カテゴリー別アーカイブ: 藤井百七郎

[Video]高いのと低いのどっちが好き?

2017.06.29
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

6月も終わりですが、
何だか抜くに抜かないで変な相場状況が続いていますね。

このような時ですと東証一部の大型株でなく
東証二部やマザーズなど普段聞きなれない
銘柄の年初来高値を見かけたりします。

チャートの形を見ていくと
高値圏は値動きが激しく、
底値圏は比較的落ち着いていたりします。

これは人により好き嫌いが判分かれますので、
そのチャートの違いについて動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

大好評のトレード相談会が
7月も開催!

ベテラントレーダーが
あなたの悩みに応じて
実践的かつ具体的なアドバイスをします。

詳細を知りたい方はこちら

http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170713/
※5名限定です


ロスカットになる原因

2017.06.26
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

「駆け込み乗車は大変に危険ですので

 絶対におやめください!」

駅の構内でかかるアナウンス。

漫才コンビ中川家の兄のモノマネでも有名ですね。

私はせっかちな性格なので

地下鉄なんかが発車しそうになってると

必ずチャレンジする。

手前5メートルくらいでドアが閉まりそうなら

乗れるかどうかわからないけど、ダッシュする。

次の電車をただボーッとして待つのが大嫌いなのです。

それから、ギリギリのところで滑り込みセーフの

快感も好き。

基本的に横断歩道なんかも同じ。

信号が点滅するとパブロフの犬みたいに走る。

条件反射的に走り出してしまう。

これも待ってるのが嫌いなんですね。

私は基本的に待てない人間です。

運転してても右折は嫌い。

対向車がある間は待たなくてはいけないからです。

ディズニーランドの行列なんて信じられない。

テレビで行列のできるお店トップ10とか

たまにやってるけど、並ぶ人の神経がわからない。

とにかく待つという作業が嫌いなのです。

でも唯一、待てるものがある。

それは仕掛けどころだ。

不思議とこんなに待つのが嫌いな私だけど

仕掛けどころは機が熟するまでじっと待てる。

しばらく監視してても決して早仕込みしない。

気が熟するまで、いろんな条件が揃うまで

じっと待てるのだ。

なぜかというと…

早く仕込んで失敗した経験が多いからです。

昔はこれならいける、待っていては乗り遅れると

ギャンブルスタートをした時期があった。

手仕舞って検証してみると、ロスカットになった

率が高かった。

だから大人になった今は待てるようになった。

一方、待つの反対で乗らなきゃいけない

タイミングが過ぎてるのに乗る人がいる。

本当なら昨日乗ってなきゃいけないのに

ずいぶんと値が上がったときに乗っちゃうから

やられちゃうわけだ。。。

早い話が高値掴みだね。

ギャンブルスタートも危ないけど

この”駆け込み乗車”もすごく危ない。

当日仕込み、当日ロスカットはこのパターンが多い。

取りこぼし、取り逃がしはトレーダーにとって

悔しいけど、乗り遅れた場合はあきらめましょう。

ここはトレーダーとして次のチャンスを待つか

ほかの銘柄にいきましょう。

改めて、駆け込み乗車は危険ですので

絶対におやめください、ってね(^^♪

藤井百七郎


[Video]NYダウのチャートもチェックしましょう!

2017.06.22
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

日経平均も2万円を回復して
今度は2万1000円も目指すのか、
何だかはっきりしない状況が続きますが、

今日は、NYダウの話に触れたいと思います。

よく「ダウがくしゃみをすると、日経が風邪をひく」なんて
言葉がありますが、今後の動向はどう日本株に影響するのか?

動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
ギャンブルトレード脱却のために
必要なことは実はとてもシンプルです。

「負ける原因」と「時間帯別の傾向」に
フォーカスした独自の手法を開発を
今すぐチェックしてください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170629/


超マイナスから挽回したOさんのサクセスストーリー

2017.06.19
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京日本橋のセミナー会場より、、、

私がほんとにすごいなと思ってる
投資家さんをご紹介します。

私と同じ名古屋にお住まいのOさんです。

知り合ってもう6年くらいです。

Oさんも投資だけで食べています。

いろんな投資家がいますが、
Oさんは不動産やほかの案件には乗らず
株式投資一本で生計を立てています。

これは彼のポリシーだそうです。

短期的ではなく、世界的な動向を

大局的に見通して、じっくりと構えて、

しっかりと利益を出してすごくリッチな生活ぶりで

ほんとにカッコいいです。

株式投資で出した利益で、奥様と海外旅行に行ったり

おいしそうなお店に通ったり、お金と時間がないと

できないハイリッチな生活を送られています。

その暮らしぶりはFacebookに

定期的にアップされていて、その生活の質の

高さが写真からもうかがえます。

ライフスタイルの質が高いとは彼のようなことを

いうのだろうなと思わされます。

そのOさんですが、昨年2016年の相場を

読み違えてしまいました…

2016年は上昇すると読んで

2015年末あたりから買いを増していたのです。

ところが…

ご存知の通り、2016年の相場は年始から下降一辺倒。

日経平均は20000円あたりからいっきに15000円くらいまで

下げていきました。

読みが外れたOさんの含み損は2016年6月あたりで

マイナス1億円となってしまいました。

Oさんの総投資資金はどれくらか知りませんが、

Oさん曰く、投資家生命が終わるかと思ったそうです。

マイナス1億円…(汗)

恐らく、証券口座を開くだけでも嫌でしたでしょうね。

落ち込みはひどかったでしょうし、

自信も失いかけたのではないでしょうか…

でもOさんがすごかったのはここからです。

日経平均が暴落したブレグジットや

16000円あたりで株を買い集め

年末にかけての上昇で、なんとマイナス1億円を

取り返して、プラスで終了したのです。

ほんとすごくないですか?

今現在、投資でうまくいってる投資家でも

一度や二度は大敗を経験するものですし、

やめてしまおうと考えたことは絶対にあるはずです。

それでも今現在、残っているはなぜでしょう…?

Oさんにどうしてマイナスを挽回できたんですかと

聞いたところ、次のように答えてくれました。

・このままで終わらないぞと思ったこと

・再度、大局的に世界を見通したこと

だそうです。

このままでは終わらないというホットさと

正しく判断できるクールさということになるでしょうか。

うまくいかないとき、想定外の出来事は

必ずやってきます。

そんなときは、くそーってただ頑張るのもダメ、

大局的に相場が見れるだけでもダメ、

ホットさとクールさの両方を持ち合わせていないと

いけないのでしょうね。

ホットとクール。

哲学では二項対立とかスキゾフレニア

とも言ったりします。

全く正反対の性格、目線、考え方なのですが

その両方を兼ね備えていないといけないのでしょうね。

うまくいかないとき、不測の事態はこれからも絶対おきます。

そんなときはこの話を思い出してみてください(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
結局、株であっても為替であっても、
相場は出来レースであることは事実です。

厳しいことを言うようです、
まずその事実を確かめてください。
http://japan-i-school.jp/jim/top_secret170625/


[Video]日経平均のターニングポイントは?

2017.06.15
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

6月に入っても日経平均は
2万円を抜くのか・下がるのか、
相変わらずはっきりしない状態が続きますね。

今日はその手がかりとして
ここにきて急に増えてきた「信用買い残」について
動画で解説していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<残席あとわずか>

毎日積みあげてきた利益が
予期せぬ急落で一瞬のうちにマイナスに…
なるはずが、株価が下がっても
プラスを継続できるような投資を知ってみませんか?

5年,10年と株で継続的に利益を出したいのなら
ぜひチェックしてみてください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170617/


どうしてもそれじゃなきゃいけませんか?

2017.06.12
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京日本橋のカフェより、、、

株をやってるといろんなことが起きます。

とくに決算発表時期なんてのはいろんなドラマがあります。

幸いにしてサプライズ発表でボーンと
株価が上がった人もいれば…

ドスーンとロスカットもできないくらいに
下げられてしまった人もいます。

さてさて、ラッキーにして上がった人はいいのですが
下げてしまった場合は悩んでしまいますね。

「今ロスカットするとまた戻ってきて悔しい思いをするかも…」

「こんなに下がったから少しくらい戻ってくるだろう…」

「できればプラマイゼロで終わらせたい…」

こうなってしまうと予測ではなくて、願望に変わっています。

そして、悲しいかなマイナスから願望はなかなか叶いません…

ルールを順守するなら切ってしまった方がいいのですが、

なかなかできるものではありませんね。

だいたいですが、次のような行動をとります。

・戻ってくるのを願って持ち続ける

・ナンピンをしてプラマイゼロを狙う

・(中には忘れるって方もいらっしゃるようですが…(^^;)

どうしても損がでたその銘柄にこだわりたいようです。

気持ちはじゅうぶんにわかりますし、

人間だからしょうがないと言ってしまえばそれまでですが

冷静に考えてみましょう。

株をやっている目的は何だったのでしょう…?

そうですよね、利益を上げることでしたよね。

銘柄に関係なく、最後に利益を上げることでしたよね。

でしたら、残念ながらマイナスになったその銘柄に

こだわる必要も理由もないのではないでしょうか。

ドスーンと下げた銘柄も、チャートによっては

底値の形をしていたりする場合などもありますが、

だいたいがチャートの形が崩れて、上がってくる

気配がなくなっています。

捨てる神あれば拾う神あり、なんて思ったりもしますが

それは残念ながら冷静さを欠いた妄想にすぎません。

戻ってくるのを願ってそのままにしておいたり

ナンピンでさらに買い増すことは、

大事な資金をしばらく寝かせることにもなります。

不幸にしてロスカットできないくらいにドスーンと下げられたら

冷静になって、目的を思い出してください。

利益を上げることが最終目的なら、すっぱりと切ってしまいましょう。

すっぱりと切って、新しい銘柄に乗り換えましょう!

上がりそうもない銘柄に願いをかけるより、

上がりそうな銘柄に乗り換えて、利益を楽しみましょう!

切ってしまったら大きな損失がでますが、

それは一時的なものです。

乗り換えた新しい銘柄が、その大きな損を取り返してくれます。

我々は資金も時間も限られています。

どうにもならない銘柄にこだわるより、

期待できる新しい銘柄に乗り換えましょう。

利益を上げたいなら、
別にその銘柄じゃなくてもいいわけですから(^^♪

藤井百七郎