カテゴリー別アーカイブ: 投資

【動画】明日からの相場を予測します。

2018.04.19
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅のオフィスより、、、

いや~抜けてきましたね!

22000円、日経平均です。

呪縛のように抜けなかったのですが、
抜けるときってのはスルッと行くんですね。

さらに今回の抜け方はとてもいい抜け方です。
場中にしっかりとした陽線で抜けてきています。

そして、上ひげで終わることなく
寄付き陽線坊主で終わっています。

まだまだ明日からも行くぜって気迫が
ローソク足からも感じられるようです。

・・・ネガティブな政治的要因がなければの話ですが(^^;

さてさて明日からはどうなるのでしょう…?
実は昨年4月にも同じような状況があったんですよ。

その時のことを参考にすると、

おぼろげながら明日からの相場が見えてきます。

詳しくは下の動画で解説しています(^^♪

 ↓↓↓

<編集のオススメ>
3ヶ月で月利20%が安定。
1トレードで月給超え。
必ず勝てるようになると確信した。

上記はある”秘密”を知った
方達のコメントです。

そんな劇的に変わるはずがない!と
疑うのが普通ですが、

じつはごくシンプルな”秘密”だったのです。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/


逃した銘柄がストップ高…

2018.04.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

「えーっ嘘だろう???」

私は地団駄を踏んで
悔しがりました…

いつものように後場14時から
銘柄を探しているとき、
何気なくストックしておいた
監視銘柄を見ていると

後場から急騰して
ストップ高になった銘柄が
あったからです。

「え〜〜〜っ、狙ってたのに〜〜〜!」

6025 日本PCサービスです・・・

その日は木曜日。
四季報の内容が更新されているのを思い出し
午前中にちらほらと銘柄を探していると
目に止まったのがこの銘柄でした。

最新号比修正率 233%
四季報と会社予想かい離率 317%

こっ…これは…すごい…!!!

湧き上がる興奮を覚えつつ
チャートを確認しました。

しかし、その日、その時は
まだピクリとも動いていませんでした…

ちょうど75日移動平均線あたりをウロウロ…
株価は600円くらい。

それでも、更新された業績予想から
上値目途を計算してみると
なんと倍の1200円!

「みんながこの事実に気が付いたら
これは絶対に上がるな…」と

私は踏んだのです。

ところが、
私はそのときに買いませんでした…(^^;

私、昔から買い物は
する前によく考えるタイプなんです…(汗)

洋服なんでもそうなんですが、
いいなと思ってもすぐには買わずに
よく考えてしまう。

この変な癖が
ここで出てしまいました(^^;

まあもうちょっと様子見してからね〜とか
他にもっといい銘柄ないかな~と思って、
そのまま後回しにしちゃったんですね。

そしたら、
その日の午後に
ストップ高に張り付きました…

トレーダーのみなさんでしたら
このときの私の気持ちを
分かっていただけると思います。

見てなかった銘柄がストップ高になっても
別になんとも思いませんが、
見ていた銘柄がストップ高になると、
その悔しさは宇宙レベルです。

悔しくって、悔しくって、
買わなかった自分が
腹立たしくて仕方ありませんでした。

本当に悔しかった…

いやはや、お買い物や嗜好品なんかを
よくよく考えて買うのはいいことなんでしょうが、
やっぱり株はタイミングなんですね。

銘柄を買うな、時を買え!

この格言を実感した日でもありました。

いけると”踏んだ”銘柄は、
やっぱり少なからずとも
入っておくべきだと痛感…

ただし、根拠もなく
いけると”思った”銘柄を衝動買い、
なんてのはダメですから
気を付けないといけません。

それでも、せっかくの投資機会。

やっと見つけた”本当にいい銘柄”は
その時に入っておかないと、
逃げちゃうもんなんですね…

見つけたそのときに入るためには、
入れるようになるためには、

きちんと、裏付けされた
買いの理由をすぐに見つけられる技術。

それから、結論や判断は手際よく、
すぐに出せるように
日頃から練習しておくことも重要です。

今回逃した銘柄は
大きかったわけですが、
次回は逃さないように
私も精進していきます。

みなさんも見ていた銘柄だけは
逃さないように
気を付けてくださいね(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
FXチャートの見方を劇的に変える
秘伝のノウハウを伝授します。

非常にシンプルで
確立されたこのノウハウは
プロも実際に活用する必勝理論。

それでも気にならない方は
クリックしないでください。↓
http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/


このままだと…事故ります

2018.04.14
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

こんにちは。
ウルフ村田です。

あっという間に
4月も折り返し地点!

今年の大発会から毎日動き回って、
休みがほぼ無い中でしたが、
仕事や皆さんへの情報発信に夢中で、

あっという間に
過ぎ去ってしまった感じです(^-^

ちなみに、仕事の合間に
私はよく書店に立ち寄り、
株の本を眺めて買っていくのですが、

私が買った本って、
しばらく時間が経ってもピカピカなままなんです!

なぜかというと、
全然読まないからなんですね!笑

これにはちゃんと理由があって、
最初の1ページからすっと読むと
眠くなってしまうのと、

実際どの本も書いてあることは
9割(実感値です)
同じことなんですよね。

他とは異なる1割を読んで
勉強できればいいですし、

逆に、他とは異なる1割にお金を投資できるか?
が分かれ道だとは思います。

余談はこの辺りにして、
私は日々皆さんには

「どんなに上がる銘柄でも暴落があるから、
必ず逆指値を入れてほしい。
(特に兼業トレーダーの方)」

とお伝えしています。

値動きの上下が激しい新興株だと
逆指値もすぐ引っ掛かってしまい、

もったいないという理由で逆指値を入れておらず、
結果、暴落時に大損したという
話を聞きました。

確かに、逆指値を買い値近辺でいれると
すぐに引っかかって、私自身も
残念な気持ちになることもありますが、
 
工場の機械操作でも
「安全レバーかったるいな~」
という気持ちで、

安全レバーを外した途端、
死亡事故が起こります。
  
ですから、
暴落がいつ来てもいいように

逆指値で安全を担保して
ほしいと思います。

とはいえ、
何度も逆指値に引っかかって
「損切り貧乏」になってしまうのも
嫌ですよね。
  
そこで、心置きなく、何度も売るために、
手数料の安い口座が必要です。

なのでぜひ、
手数料の安いネット証券の口座を開いてください!
 
対面の証券口座だと1回売るごとに
手数料が数万円、また売るごとに数万円と、
かなり高額です。。。

しかし、その
「ああ手数料勿体ないな~」と
思う心が一瞬の命取りで、
その間に株価はガンガン下がります。
 
「手数料が高い!」
 ↓
「もう少し待ってみよう」

という心理状態で、
 
損切りのタイミングが一歩遅れるのです。
 
そして、最終的に被る損失は、
手数料どころの話じゃありません。

対面の口座しかお持ちでない方も
いらっしゃるかもしれませんが、

損切りの際に心置きなく損切れ
納得して売ることができる、

ネット証券の口座は強力です。

特にライブスター証券やSBI証券は
他のネット証券会社と比べても
手数料がかなり安いのでお勧めです。

急騰銘柄を狙う時、
暴落時に空売りをかける時、

何をするにもそうですが、
攻めの姿勢を取っている時こそ
守りもしっかり固めてくだいね♪
 
来週も頑張りましょう! 

ウルフ村田


IPOセカンダリ市場での失敗談

2018.04.12
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅のオフィスより、、、

今回はチキンハートな私の失敗談です。。。

最前からご紹介していますが、
このところはIPOセカンダリ市場で売買しています。

日経平均自体がどっちに行くのか
とても読みにくい中で、
この市場はとても有効です。

また資金がこの市場に逃げ込んでいるため
値幅も大きく、利益もよくとれています。

ところが、ところが・・・
やはり私も人間でした。。。(汗)

これまでの常識が頭の中にあるんですね~

いわゆる「メンタルブロック」ってやつです。
こいつのおかげでもっととれたのに

ちょびっとで手仕舞ってしまいました。。。

その悔しい思いと反省はこちらから(^^♪

 ↓↓↓

<編集のオススメ>
安定したトレード手法が知りたいあなたへ。

稼いだトレーダーの
話を鵜呑みにしてはいけません。

短期的に稼げた。
たまたま運がよかった。
ただそれだけでも稼いだことになります。

こちらでは40年実績を積み重ねてきたプロトレーダーが
実際のチャートを交え、

あなたの目の前で着実に勝ち続ける手法をお教えしています。

http://japan-i-school.jp/jim/180418_seminar/


私がIPOセカンダリにしてる2つの理由

2018.04.09
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅のオフィスより、、、

先日の動画で、私が通常の225銘柄ではなく
IPOのセカンダリをやってると話したら

下記のようなコメントをいただきました。

「IPOセカンダリー?株の講師が日経225から離れるってどうなん?」

これはとても良い質問だと思いましたので
その回答をみなさんとシェアしたいと思います。

結論からお話しすると、

はい、全然OKです!!

私がセカンダリやった理由は2つです。

一つは、それが当たり前だからです。

トレードの基本は日経平均などの相場と
歩調を合わせることです。

仮に日経平均が上昇相場であると判断すれば
225採用銘柄を優先して買っていきます。

逆に下降相場であると判断すれば
225採用銘柄を空売りしていきます。

ところが上昇でも下降でもなく持合とするなら
225以外の銘柄に注目するべきです。

東証一部全体で銘柄を探しに行くとか、
新興市場にも目を向けるべきでしょう。

今回は日経新聞にも載っていましたが
IPO市場にお金が集まっている
ということだったので

IPOのセカンダリをやってみたというわけです。

一番活況な市場で売買するのも
銘柄選択の基本ですね。

ですから「株の講師が日経225から離れるってどうなん?」

という質問への回答は、、、

ありです!100%ありです!!

恥も外聞も関係なく、ありです!!!

それからふたつめの理由。

私は〇〇だというこだわりは
邪魔だと考えるからです。

たとえば「自分は225オンリーのスウィングだ」
というこだわりは、

相場にトレンドがあるときは
よい結果につながるでしょう。

しかし、トレンドがなかったり、
ポジションと反対に動いた場合は、
とんでもない損になります。

これからのトレーダーは、
凝り固まったこだわりは
捨てるべきだと考えています。

225銘柄オンリーとかジャスダックだけとか…
絶対に長期投資とかデイトレ専門とか…

その時々の相場に合わせることが大事だと思います。

最近の野球も同じですね。

昔の野球は誰がどのポジションで打順も何番と決まっていました。

「3番サード長嶋」みたいに。

でも今の野球は決してそうではないですね。
1~9番どこでも打てるバッターが多いですし、
どこでも守れる選手が重宝されます。

いわゆるユーティリティプレーヤーですね。

対戦チームやその時のチーム状態によって
守りを変えたり、打順を変えるのが当たり前の時代です。

これからのトレーダーも同じように

これまでのこだわりに固守するのではなくて、

その時の相場に合わせて、市場や銘柄、手法なども

変えていく必要があると思います。

だって、やりやすい相場なんて
ほとんどないわけですから。。。

普段は長期だけど、今はデイトレ風に仕切ってみようとか、

いつもはやらない値上がりランキングから銘柄を探してみようとか、、、

その時々の相場に合わせて、生き延びていく道を
模索していかないといけません。

相場は利益優先、最後に勝ったものが勝ちの世界です。

何と言われようが、利益を出せばいいのです。

さてさて、あなたはどっちの道を選びますか?

自分の美学にこだわって今までのやり方を貫くか…
それとも、恥も外聞もなく生き延びる道を探すか…

答えはあなた次第です(^^♪

藤井百七郎

<編集のオススメ>
もしあなたが、
この下落相場で利益を出せずに困っているのなら、

あるいは、
なかなか投資成績が安定しない

空売りにもチャレンジしたいけど、
怖くて手が出せずにいるのなら、、、

この秘密の講座は、
まさにあなたのためのものです。

http://japan-i-school.jp/jim/hk2018_opt/


上がるか、下がるか…

2018.04.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

市場では
忙しない値動きが続いており、

明日は上がるのか、下がるのか、と
そわそわせずにはいられず、

日々の相場に
振り回されてしまいそうには
なっていませんか?

もし、
今の地合いが苦手だと感じるならば、

無理やりトレードしていても
費用対効果は低いでしょう。

それは例え、
一気に地合いが良くなった場合でも、

なんだかトレードしなくてはいけない
という強迫観念に駆られて

押し目が来る前に買ってしまっては
もったいないですので、

地合いに振り回されることなく、
優良銘柄の押し目を丁寧に拾ったほうが
期待値は高いかと思います。

四季報オンラインのページでは、
上位50今での週次値上がり率ランキング
毎日更新されているので、

これらを毎日確認する癖をつけておくと、
じわじわと上がってきている銘柄を
発見出来る
ことがあるのでおすすめです。

その際、
何がテーマで上がっているのかを
念頭に観察すると良いですね。

しかし、
どんなときも注意すべきは

値ごろ感に乗せられて
資産の大部分を投入しない
ということです。

トレードに
「絶対」は存在しないので、

どんな優良テーマ株でも、
企業の不正が急浮上して
チャートが一気に急降下することも。

常に何が起こるか分からいなかで
パンパンに買っていると
痛い目に遭いかねませんし、

折角の安いところで買うことが
出来なくなってしまいますので、

気を付けていただきたいと思います。

資金管理も売買判断も
やはり落ち着いて行うことが大切なのです。

新年度で忙しい方も多いと思いますが、

落ち着きを忘れないためにも
しっかりとリフレッシュして
週明けに臨みましょうね♪

ウルフ村田