カテゴリー別アーカイブ: 藤井百七郎

[Video]年末年始の戦略

2017.12.28
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

今年もあとわずか…
相場も29日が最終日ですね。

年越しを持ち越すのか…
年明けはどうなるのか…

はてさて、2018年はいったいどうなるのか…

来年一年を予測するのは”超”ナンセンスですが、
年末と年始ぐらいは戦略を立てれると思います。

というか、
立てておかないといけませんね!

ということで、年末年始の戦い方です(^^♪

↓↓↓

色々と確認しておきたいポイントがありますので、
相場が休みの間も市況を見ながら、
2018年に備えましょう。

それでは、
今年一年お疲れ様でした、
良いお年をお迎え下さい。

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
せっかくエントリーできたのに利確に失敗、
皆さんそんな経験をされた事があるかと思います。

そういった失敗を何とかできるとしたら、
あなたその方法を知りたいですか?

利確を成功に導く
チャート分析法がこちらにあります。

失敗続きになりたくない方はこちら


大損失に潜む、もっと危ないもの…

2017.12.25
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京浅草のホテルより、、、

先日、自転車に乗っていて
何気なく道路を横切ろうとしたら、
危うく車にひかれそうになりました…(^^;

ボーっと考え事をしていた私が悪いのですが、
ほんと危なかったです。

行事や楽しいことが多いせっかくの年末年始を、
つまらない事故で台無しにするところでした…(汗)

今回は大事にはなりませんでしたが
とてもドキリとする出来事でした。

そのままボーっとして道路を横切っていたら、
とんでもない大事故になっていたかもしれません。

ところで
「ハインリッヒの法則」というのをご存知でしょうか?

1929年にハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが
提唱した法則です。

1つの重大事故の陰には
29の軽傷の事故があり、

その前には
300のヒヤリとすることがあったということです。

別名「ヒヤリ・ハットの法則」とも呼ばれています。

今回私は、道路を横切ろうとして「ヒヤリ」としました。

同じようなヒヤリを気づかずに、そのまま繰り返していたら
そのうち、とんでもない重大事故に繋がってしまう
ということなります。

さてさて、、、

今年ももうすぐ終わり、
一年を振り返るときですね。

あなたにとって、
今年の「重大事故」は何でしょう?

もちろん、トレードでのことです。

ロスカットせずに持ち越して、
大きな損失を出しませんでしたか?

大して調べず、
よくわからない銘柄を買ったりしませんでしたか?

たまたま前回上手くいったからといって、
同じ銘柄を買ったりしてませんでしたか?

その他、いろいろとあると思いますが、

あなたが今年、後悔したトレードを
ピックアップしてみてください。

その陰には、
軽傷の事故やヒヤリとすることがあったはずです。

本来ならロスカットすべきところを持ち越したら、
たまたま戻ってきて命拾いしたとか…

それほど考えずに衝動買いしたら、
たまたま利が乗ったとか…

これらは”たまたま”であることを、
分かっておきましょう。

結果オーライだった場合、
人はすぐに忘れてしまいます。

本当は大事故になっていたかもしれないのに、
痛みが無かったがために
危険を感じずに終わってしまっているだけなのです。

ロスカットせずに持ち越した…
衝動買いをしてしまう…
自分の勘だけを信じる…

これらは”たまに”あなたに利益をもたらしてくれますが、
長い目でみれば必ず損をもたらしているはずです。

そして、その「悪い癖」はあなたの体質であったりもします。

今年も年の瀬です。

振り返るなら、
あなたが気づかなかった、
もしくは見落としていた、

・軽傷
・ヒヤリ

とした出来事をピックアップしてみてください。

今年の悔やまれる失敗の影には、
実はもっと沢山の、
原因が潜んでいるはずです。

その、隠れている原因を
見直してみましょう。

そして、その原因に目を向けることが、
来年、”体質改善”遂げるための第一歩です。

体質改善はそれほど難しいものではありません。

来年も…もしくは、
来年こそはいい年にしましょう(^^♪

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
もしあなたが、
まだトレードに自信を持っていないのであれば、

「学びながら稼ぐ」という経験をして下さい。

結果を出すしかない環境での実践によって、
現状を変えたい方は参加をお勧めします。

負け越しの現状を変える実践経験


[Video]今年あと1週間の戦略と注意ポイント

2017.12.21
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

今年もあと1週間ですね。

終わりよければすべてよし!

いろいろあった1年だったと思いますが、
最後は気持ちよく終わりましょう。

ということで、
残り1週間の戦略と注意点について
ご紹介します。

何をお話しするかといいますと…

・来そうな銘柄とは
・買っちゃいけない銘柄
・空売りはやるべきか…?
・23,000円抜けたらどうするか…

この4点です。

どうぞ~(^^♪

↓↓↓

来年も良いトレードができるように、
今年の残り一週間、一つ一つ戦略をもって、
楽しんでいきましょう。

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
お金も、経験も、時間が無くても大丈夫です。
どなたでも分かるように、
基本的なところからお教えいたします。

こちらでトレードのポイントをおさえた皆さんは、
高い勝率を叩きしています。

あなたも、安定した結果を手に入れましょう。

安定して勝ちたい方はこちらへ


株をやる目的が『株』!?

2017.12.18
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
福岡から帰る新幹線の中、、、

先日、
本業トレーダーさんを紹介してもらいました。

彼も株で生計を立てています。

事前に、
トレード歴や利益、
その他略歴などを、
教えてもらっていました。

トレード歴20年、
毎月100万円以上は稼いで、
渋谷に専用のトレードルーム、
手法は日本株のスキャルピング、
通帳には現金1億円、

どんな方が来られるのかと、
思っておりましたら…

いたって、普通の方で安心しました。

普通の40代中盤の気の優しい、
家族思いのサラリーマンのような方でした。

喫茶店で、
トレードや株の面白みについて、
1時間ほど楽しくお話をさせていただきました。

どんな銘柄を得意とし、
どこで買って、どうなったら売るか、
日経平均の何を見ているかなど、

包み隠さず教えてくれる、
本当にいい人でした。

彼の投資法も、
すごく勉強になりましたし、
トレードへの姿勢も、
すごく参考になりました。

その中でひとつだけ、
あれっ?
と思ったことがありました。

それは、株をやる目的です。

私が株をやる目的は、ずばり「お金」です。

株を始めた理由も、
当時の収入では、
とても満足していなかったし、
当時の職業をこのまま続けていくことにも、
すごい不安でした。

その”不満足”と”恐怖”を埋めるために、
株を始めました。

ところが、
彼の目的はなんと
「株」だったのです。

株が大好きで、
株をやりたくて、
毎日、株をやっているそうなのです。

私はお金のために株をやっていますので、
上げた利益でもって満足したり、
成果を計っています。

ところが彼は、
株が面白くて、
毎日、パソコンの前に行くんです。

いくらとったとか、
利益がどれくらいあるとか、
そんなことはどうでもよくて、
目の前の株が好きで、
あっという間に一日が終わるそうなんです。

一日大好きな株に没頭していると、
利益が後からついてくる。

そんなイメージだそうです。

そして、
冒頭にも書きましたが、
その利益は結構なものです。

以前のメルマガで、天才について書きました。

天才の要素の一つとして、
株が好きである、
と書きましたが、
彼はやっぱり天才なんですね。

ゴルファーの片山晋呉さんは、
プロになった今でも、
明日ゴルフがあると思うと、
ワクワクして眠れません、
と言っていました。

好きだから上手になったのか、
上手だから好きなのかは分かりませんが、
好きなことを一日やって、
それで生活できるんですから、
こんな幸せなことはないですね。

今月は負けが先行してるとか、
目標額までは頑張るぞとか、
連敗が続いているとか、

そんなことではなくて、
目の前のトレード、
銘柄に集中することの大切さを、
改めて教えてもらった気がしました。

改めて、
没頭すること、
好きになること、
好きでいること、
目の前に集中することの大切さを、
天才の彼から気付かされました。

最後に私の大好きな、
スターウォーズ エピソード1の
冒頭のシーンより、

弟子:「何か嫌な予感を感じます…」
師匠:「何も感じない」
弟子:「不安です…」
師匠:「不安にとらわれるようでは、まだ若いな。
今この時に意識を集中できなくては。
未来も大事だが、今をおろそかにしてはいけない。」

さあ、フォースをの力を使いましょう(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
日中、仕事で忙しい方も、
不安ゼロで金利20%
を狙えます。

勝つ心理メカニズムが分かれば、
負けることが難しくなります。

勝ちたい方、こちらを押して下さい


[Video]2018年暴落の予兆を知っておく!

2017.12.14
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

2017年ももうあと少しですが、
私の予想では、おそらく年内の暴落はないと思います。
このまま平穏に終わっていくのではないかと
考えています。

問題は年明けの2018年。
これはもしかすると、大暴落の可能性もあるのでは?
という不安材料が揃ってきています。

ただし、原理原則から行きますと
チャートが先に動きますので、
そこで表れる暴落の予兆を動画で解説します。

↓ ↓ ↓

・日本もダウも上昇が続きすぎ
・景気拡大も続きすぎ
・北朝鮮問題
・トランプ大統領とロシアゲート事件
・アメリカのクレジットの焦げ付き表面化…

などなど下げる不安材料はたくさんあります。

調整があれば買いやすいですが。
いつ暴落が起きても大丈夫なように
準備だけはしておきましょう(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
9割の人が株式投資で負けるなら、
逆に9割勝つ方法は存在するのか?

答えはイエスです…

事実、これが「見えるようになった」後は
ローソク足だけで不安ゼロで
トレードに臨むことが出来るでしょう

手法によらない超本質


400円の下げは大暴落じゃない!

2017.12.11
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

いやいや今年ももう終わりですね〜

ほんとに月並みの言葉ですが、
1年ってあっという間ですね。

今年で 51歳になりましたが、
この歳になると、1日は長いのですが
1年ってすごく早く感じます。

人は歳をとると、時間の流れが
早く感じるようです。

恐らくですが、
若いころは新しい経験ばかりで
衝撃や新鮮味を覚え、
時間をかみしめて過ごしているのですが、

歳をとると、同じことが起きても
すでに経験しているので、
それほど衝撃を感じないので、
時間の流れを早く感じるのではないかと、
私は考えています。

あまり感動しなくなるし、
あまり驚かなくなるのでしょうね。

先週に日経平均が一時的に下げました。
値段にすると”たったの”400円くらいでした。

たったの400円くらいの下げだったのですが、
とても大きく騒がれました。

通常のニュースでも報道していましたし、
大きく取り上げている新聞もありました。

私は別に大した下げじゃないと思っていたのですが、
世間の反応って、わからないものですね。

たったの400円でしたが、振り返ってみると、
今年一番の大きな下げだったそうです。

ただし、、、

去年2016年を振り返ってみると、何回か
大きな下げがありましたが、400円どころじゃ
なかったですよね。

2016年11月のトランプさんの当選は1000円の暴落
2016年9月のイギリスのEU離脱は1500円です。

これらに比べれば、400円の下げなんて
子供みたいなもんです。

ですが、多くの人が一瞬ですがパニックになりました。

面白いもので、マーケットって、
株価が500円くらい上がっても騒ぎません。

ところが、同じくらい下がると急に騒ぐんですね。

上がるとなんとも思わないんでしょうが、
下がると急に不安になるんでしょうね。

さて、今回の400円の下げですが、
確かに少しヒヤリとはするでしょうが、
もしあなたが、経験のあるトレーダーだとしたら
ビクついていてはいけません。

ビクついて、せっかく乗っかっている利益を
急いで確定してしまってはいけません。

今回のケースでいえば、
危険を感じて行動を起こすのであれば、
もう少し下げた場合でしょう。

今の日経平均はまだまだ上昇トレンドです。

22500円くらいから400円くらい下げたところで
行動を起こしてはいけないのです。

案の定、翌日には400円くらい上昇して
取り戻してきましたね。

確かに400円の下げや、チャートで
大きな陰線が出るとビックリするものです。

ですが、もしあなたがトレード歴がもう2年以上で
トランプ大統領誕生やイギリスEU離脱を経験されて
いるのであれば、これくらいの下げに”新鮮味や衝撃”を
覚えてはいけません。

冷静な対処をして、引っ張ってきた利益を
さらなる高みにもっていくべきです。

トレード上達の7割は、経験だと私は思っています。

テクニカル分析は100%当たるものではありません。
上がるか下がるかの可能性を導き出すものです。
そして、相場は可能性通りには動きません。

これからも先、いろんなことが起こると思いますが、
築き上げてきた”経験”に照らし合わせて、
目の前の相場に対処していきましょう。

まだまだ先は長いのですから(^^♪

藤井百七郎

<NEWリリース>
トップレベルのトレーダーが見る
2018年の相場、リアルタイムでの
為替・先物相場チャート解説をお伝えします。

決して表に出てこない極秘情報を
手に入れてください…

参加はこちらをクリック