カテゴリー別アーカイブ: マインド

マイナスを力に変える方法

2018.01.19
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

最近、スマホのアプリの利用が
増えております。

何のアプリかというと、
タクシーの配車アプリです。

GPS機能を利用し、現在地から
配車可能なタクシーを表示してくれ、
すぐに配車完了です。

カフェで配車を待ちながら、
時間になったらタクシーに乗り込むだけです。

寒い中、タクシー待ちしなくても
済むのですね。

また、配車予約もすぐに出来ますし、
自分のクレジットカードを入力しておけば、
手間のかかる現金の受け渡しもありません。

こんなに便利なアプリを使わない手は
ありませんよね。

とは言え、
どんな便利なものにも、マイナスの部分が
ある
のはたしかです。

たとえば、金額が少々割高であること、

いつも配車が予約に追いつかなく、
予約が取れないこともあること、、、等々。

良い面と悪い面があるのです。

いつも彼氏が欲しいと言っている人が
いるとします。

彼氏がいればラブラブでしょうし、
土日はデートで充実するでしょう。

しかし、常にラブラブとは限らず、
時にはケンカもし、これなら1人の方がまし、

といった事態もあります。

また、土日がいつもデートだと、
他の事に時間が使えずにそのうちに
ストレスがたまるかもしれません。

株式投資もそうですね。

利益がドッカーンと乗ると天国にでも
いるような気持ちですし。

自分は天才じゃないか?
なんて錯覚します(笑)

しかし、その利益を失ったり、
マイナスに苦しむと、

自分ほど不幸は人間はいないかも…
と思うぐらい落ち込んだりしてしまう。

メンタルがジェットコースターの様に
常に上に下に乱高下しますね。

とは言え、株にしてもそうですが、
その2面性があるからこそ、
頑張っている人も多い
のではないでしょうか?

株だけに限らず、100%勝てる投資法は
ありません。

誰しも、マイナスを被ることもあるのが
投資の世界です。

そこでどれだけ

資産を築けるか、
メンタルを強くできるか、
成長できるか。

これが投資の魅力であり、皆さんも
頑張っているのでしょう。

(勿論、私もです)

お正月に、投資の本を勉強して過ごしました。

先日も、また新しく株式投資の本を
5冊ほど追加購入しました。

何か一つでも、ハッとする言葉や
キーワードがが隠されて
いるかもしれません。

そう思うと、常に勉強が必要なのです。

常に進化するのが投資の世界です。

AIが日常にどんどん入ってきています。

タクシーの配車アプリしかり、
ネットの世界も、現実世界もどんどん
AIにとって変わられるでしょう。

その変化についていくためにも、
常に、進化、冒険していくのが
一番のAI対策ではないでしょうか。

進化、冒険しながら、
楽しく投資の世界を切り開きましょうね(^^♪

高橋陽子

<編集部のおすすめ>
これから案内するセミナーの
5つのメリットを紹介します。

■まとまった時間がなくても結果を出せる
■少ない資金からでも始められる
■長期的に安定した成績を出せる
■実際にトレード体験ができる
■リスクを最小限に抑える決済ルールが分かる

他にも、あなたの問題を解決する方法が
見つかるかもしれません。
一度体験してみて下さい。

問題解決の近道はコチラ


景気を実感する方法

2018.01.17
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

1月のテレビ番組では、
一年間の景気とか、今年の経済は、というテーマで
いろいろな特番がありました。

その中で必ず起こる問題提起があります。

1月に限らず、毎週末のニュースでも、
あるいは毎日のニュースの中でも
いつでもある不思議な問題提起です。

「景気が良いといわれても
庶民の生活にまで及んでいないので
その感覚がない。どうしてなの?

どうすればいいんですか? 」

1990年のバブルの時には、恐ろしく景気が良く、
例えば、終電が終わった後のタクシー乗り場は長蛇の列、
タクシーに乗るまで1時間も2時間も待ったものでした。

皆がお金を使いまくるので、モノは飛ぶように売れた時代です。

ものづくり、サービス業、全ての業種で人手不足も深刻化し、
争奪戦になっていました。

結果、社員より契約社員の方が給料が高いという
逆転現象が起こっていました。

今回は、そんなすごいバブルにはなっていませんね。

それでも、うーん、本当は(少なくとも大企業に勤務する人には)
景気の良さは既に賃金に反映されており
生活に及んできているはずなのですが。

それはさておき、問題の答えは2つあります。

ひとつは、企業に利益が蓄積されており、
まだ還元されていない
ため、
感覚がなくても不思議ではないということです。

そもそも、
絶好調の今期は
まだ終わっていません。

期が終わってから決算を確定し、
その利益は株主総会で処分案が確定されますが、
終わっていない期の利益は使い始めることはできませんね。

もうひとつは、
それでも景気の良さを実感できている人々がいるので、
そうした人々を参考にすることです。

そういう人々は、会社の経営者だったり、
投資などをしていて、実際に管理しているお金を
今の景気の波に乗って見える化している’人々です。

行動している人々と言い換えられるでしょう。

行動しないで黙っていては
景気の良さをおそらく実感できないまま景気は終わってしまうでしょう。

今の景気の良さを是とする限り、

なぜ行動するのか?
ではなく、もはや
なぜ行動しないのか?

を問う方が答えが出やすいように思えます。

ではまた、次回をお楽しみに

奥村尚

<編集部のオススメ>
あなたは次の5つのタイプに当てはまりますか?

・FX初心者の方
・稼げる具体的なノウハウを知りたい方
・リスクを最大限に抑えたい方
・シンプルに結果を出したい方
・新しい収入源を作りたい方

これらに該当する方は
こちらのセミナーをぜひ一度ご覧ください。

心当たりのある方はコチラへ


魔の時間帯

2018.01.12
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

私は普段、TVを見ないと公言しております。

理由は多々ございますが、

TVを見ていると「時間泥棒」と思う程
あっという間に数時間経過していたり、

毎日の様に流れる、不幸なニュースを聞くと、
これだけで気持ちが沈んだりしますから…

そういった事柄に振り回されるのではなく
自分軸で動きたい。

そういう理由で、普段はなるべくTVを
見ない生活をしております。

しかし、そんな私でも、「魔の時間帯」
というものがあります。

どうしてもTVを見てしまう時間帯です。

丁度、夜寝る前のちょっとしたスキマ時間ですね。

通販番組のトークが面白く、
ついついそれが見たくて
通販TVをつけてしまうんです(汗)

先日も、そうやって通販番組を見ながら
1人ツッコミを入れていたのですが、

60代後半の女性が登場し、
「この歳になると、まぶたの上が重くなりますよね」
と、その年齢ならではのコメント。

こう言っては何ですが、
確かに、まぶたの上が重そうです。

元は2重なのに重くて一重になっているんですね。

60代になっちゃうとこんな風になるのねー、
と、他人事で見ていたのですが。

あるテープをまぶたに張ると、たった数十秒で
あら、びっくり。

さっきまで重たそう、眠たそうに見えた
おば様の目が1.5倍にぱっちりです。

きれいな二重に大変身!!

いやいや、これなら50代と言ってもOK!
ぐらい若返り、また目も輝いて見えます。

2人、3人と入れ替わり立ち変わりで
ビフォーアフターできれいに生まれ変わる様を
どんどん見て、

一重の人もきれいな二重になっちゃうんですよ!!

すごーい!!

と、見ている私も目が釘付けです。

もう一気に引き込まれてしまった訳ですね(笑)

「こんなに変わるなんてスゴイ!」
と、感動しまくりです。

そこで、TVの司会者から一言。

「あと5分で販売締切りです!」

もうお分かりですね。

そこで買ってしまったわけです。

超特急で購入しました!

アイプチみたいなまぶたに貼るテープをです(苦笑)

まあまあ、良い買い物をしたなぁ、
と眠りにつき。

翌朝に、自分の顔をまじまじと見て、

「あれっ?私って意外としっかりした二重じゃないですか」

と気付いた訳です。

まったく必要がない買い物をしたことに
愕然としました。

そうなんですね、
煽られて、痛恨のミスをしちゃったんです(涙)

でも、
皆さんも他人事ではないかもしれません。

ついつい時間があったので株をチェックし、
その予定がないのになんとなく株を買ってしまったこと、
ありませんか?

この「なんとなく」が結構あぶないんですね。

ちゃんと冷静に分析し、
良いタイミングで入るべきなのに。

全てすっ飛ばして「株購入〜」となってしまうんです。

夜中の通販番組でイタイ思いをした私ですが、
株だけは、適当買いはしません。

なぜなら、
通販番組の商品ならば、5000円で買っても
使わずにいれば、価値はゼロなんです。

しかし、株はゼロではなく、
マイナスになりますね。

そこが怖いんです。

ですから、分析し、計画を立てることが
必要になってきます。

私のご縁のある方々には、
大損はして欲しくありません。

だからこそ、株は計画的に買って
いただきたいものです。

(TV通販もですが)

ちなみにですが、そのアイプチが欲しい方、
無料で進呈します(笑)

直接お渡しできる生徒さん限定ですが、
使ってくださるとありがたいです。

おめめパッチリの効果
スゴかったですよー(^^♪

高橋陽子

<編集部のオススメ>
チャートの動きに
翻弄されていませんか?

あなたも相場の原理原則を知ることで、
どんなに日経平均が上下しても
もう動じることなく

安定した利益を生み出し続けられます。

翻弄されたくない方はこちら

※先着15名まで!お急ぎください。


投資の実力は◯◯◯に表れる

2018.01.09
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

投資の実力というのは、
投資計画に表れる

トレードを極めてきて
行き着いた結論です。

私は投資をビジネスのひとつ
だと思っています。

よって、投資で言えることは
ビジネスにも言えるし、
その逆も成り立つと思っています。

ちょっと考えてみてください。

1日は24時間しかありません。

これは、老若男女誰にとっても
平等に共通していることです。

しかし、

同じ時間を生きてきたはずの
同い年の大人たちも、
幅広い「レベル」に分けることができます。

同じ時間を投資して
生きてきているのに、

どうして結果に
こんなにも差が出るのでしょう?

それは、

時間を投資する対象への
集中度合いで決まるのではないか

と今は思います。

私は、人間の能力には
そこまで大きな差はないと
思っているタイプです。

わかりやすい例をあげると、

世界一走るのが速い人でも
50メートル走で5秒台です。
ものすごく速いとは言え、
たかだか、普通の人の倍くらいです。

人間に最初から備わっている
ポテンシャルは、
どれも似たようなものだと
思っています。

しかし、

人より少し何かが得意な人は、
得意であるがゆえに
自分の時間をそのことに
多く費やすようになります。

すると、

得意な人はもっと得意になり
だんだんと常人離れした
実力を身に着けていく。

そういうメカニズム
じゃないかと思うわけです。

ですから、

オリンピックレベルとか
ノーベル賞レベルでも
ない限りは、

大抵のことは
挑戦して時間をかければ、
自分にもできる

そう思っています。

ここまでは
結構当たり前のことで、
わかっているよ、という人も
多いかもしれません。

ここからが本題です。

時間をかければ
なんだってできるようになれる

というのは、大抵の場合
机上の空論で終わります。

なぜなら、
大人は忙しいからです。

時間をかけたらできる
そりゃ、わかっているけれど
かける時間がないんだよ。

そうですよね。

はい、だから、
実質的な差を生むのは
計画力なんです。

あなたは昨年一年間
何に時間を使ってきましたか?

一年間ということは、
24時間✕365日=8760時間
を何かに使ってきたはずです。

何に使ってきましたか?

なぜ、そう使ったのですか?

このときに、
いわゆる常人離れした実績を
叩き出している人ほど、
すぐに答えられるものです。

「去年の一番の目標は◯◯だったので
◯◯に毎日◯◯時間を使ってきました。
また、◯◯という理由で、
週に◯◯時間くらい◯◯に時間をかけてきました。
◯◯は優先順位が低いのでかける時間を半分にして、
その時間を◯◯をする時間に当ててきました。
それから、・・・」

という具合です。

そして、目覚ましい成果を挙げられず、
今年の初詣で神様にお祈りした内容と
去年のそれが同じような人は、
得てして何に時間を使ったのか覚えていません。

要するに、

時間という投資の原資を
計画性を持って投下したか
なんとなく消費したか

この違いと思うわけです。

でも、こういう話をすると

「そんな、一年の始めに
一年間を見通して予め計画を立てる
なんて、無理ですよ。
人生はいろんなことが起きるんです」

とおっしゃる方がいます。

そうです。

実効性のある計画を立てること
そのものが難しいのです。

年始の計画が1月中に崩れ去る
とういことを経験
されている人も
多いはずです。

・あれ、思った通りに進まないぞ。
・あ、これもやらないといけなかった。
・予想より時間が割けないなあ。

となるわけです。

実効性のある計画を立てるには、
自分自身の状況や
予期しないことをある程度想定して
バッファを持たせる必要もあります。

また、目的を達成するために
必要なことと不要なことを
整理するのも重要ですね。

なぜなら、実績は投下した時間に
概ね比例するわけですから、
8760時間のうち、できるだけ多くの時間を
必要なことに集中させるべきです。

考えることはたくさんあります。

そして、特筆すべきことは

計画を立てる期間が
長ければ長いほど
計画を最適化することが
難しくなるのです。

1泊2日の弾丸ハワイ旅行で
何をしたいか考えるより、

4泊6日のハワイ旅行で
何をするかを考えるほうが
選択肢の幅が広がる分、
計画力が問われます。

1年間のハワイ留学で
毎日何をするか計画するとなれば、
もはや多くの人が計画すること自体を
放棄するでしょう。

これは、投資やトレードでも
共通して言えることだと思うのです。

チャートがどう動くのかを
あまり知らずに、
大した想定をすることもなく
適当に値動きを予測して買う

その結果、

「こんな値動き想定外!」

一瞬で計画倒れになり、
慌てて損切りをする

で、また適当に計画を立てては
実現できるはずもない
無謀な予定に挑んでいく・・・

一方で、

トータルで勝つ人は
そういうパターンには
陥っていません。

現実的な値動きを、様々なパターンで
予め想定してエントリーするので、

投資した銘柄のチャートは
おおよそ想定の範囲内となり
当初の計画通りにエグジットできます。

『計画力』

言うは易く、行うは難しですが、
うまく行かないと思っている人は

深呼吸をして、
現実をよく見て、
チャートをよく見て、

こうなったらこうする、という
現実的な計画を立てることに
注力してみるようオススメします。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
トレードを始めたばかりの時は、
みな、夢を見るものです。
ですが、現実は違います。

真実を知りたい方だけ、この先を読んで下さい。
何を変えれば成果が出るのか、
確信が持てなかったあなたに伝えたいことがあります…

※手法だけ学びたい人はお断り


重要な情報の集め方は?

2018.01.06
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のホテルより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

新年明けましておめでとうございます。

2018年、
相場は素晴らしいスタートダッシュをきって
期待感が膨らんでいますね。

市場のトレンドをしっかりと見極めて、

去年よりさらに成果を出せるように、
一緒に頑張っていきましょう。

では、今日は、
トレンドを見極めるために
大切な話をしていきます。

皆さんは、「株の情報」を
どこから収集していますか?

私の場合、情報収集のルートと
スピードには特にこだわっています。

知り合いのトレーダー・新聞・ラジオ・ネットなど
収集元は多岐にわたっていて、
気づいたら、膨大な量を処理しています。

様々なルートから情報を集めることで、
市場を多角的に見ることができ、
急な変化にも対応しやすくなりますし、

沢山の情報を見ることで、
質の良い情報を選ぶ事ができるんです。

そんな膨大な情報の中から、
重要なものを選んで発信していますが、

次から次へと新しい情報が入ってきますから、
のんびりとした時間の使い方はせず、
頭はいつもフル回転です。

もちろん、市場が動いている前後まで
1秒たりともニュースを聞き逃したくないですし、

たったその理由だけで、電車ではなく
タクシー移動を選ぶこともあります。

タクシーなら座ってスマホの画面をじっくり見れますし、
ラジオもノイズが少なく聴けますからね(^^

それぐらい、情報収集には
時間もお金もかけています。

情報集収がなぜ大切か、
それには重要な理由があります。

株が上手い人が何をやっているか?
横目で見ながら参考にするためです。

もちろん、株の売買判断を
最後にするのは自分ですが、

「独りよがりにならない」
ことを大切にしています。

話が少しそれますが、
私は高校時代、数学が苦手でした。

しかし、それでも東大に入れたのも、
東大数学科にトップで合格してしまうような子が
高校のクラスで隣の席だったからです。

そして、彼女のノートのまとめ方や
計算の仕方を真似すると、驚くほど上達しました。

できる人は情報をまとめることがとても上手です。

余計な部分が完全に削ぎ落とされており、
その分、中身が充実しているんですね。

これは、勉強だけではなく、
トレードでも全く同じことが言えます。

結果を出している人のノウハウを取り入れる。

まずは、そのまま真似して、
同じ方法でトレードする内に
その人の感覚が分かってきます。

それと同時に、自分が分かっていないことや、
今の自分に必要な情報が見えてくるんです。

そうすると、1人でやっていた時よりも
効率的に「重要な情報」を
集める事ができるようになります。

今は、インターネットが発達し、
株についても情報元に溢れています。

溢れているからこそ、
情報の取捨選択が大変だと思いますが、

一度良い情報元を見つけると、
あなたのトレードの大きな後押しになります。

質の良い情報集収は、
トレードの判断材料になるだけでなく、

自分の実力に自信をつけ、
迅速で適確な判断が出来る様になる、
とてもいい栄養剤にもなります。

資金が集まっている銘柄に
早いタイミングで乗るために、

トレードをしない日でも
情報収集だけは欠かさず
行ってください(^^♪

私の方からも、今まで以上に、
休まず質のいい情報を発信し続けていきます。

うまく活用して、

皆で大きな目標を目指して突き進んでいきましょう♪

ウルフ村田


間違いを繰り返さない方法

2018.01.05
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

皆様、
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

お正月も終わり、昨日相場がスタートしました。

新年のスタートはいつも
東京証券取引所で「大発会」を見学し、

午前中から、生徒さんと「新年会」をするのが
恒例となっておりまして。

昨日もしっかりハジけて、
新年にふさわしいスタートとなりました♪

さて、今回の話題は、「恐怖」です。

新年スタートで取り上げる話題かどうか迷いましたが、
トレードをする上で、避けては通れない内容ですので、
お話ししたいと思います。

相場に身を置いていると、
常に「恐怖」と「興奮」の連続ですね。

勝った時の「興奮状態」
負けた時の「恐怖」「落ち込み」

実はこれは、
「平常心ではない」
という意味で、精神状態が同じなんです。

この時に、やってはいけない事があります。

ありえないぐらいに勝った時。
ありえないぐらいに負けた時。

そんな時に、

トレードを休まずに続行すること。

これがやってはいけない事です。

思い当たることはありませんか?

ものすごく勝ったので、
調子に乗ってトレードしたら、
結構な金額のマイナスになってしまった。

大きく負け越して、その損を取り返そうと
玉を大きくして一発逆転を狙い、
逆に、また大きく負けてしまった。

つまり、大きく勝った時も負けた時も
平常心ではありません。

「興奮状態」なのです。

そんな時に、トレードをしても、
最適なトレードはできるはずもなく、
大きく損失を出してしまうんですね。

ですから、
「大勝した」または「大きく損失を出した」
といった際、

まずやらなければならないことは、
「平常心になるまでトレードを休憩する」
これが一番です。

平常心になったらやって欲しい事は、
特に負けた時ですが、

トレードの検証を行ってください。

・INのタイミングは適切だったか?
・OUTのタイミングは?
・ロスカットポイントは見過ごしていないか?

等々です。

検証し終わった後、
次に相場に入る時は、

「同じ間違いをしない」

これを肝に銘じておきます。

案外、簡単にできる方法ですが、
このことに気を付けていると
トレードが進化していきますから、とてもお勧めです♪

新しい年も、トレードに精進し、
一緒に笑顔で過ごしましょうね(^^♪

高橋陽子

<編集部のオススメ>
今から、
あなたにおすすめの授業を案内します。

あなたが思い描く、そのままの利益が、
あなたの約定履歴に刻まれていく、
完全なるトレードの快感。

これこそあなたに目指して欲しい
本物のトレード攻略法です。
まずは、こちらをご覧ください。

トレードの理想の形がコチラに