カテゴリー別アーカイブ: 成長株

【厳禁】二度買いしてしまう方へ

2017.05.20
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

毎月1度、大阪へ出張へ行くのですが、
東京とは違った、美味しいものがあり、

新幹線の駅弁とセットで
毎回楽しみにしています。(笑)

そんな折、この前串カツのお店に行って
面白いことに気が付きました。

テーブルに置いてあるソースの容器に
「二度漬け禁止」と書いてあったのです。

カツにソースをつけるのは最初の1回だけ、
あとは手を付けないというものですね。

多くのお客様がいらっしゃるところですし、
衛生的にももっともな決まりですよね。

冗談なしに人生で株のことしか考えていない私は
これを見てとっさに思い付いたのが、
「二度漬け」ではなく「二度買い」です。(笑)

今まで数々の急騰株をトレードし、
私の生徒さんもそれに乗って
大きな利益を実現してきた光景を
多々見てきました。

しかし、一方でそれと同じくらい多いのが、
天井で「二度買い」して下落に遭ってしまうケースです。

せっかく利益を出せた銘柄なのに、、、
輝かしい思い出が一気に
負けトレードになってしまいます。

この記事をご覧のあなたも、
もしかしたら同じような経験を
したことがあるかもしれません。

なぜ、このような事が起きるのか?

言ってしまえば、

利益確定に興奮してしまうことと、

銘柄執着をしてしまうことですね。

特に利益の金額が大きいほど
その銘柄に対する印象や思い入れも大きくなりますし、

結果として「また獲れるんじゃないか?」と
続けてエントリーしたくなるわけですね。

こういうのを私の言葉で
「二度買い」病と言います。(笑)

本当にもったいないことですし、
これを防ぐためには、、、

「資金は常に移り変わる」という事実を
忘れないようにしてください。

過去に、私の話を聞いたことがある方、
その時題材にしていた銘柄は
今も旬な銘柄でしょうか?

スクールや月刊ウルフなどで
継続的に聞いていただいている方は、

銘柄がスピード感をもって
移り変わっているのがお分かりに
なるかと思います。

当たり前のことですが、
私が狙っている短期急騰株は

「短期間」での急激な資金の流入が
背景にありますから、

ブームや思惑が過ぎると
それだけ速いスピードで資金が抜けて、
他の銘柄に入っていきます。

ですので、
急騰に便乗して利益が取れたからと言って
安易に追うのではなく、

資金が抜けるタイミングを
常に頭に入れて安くなるのを「待つ」
ことも忘れないでください。

それでは、今日はこの辺で(^-^

ウルフ村田


リスク・リターン見合ってる?

2017.03.25
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週は市場で大きな下落があり、
少し潮目が変わってきているような
印象を受けますよね。

誤解を恐れずに申し上げますが
先月までは「寝てても儲かる」と
言えるくらい良い相場でしたが、

その時の利益の多くを
今月に入ってから飛ばしてしまった
という声も多く聞こえ、

あらためて
良い時の資金管理を
いかにするか?という
ポイントを伝えたいと思いました。

とにかく私が
口を酸っぱくして言っているのが
「儲かったら現金化」。

含み益はちゃんと利益確定して
現金は端に避けておくことです。

そこで出来たゆとり資金がまた面白くて、

資金が小さい時は
仕込んでも動かないと
イライラしますが、

ある程度株でお金(現金)を
作っていると、
待つ余裕ができるので、

一番安いところからエントリーして
しばらくホールドといったことが
出来るようになるんですね。

相場の世界では
慌てる人ほど稼ぎが少ない
なんて言葉もありますが、

銘柄選定をちゃんと行った後は、
値上がりするまで
しっかり待つ忍耐力も重要ですね。

とはいっても、
私も精神戦は嫌いですから笑、

だからこそ儲かったお金は
現金化して避けておきましょう。

大きな下落があったときに

ギャー!と悲鳴を上げる方と
「さて、何を買おうかな?」
と言っている方の違いはここにあります。

また、今の相場では
全市場の中でリスク・リターンの
見極めも非常に重要です。

例えば、
初心者の方が「安くなったから」って
東芝の株を買うっていうのは、
ちょっと危険ですね

デイトレーダーで
大きな資金を運用する方が
東芝のようなリスクのある株に
手を出すのはわかりますが、

ファイナンスする銘柄を
保有するというのは、
当然リスク・リターンが見合わないと思います。

まだまだ強い銘柄は出てくると
見ていますが、

リスクをまず考えて、
期待値がどれだけ見込めるのか
見極めていきましょう。

私も今週末は
スクールにセミナーに
イベント盛りだくさんですが、
張り切って頑張ります(^^♪

ウルフ村田


小資金で損をしない投資法はある?

2017.02.25
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、
 
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

前回は、
「朝、絶対にやってはいけないこと」として
含み損の計算を挙げましたが、

株式投資の講師をしていると
スクール、セミナー、メールなど
多くの場面で含み損のご相談をいただきます。

特に相談にいらっしゃるのは
少資金の方ですね。

この調子なら、ずっと持っていれば
まだまだ上がるかも!と思う銘柄でも、

やはりすぐに資金を回収できないことで
不安になってしまうようです。

これから上がっていくと自信のある株でも
上昇のペースはそれぞれ違うので、

少資金の方は、まず、
1つの銘柄にすべて突っ込むのではなく
他でもしっかりトレードできるように
資金配分を気をつけたいところです。

とは言え、
せっかくずっと持っていれば
上がる銘柄を買ったのに
直ぐに損切りしてしまうのは
あまりにももったいないので、

どうしても不安があれば、

資金の半分を売って回収、
もう半分は寝かせておく

という手を使うのもアリだと思います。

また、含み損になってしまった方は
「上がると買いたくなる病」を
お持ちではないでしょうか?

上がる!と思っても、
上がっている途中で買えば買うほど
資金はかさみますし、
値幅は取りにくくなってしまうので、

安いところで拾うことがベスト!
という値幅意識を持って
どんどん押し目を狙っていきたいですね。

そして、
きちんと押し目で入ることができ、
ぐっと上昇したときは、
また下がらないうちに
一旦の利益確定もお忘れなく。

一度上昇した銘柄については
値幅調整が起こりうるので
一旦利益確定した後で
再び押し目のチャンスを待って
インすることもできますよ(^^♪

少資金トレードについては
以前よりお伝えしているので
内容が繰り返しの部分もありますが、
とても大切なことなので
改めてお話させていただきました。

株を始めたばかりの方は
是非参考にしていただき、

トレードに慣れてきた方も
ここでご自分のトレードを
再確認していただけると幸いです(^^♪

ウルフ村田


次の【大相場】を掴み取るために

2016.12.31
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪からの新幹線の車中より、、、
 
 
ウルフ村田です。
昨日は大納会でしたね。

皆さんも1年間、トレードお疲れ様でした。

私はギリギリまで相場を張って、
終わってからは大坂の生徒さんたちへ
株の補講をしていました。

年末なので
皆さんお忙しいかな〜?
と思っていましたが、

想像以上に多くの方にご参加いただき、
来年に向けて良い準備が出来たと思います(^-^)

年末年始は市場から資金も抜けがちですし、
ドッと大相場が来る時期でもないので、

1年の振り返りや勉強には
ぴったりな時期だと思います。

この振り返りや勉強が
言うまでもなく大切で、

相場が良くない時=あまり動かない時に
ボーッとしているのではなく
しっかり観察することを続けて初めて、
次の大相場の初動に入ることが出来ます。

観察というのは、
今の相場を見るのも良いですし、
過去チャートを眺めるのも良いでしょう。

上昇する銘柄はチャートの特徴や
パターンをつかめば、すぐに見抜くことができます。

特に、株価が数倍~10倍以上に急騰するような銘柄の「初動」は、
相場に動きが無い時にこそ発生します。

だからこそ、
お仕事をしながらという方も
実際にトレードはしなくても、

相場を常に見て「初動」の発生に
気付けるようになって頂きたいなと思います。

「初動」の特徴を知って、情報収集を欠かさずしていれば、
必ず株価が安い良い位置でエントリー出来ます。

初動で入れるメリットって、
利益が大きくなるだけでなく、
万が一暴落した際のリスクも小さくなるんですよね。

特に、億トレと呼ばれるくらい
大きく稼いでいる方ほどやっぱり勉強家ですし、
初動を大切にされています。

個人投資家でも勉強を重ねれば
それは十分可能なことなので、

今はこれまでの振り返りをしながら
2017年もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田
 
 
<編集部のオススメ>
トランプラリーで好調だった日経平均株価。
ですが、上がった株価は必ず下がります。

その時、「空売り」ができるようになっていれば
株価の下げで利益を出せるメリットがありますが、
実はそれだけではありません・・・

詳しくはこちら


「相場が良くない」は、卒業!

2016.10.29
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のセミナー会場より、、、
 
 
おはようございます。
ウルフ村田でございます(^-^
 
この前、私が講師をさせていただいているスクールに
知り合いのビリオン(10億)トレーダーが来て下さいました。
 
 
普段は名古屋にお住まいで、
もともと別の予定があったそうで
朝の新幹線で東京に来ていました。
 
どうやら日本橋の高島屋で
お買い物をしたかったそうなのですが、
 
どうしても生徒さんに
お話してほしかったので、
 
私が無理言って授業に
連れて行ってしまったのです。笑
 
 
実は、彼とは不思議な縁があり、
 
何と私が30歳まで勤めていた
日本長銀の上司と彼が共通の知り合いだったのです!
 
それを名古屋のパーティー会場で
たまたま知った時から彼とはご縁を頂いています。
 
 
なにせ、ただの「億トレ」ならぬ
ビリオン(10億)トレーダーです。
 
本当に貴重なお話をしていただいて、
私が一番勉強させてもらいました。
 
 
その中で特に鮮烈だったのが、
「簡単な相場しか手を出さない」
という考え方。
 
どんなに資産を築いたトレーダーであっても
相場には逆らえませんから、
 
大間のマグロ漁師が、
海が大シケの日には漁に出ないように、
 
相場が良くない時は、
無理に乗り出さないことだと仰っていました。
 
 
専業トレーダーだと、
ついつちポジションを持っていないと
落ち着かなくて、、、

となりがちですが、
気持ち的にも・結果的にも

簡単な相場だけ見定めてやっていた方が
効率よく資産が築けます^^
 
 
ビリオントレーダーの彼は
どちらかというと私みたいな短期投資は苦手だそうで、
 
チャートや景況を見ながら
中長期で良いと思う銘柄
を仕込んでいるそうです。
 
 
そして、大切なのは、
彼が相場の良くない時も
マメな情報収集を欠かさないこと。

これ以上言うと
彼の手の内をバラしてしまうので、
具体的には言及しませんが、
 
 
「相場が良くないから」と
思考停止してしまっては、
大きな利益を得る事は出来ません。

なぜなら、
株価が数倍~10倍以上となるような
急騰銘柄の「初動」は、
 
相場が難しい時にこそ発生するからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
 
「初動」の特徴を知って、
情報収集を欠かさずしていれば、
 
周りのトレーダーが気付く前に
急騰銘柄するにインすることが出来ます。
 
 
ビリオントレーダーの彼も、
短期で必要な瞬発力が足りないからこそ
 (※実際はそんなこと無いと思うのですが(^-^; )
 
「初動」で仕込むことを
大切にされています。
 
 
例えば2354安川情報であれば、
閑散相場と言われていた
8月がちょうど初動で、
 
10月20日には株価が
もう5倍以上になりました。
 
 
今年話題になった
6176ブランジスタの初動も、
日経平均が暴落した2月でしたね。
 
 
相場が良くない時は
無理にトレードする必要はありません。
 
ですが、
常に「次の大相場を作る鼓動」を意識して
アンテナを張っていると、
 
大きなチャンスが舞い込んできます。
 
 
大きく稼いでいる億トレほど
やっぱり勉強家です。
 
 
「相場が良くない」は、卒業して
本日もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
 
ウルフ村田

P.S.

多くの方に億トレのリアルな手法
を知っていただきたく、
ギリギリのところまで踏み込んで
情報提供しています。

億を稼ぐトレーダーが
どこからどんな情報を仕入れて、
どこを見て、どんな銘柄に注目しているのか?

今なら1ヶ月無料で参加できます。
この機会に是非お試しください(^^

http://j-i-s.info/j-i-s/gekkan_jis1610/

※お申し込みは11/1(火)まで


お祭り会場はどこ?

2016.10.08
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今日は少し上級者向けで、
漠然としますが大切な話をしたと思います。

私は短期トレードをとにかく極めて
「その時最も強い銘柄」を選ぶように
トレードをしていますが、

それができるのは、
二十歳から27年も株を経験しているからではなく、
「あること」をいつも気を付けてきたからです。

それは何かというと、、、

まわり(市場)の「雰囲気」を感じ取ることです。

言い換えると、
空気を読んでってことです。笑

そもそも、株価が動く基本的な要因は、
資金が入るか・抜けるかです。

なので、

誰が、資金を入れているか?
お祭り会場のごとく、
どこが盛り上がっているか?

この「雰囲気」を感じ取れると、
大きく上昇する銘柄を見つけ出すことが出来ます。

例えば、大きく値が上がる
「国策」や「テーマ」株だって
本当に利益があるか?よりも

「これ、なんかよく分からないけど良さそう!」

といった妄想みたいに盛り上がって、
資金が入るという事がよくあります。

たとえば、
医療情報サービスの6034 MRT。

今年の2月から4月にかけて
大相場を作った銘柄ですが、

医療情報が本当に勢いがあって、
これからも伸びていくか?
という実体よりも国策としての
「それらしさ」が影響しています。

今回の上昇も
「今こそ医療!国策はMRTしかない!」
といった形で資金が流入し、

それを見た多くのトレーダーが
ビッグウェーブに乗るかのごとく注文を入れ、
一気に株価が上昇しました。

実際は「MRTしかない!」
なんてことないのですが(^-^;

国策やテーマは実体以上に
「それらしい」のが重要で、

上手なトレーダーほど、
その雰囲気と資金の流れを
掴むのに長けているんですね。

なので、
ちょっと人間関係にも似ていて、
上級者向けのテクニックだと思うのですが、

「雰囲気をつかむ」、
「空気を読む」ことを意識しながら
トレードに取り組むのも良いと思います。

元をたどれば、
株式市場を動かしているのも
人間の心ですからね(^^

それでは、今日はこのへんで♪
 
 
 
ウルフ村田
  
 

<本日のオススメ>

リアルタイムで理解しやすく、
分かりやすく教えてくれるので、

「こういうのはどうするか」という
内容がしっかりと根付きました。

セミナーを受けてからは、
トレードで迷うこともなくなり、
注文が早く、取引時間も短くなりました。

何よりも大きく負けることがなくなりました。
ー鳴門の S さん

詳しくはコチラ