カテゴリー別アーカイブ: 投資

「いい人」では株で勝てない?

2017.10.23
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

世の中、いろんな業種があり
その中にはその業界の
天才っていうのがいます。

天才とは、生まれつき備わったすぐれた才能。

そういう才能をもっている人のことを言うそうです。

私が思う天才トレーダーの才能ですが3つあります。

1つ目。
株が好きであること。

まあ、株というかお金が好きなことですね。

お金を増やすこと、お金を儲けることに
前向きなことです。

人前でも堂々とお金の話ができて
お金の額が増えるというより、

ゲーム的な感覚で興奮を
覚える人はいいなと思います。

私の知っている中で
天才だなと思う一人に

朝からずっと、分足チャートを見ていて
チャートが動かなくなって、

はじめて場が引けたことに
気づいたという人がおります。

寄りから大引けまでずっとですから、
よほどの集中力ですが、

興味と興奮をもって見れる
なんて言うのはやっぱりすばらしい才能、
天才なんですよね。

2つ目。
地味な作業が得意なこと。

ファンダメンタルにしろ、
テクニカル分析にしろ

分析、またはデータの集計なんて
とても地味な作業です。

天才というと、数ある銘柄の中から、
エエーイ!といって、上昇する銘柄を
当てるようなイメージがありますが、

実は地味な作業の上に
天才は成り立っているんです。

これは別の人ですが、
いやはや、ほんとに頭が上がらないほど
地味な作業に強い人がおりまして、
彼はデータ分析の天才なんです。

データの集計でさかのぼること、
40年とか戦時中のデータまで
引っ張り出してきて、

うまくいくかどうかと検証しちゃうんです。

このような状況の場合、
Aパターンをやったらどうなったとか、

Bパターンの場合のほうが
利益が大きかったなどなど、、、

歩くビッグデータみたいなものです。

これもやっぱり天才なんですよ。。。

それから3つ目。
相場の変化に対応できること。

相場はずっと変化しています。

去年と今年では全く違う相場になっています。

これまで通用した技法も、
今年はまったく通用しない
なんてことも珍しくありません。

チャートパターンを覚えても
勝てない理由はそこにあるわけです。。

相場の変化を敏感に感じ取って、
微調整ができること。

これは検証する才能ともかぶってきますが、

いつも自分のやり方に過信せず、
どこかに疑問を持ちながら
相場や、技法と接していることなんでしょうね。。。

この天才もひとりおりまして、
海外のトレーダーの本を
山のように読んでいて、

その時々の相場に合わせて、
ブレンドしていくかのように
手法を編み出していきます。

そんな高値圏で買ったら危ないだろ…と思ったのですが

相場が膠着しているときは、
その手法が一番効果的であったりしたのです。

へー、これまでの常識を取っ払えるなんて、

やっぱり彼も天才だなと思いました。

ところで、この天才さんを見ておりますと
だからこの人は天才なんだなと、
思わされるところがあります。

実は4つ目の才能となるわけですが、

この最後の天才さん、
ほんのちょっとだけなんですが、
社会通念が抜けているような
気がするときがあります(^^;

せっかく買ってきてあげたお土産を、
その場に堂々と置き去りにしていったりとか、、、

集合時間に待ち合わせると、
今からご飯食べに行って来ても
いいですかと聞いてきたり、、、

3万円もする焼肉をおごってあげたのに、
私が支払ってる間に
さらりと帰っていたりなどなど、、、

ちょいとだけ、一般人としては
常識が逸脱してるなぁなんて
思っちゃったりもするわけです。

この社会的に逸脱してる部分が、
株式投資法に才能として回っているのかしらん…

と、思えば、そんなものかもしれませんね。

一般的な社会では、学歴や見た目、
礼儀、マナーなど均整のとれてるほうが
よしとされたりしますが、

天才はどこかが偏ってる方が、
より天才だなと思ってしまいます。

かのアインシュタインは、洗濯用石鹸で顔を洗い、
なんと雑巾で顔を拭い、灰皿に食事を盛り付ける

という、常識外れの行動もあった様です。

天才は違う側面からみると、
奇人変人なのかもしれません。

天才はトレードがうまい。

天才は奇人変人。

という理論からいくと

均整の取れてる”いい人”は
株が苦手となりますが、いかがなものでしょうか。

株が上手になろうと思ったら、
いい人ではなく、どこかで偏ってる方が
いいのかもしれませんね(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
限られた人にだけ教えてきた
秘密のデイトレ手法を遂に公開。

しかも、ただ手法を伝えるだけでなく
パターンが出現した時は実際にエントリーし、
利確の瞬間をその場で見ることができます。

http://japan-i-school.jp/jim/171030_seminar/


7冊のトレード本の題名について

2017.10.10
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、
 
おはようございます。Mr.Kです。
 
今日は読者の方からの質問と
それに対する回答をシェアします。
 
前回のブログで、
「最近、トレード本を7冊一気に読みました」
と書いたところ、
 
『その7冊を参考にしたいので題名を教えてください』
 
という質問をいただきました。
 
実は、回答には非常に悩んだのですが、
やはり本音でお答えすることにしました。
 
私が感じるトレードノウハウに対する
本音の意見を書きました。
 
非常に大切な胸の内を素直に書きましたので
必ず読んでいただきたいと思います。
 
ためになることは100%保証します。
 
 
以下、私がした回答です。
 
=========
 
Jさん、コメントありがとうございます!
 
7冊のタイトルはあえてお伝えしません。
理由は、読んでプラスになると思わないからです。
 
7冊それぞれ、言葉の上では間違って捉える人が多いだろうな、
でも、著者が言いたいのはこういうことで、本質は同じだな!

という感想を持ちました。  
ですから、本は何でもいいと思います。
 
大切なのは、書いてあることを
義務教育のように鵜呑みにするのではなく、
 
自分で考えついた結論が、 本の中に書かれているか?
という思考で本を読むことです。
 
 
同じようなことは、自己啓発本にも言えます。
 
私が普通のサラリーマンだったとき、
すなわち、3年以上前には、自己啓発本というのが大好きでした。
 
真理が書かれているような気がして、読む度に目が覚めるような思いがし、
「勉強になったなあ!」と感動しておりました。
 
お陰で、たくさんの自己啓発本を買いました。
 
 
しかし、3年前からトレードを始めとして、
自力で事業をするということに挑戦した私は、本に書かれていることの真意を体験したのです。
 
困難に直面し、他者の誹謗中傷(嘲笑)に合い、
それでも自分を信じ続けて歩みを進め、ついに、様々な分野で結果を残しました。
 
 
そうなってから、かつて買った自己啓発本を読み直してみると、非常に驚くべきことが起きたのです。
 
「本に書いてある内容、これ、全部知ってる!これ合ってる!そのとおりだ!全部、俺が経験したとおりだ!!!」
 
という感覚になりました。
 
 
どのページを開いても、どの本を開いても、最新刊だった「嫌われる勇気」を開いても、  
やっぱり同じでした。
 
「わかる!ここに書いて有ること、わかる!!!」
そう感じました。  
 
当時は、新しい本を読むたびに
「新しいこと」が書かれている!と そう感じていた内容が
「すべて同じこと」だと
理解できるようになったのです。
 
 
つまりは、言語の限界です。  
 
人は、同じ言語でも、
自分自身の経験を通してその意味を理解します。
 
例えば、あなたが
「グランドキャニオン」の写真を見たとしましょう。  

まったく同じ写真でも、実際にグランドキャニオンに行ってきたあとに見れば、まったく違う意味を見い出せるはずです。
 
遠近感を失うほどに遥か彼方、空まで続く地平線を見て、その広大さを理解することができるでしょう。
 
しかし、行ったことがない人はそこまでを感じることはできません。  
 
同じ写真ですが、汲み取れる意味は異なるのです。
 
このことは、トレードにも当てはまります。
 
 
たくさんのトレード手法があります。 大勢の先生がいらっしゃいます。
 
すべての先生の授業が新鮮に感じられるでしょう。  
 
しかし、実は全員が同じことを語っています。
 
 
それは、自力で考え、苦悶し、奮闘した人にしか 残念ながらわからないものです。
 
ブログや書籍やセミナーには たくさんの「考えるヒント」が落ちています。
 
それをヒントにして、鍵にして、 扉を開くのは、他でもないあなた自身です。
 
そのことを忘れないでください。  
トレードだけが特別ではありません。  
自力で切り開かねば、真実の扉は開かないのです。
人生とはそういうものだと思います。
 
長くなりましたが、メッセージを書く機会を
質問によって与えていただきありがとうございました。
 
=====
 
 
何かの気づきを得ていただけたのであれば
結果が変わってくると思います。
 
奥深く、それだけに面白いです。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K
 


教えることで得られるもの

2017.07.08
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

7月も気が付いたら
あっというまに1週間が過ぎましたね。

ここ半年は全体的に上昇相場となりましたが
7月からは下半期もスタートし、
新たな気持ちで臨まれている方も
いらっしゃるでしょう。

ところで、
セミナーを開催した時などに、

「一人でも十分にやっていけるのに、
 どうして株を教えているのですか?」

という質問をたまに頂きます。

たしかに・・・(笑)

なぜかというと、

私が皆さんに株を教えていて

特に嬉しいのが

自分の教えている生徒さんでまだ株を始めて間もない方でも

「今まで100万しかなかった元本が2000万になった!」

とそのようなお声が聞こえてくるのが

本当に嬉しいからですね(^-^)!

私の投資法はリスクも勿論ありますが、

タイミングの取り方を

しっかり身につけられれば

上記の生徒さんのような

大きく資産が増える現象がよく起きます。

もちろん、相場と同じく

一年中良い状況が続くばかりではありませんが、

お金で困っていたり暗い顔をしている人が

株で自信をつけて顔色が良くなる様子を見るのが

楽しいですね(^^♪

技術的にも、生徒さんとのかかわりで

一番成長をするのは、実は教えている側だったりします。

ですので、今やっていることが

自分のトレードにもどんどん活きて来るんですね。

7月から動意したような銘柄も散見され、

どんどん情報発信もしていきますが、

あまりに早く目を付けてしまい

なかなか上がらず待ちが長くなってしまったりと

イライラを増やすことになってしまうので、

タイミングを注視してトレードしましょう。

それでは♪

ウルフ村田


トータルで勝っている方の共通の口癖とは?

2017.07.04
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

 
おはようございます。Mr.Kです。
 
先日、私の人生観をまとめた5つの音声をお送りしましたが、
 
「イメージと違って親しみい声と内容だった!」
 
という声をいただき、なるほどなと思いました。
 
画像が黒塗りで真面目なことばかりを書いていますので、
 
声は低めで厳しそうというような印象を与えてしまっていたのかもしれませんね。
 
先日のセミナーも、急な募集にも関わらず、
 
東京や神奈川はもちろん、福島、宮城、三重、京都、兵庫、宮崎、など
 
かなり遠方からも多くの方が駆け付けてくださり大変うれしかったです。
 
お会いできた皆様、ありがとうございました。
 
  
さて、このブログを通して募集したセミナーもお陰様で10回を数えました。
 
100人を有に超える参加者の皆さんにお会いして、
 
セミナー後の懇親会で直接お話しを聞くと、
 
9割の方は、なかなか勝てずに困っていることがわかりました。
 
しかし、自分流でトータルで勝っているという方が1割くらいはいらっしゃるんです。
 
利益率を上げたいということでセミナーにお越しになるのですが、
 
懇親会で話すうちに、勝っている人の共通の口癖が浮かび上がってきました。
 
その口癖とは、、、
 
 
「◯◯がこうなって、△△がこうなっている銘柄を選んでエントリーするんですよ、
 
そうすると、7~8割くらいの確率で勝てるんです。
 
まあ、トータルで言うと、年利で□□%くらいなんですけどね」

 
 
というものです。
 
この、◯◯、△△、□□は人によってもちろん違うのですが、
 

    言い方はほとんど同じ。

 
これ、大数の法則が使えている証拠ですね。
 
前回も、前々回も、そのまた前回も、そして当然、今回も、
 
同じ条件でエントリーをし続けて、勝率がわかっているということです。
 
 
あなたのトレードはいかがでしょうか?
 
 
毎回、エントリーの条件が変わったりしていませんか?
 
数回うまくいかないと、すぐにエントリーの条件を変えていませんか?
 
自分の手法の勝率を、しっかりと数字で話せますか?
 
 
トレードは、投資の一種なんです。
 
投資というのは、各回の勝率がどうしても100%にならないものです。
 
100%にならない勝負を繰り返して、トータルでほぼ100%に近い勝率で勝つ勝負、
 
それが投資だと、私は思っています。
 
 
なかなか勝てない場合は、まずはトレードの履歴をノートにつけるようにしましょう。
 
少なくとも10~20回は同じ条件でエントリーをしてみて、勝率を数字で算出しましょう。
 

    きちんと数字で把握する

ということが非常に重要です。
 
この思考を持っていれば、別に、実弾でやる必要もありません。
 
過去のチャートを見たり、リアルタイムのチャートで

仮想エントリーをしてみたりしても同じく手法の検証はできますね。
 
 
100%勝つことを願ってしまっていませんか?
 
 
ぜひ、勝率を計算して自己分析をしてみてください。
 
確実に何かがひらめきます!
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


勝ち続ける「秘訣」を知りたい方へ

2016.12.27
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
2016年も年納めですね。
 
今年は私がトレードを教え始めた元年となりました。
 
昨年まで自分が勝つためだけに考えてきたトレード理論が、
誰かに教えることで飛躍的に洗練され、
勝率がより確実なものとなりました。
 
多くの方との出会いがあり、多くの感謝と叱咤激励をいただき、
人としても大きく成長させていただきましたので、
この場をお借りして皆様に感謝を申し上げたいと思います。
 
ありがとうございました。
 
さて、今日お話しするのは、
勝ち続けるための「秘訣」です。
 
トレードというのは、
一時(いっとき)勝てる人は、実はたくさんいます。
 
しかし、この「勝ち続ける」というのが難しいものです。
なぜなら、相場の状況が変化するからです。
 
半年間通用していたトレード手法が、
半年後には通用しなくなるということは
普通に起きます。
 
そのときに、いや、そんなはずはない、
あれだけ実績のある手法なのだから、と拘って、
それまでに勝っていた利益をすべて飛ばしてしまう
という話は枚挙にいとまがありません。
 
そうならないためにはどうすればいいのか?
 
私なりの秘訣をお話しします。
 
 
まず、トレーダーつまり投資家という立ち位置について
認識を揃えておきましょう。
 
特に副業としてトレードに取り組んでいる方に多いのですが、
投資家というのは本来、経営者よりも高いレベルの存在です。
 
自分で経営をすることなく、
先行きを占って直接資金を投下して利益を上げるというのは、
とてもシビアで世間一般の人にできる難易度のものではないのです。
 
しかしながら、参入障壁の低さゆえ、
副業としてトレードを”気軽に”やってしまう人が跡を絶ちません。
 
ただ、その実態はどうでしょうか。
 
9割の人が1年以内に損失を出して
市場そのものから退場していくと言われています。
 
だから、厳しいようですが皆さんのために言います。
 
 
トレードは決して簡単ではありません。
 
 
片手間で誰でもできるわけではないのです。
 
経営者でもできないことに取り組んでいる
という認識をまずもって持ってください。
 
 
ただ、そうは言っても、
できる人から正しく学べば習得できないことではありません。
 
なぜなら、限られた情報をもとに投資判断をするので、
特段のスキルや能力が必要なわけではないからです。
 
問題は、”簡単だ”という意識を捨て、
真剣に学ぶ意識を持てるかにかかっています。

 
 
さて、ここからの話は、以上のことを踏まえた上で、
真剣にトレードを学ぶ人に向けてお話しします。
 
 
■ 勝ち続けるためには、『反省』が必須です。
 
ビジネスでもなんでもそうですが、
環境に依存するものは、外部環境の変化についていかなくては
勝ち続けることはできません。
 
トレードでは、外部環境とは相場環境です。
 
2016年の年初と今(年末)では、相場の状況が変わっています。
 
どのあたりが変化し、自分の手法のどこが通用し続け、
どこが通用しなくなって修正の必要があるのか?

 
それを定期的に真摯に見つめ直し、改善を加える必要があります。
 
2016年のトレード履歴を見てみましょう。
 
負けている人は見るのも嫌かもしれません。
 
それでも、その嫌な気持ちに打ち勝って反省できるかが、
勝つためにとても重要なことです。
 
そして、ノートを広げて
気づきを片っ端から列挙していくのです。
 
どんな些細なことでも構いません。
 
思いつくだけ、良い点と悪い点の両面から、
気づきを書いていきましょう。
 
次に、来年継続して使用する判断基準やトレードルールと、
今後は使用しない判断基準やトレードルール、
あとは情報を書き出して決断しましょう。
 
勝ち続けている人は、
常にシンプルなルールに基いてトレードをしています。
 
情報も手法も、「見ない・使わない」と決断する力が、
実は一番大切かもしれません。
 
例えば、私はもう、11年間テレビを見ておらず、
2年間新聞を読んでいません。
 
情報を遮断すると決め、
再現性のあるテクニカル分析を極めると決めたからです。
 
 
年末の過ごし方が来年を決めます。
 
皆さん一人ひとりにとって、
素敵な未来が訪れますように祈念しております。
 
本年もありがとうございました。
 
来年からさらにパワーアップして参りますので期待していてください!
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K
 
 
P.S.
2017年は、洗練された私のトレード手法を
より多くの人に届けたいと思っています。

私自身と、指導をさせていただいた人の
経験値も加えてかなり内容の濃いものになっています。

明日、その第一弾をJISさんより
ご案内しますので、楽しみにしていてください。


バイナリー・オプションが勝ちにくい理由

2016.10.25
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

これからお伝えする内容は
超有料級だと思います。

トレードといえば、株式トレードとFXがありますが、
最近はバイナリー・オプションというものを
やっている人もいるようです。

断言しますが、
バイナリー・オプションで勝つことができるなら、
FXをやったほうがいいです。

バイナリー・オプションで勝てるなら
株式トレードで勝つのは楽勝なはずです。

なぜか?

バイナリー・オプション(略してBO)を知らない
という方もいると思いますので簡単に説明します。
(知らなくていいのですが)

BOというのは、例えばこんな感じです。

・為替が取り引き対象(FXと同じ)
・15分後に上がるか下がるかの2択に資金をかける
・予測が的中したら資金が2倍になり、外れたらゼロになる

わかりますか?

株式トレードやFXとの違いは、

・エントリーしかない(エグジットは時間が来たら自動的)
・リターン率が高い(1万円かけて2万円にすることが狙える)

ということです。

これを見て、

「あれ?めちゃめちゃ簡単じゃない?しかも利率めっちゃ高いじゃん!」

と思ってしまった方、カモにされるタイプの人です。
このメルマガを読んでいて運がいいと思います。

投資というのはリターン率も大事ですが、
まず勝つ見込みがどのくらいあるかを
考えなければなりません。

投資においては、勝算の薄い勝負はするべきではない。
これは鉄則です。

勝算の薄い勝負はギャンブルや遊びとしてやってください。
今は、真剣にトレードを投資として捉えている人向けに書きます。

バイナリー・オプションは勝つ見込みがとても低いのです。

なぜか、わかりますか?

真剣に投資をしたい人は、
ちょっと自分で考えてから以下を読んでください。

・・・

なぜ勝ちにくいかわかりましたか?

答えは、エグジットのタイミングを選択できないからです。

こう言うと、

「えー、株とかFXではいつもエグジットの決断ができなくて
薄利になったり損が膨らんだりするから、
エグジットのタイミングが自動なのはとてもいいと思うんですけれど・・・」

と思う人が必ずいます。

そういう人は自分の胸に手を当てて考えてみてください。

責任を偶然のせいにしたいだけじゃないですか?

エグジットのタイミングが自動というのは、
言い方を変えるとエグジットのタイミングを選べないということです。

ビジネスで言うと、3年以内にいくら利益を出さなければ倒産!
と決められているようなものです。

あと半年あれば目標利益になる可能性のものは
すべて「負け」と判定されます。

極端に言うと、
あと1日で目標利益になるはずのビジネスも
「負け」判定です。

もっと言うと、1日前まで達成していたのに
その日に利益が下がってしまったものも「負け」判定です。

投資に限らず、この世のすべてのものには
ライフサイクルというものがあります。

栄枯盛衰、諸行無常という言葉もある通りで、
なんでもずっとうまくいくということはないのです。

それと同様に、ずっと悪いということも少ない。

未来の予測精度が100%でないのに
投資で9割程度の勝率を出すことができるのは、

エントリーとエグジットのタイミングを
両方選ぶことができるからに他なりません。

それが、エグジットのタイミングを制限されているとなると
予想を的中させるのは一気に難しくなります。

コントロール権が半分失われる中で勝つことは難しいのです。

まず、エントリー時点で流れを読む、
そして保有中にも流れを読んで
最適なタイミングでエグジットする。

だから勝ちやすい。

利益の出ているときにエグジットすれば必ず勝てます。

一時的にマイナスになることは想定しつつ、
それでもプラスになる瞬間が来る可能性の高いときにエントリーするのです。

エントリーして、一度も評価損にならずに
勝つ方法があるならBOもいいでしょう。

しかし、そんな方法は私の知る限りありません。

私も、評価損の時期を経験しながら、
虎視眈々と利益が伸びるのを待ち、”想定通り”勝ちます。

バイナリー・オプションは、
買った時の利益率は高い(160%~200%)ですが、
負けたときはマイナス100%
だということを理解しておいてください。

自分のコントロールできる範囲を敢えて狭めたい人は、
いっそのこと投資信託でいいんじゃないでしょうか。

ただし、投資信託は100%委ねますから、
わかると思いますがもっと勝ちにくいです。

質問・疑問もどうぞ。

あなたが勝てるようになりますように。

GOOD TRADE!!

Mr.K