カテゴリー別アーカイブ: 損切り

【動画】もしも暴落したら…の判断と銘柄

2018.03.22
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
千葉のセミナー会場より、、、

なんだか怪しい雲行きになってきましたね…

相場と政局、安倍政権です。。。

日経平均もずるずると下げ方向にシフトしています。

なんとか踏ん張ってくれればいいのですが、
政治がらみの相場というのは、
翌日に底が抜けて始まりますからね。。。

そうなったらロスカットもクソもありません。
ただただうろたえてしまうだけです。

ですから、予測と戦略、予防線が大事になります。

ですので、今回は
どうなったら暴落相場なのか…?

また予防線とおすすめ空売り銘柄なんかを
ご紹介します(^^♪

  ↓↓↓

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
・銘柄選びが難しい…
・個別銘柄にチャート分析が通じない…
・夜の時間にもっとトレードできたら…

そんなジレンマを抱えながら
株式投資をやっているあなたに【朗報】です。

あなたのトレードを激変させる
運命の出会いが待っているはずです。

トレード人生を変えたいなら今すぐクリック


【動画】結果の出た買い銘柄、これから期待の銘柄

2018.03.15
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

ほんとにやりにくい相場ですね(^^;

下がると思いきや、上げてみたり
上がると思いきや、翌朝にドスーンと…

先週末のチャートなんて、基本的に
下げなきゃいけない形ですよね。。。

日米の首相、大統領に振り回されてる感じです。

こんなときは
”正常な”トレードをさせてもらえません。

ただし、上手に銘柄を選んだり、
業種を選択しておけば、

それなりにいい結果につながるんですよ。

詳しくはこちらの動画で(^^♪

↓↓↓

朝が不安でたまらない人は、
一休みしておくのもありだと思います。

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
仮想通貨の税金対策で
お困りではありませんか?

こちらのセミナーでは
賢い節税方法をお伝えします。

受付終了になる前に、
こちらをご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/kuro0319/


【動画】今の日経を支えているもの、それを割ったら…

2018.03.08
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

私論ですが、
日経平均はボックス相場に入っていると思います。

ですが、
テクニカル分析的には下降相場入りです。

ではなぜ私は、ボックス相場と言ってるのか
それは下値支持線の力が強いからです。

日足、週足、月足全てにおいてです。

下値支持ラインが強いと、これまでの経験則から
下げそうで下げません。

下げてもおかしくない感じでも
下げずに戻してきます。

力づくみたいな感じで。

でもご存知の通り、
相場は節目を基準に動きます

止まれば戻り、
割ればまた下がります。

ですから、今は下値支持ラインを
強く、強く意識すべきです。

その下値支持ラインの確認はこちらから(^^♪

↓↓↓

あせって動く前に、
さまざまな面で相場の状況を確認して
次の一手を考えるようにしましょう。

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
あなたは相場状況を読み解けていますか?

判断を間違えると手痛いしっぺ返しをくらう
トレードの世界で成功するには

冷静に状況を見据える精神力と
素早く、適確な判断力、
ブレない投資戦略が求められます。

もしあなたがトレードに行き詰まっているなら、

スキルとともに
トレードにおいて最も重要なものが学べる
こちらをご覧ください。

あなたのトレードスキルを一変する方法はコチラ


【動画】安易な空売り要注意警報!

2018.03.01
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

日経平均は21000円を底に
上げてきましたね。

そして、
上限と思われるところまで
戻してきました。

空売りの最適のポイントは
戻したところ!

…となれば、
今が絶好のチャンスなのでしょうか?

それは要注意ですよ!!

チャンスに見えるのは
日足だけの場合です。

週足を見ると、
もっと注意が必要であることが
分かります。

今週空売りするより、
今週末か来週に
判断を持ち越すほうが賢明です。

繰り返しになりますが、
株はそんなに簡単ではないですからね(^^♪

詳しくはこちらの動画をチェックしてください。
 ↓↓↓

スイングトレードを制する者は
週足を制する!

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
急騰新興株は、
危険なものでしょうか?

私達はそう思いません。

ただ、急騰新興株には
隠された売買攻略法
そのリスクに秘密がある
というだけなのです。

まずは知ることから始めませんか。
急騰新興株で大きな利益を得る第一歩は
下記のリンクをクリック↓
http://japan-i-school.jp/jim/sts_180305/


【動画】空売りする場合の条件と利食い

2018.02.22
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京蔵前のホテルより、、、

「今って絶好の空売りですよね?」

近頃は
このようなご質問、ご相談を
よくいただきます。

日経平均も2月頭に一気に下げて
移動平均線も気づけば、
25日と75日がデッドクロス…

セオリー的には
空売りゾーン突入です。

でも、ちょっと待った!!

それはあくまでも”初歩的な”お話…

あと一歩先を目指すなら
もう少し詳細なポイントの割り出しと
そのあとの手仕舞いまで考えておきましょう。

それと…
よーく見ると、
空売りは空売りなんですが

ちょいと怪しいサインもあることは
決して見逃してはいけません!!

詳しくはこちらの動画で(^^♪

↓↓↓

空売りはサインを見極めて!

今の相場は
早めの利益確定とロスカットで
確実なトレードを心がけましょう。

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
相場に落ち着きがない
今だからこそ…

急騰新興株に注目した
利益獲得メソッドを
習得しませんか?

地合いに関係なく
トレード利益を得られる勝ち組への
第一歩はコチラのリンクから!

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_18022526/


日経よく読むは正解?

2018.02.05
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋駅近くのドトールにて、、、

哲学を学び始めて1年以上になります。

難しそうな哲学ですが、
実は大したことないんです。

起源はギリシャのおっちゃんたちの
井戸端会議
なんです。

ギリシャという国は女性が働いて家計を守ります。

男どもは何やっていたかというと、、、

やることがないので日がな一日、
井戸端で世間話です。

話すこともそのうちなくなってくるので、
論争に入ります。

「美人とは何であるか?」
「美人とは誰もが美しいと思う女性である」

ひとつの答えが出されると、
誰かが壊していきます。

「では、美しいとは何か?」

こんな感じで、哲学はできあがっていきました。

誰かの結論を誰かが覆して
出来上がったものなんですね。

我々は、ソクラテスとかアリストテレス、
なんて言われると身構えてしまいますが、

実はただの暇なおっちゃんだったんです。

なんだか、新橋で飲んでる
サラリーマンみたいじゃないですか(^^;

さて、この哲学ゲームのルールは、
できた答えよりさらに上のポジションをとることです。

いわば言葉のマウントポジションとでもいいますか…

ソクラテスは、誰よりも上手に
マウントポジションをとれたから
名を残せたわけです。

さて、
このマウントポジションをとりに行く哲学ゲーム。

勝つためには、相手よりも
上に行かなくてはいけないのですが、

どうやって上のポジションをとるのか…?

ウンチクだけではダメですし、
もちろん腕力でもないです。

大事なのは「上の目線」を持つことだそうです。

上の目線、これを「メタ認知」といいます。

相手と同じ目線で論争すれば、
ただの水掛け論になってしまいます。

相手を納得させて、誰よりも上に行くには
高いメタ認知力が必要になってきます。

メタ認知、高い視点。

これは株式投資にも必要です。

もう少し上の視線、メタ認知力をつければ
勝率はさらに上がっていきます。

テクニカル分析、これももちろん重要ですし、
これだけでも十分に勝っているトレーダーもいます。

でもさらにメタ認知力をつけてみましょう。

それは、ファンダメンタルです。

株価の動きの”裏付け”がわかります。

自分よりも大きな資金を動かしいている
投資家たちのニーズが発見できれば、

長きにわたって持ち越せて
大きな利益につながりきます。

さらにもう一つ!

ファンダメンタルより上の目線

それは、マクロ経済です。

世界のお金がどのように流れているのか…
世界のお金は何を怖がっているのか…

これがわかれば、

今は勝負するときなのか
今は無理をしない時なのかが見えてきます。

低い目線から、高い目線へ。

これは哲学や株に限ったことではありませんが

高い目線を持てるかどうかも
トレーダーの素質のひとつです。

高い目線であるマクロ経済を
知るにはどうしたらいいか?

これは本格的に勉強しようと思ったら
大学にいくしかありませんが、

もっと身近でいい方法があります。

それは、やっぱり日経新聞でしょうね。

毎朝届けられる日経新聞を
読むのが一番でしょうね。

マクロ経済を”知る”ことはできませんが
”慣れ親しむ”ことはできます。

チャートだけを見て、
原因不明のロスカット、という事態は

なるべく減らしていきたいものですね。

日経新聞のコマーシャルのセリフですが、

「ニッケイヨクヨム」

ある意味、哲学かもしれませんね(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
株式市場が下落した今こそチャンス!

元手3万円から始められ、
上昇・下落相場に関わらずシンプルな
方法でコツコツ利益を取ることができる
デイトレスクールの体験授業を行います。

こちらをご確認下さい。

勝ち組トレーダーになりたい方はコチラ