カテゴリー別アーカイブ: 海外事情

役立つPERについて

2018.04.04
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

相変わらず株式相場は不安定ですね。

でも、安定した相場など、
過去にほとんど経験したことはありません。

価格が上下するのが相場であり、
そういった性格を理解したうえで参加しているのが
我々投資家ということでしょう。

前回、相場の水準について、

目安はPERとPBRを使います。
と切り出してからPBRの話をしました。

ならば、今回はどうしても、
PERの話を続けてしておく必要があります。

良い時も、悪い時も、
こうした基本をしっかりと押さえておきたいのです。

おや、なんだか、
結婚式の誓いみたいですね。

Wherever you go, I will go; あなたと共にわたしも向かいます
for better or for worse, 良い時も悪い時も
I will give myself to no other 命ある限り共にすることを(訳 奥村)

まぁ、結婚相手とは違って、
悪い時にまで付き合って命を落とす必要はありませんね。

さて、

PERは日本で(ピーイーアール)と呼ぶ事が多いのですが、
P/E(ぴーいーれしお) とか、PE(ぴぃ)と英語で呼びます。

相場の場合、
悪い時というのは、

下がっている状況なのですから、
買い時とも言えます。

実際、2012年後半にPBRが1を割り続けたとき、
6月4日最悪値は PBR 0.87 (日経平均 8296円)
でした。

(その後、5か月以上に渡って低迷を続け、11月15日から上昇に向かいました)。

あとからいうのは簡単ですが、
悪い時期の判断を間違えると、

さらにどんどん悪くなって
お金を減らしてしまう事はありますから、
見極めが大事ですね。

今はどうなのでしょう。

PERとPBRをあえて2つ対比させました。
なるべく一致するようにスケールをとってあります。

ret risk


前回、PBRを用いて、
いくら以下に(まず)ならない、
と説明しました。

PBRでは、それだけが説明できるのです。

どのくらいまで上がりそうか、
という説明ができません。

しかし、PERを使うと、
このくらいが適正水準である、

という説明ができます。

結論だけ述べると、

かなり控えめに言っても、
PER 13倍が最低限の適正水準といってよいでしょう。

PER13倍は、
日経平均では2万2000円
です。

結論だけ述べました。
複雑な説明をしたくなかったので、
PERの意味を説明するのは意識してやめています。

できれば次回にでも、
PERの説明をしたいと思います。

では、また来週。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
「トレーダーの9割が負け組」
という現実があります。

相場では、経験豊富なプロ、機関投資家、
さらにはAIにも勝たなくてはいけないので、
無理もありません。

では、投資初心者なのに
勝ち組の個人投資家は
どんな手を使っているのか。

あなたにはわかりますか?

http://japan-i-school.jp/sl/okuribito/osaka_tokyo/


下げに対する覚悟はありますか?

2018.03.28
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

相場の下限

株式相場は不安定ですね。
日経ボラテリティインデックスも再び上昇してきました。

NYの下げに敏感に反応し、
NYが大きく下げると、
きまって東証もそれにリンクして下げてきています。

NYが主導してきた暴落は、
2月2日に始まりましたが、

2月中にNYは(ほぼ)元の水準に戻ったわけですが
東証は下げたまま3月を迎えました。

そうこうしているうちに、
今回の暴落に突入、
再びNYも東証も大きく揺れ動きました

3月26日の時点で、
日本は-10%,NYは-4%の下げであり、
特に日本の下げが目立ちます。

相場であるからには、
価格は動くものだし、

実は歴史的に見ると、
暴落といえるほどには大きな下落ではないのですが、

限界なく下げてくるように思えて、
恐怖だという方も多い事でしょう。

このくらいまで下げると、
そのあたりが限界であろう

という水準は明確に存在します。
その水準の目安は、

PERとPBRを使います。

株式の代表的な指標として、
割高、割安を示すものですね。

まさに基本なのですが、
その基本こそ、
こうした時には重要
なのです。

PERは良く使うのですが、
今回は特にPBRに絞って使ってみましょう。

PBRは、今の株価が、
一株当たりの純資産の何倍であるか、
を示します。

純資産とは、会社の自己資本であり、
返済不要のお金であり、
解散した時に残るお金です。

PBR=1倍というのは、
解散した時に残るお金と同額である事を示します。

つまり、会社の付加価値はゼロということです。

日経平均は、日経が選ぶ225社を一つの会社として、
仮想的にみた場合の株価である
といえるのですが、

そのPBRである日経平均PBR 1倍は、1万7900円です。

言い換えると、
日本を代表する優良な大企業が全て入っている
日経平均採用銘柄225社の価値の合計をゼロとした時の

日経平均水準が、1万7900円なのです。

ここで、2月以降の日経平均と
日経平均PBRをグラフで見てみます。

ret risk


どんなに円高になっても、
利益が出ない会社に成り下がっても、
PBRが1倍を割り込むことはなかなかありません。

従って日経平均は、1万7900円以下には(多分)なりません。

本当は、多分ならない、ではなく、
絶対にならない、といいたいのですが、

なにぶん、
相場というのは勢いで下がりすぎる事もありますから、

瞬間最大風速では、
それ以下にまで下げる事はありえますが、
まぁ、ならないと考えてよいでしょう。

(実は、過去に、
PBR 1倍を割り込んだことがあります。

2011-12年民主党政権で
日経平均が8千円台にまで下落した時です)

いくらくらいまでなら、
下げる覚悟をしておけばよいのでしょう。

17900円に達するまでの余裕度
(言い換えるなら安全係数)を15%(安全係数1.15),
10%(安全係数1.10)に設定して計算してみるとこうなります。

15%余裕度 引け値ベースでの下限
(1万7900円x 1.15=20585円)

10%余裕度 ザラバでつける最安値の下限
(1万7900円x 1.10=19690円)

いくらなんでも、
10%の余裕を割るほどに売られることは、
かなり考えずらいのです。

今週26日は、
ザラバで15%余裕度を下回る価格になりました。

もうそろそろ、
限界一杯まで下げたぞ
とも言える事になります。

幸い、
27日は反発したのでなによりですが、

恐怖を取り除くのに、
このような計算は案外役に立つものだ
という事でもありましょう。

では、また次回。

<編集部のおすすめ>
不安定な情勢の時にはルールが大切です。

激しい値動きを目の前に
恐怖を感じる方もいるかもしれませんが、

こちらで紹介するトレード法では
低リスクの安全なトレードが実現可能になるので、

あなたが、今の相場で
悩みを抱えているのであれば

一度こちらをご覧ください。

http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_tokyo_h/


リスクとリターンは計算できます

2018.03.21
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

リスクトレランス(Risk Tolerance)
という言葉があります。

「リスク許容度」と
訳されることが多いようです。

投資で頻繁に使われる言葉で、

投資家がどの程度のリスクを
受け入れる事ができるかの大きさ
であり、
リスク指標です。

リスクとリターンは
比例する関係にあります。

(正確には比例ではありませんが、
片方がプラスに大きくなれば

片方もプラスに大きくなると
解釈してください)。

実際には、こんな形になっています。

ret risk



どのくらいのリスク許容度があるかは、
投資家それぞれの状況で大きく異なります。

経験値、資産規模、運用知識、
個人であれば年齢や所得で異なります。

このリスク許容度は計算できるのですが、

運用していた過去の資産から
正確に計算できます。

たとえば、
私は1年間で100%のリターンがほしい、
という人は、

暗に100%の年間リターンを
取るだけのリスクを負担する事を
許容している事になり、

リスク許容度が大きいと判断します。

リスクはとらないで、
リターンだけは100%いただきたい、
という事は不可能です。

さて、日本の平均的な個人投資家は、
投資全体の株式比率が極端に低いので、
リスク許容度は低く測定されます。

だからリターンも低いのですね。

これに対し、
欧米の個人投資家は株式比率が高いので、
リスク許容度は大きくなります。

だからリターンが大きいのですね。

これ、文化的にも言えるような気がします。
日本だと、さしづめこんなところでしょう。

「まわりの空気を読みながら、
 人様に迷惑をかけずに
 つつましく生きなさい」

欧米だと、こんな感じになるでしょう。

「どんどんチャレンジしなさい。

 失敗しても許容されますから
 堂々と振る舞いなさい
 (人の失敗も許容しなさい)。」

許容度が大きな欧米と小さな日本には、
文化的な壁を感じます。

少なくともビジネスや投資においては、
個人も社会もリスク許容度を上げてゆく
必要があるだろうと考えています。

さて、肝心の投資では、
リスク許容度は概念だけではなく、
実際の数値としても取り扱う事が可能です。

その見方、
使い方の概念を知ることは重要で、

どれくらいのリスクで
どれくらいのリターンであるか、
数値化する第一歩となります。

次回お楽しみに。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
リスクとリターンを正確に把握することが
相場の世界では重要になります。

しかし、イメージが先行して、
実際のリスク以上に
恐怖を膨らませてしまい、

せっかくのチャンスを逃してしまう方が
本当に多いです。

例えば、
難しい、ハイリスクなど、
ネガティブなイメージがある先物取引。

実はある法則を知れば
非常に効率よく稼ぐことができる
市場でもあるのです。

リスクとリターンを正しく把握し、
チャンスをモノにしたい方は
一度こちらをご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/takako_180330/


今後の動きを見極める、市場心理とは?

2018.03.07
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

センチメント(sentiment)という言葉は、
金融市場を説明する際に
よく使われます。

市場心理などと訳されますが、
市場そのものが揺れ動く心理をもっている
生き物ではないので、

結局、市場参加者たちの
総合的な売買の状況を説明する言葉だと
解釈して良いでしょう。

市場参加者とは、
売りや買いの注文を出している
すべての人のことを指します。

具体的には、
機関投資家や個人トレーダー。
投資信託や証券会社。
ヘッジファンドもいますね。

その市場心理の実態は、
その日その日に市場に参加する全てを
包括している巨大な組織体の中にある
といってよいでしょう。

そして、その市場心理は、
唯一、参加者のオーダーを通して
表されます。

なにも参加者が新聞記者やTV番組に
インタビューをされたり
取材をされたりするわけではありません。

「売り」か「買い」かのオーダーによって、
市場全体の値動きがプラスになるのか
マイナスになるのかが決められますし、

そのオーダーがいつ出たかという
時間軸での流れによっても、
値動きが変わります。

その事後的にわかった値動きや
売買高を総評して、
本日の心理なるものが、
なんとなくわかってきます。

また、最近の市場は
値動きが大きい状態が続いていますが、
その最大の要因はニューヨーク市場にあります。

センチメントは米国も不安定で、
損が膨らんでポジションを整理する投資家も多いし、
VIXなどのリスク指標をもとに
保有資産を増減させるファンドの存在感が増しており、
短期的な振れはかなり大きくなっています。

米国が落ち着けば
日本も落ち着くのだと思いますが、
先月からの急落分を取り戻すには至っていません。

これはまだ落ち着いていない、とも言えますし、
見方によっては落ち着いた、とも言えます。

仮に落ち着いたとするのならば
下げた時の理由が解消したのに元に戻っていない、
という状況ともいえるでしょう。

やはり、このセンチメントというのは、
気ままに動く小悪魔のようなもので
読むことは難しいものです。

しかし、そのセンチメントも
昨日までの状況と、本日の変化の
2つの要素に分けると考えやすいと思います。

そして、データが示す相場の本来の位置から
今後の動きを見極めるという
3つ目の要素と合わせることで、
相場を読むことができるようになります。

さらに、そのときの
市場の特性や特徴までも理解していると、
その精度は高いものとなるでしょう。

では、その市場の特性とは何なのか。
それはまた近いうちに
お伝えしたいと思います。

次回をお楽しみに。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
値動きん激しい急騰株でも
胃を痛める日々とは決別できる?

3500銘柄を見たうえで導き出された
確かなトレード手法と
最短で急騰株にたどり着く手段がここにあります。

詳しくはコチラをクリック

http://japan-i-school.jp/jim/seminar180313/


金融情報と虚数

2018.02.28
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

金融相場は、情報が動かしています。
たとえば、このような情報です。

xx大臣がこういった、
大物投資家xxがあの銘柄を買った、

著名アナリストがyyを推奨した、
nn新聞にzzという記事が掲載されたetc,etc.

テクニカル分析も、ファンダメンタル分析も、
企業の業績発表も情報ですね。

ありとあらゆる情報が、相場参加者に届き、
その参加者によって取捨選択され、
部分的、断片的な解釈をされ、

最終的には相場への注文という形になります。

日本株であれば、こうした総合的な姿として、
全ての注文は取引所=東証に集中され、

東証のコンピュータによって
時間軸に沿って処理され、注文がこなされ
値が刻一刻と変化してゆきます。

こうして、証券価格が形成されると
言ってよいでしょう。

では、その情報は、
どのような形をもつのでしょうか。

この情報という正体不明なものを
数式で示す試みは、古くからありました。

巨大な情報を処理する=相場が動き株価がつく

というわかりやすい数式になっているという事実を、
仮に何らかの数式で情報を記述できるのであれば、

その情報数式を使って
株価を解析できると考えられるからです。

左辺は、ビッグデータ解析です。
右辺は、その結果起こる株価です.

僕も、もうずいぶん前から、
こうした研究に参加してきました。

ほとんどの場合、処理しやすさと扱いやすさから、
情報価値を虚数を使って記述します。

世の中には、見た目存在しないものでも、
仮に「それが存在する」と認めて
その概念を利用して説明してみると、

実にうまく説明できる事が多々あります。

その場合、物事を説明するためには
「それが存在する」として使ってみる事は
有用である、ということになります。

社会文化学では、
「神」がその代表になりますが、

数学や情報工学の世界では
虚数がそれに該当するでしょう。

虚数とは、その数を二乗すると
マイナスになる数字をいいます。

数学ではiを使って表記します。
英語でimaginary number(想像上の数字)という
ところからきているのでしょう。

工学では既にあった電流i(アンペア)と間違わないよう、
その次のアルファベットであるjという記号を用います。

i^2 =-1
or
i = √-1

です。

高校生の時、数学で多くの人は
学んでいるとおもいます。

さて、経済や金融相場は波で表すことができます。
その波は数学的には複素数で記述できます。

複素数は、実数と虚数で構成されるもので、
複素数 F = X + iY , X,Yは実数、iは虚数です。

Y=0の場合、F=Xになるので、複素数は実数を含む
広範な記述ができることになります。

これを証券価格にあてはめると、
証券価格 f(t)=x(t) + iy(t) ,ただしtは時間
といった具合です。

複素数を使うと、この記述で時間軸をもった
3次元空間を表記できます。

波はチャート分析をしている人にはおなじみですが、
こうした表記方法もあるのですね。

こうした手法がうまく将来価格を言い当てるかどうか、
どの程度優れているかは、まだ研究レベルですから、
ジャッジするには時期尚早です。

が、債券やFXのような、
商品種類が極端に少ないものには、
本質を突いたハイレベルな予想を行える感触があります。

ここで、何が本質なのか、
という疑問もわいてくるでしょう。

これは深いので、
いずれあらためて、書いてみたいと思います。

奥村尚

P.S.
トレードの調子はいかがですか?

もし、厳しい相場状況に振り回され
負けが続いてしまっているのなら、
是非こちらをご覧ください。

私が解説を務める投資ビデオプログラムが
今だけ無料でご視聴いただけます。

http://japan-i-school.jp/pl/okumura/opt_180223/
きっと皆さまのお役に立てると信じています。


今の相場に類似する2つのデータ

2018.02.21
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

今回は、
2月第二週の下落のデータから
過去との類似性をみてみます。

2月5日(月)、6日(火)の2日で、
7.27%相場が下がりました。

2月9日も2.3%下げたので、
この3日で9.6%相場が下がったことになります。

3日下げて、その後はどうなるでしょうか。

「上げ100日、下げ3日」
という相場の格言があります。

上げ相場に比べて、下げは一気に来るという意味です。

3という数字は、100に対する小さい数字という意味で、
この格言の中で数自体に重要な意味はありませんが、

3回一気に下げたので、4回も下がることはない、
と考える方はいらっしゃるでしょう。

3といえば、トリプルボトム(三番底)という格言もあります。

こちらは、
底は2回が多いのですが、3回つけることも多く、
3回下げると落ち着くという意味をもちます。

こうした格言は、先人の歴史的な根拠もあるようが、

実際は、4回も5回も底をつけることもありますし、
兜町では古くから「相場は最後が大きい」という格言もあります。

結局、それぞれ異なる見方になりますし、
格言だけで投資判断をするのは危険ですが、

下げ相場に関する基本的格言なので、
知っておいてよいでしょう。

さて、
今回の下げに似た過去の事例を調べてみました。

2008年10月のリーマンショックは、
今回とは比較にならないくらい
強力な下落でしたので、類似性はありません。

1953年の3月、そして、1987年の10月あたりが、
下げ方の類似性があるように見えます。

ただし、
1953年は今回の1.5倍、
87年は今回の倍以上の下落率でしたので、
ショックは今回の方が穏やかでした。

【1953年】
1517989331962

1953年は、
当時ソ連の指導者であったスターリンが
重体というニュースが伝わり暴落したものです。

ニュースは本当で、
スターリンは脳内出血で死亡したわけですが、
戦後はじめて日本が経験した大暴落でした。

共産主義国の指導者の死亡ということで、
株式暴落とは関係なさそうな理由で下げたわけですが、

当時は朝鮮戦争の最中で、
その特需があって日本は景気が良かったのです。

スターリンが死ぬことで
戦争が短期で終結してしまうのではないか、
という懸念で下げたわけですね。

この時は、戻すのに1か月半かかりました。

戦争自体は1953年7月に終わりましたので、
相場の方が先に戻したことになります。

今、「終わりました」と書きましたが、
実際には、休戦協定が結ばれただけですので、
正確には終結していません。

休戦状態が長いだけなのです。

国と国との契約関係上、
現在も戦時中であることは、
覚えておいてよいでしょう。

1987年はブラックマンデーです。

【1987年】
1517989331962

米国の貿易赤字が大きくなり
米経済が懸念される中、

プラザ合意後のドル安対策として
金利の引き上げ観測が高まった事が原因でした。

暴落直前に、FRB議長がボルカ―から
グリーンスパンに引き継がれていた事も
要因として挙げられます。

米金利上昇やFRB議長の交代時期など、
スターリンの時よりも今回と類似性が高いようです

この暴落で大きく利益を上げた
大物投資家がいるのですが、
映画「ウォール街」のモデルにもなりました。

この時は、戻すのに半年かかりました。

例に挙げた2つのケーススタディでは、
銀行が連鎖倒産するような深刻な事態になっていません。

しばしば、金融経済が先走り、
実体経済と乖離する事があります

その場合、
相場は自動的に調整されるのですが、
大局的にはそれが理由でしょう。

極端に上がって割高な相場になったり、
その逆となった場合、

実体経済に合った水準まで、
相場が動く
わけですね。

それがいつ起こるかは誰にもわかりませんが、
どのくらいが適正水準であるかは概ね計算できます。

このあたりの話は、
また別の機会に展開してみたいと思います。

また次回お楽しみに。

<編集部のオススメ>
新興株には下記のような旨味があります。
・高利益率のチャンス
・見つけたもの勝ちのお宝銘柄
・一発逆転の爆益トレード

その反面
根拠もなくトレードするには
大きな危険をはらんでいます。

しかし、
その危険を取り除けたら、
これは大きな利益獲得のチャンスになります。

新興株の『隠された攻略法』
に興味はありませんか?

チャンスを逃さない方法はコチラ