カテゴリー別アーカイブ: 日経平均

80%が見落としてる重要ポイント

2017.03.20
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のリビングより、、、

「どうやったら株で勝てますか?」

これは、セミナーで
一番よく聞かれる質問です。

どうやってって、
あまりにも抽象的過ぎて
答えるのが難しいですよね。

私なんかも含めて株に携わっている人間は
ものすごい数ですが、

すべての人が求めている問題でしょう。

勝てる方法はこれから先も
ずっと探っていくものですが、

勝つためのコツはいくつかあります。

それは・・・

日経平均株価と歩調を合わせること!

もっとも初歩的で
これほど重要なことはないと思う。

どんなにいい会社でも
日経平均株価が下がっているときはほぼ下がる。

あんまりメジャーでない会社も
日経平均株価が上がっているときは
ひょっこり上がってくる。

狙っている銘柄があれば、
日経平均株価が上がるときに
ちょんと買えば追い風に乗って利がのる。

大きな目線で見たときに、
それが相場というものです。

原理原則にも思えますが
これ、意外と多くの人がわすれがちです。。。

特に株式の銘柄は
固有の会社名がついているせいか、愛着がわきやすい。

固有の名称を何度も呼んでいるうちに、
我が子のように思えてしまう。

終いにはかなり株価が下がっているのに、
うちの子に限って大丈夫だ、
なんて親バカも方もいる次第ですね。

目の前にかわいい我が子がいると
周りがみえなくなってくる・・・

YDK!(やれば できる 子)と思い込んでしまう。

業績はいいし、注目度もいい、これから話題の業種だ。
きっと悪いのは今だけでぜったいに上がってくる。
だって・・・私の子なんだから!

こうなると、もう末期症状です。。。

「木を見て森を見ず」

全体を見ながら一部にこだわる必要があります。

麻雀の上手な人は自分の手牌だけでなく、
ほかの人が捨てた牌
つまり「場」の流れを見ていきましょう。

さあ、今日は祝日!

なにかいい銘柄はないかと探しに行く前に、
日経平均株価のチャートをまずはじっくりと、
じっくりと見直してみるのもいいかもしれません。

藤井百七郎

【投資銀行のトレード戦略】

世界最高峰の150人に選ばれた
トレーダーのうちの1人が
20年前からキャリアを通して使い続けてきた
トップのトレード戦略を公開中…

詳細はコチラ


[Video]5日MAを使った買いと空売りのポイント

2017.03.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

おはようございます。
藤井です。

トレードの調子はいかがでしょうか?

日経平均は19500円を抜けたら、
スーッと上げていくというのが
大方の見方でしたが、
なかなかそうはいきませんね。

ただ、その中でも
素晴らしいトレードを実現された方もいます。

今日も動画で検証していきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ 

今日は5日線を基準にして
買いと空売りで利益を出していく

というテーマでしたが、

特に5日移動平均線は無視せずに
しっかり使えば利が乗りやすいので、

ポイントを押さえて頑張っていきましょう!

藤井百七郎
 
 
【新:無料webセミナー】

いまさら聞けない資金管理の基本
–リスク管理におけるユニットとは?

【そもそも、値動きとは何なのか?】
ー名だたる機関投資家の中でも
 高く評価された独自の分析理論

【相場を動かす側から見た
価格転換の「山越え」「谷越え」】
ー個人投資家が知るべき、相場の本質と
 プロディーラーの行動心理

こちらで無料で公開中

http://japan-i-school.jp/toshi-school/cc/opt02/


[Video]面白い銘柄2つ見つけちゃいました!

2017.03.09
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

おはようございます。
藤井です。

3月もあっという間に9日目ですが、
日経平均は年が明けてから
上は19500円、下は18900円の間で
ボックス相場に入った様相です。

そのことについて動画で解説して行きます。

↓ ↓ ↓ ↓ 

このような持ち合い相場の時は、

以前に紹介したような
日経平均の動きとは連動しない銘柄、

その選択に時間をかけてみても良いかと思います。
それでは、本日もトレード頑張りましょう。

藤井百七郎

<本日のオススメ>
もし、あなたがFXで思うように結果が出せずに
負け組から脱出したいと思うなら、

ぜひコチラのセミナーをチェックしてみてください。
難しい説明はなく、シンプルに勝てる方法をお伝えします。
http://j-i-s.info/j-i-s/saito031525/


[Video]日経平均が持合ならこの手があります!

2017.02.23
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

おはようございます。

今日は画面だけの説明になりますが、
2週間くらい持ち合ってやりにくい相場が続いていますが、

利益の出やすい銘柄
買いが2つ、売りが2つという目線で
動画でしていきたいと思います。

↓ ↓ ↓ ↓

そろそろ日経平均が19500円を抜いてきたら
溜まった力が一気加勢の上昇圧力になるかと思いますので、

それまでは今日紹介したような銘柄で
頑張っていきましょう。

藤井百七郎
 
 
<本日のおすすめ>

株式トレードで
「本気で」成功したいのならば、

「本気で」勝ち抜いた人の
話を聞きたくありませんか?

http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


見逃し厳禁!相場のルール変更を意識する

2017.02.22
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

ここ数日、暖かい日があり寒い日があり、
おだやかな日があり、強風大雨の日もありました。

なんだか市況の話をしているみたいです。

ということで、今回は市況の読みについてお話します。
久しぶり、もしかするとブログでは初めてかもしれませんね。

相場のメカニズムに関して、
まずはおさらいしておく必要があるでしょう。

日本は、日本の事情と理由があって、相場は動きます。

同様に、欧州には欧州の、米国には米国の、
それぞれ事情と理由があって相場は動きます。

そして、それぞれの地域での理由は、
為替、債券、株式市場を介して他の地域に影響を与えます。

全ての事情は
世界同時にニュースで伝わるので、
そこから解釈される心理要素も
市場に大きく影響を与えます。

確実に言える事は、全ての金融市場は、
市場参加者(=売買オークション参加者)「だけ」による
需要と供給で価格がきまります。

相場は需要供給によって
上がるか下がるかの単純な瞬間瞬間の動きです。

けれども、いろいろな情報が関与しているため、
簡単に読み当てる事は出来ないですね。

ある瞬間読みが当たっても、
次の瞬間には、当てた時と違うルールで相場が動いていると、
同じ方法では当てる事はできません。

これが相場の難しさであり、面白さでもあります。

前置きが長くなりました。

まずは大きな流れを読んでみましょう。
為替と日経平均をグラフにしてみました。
明確に動きが変わった日に縦線をいれてあります(2月21日前場まで)。

この縦線がルールの変更日になると考えながらグラフをご覧ください。
ルールが変わる以上、それまでと同じ考えや読みは通用しません。

最初の縦線は、ブレクジットです。
英国のEU離脱は特に心理的な震撼を与えましたね。

次は参議院選挙です。
自公の安定政権に市場は安心感を覚えました。

その次は、トランプ新大統領の決定です。
その後にトランプラリーと呼ばれた
上昇相場がやってきたのは誰もが知るところです。

最後の縦線は、1月24日です。
この日までは為替だけに反応して相場が動いていましたが、
この日を境にそれまでほど反応しなくなってきました。

ブレクジットとか参議院選挙、
新大統領のような明確な大きなニュースはありませんが、
明らかに動きが変わった日です。

日程的には、第3四半期の企業決算が理由と考えられます。

かつ依然として為替は支配的でもありますね。

とすると、今は業績と為替の双方
主要なルールとして相場を動かしていることになります。

第3四半期の企業業績を終えた段階で
上方修正は東証1部500社の集計では約100社、
下方修正は約30社でした。

今年度の為替レートは、
今期(4月1日から2月21日まで)の平均が108円です。

現時点ではこの平均より5円ほど円安なので、
当期決算には良い影響があるでしょう。

他にも理由を探せば
相場を動かす理由はたくさんありますが、
大きなルール変更を意識すること
まず大切だと思います。

それでは、次回をお楽しみに

奥村尚

<編集部のおすすめ>

株式トレードで、あえて
”負けに行って”いませんか?

どんなに良い手法を使っても
あなたが「負けるマインド」を
持ち続けている限り、
利益は生み出せないでしょう。

「勝てる自分に変わりたい」
そんなあなたのために、
特別な1日が待っています。
http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


[Video]今のような持合相場でのやり方2つ

2017.02.02
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、
 
 
おはようございます。
藤井です。
 
2月に入り、トレードの調子はいかがでしょうか?
先月の後半から相変わらず
読みにくい相場が続いていますね。
 
チャートを見ながら
持ち合い相場での戦い方を動画で解説していきます。
 
↓ ↓ ↓ ↓
 

 
1つ参考として、
日経平均が持ち合っている時というのは、
日経平均と連動しない銘柄を仕込んでおくと、
上手く行くのはもちろん、

反対に行った時のリスクも低減できるという
考え方がありますので、そのような
トレード戦略もありかもしれません。
 
今週も後半頑張っていきましょう。
 
 
藤井百七郎
 
 
<編集部より>
いつもメルマガをご購読いただき、
ありがとうございます。

今後のサービスの向上のため
アンケートへのご協力をお願い致します。
1分ほどで終わります。コチラをクリック