カテゴリー別アーカイブ: 成長株

上がる前に買うためには…

2017.10.28
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

よく皆さんに
「上がる前に買うにはどうすればいいのですか?」
と聞かれるのですが、

実は私、これについては再三口酸っぱく
言っていることがあるんです。(笑)

価格が上昇したのを確認してから
買うのは好業績などで上昇する
材料銘柄なら良いのですが、

強烈な資金流入だけで
上がっている銘柄の場合はNG。

当り前じゃん!みたいな反応をされることも
あるのですが、本当に意識していますか?

材料や実体のない銘柄は
上がった後に入ると、
高値掴みしてしまう可能性が大きいです。

なので、上がる前に買う必要がありますよね。

そのためには上がると察知できる力が
必要ですので、日々効率の良い情報収集を
欠かさずに行いたいものです。

そこで今日は、
「上がる前に買う」ための
〈おすすめ情報収集ツール〉の紹介です!

ズバリ、平日の19時半に更新される
「株探トップニュース」に
掲載されている銘柄。

これを見る事で、
資金の移り変わり状況を検討しやすくなります。

なぜだか詳細な理由はわからないのですが、
活況な銘柄が出ているケースが多いんです。

騙されたと思って、一度ご覧ください。

また、「四季報オンライン」の
前週比・前月比ランキングでは

上位50位が一覧でき、
旬な銘柄やテーマが
何かを掴むことができます。

分からない銘柄などは
株探の企業概要などで調べながら
毎日このランキングを見ていると
テーマがつかめてきますよ(^^)

そして、そこで出ていた銘柄を、
寄り付き前の8時ごろから
各証券会社の記事等で板状況を見てみましょう。

記事に載っていたからと言って
買う必要は全くありませんが

旬な銘柄はがどれだけ動くのか、
チェックする癖が付くと良いですね。

情報収集って、膨大で
効率化するにもある程度数を
こなさないといけませんが、

実際、難しいと思い込んでばかりいると
頭が不必要に悩んでしまったり、

思考停止状態になって
良いトレードができなくなってしまうので

焦らず、ポジティブな気持ちで
行なう事こともお忘れなく。

ウルフ村田


次の【大相場】を掴み取るために

2017.10.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、
 

ウルフ村田です。
昨日からスクールの授業で大阪に来ています。

引けギリギリまで相場を張って、
終わってからは大坂の生徒さんたちへ
株の講義をしていました。

年度が半分消化されるタイミングですので、
皆さんお忙しいかな〜?
と思っていましたが、

想像以上に多くの方にご参加いただき、
良い講義が出来たと思います(^-^)

例年10月は年末に市場が盛り返し資金も
入りやすいタイミングですが今は新興市場も鈍いですし、
兆候も見えづらいので、

大型銘柄を扱わない限りは
振り返りや勉強にぴったりな時期だと思います。

この振り返りや勉強が
言うまでもなく大切で、

相場が良くない時=あまり動かない時に
ボーッとしているのではなく
しっかり観察することを続けて初めて、
次の大相場の初動に入ることが出来ます。

観察というのは、
今の相場を見るのも良いですし、
過去チャートを眺めるのも良いでしょう。

上昇する銘柄はチャートの特徴や
パターンをつかめば、すぐに見抜くことができます。

特に、株価が数倍~10倍以上に急騰するような銘柄の「初動」は、
相場に動きが無い時にこそ発生します。

だからこそ、
お仕事をしながらという方も
実際にトレードはしなくても、

相場を常に見て「初動」の発生に
気付けるようになって頂きたいなと思います。

「初動」の特徴を知って、情報収集を欠かさずしていれば、
必ず株価が安い良い位置でエントリー出来ます。

初動で入れるメリットって、
利益が大きくなるだけでなく、
万が一暴落した際のリスクも小さくなるんですよね。

特に、億トレと呼ばれるくらい
大きく稼いでいる方ほどやっぱり勉強家ですし、
初動を大切にされています。

個人投資家でも勉強を重ねれば
それは十分可能なことなので、

これまでの振り返りをしながら
10月もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田
 
 


ド真ん中銘柄の見極め方

2017.09.09
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます
ウルフ村田です。

北朝鮮の建国記念日を迎え、
市場はポジション軽減&様子見ムードですが、

毎年出てくる「テーマ株」を狙いながら
年間で見ればしっかり利が乗るようなトレードを
より強く意識してもらえればと思います。

2017年のテーマ株といえば、
VR・AR関係、人工知能、半導体、防衛関連など、
多くの分野に注目が集まってきましたね。

テーマ株だから飛びつくというのはNGですが、
そのテーマの中で中心となる銘柄さえ間違えなければ
大化け株は確実に出てきますので、
今回はそんな大化け株の特徴をお伝えしていきます。

先ほどテーマ株として挙げた人工知能関連。
確かに注目が集められてきましたが、
インターネットなどで今後有望という情報が
必要以上に飛び交っている典型のように感じます。

そのような影響で
人工知能関連の株価は一気に上がることはあっても、
結局のところ材料は思惑だけなので
すぐに落ちてしまうこともよく見られました。

あくまで、思惑が先行していることを忘れず
思惑に乗せられて高値掴みしてしまった!
ということのないよう注意してくださいね。

万が一、短期急騰した銘柄で
高値づかみしてしまった場合は、
基本的にはロウソク足の実体が
5日線を一回割ったらまずいと思って
逃げていただければと思います^^;

繰り返しになるかもしれませんが、
きちんと上がる株というのは、
思惑や宣言だけでなく、きちんと実体があります。

実体のある銘柄というのは、
事業内容や計画だけでなく、
現在進行形でその内容(テーマ)を実行し、稼働しています。

私はその企業が「事業を実際にちゃんとやっているか」
という視点で、きちんと分析された情報をもって
実体のある強い銘柄を発掘しています。

しかし、ポテンシャルの高さに気づいた投資家たちが
その銘柄をイチ早く買い込んでしまった場合、

本来の時期よりも早く急騰してしまい、
そこからエントリーしてしまうと高値づかみになってしまいますので、
その時はグッとこらえて、安値のところで拾うようにしましょう。

また、現時点でまだ株価が安く、
ポテンシャルが高い銘柄は沢山ありますので、
上がる前に買って値幅をとるためには
日々のチャートの監視が大切になります。

しかし、気になる銘柄はいくつもあるのに、
それらを忘れて1つの銘柄に集中しすぎて、
気づいたときには上がっていた!
なんてご経験はありませんか?

そんなもったいない結末にならないように、
チャートの管理の工夫は出来ているでしょうか?

今日は私のオススメ管理ツールをお伝えしたいと思います。

「ハイパーSBI」というサイト、
既に使われている方もいるかもしれませんが、
1画面に沢山の銘柄を表示させることができます。
何が良いって、監視銘柄のチャートも
一気に表示させられるので、変化に気づきやすいんですね。
直近IPOを一気に監視することも可能です。

無理に買う必要はありませんが、
日々のチャートの監視は初動を捉えるうえで必須になりますので、
是非検索して活用してみて下さいね。

ではでは今日はこれにて。
見通し不透明な中ですが、
来週からも張りきっていきましょう(^^♪

ウルフ村田


お祭り会場はどこ?

2017.07.22
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今日は少し上級者向けで、
漠然としますが大切な話をしたと思います。

私は短期トレードをとにかく極めて
「その時最も強い銘柄」を選ぶように
トレードをしていますが、

それができるのは、
二十歳から28年も株を経験しているからではなく、
「あること」をいつも気を付けてきたからです。

それは何かというと、、、

まわり(市場)の「雰囲気」を感じ取ることです。

言い換えると、
空気を読んでってことです。笑

そもそも、株価が動く基本的な要因は、
資金が入るか・抜けるかです。

なので、

誰が、資金を入れているか?
お祭り会場のごとく、
どこが盛り上がっているか?

この「雰囲気」を感じ取れると、
大きく上昇する銘柄を見つけ出すことが出来ます。

例えば、大きく値が上がる
「国策」や「テーマ」株だって
本当に利益があるか?よりも

「これ、なんかよく分からないけど良さそう!」

といった妄想みたいに盛り上がって、
資金が入るという事がよくあります。

たとえば、
医療情報サービスの6034 MRT。

昨年の2月から4月にかけて
大相場を作った銘柄ですが、

医療情報が本当に勢いがあって、
これからも伸びていくか?
という実体よりも国策としての
「それらしさ」が影響しています。

今回の上昇も
「今こそ医療!国策はMRTしかない!」
といった形で資金が流入し、

それを見た多くのトレーダーが
ビッグウェーブに乗るかのごとく注文を入れ、
一気に株価が上昇しました。

実際は「MRTしかない!」
なんてことないのですが(^-^;

国策やテーマは実体以上に
「それらしい」のが重要で、

上手なトレーダーほど、
その雰囲気と資金の流れを
掴むのに長けているんですね。

なので、
ちょっと人間関係にも似ていて、
上級者向けのテクニックだと思うのですが、

「雰囲気をつかむ」、
「空気を読む」ことを意識しながら
トレードに取り組むのも良いと思います。

元をたどれば、
株式市場を動かしているのも
人間の心ですからね(^^

それでは、今日はこのへんで♪
 
 
 
ウルフ村田


結局、何を信じてる?

2017.07.01
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
心斎橋のプライベートラウンジより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

先週はスクールの授業を開催し
様々な方とお話しさせて頂き、

地合いが良かったこともあり、
利益報告や感謝のコメントを沢山頂きました。

もちろんまだまだ勝てない!
という方もいらっしゃいましたが、

しっかり声を上げて下さり、
そのフォローを生徒さんがしてくれるという、
とてもいい雰囲気ができています(^-^

更に、このブログ記事を見て、
株で利益が出てスクールへの入校を
決めて下さった方がいらっしゃいました。

もともと儲かったお金で
さらに学びに再投資するという、
理想的な流れかと思います^ ^

もちろん、今まではかなり
地合いが良い状況だったかと思いますが、
初心者の方は特に注意か必要です。

とくに興奮して引っ掛かりやすいのが、
【目標株価】

目標株価の多くは、なかなかその通りに行きません。

思惑で上がり、いざそのネタとなる
イベントが出る頃には下がるというのが、日常茶飯事です。

目標株価1000円って言ってたのに、
800円を超えたら下がってきて、、

なんでーー?!!
という質問をよく頂くのてすが

目標は、あくまで目標。

株価上昇の期待は持てるけれど、
不測の事態はあることを考慮した上で、

まず盲信しないことが大事です。

逆に、あくまで聞いた話ではありますが、

下げますといって
自分たちで安いところを買っている
可能性もありますよね。

だから、巷に出てくる目標や方針を
活用するのは結構ですが、100%ではないことを
念頭に入れていただければと思います。

特に初心者には綺麗に上がっていくチャートが
分かりやすいと思います。

今日は7月1日の土曜日。

先月のトレードの振り返りを
されている方も多いかと思います。

過去の大相場のチャートを見て、
自分ならここで入った方が良かったとか、

なぜ、ここでエントリーした?という
根拠の振り返りもしてみましょう(^^

それでは、よい週末を♪

ウルフ村田


[Video]高いのと低いのどっちが好き?

2017.06.29
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

6月も終わりですが、
何だか抜くに抜かないで変な相場状況が続いていますね。

このような時ですと東証一部の大型株でなく
東証二部やマザーズなど普段聞きなれない
銘柄の年初来高値を見かけたりします。

チャートの形を見ていくと
高値圏は値動きが激しく、
底値圏は比較的落ち着いていたりします。

これは人により好き嫌いが判分かれますので、
そのチャートの違いについて動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

大好評のトレード相談会が
7月も開催!

ベテラントレーダーが
あなたの悩みに応じて
実践的かつ具体的なアドバイスをします。

詳細を知りたい方はこちら

http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170713/
※5名限定です