カテゴリー別アーカイブ: 世界情勢

市場の危うさを見抜けるか?

2018.01.10
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

今年に入っても、株価は好調な流れを維持していますね。

あまりに調子が良くてむしろ危うさを感じる方も多い事でしょう。

ただ漠然と不安を感じていても
対処はできません。

では、この危うさをどのように考えていくか
説明していきます。

NK225いわゆる日経平均を、
トピックスで割り算したものをNT倍率と呼びます。

2013年の頃は12倍前後でした。

その後、次第にNT倍率が上がってきています。

NT倍率が上がるという事は、
分母のトピックスに対して分子のNK225が
割高になっている事を示します。

昨年7月に入り、NT倍率は12.5倍をピークに急落、
9月に入り12倍程度まで下がりましたが、

その後再び上昇し、
12月に12.7倍まで急上昇しました。

この時は日経平均の歴史的な、
猛烈な上昇
を伴っています。

12月中旬には落ち着いて、
12.5倍程度まで下がりました。

この12.5倍という値が、
2015年から2017年の間のピークの目安です。

そして、今年に入り、再び上昇しています。

昨日は前場の時点で12.65を超えました。

急上昇といってよいでしょう。

日本の状況は、年末と変わりません。

海外の市場も、日本が休んでいる間に上昇しましたが、
NYダウはわずか0.34%、
ナスダックは上がりましたが1.6%です。

それに対し、大発会の上昇は3.3%。

日本も海外も変わらないのなら、
日本が休んでいたからといって
急な上昇をする必要はありません。

日本だけ急に上がる背景には、
何かがあると考えるべきでしょう。

それでなくても、減税を起因として上昇した米国と違い、
むしろ日本は、今年の消費税増税が決定的なわけですから、
状況が異なります。

今年になってからの上昇は、
おそらく短期筋(特に海外)の買いがもたらした
短期的な日経平均の上昇でしょう。

これはつまり、売りも短期で入るために、
下落も発生しやすい状況、ということです。

2月になると、第三四半期決算の発表が始まります。

その時には、正常な価格付けに戻してくるものと思いますが、
今の上昇は危うさがある、とみています。

それでは、また次週。

奥村尚

<編集部のオススメ>
広く知れ渡たり使い古された
古典的な方法をいつまでも使い続けていませんか?

今の市場にぴったりと合った、
本当に使えるチャート分析にするには
どうすればいいかというと、

自分独自の「発見」、それを裏付ける膨大な「検証」、
これらが必要になります。

自分のチャート分析に少しでも不安がある方は
こちらをご覧ください。

時代遅れのボロ負けトレードに陥らない方法


戌年の相場を占う

2018.01.07
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

新年、明けましておめでとうございます!

谷口です。

今年は「戌年」!
干支によってその年の相場を占う、
所謂、アノマリーというものがりますが、

今日のブログでは、
戌年のアノマリーを見てみましょう!

1940年からの相場で戌年は過去5回、
勝率は4勝1敗 80%となっています。

今年は戌年の中でも、
「戊(つちのえ)戌」となるのですが
前回は60年前の1958年。

この年の日経平均はなんと年間で、
40.5%もの上昇しています。

当時は、東京オリンピック(1964年)
に向けて国立競技場が完成、
岩戸景気がスタートした年でもありました。

当時の首相は、
安倍晋三現首相の祖父である岸信介。

1961年までの長期上昇相場の
入り口になっていました。

さて、
このアノマリーが繰り返されれば、
2018年の日本経済は
大きく上昇することになります。

とても楽しみですね!

これだけ大きく上昇すると
リセッション(世界恐慌)入りするのでは?
との声もあります。

ですが、現在の世界経済の流れを
マクロ的に見てもその可能性は低くなってきました。

記憶に残るリーマンショックの時代とは、
異なる状況と言う事ですね。

ビットコインのバブルや、中国経済のバブルが
リセッションの切っ掛けになるとの声もありますが、

どちらも、大手金融機関からは
離れた場所で動いており、
危険性は少ないとみられています。

IPO銘柄につていもセカンダリーを狙える銘柄が
多数出てきていますので、

市場の勢いを味方につけつつ、

しっかりと適正株価を計算しながら、
押し目を狙っていくことで、
かなり優位なトレードが可能になりそうです。

こういった好条件の相場こそ、
冷静な判断が重要になります。

そのための知識とスキルの習得に
手を抜かない姿勢が、成果…つまりは
手元に残る利益の違いとなってきます。

私も皆さんにお役立ていただけるような情報を
逐一、このブログでお伝えしたいと思っています。

絶好のチャンスを一緒にモノにしていきましょう。

今後日本が経済成長を続けていくことを予感する年明けに、
皆さんと同じ時間を過ごせる事は大変喜ばしいことです。

2018年もよろしくお願いいたします!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
空売りも知らないトレード初心者が
3ヶ月でトレード成績を安定させ、

今では、毎月コンスタントに
100万円の利益を獲得するまでになった

具体的プロセスをお伝えします。

残席わずかです。

利益を安定させる秘密はコチラ


【IPO】2017年の結果と2018年の展望

2017.12.31
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

2017年も今日が最後の日となりました。

皆さんにとって
2017年はどんな年だったでしょうか?

私にとっての2017年は
大きな変化の年となりました。

株式投資の中でも特に気に入ってやっていたIPO投資。

これを皆さんに提供するために沢山の資料を作成し、
出来るだけ分かりやすくしようと悪戦苦闘しました。

その甲斐あってか、
沢山の生徒さんが利益を取り始め、
成果の報告をいただけるようになりました。

講師として1番うれしい瞬間が、
生徒さんから成果報告をもらう時です。

トレードは1人で出来ますが、
利益を取った喜びは人と分かち合った方が
2倍にも3倍にもなるものです。

2018年は、この喜びをより多くの方に
提供してい行きたいと考えています。

2017年は
トランプ大統領旋風、
北朝鮮問題、
東芝歴史的な赤字、
安部政権存続の危機になりそうな不祥事、
ロシアゲート疑惑
世界同時サイバーテロ、
タカタ経営破綻、
ヒアリ騒動
神戸製鋼関連のデータ改ざん不祥事

などなど

株価を動かす大きな出来事が沢山ありました。

トランプ政権は、
オバマ政権が作った経済の基盤のおかげで
完全雇用も達成するほど経済は安定上昇しており、

日本経済も、
安部政権の経済政策が身を結び始め
株価も安定して上昇してきました。

今年に入ってから3度目の持合いですが、
下落するような形ではなく
緩やかに上昇の形態を取っています。

2018年の経済がこのままいけば、
日経平均で25000円~27000円が上値目途です。

この金額を急激に超える出来事があれば、
暴落の危機が来ますので注意が必要です。

今年のIPOは90社が上場し、
経済好調の煽りから
個人投資家の資金が集まってきました。

11年ぶりの騰落率500%超えの銘柄も出現し、
90社の公募価格から
上場日の価格上昇の勝率は91%
下落率のトップでたったのマイナス6%と、

何でも良いから
IPOを買いにきている感がありました。

全銘柄の平均高騰率は112%!
もし全部の銘柄に当選出来ていたら、
ノーリスクで資金は倍に増えたことになります。

今年話題になった銘柄として

大型上場
SGHD(佐川急便)

金融とITを組み合わせたフィンテック
マネーフォワード
トレードワークス

ユーチューバーのマネジメント(初物)
UUUM

AI(人工知能)
PKSHA Technology(パークシャ テクノロジー)
ユーザーローカル

外食系
力の源(一風堂)
スシロー

等があり、

今年の時代背景を映し出すような銘柄も
沢山出てきました。

抽選で当てるのは難しいので、
セカンダリーを推奨しているわけですが、

この上場後のセカンダリーも、
異常な盛り上がりがあった年でした。

私が生徒さんに
お伝えしている各手法の結果です。

・底値拾いパターン
勝率:69.8%
平均利益率:26.7%
平均損失率:-5.2%

・初値買いパターン
勝率:59%
平均利益率:61%
平均損失率:-10%

・2日目以降パターン
勝率:53%
平均利益率:40.7%
平均損失率:-14.9%

投資の王道、
損失を小さくして、利益を大きく取る手法
これが実っている感じです。

2018年も今年と同じ
90~100件もの銘柄が上場予想されていますので
来年も大きな成果が期待出来そうです。

2018年に上場が期待されている銘柄は

フリマアプリのメルカリ

ヘアカット専門店のQBハウス

フィンテック分野の
クラウド会計ソフトを手掛けるfreee

など、
楽しそうな銘柄で話題になる事必須です!

2018年度は株式相場が堅調に推移し、
皆さんの資産大きく膨らむことを
お祈りしております!

それでは、今年最後のメルマガでした。

皆さま良い年をお迎えください!
2018年もよろしくお願いいたします!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
成功する人と成功しない人の差
それは情報源の質の違いです。

もしあなたが、
その他大勢から抜きん出た
結果を手にしたいのであれば、

タイムリーかつ、普通では
手に入らない情報を提供します。

他言無用です。


学校で金融教育を受けた人の割合=6.6%

2017.12.13
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

大学入試センター試験というものがありますね。

国公立大学受験を効率化するために
共通一次試験という制度が作られ、
初めてマークシートが取り入れられ、
それが、センター試験という名前に変わって
私学も参入しました。

今回も、共通テストという名前にまた変えて、
改革したぞ、というニュースが伝わってきました。
記述式も入るようです。

僕は、
「お、人工知能で記述式を採点するのかな、やるじゃないか。」
と思ったのですが、
人間が人手をかけて採点するそうです。

評価できるのは英語で、
TOEICのスコアや、日本独自の英検のような、
民間の資格試験を活用し、
そのスコアを変換して使うことができます。

こうした入試の変化は、
日本の大学レベルが、
世界から置いて行かれつつあること
とも関係があるでしょう。

THEランキングとして知られる、
英国のTimes Higher Educationでは、
世界の1102大学がランキングされています。

2018年版では、
日本最高位の東大が46位、
京大が74位でした。

なんだか、
サッカーでFIFAの
国別ランキングを見ているようで、
寂しさも感じます。
(2017年11月時点で日本は55位)

人材を育成する仕組みを作るのは
大切な国家事業ですから、
時代に合わせて受験の仕組みを変えるのは、
良いことだと思います。

どんどん国際標準にあわせていかないと、
取り残されるんですね。

文部科学省の白書によると、
日本の教育支出は、
OECDの中ではGDP比で平均を下回っており、
国際標準で言えば、

日本の投資教育は圧倒的に遅れています。

特に生きる上で必要な
金融リテラシーの低さは致命的です。

金融広報中央委員会の調査によると、
学校で金融教育を受けた人の割合は、
6.6%です。

また、45.4%の人は金融や経済の情報を
月に1回も得ていません。

要するに、
経済やお金に関する情報に
興味がない人の比率が
半分近くいるわけです。

僕自身も、
セミナーや塾、
あるいは大学でのゼミなどを通して
投資教育に携わっていますが、
微力すぎてどうしようもないのが実情です。

見方を変えるならば、
半分強の方々は週に1回以上情報を仕入れ、
おそらく自分で処理出来ているので、
こうした層を強化してゆくことが、
金融リテラシーを上げてゆくことになるのでしょうね。

年末なので、
一年の反省をしながら
来年の活動を考えているところで、

有形無形問わず、
世の中への貢献度合いを増やしたく、

入試改革からも来年へのヒントを得られそうだな、
と思った次第です。

では、また次回。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
相場の裏側を目の当たりにし、
資金の流れを牛耳る存在の本質を捉え、
資金を10倍以上に増やした経歴を持つ講師が、

個人トレーダーが知らない相場の裏側を暴露します。

チャートからは見抜けないものを捉え、
相場を動かす存在の手口を逆手にとり、
利益に変える手法です!

残酷すぎる相場の裏側を暴露


市場の変化が激しい時でも、

2017.12.09
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナールームより、、、

おはようございます、
ウルフ村田です。

あっという間に12月に入り、
今年もあと1か月弱。

今は株式相場の変化が激しい時期ですので、
例年以上に注意が必要ですね。

今日は、年末に向けた相場展望について
お話しようかと思います。

機関投資家も外国人投資家も、
バイ・アンド・ホールドの感覚ではなく、
値幅を獲る意識なので、
上げ過ぎたらわざと下げようとします。

個人投資家も
バイ・アンド・ホールドだけだと、
下がるたびに含み益が減ってしまうので、
キャッシュポジションの比率を高めにしておけば、
下がった時に、
いつも割高で買えない銘柄も
安く拾えることになります。

買ったら上で売って、また下で拾う、
このリズムを身につけ、
値幅を獲っていただきたいですね。

ここ最近は下げ幅も大きいですが、
私は、怖いのは大歓迎、

下で拾って上で売る、
ちゃんと利益確定しておけば
値幅を獲る人には最高の時期です。

安いところで買っておけば、
どんなときでも喜べます。

北朝鮮リスクで暴落した時にも、
その近辺で拾っておけば、
かなり値幅が獲れたかなと思います。

月足、週足で見た方が、
上げている時期、下げている時期が明確です。

ちゃんと安いところで買って、
高いところで売って、
利益確定する、
このリズムが分かればこっちのもの。

私はこのリズムを把握して、
こんな銘柄も安く買えればいいのかな、
と言う目線でトレードしています。

今の市場はかなり上げてきて
過熱感があります。

こんな時は、
100万円持っていたとしても、
10万円で値幅を獲る意識にしないと、
大きなリスクが来た時に含み損になり
動けなくなります。

割安だから買うのではなく、
押し目を把握してから買う。

特に、
資金がない人は意識して下さいね。

銘柄の目利きができる人、資金がある人は、
上がれば必ず下がる、
下がれば上がる、
このリズムを意識して、
徐々に売っていきます。

ここは下がると思ったら一旦売っておかないと、
一気に下がって大きく損をしてしまいますから。

こんなに垂直で上がったら、その後は下がる、
そう分かっていれば大きなリスクを回避できます。

12月から1月は中々展開が読めない時期です。
昨年はトランプ・ラリーで上がりましたし、
一昨年はチャイナショックで大きく下がりました。

その為、
短期の株を持っている場合は、
クリスマスくらいまでに
決算しておくと良いです。

何が何でも年をまたぐ、と言う考えはNG。

今のうちに値幅を獲っておかないと、
突然のリスクで利益が飛んでしまうかもしれません。

上がり過ぎたときは、
その後、垂直下げになる可能性がとても高いです。

この辺に気付くのがとても大切かと思います。

含み損になるとその銘柄が気になって
他のトレードに集中できなくなるので、
皆さんご注意下さい^^;

ウルフ村田

PS.
私の株式投資法をマスターしていただく、
セミナーのご案内です。

いつも多くの皆様が参加してくださり、
本当に感謝しています!(*^-^*)

お時間のある方はぜひご参加下さい。
勝ち組トレーダーの投資戦略


[Video]100点満点の空売りチャートを5つ!

2017.09.07
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

トレードの調子はいかがでしょうか?

北朝鮮とアメリカの緊張も高まり
いよいよ有事が現実味を帯びてきた中で
買いだけで張っている投資家は難しい状況かと思います。

日経平均も下がる要素が見えてきましたので、
動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎