カテゴリー別アーカイブ: 投資判断

[Video]上と下どっちに行くのか日経平均

2017.07.27
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

7月もパッとしないまま
あっという間に最終週を迎え、
今の段階で利益が乗っていなくてイライラしても
仕方ないかなという感じですが、

日経平均も随分久しぶりに長く持ち合い
絶好の仕込み時ですが
買いか空売りかどちらを選択するか
そのポイントを動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

<編集部より>

もし、今のどちらにッ転ぶか分からない状況で
「本物のチャート分析を知りたい!
 そして、実践してみたい!」
と思われたなら、

その極意をプロから直接学べる
このセミナーがおすすめです。
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170730/


[Video]失敗から学ぶ利益確定

2017.07.13
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

ほんとに難しい相場が続きますね。。。
これほどまでによくできた持合は珍しいくらいです。

25日MAが横向きはわかるのですが
短期の5日MAまでもが横向きです。

せわしない5日MAが25日MAと仲良く
横向きで寄り添ってるなんて
なかなか見れたものではありませんね。

さて、株で一番難しいと言われている利益確定。

持合の時こそ慎重にいかないといけませんね。

スウィングだからって長く持っていたら
せっかくあった利益がなくなってしまうからです。

けれど…

利食った後に持ってればよかったなぁ~なんて
後悔したくない気持ちも湧いてきちゃいます。

そのためには潔さも必要ですね。

株は大変奥深いもの。

うまくいった時よりも失敗の時のほうが
学ぶことも多いんです。

そんなわけで今回は悔しい失敗トレードから

利益確定を学ぶの巻(^^♪
 ↓↓↓

藤井百七郎


打った瞬間にホームラン?

2017.06.05
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京八重洲のセミナールームより、、、

私の大好きなプロ野球も開幕して2か月。

セパ交流戦も始まって大盛り上がりです。

小中高とずっと野球をやっていたので

今でも時間が合えば野球放送を観るのが楽しみです。

最近は地上波では放送しなくなりましたが

BSやネットでリアルタイムで簡単に観れます。

ビールを飲みながら、ナッツなんかつまんで

観るのが私の至福の時間でもあります。

さて、プロ野球ファンの方なら

バッターが撃った瞬間にホームランか、

レフトフライかってすぐにわかりますよね。

カーンって打った瞬間に

「おーーーーーっ!」とか

「あ〜〜〜〜〜〜」って声をあげますよね。

これってね、プロ野球ファンだからわかるんですよね。

野球に興味ない人が観ても、打った瞬間に

ホームランかレフトフライかって全然わかりません。

同じ画面から同じ情報を得ているのに不思議ですね。

野球初心者にはわからないことがなぜ

プロ野球の観戦歴の長い人がすぐにわかるかというと

それはずっと観てきたからです。

プロ野球が好きで、また応援している球団があって

ずっとずっとプロ野球を見てきたから

打った瞬間にわかるんですよね。

これって、チャート分析も同じことなんです。

同じチャートを見ても、

「これはいくぞ!」とわかる人と

「・・・ピンとこない(汗)」という人に分かれます。

同じテクニカル分析を学んでいてもです。

その差は何かというと、

どれだけたくさんのチャートを見てきたか

この違いです。

株はテクニカル分析を学んだからといって

ホイホイと利益がでるものではありません。

テクニカル分析の土台の上に

よい経験を積み重ねていってはじめて

”チャート力(りょく)”がついてきます。

よい経験とはチャートをたくさん見ることです。

バッターが打った瞬間に打球の勢いがこうで

上がる角度がどうだったらホームランだと

説明しても野球に興味がない人にはわからないように

移動平均線を抜けたからとか

前の高値を抜けたから上がるとか

そんな単純なものではないですね。

やっぱりチャート力をつけていくには

打った瞬間にホームランとわかるまでなるように

毎日、興味をもってチャートや相場に接することです。

うまくいっていないからとか、

相場が持ち合っているからと言って

途切れさせてはいけません。

毎日、毎日、関心をもって見ていきましょう。

株はパチンコのような単発のギャンブルとは違って

今日はひまだからやってみるかでは勝てません。

相場の流れを感じ取ってやっていくものです。

流れを感じ取るためには、日々の動きや

ローソク足の形などにも深い興味をもって

接していなくてはいけません。

うまくいってもいかなくても

玉を持っていてもいなくても

日々相場の動きには興味をもって見ておいてください。

相場やチャートを見る習慣をつけておいてください。

そうしたらあなたもきっとチャートの達人になれます。

P・S:
先日セミナーで野球のたとえ話をしたら
こんなことをおっしゃる方がいました。

「先生、私はバッターが打つ前にピッチャーが
投げた瞬間にホームランかどうかわかりますよ!」

おーーすごい!

これですよ!
我々がめざしたいのは(^^!

<編集部より>

あなたのトレード
確信を持ってできていますか?

「なんとなくだけど、
 まあまあ上手くいっている。」

「利益と損がトントンだけど、
 根拠は特にない。」

もし、その状態を脱したいのであれば、
ぜひ一度このセミナーに参加してください。

相場の原理原則と人間心理を
逆手に取った明確なトレード理論を
” 1日 “でお伝えします。
http://j-i-s.info/j-i-s/170519_seminar/


[Video]空売りの利益を引っ張る3つの方法

2017.04.13
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

4月に入って綺麗な
下げトレンドが出たのですが、

空売りのポジションを引っ張れずに
悔しい思いをしたという声を多く聞いたので、

なぜ、引っ張れなかったのか?
という点と見極めのための
3つのサインを動画で紹介します。

↓ ↓ ↓ ↓ 

空売りを長く引っ張るには

トレンドの転換まで強気に持つ、
保険で買いのポジションを持つ、
利食ってしまったら他の銘柄に切り替えるなど、

不安定な中でもこのような
スタンスで臨めればいいかと思います。

藤井百七郎
 
 
<本日のおすすめ>

不動産投資って儲かりそうだけど

初期投資がすごくかかりそう。。。

多額の借金をして物件を買うのは怖い。。。

そんなあなたに

http://j-i-s.info/j-i-s/go170411/


80%が見落としてる重要ポイント

2017.03.20
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のリビングより、、、

「どうやったら株で勝てますか?」

これは、セミナーで
一番よく聞かれる質問です。

どうやってって、
あまりにも抽象的過ぎて
答えるのが難しいですよね。

私なんかも含めて株に携わっている人間は
ものすごい数ですが、

すべての人が求めている問題でしょう。

勝てる方法はこれから先も
ずっと探っていくものですが、

勝つためのコツはいくつかあります。

それは・・・

日経平均株価と歩調を合わせること!

もっとも初歩的で
これほど重要なことはないと思う。

どんなにいい会社でも
日経平均株価が下がっているときはほぼ下がる。

あんまりメジャーでない会社も
日経平均株価が上がっているときは
ひょっこり上がってくる。

狙っている銘柄があれば、
日経平均株価が上がるときに
ちょんと買えば追い風に乗って利がのる。

大きな目線で見たときに、
それが相場というものです。

原理原則にも思えますが
これ、意外と多くの人がわすれがちです。。。

特に株式の銘柄は
固有の会社名がついているせいか、愛着がわきやすい。

固有の名称を何度も呼んでいるうちに、
我が子のように思えてしまう。

終いにはかなり株価が下がっているのに、
うちの子に限って大丈夫だ、
なんて親バカも方もいる次第ですね。

目の前にかわいい我が子がいると
周りがみえなくなってくる・・・

YDK!(やれば できる 子)と思い込んでしまう。

業績はいいし、注目度もいい、これから話題の業種だ。
きっと悪いのは今だけでぜったいに上がってくる。
だって・・・私の子なんだから!

こうなると、もう末期症状です。。。

「木を見て森を見ず」

全体を見ながら一部にこだわる必要があります。

麻雀の上手な人は自分の手牌だけでなく、
ほかの人が捨てた牌
つまり「場」の流れを見ていきましょう。

さあ、今日は祝日!

なにかいい銘柄はないかと探しに行く前に、
日経平均株価のチャートをまずはじっくりと、
じっくりと見直してみるのもいいかもしれません。

藤井百七郎

【投資銀行のトレード戦略】

世界最高峰の150人に選ばれた
トレーダーのうちの1人が
20年前からキャリアを通して使い続けてきた
トップのトレード戦略を公開中…

詳細はコチラ


【NGを知ろう】資産管理法に逃げるな!

2017.02.28
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

先週のメルマガには18件ものコメントをいただき、

こんなにも多くの方に熱心に読んでいただけているのかと
さらに驚き、感謝とやり甲斐を感じさせていただきました。

本当にありがとうございます!

今日も張り切って出血大サービスで本質を書いていきます!

先週の話とも繋がっていますので、
一文字一句飛ばさずに読んでください。

それでは、参ります。

本日のトピックは、【NGを知ろう】シリーズで、

『資産管理法に逃げるな!』

です。

間違った情報に窓わされている人は、
次のような傾向があります。

・ドルコスト平均法ですべて解決できる
と信じている

・ロットが多い勝負をするときは、
ロスカットまでの距離を遠くして
じっくり待つのがよいと思っている

・無限ナンピン買いができれば
勝てるのになあ、と思っている

いかがでしょうか?

一つでも当てはまる人は、危険です。

間違った情報に惑わされていませんか?

といっても、恐らく95%以上の人は
上記3つを違和感なく信じていると思います。

なので、安心してしっかりと
以下を読み進めてください。

まず、肝に命じていただきたいこととして、

ーーーーーーーーーーーーーーーー
資金管理術だけで勝てるようになる
というのは、完全な妄想です
ーーーーーーーーーーーーーーーー

この内容は、私のセミナーではもっと深く
話していますが、少しだけここでも書きます。

まず、トレードという狭い枠で考えるのではなく、

トレードを事業経営に例えて考えると
非常にわかりやすいです。

トレードというのは、

上がる前に買えれば含み益になり、
下がる前に売れれば含み益になります。

ここまではいいですよね?

これって、ビジネスを仕掛ける
(=事業経営)と似ているんです。

例えば、もしもあなたが自分でビジネスを
立ち上げるとすると、
大切なことは、なんでしょうか?

それは、世の中の流れに沿っていることと、
流れの初動で乗っかることです。

例を出すと、

これからの日本で、赤ちゃん用のおむつを
つくるビジネスをはじめてもだめですね、

やるなら、お年寄り用のおむつをつくる
ビジネスをすべきです。

なぜか?

それは、内閣府が発表している
日本の人口統計上、
今後の日本は65歳以上の人口が
どんどんと増えるからです。

一方で、出生率は1.3程しかなく、
少子化は必至です。

だから、世の中の流れに沿って、
需要の多くなるものに乗っかったモノを
つくるビジネスがいいですよね?

重要なことは、

もしもこの判断を間違えたら、
どんな戦略を練っても
ビジネスで成功することは
かなり難しい、ということです。

マーケティングの4Pと呼ばれる、
・どんなデザインや機能性にするか?
・価格をどうするか?
・どこで売るか?
・広告宣伝をどうするか?

これらをいくら練ったところで、
そもそも需要が減退する赤ちゃん用の
おむつで勝負しようとしている以上、
どうにもならなそうだなというのは、
想像に難くないと思います。

わかりますか?

トレードで、資金管理方法というのは、
マーケティングの4Pのようなものです。

どんなに資金の大小を調整しようと、
どんなに売買頻度を調整しようと、
両建てなどの複雑な方法を取り入れようと、

”上がると思っていたのに下がって、
利益が出る手法は、存在しないのです”

その逆に、

どんな資金管理方法を採用しようと、

上がると思ったときに株価が上がり、
下がると思ったときに株価が下がれば、
利益の量こそ変化するものの、
”負けるわけがない”のです。

逆張りか? いや、順張りか?

それも、資金管理方法の一部です。

どちらを採用しようとも、

上がると思ったときに株価が上がり、
下がると思ったときに株価が下がれば、
勝つことができます。

もしも予想と逆に株価が動けば、
逆張りでも順張りでも
負けるものは負けるのです。

伝わっていますでしょうか?

実に非常に重要なことを書いています。

以上の議論から導き出されるのは、

『株価の先行きを予想することから逃げては、
トレードで勝つことはできない』

ということです。

私の提唱するCLEAR TRADEで勝っている人は、
株価の先行きを、チャートの流れを
一定の確率で予想することができています。

だから、勝てるのです。

もちろん、チャートの流れが高確率で
予想できたとしても、実は、
それだけで必ず勝てるとは限りません。

このあたりは、深すぎますので
今日は割愛させていただきますが、

とにもかくにも、
あなたの勝敗を左右する
もっとも根幹の要素のひとつは、

チャートの流れを高確率で予想できているか?

ということです。

言葉のうえではいろいろと語弊もありますが、

うねり取りのあの先生も、
大きく上がる銘柄を捉えるあの先生も、
仕手株のデイトレが得意なあの先生も、

得意なパターンがあり、
そのパターンにハマる銘柄と時間帯なら、
高確率でチャートを予想できるのです。

だから、勝てる。

『こうなったら、次はこうなる可能性が高い』

それがわかることが、まずは第一関門です。

先生によって、得意なパターンが違います。

私は、大型銘柄・大型市場の先の予測が得意です。

東証一部のスイングか、
FXのデイトレード。

この市場なら、私に任せてください。

先週のメルマガで書いた、
”損切りがメリットに感じる”方法は、

損が膨らむ前から
「この先は損が膨らむ可能性がかなり高い」
論理的に分析できるようになる

ということです。

文字数の関係上、また謎を残しての終わり方に
なってしまいました。

また、コメントをお願いいたします。

コメントの内容に応えた内容も検討しますので、
どしどしお寄せください。

週に一度、コメントをしていただくことで、
皆さんのトレードのリズムが作れれば、
ということも考えています。

それでは、また来週。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
もし、あなたが私のトレード理論に
可能性を見出し、習得したいと思うなら、
ぜひセミナーでお会いしましょう。

過去2回に比べて今回は早いペースで
多数お申込みをいただいていますので、
締め切られる前に一度詳細をご確認ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/