カテゴリー別アーカイブ: 海外事情

人工知能は金融を読み解けるのか?

2017.01.18
prof_okumura

From:奥村尚
都内の自宅より、、、

人工知能という言葉が、
ここ2、3年で一般的になってきたように思います。

当初はチェスでスタートしたコンピュータ対人間の対局も、
囲碁や将棋に広がり、小学生レベルだった対局能力も
最近はプロの人間にも勝てるようになってきました。

コンピュータは、ルールが明確なものを
正確に処理するのは得意です。

特に近年は、深層学習という技術が進化し
ルールや、そのルールの事例(対局の詳細)を
学習する効率が飛躍的に拡大しました。

過去の膨大な対局データを全て記憶し、
それを知識として使う
ことで将棋でプロと同等になった、
ということになります。

金融ではどうでしょうか。

金融の分野においても
「人工知能を使ったxxx」という
サービスをよく見かけます。

たとえば、性別、年齢、年収、家族構成を書くと
あなたにふさわしい保険商品がわかる、
というサービスがあります。

いったい、どこが人工知能なのか不明ですね。

こうしたサービスは人工知能とは無関係で、
単なるコンピュータの機械処理です。

株の予想はどうでしょう。

株のルールは単純明快です。

需要(買数)が供給(売数)を上回れば上がる。
下回れば下がる。

ルールの事例も、過去の膨大な期間、
詳細な株価推移を学習させることで可能です。

では、それを使って予想を的中できるでしょうか?

チェスや将棋と違うのはここです。

チェスではルールは不変です。
100年前の対局データでもそれを生かすこともできます。

株式の場合、昔と今でルールが同じですが、
前提条件が変わっています。

市場が変わりました。

東証と大証が合併、取引時間もかわりました。

市場参加者も変わりました。

昔は、機関投資家が圧倒的な比率で売買していました。
今は個人投資家や外国人の比率が大きくなっています。

需要と供給も現在とは異なります。

上場企業も変わりました。

1980年時価総額top10をみると、
1位NTT(21兆円)、2位から12位までの9社は銀行証券。

その他も重厚長大な会社が目立ちます。

今は1位トヨタ(22兆円、1989年は7兆円)を筆頭に、
NTT,ドコモ、MUFG,ソフトバンクと続きます。
IT企業比率がたかくなりました。

為替相場もかわりました。

固定相場は終焉し、変動相場になっています。

このような様々な変化を考慮すると
株式の価格変動を予想するのは、
株データと人工知能(だけ)では無理があるようです。

チェスに勝つのとは、わけが違いますね。

だから、おもしろい、とも思います。

では、また次回。

奥村尚

<無料動画配信中>
プロトレーダーが語る売買ルールとは?

本当にスキルを付けて
相場で生き抜きたい人必見の
動画セミナーです。

http://japan-i-school.jp/jim/op2/
※現在、第3話公開中!


お正月休みに感じる、IT企業の変化とは?

2017.01.04
prof_okumura

From:奥村尚
サンフランシスコのホテルより、、、

明けましておめでとうございます。

みなさんは新年いかがお過ごしでしょうか。

僕は今、お正月を過ごしにサンフランシスコに来ています。
新しい大統領をどう考えているか生の声をききたかったからです。

ワシントンD.C.へは良く行っているので、
今回は友人も多いサンフランシスコにしました。

日本と-17時間の時差がありますが、
気温は13度なので東京と同じ感覚で過ごせます。

このあたり一帯はベイエリアと呼ばれる地域で僕が米国で一番好きな場所です。

ニューヨーク程せわしくないし
路面電車が街中を走っていてなんだかいい感じです。

海山の幸もあり食べ物もおいしいと思います。

チャイナタウンは米国最大で中華もおいしいし、
ナパバレーも近くワイン好きにも楽しいところです。

どうでもいいかもしれませんが、
ミシュラン★★★のフレンチは5店もあります。
ニョーヨークでも6店ですから素晴らしいですね。

(★★も7店ありこれは全米最大数です。
ちなみに東京は★★★フレンチは2店です。
やっぱり、どうでもいいか。。。)

サンフランシスコから車でフリーウェイに乗って
南に数10分ほど走らせると、そこはシリコンバレー

スタンフォード大学もあります。

僕にも懐かしの場所で、それはもう有名な
IT企業が本社を置いています。

アップル、インテル、HP、オラクル、
シスコのようなメーカー系の古参企業から、
ヤフー、イーベイ、グーグル、フェースブック、
ツィッター、テスラモーターズのような新興勢力まで、
世界的な企業がひしめいています。

バスで高名なIT企業を見物するツアーもはやっているようです。

昔から犯罪が少なく
(そりゃそうだ、皆車で移動するので
歩く人はいないのだから犯罪に巻き込まれるはずがない)、
実にきれいな街並み、おいしい店も多いし
高級なショッピングセンターもあります。

スタンフォード大学構内の大きなショッピングセンターにも
高級ブティックやデパートが入居しています。

しかし、どうも昔住んでいた頃と大きく変わっています。

まず車の渋滞がすごくなりました。
人口が増えたのでしょう。

ここからサンフランシスコでオペラを見に行くのに、
以前は開始1時間30分前に出発していれば間にあったのですが、
いまは2時間30分前に出なければ間に合わなくなりました。

地価もひどく上がりました。
昔から割高で有名な場所でしたが、さらに割高になっています。

一軒家(庭は多少は広いにせよ
日本の一軒家と規模は変わらない)が100万ドル。
1億を軽く超える値段になっています。

これは東京都心並です。
家賃は2ベッドルームの部屋で月3000ドル(35万円)です。

この10年間で70%上がったそうです。

車がないと生活できないしスーパーの食料も高いし外食も高いです。

給料が良い会社は多いですが、
それ以上に生活費がかかりすぎますね。

これでは良い人材が集まりません。

優秀な人材はあっという間に辞めて
より高給な会社に移るので、ベンチャー企業も、
ここでビジネスをしていくのは厳しくなっています。

では、どこにIT起業家が集まってくるのでしょう?

すぐ思い浮かぶのは、シアトル(ワシントン州)です。

アマゾンの本社があります。
クラウドサービスの新興勢力がここに勢ぞろいしている地域です。

友人が10数年前シリコンバレーの会社を辞めて
アマゾンに転職した時、シアトルに行く事にした、
と連絡がきた事を思い出しました。

ニューヨークも市長がデジタルNYとして
IT企業誘致に乗り出しています。

マンハッタンのシリコンアレーと呼ばれる地区は
雇用が2008年より50%上昇しました。

他にも、ロサンゼルスのシリコンビーチに、
ユタ州のソルトレイクシティに、、、全て、米国ですね。

米国内では、ITの地域勢力図は大きく変わろうとしています。

しかし、今後も米国を中心に世界のITが
進化してゆくであろう事に変わりはありません。

なぜ日本でこうした世界的なIT企業が登場しないのか、
これには明確な理由がありますが別の機会にしましょう。

今日で正月も終わり。
サンフランシスコから東京まで飛行11時間。
パソコン開いて仕事でもしながら帰ることにします。
ワインも少しいただきながら。

あまり役に立たない話になってしまいましたか。。。

では、また次回お会いしましょう。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
急騰する新興株をどうリスクを
抑えて売買するのか、

どのようにデイトレ・スウィングで
利益に変えていくのか、

経験豊富な専門講師が
実例やチャートを使いながらわかりやすく
お伝えいたします。

http://j-i-s.info/j-i-s/osaka_170107-08/


トランプ大統領の財政出動の意味とは?

2016.12.28
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

おはようございます。

前回を除いてこの2回は日銀の話をしています。
今までは金利調整の施策と歴史を、
信用不安の対応などのエピソードとからめてお話しました。

今回は、金融緩和について。

金融緩和は、景気を刺激させることを目的に
お金の流通を図ることを指します。

昔から日銀は金利を上下させて
お金の流通量を調整してきました。

金利を低くするとお金が借りやすくなるため
民間企業は借りて設備投資を行う。

設備投資が進むといろいろなものが
売れるので景気刺激になる、
金利を高くするとその逆というわけです。

経済成長してインフレがあった昔はそれでよかったのです。

インフレとは、物価が上がることです。

経済が成長するとお金の流通も増え
給料も増えるので、モノは良く売れます。

モノが売れるとモノの供給が追い付かず
物価が上がるというわけです。

このように経済が拡大し成長するときにインフレが起こるのです。

一方、インフレ状況では心理的にも
明日はモノが値上がるという気持ちが起こり

今日のうちに買っておこう、
と思うので財布のひもを緩め経済を刺激します。

現在日銀がインフレ率2%を目標にしているのは、
こうした理由があるのです。

さて、日本はバブルも崩壊し、経済成長が止まりました。
むしろ物価が下がるデフレに陥りました。

デフレとはインフレの逆で、
経済が縮小し物価が下がることを言います。

モノが安く買えるのだから良い事に聞こえますが、
経済が停滞しお金の流通も減り賃金が下がるので
長い目ではマイナスです。

モノが売れないのだから、企業は仕事がなくなり失業率があがります。

日本は、1997年以降、バブル崩壊に続いて
消費増税もあって深刻なデフレになりました。

バブル崩壊で山一証券、拓銀などが
倒産した事を記憶している方も多いでしょう。

牛丼がどんどん値下げ競争しているのもデフレの象徴でした。

デフレの状況ではモノが売れないのだから、
どんなに金利を安くしても、設備投資をして生産効率を上げ、
どんどん生産しようという行動は起こらなくなります。

このようなとき、政府の財政出動が効果的といわれています。
政府が税金でモノをつくり、税金で生産をする。

1920年代の世界恐慌でルーズベルトのとった財政出動は
中学の教書にものっていますね。

もっと有名なのはヒトラーが作りまくった
高速道路(アウトバーン)や戦争準備のための兵器製造です。

雇用はかなり改善されます。
雇用が促進させるのは景気刺激に最も重要なんです。

トランプ大統領が行おうとしている財政出動も景気を刺激します。

財政拡大とインフラ投資で景気を刺激し
減税で消費を刺激する。

そうするとインフレを起こし金利があがります。
金利が上がるとドルで預金をしたくなるので
皆こぞってドルを買う=ドル高です。
これは円安を意味します。

現米政府は輸出をして儲けるためにドル安を望んでいます。
トランプ大統領も、そして日本も欧州もそれは同じです。

が、財政出動は通貨高(米国であればドル高)を招くので、
米国の物価は上がります。

やや複雑な因果関係ですね。
少し話を盛り込みすぎたかもしれません。

この先は、日本に話を戻したいのですが
長くなりそうなので、次回以降にしたいと思います。

みなさま、良いお年をお迎えください。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
安定的な投資を可能にする
「サヤ取り」投資法。

このセミナーでご紹介するの手法は
一般的なサヤ取りの精度をさらに高め、
暴落やショックに強い安定運用を実現しました。

一生モノのスキルを身に付けたい方は
こちらをクリック!

http://j-i-s-sl.info/ikeda/seminar_170108/


クリスマス直前「今年の総まとめ」

2016.12.21
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

こんにちは。

今回は2回続いた日銀の話を続ける予定でしたが、、

今週はクリスマス。
そして、すぐ年末が来ます。

そろそろ1年を振り返ってみて、、
という話をしようと思います。

昨年末の大納会では日経平均19033円で終わり、
今年の大発会は18450円で終えました。

実に583円安という波乱のスタートだったんですね。

その後さらに下がりましたが約一年かけて
結局、昨日は19494円で引けました。

これは今年の高値圏ですから、
一年を通しておおざっぱにみると株を買った人は
(多かれ少なかれ)みな儲かったという事になります。

僕から見た現状をわかりやすく
“劇場”に例えてみたいと思います、、、、

今年はとにかくいろいろあったけれど、
米国の8年ぶりの大統領選で”ムード”が一変しました。

それまではガラガラだった劇場に
久しぶりに人が集まってきました。

ムードで支えられて株が高くなり円安になりました。
その円安が企業業績を水増しする結果となり、さらにムードは高まります。

日銀の買い支え型破りな新大統領、
時には孫社長という“役者”がどんどん登場して
舞台は盛り上がっています。

そしてさらに、盛り上がりはまだ続くように見えます。

「いったい、いつ終わるのだろうと」心配になり、
舞台終了を待たずに、途中で劇場を出ていった人も多いですが、
空いた席はスグに埋まり、劇場の外はいつも人であふれている。

主役の新大統領は1月20日の襲名披露があるので、
 それまでは続くのじゃないだろうか・・・

いやいや、その後はハネムーンがあるし、
 もっと続くのじゃないだろうか・・・

劇場の内外では、物語の先を予測する会話があちこちで聞こえ、
参加する人もしない人も大勢がこの大きなステージにくぎ付けになっています。

ちなみに、大統領は1月20日の就任後、
「一般教書演説」(State of the Union Address)があります。
慣例的に最終火曜なので、1月31日になるでしょう。

これは国の状況に関する見解と政治課題を説明する
message(教書)となります。

ついで、
「予算教書」(Budget Proposal)が2月に示されます。

議会が大統領予算案を示し、
「〇〇に対しこれだけお金が必要だと思うので予算化してくれ」
と依頼するものです。

どちらも注目されると思いますし、

1月20日以降予算教書演説までの期間は、
政権発足懸念の心理で市場が振れる可能性がある
とみています。

いずれにしても、
今年に関しては「終わりよければ全て良し」といったところでしょうか。

僕はというと、、、、

この一年、僕のお客様は投資でうまくいきました。

これが一番ですが、僕自身の投資も同様にうまくいきましたし、
CFOとして支援しているベンチャー企業もうまく回りだしました。
計画通りです。

そして、計画外の良い事もありました。
このようにブログで金融の話題を発信するという
新しいことにも挑戦できました。

いろいろなめぐりあわせで良い出会いもありました。
趣味でやっている競技エアロビックも良い成績だったぞ。。。。

と、なかなかに良い年だったのですが、
僕の話はさておき。

そろそろ、本格的に年間計画を反省し、
またあらたな年間計画を立てる時期にきましたね。

みなさんにとっては、今年はどのような一年でしたか?

それでは、また来週。

奥村尚

<今週金曜開催セミナー>
年始から新しいことに挑戦したいあなたに!

このセミナーで急騰株の本質を知れば
すぐに利益へ直結させることができます。

年明け、盛況相場で稼ぎたい方はこちらをクリック↓
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_161223/


[Video]米大統領選あとからの戦略

2016.11.10
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
昨日はとでもない一日になりましたね。

ご存知の通り、
アメリカ大統領選挙の開票が
日本時間の日中(場中)に行われました。

このままいくと、これからどうなるのか?
動画で解説しています。
↓ ↓ ↓

今回の日経平均の暴落が
ニューヨークダウやCMEの下落を
どれだけ織り込んでいるか?見ながら、

慎重にトレードしていきましょう。

藤井百七郎

 
P.S.
トランプ氏の当選で暴落した日経平均株価、
これからはどうなる・・・?

なんてことは誰にも予想できません。

ですが、確実に言えることは、
今回の暴落で大きく利益を上げた投資家が
多数存在するのです。

暴落を利益のチャンスに変える
投資手法の詳細はこちらを見てください。

http://j-i-s.info/j-i-s/karauri161109/


トルコリラで稼ぐには、、

2016.07.25
koushi_fudo01

From:不動修太郎
東京の自宅にて、、、

最近はトルコのニュースが多いので、
マイナー通貨の一種である
トルコの通貨を取り上げました。

トルコは昔のシルクロードの一部であり、
今もヨーロッパとアジア双方の
文化を育(はぐく)んでいる国です。

それだけにロシア、クリミア、
中東の産油国と地理的、経済的に近いので、
それらの国々の影響を受けやすいです。

多くの日本人にとってトルコというと
エキゾチックな観光地というイメージがありますね。

トルコの通貨をトルコリラと言います。
私はその通貨の予想をするために
トルコの国情を調べています。

私は東南アジア各国には足しげく訪問していますが、
トルコに関しては別に特別な情報ルートを
持っているわけではありません。

イギリス、アメリカのような先進国、
経済大国のニュース、国情、経済のニュースは
日本のマスコミから大量に得られますが、
トルコはそれほどではありませんね。

そこで私は日本の外務省のホームページで
トルコの概要を掴むことにしています。

日本の当局がウェブ上に公開している情報は無料ですし、
信頼性の高い内容が日本語で書かれているのでお勧めです。

URLは→
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/turkey/data.html

ただ、外務省に限らず、
日本の省庁のホームページに載っている情報は
公式に相手国から貰っている情報なので、
鮮度は良くありません。

そのため、先進国は昨年の情報、そうでない国々の
場合には2年以上前の情報が載っている事が多いです。

経済情報をチェックする場合には
情報が新しくない事に留意しておくことが大切です。

なので、国の背景についての
情報が得られるということですね。

日本の外務省の情報に依れば、
トルコの民族はトルコ人(南東部を中心にクルド人,
その他アルメニア人,ギリシャ人,ユダヤ人等)

宗教はイスラム教(スンニ派,アレヴィー派)が大部分を占める。
その他ギリシャ正教徒,アルメニア正教徒,ユダヤ教徒等。
【以上は原文のまま】となっています。

最近のトルコはテロ事件、
クーデター騒ぎがありましたが、
トルコという国の民族と宗教の実情からしても今後も
不安定な状況が続くと思われますね。

さらに外務省のホームページを見てみましょう。

トルコの産業割合は、サービス業(57.7%),
工業(24.1%),農業(7.1%)となっており、
サービス業の割合が大きいですね。

また途上国は物価上昇(インフレ)率が高い国が多いですが、
トルコの物価上昇率は8.1%です。

さらに注目すべきは失業率で10.7%ですが、
最近ではこの失業率はさらに悪化している恐れが大きいです。

トルコは経済指標の中で重要なのは総貿易額で、
輸出1,577.1億ドルに対して
輸入が2,422.2億ドルなので大幅な輸入超過です。

アメリカ、カナダも貿易赤字の時期が長いので、
一概に貿易赤字は悪いと決めつける事はできません。

とはいえ、途上国は貿易赤字が続いていると、
通貨とその国の経済が不安定になるケースが
多いです。

ではここで最近のトルコリラのチャートを
見て下さい。

このチャートは対円のトルコリラのチャートです。

これから分かるように、イギリスのEU離脱国民投票の
結果が出た時にトルコリラは急落し、
同時に日本円が買われて円高に動いています。

これはイギリス一国というよりもヨーロッパ全体に
与えた精神的な衝撃が大きかったですね。

その結果として
ユーロはもとよりトルコリラもヨーロッパに
近いので大きく売り込まれて
暴落に近い下げを見せたという事です。

それに比べるとイスタンブール空港のテロ事件、
クーデターは衝撃的で悲しむべき事件では
ありましたが、為替への影響は小さかったです。

今回も記事を読んでいただきまして
ありがとうございました。

不動修太郎

<本日のおすすめ>
このスカイプセミナーでは、
自宅にいながら日経225先物を
学べます。

しかも、相場解説ありで、、

もしあなたが、
株で銘柄選びに
時間がかかっているのなら、、、

または、銘柄選びが
不得意であるならば、、、

日経225先物を知れば、
個別銘柄から抜け出し、
あなたが求める投資法を
見つけることができるでしょう。

続きはコチラ
http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_0725/