カテゴリー別アーカイブ: 成功法則

移動平均線の罠

2017.07.18
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
トレードの上達には、いくつかの段階があるように思います。
 
レベル1:なんとなく売買
レベル2:特定のルール売買
レベル3:確率論での売買
レベル4:フェーズを分けた高勝率売買

 
レベルが上がっていくにしたがって、
 
トレードというものの本質が見えていきます。
 
レベル4まで来ると
もうトレードにリスクを感じなくなっていきます。
 
では、どうやってレベルを上げるのかですが、
 
レベル2からレベル3に上がるのが第一関門だと思います。
 
そのときにネックになるのが、
 
移動平均線などのインジケータ神話からの脱却です。
 
 
どうして、トレードではインジケータを表示する人がこんなにも多いのでしょうか?
 
 
特に、移動平均線を使うことは、もはやトレードの基本みたいになっています。
 
世の中の本や教材のほとんどが
 
移動平均線を薦めているので、
 
当然と言えば当然かもしれませんが、
 
 
あなたは、移動平均線なしのローソク足だけで
 
チャートを見たことがありますか?
 
移動平均線、本当に必要ですか?
 
 
インジケータだらけのチャートを見てトレードをしている人で
 
継続して大きく勝ち続けている人を見たことがありません。

 
 
移動平均線(代表して)の必要性を、
 
本当に理解していますか?
 
 
ちなみに、私は、ローソク足しか使っていません。
 
でも、エントリーポイントもエグジットポイントも
 
非常に明確にわかります。
 
 
私も最初は、言われたままに移動平均線を見ていました。
 
でも、あるとき、
 
「これが機能するというのは、気のせいではないか?」
 
と思い、
 
思い切って、移動平均線を消してみました。
 
 
すると、、、
 
 
なくてもできたんですね。
 
というか、移動平均線をわざわざ表示しなくても、
 
どの辺に短期移動平均線があって、
 
どの辺に長期移動平均線があって、
 
この辺でゴールデンクロスしているな、
 
なんてことは、普通にわかります。
 
 
紙面の都合上、詳しくは書きませんが、
 
特定のインジケータサインだけを使うと、
 
必ず期待値が0になります。
 
 
当てはまるときがあれば、
 
当てはまらないときが必ずあります。
 
 
インジケータというのは、
 
使うときと、使わないときを
 
使い分けないといけないのです。

 
 
理想的なエントリーポイントは、
 
ほとんどが、ゴールデンクロスかデッドクロスしています。
 
 
しかし、その逆は成り立ちません。
 
ゴールデンクロスかデッドクロスをしていても、
 
まったく理想的なエントリーポイントではない、
 
むしろ、絶対にエントリーすべきでない
 
そういうポイントが半分あります。
 
 
この事実に、一定年数トレード経験を積んだ人は気づきます。
 
なんだ、うまくいく指標なんかないじゃないか。
 
 
ということですね。
 
 
その通りです。
 
 
で、その後が分かれ道です。
 
だったら、どうするのか?
 
色んなインジケータをどれだけ組み合わせても、
 
結局同じです。
 
 
そう、インジケータではない判断材料が必要です。
 
問題は、いつインジケータを使うのかということですから。
 
その判断材料が何かというと、、、
 
 
ファンダメンタルズ情報です。
 
 
ただ、安心してください。
 
ここで言うファンダメンタルズ情報というのは、
 
必ずしも業績やニュースや為替のことを言いません。
 
もちろん、使える人は使えばいいですが、
 
私はファンダメンタルズ情報を
 
ローソク足だけから得ています。
 
 
 
あなたも、ローソク足のみの表示にして、
 
チャートを眺めてみてください。
 
 
何か気づきがあるはずです。
 
意味深な終わり方になりますが、
 
常識を疑う心を持つことは大切
 
ということだけでも心に残ってもらえれば嬉しいです。
 
続きはまた別の機会に。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部より>
※緊急募集
なぜ、同じように株の本や
教材を買って勉強していて、
同じくらいのトレード環境を持っていても、
稼ぐ人がいる一方で、
収入が増えないが人いるのか?

http://japan-i-school.jp/jim/170725_mrk/


あなたの投資行動を支配するもの

2017.06.27
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

トレードを始めて少し期間が経つと、

多くの人が自分自身の投資行動にイライラし始めます。

「なぜ私は、ロスカットを遅らせてしまったんだ・・・」
「どうして、利益を伸ばさずに利益確定をしてしまったんだ・・・」

誰に指示をされたわけでもなく、

自分自身で“自由に”売買を判断しているはずなのに

売買が“自由にできない”もどかしさを感じ始めるのです。

そして、“自由に”決められるはずだという思い込みが、

「次回こそは正しい行動をするぞ」という意気込みを生むのですが

実際は見えない圧力になかなか勝てずに、

情けない売買行動を繰り返す負のループにハマっていきます。

諸悪の根源は、何でしょうか?

そう、あなた自身の投資行動が“自由である”と勘違いしていることですね。

実は、あなたの行動は、あるものに支配されているのです。

あなたの投資行動を支配するもの、それは、、、

・・・

【マインドセット】です。

別の言葉で言うと、

【常識】とか
【基準値】とか
【これが正しいというイメージ】とも表現できます。

例えば、

トレードと同じように

「思った通りに行動できない」

感じやすいものとしては、

・早起き
・英会話
・ダイエット

これらに挑戦して何度も同じような“敗退”を味わっている人は少なくないはずです。

思い通りに行動できないのはなぜでしょうか。

できている人とできない人の違いはなんでしょうか。

テクニックの問題でしょうか?

手法の問題でしょうか?

教え方の問題でしょうか?

いいえ、もっと根本的なことが課題だと、うすうす気づいているはずです。

「やる気の問題」

そう、やる気の問題、覚悟の問題、意識の問題です。

どうしても早く起きなければならない状況になれば、どんな人も早く起きるし、

どうしても話せるようにならなければ生きていけない状況になれば、英語は話せるようになるし、

どうしても痩せなければならない状況になれば、有無を言わさず痩せるのです

もはや、テクニックや手法の問題ではありません。

いや、ちょっと語弊がありますね。

・早く起きるためのコツ
・英語を話せるようになるための学習のコツ
・うまく痩せるコツ

は存在しますし、必要ですが、

意識が変わるのが先で、手法を使うのは後ということです。

覚悟が決まっていれば、

ある程度どんな方法でも目的を達成できますが、

覚悟が決まっていなければ、

どんなに素晴らしいテクニックを知ったところで宝の持ち腐れです。

こんなことを言うと、

「いいえ、そんなことはありません。」

「私は本気で早起きがしたいと思って、
 短眠の方法や、眠りの質を高める方法や、目覚ましの種類など、
 毎回真剣に探してきました。」

という人がいるかもしれません。

しかし、はっきり言ってナメているのです。

◯◯を実行すれば、
・時間通りに自然と目が覚める
・一切の眠気を感じずにパッチリ目が覚める
・早く起きるのがラクラク楽しくなる

そんな方法を探し求めているのではないでしょうか?

そんなもの、ないと思いますよ。

早起きを続けている人に直接聞いてみましょう。

毎日、どんな思いで起きているか
どんな感覚で毎日起きるのか
なぜ、早く起きるようになったのか

その現実を、本当にあなたは知っていますか?

◯◯すれば、ラクラク楽しく起きれちゃう!

そんなものを探して色々な方法を実行していたら、

思い通りにいかない、という風になって当然です。

それは、【思い】が間違っています

だから思い通りいかなくて当然。

では、現実にできている人は、どんな【思い】で行動しているのか?

それが大事。

それを知ることこそが大事。

そう思いませんか?

それを、【マインドセット】と呼びます。

トレードも同じです。

勝てない人、手法探しを永遠に繰り返す人というのは、

追い求めるべき方向性が(おそらく)誤っています。

ぜひ、本当に勝っている人から、現実を聞いてください

あなたの意識が変わり、一気に成功に近づきます。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
先週からお届けしてきた
期間限定公開のマインドセット音声が
聴けるのは今週までです。

http://japan-i-school.jp/jim/mrk_simple_success5/

さらに私からの特別な案内もあります。
いますぐご確認ください。

http://japan-i-school.jp/jim/mrk_simple_success5/


【必見】変化したい人の登竜門とは

2017.06.20
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

あなたは、今の自分に満足していますか?

もしも、

「いいや、満足していないんだ。

一度の人生、もっと夢もあるし、
やってみたいこともあるんだ。

でも、

でも、、、時間がないんだ。
目の前のやることで手一杯なんだ、、、。」

という状態であれば、

今回の話は、あなたの人生を変えるきっかけになるでしょう。

この話は、私の人生も変えてくれました。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

とても大切なことを教えてくれます。

私なりの解釈も加えてお話します。

これは、ある木こりのお話です。

・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
森の中に、懸命に働く木こりがいました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたは、旅人です。

村から出て、新しい街へ向かっています。

ところが、途中、森を通り抜けるときに、道に迷ってしまいました。

困っていると、遠くから何やら音がします。

ザクッ、ザクッ、、、

近づいてみると、一人の木こりが、一生懸命に木を切っていました。

思いっきり斧を振り上げて、

力の限り、斧を振り下ろして木を切っています。

ザクッ、ザクッ、、、

あなたは、道を聞こうと思って木こりに話しかけました。

「すみません、ちょっと道を伺いたいのですが・・・」

すると、木こりは、

「今、忙しいんだ、あとにしてくれないか。」

と言って、全然話を聞いてくれません。

木こりはあまりに一生懸命に木を切っていましたし、

あなたも歩き疲れていたので、仕方なく少しの間見守ることにしました。

ザクッ、ザクッ、、、

(大変そうだな・・・)

そう思って見ていたあなたは、あることに気づきました。

全然木が切れていないのです。

よく見ると、木こりの斧はボロボロに刃が欠けていたのです。

(あんなんじゃ、いくら切っても切れっこないじゃないか・・・)

あなたは、木こりに教えてあげました。

「あの~、刃がボロボロになっていますよ。
まずは、斧を研いだらいかがですか?」

すると、木こりはこう答えました。

「悪いが、そんな暇はないんだ。
急いでこの木を切らないとならないからね。」

あなたはもう一度教えてあげました。

「村に行って、斧を研いでもらってからの方が早いと思いますよ。
先に斧を研げば、これからもっと早く木が切れますよ。」

しかし、木こりはこう言いました。

「村に行ったら、今日はこれ以上木が切れないじゃないか。
毎日一本、木を切らないといけないんだ。
今日はこの斧でもなんとか一本は切れるさ。」

そう言うと、木こりはまた、勢いよく斧を振り上げて木を切り続けました。

ザクッ、ザクッ、、、

ザクッ、、、

いかがでしたでしょうか?

何か新しいことを始めるとき、すべての人が

「時間がない」

という問題に直面します。

・そんなに暇じゃない
・仕事があるからね
・家事もあるし、家族もいるし
・近所付き合いにも意外と時間がかかるんですよ
・深夜まで残業があって

多くの人が「自分は忙しい」と言います。

いいえ、自分だけ忙しいとさえ思っています

しかし、みんな忙しいです。

だって、昨日までの人生、1秒も残さずに使い切ってきていますから。

今の自分があるのは、過去の自分が、現在に繋がる時間の使い方をしてきた「おかげ」です。

昨日までの時間の使い方が、あなたの今日をつくっています。

今日と同じ明日を迎えるためには、昨日と同じ今日を過ごさなければなりません。

今のあなたの時間の使い方は、今のあなたを維持するために必要不可欠です。

しかし、

あなたが変化を望むなら、

「忙しい」「時間がない」という言い訳だけは、絶対に言ってはならないのです。

今の日常を維持するために必要な「忙しさ」など、未来のあなたには必要ありません。

一時的に、木を伐るのを止め、斧を研ぐ時間をつくらなければ、ならないのです。

未来のあなたにとっては、目の前の木を伐ることよりも、斧を研ぐ時間こそが必要です。

人は、習慣の生き物です。

今と同じ未来のために必要なことは、今とは違う未来のためにも必要でしょうか?

目の前の木を切らなければ、今日のノルマは達成できないでしょう。

しかし、それは一時的なことです。

目的は、木を切り終わること、より早く木を伐ることであって、今日のノルマを達成することではありません。

あなたは、斧を研ぐ木こりですか?

「仕事が忙しくて、トレードになかなか時間が割けないんですよ。」
「なんとか、短時間で簡単に稼げないものでしょうか。」
「投資するお金がないのです。」

それは、みんな一緒だと思います。

私も同じでした。

それでも、斧を研いだからこそ、今があります。

何かの気づきになりますように。

GOOD TRADE!!

Mr.K

追伸、
あなたの現状を変えるために必要なことは
実はとてもシンプルです。

なかなか株式トレードで結果が出せていない人は
いますぐチェックしてください。

http://japan-i-school.jp/jim/mrk_simple_success/


シンプルな成功の法則

2017.05.16
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、
 

おはようございます。Mr.Kです。

今日は、ちょっと変わった話をします。

人生、うまくいっている人とそうでない人はなぜ現われるんだろう?

ということを一緒に考えていきたいなと思います。

 

ここ最近は、暴落したかと思ったら急騰して、

上値を抜けるのか、やっぱり下落するのか・・・

なんて、すごくハラハラしていると思いますので

トレードで勝てている人にも、
残念ながら勝てていない人にも、

どちらにもお役に立てる話を今日は書きます。

 

私は常に

人間の能力には個人差はあまりない

と思って世の中を見るようにしています。

そう、あなたも、あなたの尊敬するあの人も、

人間としての能力はほとんど同じだと考えます。

 

まあ、よくある話で、世界で一番足が速い人だって

50メートルを助走なしで走ったら5秒台でしょう。

でも、大人の男性が死ぬ気で走れば10秒以内では走れます。

つまり、一般大衆と世界一は、2倍も変わらないんです。

 

では、何が大きな違いを作っているのか?

 

人間の違いで一番わかりやすいのは、持っている資産の大きさですね。

ソフトバンクの孫さんは、時給が2億円だそうです。

あなたの時給はいくらでしょうか?

私が会社員時代で時給2000円~4000円でしたから、

孫さんの10万分の1ですね。

なんで、個人の能力が2倍も違わないのに(ここは前提なので変えません)、

孫さんは私の10万倍の時給なのでしょうか?

 

なぜ?

そんなこと、どうでもいい

目の前の生活が楽しければいい

孫さんと私は違う・・・

そう思うのは簡単なのですが、

まあまあ、ちょっとだけお付き合いください。

 

なぜ、同じ人間で10万倍の差が生まれているのでしょうか?

私は、人間に差をつくる要因は、大きく2つあると思っています。

 

1つ目は、フォーカスです。

フォーカス、つまり集中ですね。

これは、集中力というより「他のことをやらない力」と言ったほうが正確かもしれません。

 

人間の力は、反復と継続によって何倍にもなるということに気づいていますか?

例えば、キャベツの千切りを人生で初めてやってできる人はいないと思います。

ここで、みんなできないというのが、能力が大差ないということの一つの表れですね。

ところが、

逆に、1000回練習したら、今度は、うまくできない人の方がいなくなるでしょう。

料理をよくしている人で、

「私、どうしても千切りができないの」

と悩みに悩んでいる人に会ったことがありますか?

つまり、嫌でもできるようになってしまうということです。

 

これが反復と継続の力。

どんなスーパーマンでもできなかったことを、凡人が反復して継続するとできてしまう。

ロマンがありますね。

問題は、反復や継続をする人が圧倒的に少ないということであって、

それにはコツがあるのですが、今回は割愛します。

 

人間に差をつくる要因の2つめは、他力を使えているかです。

どれだけフォーカスしてみても、自分の時間は1日24時間しかないので、

どうしても、どうあがいても不可能なことがあります。

しかし、自分以外の人の時間を自分の成果に結びつけることができると、

一人でも到底できなかったことが実現したりします。

 

例えば、お店の宣伝をするのに、自分だけでチラシを配るより、

10人に依頼して、その10人が10人に依頼して、合計で100人でチラシを配ると、

自分1人ではぜっったいに不可能な速度で宣伝や集客をすることが簡単にできてしまいます。

これが、OTPと言って、Other People’s Timeの略ですが、

これを使うことができるとレバレッジを効かせて突き抜けた成果を出すことができますね。

 

以上、フォーカスと他力(OTP)

この2つの原理によって人の差は何倍にもついていきます。

両方使っているのが孫さんですね。

あなたは、どちらかを使えていますか?

 

トレードの技術向上も実は同じです。

フォーカスというのは、

トレードを習得したいなら他のことを辞めて時間を開けられるかが重要になるということです。

トレードを頑張ります!という意気込みは、みんなが持っています。

違いが出るのは、トレード「以外」のことをどれだけ辞められるか。

 

そして、トレードでの他力(OTP)というのは、

既にできている人から効率的に学べているか、ということです。

例えば、私の使ってきた数千時間は、私から学べば拝借することができます。

できる人から学ぶということは、時間のショートカットです。

もちろん、お金はかかりますが、時間はショートカットできますね。

ショートカットしなければ、少なくとも数千時間の時間はかかります。

(人間の能力は大して変わらないと考えているので、同じだけかかると思います)

 

フォーカスと他力(OTP)

これをうまく使えれば、

あ、あとは、ビジネスならタイミングも重要ですね。

同じことをするのに、1年タイミングがずれるとまったく成果が変わったりします。

 

最後に増えてしまいましたが笑、

1.フォーカスの力
2.他力(OTP)の利用
3.タイミング

これが揃った人が成果を出しているにすぎません。

 

別に、成果を出している人がすごいわけではなく、

もしも、あなたが成果が出ていなかったとして、あなたが劣っているわけでもなく、

単に、3つのポイントをどれだけ押さえて行動しているか、だけです。

 

シンプルに考える。

要は、能力ではなく、やり方の問題と考えれば、なんだかスッキリしませんか?

自分の可能性を感じられませんか?

自分の可能性を信じている人は、遅かれ早かれ成功していくと思います。

 

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
毎回、全国からご参加いただいておりますが、
 
あともう数名だけ、残り枠があるようです。

手法探しや、毎回ハラハラドキドキする
トレードから本気で卒業したい人だけ、
参加してください。

http://j-i-s.info/j-i-s/170519_seminar/


【NGを知ろう】精神戦で勝てると思うな!

2017.02.21
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
前回のメルマガが大好評だったため、
 
これから、やってはいけないトレードについて
書いていこうと思います。
 
【NGを知ろう】というタイトルをつけますので、
しっかりと頭に入れてください。
 
今日のトピックは、
 
『精神戦で勝てると思うな!』
 
です。
 
勝てない人の口癖のひとつに、
次のようなものがあります。
 
 
「次からは、しっかりと待って利益を伸ばします」
 
「気持ちを強く持って、含み損でも待てるようになります」
 
「マインド(精神)の大切さがわかりました!」
 
 
一見、正しそうな言葉ですが、
 
実は、この発言が出て来るということは、
残念ながら、この人は勝つことができません。
 
なぜか?
 
それは、精神力に原因を求めているから、です。
 
別の例をあげるとわかりやすいと思います。
 
次のようなことを聞いたことがありませんか?
 
 
『好きこそものの上手なれ』
 
『一流の人は、頑張っているのではなく、
好きでやっているだけだ』
 
 
この言葉の意味を深く理解できている人は、
非常に少ないです。
 
”上達したかったら、好きになることが早道だ”
 
という程度に捉えている人が多いのではないでしょうか。
 
そうではありません。
 
”人間は、我慢してやり続けることは絶対にできない”
 
という風に理解すべきです。
 
非常に重要なマインドセットをお伝えします。
 
書いてください!
 
 
『人は誰しも、
自分の利益になることしか、することができない』
 
 
この原則には、例外は存在しません。
 
人が行動する理由は2つです。
 
①快楽が得られるから
②痛みを避けたいから
 
以上のどちから一方、
もしくは両方が揃った方向に行動します。
 
そういう風にプログラムされているのです。
 
そして、①も②も、
自分の利益になるという点で
共通しています。
 
この原則から外れた行動が思いつく方は、
ぜひ教えてください。
 
利益というのは、金銭的なものだけではありません。
 
自分の名誉を守るため、
自尊心を守るため、
愛情を得るため、
空腹を満たすため、、、
 
様々な利益(=メリット)のために、
人は行動します。
 
まったく何もメリットがないことは、人は絶対にしません。
 
ここまでよろしいでしょうか?
 
 
であれば、トレードだけ例外のはずはありませんよね?
 
含み益があって、それを利益確定させたい!
という思いでエグジットしたのでしょう。
 
なぜなら、放っておいてみすみす利益が
目減りするのは嫌だからですよね?
 
まさに、快楽と痛みが理由になっています。
 
非常に合理的な判断と行動です。
 
しかし、あとからチャートを見ると、
そのときに多少の利益減少を我慢して
待っていれば、利益が増えたことがわかった。
 
ああ、あの判断は間違っていた。。。
ちくしょー!!!
 
ということでしょう。
 
そうして、
 
「次は、しっかり待ちます!」
 
となるわけです。
 
ちょっと考えたらわかることです。
 
”待てるわけがありません”
 
同じ状況になったら、やっぱり待てないのです。
 
毎回チャートは形が違うわけですし、
 
後から考えたら・・・という情報がないのに、

わざわざ損になる行動が取れるはずがありません。
 
このことをしっかり理解してください。
 
ここでいったん読むのを止めて、
もう一度最初から読み直してください。
 
そのくらい、とても重要な話をしています。
 
 
 
ならば、どうすればよいのか?
 
 
 
答えは、、、
 
 
「利益が減ることがメリットになるような
仕組みをつくること」

 
 
です。
 
そう、イチローが好きで野球を続けているように、
 
我慢ではなく、
自分のためになるようにしてしまえばよいのです。
 
というか、それしか方法はありません。
 
私はそうしています。
 
だから、無理せずに勝つことができるのです。 
 
ぜんぜん頑張っていませんし、嫌なことはしていません。
 
我慢もしていなければ、精神力も関係ないと思っています。
 
 
このハードルこそが、
おそらく皆さんにとっての一番高い壁です。
 
含み益を抱えること、利益を目減りさせることが、

何の疑問もなく自分自身のメリットだと
深く深く深く理解すること、無理なくそう感じられること
 
その域に達することが必要です。
 
この意味は、セミナーに来ていただいた方は
わかると思います。
 
だんだん面白くなってきましたよね?
 
続きを書くかどうかは、いただいたコメントを見て決めますので、
ぜひコメントをお願いします。
 
続きは(おそらく)また次回。
 
(注)私の重視するのは、マインドですが、
断じて精神力のことではありません。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


トレードは『減点方式』の方が成功する!?

2017.02.14
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日の内容はスペシャルです。

上場企業をコンサルティングし続けている
日本屈指の経営コンサルタントの方から直々に教えていただいた

「ザ・成功の秘訣」です。

本来、無料メルマガで書いてよい内容ではありませんが、

おそらく全員がこの先を読み進めるわけではないと思うので

大丈夫だろうと思って書いてしまいます。

成功する秘訣は、実は、成功方法を学ぶこととは逆だったのです。

多くの人が、成功するためには
成功者の話を聞いたらいいだろうと勘違いし、
セミナーに行きまくったり、本を読みまくったりしますが、

実はそれらの行為は、あまり成功に近づいていません。

えっ!って感じですよね。

私も最初聞いたときは驚愕しましたが、
なるほど、とすごく納得しました。

準備はよろしいでしょうか?

それでは、究極の成功の秘訣をお話しします。

このことにこのタイミングで気づけることは、
恐らく一生の宝になると思います。

もちろん、トレードを習得するうえでも、
大変大きな指針になることを約束します。

多くの人は、何かで成功したいと思うと、
成功する方法について勉強します。

成功している人に会いまくってエピソードを聞いたり、

成功している人が書いた本を読みまくって要素を列挙したり、

成功哲学を頭から最後まで勉強したりします。

しかし、それらの行為そのものが実は、あなたを成功から遠ざけていたのです。

非常に重要なマインドセットがあります。

書いてください!

『成功のカタチは千差万別だが、
やってはいけないことは意見が一致する』

もうピンと来た方もいると思います。

わかりやすくするために、
ここからはトレードについて話しましょう。

トレードで勝っている人にその手法を聞いていくと、色んな方法が見つかります。

テクニカル分析だけのプロトレーダーがいたかと思えば、

ファンダメンタルズ分析だけのプロトレーダーもいます。

東証一部大型銘柄で大きな利益をあげている人がいたかと思えば、

JASDAQなとの仕手株で大きく稼いでいる人もいます。

わかりますか?

◎◎したほうがいい!という意見は、
基本的に一致しないのです。

成功のカタチは、たくさんあるのです。

業績をチェックした方がいいよ!という人もいますし、

業績やニュースは本当に見ない方がいい!という人もいます。

◎◎したほうがいい、ということばっかりを聞きまくっていたら、

いったい何をすれば”いい”のか答えはでません。

でも、やってはいけないことは、
すべてではありませんがほとんど意見が一致します。

「負けても、それを取り返そうと思ってはいけないよ!」

「感情的になってはいけないよ!」

「スイングトレードだったら、ザラ場は見てはいけないよ!」

「小さな額で勝てないのに大きな額を入れてはいけないよ!」

これは、ニュースは見ないほうがいい、というのとは意味が違います。

~しないほうがいい、というレベルの話(つまり、例外がある)と、

~してはいけない(絶対)ということは意味が異なります。

ここすごく重要です。

成功のカタチが千差万別なら、
あなたのスタイルはどんなカタチなのかを見出す必要があります。

そのためには、数多ある成功のスタイルを片っ端から試すことよりも、

やってみた結果を成功している人に話し、
いけないところについてアドバイスをもらう方が断然早いのです。

この違い、わかりますでしょうか?

あなたに合った投資手法は、あなたの性格にも行動パターンにもよると思います。

ですが、やってはいけないことをすべてやらないことができたなら、

極論、あなたが今やっている方法で勝てるようになるわけです。

つまり、減点方式で考えて、ダメなところを潰していくイメージです。

かなり抽象的な感じになっていますが、
伝わる人には伝わって鳥肌が立っていると思います。

あなたは、勝つ方法を探し当てる前に、
まず、負ける理由を知る必要があるということです。

負ける行為を特定し、その行為をすべてやらないことを徹底できたなら、勝てるようになります。

逆転の発想です。

実はこの発想、私がブレイクスルーを起こしたときに持っていた発想です。

あなたは、自分がいったい何故負けるか、
その理由をしっかりと理路整然と説明できますでしょうか?

もしもまだ負ける理由がしっかりと説明できないのであれば、
私はあなたのお役に立てます。

トレードで負ける理由は、実は、FXでも株でもデイトレでもスイングでも、全部共通なのです!

それが何なのか・・・

ご興味おありの方は、いつかお話したいと思います。

ヒントだけ与えた感じになってしまいましたが、
長くなってきたので今日はこの辺りにします。

GOOD TRADE!!

Mr.K