそうなっている。
 しかし、求心力が衰えてきて心配である。

 ところで都議会はボロボロに与党が負けた。
 別に驚きではない。事前に十分にわかっていた。

 その都議会の結果がもたらすのは、
 国政の解散総選挙がしばらくはなくなったということだ

(だって、今そんなことをやったら議席を減らすのだから)。」

そして、この先、
「ならば、それはそれで、安定状態が続くので良い事だ。
そうか、だったら、今経済はとてもよいので、もう少し上げにいくか

になるのだと思います。

こうした観点から相場をみるのも
おもしろいと思います。

では、また次回。

奥村尚


<編集部のオススメ>
この真実を知って、
まだ今のトレードを続けますか?

「知らない」というリスクに今こそ目を向け、
勝てるトレードの本質を手に入れてください。

http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_170714/


精度高くトレンドを読む「測定器」とは?

2017.06.28
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

工学の分野で、キャリブレーションという言葉があります。

校正と訳されますが、
測定器の基準点(リファレンスポイントといいます)を
正しく調整する意味です。

一番わかりやすい例えは、
キッチンの測り、あるいは体重計です。

ゼロの位置がズレるので、それを手で0に調整してから、
モノや自分が乗って測定をする。

ゼロ点の調整を行う事で
精度よく測定できるというわけです。

ビデオカメラを買うと、
ホワイトバランスをとる機能がかならず存在しますが、
それもキャリブレーションです。

本当は、色域全てを調整する必要がありますので、
プロのグラフィックデザイナーは、
パソコンのディスプレイやプリンタも、
色を正しく表現するために、

カラーメーターという色を測定するセンサーを
使って正しい色を測定して調整した
機器を使って作品を作ります。

相場も、キャリブレーションをとると、
圧倒的に精度よく物事をみることができます。

昔からクォンツと呼ばれてきた、
いわゆるITを使ったファイナンス分析の
領域でも使われている、技術のひとつです。

ブログの性格上、
あまり詳しく述べるスペースはありませんが、
ある市場をみて、または、ある統計数値をみて、
それだけで、為替や株式市場の8割は
動きが説明できることがあります。

そして、
案外簡単な方法でキャリブレーションを行うと、
その精度はさらに上がります。

そうすると、少なくとも一日という単位では、
恐ろしく精度高く相場を言い充てる事ができます。

実は、残念ながら、統計やある相場のデータは
事後的なデータなので、昨日の予想が
できるに過ぎないのですね。

したがって、そのままでは、
将来の相場を予想はできません。

あくまでも、昨日の市場を読むにすぎず、
今日これからおきる相場に役立てる事はできません。

しかし、キャリブレーションに似た概念で、
フィードフォワードという考えがあり、

例えて言うならトレンド分析の考えを足し加えると、
昨日までの流れを分析し本日の予想に加える、
という手法があります。

なんだかチャート分析の話に聞こえるかも知れませんが、
それらと共通点はあります。

共通なのは、トレンドを読むという点です。

異なるのは、株価を使って株価を予想する
(チャート分析)に対し、
異なる定量的な測定値を使う
(ここでいうキャリブレーション)という点です。

その他にも相違はありますが、
もうひとつ上げるとすると、
それを行うにあたっての知識とノウハウでしょうか。

出てくる結果は、人によって異なるので、
どちらが良いとは断言できませんが、
再現性が高いという点でクォンツは優れた考え方です。

なかなか、
クォンツ分野は普及していませんが、
知人が金融機関向けにやっている
先物やオプションの研修会は、

プロ相手の研修プログラムにもかかわらず、
個人で参加する人が増えてきて、
みなさん、微分だの、統計分析だの、
を駆使して研修会は大流行だそうです。

個人投資家でもそうした熱心な人がいる事に
少し驚きましたが、僕も負けないように、
新しい手法を開発中です。

8割は結果が不十分でボツになるのですが、
どうなることやら。

では次回お楽しみに。

奥村尚


<編集部のオススメ>
株しかやってなかった
FX初心者の受講生が
2ヶ月で月利30%を叩き出した
本質的な「勝つづけられる」トレード法とは?

個別株でのトレードに
限界を感じている方はこちらをクリック

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170702/
※今週末ですのでお申し込みはお急ぎください。


クロックをUpして処理能力を上げよう

2017.06.21
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

本日は「頭の回転」「思考のスピード」について、
ちょっとしたコツをお伝えします。

トレードをするときも日常でも
スピード感ある思考のコツを掴んでおくと
周囲の流れより一歩リードすることができます。

例えばコンピュータの中には中央演算装置(CPU)があって、
このCPUが演算をして様々な情報処理が働きます。

このCPUはクロックと呼ばれる’時計’のタイミングで
一つ一つの作業処理を行っていますが、
このCPUのクロック速度を上げると処理も速まります。

クロックを上げるとものすごく発熱し電力も消費しますが、
ノートPCでは、平時はクロックを遅めにして
節電するようになっていて、

ここぞというときにだけクロックを
目いっぱい上げるようになっています。

ところで、人間はクロックを持っていませんが、
この原理を応用して意識をすると、
人間も処理を速めることができます。

情報処理だけではなく、行動の処理も
Upさせてテキパキ動くことができます。

その原理とは、こういったことです。

僕ら人間は、クロックと同じ’リズム’をもとに行動します。
そのリズムを変えるんです。

最も簡単な実施は、誰でもやっています。

例えば、ゆっくり歩くか、思いっきり走るか、です。

歩く時と走る時は、一歩にかける時間が違う。
だから移動速度が変わる。それと同じ原理です。

このリズムを意識することで、
人間の脳の処理速度を上げることができます。

普段は、けっこう遅いリズムで動いていますが、
頭の中でそのリズム速度をUpするのです。

試験を受けて、時間切れ前、最後の5分になると
異常に頭の回転が速くなることは誰でも経験しますが、
それを意識して起こすことができます。

ゆっくりの音楽は、だいたい1分間に120のリズムがあります。
120 BPM(beat per min)と呼びます。

速い音楽は、160bpmくらい。時には180bpmを超えます。

このビートを頭の中でイメージして、
切り替えリズムを切り替え(上げる)イメージを
もつと、意識しやすいでしょう。

最初は、2倍とか3倍ではなく、
5%,10%くらいをイメージするとうまくゆきます。

頭の中で、リズムを刻み、
そのリズムのテンポを上げてそのテンポで、
脳内の処理速度を上げてみます。

一度試してみてください。

上げた状態は、数分という少しの時間でも疲れるはずです。

将棋やチェスのプロは試合時、
一日中脳を酷使するのですが、
脳がエネルギーを大量に消費し発熱するので、
体重も3キロくらい落ちるそうです。

熱暴走しないように、
冷えた部屋で脳を使ってくださいね。

では、また来週

奥村尚


<編集部のオススメ>
様々な情報・ノウハウが氾濫する
この投資業界で、あなたは
正しい選択ができていますか?

一般の投資がつかめていない「情報の質」に
こだわったある投資法をここでお伝えします。

何を学んだらいいかわからなくなっている方は
この秘密のセミナーへご参加ください。
http://japan-i-school.jp/jim/top_secret170625/


50年ぶりのゴールデンサイクル到来!

2017.06.14
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

経済、そしてそれを反映する市場
(株式であれ債券であれ)には、
おおきな流れがあり、そして
それに乗って小さな流れが無数にあります。

一番重要なのは、大きな流れを読み取ることです。

2014年のジャパンサミット2014で
安倍首相は経済の4つの波が
日本経済では揃って上向きであると発言しました。

内閣府が調査研究している経済の
動向調査をもとにした発言でした。

実は後日、内閣府の見解が修正されました。
その結果、2014,2015年は実は揃って上向きではなく、
本当に上向きになるのは、2016年からである、というものです。

(4つの波のそれぞれの計算方法が高精度化された結果です。
ここでは、どの波が如何に修正されたか、
という細かな技術的な話は抜きにします).

景気循環は事後的に判断するものですから、
将来にならないとわかりません。

内閣府では第15循環まで定義し公表しています。

今だに内閣府は第16循環を発表していませんから、
今第17循環にいるかどうかも、本当はわかりません。

そうすると今の位置がわからないので、
第16循環以降は僕の予想として枠を入れ込みました。

僕の予想では、昨年7月で第16循環が終わっています。
ブレクジット問題が決着し、
新しい流れに移ったと判断しました。

第17循環がスタートは、参議院選挙のあった7月11日です。
ここから上り調子がスタートすると判断しました。

この第17循環は2016年からスタートしているので、
今僕らがいる第17循環こそ、
4つの経済の波の全てがそろて上向く
ゴールデンサイクルです。

1967年以来50年ぶりのことです。

米国の経済サイクルは日本とズレていますが、
2016年からゴールデンサイクル
入りしているという研究もあります。

これが大きな流れと見ています。

今の流れを大きなものと判断するか、
小さな流れと判断するか、
そこが戦略の分かれ目であり、
これを見誤ると戦術では
カバーできない大きな損失につながります。

でも、戦略も、戦術も、
自分で決めないといけない。

これが投資の面白さであり、難しさでしょうか。

では、また来週、お楽しみに。

奥村尚


<編集部のオススメ>
FX初心者が月利30%?!

プロのノウハウで着実に利益を積み上げ、
安定収入を目指せる方法があります。

仕事をするように確かな手応えを持って
トレードしたい方はこのセミナーへご参加ください!
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170617/