カテゴリー別アーカイブ: リスク

先週のイベントを経て、円はどこまで行くのか?

2017.03.22
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

こんにちは。

相場は、いろいろなイベントがあった
先週を乗りきって今に至りました。

もう、出る材料は出つくして、
こんどはあたらしい手掛かりがない、
という状況になってしまいました。

FOMCの利上げ決定を受けて、
米債券市場では長期債を売り、
ドルを買う動きが目立ちましたが、

確かに瞬間的にはドル高(円安)になったものの、
むしろ逆の動き(円高)となりました。

ここ何日かの為替市場は、G20を終え、
そのG20でも明確な姿勢が出なかったため、
余計にその傾向が出ています。

むしろドルに対しては円安の
ピークは終わったものとして、

円高を懸念するゆえに株式も
上値が重いように見えます。

今回の円高理由は、
事後的にはいくつでもあげられますが、

米利上げ回数が今年は(当初市場が懸念した)4回ではなく
3回になるものと見込まれたため
米金利の先高感が薄れたこと、

そもそも今回の利上げは事前に
市場が95%織り込んでいた
(つまり、既に市場はドル買いを終えていた)ため、

むしろ安心して反対のポジション(ドル売り)に
シフトしたこと、が理由となるでしょう。

しかし、むしろ本来の水準へ向けた自然の流れ、
ともいえるのです。

それを説明します。

日米の通貨レートは、
長期的には日米で同じものを買う時
に同じ値段で買えるレートに落ちつきます。

購買力平価(PPP:Purchasing Power Parity)といいます。

これは理論的な一致点であり、
実勢レートが購買力平価
と完全に一致することはありませんが、
PPPと大きくかい離する状態が
長期に続くことはありません。

PPPの計算は、1973年を基準とする為替に、
2国間の特定の指数を用いて計算します。

どこが発表するどの指標統計を使うかで
多少異なりますし、PPPもいくつか種類があります。

(消費者が購入する物価(消費者物価)を基準とするか、
国内企業間の取引価格からみる物価(企業物価)を基準とするか、
日本が輸出する価格FOB価格(輸出物価)でみるかで、3種類あります。)

総務省統計局が公表する消費者物価指数、
日銀の企業物価指数などを使えば誰でも

試算できますが、その詳細はさておき、
ズバリ95円と考えてよいでしょう。

え、そんなに円高なの?

そうです。
95円は、円ドルレートの適正水準なのです。

ただし、この水準は、あくまでも統計から導いた理論値であり、
実勢レートは、ずっとかい離しているのが通常です。

かい離が解消されるのには時間がかかります。

3-5年です。

なぜそんなに時間がかかるのかは、
いろいろな説がありますが、
それは気にするときりがないのでやめておきます。

いずれにしても、
今のドル円(112.81円,3月21日)は、
PPPが示唆する本来水準95円からみると、

18.7%も円安であり、今後、長い時間をかけて、
95円に向かう過程である、といえなくはないのです。

その過程で、株は安くなるか高くなるか、
とは全く別の問題ですし、あくまでの
長期のトレンドということは強調しておきましょう。

では、次回をお楽しみに

奥村尚


宝くじがビジネスに変わる方法(リスク管理の究極本質)

2017.03.21
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより…

おはようございます。Mr.Kです。

今日は兼ねてからのリクエストにお答えして、
リスク管理の超本質について書きます。

この内容は、永久保存版です。

というか、有料のセミナーで
お話ししていること
なので、

これまでセミナーに参加された方から
怒られる可能性があります。

しかし、

このことを知らないがために、
株で人生を狂わせてしまっている人を
これ以上見過ごせません
ので

書かせてください。

・トレードで損ばかりが膨らんでしまう

・気づくといつも損大利小になってしまう

・これまで大きな損失を経験している

こういった方は必読、いや、音読してください!

ーーーーーーーーーーーーーー
宝くじをビジネスに変える方法
があることを知っていますか?
ーーーーーーーーーーーーーー

これは、資金管理術の究極ですが、

その前に、

「資金管理術って、いったいなに??」

という方もいらっしゃると思いますので、

簡単にご説明しますね。

資金管理術というのは、
投資をするときに

「資産をどう分割してかけていくか」

という戦略のことです。

ギャンブルをするとき、
いきなり自分の資産を全額賭ける人は少ないですよね。

それが、資金管理です。

では、どういうときに、いくらずつ賭けていけば一番効率がいいのか?

その戦略が、資金管理術です。

株式投資で言えば、
どんなとき(どんな銘柄に)
何割ずつ資金をエントリーするのが
一番利益に直結するか?

その戦略が、資金管理術です。

いかがでしょうか?

資金管理術って大切ですよね。

資金管理術ひとつで
利益は大きく変わってきますし、

極端に言えば、プラスかマイナスかも
左右してしまいます。

それなのに、、、

これまで私は多くの方にトレードを教えてきましたが、

資金管理術を明確に持っている人は皆無でした。

どこでエントリーするか、
ということは皆さん考えているのですが、

資金管理術について、
論理的に考えている人は会ったことがありません。

考えても無駄だろうと考えているのか、

とりあえずエントリーとエグジットの精度を高めて
フルロットを賭ければいい!

と安易に考えているのかはわかりませんが、

ひとつ言えることは、
資金管理術がないというのは
非常に行き当たりばったりで
もったいないトレードになってしまいます。

ということで、今回のメルマガではその本質をお話しします。

この本質を理解すれば、

宝くじすらもビジネス化できるということがわかります。

ーーーーーーーーーー
資金管理の本質とは?
ーーーーーーーーーー

いきなり本質を公開します。

それは、

『リスクの大きさと資金割合を反比例させること』

です。

どういうことかというと、

『リスクが大きいときは賭ける資金を少なくし、
リスクが小さいときは賭ける資金を多くせよ』

ということです。

そんなこと当たり前だ。

そう思う人がほとんどだと思います。

しかし、誰も実行できていません

例えば、あなたは、たくさんの資金をかけてエントリーしているとき、

すぐにロスカットをしますか?
いつもよりじっくり待ちますか?

あるいは、

いつもより保有期間を短くしますか?
いつもより保有期間を長くしますか?

さて、いかがでしょうか。

おわかりと思いますが、多くの方が、

「いつもよりたくさん資金を入れたのだから、
ロスカットラインは遠くして、
少しくらい含み損になってもじっくり待って、
大きな押し目で簡単にロスカットされないようにして、
長期間保有して利益を出そう」

そう考えてしまうのです。

え、なんでだめなの?

んん・・・??

と思っている方、正直、多いと思います。

だから、今日この内容を書こうと決意したのです。

丁寧に説明します。

まず、ロスカットの幅を大きくすると、
あなたのとっているリスクは大きくなりますか、
それとも、リスクは小さくなりますか?

次に、長い期間保有すると、
あなたのとっているリスクは大きくなりますか、
それとも、小さくなりますか?

どうでしょうか。

逆に理解している人もいるのですが、

ロスカット幅を大きくするということは、
そこまでのロスが発生することを
あなたは許容した投資をしている
ということになります。

つまり、

ロスカットまでの幅 = リスクの大きさ

です。

そして、基本的に、
先の未来になればなるほど、
不測の事態が発生する可能性が
大きくなります。

一週間後の未来を当てるのと
一年後の未来を当てるのでは、
どう考えてっも、一年後の方が
当たる確率は下がるのです。

つまり、

保有期間の長さ = リスクの大きさ

です。

ですから、

本来は、

ロット(資金量の割合)が大きいときは、
ロスカットを近くし、
短期戦でエグジットしなければ
投資効率は上がらないのです。

まだまだたくさん書きたいことがありますが、
紙面の関係でそろそろ終わりにします。

今回の例でもそうですが、

基本的に、勝てていない人は、
信じている“常識”が180度真逆になっています。

そのことに、このメルマガを通して気づいていただき、

トレードを始めた当初の夢や目標を叶える人が
一人でも多くなることを願っています。

さて、今週は先行きが透明でしょうか、不透明でしょうか?

ということは、リスクは大きいでしょうか、小さいでしょうか?

ならば、エントリーしている資金は、
増やすべきでしょうか、減らすべきでしょうか?

(追伸)

タイトルに書いた、宝くじをビジネスにする方法ですが、

それは、資金を大量に持っている人が、
ごくわずかの資金を使って宝くじを買えばよいです。

普通の人にとって、宝くじが当たる確率は非常に低い、
つまり、資金を失うリスクが非常に高いので、
リスクと資金量を反比例させると、投入してよい資金がなくなってしまいます。

しかし、数億と資産がある人からすれば、数万円の宝くじを買って例えハズしてもリスクは極小。
一方で、もしも当たれば一気にプラスとなります。つまり、損小利大が成立します。

宝くじで失う資金があなたの資産にとって
相対的に非常に小さければ、ビジネスにもなるのです。

簡単に書いたので、理解できない方は質問コメントをどうぞ!

それでは、今週もがんばっていきましょう!

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
このブログでも
皆様から大変ご好評いただき、
4月にセミナーを開催させていただく
ことになりました。

今度こそ、根拠のない
“ギャンブルトレード”から
卒業したいなら、ぜひお会いしましょう。
詳細はこちら


FOMCは織り込み済み?今日、注目すべき重要指標

2017.03.15
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

もう3月の半ばになってしまいました。
光陰矢の如し、です。

この時期は例年、とにかく決算の見通しが
何より情報として重宝されますが、
今年は珍しく違います。

世界的にも重要なイベントが多いからです。

FOMCを真っ先に
思い浮かべる方は通です。

が、
CMEのフェデラルファンドレート先物という
短期金利の先物取引が示唆する利上げ確率は

3/14時点で95%を超えており、
市場はほぼ完全に織り込んでいます。

従ってサプライズが起こるとしたら、
利上げが見送られた時になるでしょう。

イエレン議長は3月3日から、
早期利上げのポジティブな見解を発表しており、
見送られる可能性も小さいものと思います。

債務上限休止期限が3/15(水)に到来します

米国では国債発行残は上限を議会が決定しています。

しかし上限があると国債を自由に発行できなくなるので
オバマ政権時代に停止されていました。

その期限が3/15(水)で、上限が復活します。

上限引き上げが成立しないと、
利払いのキャッシュを調達するための
国債が発行できないため、

利払いが遅れる=米国債の利払いがデフォルトになります。

デフォルトというのは、
踏み倒されることだけではなく、

利払いがスケジュール通りに
支払われない事をふくめて使う言葉であり、

そうした意味ではこれまでも何度も
米国債はデフォルトになっています。

まぁ一時的に支払いが遅れるにしても、
米国はお金がなくて支払いを
停止するわけではないのですから、
必ず収束するようにできています。

大げさにニュースで伝わる場合でも、
みなさんは影響をうけないでください。

オランダ議会選挙があります。
これも3/15(水)です。

世論調査では、反EUを掲げる自由党が20%の
議席(総数150議席中30議席)を得て、第1党となる見通しです。

オランダ議会は、
自由民主国民党と労働党の2党が連立政権をとっていて、

与党2党で合計35議席と自由党単体を上回る様子ですが、

フランス(4月大統領選、6月議会選)、
ドイツ(8-10月議会選)、
イタリア(2018年5月)

と続くEU主要大国の選挙に影響を与える事が注目されます。

トランプ大統領の予算教書演説が16日に予定されています。

米国では予算の権限は議会にあり、
大統領は議会にお願いするだけの立場です。

しかも、減税の改革にあまり踏み込まないものと
みられていて、市場は反応しそうにありません。

ひとつ、ふたつとイベントを消化しながら、
市場が不透明感を払拭できた時、
次の高みまで相場が上昇するのではないかな、
と思う次第です。

それでは、次回をお楽しみに

奥村尚


タクシーで学び直しました

2017.02.11
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のセミナー会場より、、、
  
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

この前のセミナーで、
タクシーで会場へ向かっていたら
「日本橋」に降りるはずが

運転手が場所を間違えて
「竹橋」まで行ってしまい、
危うく遅刻するところでした(^-^;

一分一刻を争う
多忙なビジネスマンであれば
怒っても仕方がないシーンでしたが、

私は「大丈夫ですよ~」って
特に咎めはしませんでした。

トレーダーとして
いつも心に余裕をもつことを
忘れないようにしているので、
それが発揮されたのかなと思います。

とくに最近、スクール生を中心に
本当に多くの方と関わりを持たせていただいているので
自分自身がドンと構えて
何事にも動じないことを気を付けています。

「首脳会談後に日経平均は上がると思いますか?」ですとか、

「この前言ってたあの銘柄はまだ上がりますか?」ですとか、

とにかく今後の「予測」について
よく聞かれるのですが、

予測なんて正直かなり外れますし、
それよりもその場その場の「対応力」を
磨いた方がトレードでは勝てる気がします。

実際、いくら良い材料や数字が出たとしても
この前の東電や東芝のように
一日で事態がコロッと変わることは
往々にしてありますので、

そこで「予測」にしがみついて
ポジションを持っていると大損してしまうのは明白です。
 

最近は決算シーズンという事で
大型株については決算が出てから上がる銘柄もありますが、

今申し上げたような事態があることを
認識したうえで
 
パターンをいくつか想定して、
どちらに転んでもいいように
対策するのが大切にしましょう。

それも心の余裕がないと
なかなかできないことです。

この考えかたは、
20代で株を始めた時から変えていません。

ぜひご参考にしてみてください(^^♪
 
 
ウルフ村田


コレをやってはダメですよ!

2017.01.21
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今週も一週間お疲れ様でした。

今週は英国EU離脱についての英首相会見、
トランプ大統領就任式など政治イベントが満載でしたが、
皆様のトレードはいかがでしたでしょうか。

このような重要イベントが待ち構えているときは
相場も先行きが不安で様子見となることが多く、
かなりもどかしくなる方も多いかと思います。

しかし、どうにか白黒つけたい!と考えて
世間や市場の予想や思惑をかじってかじって、
その情報に乗っかって突っ込んでしまったりは…

まさか、していないですよね?^^;

昨年の
ブレグジット、トランプショックを
経験した方はすでに学習済みとは思いますが、

相場の世界では、
どちらか一方に予想して動くトレードはやはり禁物。

世間というのは、大きなイベントが待ち構えているときは
どうなるのかを予想をしたがるものですが、

どんなに有力と言われる情報でも、
あくまでも予想。

実際は全然違う結果となることは
日常茶飯事ということは私も忘れないようにしています。

イベント前に複数の分かれ道の
どれに進めば良いかを絞る必要はなく、

方向性がが明確になってから
動き出しても全然遅くありません。

特に最近は地合いも底堅く、
上昇中の銘柄も非常に多いので
ずっと持っていたい気持ちはあると思いますが、

イベントにかけてせっかく利が乗っていた銘柄も暴落…
なんてリスクも十分考えられるので
私はイベント前はしっかりと利益確定をしています。

今後も重要イベントはやってきますので
「イベント前は現金化」と覚えていてくださいね。

本日は大変基本的な内容でしたが、
まずは資金を減らさないリスク管理を心がけて、
ギャンブルではない上手なトレードをしていきましょう。

それでは一週間の疲れを癒せる休日を
お過ごしください(^^♪

ウルフ村田

<本日のオススメ>
ベテラン投資家から学ぶ!
日経225先物相談会。

生徒さんの勝率は驚異の100%…
独学・ギャンブル感覚とは一線を画す、
相場歴38年のベテラン投資家が
あなたの悩みに何でもお答えします。

http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170129/


投資判断の基礎となる「日銀の影響力」とは?

2016.12.14
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

こんにちは。

先週は、
「金利の調整」の話をしました。

いかがでしたか?

1994年以降は、金利が自由化されたため
金融市場で調整することになった、
という先週の内容から今回は続きます。

皆さんの投資に関わってくる
現在の日銀の役割、
市場への影響力についてお話していきましょう。

“金利自由化”は、
世界的な金融自由化の流れの一環で、
日本でも1991年から3年間もかけて
用意周到に進めてきた規制撤廃でした。

日銀は金融市場、
特に、金融機関同士が
一日だけ(オーバーナイト)貸し借りする
市場(コール市場)
に対して
金利を示す(誘導金利)ことで、
公定歩合の時代と同等の
成果をあげるようになります。

“コール市場”
無担保で大金を信用だけで貸し借りできる、
特殊な市場です。

普段は市中銀行や
証券会社同士(民間金融機関)で
取引をします。

しかし、民間金融機関同士で
融通できなくなったときには、
日銀に担保を差し出して、
なんとかお金を借ります。

これは“基準貸付金利”と呼びますが、
公定歩合と似た働きをしていて
コール市場の上限金利となっています。

これが日銀が担う、公定歩合に代わる現在の役割ともいえます。

このコール市場は
為替と並ぶ重要な銀行間取引(インターバンク)市場で、
世界中の金融機関が24時間動き続けています。

ちなみに、
1997年11月に山一証券(山一)が倒産したのは、
手元現金が枯渇して資金繰りが行き詰まったのが
直接の原因となりますが、

僕がちょうど仕事でウォール街に行っていた時で、
「ウォール街ではオーバーナイトで山一に貸すな」
と多くの金融機関がインターバンク市場で
資金貸出を渋っていた事を思い出しました。

インターバンク市場は
無担保で大量の現金を貸し借りするので、
1社でも倒産すると連鎖します。

そうなると大変ですから、
経営があやしい金融機関にはそもそも貸さないのです。

結局、
山一は資金を調達できず、日銀からの助けもなく、
最後は倒産(自主廃業)の道を歩みました。

山一といえば、かつて
1965年にも一度倒産しかかりました。

戦後の証券不況の時、
やはり”資金繰り”に行き詰まったのです。

戦後の大きな成長を
前提に経営を押し進めてきた
大手証券はみな苦境に立たされましたが、
山一は特に苦しく、
再建計画を大蔵省の下で進めていたのです。

大蔵省はその事をマスコミに
報道自粛をかけていたのですが、
結局リークされて、
山一の取付き騒ぎに発展しました。

“取付き騒ぎ”というのは、
噂やデマを含め信用不安が原因で
預金者が殺到してお金を引き出す事をいいます。

銀行の預金引き出しだけではなく、
証券会社の口座解約、
保険の解約などで起こります。

金融システム不安の連鎖が起こると
その取引先を中心に
一般企業へも連鎖するので
政府や中央銀行が支援をするのです。

当時は日銀が山一に対し無制限、
無担保で融資する事を即日発表し、
騒ぎは沈静化しました。

当時の大蔵大臣、田中角栄の英断でした。
(この後、日本は成長を継続し、ついに1968年に
GNPが西ドイツを抜いて世界二位に躍り出ます。)

1997年の山一の廃業発表後には、
顧客保護のために”日銀特融”が実施されています。

なぜ、1965年のように倒産する前に
日銀特融を実施しなかったのかは、
いろいろ説がありますが、、、

おそらく、
“総会屋に対して利益供与をし、かつ粉飾決算を行う”という
ダークさによるものであった、といわれています。

少しそれましたが、今週は日銀の役割の変化をお伝えしました。

難しいように思えるかもしれませんが、
日銀の基本の役割を踏まえておけば
ニュースや政策の理解も深まり
投資判断の基礎とすることができます。

次回は、
現在のキーワードでもある”量的緩和”についてです。
あいまいだな…と思う方は、是非読んでみてください。

お読みいただきありがとうございました。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
ジャパンインベストスクールの
人気講師、ウルフ村田による
株式投資体験セミナー開催決定です!

twitterでも話題を振りまく
パワフルな投資戦略をあなたも体感してみませんか?
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_161218/