カテゴリー別アーカイブ: 国際経済

[地球の裏まで?]中国景気がもたらす影響

2016.04.04
fudou-profile

From:不動修太郎
東京の自宅にて、、、

前回の記事では、
地下資源の価格のお話をしました。

日本では、原油価格と
国内のガソリン小売価格は
大きく報道されますね。

その他にマスコミが取り上げるのは、
金(ゴールド)の価格です。

それに比べると銅の価格は
注目度が低いです。

皆様がよくご存じのように、
ゴールドは貴金属の代表であり、
電気部品にも使われるものの
装飾用途が多いです。

一方で、銅は主に電線の材料です。
日本では、電線等に使われている銅は
リサイクルされて再び銅製品になり、

テレビ、エアコンなどの大型家電は
「リサイクル法」という法律がありますから、
古い製品から鉄、銅などの金属は
リサイクルされています。

ですから日本では、鉄、銅などの実質的な
消費量は大きくありません。

銅、銅鉱石の輸入量が大きいのは
なんといっても中国です。

人口が多く、国土が広い中国は
電線を張り巡らすために銅を大量に消費します。

銅の最大の消費国である中国の経済が減速しているので、
昨今の銅の価格が大きく下がっているのです。

大昔の歌謡曲のタイトル「どうにも止まらない」
という状況です。『銅』だけに。

・・・。

さて、日本では知られていませんが、
ヴァーレという資源開発会社があります。
(CVRD, Companhia Vale do Rio Doce S.A.、NYSE: VALE)

この会社の本社は、
ブラジルのリオデジャネイロにあり、
ブラジルを代表する巨大企業です。

同社の主力商品は鉄鉱石で、
その生産・販売のシェアは35%で世界一です。

他に銅も手掛けているのですが、
昨今の地下資源安で業績が急激に悪化しています。

そのためにオリンピックを
前にしてブラジルの景気が悪くなっています。

このように中国の景気の影響は世界各国に
波及しているのです。

不動修太郎


東南アジアに「あれ」持ってきますか?

2016.02.08
fudou-profile

From:不動修太郎
マレーシアのホテルにて

仕事柄、私は海外を飛び回る事が多いです。

海外においてクレジットカードの所持は、
日本以上に信用の証として重きが置かれます。

特にアメリカでは、日本から予約するか
クレジットカードを提示しないと
中級以上のホテルに泊まれないケースが多いです。

アメリカでクレジットカードを持っていないという事は、
何度もカードの支払いが遅れてしまい、
クレジットカードが作れなくなった、
あるいは最近になり破産した人であり、

つまりは手元のお金の管理が
出来ないと見做されてしまいがちです。

実は、マレーシアの高級リゾートホテルでも
クレジットカードが無いと
チェックインの時に踏み倒しを防ぐ為、
宿泊予定料金の3倍の金額を預けろと言われることが多いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし気をつけなければならないのが、
マレーシアをはじめとする東南アジアで
クレジットカードを手渡すと、
心良からぬ人にカードの表と裏をコピーされてしまうことがあります。

言うまでも無くその情報を使い、
本人に成りすまして通販で買い物をして
取り込み詐欺を働くのです。

東南アジアの中では比較的治安がいいと
言われるマレーシアでもこうしたカード詐欺は多く、
私の友人でも被害に遭った人がいます。

日本と比べるとまだまだ詐欺、盗難事件は圧倒的に多いです。
なにせ「トウナンアジア」と言う位ですから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
東南アジアでは、クレジットカードの中で
VISAとマスターカードが親しまれており、
アメックス、ダイナースも使える店が多いです。

昨年の事ですが、
日本のシティカードジャパン株式会社の全株式が
「三井住友トラストクラブ」に売却されましたね。

日本のダイナース公式HPは
三井住友トラストグループが作っています。

その影響からなのか、
ダイナースが昨年の10月28日に、
マレーシア国内で2015年11月1日以降、
店舗やATMにおけるダイナ-スクラブカードの
利用範囲が著しく低下すると発表しました。

この発表を受けて
マレーシア国内のイオングループは即日、
つまり10月28日からダイナースカードが使えなくなりました。

マレーシアの殆どの主要ホテルでも
11月からダイナースは使えなくなっています。

では、日本からマレーシアにダイナースカードを
持って行く意味がまったくないかというとそうではありません。

成田空港にはダイナースが共同参加しているラウンジがあり、
ソフトドリンクがセルフサービスで
アルコール飲料1杯が無料で飲めます。

マレーシアのクアラルンプール国際空港(KLIA)の
国際線ターミナルにはダイナースのラウンジがあり、
セルフサービスでビールが飲めるのです。

因みにマレーシアの一部の都市部のコンビニ等で
ビールが買えますが、ロング缶が日本円換算で
400円位ですから日本よりも高いです。

況や、空港でビールを飲むとかなりお高いのです。

また政治面に目を向けると、
日本の国会で長い時間を掛けて審議されるような
法律の変更、社会の仕組みの革新が、
マレーシアではいともあっさりと行われることがあります。

それはマレーシアという国の政治の在り方に
その原因があり、それは為替など経済へ大きな影響をもたらします。

今回の記事が長くなってしまいましたので、
この続きは、次の記事に書きたいと思います。

不動修太郎