カテゴリー別アーカイブ: 決算

【初の赤字決算】三菱商事、業績不振の真実

2016.03.28
fudou-profile

From:不動修太郎
東京の自宅にて、、、

少し前までは、給料が高く、
世界を股にかけ、スケールの大きい
仕事ができるとして人気があった総合商社。

ところが、読売新聞の一面に
総合商社の業績に関する大きな記事が載りました。

三菱商事は3月24日、2016年3月期連結決算(国際会計基準)の
税引き後利益が1500億円の赤字になる見通しだと発表しました。

前期は4000億円以上の黒字でしたから、
通期では黒字です。

実は、1954年に現在の三菱商事が発足して以来、
今回は初めて税引き後利益が赤字となったので、
マスコミで大きく取り上げられる等の注目を集めています。

まずは同社の2年間の株価チャートを見て下さい。
最近は株価が下がっていますね。

図1 (2)

三菱商事が巨額の損失を出した理由は、
チリ等海外での銅の開発事業などで
計約4300億円の損失を計上するからです。

三井物産も初めて税引き後利益が赤字に転落する見通しで、
中国など新興国経済の成長期待に支えられてきた資源価格の低迷が、
大手商社の経営に影響しています。

では、銅の価格を見てみましょう。

図2
出典:http://ecodb.net/pcp/imf_usd_pcopp.html

銅は「金(きん)とおなじ」と書きますが、
金(きん)よりも値動きが大きいです。

チリの銅というとある銅山が落盤事故を
起こして鉱山に閉じ込められた作業員を
救出したことが記憶に新しいですね。

あの事故が起きた頃は銅の価格がドンドン上がっていたので、
深くまで坑道を掘っていたのです。

その頃は、安く仕入れた電線のクズなど
銅の中古品がものすごく値上がりしたのです。

なので、東京の銀座に行くと銅などの
廃品回収、中古売買で大儲けした業者さんが、
高いお店でいいお酒を飲んでいました。

電線やケーブルなどに使われる銅の価格は
景気に大きく左右されます。

特に中国の需要が落ち込み、
国際的な取引価格の下落傾向が続いている
中国経済の先行き不透明感は、なお強く、
資源価格が大幅に上がる可能性は低いです。

ですから三菱商事を始めとする日本の商社は
投資に見合った利益が得られないと判断し、
資産価値を見直しています。

原油、銅等の地下資源の価格が大きく上がる
可能性は低いので、これからは
商社には厳しい時代になります。

このように景気は地下資源など商品の
価格に影響し、それが株価に跳ね返ります。
 

商社の株を取引されている方は、
その企業が扱う商品そのものの動向をチェックすることも
一つの指標として重要です。

不動修太郎

 


きた!ストップ高

2015.11.17
nakno-profile

From:中野英

都内の自宅より、、、

フランス・パリでテロが起きたりと、
世界が慌ただしくなっています。

『テロは、いかなる理由でも許されない』

このような言葉が飛び交いますが、
それがとても『空しく』聞こえます。

その言葉を発しているのが・・・

★ テロリストを生みだすきっかけと
なっている側の人間だから

・・・なぜ人は、《人の苦しみ》を理解し、
助け合おうとしないのか。

混沌とした世界に生まれ・生きることを強いられ、
大切な人が目の前で死んでいく。

《死》を選びたくなるような、『生きる恐怖』『生きる苦しみ』。

そのような環境下で生きてきた人間が、
『平和に暮らしている』人間に憎悪を
抱いたとしても、それは非難出来ません。

非難出来るのは、『同じ経験をした人間』だけです。

そして、そのような人間の言葉でなければ、
決して届くことはないでしょう。

もちろん、《同じ経験》など
しない方が良いに決まっています。

それならば、私たちがするべきことは・・・

※ そのような《苦しみ》を、一つでも減らしていく

・・・世の中がそのような流れにならない限り、
憎悪の連鎖は無限に広がって行くと思われます。

《破壊》で滅ぶのが先か《殺戮》で滅ぶのが先か、
どちらにしても『人類の寿命』が迫っているのかもしれません。

今日は、業績への期待感を感じるような
《値動き》について、書きたいと思います。

決算発表シーズンのピークも過ぎて、
ポツポツと出てくる程度になりましたが(´・ω・`)

昨日、ある理由から
『自分が好きな企業』2社が、決算を発表しました。

その理由は・・・

※ 業態が《極めてシンプル》

・・・儲かっていそうかどうかが、
イメージしやすいからです。

その2社とは、こちら・・・

【2388 ウェッジホールディングス 日足チャート】

【2788 アップルインターナショナル 日足チャート】

・・・結果は、予想通り良い決算を出し、
2銘柄とも《ストップ高》だったのですが。

チャートを見ると、
特に【2388 ウェッジ】の方が、いかにも・・・

※ 爆発寸前(笑)

・・・というような動きをしていました。

やはり、相当の《期待》があったのでしょう。

もちろん『期待が高すぎ』てはダメなので、
それまでの株価の《動き》と《株価水準》を
合わせて見ることが必要になります。

そのハードルを乗り越えるような
《希望の銘柄》を見付けたら、ぜひ・・・

※ 決算を利用しての《イベントドリヴン》

・・・にチャレンジしてみてください(#^.^#)

とりあえず今回は、推奨が投資家の方々の
迷惑にならなかったので、ホッとしています(笑)

中野英

今日もお読み頂き、誠にありがとうございます!

ブログランキングに参加しております。
より、多くの方へこの記事が届きますように!

ブログランキングのクリックをお願いします。
↓↓