カテゴリー別アーカイブ: ライフプラン

ほんとは株じゃないかもね….

2017.08.21
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

お客はドリルが欲しいんじゃない
穴をあけたいのだ。

これはマーケティングで有名な言葉です。

ホームセンターにドリルを買いに来るお客は
単にドリルが欲しいんではなくて、
家の壁に穴をあけたいだけ。

だから別にドリルにこだわらなくても
なんでもいいから穴があけば、
それでいいのです。

もし、ドリル以外にとても簡単に
壁に穴をあけられるなら、
その商品を買うだろうってことなのですが…

最近、株のセミナーをやるたびに
参加される方とお話をしていると

別に株がやりたくて来ているわけでは
ないんだなぁと思ってしまいます。

皆さん、別に
株じゃなくてお金が欲しいのです。

緊急的に何とかしなくてはいけない人もいれば
将来的に何だかわかんないけど不安で、
それでとりあえず日程が合ったので来てみた…
みたいな人が多いようです。

だから最近思うんですが、
株のセミナーをやる前に、

自分にあったジャンル
(株とかFXとか投資信託、NISAなど)を
選ぶためのセミナーが必要な気がします。

きっと、自分に何があったいるのかわからずに
イコール、自分がどうな投資家かもわからずに

漠然とあちこちのセミナーを徘徊していても
答えは見つからないような気がします。

どんな投資があっているのか…

これは、元手の資金なんかも
加味すべきでしょうが

短期で利益が欲しいのか?
じっくりと時間かけて大きくしたいのか?

安全策で行くのか?
可能性にかけるのか?
大化けしてほしいのか?

などなど、
詳しく考えてみる必要があると思います。

もし自分がじっくり派とわかれば
徹底的にファンダメンタル分析を
学んでいけばいいし、

大化け狙いなら、
今流行の暗号通貨にすべきでしょう。

自分探しの旅にでましょう!なんて
自己啓発セミナーやコンサルが横行しています。

私は彼らは大っ嫌いですが、
こと投資においては大切な気がします。
自分探しは答えが一生見つかりませんが、
自分にあった投資は見つけやすいし、
先に見つけておくべきだと思うんです。

私の場合、
以前はFXなんかもやってみましたが
なんとなく肌に合わず、すぐにやめました。

ただなんとなく、株のほうがしっくりきたし
やってても、株なら計画的にやることができ
また臨場感も持てたので、
ずっと株のスウィング一本でやっています。

たまたま自分にあったやり方が見つかった、
ラッキーなパターンだったのかもしれませんね。

このメルマガを読んでる方のほとんどは
すでに何らかの投資をやってられると思います。

今やってられる投資はなぜそれにしたのか?
なぜ今でもその投資を続けているのか?

ご意見をお聞かせいただけると幸甚です。
自分にあった投資、やり方を見つけられて
今でも続けているなんて、とても素晴らしいことです!

ご意見を頂戴できましたら、
自分にあった投資セミナー構築のために
大切なご意見として使わせていただきますので
どうかよろしくお願いします(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>

あなたは今まで講師がチャートに向かい
利益を獲得する『本物』のトレードを
見たことがありましたか?

答えが「ノー」なら
本物の技術を垣間見るチャンスです。

http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170824/

 ※残り2名


株はあなたを救う?それとも…

2017.06.03
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週末は大阪に出張で来ています(^^♪

相場は一時期の調整を抜けて
一気に上げてきましたね。

例年は売り場といわれる5月でも
今年はなかなか方向性が読みづらく
苦労された方も多いかと思います。

相場の上げ下げにかかわらず
明確にトレンドが来る時期は
順々にやって来ますので、

今回の上昇を取り逃した方も
後から乗るのもいいですが、
焦らず待つことも念頭に入れてくださいね。

ただ、私も「あ!これは!」と思ったときは
上昇の途中であっても便乗することがあるのですが、

スクールの生徒さんからは
「ウルフ村田さんは頭がキレるから反応が早いんですよ~」
といわれることがあります。

確かに相場経験は28年あって
一日の長はあるかもしれませんが、
そんなに大きな差ではありません。

むしろ、私は自分で言うのも変ですが、
普通の方に比べて苦手なことが多く、
たまたま株で得意なパターンを見つけて
それを続けているだけなんです。

とはいっても、今日はその手法ではなく
きっかけのお話で、
私は専業トレーダーになる前には銀行員として
30歳まで勤めていました。

選んだ理由は女性でも早くから大企業相手に
仕事ができるといったことがあって、
為替担当として仕事をしていました。

実際、人と話をするのが好きだったので
取引先からは大好評で、どんどん仕事を受注できていたんです。

ところがところが!
事務作業が絶望的にできない(*_*;

私の性格上、集中力が長時間続かなかったり、

文章が書けなかったり、

正確性を求められる計算ができなかったりと、
信じられないくらい大きな壁にぶち当たります。

実際そんな方は少数だと思うのですが、
「勉強ができるけど実務が上手くできない」という
典型的な使えない東大生タイプは私でして笑、

精神的にも極限状態まで追い込まれたこともあります。

ただ、そこで私の身を助けたのが株取引で、
仕事の傍ら続けていた株で当時からすでに
まとまった金額を稼げていました。

そして、毎月いつも何かと迷惑をかけているアシスタントを全員引き連れて、
高級ホテルで食事を振る舞ったりと

迷惑をかけている分「カネで解決」していました。笑

仕事では1つのことに集中すると周りが見えなくなってしまいましたが、
短期型の記憶や集中は誰よりも得意だったので、
株の短期トレードにはぴったりだったんですね。

私の例のように、日々の生活で何かと苦労することがあっても、
株ができれば本当に自分の身を助けてくれます。

今も日々、情報発信をしているのは、
個人投資家の方に稼げるようになっていただきたい思いと、

情報を共有している人のもとには自然と情報が集まってきて、
結果的に自分にとってもプラスになることがあります。

もちろん、株は簡単ではありませんので、
大きく間違えてしまうと逆に身を滅ぼすことになりかねませんが、
自分に合ったやり方で練習を積めば必ず勝てるようになります。

頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田


専業デイトレーダー倍増計画!

2016.05.22
takahashi-profile

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

今週はとてもハードな一週間でした。
東京ー名古屋ー大阪ー東京と
移動の連続だったからです。

今週のメインイベントは
大阪開催のデイトレード
2日間集中講座です。

大阪開催と言えど
大阪の方だけの参加ではありません。

名古屋、金沢、福岡からの
参加者の方々がいました・・・。

事前に参加者の方々がどなたなのか?
確認するのですが遠方の方も多い状況を
見ると更に、気が引き締まります。

どんな強い思いで
参加するのだろう?

とも思いますし、時間とお金をかけて、
移動をものともせずに来てくれるからです。

自分でできる最上の話をしなければ、
と、毎回ではありますが、前日や
当日の朝は精神を集中させてから
会場入りをしています。

特に、2日目の実践は
シナリオがありません。

全くの真っ白な状態からの
スタートとなります。

9時に相場がスタートしてから
リアルに動く板を見ながら読み方や
ローソク足の読み方をお伝えしています。

その為、かなりの緊張や集中力を
続けて解説していくので
終わって生徒さんが帰る頃には
しゃべる元気も歩く体力も、
ぜーんぜん残っておりません。

まさに「抜け殻」状態です^_^;

それでも、この講座を続けているのは
やっぱりデイトレが好きだからで、
このトレード法を伝えたいから!

伝えるのが楽しいから!!

に、尽きるからなんですね(*^_^*)

また、参加される皆さんの、
嬉しそうな顔を見るたびに
利益を取った報告を聞くたびに
やってて良かった~!!
と、思います。

私の夢は、全国に、多くの成功する
デイトレーダーを作ること!!

しかも、
専業デイトレーダーです^^

既に、何名か専業さんが生まれましたが
昨日、専業にしてはいないけれど、
専業にしてOKなほどの利益を重ねているとの
報告を生徒さんより受けました。

なんと!1日30万の利益です!

キラキラしたお顔でそんな報告を
受けて、こちらも疲れがふっとんで
幸せいっぱいになりました☆

投資はむずかしい、、、
デイトレードはもっとむずかしい、、、

そんな事を言っている人もいますが
そんな風潮をぶっとばして~
専業トレーダー人口を増やしまーす\(◎o◎)/!

高橋陽子

<本日のオススメ>

このセミナーでは、
プロの多い日経225先物市場で、
勝ち組になるための
秘密の売買法を公開します…↓

続きはコチラ
http://j-i-s.info/j-i-s/bl/


忘れていると、やってくるものは…何でしょう?

2016.01.27
fujii-profile

タイトル:地震と暴落は忘れたころにやってくる

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

「天災は忘れた頃に来る」という言葉を
言い出したのは寺田寅彦という方だそうです。

確かにその通りのようですね。

阪神・淡路大震災は1995年、
そらから忘れたころの2011年に
東北大震災が起きました。

大地震が起きた後は次に来るはずであろう
震災にために防災用具をそろえたりします。

しかし、人は喉元過ぎれば
熱さを忘れるでそのうち備えを怠ります。

そんな時を狙ったかのように
震災は起きるよと先人の訓戒のような言葉です。

同じように相場においても
大暴落は忘れたころにやってきます。

一番近い大暴落は2008年の
リーマンショックです。

あの時の大暴落は
ほんとうにすごかったです。

個別銘柄にも売りが
恐ろしい勢いで入りました。

相場は人の欲と恐怖で作り上げられていますが
あの時は恐怖一色といった感じで、実力やファンダメンタル
以上に優良な会社の株も売り一辺倒でした。

忘れもしません日本を代表する7203トヨタの
株価がストップ安に張り付きました。

トヨタですよ、トヨタ!
日本がつぶれるのではないかと思いました。

結局、リーマンショックは
日経平均株価を高値18000円から
7000円まで一気に10000円以上も下げました。

下げ幅に換算すると60%、
1000万円の資産が400万円になった計算になります。

まさに歴史に残る大暴落でした。

注目すべきはこの歴史的大暴落は
結果として10000円以上下げましたが、
たった1日で下げたわけではありません。

1年ほどの時間をかけて下げていきました。

結果的な大暴落の発端は
リーマンではありませんでした。

下げが続いた最後の最後にリーマンが破たんして
最後の売り、セリングクライマックスとなりました。

名前がリーマンショックなので責任がリーマンに
あるように思えますが、リーマンが登場したのは
ラストシーンだけだったのです。

つまり大暴落は忘れたころに気づかないように
静かに始まっていくということです。

静かに下げ始めて…

「このあたりで止まるだろう…」

「明日からは戻すだろう…」

「下に分厚い価格帯がある…」

などの楽観的な予測を次々を、
しかも軽々と割り込んでいきます。

そして人々の恐怖が
マックスになって底をうちます。

2016年、日経平均株価は下げ続けています。

これまでアベノミクス相場で一辺倒な
上昇相場で多くの投資家たちがぬくぬくと
過ごしてきました。

先人の格言を改めて思い出しましょう
「天災は忘れた頃に来る」

藤井百七郎

PS.
不動先生が、いま
自信をもってトレードするために
何をするべきなのか・・・

こちらで解説しています。

詳しくはコチラ


不安を抱えているのに準備を全くしていない人が多すぎる?!

2015.11.11
paris-profile

From:向後はるみ
都内の自宅より、、、

おはようございます。
向後はるみです。

ストレス。この言葉を聞くようになってから久しいですね。
皆様も様々なストレスがあると思いますが、やはりお金に関する事、将来の
保障に関する事が大きいと思います。

まずは、私達が今、国からどういう環境下での保障の状況に
あるかを理解しなければいけません。

今日はトレードの話やテクニックの話は置いといて、
今置かれている生活保障について一度見つめ直して一緒に考えていきましょう。

では、2015年11月11日の生活保障に関する調査から
見ていきましょう。

今回は、生命保険文化センターが発表した、生活保障に関する調査
《平成25年度速報版》の中から気になる箇所を抜粋してご紹介します。

これは、全国400地点の18~69歳の男女個人を対象に、
平成25年4月13日~6月10日期間で調査されたものです。

内容は、
第Ⅰ章 生活設計と生活保障意識、
第Ⅱ章 医療保障、
第Ⅲ章 老後保障、
第Ⅳ章 死亡保障、
第Ⅴ章 介護保障、
第Ⅶ章 直近加入契約の状況と今後の加入意向、
第Ⅷ章 4つの保障領域のまとめ
となっています。

興味のある方は、こちらのPDFをご覧になって見てくださいね。

変わりつつあれど、いまだ日本は、日常生活の中でお金の話をしたいけれど、
しにくい環境があるようです。なので、他の人はどうなのか?というのを知る一端になるかと思います。

このレポートで気になったものを何点かピックアップしますね。

まずは、生活設計意識について。
自分自身や家族の将来をどのようにしたいか、
そのための経済的な準備をどうしたらよいかといった、具体的な生活設計を立てているひとは、
「生活設計あり」と回答した人は39.2%、「生活設計なし」とした人は55.7%でした。

老後生活に対する不安意識については、「不安感あり」は86.0%、「不安感なし」は12.4%。
年々、「不安感あり」の回答が増加傾向にあります。

公的年金に対する考え方については、自分の老後の日常生活費を公的年金で
まかなえると考えているかをみると、「まかなえると思う」は18.6%、「まかなえるとは思わない」は78.7%です。

老後保障に対する私的準備状況をみると、経済的準備を、何らかの手段で
「準備している」は62.7%、「準備していない」は35.5%。具体的な準備手段では、
「預貯金」が43.0%と最も高く、次いで「個人年金保険・変額個人年金保険や生命保険」(41.3%)となっています。

これを簡単に言いますと、4割くらいの方が自分の人生のライフプランを立てている。
老後に対して、9割近くの人が不安を抱いていて、公的年金では老後の生活が賄えないと
考えている人が8割。それだけ不安を感じながら、準備しているのは6割で、4割近くが準備をしていない。

この結果に違和感を抱いているのは私だけでしょうか?

日本では、これまで金融教育がありませんでしたから、仕方のない現実だとは思います。
不安だけど、足元普通に暮らしているし・・・これまで触れてこなかったものは難しく見え、
考えたり、学んだりすることを避けてしまいがちです。

やらなければ、と思っていても、
頭に汗をかくことから逃げてしまう人も多いです。

ですが、できることはできるうちにやっておかないと、
自分の人生に全て降りかかってきます。

老後に、経済的に心配がない人(相続・事業継承問題だけ)程、資産・お金のメンテナンスを
常に行い、さらに将来が心配だと言います。(冗談交じりではありますが。笑)

備えあれば、憂いなし。
自分の人生は誰かが守ってくれるわけでも、助けてくれるものでもありません。

是非、皆様にもこの機会に、いま一度、ご自身のライフプランを
見つめ直す時間をもたれることをお勧めいたします。

 

今日も私の記事を読んでくださって
ありがとうございます。

もっと豊かな投資人が増えて欲しいのでクリックお願いします。