カテゴリー別アーカイブ: 戦略

判断に使うのは“これ”だけです

2017.11.11
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週の相場は大きな波乗りのように
激しい動きでしたね。

最近、本当に多くの方から
「日経平均はどこまで上がりますか?」とか、

少し前の選挙の時には
「自民党が勝ったら株価は上がりますか?」とか、

とにかく株価予想の質問をよく聞かれるようになりました。

株の講師として表に立っている以上、
私に聞きたくなる気持ちも分かるのですが、

事実を申し上げますと、、、
 
 
私、予想なんて全然しません!
 
 
全くしないことは無いですが、
そもそもどちらに転ぶか決めていないのです。
 
よく考えてみてください。

今後の株価やら景気やらを
正確に予想して当て続けるなんて、
一部の才能ある人にしかできないことです。

テレビに出るような評論家やアナリストさえ
外してしまうのです。
 
そんな高難度の中で
私が予想しても何にもなりません。笑

だから、自分で予想するよりも、
本当に限られた・信用できる人の予想を
聞くようにしています。

その人たちが何を言っているか聞きながら
パターンをいくつか想定するんですね。

実際、その人たちの話をよく聞いていると、
「秋から株価はこうなるね」って
鋭い観点でプラスの意見もマイナスの意見も出ます。

  
ただ、ここで大事なのは、
そこで出た予想を盲信しないこと。
 
 
パターンをいくつか想定して、
どちらに転んでもいいように
対策するのが大切です。

このスタンスは、
20代で投資を始めた時から変えていません。

ちなみに、
20代の頃は銀行員だったので、
ゴールドマンサックスや
リーマンブラザーズといった

その世界に通じている人から
今後の景況について聞かされていました。

今思うと、
インターネットがなかった当時は、
限られた人しか聞けない貴重な情報でしたね。
 
 
ところが、今は
インターネットにより誰でも情報に
アクセス出来る便利な時代です。

ネットでの情報収集の話をすると、
「なんだ、村田さんパクリですか!!」って
思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、

パクリとかではなくて、、

形はどうあれ
独りよがりで予想するより
人の声に耳を傾ける方が
よほど賢明だと思っています。
 
インターネット上には

みんながどんな予想をしているか?
みんながどう思っているか?

プロからアマまで
生の声がゴロゴロしています。

特にFXのトレーダーは
結果次第で為替が動く
重要指標を気にされるそうですが、

よほどの天才以外は、
人が何を言っているのか横目で確認をして
 
 
「分からなかったらポジション取らない」
のが賢い選択だと思います。

知り合いの有名為替トレーダーと
ロンドンでご一緒させて頂いた際にも

自分のトレード画面より、
隣の人の画面を見まくっていました。笑
 
 
最近いい成績出している人が何をしているか?
とにかく上手い人のまねしよう~ということですね。
 
 
実際、ネットがない時代から
私も上手なトレーダーの友人と
電話で連絡を取りながら、
日々情報交換をしていました。

もちろん、
それは仕事中に頻繁にできるわけではないし、

私は事務がとにかくできなくて
周りに苦労を掛けていたので、

見つかったら上司に殴られていたでしょう。笑

だから、今の世の中は情報収集を
本当に気軽にできますし、

予想に対して盲信は避けつつも、
この環境はぜひ生かしてほしいですね。
 
 

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
現役プロトレーダーが
直接伝える急騰株の秘密

銘柄選択のやり方から
具体的な売買ポイントまで、
プロが使うシンプルな手法を伝えます。
ぜひご参加ください。

http://japan-i-school.jp/jim/171118_seminar/


【投資力診断】あなたは赤信号を渡りますか?

2017.08.01
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

突然ですが、あなたは赤信号を渡りますか?

今日の内容は、あなたが投資で勝つ思考を持てているかを診断する

Mr.K製作の「思考実験」です。

日本人だからか、街の横断歩道を注目して見ていると、

赤信号のとき(つまり、青になる前)に渡り始める人は少数派のように思います。

当たり前といえば当たり前で、

交通規則としては、もちろん赤信号は渡ってはいけません。

しかし、、、

いるんですね、1割くらいの人は、赤信号で渡ります。

ちなみに私の場合は、

赤の内に渡りはじめて、3歩目くらいで青になる(笑)

ということが一番多いです。

よって、誰よりも早く渡りきることができます。

これ、トレードの戦略と同じ戦略なんです。

小さいリスクで、大きなリターンを得るという原理原則が詰っています。

・・・

誰よりも早く横断歩道を渡りきるということが、

果たして大きなリターンと言えるのか?

ということについては不明ですが、

生きているうちのすべての横断歩道での待ち時間を少しずつ減らせたら、

塵も積もれば山となるで結構大きいかな、ということにしておいてください。

それでは、思考実験と行きましょう。

========
【実験】
10人の人が横断歩道で青信号になるのを待っています。

最初に渡り始めた人に、100万円を渡します。
2番めに渡り始めた人に、1万円を渡します。

しかし、もしも3歩目を踏み出したときに赤信号だったら
フライングです。

フライングは、1回に限り道路脇まで戻ればOKです。
2回目にフライングしたら、ルール違反で賞金対象外になります。

さて、あなたはどのような戦略でいきますか?

========

考えてください。

さて、どうしますか?

A. 青信号になるまで待ってから、すぐ渡る

B. 一か八かで赤信号で渡りはじめてみる

AかBか、どちらかでしょうか?

この場合、Aの戦略だと100万円は難しそうですが、2番目にはなれるかもしれませんから、

1万円なら狙えるか・・・いや、もしかしたら3番目以降になってしまうかもしれません。

Bの戦略だと、運が良ければ1番になれるかもしれませんが、ルール違反になってしまう可能性が高いでしょう。

うーん、、、

はい、これはAかBの戦略の優劣をつけることはできません

トレードでも同じように悩む場面がたくさんあると思います。

しかし、考えても仕方のないことなのです。

さて、思考実験に戻ります。

この場合、論理的に100万円を取りに行こうと思ったら、こうするのです。

・まず、赤信号の継続時間を調べる
・継続時間が経つギリギリで逆算して渡り始める

これなら、1番になる可能性が高いと思いませんか?

そう、赤信号の継続時間がわかっていなければ、論理的な答えは出ないのです。

この思考実験で、継続時間に考えが及んだあなたは、投資戦略の本質がわかっています

ちなみに、私が横断歩道を渡るときは、

赤信号の時間を計っているわけではありません笑

青信号になっている方の信号や、車の待ち台数など、周りの状況を見て

「そろそろ赤信号が終わるな」ということを予想しています。

しかし、3回に1回くらいは早すぎて戻ります。

でも、戻ってからもう一度渡れば、少なくとも青信号になった瞬間に渡ることができます。

なんだか滑稽な私の挙動を想像させてしまったかなと恥ずかしいですが、

トレードも同じです。

長期的な順張り思考で、短期的な逆張りエントリーをするしかないのです。

そろそろ反転するということを何らかの情報で予想し、

本格的に上がる(もしくは下がる)前から買う(もしくは空売り)

という戦略が、もっとも損小利大になります。

重要なのは、赤信号の継続時間のように、逆張りでの反転予想の精度です。

闇雲に逆張りをすれば、それは本当に深刻なマイナスを生みます。

なぜなら、赤信号が60秒間だとすれば、

赤信号だからといってランダムに渡ると、

青信号になる数秒に当たる確率は50%以下であるからです。

「そろそろ青になるはずだ」と何を使って予想するのか?

おおよそのタイミングがわかったら、

あとは、確率の考え方で損小利大のエントリーを、負けようが勝とうが単調に繰り返すのみです。

結局、何で勝率が決まるかと言えば、それは、本質的には

赤信号の継続時間の予測精度なわけです。

あとは、単調なエントリーを続けられるかということですね。

はい、かなり冗長になってしまいましたが、

トレードをやっていて悩むことがある中で、

悩んでも仕方のないことと、

悩むべき(予想しなければいけない)ことというのを

分けて考えるというきっかけになれば幸いです。

GOOD TRADE!!

Mr.K


トータルで勝っている方の共通の口癖とは?

2017.07.04
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

 
おはようございます。Mr.Kです。
 
先日、私の人生観をまとめた5つの音声をお送りしましたが、
 
「イメージと違って親しみい声と内容だった!」
 
という声をいただき、なるほどなと思いました。
 
画像が黒塗りで真面目なことばかりを書いていますので、
 
声は低めで厳しそうというような印象を与えてしまっていたのかもしれませんね。
 
先日のセミナーも、急な募集にも関わらず、
 
東京や神奈川はもちろん、福島、宮城、三重、京都、兵庫、宮崎、など
 
かなり遠方からも多くの方が駆け付けてくださり大変うれしかったです。
 
お会いできた皆様、ありがとうございました。
 
  
さて、このブログを通して募集したセミナーもお陰様で10回を数えました。
 
100人を有に超える参加者の皆さんにお会いして、
 
セミナー後の懇親会で直接お話しを聞くと、
 
9割の方は、なかなか勝てずに困っていることがわかりました。
 
しかし、自分流でトータルで勝っているという方が1割くらいはいらっしゃるんです。
 
利益率を上げたいということでセミナーにお越しになるのですが、
 
懇親会で話すうちに、勝っている人の共通の口癖が浮かび上がってきました。
 
その口癖とは、、、
 
 
「◯◯がこうなって、△△がこうなっている銘柄を選んでエントリーするんですよ、
 
そうすると、7~8割くらいの確率で勝てるんです。
 
まあ、トータルで言うと、年利で□□%くらいなんですけどね」

 
 
というものです。
 
この、◯◯、△△、□□は人によってもちろん違うのですが、
 

    言い方はほとんど同じ。

 
これ、大数の法則が使えている証拠ですね。
 
前回も、前々回も、そのまた前回も、そして当然、今回も、
 
同じ条件でエントリーをし続けて、勝率がわかっているということです。
 
 
あなたのトレードはいかがでしょうか?
 
 
毎回、エントリーの条件が変わったりしていませんか?
 
数回うまくいかないと、すぐにエントリーの条件を変えていませんか?
 
自分の手法の勝率を、しっかりと数字で話せますか?
 
 
トレードは、投資の一種なんです。
 
投資というのは、各回の勝率がどうしても100%にならないものです。
 
100%にならない勝負を繰り返して、トータルでほぼ100%に近い勝率で勝つ勝負、
 
それが投資だと、私は思っています。
 
 
なかなか勝てない場合は、まずはトレードの履歴をノートにつけるようにしましょう。
 
少なくとも10~20回は同じ条件でエントリーをしてみて、勝率を数字で算出しましょう。
 

    きちんと数字で把握する

ということが非常に重要です。
 
この思考を持っていれば、別に、実弾でやる必要もありません。
 
過去のチャートを見たり、リアルタイムのチャートで

仮想エントリーをしてみたりしても同じく手法の検証はできますね。
 
 
100%勝つことを願ってしまっていませんか?
 
 
ぜひ、勝率を計算して自己分析をしてみてください。
 
確実に何かがひらめきます!
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


今の失敗は短期の成功で報われる!

2017.07.03
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

「長年の苦労も短期の成功で報われる」
劇作家ロバート・ブラウニングの言葉です。

長年うまくいかない時期があって、
しんどくても続けていけば、
ブレイクポイントがあって急に成長する。
私はそうとらえています。

成功曲線というのがあります。
何か新しいことを始めるとき
時間とともに成果(成功度)が比例して
上がってくると人はイメージしてしまいます。

ところが、初めてすぐに成果が出ることは少なく
成果が出始めるにはある程度の時間が必要です。

やってもやっても、がんばってもがんばっても
成果を感じられない時期が最初のうちは続きます。

それでも、あきらめずに続けていけば
ブレイクポイントに達して、
急に成果が出始めます。

まるでオセロゲームで
白色が裏返って黒色になるように。

ところが残念なことに多くの人が、
ブレイクポイントのちょっと手前くらいで
あきらめてしまいます。

ブレイクポイントの手前には
たくさんのあきらめポイントがあるようです。

これは株でも同じことが言えるんですよね。

株をやるぞと初めて、
勉強して、実際にトレードして
でもすぐに成果がでないので
しんどいっていう人がいます。

やっぱり私には向いていないんでしょうか…
なんていう人もいます。

初めてすぐに成果がでない。

それは当たり前のことなんです。
時間と成果は正比例しないんです。
成功曲線のように成果が出始めるには
ある程度の時間が必要なんです。

今うまくいっていないとしたら、
まだブレイクポイントのところまで
きていないんだなと考えてみてください。

今はうまくいっていなくても、
いつかはブレイクポイントに
達せれるんだと信じてください。

何回かのロスカットでやめてしまうのは
もったいないです。

19世紀のアメリカのゴールドラッシュで多くの
若者がカリフォルニアで採掘しました。

ところが実際に採掘に成功したのはわずかでした。
その後の調査で驚くべきことが発見されました。

金が採掘されなかった穴のほとんどが、
あともう少し掘っていれば
金脈に達していたとのことでした。

あともう少し掘っていれば…

あなたのブレイクポイント、
金脈はすぐそこです。
辛抱強く続けていきましょう(^^♪

藤井百七郎

<じっくり話せる少人数セミナー>

あなたは知っていますか?

実は、投資を始めた人の96%が
3年以内に退場してしまう原因の1つが
自分に合っていないものを
選択してしまっている、
ということなのですが…

今の投資手法が本当に
あなたに合っているのか、
確認したいと思いませんか?

その相談会をこちらで公開しています。

http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170713/


うまく負ける方法を教えます

2017.05.09
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
ちょっと聞きますが、
 
あなたは、100%負けてくださいと言われたら負けられますか?
 
 
「そんなの、普通に勝とうとすれば負けられるよ」
 
という声が聞こえてきそうですね笑
 
 
じゃあ、負けようとしたことはありますか?
 
 
「そういえば、負けようとしたことはありません」
 
という人が多いと思います。
 
 
これ、すごくヒントになりますので、
この機会に真剣に考えてみてください。
 
 
 
負ける方法を、一緒に考えてみましょう。
 
 

まず、100%負けなさいと言われたら、あなたはどうしますか?
 
思いつく限りあげてみましょう。
 
 
・・・
 
 
どうですか?
 

    意外と思いつかない

のではないでしょうか?
 
 
・上昇の勢いが強いときに、空売りをする
 
・暴落しているときに、買いで入る
 
・値動きが少なく小幅で上下しているときに、エントリーの近くに損切りラインを設定する

 
 
こんなところでしょうか?
 
まだありますか?
 
別のことを思いつきましたか?
 
 
 
では、質問です。
 
「さっきあげた方法、本当に負けられますか?」
 
本当に?
 
逆に勝ってしまうということはありませんか?
 
本当にないでしょうか?
 
 
>>・上昇の勢いが強いときに、空売りをする
 
急騰の直後に暴落することってありませんか?
 
 
>>・暴落しているときに、買いで入る
 
あれ?暴落したときに買いで入るのは、
勝とうとするときもやっていませんか?
 
 
>>・値動きが少なく小幅で上下しているときに、
エントリーの近くに損切りラインを設定する
 
急に大きなローソク足が出て伸びていって、
どうしても利益が出てしまって“利益漬け(笑)”になってしまうことはありませんか?
 
 
 
真剣に考えた人だけが気づくと思いますが、
 
おそらく半数くらいの人が、
 
勝とうとするときと負けようとするときで戦略が同じになってしまったり、
  
負けようと思って負けることは意外と難しい
という結果になると思います。
 
 
勝とうとチャレンジすると
いつも負けてしまうのに、
 
負けようとチャレンジすると
うまく負けられない。
 
 
これ、なぜだと思いますか?
 
 
そう、
 
 
見た目でチャンスなときはチャンスではないことが多くて、
 
見た目でリスクに思えるときはそこまでリスクではない

 
ということが一つ。
 
 
そして、もう一つには、
 
エントリーは五分五分の勝率(つまり、予想できていない)で、
 
いつも、うまく行かなくなったときに諦めている

 
という行動パターンだからということです。
 
 
 
意味深すぎて、あまり多くの人に伝わらないかもしれませんね。
 
 
 
簡単に言うと、100%負けたければ、
 
うまく行きそうなときにエントリーして、
 
うまく行かなくなったらやめればいい
ということです。
 
 
それを、負けようとした途端に、
 
負けそうなときにエントリーしたりするから、
 
勝ってしまうことが出てくるのです。
 
 
 
いいですか、
 
 
うまく負けたかったら、
 
明らかに上昇しているときに買いでエントリーするか、
 
明らかに暴落しているときに空売りでエントリーして、
 
マイナスになるのを待ってエグジットしてください。
 
 
 
今日の結論は、テクニカル分析でもファンダメンタルズ分析でもありません。
 
直近のロウソク足だけを見て、すごく簡単に負けることができる方法です。

 
ぜひ、やってみてください。
 
 
勝とうと思ったら、まず、負け方の分析が必要です。
 
何かの気づきになれば、幸いです。
 
 
GOOD TRADE!!
 

Mr.K

P.S.
9割の人が株式トレードで
負けている背景には、
共通する原理原則が存在します。

あなたがトレードを仕事にしたいなら
この厳然たる事実を必ず知ってください。

http://j-i-s.info/j-i-s/170519_seminar/


目指せ!シンプルイズベストなトレード

2017.01.29
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

先日、ある友人から相談を
受けました。

家が片付かなくて。
また、モノが多くて困っている。
人間関係にも悩んでいる。

といった内容です。

ウンウンと聞いていましたが、
どちらも共通点があることが
分かったのです。

家が片付かないのは、そもそも
モノに溢れているからでした。

ある程度のモノを処分すれば、
片付けやすい家になるでしょう。

また、人間関係も同じでした。

古くからの友人と惰性でお付き合い
しているようで。

結局、会っても「グチ大会」に
終始してしまって、よろしくない。

その人間関係も、しっかり関係を見直し。

いらない人間関係は処分(苦笑)

すれば、よいかなと思って、そのように
助言しました。

彼女がその助言に沿って、楽しい毎日を
送ってくれることを祈るばかりです。

実は、これはトレードにも
言えることです。

分析手法は色々知っていた方が
良いのですが。

ある程度までトレーダーとして進化するには
分析手法の見極めや処分が必要に
なってきます。

私は1月より、数種類の分析手法の
見直しをしていました。

分析を繰り返し、検証し。

そして、
「使える手法」と
「使えない手法」が見えてきたのです。

その結果、分析手法も処分の対象に
なることもあります。

最終的なトレードの判断基準は
進化するにつれ。

どんどんシンプルになってきます。
複雑化はしないんですね。

シンプル・イズ・ベスト
という言葉もありますが。

何事もシンプルが一番!!

徹底的にシンプルにして
そこから、足りなければ
付け足しするぐらいが
丁度良いかなと思っています(^^♪

皆さんの家はシンプルでしょうか?

人間関係は?

またトレードはどうでしょうか?

良い、人生を送るためにも
何事もシンプルに行きましょうね(*^_^*)

高橋陽子


<本日のオススメ>
あなたは、まだ手法探しを続けますか?

相場の本質をつかめることができれば
だれにも頼ることなく、
自力でチャートが判断できます。

本物のトレーダーになりたい方はこちらをクリック!
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170215/