カテゴリー別アーカイブ: オシレーター系

「メイン」と「シグナル」

2016.01.07
fudou-profile

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

松の内も今日までですね。
今年の抱負は決まりましたか?

皆様の今年の目標は何でしょうか?

私の目標の一つはFXで
勝ち続け、安定した収益を上げ、
家族を幸せにすることです。

もう一つは、健康です。

私は株式、FXのセミナーの
講師を務めています。

予定されたスケジュールを
キチンとこなすためには、
健康維持がなにより大切です。

私は、その為に昨年よりもお酒を控えること。

長距離走、ウエイトトレーニングで
体を鍛えることが一つの目標であり、
健康を増進することが最終的な目標です。

以前の記事で「ストキャスティックス」という
オシレーター系の指標の解説を中断していました。

続きを解説しますが、
ちょっと復習しておきますね。

ストキャスティックスは
ある過去の時間、例えば過去10日間の中で、
現在の値(FXではレート)の中で終値の
数値をパーセンテージで表します。

一例としてドル/円が最近の2週間に
120円から121円まで動いたとしますね。

相場が動いていたのは10日となります。

終値、つまり最近の値(レート)が
この120円から121円の値幅の中の
どこに位置しているかをパーセンテージで
示すのがストキャスティックスです。

最近の値が121円なら100%、
120円なら0%です。

下の図1では最近のレートが
120.2円なので、20%となります。

160107図1
【図1】

ストキャスティックスだけですと
相場の予想が難しいです。

ですから、
ストキャスティックスの
移動平均線を加えます。

160107図2
【図2】

図2を見て下さい。

上はローソク足のチャート、
下はストキャスティックスと
その移動平均線です。

ストキャスティックスそのものを「メイン」、
その移動平均線を「シグナル」と呼びます。

この呼び方は、MACDと同じですね。

そして売買の判断もMACDと同じです。

赤いシグナルの線が黄色いメインの
線を下から上に抜くように交差したら
レートが下がると予想します。

そして逆に、
赤いシグナルの線が黄色いメインの線を
上から下に交差したらレートが下がるとみます。

上の考え方で、相場が下がると予想する所に
赤い下向きの矢印、そして上昇しそうな所に
青い上向きの矢印を書き加えたのが図3です。

160107図3
【図3】

ストキャスティックスは、
オシレーター系指標です。

ですから、相場がもみ合っている時に
正しく相場を予想出来るという特徴があります。

不動修太郎


新登場のオシレーター系指標

2015.12.28
fudou-profile

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

今回は
「ストキャスティックス」という
テクニカル指標をご紹介します。

「ストキャスティックス」
というのは、”統計的な”という意味で
オシレーター系の指標の一種です。

何度も言いますが・・・

オシレーター系の指標は
相場にトレンドがある時と
そうで無い時期には違う
解釈になることがあります。

ですから、
オシレーター系の指標は
おしなべて使いこなし方を
よく理解していないと相場の
予想の仕方を間違えてしまいがちです。

このことは、何回か書いていますが、
相場予想の上でとても大切なことですから、
今回も強調しておきます。

もちろん、ストキャスティックスも、
移動平均線などトレンド系の指標を
合わせて参考にしてください。

例えば、
ストキャスティックスで
上昇のサインが出た!

そのときは、
同時に移動平均線でも
同じように上昇サインが
出ているのかを見ましょうね。

テクニカル指標により、
売買サインが出る時期は
多少異なります。

とはいえ、
あるテクニカル指標で
相場が上昇予想なのに、
別のテクニカル指標の
予想が下落している場合。

何か間違えていないかを
もう一度、調べてみてください。

では、
ストキャスティックスの
説明に入りましょう。

ストキャスティックスは
どんな指標かと言いますと、、、

過去の一定期間内の
最高値と最安値の中で、
現在のレートの位置を示します。

これだけでは、
ピンと来ないでしょうから、
具体的な計算式を見てください。

A : 当日の終値
B : 過去n日(時)間の最高値
C : 過去n日(時)間の最安値
とすると、

%K = ( A – C ) ÷ ( B – C ) × 100 (%)

例えば、ユーロが過去100日間に
最高値が120円、最低が110円だとします。

今日の終値が117円だとすると、
A=117
B=120
C=110

%K = ( A – C ) ÷ ( B – C ) × 100 (%)
=(117-110) ÷ (120-110) × 100 (%)
= (7 ÷ 10 )× 100 (%)
=0.7× 100 (%)
=70%

このようにストキャスティックスは
0から100%までの間で変動します。

例えば、今日が過去100日の中で
一番安かったらストキャスティックスは0%,
たまたま、今日が過去100日の中で
もっとも高いとすると100%になります。

何%かによって、
直近のレートが高値に近いのか、
安値に近いのかを示すのです。

そして、「買われ過ぎ」、
「売られ過ぎ」といった
「市場反応」をみています。

では、実際にはどう使うか?

70%以上のデッドクロスで”売り”、
30%以下のゴールデンクロスで”買い”
と、するのが基本的な使い方です。

ただし!!

ストキャスティックスそのものは
割合に単純で分かりやすい指標ですが、
相場予想の精度はあまりよくありません。

そこで、入門書などでも
ストキャスティックスは
ほぼもれなく別の指標を
組み合わせて使います。

ストキャスティックスの
具体的な使いこなし方や、
指標の組み合わせは、次回以降、
順番にお伝えしていきます。

不動修太郎

P.S.
「上達のコツ」

さて、私がセミナー、講演会で
説明する資料はかなり長い時間を
かけて全て私が作っています。

説明用の資料を作るには、
難しい内容でも分かりやすく
見やすい図を作らなければなりません。

人に説明するためには、
自分が分かっているだけでは
足りないのです。

そういう資料を大量に作るのは
大変と言えば大変です。

ですが、
その資料を作る中で、
自分が持っている知識が
整理されていきます。

その結果、同じテクニカルでも、
今までより深く理解できることもあります。

ですから、
セミナーでは檀上に立っていますが、
同時に私自身も勉強をさせて貰っています。


7つのボリンジャーバンド!?

2015.10.29
fudou-profile

おはようございます。
本日もクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

 

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

さて、欧州中央銀行の
ドラギ総裁が22日(日本時間)に
追加緩和を示唆しました。

これは、
平たく言うとユーロ紙幣を
輪転機でどんどん印刷するぞと
公式に発言した事になります。

さらにユーロ圏の各国の
銀行からの貸し出し総額を
増やす方向になるでしょう。

そうなれば大量のユーロが
バラ撒かれることになります。

お金の総量が増えるとお金の
価値は下がってしまうので、
為替レートは下がる方向になりますね。

実際に発表を受けて
22日にはユーロが下がりました。

実際にユーロの追加緩和策が
出るのはまだ先の事ですが、
このように株、為替は市場の
思惑で動いてしまいます。

要人の発言に気をつけながら、
一緒にトレードの勉強をしていきましょう!

気になることがあれば、
質問してください。

要人ではありませんが、
この人の講演は非常に
興味深いものでした。

それは・・・

ボリンジャーバンドを考案した
ジョン・ボリンジャー氏。

分厚い本を読みましたし、
講演も聞いたことがあります。

その中で、ボリンジャー氏は
ボリンジャーバンドには7種類の
見方があると言っています。

7種類も!?

ご安心下さい。

テクニカルの研究家以外は、
7種類も必要ありません。

かえって、
混乱をまねくだけでしょうから。

つまる所、テクニカルは
相場に勝つ為の
道具の一種です。

なので、テクニカルは
道具として分かりやすく、
間違えにくい事が大切です。

ボリンジャーバンドを
相場に生かすなら、これまで、
述べてきた方法がいい考えています。

ここでちょっとまとめておきましょう。

1、基本的な見方(相場に
強いトレンドが出ていない時)

151023図1
【図1】

上の+2σ(赤い線)に
レートが触れたら買われ
過ぎてこれから下がると
予想し、売りポジションを持つ。

逆に下の-2σ(赤い線)に
レートが届いたら売られ
過ぎと考えて買う。

FXでは、トレンドが出ている
時期はそれほど長くないので、
この予想の仕方をする機会が多くなります。

図の矢印のような
売買になります。

ですから、
FX、株式の入門書には
この考え方だけしか
書いていないケースが多いです。

ですが、それだけでは
足りないのです。

次の見方も、合わせて
覚えておいてください。

2、トレンドが出ている時

まずは、ボリンジャーバンドで
トレンドが出ている時には
以下のような3つの特徴が現れます。

例えば、上昇トレンドでは
以下のようになります。

151023図2
【図2】

・ボリンジャーバンドの曲線(赤と黄色)と
真ん中の移動平均線(水色)
全てが右肩上がり。

・レート(ローソク足)が
上の+2σの曲線(赤)と
重なって動く。

・トレンドが出たのと逆、
下側のバンドが逆側に膨らむ。

図の中に破線の時期が
上昇トレンドです。

この時期には、
相場が上がっているので、
買いポジションを持ち続けましょう。

このように、
ボリンジャーバンドだけで
トレンドが出ているか
出ていないかが分かります。

その時期に応じて
売買の仕方を変えましょう!

不動修太郎

 

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

昨年はハロウィンに日銀の
黒田総裁が追加緩和策、
通称黒田バズーカを発表しました。

今年はどうでしょうか?

一人でも多くの方が、その波に乗れますように
ポンポンっとクリックお願いします。
↓↓


ボリンジャーバンド、このサインは知らない人が多いと思います。

2015.10.26
fudou-profile

おはようございます。
本日もクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

 

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

最新号の月刊「FX攻略.com」が発売されました。

私は「鉄板トレード」という
タイトルの特集記事を書きました。

株と違い、為替には
明確なチャンスは無いのですが、
楽に勝てる機会はあります。

そういうチャンスを
活かすべきでしょうね。

ただし、ただチャンスを
待っているだけでは、
活かせません。

日頃からきちんと勉強して
準備している人だけが
チャンスを活かせます。

今日は引き続き、
ボリンジャーバンドを
勉強していきましょう。

少し、濃い内容になってきました。

このサインは知らない人も
多いかもしれませんね・・・

前回の記事と同じ
南ア・ランドとトルコ・リラの
チャートを用意しました。

と言っても前回の記事とは
別の書き込みを加えて、まったく
違う視点を説明しますので、
ご安心を。

151019図1
【図1】

151019図2
【図2】

上の2つのチャートの形は
良く似ていますね。

北米のカナダとアメリカ、
つまりカナダドルと米ドル。

或いは、イギリスとヨーロッパ
すなわち英ポンドとユーロ。

さらにオセアニアの
オーストラリアとニュージーランドは
豪ドルとニュージーランドドルの
似た値動きになることが多いです。

言うまでもなく、
これらの2国同士は、地理的に近く、
経済的な結びつきが強いですね。

同じような経済状態になり、
為替レートが似るのは当然です。

でも上のチャートは、南アフリカと
トルコの通貨のレートですよ。

中東のトルコとアフリカ南端の
南ア共和国は地理的に凄く遠いし、
共通点は無さそうに思えます。

実はこの2つの国は
先進国ではない、政情が不安、近隣国で
紛争が多いという共通点があります。

そのために上のチャートのように
似たような値動きになることが多いのです。

ところで、もう一度チャートを見て下さい。

チャートにオレンジの丸印を
付けた所をご確認ください。

急に大きくレートが下がるという
『大きな流れ=下降トレンド』が出来ていますね。

こういうトレンドが出来るとローソク足が
ボリンジャーバンドの-2σの赤い線の上に
沿って動くようになります。

先日も説明しましたが、
これをバンドウォークと言います。

さらに紫の矢印を付けた所をご覧ください。

+2σの赤い曲線が
ポコンと膨らんでいますね。

相場に大きなトレンドが
出来ると逆側、今回のチャートの例ですと
上側にボリンジャーバンドが膨らみます。

これはボリンジャーバンドの特徴です。

オシレーター系の指標はトレンドが
出ている時にはそうでない時と
違う見方をしていきます。

それだけにトレンド系に比べると
オシレーター系は相場の予想、
判断が難しいのです。

ボリンジャーバンドの場合、
今回の記事で説明した所に注目すれば、
トレンドが出ている時期が分かりやすいです。

こんなサインが出たときは、
トレンド系のテクニカルと
合わせてチャートを見て行きましょう。

不動修太郎

 

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

バンドウォークが出ているときは
チャンスですよ!

一人でも多くの方のトレードに
役立ちますように、今日もクリックお願いします。
↓↓


意外と間違って使っている「ボリンジャーバンド」

2015.10.19
fudou-profile

おはようございます。
本日もクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

 

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

さて、今回はボリンジャーバンドの話の続きです。
前回までのお話しは一番基本的な予想の仕方でした。

図1
【図1】

このチャートで上の赤い曲線が+2σ、
下の赤い曲線は-2σです。

ボリンジャーバンドでは値動きが
+2σの曲線に近づいたら買われすぎ圏内なので、
そろそろ売りが増えると見て売る。

逆に-2σの曲線に近づいたら、
売られ過ぎているので、買いが増えると予測して
買うというのが基本ルールです。

ここで次のチャートを見てください。

図2
【図2】

最初のチャートに基本ルールでの
売買のタイミングを書き込んでみました。

前半はこのルールでいいですが、
後半はどうでしょうか??

図3
【図3】

このチャートでオレンジ色の
破線のところをよく見てください。

この時期にはボリンジャーバンドの
曲線がすべて上向きになっています。

しかもローソク足の値動きが+2σの
赤い曲線の上に沿って動いていますね。

これをバンドウォークといいます。

+2σ付近にきているので、
買われ過ぎているので、
そろそろ売られるはすですね・・・

ですが、+2σのラインの上に
沿って動いている・・・

それだけ、買いの勢いが強いということです。

つまり、相場に上昇トレンドが
出ているということです。

このようにトレンドが出ているときは、
出ていない時とはまったく
逆の見方になります。

つまり、ローソク足の値動きが
+2σの曲線の上を動いていたら
上昇トレンドなので買い!

逆にローソク足が-2σの
曲線の上を動いているなら
下降トレンドなので売りです。

バンドウォークが出現しているときは、
おおよそ、強いトレンドが出ているときですから、
トレンドに乗れば大きな利益を取ることができます。

ぜひ、バンドウォークを見かけたときは、
トレンド系も確認して利益を取りにいきましょう!

このように、
オシレーターの指標は、ハッキリした流れ、
トレンドが出ている時とそうでは無い時には
違う判断をしなければいけません。

それだけに使いこなすのにちょっと、
判断を間違えやすいですね。

初心者の方は間違えやすいのですが、
お伝えしたように、バンドウォークなどは
大きな利益を取るチャンスになります!

ですから初心者のかたはオシレーター系だけでは
なくて移動平均線などのトレンド系を合わせて
参考にすることを薦めています。

オシレーター系とトレンド系を
組み合わせることで、格段に
勝率が上がるでしょうから、
ぜひ、挑戦して下さい!

不動修太郎

 

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

みなさんがオシレーター系と
トレンド系両方の指標を
使いこなせますように!

ポンポンっとクリックお願いします。


新しいオシレーター系のご紹介です!

2015.10.15
fudou-profile

おはようございます。
本日もクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

 

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

先日は、サブ講師として
ウルフ村田さんのセミナーに
出席してきました。

みなさん、株を勉強したいという
真剣さがヒシヒシと伝わってきました。

キャプチャ-01

質問も、出ていましたが、
個別に来る質問ではかなり
本質的なものが多かったと思います。

この地合いが悪い中でも、いえ、
だからこそしっかり勉強しておこうと、
素晴らしいことですね。

株も地合いが悪いとされていますが、
FXもドル円は最近地合いが
良いとは言えない状況です。

ただ、それでも、勝っているトレーダーは
勝っていますので、きちんとした
分析ができれば勝てるのです。

その相場の考え方を伝えていければ良いなと、
今後も記事を書いていきますので、
よろしくお願いします。

それでは、今日は、ボリンジャーバンドという
テクニカルを取り上げていきましょう。

ボリンジャーバンドはオシレーター系の
テクニカル指標の一種です。

私はこれまで多くの雑誌に
記事を書いてきました。

ですが、トレンド系の指標を解説する事が多く、
オシレーター系の記事はあまり書いたことが
ありませんでした。

なぜかというと・・・

ボリンジャーバンドなどのオシレーター系のテクニカルは、
相場にトレンドが出ている時とそうでは無い時には
別の見方をしなくてはなりません。

ですが、トレンド系とオシレーター系を
組み合わせてのテクニカル分析はとても
有効ですので、少しずつご紹介したいと考えています。

まずは、有名なボリンジャーバンドをご紹介します。

ボリンジャーバンドは、移動平均線と
標準偏差σ(シグマ)の距離にある曲線を描きます。

ボリンジャーバンドでは
移動平均線として最近の値動きを重視する
指数平滑移動平均線というものを使います。

標準偏差というのは、統計上で
データがどの範囲に入るかという
ばらつきの目安です。

バラツキが正規分布しているのであれば、
平均値から標準偏差の範囲に全データの68.27%、
つまりは大体3分の2が入り、平均値±(2倍の標準偏差)の
範囲内に全データの95.45%が収まるとされています。

図1_正規分布
【図1】

ですから平均値に2倍の標準偏差を加えた、
或いは引いた範囲からデータがはみ出す確率は
5%未満ということですね。

チャートを見ていただければ、
簡単なのですが、ようするに!

統計学でのバラツキの考え方を使って将来の
レートがこの辺にある確立がこれくらいです
と教えてくれます。

図2_ボリンジャーバンド
【図2】

黒い線が平均線、
青い線が1σ、
赤い線が2σの線です。

先程の説明をチャートですると、
1σの青い線の間でレートが動く確立が68.27%で
2σの赤い線の間でレートが動く確立が95.45%になります。

相場が荒れたり、思いがけない突発的なニュースが
入らなければ、値動きはボリンジャーバンドの
ほぼ+2σと-2σの間に収まり、行ったり来たりを
繰り返す確率が高いということです。

為替では、はっきりとした動き(トレンド)が
出ている時間は短くなります。

揉み合い、行ったり来たりの
ボックス相場の時間の方が長いです。

Aの地点を見てください。

+2σに近い所まで上昇しています。
+2σの中にある可能性が95.45%なので、
外に出る可能性は5%ありません。

ということは・・・
下がる可能性が大きいということになりますね。

ですから、売りポジションを持って、
-2σに近くまで下がったら(B)
利益を確定すればいいのです。

-2σに近づくまで下がったら、
そこから上がる可能性が高くなります。

買いポジションを持ち、
+2σに近づいた所(C)で売ります。

レートが-1σと+1σの2本の曲線(青い線)の間では、
新たなポジションは取らずに-2σと+2σの赤い線に近くなったら、
売買をすると高い確率でうまくいくことになります。

不動修太郎

 

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

みなさんがオシレーター系と
トレンド系両方の指標を
使いこなせますように!

ポンポンっとクリックお願いします。