カテゴリー別アーカイブ: 相場の仕組み

経営者の姿を見る!「株主総会」の活かし方

2017.09.20
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

個人の株主が、
間近で会社の経営者を見たり、
ましてや話す機会というのは、
かなり少ないと思います。

機関投資家とアナリスト説明会というものを
設定する会社は多く、

主要役員は参加する会議ですが、
そうした場には個人投資家は参加できません。

一応、上場企業は四半期決算を報告する義務があるので、
誰でも企業HPで決算内容を知ることはできますが、
それは会計数値の羅列にすぎない内容である事が多く、

また、ページ数も多いので全てを
つぶさにみてゆくことは難しいでしょう。

それに、気象の経営成績を判断するには、
会計の約束事(企業会計原則)はもとより、
複式簿記を理解し財務諸表分析ができないと、

その内容が良いのか悪いのかわからないので、
これまた難しさがあります。

結局、新聞や情報ベンダーのニュースなどで、
良い、悪い、という評価込みの報告をうのみにするしかない、
という事になります。

そこで、ぜひ生かしてほしいのが、
株主総会への出席のチャンスです。

どの企業でも、役員がほぼ全員出席します。

代表取締役が必ず出席し、経営方針や経営成績、
会社や商品の特色、場合によっては欠点なども
いろいろ話をするので、大変に面白いのです。

面白いというのは、その内容ではなく、
内容のプレゼン方法のことです。

例えば、司会や進行役ひとつとっても、
ある会社はプロの司会者を雇って、
大半のプレゼンを司会者が行ってしまう
結婚式方式をとる事があります。

さらに上手な会社は司会者自身もプレゼンすらせず、
この日のために金をかけて作った
会社案内の映像ビデオを流しておしまい、
の会社もあります。

一方、総務部長が進行役や司会を行いながら、
社長が全てのプレゼンを行う会社もあります。

こうしたプレゼンをみていると、
事なかれ主義で、とにかくこの時間を何事もなく過ごそう
やっきになっている会社なのか、

真摯に株主に理解を求めようとする会社なのか、
わかってきます。

株主総会では、質疑応答の時間は必ずありますから、
株主からいろいろな意見や質問が飛び出す時の対応も見ものです。

社長が役員全員がいる場なので、
質問によっては担当役員が代弁する事は多いのですが、

これは見方を変えると
社長が把握できていない証でもあるので、
やはり見ものです。

その時の役員間の対応をみると、
日ごろの関係も見透かすことができるような気になります。

個人投資家からの質問は、多くの場合、
個人投資家は意見のようなものを言いたいだけ言って
終わりになってしまいますが、

建設的な意見も多く、それを会社が
きちんと受け止めているのかどうか、
対応をみればわかります。

それやこれやで、お土産でごまかされることなく、
総会の中身をしっかりとみて、
自分なりの判断を行っておきたいものです。

では、また次回。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
やっと上がってきた日本株ですが、
ほっと胸をなでおろしている場合ではありません。

もし、今回の下落と上昇、
どちらも予想できずに成り行きに身を任せていたなら
あなたが運と勘で投資をしている証拠です。

トレードを続けるうえでは致命傷…

そんな状態に終止符を打つ
強力な武器が欲しいなら、
是非、このセミナーへご参加ください。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170930/


もしあなたの恋人がなくなったら…

2017.09.18
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

最近もっぱら家ではネットフリックスにはまってます。

小学校からずっと”テレビっ子”の私としては

かなり異例なことです。

もう時代はテレビではなくてオンデマンドなんですね。

最近はまってるのは「ブラックミラー」です。

オムニバス形式で毎回違うストーリーをやるのですが

最新作がすごくおもしろかったのです。

ある日突然に恋人を事故でなくした女性が主人公です。

悲しみに浸る彼女に彼女のお姉さんがある話を持ち掛けます。

あるサービスに登録すると、亡くなった彼のこれまでの

ネットでの書き込み、メール、シェアや閲覧したサイトなどを

すべてデータで取り込んで、彼にメールすると

まるで彼が生きているかのように返信メールが

届くというサービスがあるからやってみないというのです。

恐る恐る彼女はサービスに登録してメールしてみます。

するとまるで生きていたころの彼のような返信が返ってきました。

彼女:「ねえあなたなの?」

”彼”:「そうだよ、僕だよ」

彼女:「本当なの?」

”彼”:「おいおい、リンカーンかと思った?(笑)」

みたいに、ほんとうに彼のようなジョークで

返信してくるのです。

最初はふざけるな!と思った彼女ですが

次第にさみしさから、そのメールサービスにはまっていきます。

この嘘のサービスから抜け出せなっていくのです。

そんなある日、サービスからもう一つ上のサービスは

いかがですかと持ち掛けられます。

今度はメールではなくて、電話で話せるのです。

電話で話すと、もうメールより格段に彼を身近に

感じられて、四六時中電話サービスを受けるようになります。

朝起きてから、寝るまでずっと電話サービスを

かけまくる有様です。

本当に本当に彼が生きていてどこかにいるかのように…

今は目の前にいないけどどこか

遠くから電話で話していて、いつかは

また戻ってきてくれるような錯覚に陥ります。

そして、また次のサービスが持ち掛けられます。

ある日彼女のもとに、大きな箱詰めが送られてきます。

中には等身大のマネキンが入っています。

バスルームにもっていき、お湯をかけろと言われます。

そして、しばらくすると…

なんと…

亡くなったはずの彼が、バスルームに立っているでは〜

ありませんかーーーー(驚)!!!

と、いうストーリーね。。。

この続きが知りたい方は、ネットフリックスから

「ブラックミラー」をご覧ください(^^;

さて、このブラックミラーだけど

少し前なら超ウソっぽいストーリーと言われただろうけど

今となってはかなり現実的なストーリーになってきました。

今のサイエンス技術ってほんとうにすごいんですね。

ご存知の通り、映画のジュラシックパークはすでに現実可能だし

ゾンビだって、細菌兵器としては可能なレベルまで来ています。

バックトゥザフューチャーの勝手に靴紐がしまるスニーカーも

つい先日、ナイキから8万円で発売されていました。

AIがチェスで人に勝ったりもしているし、

アメリカの議会では、今後はロボットの開発に制限を

掛けろと訴えが出ているそうです。

ターミネーターが火薬、原爆の次の脅威になり得るからだって…

もう私たちが映画の中の世界と思っていたことが

かなりの現実味をもって、実現化されようとしています。

オックスフォード大学があと10年で消える職業なんて

発表してたけど、あれは人間に代わって機械が

やってしまう職業ってことですよね。。。

なんだか、最近ではトレード、つまり株式投資を

はじめとした金融の売買にも”機械”が入ってきて

我々人間を負かしてしまうのではないかって声もあります。

私自信はそれだけはやめてほしいと願っていますが、

どう思われますでしょうか?

ご意見を聞かせてください。

私は、相場は人間が作るもので、

人間が作ったものは、人間にしかわからない。

だから、人間が勝つと思っています。

あなたはどう思われますか(^^?

藤井百七郎

<編集部より>
株式市場が大きく変動しつつある
今こそ知ってほしい、

相場を動かす「原理原則」と
投資業界の実情をこちらから確認してください。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170927/


暴落のリスクは「理論」で武装できるのか?

2017.09.13
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

先々週、先週の続きです。結局3回シリーズとなりました。

今までは、戦後から続く今に至る
日経平均を通して相場をながめながら、
投資期間によるリスクがどう変化したかを
全体像として見てきました。

今日はは、具体的な日を決めて、
それ以降のリスクの推移を
少し詳しくみてゆきたいと思います。

まず、特別な日を二日だけ決めて、
その日に投資をした場合、日数を重ねると、
リスクがどうなっていったかをみてみます。

最初の特別な日とは、
東証が戦後最初に稼働した日、
1949年5月16日です。

これは、
「もし、戦後最初の日に株を買ったら、
 リスクは日を追うにつれてどうなったかを見る」

ということになります。

もう一つの特別な日とは、1990年1月4日です。
日経平均最高値はその前営業日である1989年12月29日でした。
39915円です。

翌営業日である1月4日は、少し下がって38712円ですが、
この日に投資したばあい、最高値圏で購入したわけですから、
リターンは常にマイナスであることになります。

ピークの時に買った場合、リスクの推移は
どうなっていたかを見たいと思ったのです。

通常、リターンとリスクの双方を合わせてみてゆくのですが、
今回は話を単純化するため、リスクのみを見ます。

この特別な2日に投資したばあいのグラフが以下です。
ヨコ軸は経過日数、縦軸はリスクです。

原点に近い位置では、経過日数が少ないため、
リスクの計算上、値が大きくなります。

リスクは、変動率の平均になるので、
二日経過後のリターン変動率、三日経過後のリターン変動率、
の値はどうしてもその時の相場次第で大きくブレるためです。
ですので、出だしのリスクは無視してください。

さて、形を良くみると、
似たような傾向に気づきます。

・リスクは日数経過と共に極大値まで上がり、その後は下げてゆく
・全体的には下げてゆく中で、突然ピョコ、と大きくリスクが上がる時がある

という点で共通しています。

1949年のグラフ(赤)は1度上がっています。

1108日から1170日目の1か月間。
1953年2月から3月にかけての下落になります。

特に3月5日(1144日目)は10%下げました。

ニュースを調べてみると、
この日、スターリンが死亡したと伝えられ、
それで株価が暴落したようです。

その後戻しますが3月30日には再び6.7%下げ、
相当乱高下したのでリスクが急上昇したのですね。

1990年のグラフ(緑)は3度上がりました。

86日経過後2000年4月17日、および、
296日経過後2001年3月21日、
2163日経過後2008年10月の1か月間。

2000年4月17日は、日経平均が1426円下がった日です。
ITバブル崩壊で極度の暴落が起こりました。

2001年3月21日は、日経平均が913円上がりました。
下がったのではなく、一気に上がったのです。

前日(19日)日銀がゼロ金利政策を発表したためです。
上がったのも変動ですから、リスクとして計算されます。

2008年10月は、特定の一日ではなく、
1か月間ほぼ毎日大きなリスクが起こりました。

リーマンショックです。

世界中に不況を起こした大事件でした。

リスクをグラフにするだけで、
特定の日には「何か」が起きているということが
明確にわかるほどのリスクの上昇は、

それなりのニュース性をもつ大きな事件である、
ということでしょう。

こうしたニュースは例外的に大きなものなので、
そうした事変さえなければ、リスクは最初は上昇するが、
あとはなだらかに下がると思ってよさそうです。

それを確認するため、もう少しケースを増やしてみてゆきましょう。

先に上げた特別な日は私自身が確認したかったので、
一日単位でリスクを算出しましたが、
案外手間がかかるので、
もう少し大雑把な日単位で算出したものを掲載します。

投資時期の選択は、考えれば考えるほどきりがないので、
恣意的な選択はやめて、ランダムに特定の日を
本日までの期間でまんべんなく11日程、選択しました。

縦軸がリスク、横軸が経過日数です。
全て、500日投資した場合のリスクの曲線を示しています。

先ほどと異なりリスクの計算は毎日ではなく、
10日ごとに、100日を超えたら100日毎にリスクを算出しました。
したがってカクカクしています。

全体の傾向としては、投資直後リスクが上がってゆき、
その後だんだん下がってゆく傾向があるのがわかります。

例外もいくつかみられますが、概ね、そんな傾向がわかりますね。

世の中、いろいろな事件やイベントがあり、
日々リスクは変化し、一様ではありません。

一方、理論的にリスクとリターンを示すには、
毎日毎日の政治イベント、世界の情勢の変化を一様に
乱数としてちりばめてリスクとして計算します。

しかし、実際の世界では、ある特定の日や期間に事変が起きるので、
その時点を境にリスクが大きく増加することになり、
その時点(や期間)固有の歪が目立つことになります。

特にスターリンが死んだとか、リーマンショックがおこったなど、
スケールの大きな事件があると、

リスクはその時点で一気に増加するので
最初の特別な2日のケースで示したような大きく上昇して、
ふたたびゆっくり下がる形になります。

実データを用いた解析を行うと、
理論ではわからない事実がくっきり浮かび上がりますね。

それを考慮したモデルで再び理論的にあてはめて
シミュレーションを行う事で、
理論もリファインがされてゆきます。

実証と理論と比べる事で、その理論の妥当性も理解できますし、
その過程で実証でも理論でも存在しない誤った解釈や考え違い
(今回の場合はリスクと時間の関係)、
いいかげんなカン、不毛なディスカッションを排除できます。

投資にカンや経験は必要ですが、
理論や技術の背景も重要だということです。

そうすることで、検証と再現は可能になるのです。

そう、投資はサイエンスでもあるのです。

また機会があれば、いろいろな解析やシミュレーションに関して、
別の観点からも述べてゆく事にします。

では。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
ある少人数セミナーが
東京と大阪にて開催されます。

このセミナーにはこれまでにも
数多くの迷えるトレーダーが参加してきました。
そして、そこで得られた市場の真実を
それぞれの胸に再びトレードに挑んでいます。

果たして何が相場の「真実」なのか、
あなたも知りたいと思うなら、
まずはこちらをご確認下さい。
http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_1709/
※残席わずかとなっております。


株を早く上達させるには…

2017.09.11
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のセミナー会場より、、、

取り急ぎ良かったですねー

北朝鮮の建国記念日!

Xデーなんて言われてましたが
とりあえず何もなく。。。

というか、何もなくて当たり前で

いくら北朝鮮でもわざわざそんな

イベントデーにことを起こす訳がありません。

万引きGメンがバンバンに見張ってる中で

堂々と万引きするようなものですからね。

でもまだまだ緊張は続いています。

9月いっぱいは予断は許されません。。。

一説によると、もうどうしても戦争を起こさないと

いけないところまで話は進んでるなんて情報もあります。

まあとりあえず一杯みたいな感じで…

世の中っていうか、世界はやっぱり

戦争が一番儲かるし、不況から抜けるには

戦争が一番ってことらしいです。。。

今の日本が第二次世界大戦から復興したのも

朝鮮戦争景気がきっかけでしたしね。

そんなわけで、起きるかどうかは

また次の話しとして、我々個人トレーダーは

起きたらどうするかを想定しておかないといけないですね。

まず1つ目の備え、それは、、、

トレードをやらない!

こんな時はやらないっていう選択は

間違いじゃないですが、

そんなこと言ってたらずっとトレードやらないって

ことにもなってしまいます。

だって相場のほとんどは言ってみれば

有事みたいなものですからね。

そして2つ目の備え

空売りなんかを絡めておく!

これは復習になりますが、今の株式投資で

買いオンリーほど危ないものはありません。

あなたがどの程度の経験、実績、腕前が

あるとしても、空売りのスキルと実践は

絶対にしておくべきです。

北朝鮮との間に有事が起きれば、

かなり高い確率で円高、株安になります。

買いポジションは大きな含み損。

空売りポジションを少なからずも持っていれば

買いの損を補ってくれるはずです。

さてこれまで2つの備えを提案しましたが

一番起きやすい問題は…

あれこれ考えてるうちに有事がおきちゃった…??

じゃないでしょうか。

これ私も本当にたくさん経験しました。

台風が来るって知ってても、仕事があって

雨戸を閉めれなかったなんてこともありますよね。

そんなときはどうするか…

これはもう開き直るしかない!

はあ??何それ??って思われるしかない。

でも本当にこれしかないんですよね…

起きてしまったこと、やってしまった損は

今さらどうすることも出来ない。

人生もトレードも一方通行!

前に進むしかないのだ。

有事が起きれは確実に買いはドーンと

大きな損がでます。

それはどうしても仕方ないこと。

何が起きたかではなく、どう対処するかです。

空売りを持ってれば、保険が効いてるので

少し安静を保てるけど、ないとなったら

ここはもう腹をくくるしかない!

だから、、、

株価は必ず大きく下げたあとは反動で少しは戻る!

この原則を思い出してください。

福島原発事故の後の東京電力。

3回ストップ安から寄り付きで少し戻しました。

株価は大きく下げたら、どかで少しは戻る。

この小さなチャンスを捕まえるしかない。

出てしまった大きな損は、次にくるであろう

小さなチャンスで挽回するしかない。

または相場の転換点を捕まえるしかない。

アベノミクス相場はそろそろ終焉を迎えようとしています。

ここからがトレーダーとしての実力を問われる相場です。

私を含めて、起こるかもしれない有事に

一緒に備えておくべきだし、起きたことに嘆くより

次のチャンスを見つめていくべきでしょうね(^^♪

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

個人トレーダーがとるべき唯一の戦略・・・
そこには、恐ろしいほどに
残酷な相場の現実がありました。

プロといわれる存在のみが知り得る
相場の裏側を公開します。
http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_1709/


相場下落時のリスク

2017.09.06
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

今回は先週の続きです。

1949年以降(戦後の全ての)日経平均株価を使って、
リスクやリターンがどうなっているか、
長期投資におけるリスクが変化するのか、調べてみます。

まずはウォーミングアップです。
下のグラフは、日経平均の日々のリスクと
リターンを全てプロットしたものです。

ある日に投資して、それを10営業日後に
売却した時のリターンとリスクを計算しました。

横軸はリスクです。縦軸はリターンです。

リスクをどれだけ大きくなっても、
得られるリターンはそれほど大きくならない関係が
良く分かりますね。

赤で示した線は、投資できる範囲を示しますが、
この線が、同じリスクでリターンが最大になる範囲です。

現代ポートフォリオ理論では、有効フロンティアとして知られています。

リスクとリターンの関係は、
投資期間によってどう変わるのでしょうか。

つまり、ある特定の株式を一度購入しそれを保有した場合、
その保有期間によって、リターンとリスクは、どう変化するか、という問題提起でした。

リスクの定義は、前回に述べた教科書通りリターンの標準偏差、
つまり、リターンのブレの大きさとします。

まず、本来はどうなっているべきか、その概念を考えてみたいと思います。

日本証券経済研究所の資料を使って、
投信協会がHPで公表しているグラフがわかりやすいと思います。
https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/specialist/vol_03/
から引用すると、投資期間が長いほど、
収益のブレが少なくなっています。

長期投資の方が収益のブレが少ないですね。
これは、リスクの時間分散といいます。

その代わり、リターンも少なくなっていますね。そうなんです。
長期保有すると、リターンのブレが少なくなり、
結局、どの銘柄を買っても似たようなリターンになってゆく、
という事になります。

やはり、リスクとリターンは表裏の関係があり、
リスクが減るとリターンも減るのという事につながるわけです。

リスクという定義を変えない限り、誰が検証しても同じ結果になります。

さて、実際に日経平均の値を使って、
特定の日に指数を買う(これは例えば日経平均連動型の投資信託を買う、
という事と等価ですね、と、リスクはどうなるか、
という数字を見てみましょう。

東証が戦後再開されてから今日(2017年9月5日)まで、
18689営業日経過しています。

この中で、特定の一日に日経平均を購入すると、
リスクはどうなっていたのか、という調査になりますね。

実際にやってみて分かったのですが、
その特定の日に買った日経平均は、
どの特定の日以降の特別の理由で
リスクが大きくブレて、独特のカーブを描きます。

例えば、1949年に買った日経平均であれば、
1950年6月に朝鮮戦争の影響を受けています。

1972年に買った日経平均であれば、
1973年の中東戦争に起因するオイルショックの影響を受けています。

1989年に買った日経平均であれば、
バブル崩壊の影響を受けています。

この年の年末にNK225は史上最高値をつけていますので、
この最高値で投資をスタ―トした人は、
常にリターンはマイナスということになります。

なにしろ、1949年からの日経平均ですから、
大きな事件もまだまだありますし、細かな事件は、
もっともっとたくさんあり、結局、
いつから投資を始めたらよいのか、
事後的にもわかりずらいのです。

なにはともあれ、ひとまず一気にみてしまいましょう。

このグラフは、ある日から過去に遡って
10日間、30日間、60日間のリスクを毎日計算したものです。

縦軸はその日から過去10日間の(あるいは30日、60日間の)リスクです。

68年間分のすべての日をプロットしているので、
ごちゃごちゃしていますが、おおまかな感じがつかめるでしょう。

全体の期間をスキャンしてみると、
どの期間でも、投資期間が10日より30日、
30日より60日の方が明確にリスクが低くなっています。

また、他よりリスクがとびぬけて
高い日が何本もあることもわかります。

10日間の投資リスクが最も高かったのは2008年10月です。
リーマンショックです。
ついで1987年10月。ブラックマンデーです。

やはり、相場下落時のリスクは、
あとから数字で見ても明確に出ているといえますね。

次回は、もう少し、具体的な日を決めて、
もう少し詳しくみてゆきたいと思います。

お楽しみに。

奥村尚


[Video]平和ボケしちゃってる?

2017.08.31
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

日本の市場は世界の「しわ寄せ市場」と
言われるように海外の事情に振り回されて
なかなか調子が上がらない方も多いのではないでしょうか?

火曜日の朝に北朝鮮がミサイルを発射して
ドスンと下げた日経平均もまた戻して踏ん張っていますが、
この先そんなに甘くなさそうと見ているので、
その理由について動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

70年前に戦争が終結し、
私達戦争を知らない世代が「平和ボケ」している
なんて言われてきましたが、

相場においても2008年のリーマンショック以降、
本格的な下落に遭遇した経験が少ない方も多いと思います。

日経平均がドスンと下げてから
すぐに買いが入るような状況ですが、
これまで経験のなかった大きな下落が起こりうる事を
念頭に入れてトレードしていきましょう。

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

デイトレでパパッと利益をとって
トレード以外の人生を楽しむ方法

・短時間・小資金でOKの体系的なデイトレメソッド
・オンライン学習で何度でも復習できる
・リアルタイムトレードで実践的トレーニング
・人生を自力で切り開くスキル

こんな貴重なスキルを
高橋陽子からたった3時間で学んじゃいました…

詳しくはこちらをクリック

http://japan-i-school.jp/jim/1708_t_op2/