カテゴリー別アーカイブ: 不動修太郎

ブラジルから学ぶ「国際マネーとインフレ」

2016.08.22
koushi_fudo01

From:不動修太郎
真夏の東京の自宅にて、、、

オリンピックでは日本の選手の予想以上の
活躍が目立ちましたね。

さて、もし日本が昔の高度経済成長期のように
インフレになるとどうなるでしょうか?

インフレというのは
お金の価値が下がることですね。

お金を持っているとその価値が目減りして
しまうので、お金を持っている人は株や
不動産等に積極的に投資をしようとします。

だからこそ、黒田総裁は
日本のインフレ率を引き上げようと
しているのですが、これまでの所は目標には
ほど遠いです。

ご存知のように
日銀の黒田総裁は日本のインフレ率の目標を
2%と公言しました。

実際は、日本の平均的な
インフレ率は0.8%程度で
目標にはほど遠いです。

ですから総裁は
目標達成までの締め切りを何度も先延ばしに
しています。

前回の記事で取り上げましたが、
IMFの資料によると昨年、今年の
ブラジルのインフレ率は5%程度と予想しています。

ブラジルはインフレ率が
2000%、3000%だった年も
有ったので、今後もハイパーインフレにならないとも
限りません。

ブラジルがそのようにすさまじいインフレに
陥ったのはいくつかの原因があります。

例えばアメリカの不動産、株が上がるとその
そのリターン(儲け)がアメリカだけでは無く、
アメリカ国外へ向かいます。

そういう国際的な投資資金は儲けが出そうな
所にはどこにでも行きますが、
アメリカから近い中南米、とりわけブラジルに
向かうことが多いです。

アメリカの投資資金がどっと
ブラジルに流れ込むので過剰投資に
なりがちです。

ブラジルの不動産、
株などが急激に上がると投資家は
今度は投資対象が高くなり過ぎたと悟り、
ブラジルからあっという間に資金を
引き揚げてしまいます。

これはほんの一例ですが、このように
国際的な投資マネーは、とても逃げ足が
速いのです。

儲かりそうだと感じれば
投資しますが、少しでもリスクらしき
匂いを嗅ぎつけるとその国からさっさと逃げ出します。

そうなるとどうなるでしょうか?
ブラジルは好景気からあっという間に
不景気になってしまいます。

ブラジルに限りませんが、不景気になると
銀行等の金融機関はお金を貸したがりません。

個人も企業も取り敢えずはお金を貯めこむ傾向が
出てきます。ブラジル国内にお金が回らなくなり、
不景気になると金融当局は、お金を大量に発行します。

するとお金の流通量、難しく言うと
マネタリーベースが増えます。

経済の規模が小さくなっているのにお金の量が
増えるのでお金の価値が下がってインフレと
なります。

ブラジルではインフレになりそうな状況になると
手元のブラジルの通貨をドル、ユーロなど
別のお金に両替してしまいます。

ブラジルに限らず、中南米、アジアでは
その国の通貨がインフレになる恐れが
高いので、お金を持っている人達は
資産を海外に移し、米ドルなどのメジャーな
通貨に替えて資産を守るのです。

つまり、
国内の資産がその国の中に留まらずに
海外に流出しやすいのです。

ですから少し不景気になると
ブラジル国内にブラジルの
通貨が溢れかえってハイパーインフレに
なるのです。

日本では、バブル期のように銀行金利が
安くなれば株を買おうとする人は増えますが、
資産の大半を海外のお金に両替しようと考える人は
まだ少数派です。

これも日本ではインフレになりにくい要因の
一つです。

不動修太郎

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。


<編集部からのオススメ>

現在、4時限分の講義と
豪華特典映像を公開中!

あなたの常識をくつがえす
新しいデイトレメソッドを
お伝えします。

デイトレは敷居が高いと
思っている方にこそ
見てほしい無料WEBセミナーは

8/25(木)までの限定公開です!

http://takahashiyouko.info/yoko/opt3/


オリンピックに沸くブラジル、インフレ率は?

2016.08.15
koushi_fudo01

From:不動修太郎
真夏の東京の自宅にて、、、

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

オリンピックで多くの日本人が活躍して
盛り上がっていますね。

さて、私は10年ほど前には、
仕事でインドネシアの首都、
ジャカルタにしばしば出張していました。

インドネシアは大小さまざまの
多くの島からなる国ですよね。
ジャカルタがある大きな島はジャワ島です。

日本に「ジャワカレー」という
大手食品メーカーのカレーがありますが、
実はジャワ島は熱帯では珍しく辛い料理が
少なく、米、もち米、麺類、芋など
主食だけでもバラエティに富んでいます。

首都ジャカルタには観光の目玉となる名所が
少ないせいか、日本からの観光客に人気を
集めているのは、バリ島ですね。

ジャワ島をはじめとしてインドネシアでは
イスラム教の信者が多いですが、
バリ島はヒンズー教の一派である
バリヒンズーの信者が多いです。

そのために
ヒンズー教の歴史ある寺院が多く、
しかも綺麗なビーチが多いです。

ヒンズー教はガネーシャ、シバ神の
他多くの神様を信仰します。
マレーシアにもインド、あるいは
バングラデシュの出身の人が多くあちこちに
ヒンズー教の寺院があります。

マレーシアのヒンズー教寺院は
極彩色に彩られた派手な寺院が
多いですが、一方インドネシアのバリ島では
色合いが地味な寺院が多いです。

さて、インドネシアは歴史的、
経済的にインドとの結びつきが強い
せいか通貨はルピアという単位です。

ちょっと前までは100インドネシアルピアが
ちょうど1円位でした。

インドネシアルピアを2桁少なくすると
日本円に相当するということですね。

従ってインドネシアには
10万ルピア札がありますが、それが
だいたい日本の1000円に当たります。

ですから観光、ちょっとした食事でも
10万ルピア札を使うことになります。

最近では、インドネシアはインフレなので、
今は130インドネシアルピアが1円に相当します。

さて、オリンピックが盛り上がっていますから
ブラジルのインフレ率を調べてみました。

凄いグラフですねえ。
1990年には、インフレ率が
3000%、2003年と2004年には
約2000%でした。

最近のインフレ率はかなり下がっていますが、
IMFのデータからブラジルインフレ率のグラフを
表にしてみました。

当時のブラジルは、ディフォルトと言って
国政府の借金が返せなくなり、破産しました。

そうなるとブラジルの通貨はまったく信用が
無くなりますね。ブラジルで資産を
持っている人たちは米ドル、ユーロ、
日本円に替えて資産を守ろうとします。

その結果として通貨の価値が暴落、ブラジルから
資産が逃げ出すのでインフレが凄いことになりました。

インフレ率が3000%というのは、
1年でブラジルの通貨の価値が30分の1に
急落したということです。

この時期に私のかつての
上司はブラジルのマナウスに赴任していました。

ブラジルのカフェでコーヒーを飲んだら、飲み終わった
時点でコーヒーが値上がりしていたとのことです。

その人はブラジルで給料を貰ったらその日のうちに
猛ダッシュして銀行に行って米ドルに
両替したと言います。

そうしないとブラジルの通貨の価値が
暴落している中で生活が出来なかったのですね。

不動修太郎

ps.
明日までの期間限定で
私のプログラムを公開中です。

テクニカルをメインとして、
FXの基礎と本質をお伝えしますので、

なぜ、負けてしまうのか、
どうして勝ち続けられないのか、
わからないままトレードされてる方は
是非参考にしてください。

http://j-i-s.info/j-i-s/gekokujou/


デフレの原因

2016.08.08
koushi_fudo01

From:不動修太郎
真夏の東京の自宅にて

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

前回の記事では1973年から翌年の
狂乱物価のお話しをしました。
その激しいインフレの原因は、
幾つかありました。

まず当時は、日本の人口が増えて
労働人口がどんどん増えていたという
人口要因は大きいです。それに
加えて前回の記事で少し触れたように
原油の値上がりの影響が大きかったですね。

上のチャートは石油価格のドルベースの長期チャートです。

日本では電気の大半を火力発電で作りだして
いるのは皆様がご存知の通りです。
火力発電の燃料の一部は石炭で、
その大部分は重油であり石油製品ですね。

日本へ石油を運ぶタンカー(油送船)も重油で動いているので、
原油価格の日本経済に対する影響はとても大きいです。

日本人が石油の値上がりを実感するのはガソリンの小売り価格と
燃料用の灯油の値段でしょうね。
そういう理由で石油の価格は日本人の生活の隅々にまで大きな
影響を与えます。

アメリカのシェールオイルの生産が本格化して
いることもあり、石油価格がある程度上がっても長期的に
大きく上がることは考えにくいです。

さて、一方で衣類などの工業製品も多くの国で生産して
いるので、急に値段が上がる可能性は
低いですね。一例としてユニクロのブランドで有名な
ファストリテイリングの店舗に行くと
殆どの製品が輸入品ですね。

一昨年まではほぼ全てが中国製でしたが、最近は
バングラデシュ製が増えてきました。
日本はアジアの一国ですし、今後も
アジアから輸入品が増えてくるでしょう。

このようにインフレ率に大きく
影響する要因は輸入品の価格ですね。
石油は輸入品の一種ですが、日本では
衣類、食料品の大半を輸入しています。

昔の話となりますが、日本と中国は1972年9月に
日中共同声明を発表して、国交を結びました。
それまでは日本と中国は国交が
無かったのですが、時の田中角栄首相が
中国の北京を訪問して国交を結んだのですね。

日本はアジアの一国であり、今後は
中国以外のアジアの各国が工業製品の
生産量がさらに上がってくるでしょう。
一方で日本では、米(こめ)の消費量が減っていることも
あり、いまでは6割以上の食糧を輸入しています。
それら海外からの食料品と衣類が
安くなると日本の物価を大きく押し下げますね。

 
これまで幾つかの例を挙げましたが、
このように地下資源である金属、
石油の値段が下がり、海外からの輸入に依存する、
食糧、工業製品の値段が下がる傾向があるので、それらが
日本の経済へのデフレ圧力となっています。

海外の経済、景気を見ながら、それに対策を
打って国内の経済状況を良くするのが日銀の金融政策の
目的ですが、なかなか舵取りは難しいです。

また不動産、特に土地の値段は、消費者物価指数などの
計算対象には入っていませんが、心理的には
とても大きく影響しますね。不動産は投資対象の
一つですから、値段が下がると投資マインドを
下げてしまうのです。

以上の状況からして日銀の掲げた2%のインフレ率目標を
達成するのは難しいでしょうね。

今回の記事が一人でも多くの方のトレードに
役立ちますように、今日もクリックをお願いします。

不動修太郎

<編集部からのおすすめ>
本日より2時限目公開!

高橋陽子による
無料オンラインセミナーを開催中です。
2時限目は、
どんなトレードにも共通してくる
『メンタル』のお話です!

期間限定公開ですので、
気になる方は今すぐクリック!

http://takahashiyouko.info/yoko/opt1/


インフレの実態

2016.08.01
koushi_fudo01

From:不動修太郎
梅雨が開けた東京の自宅にて、、、

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

日銀の黒田総裁は
日本のインフレ率を2年以内に
目標を2%と言っていました。

なかなか目標に近づかないので、
その都度、中国、ヨーロッパの景気の低迷、
日本の異常気象等の言い訳を
持ち出してきましたが、これまでは
0.8%程度のインフレ率です。

なかなか黒田総裁が立てた目標には
近づきそうにないですね。

では2%、あるいは昔の日本、一時期の
スイスのように5%位のインフレがずっと
続くと物価はどうなるのでしょうか?
私はそれを計算して表にしてみました。

上の表からわかるように5%のインフレが
ずっと続くと15年で物価が2倍になる計算です。
言い換えると15年でお金の価値が半分に
なってしまいます。2%のインフレだと17年で
物価が40%上がる計算です。

これをグラフにしてみましょう。

さて、昔の日本はどうだったのでしょうか?
1970年台中ごろは、狂乱物価などと言われる
ものすごいインフレでした。

それまでの日本でもインフレが続いていましたが、
オイルショックと言われる
OPEC(石油輸出機構)の大幅な原油値上げで
日本のインフレは凄い事に!

特に73年と74年は、
円高を抑えるために金融緩和を続けた事で
インフレが加速しました。

総合卸売物価は1973年で15.6%、1974年で31.4%上昇し、
消費者物価指数は1973年で11.7%、1974年で23.2%上昇でした。

卸売で見るのか、或いは消費者物価を注視するのかにより、
数字は異なりますが、どちらにしても1年で20%台、30%台の
インフレというのは若い人には実感しにくいかもしれませんが、
40年ほど前には現実にあった事なのです。

20%、30%のインフレが続くと物価が
どうなるかを計算しました。

インフレ率が20%だと4年、30%ならば、
3年で物価が2倍を超えます。

そしてインフレ率が30%であれば、13年で
物価が30倍です。

こんなインフレですとお金の価値が
どんどん下がるので、土地、貴金属、
株など投資対象を持たないと資産が
守れません。

だからこそ日銀は日本をインフレに
誘導し、投資を促そうとしているのです。

1970年台半ばは石油等の地下資源の
値段が上がっていたので、日本国内で
インフレが起きやすい環境だったのです。

それに対して、今は、長期的には
ゴムなどの農産物、多くの地下資源の
値段が下がっています。

それ以外に日本ではデフレが起きやすい状況に
追い込まれています。
それらのデフレ要因は沢山あるので、
今後の記事で詳しく解説しますね。

今回の記事が一人でも多くの方の
トレードに役立ちますように、今日もクリックをお願いします。

不動修太郎

<今!この人から学びたい!>

38年のトレード暦から導き出した
投資ノウハウで今の相場に打って立つ!

暴落や不景気、
はたまたバブル、アベノミクス。
様々な相場状況を経験した
ベテラントレーダーが
たどり着いた投資法とは?!

気になる方はこちらをクリック

http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_0801/


トルコリラで稼ぐには、、

2016.07.25
koushi_fudo01

From:不動修太郎
東京の自宅にて、、、

最近はトルコのニュースが多いので、
マイナー通貨の一種である
トルコの通貨を取り上げました。

トルコは昔のシルクロードの一部であり、
今もヨーロッパとアジア双方の
文化を育(はぐく)んでいる国です。

それだけにロシア、クリミア、
中東の産油国と地理的、経済的に近いので、
それらの国々の影響を受けやすいです。

多くの日本人にとってトルコというと
エキゾチックな観光地というイメージがありますね。

トルコの通貨をトルコリラと言います。
私はその通貨の予想をするために
トルコの国情を調べています。

私は東南アジア各国には足しげく訪問していますが、
トルコに関しては別に特別な情報ルートを
持っているわけではありません。

イギリス、アメリカのような先進国、
経済大国のニュース、国情、経済のニュースは
日本のマスコミから大量に得られますが、
トルコはそれほどではありませんね。

そこで私は日本の外務省のホームページで
トルコの概要を掴むことにしています。

日本の当局がウェブ上に公開している情報は無料ですし、
信頼性の高い内容が日本語で書かれているのでお勧めです。

URLは→
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/turkey/data.html

ただ、外務省に限らず、
日本の省庁のホームページに載っている情報は
公式に相手国から貰っている情報なので、
鮮度は良くありません。

そのため、先進国は昨年の情報、そうでない国々の
場合には2年以上前の情報が載っている事が多いです。

経済情報をチェックする場合には
情報が新しくない事に留意しておくことが大切です。

なので、国の背景についての
情報が得られるということですね。

日本の外務省の情報に依れば、
トルコの民族はトルコ人(南東部を中心にクルド人,
その他アルメニア人,ギリシャ人,ユダヤ人等)

宗教はイスラム教(スンニ派,アレヴィー派)が大部分を占める。
その他ギリシャ正教徒,アルメニア正教徒,ユダヤ教徒等。
【以上は原文のまま】となっています。

最近のトルコはテロ事件、
クーデター騒ぎがありましたが、
トルコという国の民族と宗教の実情からしても今後も
不安定な状況が続くと思われますね。

さらに外務省のホームページを見てみましょう。

トルコの産業割合は、サービス業(57.7%),
工業(24.1%),農業(7.1%)となっており、
サービス業の割合が大きいですね。

また途上国は物価上昇(インフレ)率が高い国が多いですが、
トルコの物価上昇率は8.1%です。

さらに注目すべきは失業率で10.7%ですが、
最近ではこの失業率はさらに悪化している恐れが大きいです。

トルコは経済指標の中で重要なのは総貿易額で、
輸出1,577.1億ドルに対して
輸入が2,422.2億ドルなので大幅な輸入超過です。

アメリカ、カナダも貿易赤字の時期が長いので、
一概に貿易赤字は悪いと決めつける事はできません。

とはいえ、途上国は貿易赤字が続いていると、
通貨とその国の経済が不安定になるケースが
多いです。

ではここで最近のトルコリラのチャートを
見て下さい。

このチャートは対円のトルコリラのチャートです。

これから分かるように、イギリスのEU離脱国民投票の
結果が出た時にトルコリラは急落し、
同時に日本円が買われて円高に動いています。

これはイギリス一国というよりもヨーロッパ全体に
与えた精神的な衝撃が大きかったですね。

その結果として
ユーロはもとよりトルコリラもヨーロッパに
近いので大きく売り込まれて
暴落に近い下げを見せたという事です。

それに比べるとイスタンブール空港のテロ事件、
クーデターは衝撃的で悲しむべき事件では
ありましたが、為替への影響は小さかったです。

今回も記事を読んでいただきまして
ありがとうございました。

不動修太郎

<本日のおすすめ>
このスカイプセミナーでは、
自宅にいながら日経225先物を
学べます。

しかも、相場解説ありで、、

もしあなたが、
株で銘柄選びに
時間がかかっているのなら、、、

または、銘柄選びが
不得意であるならば、、、

日経225先物を知れば、
個別銘柄から抜け出し、
あなたが求める投資法を
見つけることができるでしょう。

続きはコチラ
http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_0725/


相場で勝つための時間割

2016.07.18
koushi_fudo01

From:不動修太郎
東京の自宅にて、、、

9日は、都内で株式投資家の
集まりに出席しました。

その集まりには有名な個人投資家の他、
私のセミナーに出ていた人、
私の動画コンテンツを見てくれた方が
何人か参加していました。

私は会場でセミナーの感想、
相場についての質問を聴くことができたので、
大いに今後のセミナー、講演の参考になりました。

私の経験から言って、
セミナーの会場ではお金についての
質問をするのが恥ずかしく思う人が多いせいか、

お酒の入る懇親会で
沢山の質問を頂くことが多いのです。

そういう場所では、チャート、テクニカルに
ついて手元に資料が無いので、
詳しい説明をするのはなかなか大変です。

さて、セミナー講師として最も大切なのはセミナーに
参加してくれている方々が求めている
「情報」を提供することに尽きます。

よく「お客様の為」とか
「お客様最優先」という
掛け声を聴きますが、、、

自分視点ではなく、
講師たる者はまずはお客様が何を求めているのかを知り、
それを提供することが大切です。

「情報」は知識と考え方に分けられます。
今は投資に必要な知識の多くは、簡単に手に入ります。
それらの知識を組み立てて、投資判断を下すのが、「考え方」です。

情報は、ネット検索をすると
無料に近い形で沢山出てきますね。

株式ならば、多くの投資家が注目している
テーマ、各企業の業績等の情報は
ネット検索で手に入ります。

ですが、
今時点で発表されている業績が良い企業の株価は
既に高くなってしまっていることが多いので、

それらの株を不用意に買うと高値掴みとなる
ことがあるので、すぐに値下がりするリスクが高いです。

なので、投資についての情報は
より多く持つ方が望ましいのですが、
自分自身で判断する「考え方」
「判断する道筋」も重要です。

億トレーダー、評論家の先生方から
推奨銘柄を聴きたい投資家は多いのですし、
私が株式セミナーで求められるのは、
そういう情報です。

そこからもう一歩踏み込んで、
その銘柄がなぜ推奨されているのか、
いつが買うチャンスになるのかは
一口で言い切るのが難しいです。

だからこそ、私はそれらの情報を
お伝えしたいです。

株はバブル全盛期のように殆どの
銘柄が上がるケースが有り得ます。

一方で為替はある通貨が下がると別の通貨が
上がり、シーソーのように動きます。

為替は各通貨のバランス、
強さによりレートが決まりますね。

リーマンショック直後は日本も
不況になりましたが、それでも日本円は
買われ、円高になりました。

ですから日本の景気が悪くても
他の国の景気がさらに悪い、あるいは
相場に不安感が漂っていると日本円が
買われ、円高に動くことが多いのです。

このように為替でのファンダメンタルの
捉え方は国際的な視点から世界の経済バランス、
相場の雰囲気を知らなくはならないので、
おしなべて株の業績分析、ファンダメンタルよりも複雑です。

とはいってもFXを
恐れすぎることはありません。

海外お有名な投資家でも
国際経済のニュースを全て
素早く読み切ることは出来ません。

しかしながら、
世界のニュース、相場の地合いは
為替のチャートに現れます。

ですから特にFXではテクニカルと
チャートの読み方が大切なのです。

投資、特に為替ではチャートを読むことに
多くの時間を割くことをお勧めします。

不動修太郎

PS.
私の投資入門書には書いていない勝つ技術を
お伝えするセミナーですが、、、

特別価格でお申込みいただけるのは、
明日までです。

この日を過ぎると値上げをし、
現在の価格ではご参加できなくなりますので、

もしあなたがこのセミナーに興味があるなら
このチャンスを逃さず早めに
お申し込みされることをおすすめします。

http://j-i-s.info/j-i-s/minor0718m/