カテゴリー別アーカイブ: 危機回避

日本人が知らないトレードの正体

2017.11.07
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

最近、洋書を読んでいるのですが、
気づいたことがあります。

和書のトレード本と
洋書のトレード本の
「違い」ってわかりますか?

自分で言ってしまいますが
もう、大発見というレベルでした。

ああ、こういうことか、と、、、

投資業界に身を置く一人としては、
この事実は看過できないので、告白します。

洋書と和書の決定的な「違い」とは、
ズバリ、真実が語られているかどうかです。

果たして、洋書と和書のどちらが真実を映し出しているのでしょう?

どちらだと思いますか、、、?

・・・

真実が語られていたのは、
和書!ではなく、残念ながら「洋書」の方でした。

トレードの正体というのは、

『統計的確率論』です。

はい、この時点で多くの(日本の)皆さんは
「???」となってしまって、
先を読むのが嫌になると思います。

そんなことだから9割の人が負けるのですが、
でも、悪いのは皆さんではなく、書籍の方でしょう。

セミナーで私も説明しているように、
トレードという作業を分解すると、

・エントリーとエグジットのタイミング
・勝率
・損益比率
・1回あたりに取るリスク量

少なくともこの4つの要素が必要です。

洋書には、この4つのポイントが
しっかりと書かれているものが多かったです。

自分のトレードスタイルについて、
この4つが明確に話せない人は、
相当まずい状態です。

それなのに、(多くの)和書ときたら、

エントリーとエグジットのタイミング
ばかりを教えます。

トレードを実行するために必要な知識の
たった1/4です。

たった1/4でどうやって勝てるのでしょう・・・

断言しますが、あなたが相当運が良いのでなければ
長期的に勝ち続けることは100%無理です。

エントリーとエグジットのタイミング
ばかりが羅列して解説されている本は
読んだ人に、あたかも勝率90%くらいで
実現できるような錯覚を与えます。

そして、勝率が高いと錯覚した人は、
リスク管理なんてしなくていいと思ってしまいます

そうすると、

「先生、僕は負けると思ってエントリーしていませんから」

と、こんなことを堂々と主張するように
なってしまうのです。。。

はっきり言って、返す言葉が見つかりません。

本来、トレードというのは
なかなかに高度な稼ぎ方なのです。

高度だから難しいかというと、
必ずしもそうだとは思いませんが、

単純でないことは明白です。

それなのに、あたかも単純明快で
言われたようにやれば9割勝てる
というようなイメージを持つから
「思い通りいかない」と感じるのです。

思い通りいかないときは、
大抵の場合「思い」が間違っています。

過剰な妄想を期待するから、
「こんなはずじゃないのに、、、」
ということになるのです。

大前提として、トレードは高度な技術です
きちんと学びましょう。

ただ、洋書にも問題がありまして、
ものすごく難しいのです。

最初の10ページを読んだだけで
難しくて眠くなることを約束できます。

つまり、、、

本当にトレードを語ろうとすると難しい

簡単なところだけをクローズアップする

本質が抜け落ちた和書が売れる

実体とはほど遠い「トレード偶像」になる

読んだ人を勘違いさせる

大損する人が量産される

こういうことになっているわけです。

出版社も、本が難しくて売れなければ
商売になりませんから、
より簡単(に見える)ものを・・・となるんですね。

この状況で、あなたには2つの選択肢があります。

トレードの簡単な部分だけを学んで
高確率で退場していくか

腰を据えてしっかり学んで
堅実に利益を積み上げていくか

あなたが、トレードで勝ちたいのであれば、
しっかりとしたことを、腰を据えて
学んでいただきたいと強く思います。

ただ、それでもトレードというのは
非常に魅力的な仕事です。

ある程度のレベルになってしまえば、
一日に数分~十分で完結しますし、
感覚的にできるようになりますし、

拡張性といって、資産がどれだけ増えても
同じ時間で実行できますから
本業の10分の1の時間で本業の収入を軽々超える
ということも現実的に無理ではないのです。

こんなに素晴らしい仕事は他にはないと思います。

ですから、最初の壁は高いのですが、
しっかり学んで乗り越えていただきたいです。

私の役目は、いわば池上彰さんのようなものだと思っています。

私自身、トレードが大の得意で、
研究に研究を重ねてきましたから、

難しい理論や知識をとにかく噛み砕いて
誰にでも理解できるようにしていくことに
これからも情熱を注いでいきます!

誰よりもわかりやすく、
(日本語で)本質を届けること

それが私の役目だと再確認しました。

最後に、今日からできるリスク管理方法を
ひとつお伝えします。

・勝率が高くなるまでは、最小資金で練習する
・勝率が下がってきたら、投資資金を小さくする

これだけで全体の利益率が大きく改善します。

ぜひ、やってみてください。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
いつも記事をお読みいただき
ありがとうございます。

共感いただける方だけに案内はしているのですが、
前回のセミナーが満席となり、
追加での開催を決めました。

こちらから詳細を確認してください。

http://japan-i-school.jp/jim/171128_seminar/


トレードで年金が半分以下になってしまいました

2017.10.24
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
トレードの調子はいかがでしょうか?
 
日経平均株価が急騰していたり
為替では急速に円安になっていたり
 
相場というのは、ことごとく
大衆の予想を裏切って動いていくものだ
と感じている人も多いのではないでしょうか
 
いつも予想と反対に動くのに、
逆に張ったときに限って予想通りに動いたり、、、
 
トレードの難しい部分のひとつは、
 
勝ったとしても負けたとしても
「正しい」トレードだったのか
偶然だったのかがわからないことですね
 
さて、そんな「不確実性の高い」トレードの中でも
明らかに間違っていることがいくつか存在します。
 
そのひとつが、多くの方の資金管理戦略です。
 
「上がるか下がるかの2択なのに、
 なぜこんなにも負ける人が多いのか?」

 
この命題は、私のトレード理論の根幹にあるものです。
 
勝っている人と負けている人が半々なのであれば
それはそれで話が単純なのですが、
 
なんと9割の人が負け越していると言われています。
 
負ける再現性があまりに高いとは思いませんか?
 
9割というのは、偶然ではありませんから、
負ける原理というのが明確に存在しているわけです。
 
そして、いくつかある、
その負ける原理のうちのひとつが、
資金管理戦略が無謀すぎるということなのです。
 
例えるなら、
 
あなたがもし、海外のカジノに行って
1回の取引に持ち金すべてをつっこんでいる男性を
見かけたとしたら、

あなたはどう思いますか? 
 
「馬鹿な人だな、資金を失うのが目に見えている・・・」
 
と思いますよね。
 
もしもその男性が賭けに負けて
全資産を失い、
あなたのところに泣きついて、
 
「今回の私の戦略は何が悪かったのでしょうか!
 カジノの戦略について、これまで長い時間研究してきました。
 でも、どうしてもいつも資産がなくなってしまうのです・・・」
 
と泣きながら相談されたら、
あなたは、何と言葉を返しますか?
 
・・・
 
「それは、ですね、、、
 たぶん、1回の勝負にお金を賭けすぎなんじゃないでしょうか」

 
と、言葉のうえではなるべく柔らかい口調で、
しかし心の中では「当たり前じゃないか!」と
思わず叫びたくなると思います。
 
でも、
 
残念ながら、9割の人のトレードは
この男性と同じ状況なのです。
 
人間というのは、自分の行動が少し遠い未来に
どう影響を及ぼしているかということは
感じにくい脳の構造をしているのです。

今の自分の行動が自分の未来にどう影響しているのか?

 
もしこれが明確に感じられたなら、
もっと成果や結果を出す人が多いはずです。
 
でも、目先の欲にとらわれてしまう人が多い。
これはおそらく、人間である以上仕方がないことなのだと思います。
 
しかし、
 
トレードにおいては、仕方がないでは済みません。
 
「トレードで、まとめて貰った年金が半分になってしまいました。
 この先どうやって生きていけばいいかと途方に暮れています」
 
立場上、私にはこういうメールが直接送られてきます。
 
・トレードで1億円負けてしまいました
・塩漬け株が数百万円あります
・退職金がほとんどなくなってしまいました
 
本当にこういうメールを、たくさん受け取っています。
 
あなたが想像している以上に、
多くの人が、トレードで資金をなくして
深刻な状況に陥っているのです
 
そして、紛れもなく、全員に共通しているのは
 
資金管理の戦略が正しければ、
万にひとつもこんな状況にはならなかった

ということです。
 
1回1回のトレードで負けたり、
何回か連敗する、というようなことは、
運が悪ければ起こりえます
 
しかし、資金の大半を失うという事態は、
資金管理の考え方を知ってさえいれば、
それだけで確実に回避できることなのです
 
時代の流れか、トレード人口はどんどん増えています
年齢層も高くなっていると感じます
ですから、資産防衛の重要性が増していると思っています
 
挑戦したことで失敗することは、
私は素晴らしいことだと思います。
 
挑戦しない人に失敗は訪れないし、
失敗だけが本当の成長を生むと信じています
 
ですから、どんどん失敗して
失敗のたびに新たな学びを得て前進し
結果として大きな成功を掴めばいいと思います
 
しかし、そのためには
成功するまで挑戦を続けられることが大前提です!

 
資産を飛ばしたりなどという事態になったら
絶対にいけないのです。
 
お願いですから、
せっかく挑戦したトレードで
挑戦したことを後悔するようなことには
絶対にならないでいただきたいです。
 
勝たせる以上に重要なことは、
負けなくすることだと感じています。
 
継続さえできれば、成功の可能性は残されています
 
9割の人が負けているのは、
たくさんの方が、後悔してしまうのは
資金管理を知らないからです。
 
知っているか知らないか
ただそれだけの違いですから、
 
私からの痛切な願いとして、
一度でいいので資金管理に興味を持ってください。
 
トレードの理論は千差万別ですが、
資金管理理論は、すでに世界共通の答えが発見されています。
ですから、一度学べばそれで大丈夫です。
 
日経平均株価が史上初の連騰なんていうことは、
本当にどうでもいいです。
 
一人でも多くの方に、
メッセージが届くことを願っています。
  

GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

P.S.
すでにトレードをしている人にも、
これから始めるという人にも、
必ず役に立ててもらえるはずです。

最後の開催ですので、
今日の記事に共感してもらえたなら
こちらもご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar171031/


株を早く上達させるには…

2017.09.11
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のセミナー会場より、、、

取り急ぎ良かったですねー
北朝鮮の建国記念日!

Xデーなんて言われてましたが
とりあえず何もなく。。。

というか、何もなくて当たり前で
いくら北朝鮮でもわざわざそんな
イベントデーにことを起こす訳がありません。

万引きGメンがバンバンに見張ってる中で
堂々と万引きするようなものですからね。

でもまだまだ緊張は続いています。
9月いっぱいは予断は許されません。。。

一説によると、
もうどうしても戦争を起こさないといけない
ところまで話は進んでるなんて情報もあります。

まあとりあえず一杯みたいな感じで…

世の中っていうか、世界はやっぱり
戦争が一番儲かるし、不況から抜けるには
戦争が一番ってことらしいです。。。

今の日本が第二次世界大戦から復興したのも
朝鮮戦争景気がきっかけでしたしね。

そんなわけで、起きるかどうかは
また次の話しとして、

我々個人トレーダーは
起きたらどうするかを
想定しておかないといけないですね。

まず1つ目の備え、それは、、、

トレードをやらない!

こんな時はやらないっていう選択は
間違いじゃないですが、

そんなこと言ってたら
ずっとトレードやらないって
ことにもなってしまいます。

だって相場のほとんどは言ってみれば
有事みたいなものですからね。

そして2つ目の備え

空売りなんかを絡めておく!

これは復習になりますが、
今の株式投資で
買いオンリーほど危ないものはありません。

あなたがどの程度の
経験、実績、腕前があるとしても、

空売りのスキルと実践は
絶対にしておくべきです。

北朝鮮との間に有事が起きれば、
かなり高い確率で円高、株安になります。

買いポジションは大きな含み損。
空売りポジションを少なからずも持っていれば
買いの損を補ってくれるはずです。

さてこれまで2つの備えを提案しましたが
一番起きやすい問題は…

あれこれ考えてるうちに
有事がおきちゃった…??

じゃないでしょうか。
これ私も本当にたくさん経験しました。

台風が来るって知ってても、
仕事があって雨戸を閉めれなかった
なんてこともありますよね。

そんなときはどうするか…

これはもう開き直るしかない!

はあ??何それ??って思われるしかない。
でも本当にこれしかないんですよね…

起きてしまったこと、やってしまった損は
今さらどうすることも出来ません。

人生もトレードも一方通行!
前に進むしかないのです。

有事が起きれは確実に買いはドーンと
大きな損がでます。
それはどうしても仕方ないことです。

何が起きたかではなく、どう対処するかです。

空売りを持ってれば、保険が効いてるので
少し安静を保てるけど、ないとなったら
ここはもう腹をくくるしかない!

だから、、、

株価は必ず大きく下げたあとは
反動で少しは戻る!

この原則を思い出してください。
福島原発事故の後の東京電力。

3回ストップ安から寄り付きで少し戻しました。
株価は大きく下げたら、どかで少しは戻る。
この小さなチャンスを捕まえるしかない。

出てしまった大きな損は、次にくるであろう
小さなチャンスで挽回するしかない。
または相場の転換点を捕まえるしかない。

アベノミクス相場は
そろそろ終焉を迎えようとしています。

ここからがトレーダーとしての
実力を問われる相場です。

私を含めて、起こるかもしれない有事に
一緒に備えておくべきだし、

起きたことに嘆くより次のチャンスを
見つめていくべきでしょうね(^^♪

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

個人トレーダーがとるべき唯一の戦略・・・
そこには、恐ろしいほどに
残酷な相場の現実がありました。

プロといわれる存在のみが知り得る
相場の裏側を公開します。
http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_1709/


ド真ん中銘柄の見極め方

2017.09.09
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます
ウルフ村田です。

北朝鮮の建国記念日を迎え、
市場はポジション軽減&様子見ムードですが、

毎年出てくる「テーマ株」を狙いながら
年間で見ればしっかり利が乗るようなトレードを
より強く意識してもらえればと思います。

2017年のテーマ株といえば、
VR・AR関係、人工知能、半導体、防衛関連など、
多くの分野に注目が集まってきましたね。

テーマ株だから飛びつくというのはNGですが、
そのテーマの中で中心となる銘柄さえ間違えなければ
大化け株は確実に出てきますので、
今回はそんな大化け株の特徴をお伝えしていきます。

先ほどテーマ株として挙げた人工知能関連。
確かに注目が集められてきましたが、
インターネットなどで今後有望という情報が
必要以上に飛び交っている典型のように感じます。

そのような影響で
人工知能関連の株価は一気に上がることはあっても、
結局のところ材料は思惑だけなので
すぐに落ちてしまうこともよく見られました。

あくまで、思惑が先行していることを忘れず
思惑に乗せられて高値掴みしてしまった!
ということのないよう注意してくださいね。

万が一、短期急騰した銘柄で
高値づかみしてしまった場合は、
基本的にはロウソク足の実体が
5日線を一回割ったらまずいと思って
逃げていただければと思います^^;

繰り返しになるかもしれませんが、
きちんと上がる株というのは、
思惑や宣言だけでなく、きちんと実体があります。

実体のある銘柄というのは、
事業内容や計画だけでなく、
現在進行形でその内容(テーマ)を実行し、稼働しています。

私はその企業が「事業を実際にちゃんとやっているか」
という視点で、きちんと分析された情報をもって
実体のある強い銘柄を発掘しています。

しかし、ポテンシャルの高さに気づいた投資家たちが
その銘柄をイチ早く買い込んでしまった場合、

本来の時期よりも早く急騰してしまい、
そこからエントリーしてしまうと高値づかみになってしまいますので、
その時はグッとこらえて、安値のところで拾うようにしましょう。

また、現時点でまだ株価が安く、
ポテンシャルが高い銘柄は沢山ありますので、
上がる前に買って値幅をとるためには
日々のチャートの監視が大切になります。

しかし、気になる銘柄はいくつもあるのに、
それらを忘れて1つの銘柄に集中しすぎて、
気づいたときには上がっていた!
なんてご経験はありませんか?

そんなもったいない結末にならないように、
チャートの管理の工夫は出来ているでしょうか?

今日は私のオススメ管理ツールをお伝えしたいと思います。

「ハイパーSBI」というサイト、
既に使われている方もいるかもしれませんが、
1画面に沢山の銘柄を表示させることができます。
何が良いって、監視銘柄のチャートも
一気に表示させられるので、変化に気づきやすいんですね。
直近IPOを一気に監視することも可能です。

無理に買う必要はありませんが、
日々のチャートの監視は初動を捉えるうえで必須になりますので、
是非検索して活用してみて下さいね。

ではでは今日はこれにて。
見通し不透明な中ですが、
来週からも張りきっていきましょう(^^♪

ウルフ村田


転換時の身のこなし方

2017.08.12
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

暑い日々が続く中、
皆さんも暑さに負けずに
頑張ってトレードをされている中かと思いますが、

今週は相場に大きな変化がありましたね!

日経平均をはじめ
新興株の主戦場である
マザーズ指数も大きく下落。

苦戦を強いられている方も
いらっしゃる中かと思います。

世の中には個人投資家と、
まとまった資金を持った
大口投資家とが存在しますが、

大口投資家が戦っている銘柄を
一気に売り出したら
チャートも一気に売り方向に崩れます。

その場合、売りの力と買いの力、

どちらの力が強いかって言うと

圧倒的に売りの力です。

暴落の危険性は先週の
ブログ記事でも取り上げましたが、

その直前まで個別株は絶好調で、
まだまだ行けるぞ!となっていのたですが、

全体の地合いが下がった途端に
急にそのトレンドや事情が変わることもあります。

その時に頼りになるのが、
「自分で売る判断」です。

特定の情報や
自分の相場観にしがみついてばかりだと、
最悪のケースは強制ロスカット。
つまり、強制決済になってしまいます。

当たり前ですが、
特に大口投資家は組織でやっているので

一旦ロスカットでポジション崩して売ってから

またそのポジションで買うしかない。

一旦大きく下がりだすと
行くところまで行ってしまいます、、、

もちろん、一回落ちてから上がったりする
銘柄もありますので、冷静にチャートを見て、
テクニカル指標も使いながら

「あ!ここが天井で崩れてきたんだなと、」

自分で判断して、

テクニカルを見てダメだと思ったら

一旦利確・ロスカットしてください。

特に相場が大きく転換したときは要注意です。

私もマザーズ指数や全体観を日々確認して、

これどういう状況なんだろう?

って考えています。

私も短期集中のタイプですが、

相場に関しては全体を見て判断することが一番と、

強い自負心があるので

これからも状況に応じて発信できればと思います!

お盆休みの方もいるかと思いますが、

暑さに負けず、がんばりましょう(^^)/

ウルフ村田


トータルで勝っている方の共通の口癖とは?

2017.07.04
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

 
おはようございます。Mr.Kです。
 
先日、私の人生観をまとめた5つの音声をお送りしましたが、
 
「イメージと違って親しみい声と内容だった!」
 
という声をいただき、なるほどなと思いました。
 
画像が黒塗りで真面目なことばかりを書いていますので、
 
声は低めで厳しそうというような印象を与えてしまっていたのかもしれませんね。
 
先日のセミナーも、急な募集にも関わらず、
 
東京や神奈川はもちろん、福島、宮城、三重、京都、兵庫、宮崎、など
 
かなり遠方からも多くの方が駆け付けてくださり大変うれしかったです。
 
お会いできた皆様、ありがとうございました。
 
  
さて、このブログを通して募集したセミナーもお陰様で10回を数えました。
 
100人を有に超える参加者の皆さんにお会いして、
 
セミナー後の懇親会で直接お話しを聞くと、
 
9割の方は、なかなか勝てずに困っていることがわかりました。
 
しかし、自分流でトータルで勝っているという方が1割くらいはいらっしゃるんです。
 
利益率を上げたいということでセミナーにお越しになるのですが、
 
懇親会で話すうちに、勝っている人の共通の口癖が浮かび上がってきました。
 
その口癖とは、、、
 
 
「◯◯がこうなって、△△がこうなっている銘柄を選んでエントリーするんですよ、
 
そうすると、7~8割くらいの確率で勝てるんです。
 
まあ、トータルで言うと、年利で□□%くらいなんですけどね」

 
 
というものです。
 
この、◯◯、△△、□□は人によってもちろん違うのですが、
 

    言い方はほとんど同じ。

 
これ、大数の法則が使えている証拠ですね。
 
前回も、前々回も、そのまた前回も、そして当然、今回も、
 
同じ条件でエントリーをし続けて、勝率がわかっているということです。
 
 
あなたのトレードはいかがでしょうか?
 
 
毎回、エントリーの条件が変わったりしていませんか?
 
数回うまくいかないと、すぐにエントリーの条件を変えていませんか?
 
自分の手法の勝率を、しっかりと数字で話せますか?
 
 
トレードは、投資の一種なんです。
 
投資というのは、各回の勝率がどうしても100%にならないものです。
 
100%にならない勝負を繰り返して、トータルでほぼ100%に近い勝率で勝つ勝負、
 
それが投資だと、私は思っています。
 
 
なかなか勝てない場合は、まずはトレードの履歴をノートにつけるようにしましょう。
 
少なくとも10~20回は同じ条件でエントリーをしてみて、勝率を数字で算出しましょう。
 

    きちんと数字で把握する

ということが非常に重要です。
 
この思考を持っていれば、別に、実弾でやる必要もありません。
 
過去のチャートを見たり、リアルタイムのチャートで

仮想エントリーをしてみたりしても同じく手法の検証はできますね。
 
 
100%勝つことを願ってしまっていませんか?
 
 
ぜひ、勝率を計算して自己分析をしてみてください。
 
確実に何かがひらめきます!
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K