カテゴリー別アーカイブ: 日経平均

[Video]ここからの戦略

2017.09.21
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

ちょっと日経平均もズルいというか、、、
北朝鮮とアメリカが開戦ギリギリから何もなし。
さらに選挙という裏技で無理やり上げてきて、

もはや国の思惑を読みながら…というところで
今の戦い方について動画で解説していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
クジラ講師の秘密のアプローチが
わずか4時間で公開されています。

トップ0.01%の世界で生み出された
至高のテクニックですが、
もう後戻りできないのでそのまま載せます。

大事なノウハウがポロリ:

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170930/


【科学】資金を分散する意味とは?

2017.09.12
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日はかなり実用的な話をします。

すぐに使える概念なので、しっかりと読むことをおすすめします。

あなたは、投資する資金をしっかりと分散させていますか?

エントリーするときに、いきなり資産の半分とか投下したりしていませんか?

「いや、、資金が少ないので仕方なく、、、」

「ここから大きく動いたら機会損失になると思って、、、」

と色々な声が聞こえてきますね。

最近、私は行動心理学を以前よりさらに力を入れて勉強しているのですが、

人というのは、

・一発逆転
・起死回生
・V字回復

といったものに予想以上に価値を感じるということがわかりました。

プラスがさらにプラスより、
マイナスからの逆転でのプラスの方に感動する。

様々な事例を見て、あるいは、自分自身の経験を思い返して、

深くそう納得しました。

面白いことに、本質的に人間は、プラスよりもマイナスのほうが好きなのですね。

マイナスがあってはじめてドラマがある。

きっとあなたもそう感じてしまうことと思います。

しかし、トレードにおいては、それでは困りますね。

そこで、本心や欲望と逆行することは承知のうえで、

分散投資をオススメします。

今日は、その方法について、少しだけ紹介します。

・・・

まず、分散投資というのは、

あなたの投資資金をいくつかの投資対象、投資機会に分けて投資する

ということを言っています。

投資をする以上、誰だって、自分が投資する対象に8~9割の確信を持って投資します。

そうなると、本当は300万円投資できるのに、30万円しか投資するな!

と言われると、

「なんでだ!もしもこの投資が当たったら、俺の利益が10分の1になっちゃうんだぞ!」

と怒りたくなると思います。

人間は、機会損失を嫌う生き物ですから、

8~9割確信している機会をみすみす逃すということが耐えられれないのです。

さらには、大きな投資に踏み切ってリスクを取ることそのものが快感になります。

 

しかし、、、

8~9割当たるという確信そのものがそもそも間違いだとしたらどうでしょうか?

ここで、ランダムウォーク理論という理論を紹介します。

あなたは、ファンダメンタルズ分析にせよ、テクニカル分析にせよ、

しっかりと綿密に分析すれば、それなりに確度の高い予測が可能である

と信じていませんか?

日本人は特に、学校教育において「正解のある問題」を解く習慣がありますから、

・時間さえあれば
・知識さえあれば
・経験さえ積めば

かなり高い精度での未来予測ができると思っている人が多いです。

しかし、、、

ここからは意見が分かれるのですが、

実際のチャートというのは、

【ランダムな動き】と【意味のある動き】が混じっているものなのです。

例えば、ここ数日下落トレンドだな~と思っていたとして、

それはランダムな動きが重なった結果である可能性が結構あります。

つまり、下落「トレンド」というのは見かけ上のトレンドに「見える」だけ

であって、実はトレンドなどないフェーズである、

という可能性が結構ある、ということです。

 

他の側面から見ると、例えば、

あなたが過去2週間の合計約5回のスイングトレードで

勝率80%だったとしましょう。

5回の80%なので4回買って1回負けたということです。

一見、すごい実力が身についたように感じますね。

しかし、勝率が50%の実力だったとして、

5回中4回勝つ確率は、15.6%です。

決して大きくないですが、十分にあり得る数字です。

つまり、勝率が8割になったというのは、単なる思い込みにすぎないかもしれず、

実際は勝率50%で偶然が重なって5回中4回も勝ったかもしれないということです。

もしも単なる偶然だったとしたら、、、

この実績に自信を持って投資金額を増やしたら、、、悲惨な結果になりそうでうね。

同じように、

10回中8回勝つ確率は、4.4%
20回中16回勝つ確率は、0.5%

となります。

20回投資して16回勝ったとなると、さすがに偶然ではない可能性が高くなってきますね。

しかし、それでも、勝率が8割である保証にはなりません。

実際は勝率が65%程度である可能性が十分にあるのです。

このように、トレードの難しくかつ奥深いところは、

多少の実績は保証にならないという点です。

 

少し脱線しました。

話を戻すと、チャートの動きでトレンドがあるように見えても気のせいかもしれないし、

自分の理論が当てはまっていると感じはじめても、気のせいかもしれない、、、

ということです。

であれば、短期間の実績や過去チャートを元に大きなリスクを取ることは危険です。

そこで、より確実かつ着実に利益を積み重ねる方法として、
分散投資という概念を理解し利用すべきとオススメいたします。

 

目の前の投資機会に自信があって、全財産を一気に突っ込みたくなる気持ちはわかります。

ですが、もしもあなたの実力が本物なのだとしたら、

焦らなくても5回に分散してエントリーをしたとしても、

投資回数は増えて、その分時間はかかるかもしれませんが、

あなたの資産は着実に増えていきます。

それだけではありません。

もしも、あなたの実力があなたの妄想であった場合には、

資産が減る速度を大幅に削減してくれます。

多少、不運が重なったくらいでは資産は大きく減りません。

5回に分散投資しているということは、一極集中投資をしている場合に比べて、

5倍の不運が重ならない限り、あなたの資産は防衛されるのです。

 

私たちの生きている世界は、確率という摂理に支配されています。

あなたの勝敗は、常に、実力の要素と運の要素が含まれているのです。

ですから、

勝ったからといって100%自分の実力のお陰と思うのは思い上がりで、

偶然に感謝するくらいの謙虚さがあって妥当だし、

負けたからといって100%自分の実力のなさと憂(うれ)うのは、

落ち込み過ぎというもので、運が悪かったということもあるわけです。

このことを深く深く理解し、

資産を分散投資するということを真に譜に落とした人だけが、

超長期にわかって勝ち続けることができると思っています。

 

収集がつかなくなってきたので結論としますが、

確率論としては、5~7回にあなたの資産を分けて投資すると、

あなたの実力どおりの結果が得られます。

ぜひ、この資産分散、資産管理ということに興味をもってください。

このところ、日経平均株価も為替も難しい局面を迎えていますが、

こういうときほど、分散投資です。

ロットを減らして長く持つ。

エントリーとエグジットを分散する。

ぜひ、やってみてください。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<※お詫び JIS事務局より>
講師より予告させていただいた
資金管理のセミナーですが、
10月に予定を変更させて頂きました。

投資対象も投資時期も同じなのになぜ、
一部の個人投資家だけしか
最後は勝つことができないのか?

じっくりと準備していますので
お楽しみにお待ちください!


[Video]100点満点の空売りチャートを5つ!

2017.09.07
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

トレードの調子はいかがでしょうか?

北朝鮮とアメリカの緊張も高まり
いよいよ有事が現実味を帯びてきた中で
買いだけで張っている投資家は難しい状況かと思います。

日経平均も下がる要素が見えてきましたので、
動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎


[Video]平和ボケしちゃってる?

2017.08.31
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

日本の市場は世界の「しわ寄せ市場」と
言われるように海外の事情に振り回されて
なかなか調子が上がらない方も多いのではないでしょうか?

火曜日の朝に北朝鮮がミサイルを発射して
ドスンと下げた日経平均もまた戻して踏ん張っていますが、
この先そんなに甘くなさそうと見ているので、
その理由について動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

70年前に戦争が終結し、
私達戦争を知らない世代が「平和ボケ」している
なんて言われてきましたが、

相場においても2008年のリーマンショック以降、
本格的な下落に遭遇した経験が少ない方も多いと思います。

日経平均がドスンと下げてから
すぐに買いが入るような状況ですが、
これまで経験のなかった大きな下落が起こりうる事を
念頭に入れてトレードしていきましょう。

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

デイトレでパパッと利益をとって
トレード以外の人生を楽しむ方法

・短時間・小資金でOKの体系的なデイトレメソッド
・オンライン学習で何度でも復習できる
・リアルタイムトレードで実践的トレーニング
・人生を自力で切り開くスキル

こんな貴重なスキルを
高橋陽子からたった3時間で学んじゃいました…

詳しくはこちらをクリック

http://japan-i-school.jp/jim/1708_t_op2/


[Video]IFDO注文の使い方

2017.08.24
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。
トレードの調子はいかがでしょうか?

、、、と、阿保みたいなこと聞くなって
思う方もいるかもしれませんが

政治リスクの問題もあり、
やりづらい相場が続きますね。

今日は日経平均の見通しと
先日質問があったIFDO注文について
動画で解説したいと思います。

↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<編集部より>

「デイトレ上達のためにどんな練習をすればいいのか、
 いまいちアイデアが浮かびません…」

このようなお問合わせ、
けっこう多いです。

もし、あなたが同じ悩みを
持っているとしたら、
このビデオはピッタリかもしれません、、

http://japan-i-school.jp/jim/1708_t_op2/


転換時の身のこなし方

2017.08.12
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

暑い日々が続く中、
皆さんも暑さに負けずに
頑張ってトレードをされている中かと思いますが、

今週は相場に大きな変化がありましたね!

日経平均をはじめ
新興株の主戦場である
マザーズ指数も大きく下落。

苦戦を強いられている方も
いらっしゃる中かと思います。

世の中には個人投資家と、
まとまった資金を持った
大口投資家とが存在しますが、

大口投資家が戦っている銘柄を
一気に売り出したら
チャートも一気に売り方向に崩れます。

その場合、売りの力と買いの力、

どちらの力が強いかって言うと

圧倒的に売りの力です。

暴落の危険性は先週の
ブログ記事でも取り上げましたが、

その直前まで個別株は絶好調で、
まだまだ行けるぞ!となっていのたですが、

全体の地合いが下がった途端に
急にそのトレンドや事情が変わることもあります。

その時に頼りになるのが、
「自分で売る判断」です。

特定の情報や
自分の相場観にしがみついてばかりだと、
最悪のケースは強制ロスカット。
つまり、強制決済になってしまいます。

当たり前ですが、
特に大口投資家は組織でやっているので

一旦ロスカットでポジション崩して売ってから

またそのポジションで買うしかない。

一旦大きく下がりだすと
行くところまで行ってしまいます、、、

もちろん、一回落ちてから上がったりする
銘柄もありますので、冷静にチャートを見て、
テクニカル指標も使いながら

「あ!ここが天井で崩れてきたんだなと、」

自分で判断して、

テクニカルを見てダメだと思ったら

一旦利確・ロスカットしてください。

特に相場が大きく転換したときは要注意です。

私もマザーズ指数や全体観を日々確認して、

これどういう状況なんだろう?

って考えています。

私も短期集中のタイプですが、

相場に関しては全体を見て判断することが一番と、

強い自負心があるので

これからも状況に応じて発信できればと思います!

お盆休みの方もいるかと思いますが、

暑さに負けず、がんばりましょう(^^)/

ウルフ村田