カテゴリー別アーカイブ: 危機回避

株を早く上達させるには…

2017.09.11
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のセミナー会場より、、、

取り急ぎ良かったですねー

北朝鮮の建国記念日!

Xデーなんて言われてましたが
とりあえず何もなく。。。

というか、何もなくて当たり前で

いくら北朝鮮でもわざわざそんな

イベントデーにことを起こす訳がありません。

万引きGメンがバンバンに見張ってる中で

堂々と万引きするようなものですからね。

でもまだまだ緊張は続いています。

9月いっぱいは予断は許されません。。。

一説によると、もうどうしても戦争を起こさないと

いけないところまで話は進んでるなんて情報もあります。

まあとりあえず一杯みたいな感じで…

世の中っていうか、世界はやっぱり

戦争が一番儲かるし、不況から抜けるには

戦争が一番ってことらしいです。。。

今の日本が第二次世界大戦から復興したのも

朝鮮戦争景気がきっかけでしたしね。

そんなわけで、起きるかどうかは

また次の話しとして、我々個人トレーダーは

起きたらどうするかを想定しておかないといけないですね。

まず1つ目の備え、それは、、、

トレードをやらない!

こんな時はやらないっていう選択は

間違いじゃないですが、

そんなこと言ってたらずっとトレードやらないって

ことにもなってしまいます。

だって相場のほとんどは言ってみれば

有事みたいなものですからね。

そして2つ目の備え

空売りなんかを絡めておく!

これは復習になりますが、今の株式投資で

買いオンリーほど危ないものはありません。

あなたがどの程度の経験、実績、腕前が

あるとしても、空売りのスキルと実践は

絶対にしておくべきです。

北朝鮮との間に有事が起きれば、

かなり高い確率で円高、株安になります。

買いポジションは大きな含み損。

空売りポジションを少なからずも持っていれば

買いの損を補ってくれるはずです。

さてこれまで2つの備えを提案しましたが

一番起きやすい問題は…

あれこれ考えてるうちに有事がおきちゃった…??

じゃないでしょうか。

これ私も本当にたくさん経験しました。

台風が来るって知ってても、仕事があって

雨戸を閉めれなかったなんてこともありますよね。

そんなときはどうするか…

これはもう開き直るしかない!

はあ??何それ??って思われるしかない。

でも本当にこれしかないんですよね…

起きてしまったこと、やってしまった損は

今さらどうすることも出来ない。

人生もトレードも一方通行!

前に進むしかないのだ。

有事が起きれは確実に買いはドーンと

大きな損がでます。

それはどうしても仕方ないこと。

何が起きたかではなく、どう対処するかです。

空売りを持ってれば、保険が効いてるので

少し安静を保てるけど、ないとなったら

ここはもう腹をくくるしかない!

だから、、、

株価は必ず大きく下げたあとは反動で少しは戻る!

この原則を思い出してください。

福島原発事故の後の東京電力。

3回ストップ安から寄り付きで少し戻しました。

株価は大きく下げたら、どかで少しは戻る。

この小さなチャンスを捕まえるしかない。

出てしまった大きな損は、次にくるであろう

小さなチャンスで挽回するしかない。

または相場の転換点を捕まえるしかない。

アベノミクス相場はそろそろ終焉を迎えようとしています。

ここからがトレーダーとしての実力を問われる相場です。

私を含めて、起こるかもしれない有事に

一緒に備えておくべきだし、起きたことに嘆くより

次のチャンスを見つめていくべきでしょうね(^^♪

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

個人トレーダーがとるべき唯一の戦略・・・
そこには、恐ろしいほどに
残酷な相場の現実がありました。

プロといわれる存在のみが知り得る
相場の裏側を公開します。
http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_1709/


ド真ん中銘柄の見極め方

2017.09.09
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます
ウルフ村田です。

北朝鮮の建国記念日を迎え、
市場はポジション軽減&様子見ムードですが、

毎年出てくる「テーマ株」を狙いながら
年間で見ればしっかり利が乗るようなトレードを
より強く意識してもらえればと思います。

2017年のテーマ株といえば、
VR・AR関係、人工知能、半導体、防衛関連など、
多くの分野に注目が集まってきましたね。

テーマ株だから飛びつくというのはNGですが、
そのテーマの中で中心となる銘柄さえ間違えなければ
大化け株は確実に出てきますので、
今回はそんな大化け株の特徴をお伝えしていきます。

先ほどテーマ株として挙げた人工知能関連。
確かに注目が集められてきましたが、
インターネットなどで今後有望という情報が
必要以上に飛び交っている典型のように感じます。

そのような影響で
人工知能関連の株価は一気に上がることはあっても、
結局のところ材料は思惑だけなので
すぐに落ちてしまうこともよく見られました。

あくまで、思惑が先行していることを忘れず
思惑に乗せられて高値掴みしてしまった!
ということのないよう注意してくださいね。

万が一、短期急騰した銘柄で
高値づかみしてしまった場合は、
基本的にはロウソク足の実体が
5日線を一回割ったらまずいと思って
逃げていただければと思います^^;

繰り返しになるかもしれませんが、
きちんと上がる株というのは、
思惑や宣言だけでなく、きちんと実体があります。

実体のある銘柄というのは、
事業内容や計画だけでなく、
現在進行形でその内容(テーマ)を実行し、稼働しています。

私はその企業が「事業を実際にちゃんとやっているか」
という視点で、きちんと分析された情報をもって
実体のある強い銘柄を発掘しています。

しかし、ポテンシャルの高さに気づいた投資家たちが
その銘柄をイチ早く買い込んでしまった場合、

本来の時期よりも早く急騰してしまい、
そこからエントリーしてしまうと高値づかみになってしまいますので、
その時はグッとこらえて、安値のところで拾うようにしましょう。

また、現時点でまだ株価が安く、
ポテンシャルが高い銘柄は沢山ありますので、
上がる前に買って値幅をとるためには
日々のチャートの監視が大切になります。

しかし、気になる銘柄はいくつもあるのに、
それらを忘れて1つの銘柄に集中しすぎて、
気づいたときには上がっていた!
なんてご経験はありませんか?

そんなもったいない結末にならないように、
チャートの管理の工夫は出来ているでしょうか?

今日は私のオススメ管理ツールをお伝えしたいと思います。

「ハイパーSBI」というサイト、
既に使われている方もいるかもしれませんが、
1画面に沢山の銘柄を表示させることができます。
何が良いって、監視銘柄のチャートも
一気に表示させられるので、変化に気づきやすいんですね。
直近IPOを一気に監視することも可能です。

無理に買う必要はありませんが、
日々のチャートの監視は初動を捉えるうえで必須になりますので、
是非検索して活用してみて下さいね。

ではでは今日はこれにて。
見通し不透明な中ですが、
来週からも張りきっていきましょう(^^♪

ウルフ村田


転換時の身のこなし方

2017.08.12
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

暑い日々が続く中、
皆さんも暑さに負けずに
頑張ってトレードをされている中かと思いますが、

今週は相場に大きな変化がありましたね!

日経平均をはじめ
新興株の主戦場である
マザーズ指数も大きく下落。

苦戦を強いられている方も
いらっしゃる中かと思います。

世の中には個人投資家と、
まとまった資金を持った
大口投資家とが存在しますが、

大口投資家が戦っている銘柄を
一気に売り出したら
チャートも一気に売り方向に崩れます。

その場合、売りの力と買いの力、

どちらの力が強いかって言うと

圧倒的に売りの力です。

暴落の危険性は先週の
ブログ記事でも取り上げましたが、

その直前まで個別株は絶好調で、
まだまだ行けるぞ!となっていのたですが、

全体の地合いが下がった途端に
急にそのトレンドや事情が変わることもあります。

その時に頼りになるのが、
「自分で売る判断」です。

特定の情報や
自分の相場観にしがみついてばかりだと、
最悪のケースは強制ロスカット。
つまり、強制決済になってしまいます。

当たり前ですが、
特に大口投資家は組織でやっているので

一旦ロスカットでポジション崩して売ってから

またそのポジションで買うしかない。

一旦大きく下がりだすと
行くところまで行ってしまいます、、、

もちろん、一回落ちてから上がったりする
銘柄もありますので、冷静にチャートを見て、
テクニカル指標も使いながら

「あ!ここが天井で崩れてきたんだなと、」

自分で判断して、

テクニカルを見てダメだと思ったら

一旦利確・ロスカットしてください。

特に相場が大きく転換したときは要注意です。

私もマザーズ指数や全体観を日々確認して、

これどういう状況なんだろう?

って考えています。

私も短期集中のタイプですが、

相場に関しては全体を見て判断することが一番と、

強い自負心があるので

これからも状況に応じて発信できればと思います!

お盆休みの方もいるかと思いますが、

暑さに負けず、がんばりましょう(^^)/

ウルフ村田


トータルで勝っている方の共通の口癖とは?

2017.07.04
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

 
おはようございます。Mr.Kです。
 
先日、私の人生観をまとめた5つの音声をお送りしましたが、
 
「イメージと違って親しみい声と内容だった!」
 
という声をいただき、なるほどなと思いました。
 
画像が黒塗りで真面目なことばかりを書いていますので、
 
声は低めで厳しそうというような印象を与えてしまっていたのかもしれませんね。
 
先日のセミナーも、急な募集にも関わらず、
 
東京や神奈川はもちろん、福島、宮城、三重、京都、兵庫、宮崎、など
 
かなり遠方からも多くの方が駆け付けてくださり大変うれしかったです。
 
お会いできた皆様、ありがとうございました。
 
  
さて、このブログを通して募集したセミナーもお陰様で10回を数えました。
 
100人を有に超える参加者の皆さんにお会いして、
 
セミナー後の懇親会で直接お話しを聞くと、
 
9割の方は、なかなか勝てずに困っていることがわかりました。
 
しかし、自分流でトータルで勝っているという方が1割くらいはいらっしゃるんです。
 
利益率を上げたいということでセミナーにお越しになるのですが、
 
懇親会で話すうちに、勝っている人の共通の口癖が浮かび上がってきました。
 
その口癖とは、、、
 
 
「◯◯がこうなって、△△がこうなっている銘柄を選んでエントリーするんですよ、
 
そうすると、7~8割くらいの確率で勝てるんです。
 
まあ、トータルで言うと、年利で□□%くらいなんですけどね」

 
 
というものです。
 
この、◯◯、△△、□□は人によってもちろん違うのですが、
 

    言い方はほとんど同じ。

 
これ、大数の法則が使えている証拠ですね。
 
前回も、前々回も、そのまた前回も、そして当然、今回も、
 
同じ条件でエントリーをし続けて、勝率がわかっているということです。
 
 
あなたのトレードはいかがでしょうか?
 
 
毎回、エントリーの条件が変わったりしていませんか?
 
数回うまくいかないと、すぐにエントリーの条件を変えていませんか?
 
自分の手法の勝率を、しっかりと数字で話せますか?
 
 
トレードは、投資の一種なんです。
 
投資というのは、各回の勝率がどうしても100%にならないものです。
 
100%にならない勝負を繰り返して、トータルでほぼ100%に近い勝率で勝つ勝負、
 
それが投資だと、私は思っています。
 
 
なかなか勝てない場合は、まずはトレードの履歴をノートにつけるようにしましょう。
 
少なくとも10~20回は同じ条件でエントリーをしてみて、勝率を数字で算出しましょう。
 

    きちんと数字で把握する

ということが非常に重要です。
 
この思考を持っていれば、別に、実弾でやる必要もありません。
 
過去のチャートを見たり、リアルタイムのチャートで

仮想エントリーをしてみたりしても同じく手法の検証はできますね。
 
 
100%勝つことを願ってしまっていませんか?
 
 
ぜひ、勝率を計算して自己分析をしてみてください。
 
確実に何かがひらめきます!
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


結局、何を信じてる?

2017.07.01
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
心斎橋のプライベートラウンジより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

先週はスクールの授業を開催し
様々な方とお話しさせて頂き、

地合いが良かったこともあり、
利益報告や感謝のコメントを沢山頂きました。

もちろんまだまだ勝てない!
という方もいらっしゃいましたが、

しっかり声を上げて下さり、
そのフォローを生徒さんがしてくれるという、
とてもいい雰囲気ができています(^-^

更に、このブログ記事を見て、
株で利益が出てスクールへの入校を
決めて下さった方がいらっしゃいました。

もともと儲かったお金で
さらに学びに再投資するという、
理想的な流れかと思います^ ^

もちろん、今まではかなり
地合いが良い状況だったかと思いますが、
初心者の方は特に注意か必要です。

とくに興奮して引っ掛かりやすいのが、
【目標株価】

目標株価の多くは、なかなかその通りに行きません。

思惑で上がり、いざそのネタとなる
イベントが出る頃には下がるというのが、日常茶飯事です。

目標株価1000円って言ってたのに、
800円を超えたら下がってきて、、

なんでーー?!!
という質問をよく頂くのてすが

目標は、あくまで目標。

株価上昇の期待は持てるけれど、
不測の事態はあることを考慮した上で、

まず盲信しないことが大事です。

逆に、あくまで聞いた話ではありますが、

下げますといって
自分たちで安いところを買っている
可能性もありますよね。

だから、巷に出てくる目標や方針を
活用するのは結構ですが、100%ではないことを
念頭に入れていただければと思います。

特に初心者には綺麗に上がっていくチャートが
分かりやすいと思います。

今日は7月1日の土曜日。

先月のトレードの振り返りを
されている方も多いかと思います。

過去の大相場のチャートを見て、
自分ならここで入った方が良かったとか、

なぜ、ここでエントリーした?という
根拠の振り返りもしてみましょう(^^

それでは、よい週末を♪

ウルフ村田


【必読】プロになるために~プロとアマの違い~

2017.04.25
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

あなたは、トレードを仕事のつもりでやっていますか?
それとも、遊びとしてやっていますか?

あなたの夢の実現に、トレードは必要ですか?
それとも、特に必要ありませんか?

私はいつも、前者の方、つまり、
プロになりたい方に向けて
ブログを書いています。

前回と前々回のブログは大反響でした。

エントリーと同時にチャートが逆行する理由
ボラティリティの大きなときの戦略

まだ読んでいない方はぜひチェックしてください。
トレードの実践に直結する内容になっています。

さて、

世間では、今週もニュースが注目され
“大荒れ”と騒がれていますが

先週のブログを踏まえて言うならば、
荒れてから荒れると言っても遅いし、
暴落してから暴落すると言っても遅いです。

一足先に、そうなることを予見して、
戦略を練って万全の状態で、
そのときを迎えなければいけません。

そう、トレードでプロになりたいなら、
「予兆」を捉えられるようになることが必要です。

しかし、それはプロになる
必要条件の“半分”です。

エントリーとエグジットが完璧でも、
安定して勝つことはできない、と
あなたは、気づいていますか?

むしろ、プロとアマの違いは
“もう半分”の方にあるのかもしれません。

その“もう半分”とは・・・

・・・

『ロットコントトール』です。

言い方を変えると、
資金管理術です。

資金管理と言うとわかりずらいので、
ロットコントロール、もしくは、
投資資金量の調整」と言います。

あなたは、毎回のエントリーで
投資する資金量を計算していますか?

おそらく、90%以上の方が
「NO」だと思います。

なぜ、こんなにも投資資金量の話がされないのか?

せいぜい、ドルコスト平均法が
たまに話題に上がる程度という状況です。

ちなみに、テクニカル分析をしている人には、
ドルコスト平均法は当てはまりません。

そんなことも知られていない。

しかし、信じられないかもしれませんが、

エントリーとエグジットの位置が
まったく同じままでも、
投資する資金量を適切に調整するだけで、

・トータルのマイナスが大幅に縮小したり
・トータルのプラスが大幅に拡大したり
・トータルマイナスがトータルプラスになったり

そんなことが起きてしまいます。

前々回のブログで、

『ボラティリティが高くなるので、
投資資金量を4分の1にして、
ロスカット幅を4倍離しましょう』

とアドバイスを書きましたが、

これが、まさに“資金量の調整”です。

本来は、このような調整を、
そのときの状況や投資時に合わせて
柔軟に、もっと緻密にできなければなりません。

エントリーやエグジットの条件は、
手法や先生によって本当に様々です。

デイトレなのかスイングなのか、
または、株なのかFXなのかBOなのか、
それによって条件が変わります。

しかし、

資金量調整の考え方は、
手法によりません。

つまり、一度しっかり理解すれば、
この先どんな手法や相場にチャレンジしようと
永続的に使用できる一生モノのスキルなのです。

ですから、

プロになりたい人は、
今採用している手法の如何に関わらず、
資金量調整の考え方を学んでください。

資金量の調整だけでは
もちろん勝つには不十分ですが、
資金量の調整ができれば
どんな手法を使っている人も
相当有利になることは間違いありません。

 

「今、自分の資金の何割を懸けて勝負すべきか?」

「その割合の理由はなんですか?」

「ハイリスク・ハイリターンの勝負をするときは、
資金量を増やすべき?減らすべき?」

「ロスカット幅を広げるときは、
資金量を増やすべき?減らすべき?
具体的に何割にすべき?その理由は?」

 

これらの質問に自信を持って答えられるようになれば、
今、採用している手法の真価が発揮されます。

“大荒れ”と表現される相場の今だからこそ、
ギャンブルのような勝負に出るのではなく、
着実な技術習得をしてください。

そうすれば、

次回の“大荒れ”相場は、
あなたにとっては“ドル箱”相場になります。

大きく相場が動くときというのは、
負ける人の負けるスピードが速くなり
勝つ人の勝つスピードが速くなるだけです。

『資金量調整の考え方』が、
まだはっきりと確立されていない人は、
この機会に学んでみてください。
http://j-i-s.info/j-i-s/assetallocation/

一人でも多くの方がこの相場を乗り切り、
トレードを始めた目的を達成されますように。

これまで見えていなかった活路が
きっと見えてくるはずです。

GOOD TRADE!!

Mr.K