カテゴリー別アーカイブ: 成功法則

【私のリラックス法、3つのステップ】

2017.11.09
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

意外に思われますが、
私は緊張するタイプです。

これは誰に話しても「え〜っ」と
いわれてしまいですが、本当なんです。

人数に関係なく人前で話す時は
けっこう緊張します、、、(汗)
心臓がドキドキするぐらいです。

人は緊張すると、
相手にもそれが伝わって
緊張を与えることになったり、

自分自身の声が震えたり、
ドキドキと動悸がして
集中出来なかったりします。

セミナー講師として、
冒頭から声が震えたりしたら
もう終わったも同然です。

震えるだけならまだしも、声が裏返って
美しいファルセットにでもなったら、
かっこ悪くて表も歩けなくなってしまう、、、

人は緊張してはいけないと
思えば思うほど、緊張するらしいです。

プロ野球のピッチャーが、
「あのバッターはインコースが得意だから、
インコースには絶対投げるなよ、
インコースには投げるなよ!

いいか、インコースには絶対に、
絶対に、絶対に投げるなよ!!!」と言われると、
インコースに投げてしまうのと同じです。

確かに、自分に
緊張するなよ、緊張するなよ、と
言えば言うほど、緊張の度合いが
高まっていくように思えます。

ところが、
この方法を教えてもらってからは
ほぼ緊張しなくなりました。

3年ほど前に大森健巳さんの
「ハイパーボイス・セミナー」に
参加した時に教えてもらった方法です。

どんな方法かというと、

まず第1ステップ、

自分が一番
リラックスしているときはいつか?

どこにいて、何をしてるときが
一番リラックスしているか?

この情景を思い起こします。

私の場合、自宅のリビングで
大好きな テレビを見ているときが
一番リラックスしていいます。

ビールから 焼酎に進んで、
撮りだめした録画を観ているのが
一番落ち着くんです。

第2ステップ、

そのリラックスした状態を
その場で再現します。

目を閉じて、あたかも今
リビングでテレビを観ていて、
リラックスしきっていて、

お気に入りのテレビ番組を観ながら、
ケラケラ笑っている状態を、
体に再現するのです。

そして、一番リラックスしている部分、
つまりお腹からプ〜〜っと
リラックス空気が出て、
体全体を覆っていくのを イメージします。

これは意外と簡単!

最後に第3ステップ、

自分に念じてみます。

どんな風に念じるのかは人によりますが、
いろいろと検証した結果、

私が下記の言葉が
一番適しているみたいです。

「私は人々に、
 安心を与えるためにやってきました。」

「私は人々に、
 安心を与えるためにやってきました。」

「私は人々に、
  安心を与えるためにやってきました。」

と、3回心の中で念じるのです。

以上!

出番前にこれで、
いつもリラックスしている自分を
ステージの上で再現できるんです。

人によって緊張の度合いや
シチュエーションは違うと思いますが、
ぜひ一度、お試しあれ!

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
過去、参加者から高い満足度を
獲得しているセミナーを再開催!

高利益率のトレード戦略を
現役のプロがお伝えします。

ノウハウ探しに疲れた方は、
今すぐこちらをチェックして下さい。
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_171118/


トレードで年金が半分以下になってしまいました

2017.10.24
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
トレードの調子はいかがでしょうか?
 
日経平均株価が急騰していたり
為替では急速に円安になっていたり
 
相場というのは、ことごとく
大衆の予想を裏切って動いていくものだ
と感じている人も多いのではないでしょうか
 
いつも予想と反対に動くのに、
逆に張ったときに限って予想通りに動いたり、、、
 
トレードの難しい部分のひとつは、
 
勝ったとしても負けたとしても
「正しい」トレードだったのか
偶然だったのかがわからないことですね
 
さて、そんな「不確実性の高い」トレードの中でも
明らかに間違っていることがいくつか存在します。
 
そのひとつが、多くの方の資金管理戦略です。
 
「上がるか下がるかの2択なのに、
 なぜこんなにも負ける人が多いのか?」

 
この命題は、私のトレード理論の根幹にあるものです。
 
勝っている人と負けている人が半々なのであれば
それはそれで話が単純なのですが、
 
なんと9割の人が負け越していると言われています。
 
負ける再現性があまりに高いとは思いませんか?
 
9割というのは、偶然ではありませんから、
負ける原理というのが明確に存在しているわけです。
 
そして、いくつかある、
その負ける原理のうちのひとつが、
資金管理戦略が無謀すぎるということなのです。
 
例えるなら、
 
あなたがもし、海外のカジノに行って
1回の取引に持ち金すべてをつっこんでいる男性を
見かけたとしたら、

あなたはどう思いますか? 
 
「馬鹿な人だな、資金を失うのが目に見えている・・・」
 
と思いますよね。
 
もしもその男性が賭けに負けて
全資産を失い、
あなたのところに泣きついて、
 
「今回の私の戦略は何が悪かったのでしょうか!
 カジノの戦略について、これまで長い時間研究してきました。
 でも、どうしてもいつも資産がなくなってしまうのです・・・」
 
と泣きながら相談されたら、
あなたは、何と言葉を返しますか?
 
・・・
 
「それは、ですね、、、
 たぶん、1回の勝負にお金を賭けすぎなんじゃないでしょうか」

 
と、言葉のうえではなるべく柔らかい口調で、
しかし心の中では「当たり前じゃないか!」と
思わず叫びたくなると思います。
 
でも、
 
残念ながら、9割の人のトレードは
この男性と同じ状況なのです。
 
人間というのは、自分の行動が少し遠い未来に
どう影響を及ぼしているかということは
感じにくい脳の構造をしているのです。

今の自分の行動が自分の未来にどう影響しているのか?

 
もしこれが明確に感じられたなら、
もっと成果や結果を出す人が多いはずです。
 
でも、目先の欲にとらわれてしまう人が多い。
これはおそらく、人間である以上仕方がないことなのだと思います。
 
しかし、
 
トレードにおいては、仕方がないでは済みません。
 
「トレードで、まとめて貰った年金が半分になってしまいました。
 この先どうやって生きていけばいいかと途方に暮れています」
 
立場上、私にはこういうメールが直接送られてきます。
 
・トレードで1億円負けてしまいました
・塩漬け株が数百万円あります
・退職金がほとんどなくなってしまいました
 
本当にこういうメールを、たくさん受け取っています。
 
あなたが想像している以上に、
多くの人が、トレードで資金をなくして
深刻な状況に陥っているのです
 
そして、紛れもなく、全員に共通しているのは
 
資金管理の戦略が正しければ、
万にひとつもこんな状況にはならなかった

ということです。
 
1回1回のトレードで負けたり、
何回か連敗する、というようなことは、
運が悪ければ起こりえます
 
しかし、資金の大半を失うという事態は、
資金管理の考え方を知ってさえいれば、
それだけで確実に回避できることなのです
 
時代の流れか、トレード人口はどんどん増えています
年齢層も高くなっていると感じます
ですから、資産防衛の重要性が増していると思っています
 
挑戦したことで失敗することは、
私は素晴らしいことだと思います。
 
挑戦しない人に失敗は訪れないし、
失敗だけが本当の成長を生むと信じています
 
ですから、どんどん失敗して
失敗のたびに新たな学びを得て前進し
結果として大きな成功を掴めばいいと思います
 
しかし、そのためには
成功するまで挑戦を続けられることが大前提です!

 
資産を飛ばしたりなどという事態になったら
絶対にいけないのです。
 
お願いですから、
せっかく挑戦したトレードで
挑戦したことを後悔するようなことには
絶対にならないでいただきたいです。
 
勝たせる以上に重要なことは、
負けなくすることだと感じています。
 
継続さえできれば、成功の可能性は残されています
 
9割の人が負けているのは、
たくさんの方が、後悔してしまうのは
資金管理を知らないからです。
 
知っているか知らないか
ただそれだけの違いですから、
 
私からの痛切な願いとして、
一度でいいので資金管理に興味を持ってください。
 
トレードの理論は千差万別ですが、
資金管理理論は、すでに世界共通の答えが発見されています。
ですから、一度学べばそれで大丈夫です。
 
日経平均株価が史上初の連騰なんていうことは、
本当にどうでもいいです。
 
一人でも多くの方に、
メッセージが届くことを願っています。
  

GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

P.S.
すでにトレードをしている人にも、
これから始めるという人にも、
必ず役に立ててもらえるはずです。

最後の開催ですので、
今日の記事に共感してもらえたなら
こちらもご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar171031/


トレードは○○方式の方が成功する!?

2017.10.17
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日の内容はスペシャルです。

上場企業をコンサルティングし続けている
日本屈指の経営コンサルタントの方から直々に教えていただいた

「ザ・成功の秘訣」です。

本来、無料メルマガで書いてよい内容ではありませんが、

おそらく全員がこの先を読み進めるわけではないと思うので

大丈夫だろうと思って書いてしまいます。

成功する秘訣は、実は、成功方法を学ぶこととは逆だったのです。

多くの人が、成功するためには
成功者の話を聞いたらいいだろうと勘違いし、
セミナーに行きまくったり、本を読みまくったりしますが、

実はそれらの行為は、あまり成功に近づいていません。

えっ!って感じですよね。

私も最初聞いたときは驚愕しましたが、
なるほど、とすごく納得しました。

準備はよろしいでしょうか?

それでは、究極の成功の秘訣をお話しします。

このことにこのタイミングで気づけることは、
恐らく一生の宝になると思います。

もちろん、トレードを習得するうえでも、
大変大きな指針になることを約束します。

多くの人は、何かで成功したいと思うと、
成功する方法について勉強します。

成功している人に会いまくってエピソードを聞いたり、

成功している人が書いた本を読みまくって要素を列挙したり、

成功哲学を頭から最後まで勉強したりします。

しかし、それらの行為そのものが実は、あなたを成功から遠ざけていたのです。

非常に重要なマインドセットがあります。

書いてください!

『成功のカタチは千差万別だが、
やってはいけないことは意見が一致する』

もうピンと来た方もいると思います。

わかりやすくするために、
ここからはトレードについて話しましょう。

トレードで勝っている人にその手法を聞いていくと、色んな方法が見つかります。

テクニカル分析だけのプロトレーダーがいたかと思えば、

ファンダメンタルズ分析だけのプロトレーダーもいます。

東証一部大型銘柄で大きな利益をあげている人がいたかと思えば、

JASDAQなどの仕手株で大きく稼いでいる人もいます。

わかりますか?

◎◎したほうがいい!という意見は、
基本的に一致しないのです。

成功のカタチは、たくさんあるのです。

業績をチェックした方がいいよ!という人もいますし、

業績やニュースは本当に見ない方がいい!という人もいます。

◎◎したほうがいい、ということばっかりを聞きまくっていたら、

いったい何をすれば”いい”のか答えはでません。

でも、やってはいけないことは、
すべてではありませんがほとんど意見が一致します。

「負けても、それを取り返そうと思ってはいけないよ!」

「感情的になってはいけないよ!」

「スイングトレードだったら、ザラ場は見てはいけないよ!」

「小さな額で勝てないのに大きな額を入れてはいけないよ!」

これは、ニュースは見ないほうがいい、というのとは意味が違います。

~しないほうがいい、というレベルの話(つまり、例外がある)と、

~してはいけない(絶対)ということは意味が異なります。

ここすごく重要です。

成功のカタチが千差万別なら、
あなたのスタイルはどんなカタチなのかを見出す必要があります。

そのためには、数多ある成功のスタイルを片っ端から試すことよりも、

やってみた結果を成功している人に話し、
いけないところについてアドバイスをもらう方が断然早いのです。

この違い、わかりますでしょうか?

あなたに合った投資手法は、あなたの性格にも行動パターンにもよると思います。

ですが、やってはいけないことをすべてやらないことができたなら、

極論、あなたが今やっている方法で勝てるようになるわけです。

つまり、減点方式で考えて、ダメなところを潰していくイメージです。

かなり抽象的な感じになっていますが、
伝わる人には伝わって鳥肌が立っていると思います。

あなたは、勝つ方法を探し当てる前に、
まず、負ける理由を知る必要があるということです。

負ける行為を特定し、その行為をすべてやらないことを徹底できたなら、勝てるようになります。

逆転の発想です。

実はこの発想、私がブレイクスルーを起こしたときに持っていた発想です。

あなたは、自分がいったい何故負けるか、
その理由をしっかりと理路整然と説明できますでしょうか?

もしもまだ負ける理由がしっかりと説明できないのであれば、
私はあなたのお役に立てます。

トレードで負ける理由は、実は、FXでも株でもデイトレでもスイングでも、全部共通なのです!

それが何なのか・・・

ご興味おありの方は、お話したいと思います。

ここではヒントだけ与えた感じになってしまいましたが、
長くなってきたので今日はこの辺りにします。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
FXでも株でもデイトレでもスイングでも、
トレードでお金を増やしたいのであれば、
絶対にコレを外してはいけません。

こちらから確認してください。
http://japan-i-school.jp/jim/seminar171031/


株の学校、終焉?

2017.10.09
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

どうやったらもっと
自分ではない他の人を
株で上手にしてあげられるんだろう…

どうやったらもっと
株で独り立ちできるように
してあげられるんだろう…

最近考えるんですよね。

学校というと似たもので
自動車学校がありますね。

だいたいの人が1カ月くらいで免許を取ります。

免許を取って路上で運転していれば
大体の人が上手になっていきます。

個人差はあるのでしょうが
ほとんどの人は当たり前に
運転できるようになります。

自動車の運転は学校で学んで実践していれば
大体の人が上手になっていきます。

ところが株はそうはいかないようです。
では何故、
株は自動車のようにいかないのでしょう…?

きっと、自動車の場合は
すでに環境が整備されているからでしょうね。

教わった通りに運転すれば
問題ないように整備されているからでしょう。

基本的に左側を走っていれば問題ないし、
何かあったらブレーキを踏めばいいし、

車線かはみ出して運転しない限り
事故ることはほぼありません。

青信号なのに交差点で横からぶつられたら、
ぶつけた方が悪いというふうに
法やルールもすでに整備されています。

ところが株の世界はどうでしょう…?

株の世界ってのは相場になるんだけど、
相場は全く整備されていないんですよね。

ルール無用の世界なのです。

どんなことをしても
勝たないといけない人たちがいて

彼らは大量の資金を持っていて、
勝つためにどんな手段でも使ってきます。

そんな環境の整備されていない
魑魅魍魎の世界に、
足を踏み込むわけですから

太刀打ちできなくて
当たり前なのかもしれないですよね。。。

もちろん中には、少し勉強しただけでも
スイスイと利益を出している人もいます。

では利益を出している人と
苦しんでいる人の違いは何だろう…?

物事はセンスだ、という人がいます。

私も確かそう思います。
私の場合はどうだったか…

私も御多分に漏れず
ずいぶんと相場に持ってかれました…(汗)

一夜にして、
損金が計算できないくらい
やられたこともあったし

時間をかけて、
なぶり殺されたこともありました。

それでも、それでも、
続けてこれた珍しいタイプです。

ある意味、
痛点が鈍かったのかもしれません。

痛点が鈍いというセンスが
あったのかもしれません(笑)

まあ私にセンスがあったかどうかは別にして、
センスはセンスだけでは開花しませんね。

何らかの刺激やアクションが必要なのです。

どうやったらもっと自分ではない他人を
株で上手にしてあげられるんだろう…

最近、試しにやってみた企画に
ヒントがありました!

WEBで実にのんびりした
株の番組をやってみたのです。

通常のガチガチのセミナーではなくて、
食後に一杯やりながら
観てもらうようなリラックスした内容です。

約1時間くらいの番組だけど、
たらたらと株の話から
離れたりくっついたりしてる中で

何らかのヒントをつかんでくれる方が
多かったのです。

果たしてどうなるかしらん…
と始めた企画だったけど
予想以上にいい反響をいただきました。

株の専門誌をガチ読みするより、
高額のセミナーを缶詰で受講するより、

意外とたらたらした時間の中に
役立つヒントが眠っているようでした。

昔、剣の達人は、
師匠から修行の中から教わるのではなく

師匠と食を共にした時の端々の言葉から
ヒントを得て達人になっていったように、

のんびりと時間を共有して、
話しているときに

ご本人に役立つヒントが
見つかっていくのです。

話すほうも聞くほうも、
計算していないところに

大きなヒントに化ける話が
眠っているみたいですね。

どうやら、
株を上手になってもらうキーワードは

のんびりの共有…
時間軸ではないかと思っています。

もうすでにあなたも
株をやってられると思いますが、

どんな時にヒントを得られたのか?
どんなものがあればヒントを得られそうか?

ご意見をもらえるとうれしいです(^^♪

P・S:
なんだか私の独り言のような
メルマガになってしまいました。

最後までお付き合いいただきまして、
ありがとうございました。

<編集部のおすすめ>
エントリーとエグジットだけでは
勝つことは不可能です。

どこで買ってどこで売るか?
ばかりに膨大な時間を投じた結果、
「気が付いた時には退場していた」
本当の原因と正しい解決策を知ってください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar171024/
※残り8名


「トレードの得意技」ありますか?

2017.10.08
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

谷口です。

トレーダーになると
時間が余って暇になるもので
生徒さんで専業になった人達は
上手く時間を使ってます。

僕は、研究が好きで、人に教えたり
アイデアが湧いてくるので講師業もやっています。

生徒さんは、サラリーマンから家業を発展させたり
やってみたかった、バイクで日本1周旅行に出かけたり
フェラーリを買うために頑張っていたり
女性は、おしゃれや食べ物に好きな時間を使ったりしています。

面白いのは、同じやり方を教えいて
人それぞれ微妙にやり方が違うんです。

トレードの基本的な考え方が身に付けば
後は、その人の性格や志向によって
得意技が決まってきます。

トレードも自分探しのようなものです。

僕はIPOや優待などの楽しめるものが好きですし
システム的にトレードを考えるのが好きなので
こんなやり方になっています。

昔の日本の良い風習に「守破離」”シュハリ”と言う言葉があります。

これは物事を極める方法で
まずは、師匠に習いルールを絶対に守ることから始まり
その技術が身に付いたら、自分らしさを入れてアレンジしてみる
アレンジが上手くいってしまえば、
もう、師匠から離れて、あなたが師匠になりなさい。

と、ざっくりこんな感じで理解してます。

まさに、利益をがんがん出している生徒さんは
この「守破離」を実践しています。

みなさんも、良い師匠を見つけたら
自分のものにできるまで、徹底的にルールを守るといいですよ。

世の中の優れた人が、そうだったように
あなたも同じことが起きるはずですから、、、

それでは今週はこの辺で

谷口洋章

<編集部のおすすめ>
これまでにない相場の方向性をつかむための
セミナーの開催が決定しました!

これからの相場の方向を知りたい方は、
是非ご参加ください。

http://japan-i-school.jp/jim/oh_seminar_171022/

※このセミナーは選挙日の開催です。
選挙の行方が気になる方も必見です。


次の【大相場】を掴み取るために

2017.10.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、
 

ウルフ村田です。
昨日からスクールの授業で大阪に来ています。

引けギリギリまで相場を張って、
終わってからは大坂の生徒さんたちへ
株の講義をしていました。

年度が半分消化されるタイミングですので、
皆さんお忙しいかな〜?
と思っていましたが、

想像以上に多くの方にご参加いただき、
良い講義が出来たと思います(^-^)

例年10月は年末に市場が盛り返し資金も
入りやすいタイミングですが今は新興市場も鈍いですし、
兆候も見えづらいので、

大型銘柄を扱わない限りは
振り返りや勉強にぴったりな時期だと思います。

この振り返りや勉強が
言うまでもなく大切で、

相場が良くない時=あまり動かない時に
ボーッとしているのではなく
しっかり観察することを続けて初めて、
次の大相場の初動に入ることが出来ます。

観察というのは、
今の相場を見るのも良いですし、
過去チャートを眺めるのも良いでしょう。

上昇する銘柄はチャートの特徴や
パターンをつかめば、すぐに見抜くことができます。

特に、株価が数倍~10倍以上に急騰するような銘柄の「初動」は、
相場に動きが無い時にこそ発生します。

だからこそ、
お仕事をしながらという方も
実際にトレードはしなくても、

相場を常に見て「初動」の発生に
気付けるようになって頂きたいなと思います。

「初動」の特徴を知って、情報収集を欠かさずしていれば、
必ず株価が安い良い位置でエントリー出来ます。

初動で入れるメリットって、
利益が大きくなるだけでなく、
万が一暴落した際のリスクも小さくなるんですよね。

特に、億トレと呼ばれるくらい
大きく稼いでいる方ほどやっぱり勉強家ですし、
初動を大切にされています。

個人投資家でも勉強を重ねれば
それは十分可能なことなので、

これまでの振り返りをしながら
10月もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田