カテゴリー別アーカイブ: 危機回避

トレードにも悪影響!心の風邪の治し方

2017.02.03
koushi_yoko01

from:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

たまにこんな事はありませんか?

「人生最悪の日」ぐらい
不幸が重なってしまったり。

もしくは、ミスをしたり
人から誹謗中傷されたり
痛めつけられたりと散々で。
ぐったりしてしまう日。

生きていれば、誰しも何度かは
経験しますよね。

今日は、そんな日の攻略法を
お伝えしようと思います。

なぜ、今日のブログはそんな話題かと
言いますと。
私の今日がそんな日だったからです(笑)

では一から解説しますね(^^♪

まずは、一度家にこもって
とことんまで自分をさげすむ、
もしくは不幸に浸る事が必要です。

ガッツリ自分を哀れんでみることも
アリです。

「なんて自分は不幸なんだ!」状態です。

しかし、そんな最悪の状態の時に
人様に迷惑をかけてはいけません。

大人ですから自分で管理するのです。

「引きこもりグッズ」と称して
凹んだ日用のグッズを
自分なりに持っておく事も必要です。

たとえではありますが。

私の引きこもりグッズは

「最高に悲しい映画」
もしくは
「ゾンビ映画」「アメコミ」
シリーズなどのDVD

恐ろしく身体に悪い
普段は食べないジャンクフード(笑)

と、ふわふわで着心地が良い部屋着。

この3点セットでしょうか。

これで、家にこもる訳ですが。

あくまでも時間限定でこもります。
1日、もしくは半日限定です。

限定で引きこもってさんざん
自分を哀れんだ後。
もしくは甘やかした後は。

今度は「回復期」に突入します。

今度用意するものは。
紙とペンです。

自分だけが知っている
自分の良い部分を1から10まで
もっとあったら、細かい部分まで
書いてみましょう。

書いている内に、自分に自信が生まれ
「もっと頑張ろう!!」
という気持ちになります。

そこからは、前に進むのみ!!
なのですが。

引きこもりと回復期は
中途半端だけはいけません。

ガッツリ凹み、ガッツリ回復!!
なんですよ~♪
回復した後は、明るい日中に
外に出て散歩です。

良い天気の中を出歩くと。
これからも頑張るぞ~!!
と意欲がわいて来ますよ♪

人生ながーく生きておりますと。
色んな事が起きますね。

トレードだけでなく、
人生イロイロあるのですね。

その岐路に、
しっかり調整作業をしないと、
本当に病気になってしまいます。

なぜかって。
心と身体は密接に
繋がっているからなんですね。

だからこそ、
一旦こもったり、自分を見直す事も
必要になってくるんです。

ちなみに、
今日のDVDはゾンビ映画ではなく。
悲しい映画をセレクト♪

既に回復期も終わり、
パワー全開です(^_^)v

メンタルが弱っていると。
トレードにも、かなり影響します。

良いトレードもできませんし、
売買の決断もできません。

だからこそ。
心が風邪を引いたら。
しっかりとケアしてあげましょうね♪

早く回復して。
より良い生活。
より良いトレードにも
生かしてくださいませ(*^_^*)

高橋陽子


<本日のおすすめ>
資金を安定的に増やすために
あなたはどんな戦略を取っていますか?

堅実なやり方でありながら
毎年50%以上の利益が狙える
投資法をご案内いたします。

興味のある方はこちらをクリック

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170205/


株の大暴落を予測するには…

2016.12.05
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

1929年、
アイルランド系移民から
一代で巨万の富を手にした
ジョセフ・ケネディという人がいます。

あるときウォール街で
少年に靴磨きをさせていました。
するとその少年が
ケネディにこう言ったそうです。

「だんな、これからは
どの株が上がりますかね?」

そういわれたケネディは
慌ててオフィスに戻り、
持っている株をすべて売りに出しました。
もうすぐ大暴落があるぞと直感したのです!

周囲の人々は
まだまだ上がるのにもったいない…
といいましたが、
ケネディの予測通りの結果となりました。

その年の10月に「
暗黒の木曜日事件」が起きて
株が大暴落したのです。

多くの投資家たちが損をしましたが、
大暴落の前にすべてを処分していた
ケネディは、その後も相変わらず
大富豪のままでいられたそうです。

これはけっこう有名なストーリーですが、

株式投資で長く生き続けるには…
または今ある利益を確保するには…

何気ない日常からも危険を事前に
察知する能力は必要なようですね。

ケネディは、靴磨きの少年でも、
株に興味を持っていたことで
普段は株の話しなんかしない人たちも
今株を買ってきていることから、
今が天井圏であると察知したんです。

我々にとっても大暴落は恐いものですよね。
(空売りの場合は別ですが…)

できれば避けて通りたい。

ならばケネディのように、
靴磨きにいけばいいかというと
それも面倒くさい。

ということで、
もうちょっといい方法があるので
ご紹介します。

私が大暴落の危険察知にやってることが
あるんですが、大暴落の予測方法は

コンビニにあります!

コンビニに行ったら、
雑誌コーナーに行ってください。
なんでもいいけど、
芸能大衆紙の表紙を見てみましょう。

表紙に株の見出しが出ていたら
要注意です!!

日ごろは株のことなんか
一切載らない芸能大衆紙に、
株の話が載っていたら
天井圏である可能性が高い!

ましてや、
「元閣僚幹部が語るここだけの暴騰銘柄」
なんて書いてあったら、
かなりやばいかもしれません…

日経平均もトランプ相場で
ずいぶんと上昇しています。
NYダウも過去最高値を更新中です。

山高ければ谷深し。

上がったものはいつかは下がります。

突然の大暴落に巻き込まれないためには
何気ない日常の中にも
アンテナを張っておきましょう(^^♪
 

藤井百七郎

<本日のおすすめ>

ここでお伝えすることは決して
小手先の投資手法ではありません。

ほとんどの個人投資家が知らない

相場のプロとともいえる存在が
残酷すぎる現実を暴露します。

http://j-i-s-sl.info/okuribito/nikkei225_161215/


思わぬ落とし穴

2016.10.23
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

先日のことですが、お友達から
あるお誘いを受けました。

お洋服を格安でオーダーできる
サロンがあるので一緒に
行きましょう!!
というもの。

素敵なお誘いにすぐに即断し
行ってきました♪

恵比寿のマンションの一室での
隠れ家サロンです。

そこにはワンピース、スーツ、コートに、
と色んな種類のお洋服が並べてあり、
もうテンションMAX^^

100着以上あるであろう見本から
いいな。
と思うものを数着選び。

そこから、気に入った生地を選び、採寸し
襟ぐりの形や袖の長さなど、
細かに指示をして、好きなデザインに
カスタマイズしてくれます。

まずは何を買おうか?
から始まり、細かな指示まで
自分で決めるので、かなりの決断力が必要です。

サロンの方から「集中していらっしゃったので
声がかけられませんでした。」と言われるぐらい、
集中しちゃってました^_^;

銘柄を選ぶのと同じぐらい
集中力を使ったかな。と思います(汗)

オーダーメイドは経験済みですが、
ここまで細かく指示したのは初めて。

結局、合計5着をオーダー。
(とは言え、びっくり価格の
 格安のお値段です)

でも、この洋服選びで
かなり疲れてしまい。
この日は、トレードはお休み。。。
しちゃったんですねぇー。

そうなんです!

その日に使う「決断力」と「集中力」を
洋服に使ってしまったんですね^_^;

ここで言いたいことは1つです!

1日の「決断力」や「集中力」には
限界があるということ。

つまり、トレードで利益を上げたい!!
と思っているのならば、日常ではあまり
「決断力」や「集中力」は使わず、
余力を残す。

という「決断」が必要なんですね~。

思わぬ落とし穴があった洋服選び。
皆さんはいかがですか?

「決断力」「集中力」の
余力を残して過ごしていますか?

トレードにはお金がかかっています。
自分のお金を使って、
お金を増やす作業です。

その為にも、「決断力」「集中力」を
常に最善に使えるように!!
していきましょうね(*^_^*)

 
 
高橋陽子

<編集部のおすすめ>
投資をしていると、
たくさんの勉強が必要です。

テクニカル、ファンダ、
見ていけばきりがありません。

でも勉強なしで
勝ち組投資家になれる方法が
あるのです。

その唯一の方法とは?!

気になる方はこちらをクリック

http://j-i-s-sl.info/okumura/seminar_161027/
 ※残席あとわずか


もしも負のスパイラルに陥ったら・・・脱出のコツ

2016.07.01
takahashi-profile

From:高橋陽子
東京への新幹線車中より、、、

先日デパートに行った時ですが、
一番目立つところに
色とりどりの傘や雨用の
ブーツが陳列されていました。

梅雨まっさかりですから
少しでも気分を明るくする
小物がいっぱい♪

見ていると
ウキウキしますね^^

とはいえ、、、
私は傘にお金をかけることは
ありません。

お恥ずかしいけれど、
よく使う傘は「ビニール傘」、、、

そもそも、
少しの雨では傘を
ささない習慣があるのです。

まあ、少し濡れてもいいっか。的な、
超、ズボラな考え方なのですが…

その内に、大雨になったりして
コンビニに駆け込んでビニール傘を
購入する事が多く。

で、結局ビニール傘オンリーの
生活になってしまったのですね(汗)

最近、ちょっとお洒落な
ビニール傘も増えてきて、
花柄とか、何種類か購入(^^♪

でも、やっぱり小雨なら、
そのまま傘を持っていかずに、
結局ビニール傘を購入してしまうという
スパイラルから抜け出せません。

はっきり言って、「負のスパイラル」
なんですよね^^;

この負のスパイラル
株でも言えます。

一度、マイナスゾーンの
スパイラルに入ってしまうと。

なかなか勝てない…
「自分には株の才能はやっぱりないのかなー」
なんて考えちゃう訳です。

まあ、私もそんな考えに
囚われてしまうことが
過去にいっぱいありました(汗)

その負のスパイラルの抜け出す方法として、、、

・少額でも良いので勝ちグセをつける。
・それを続けていく。

地味な作業ですが、これが一番なんです^^

勝ちグセをつけることにより、
気持ちも前向きになっていきます。

また、頑張ろう!!
ってなるんですね^^

どんなにマイナスになっても。
大復活を遂げる!!

そんな強い人になってくださいね(^^♪

高橋陽子

PS.
私のデイトレスクールの体験セミナーを開催します。
人数限定なので、お早めにチェックしてくださいね。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar160713/


一発屋のファンにはなるな

2016.06.12
takahashi-profile

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

名古屋から、都内の自宅に
戻ってまいりました。

自宅周辺はオフィスビルが多く
お昼になると、これでもか!!と
ばかりにランチ休憩の人々で道が溢れます。

ランチをやっている
お店は皆長蛇の列、、、

スーツの方や制服の方で
溢れかえってしまう訳です。

そうなると、ランチ難民が
出そうなぐらい大盛況。

だから、そーんなに美味しくないなぁ・・・
というお店でも、結構繁盛してしまいます。

需給の問題でしょうか?
あまり頑張らなくても儲かっちゃうんですね。

それってどうよ?
と思う訳ですが、圧倒的にシェアが
あるのだから仕方がありません。

でも、なんだか納得がいかない
タカハシです^_^;

株式市場にもシェアがありますね。
たとえば、今年の前半はマザーズが
圧倒的なシェアを誇り。

なんだか分からない銘柄さえも、
2倍、3倍まで買われるような
状況になりました。

資金が大量に
流れ込んだ状況です。

ただし、
なんだか分からない銘柄は、
手出し厳禁なんですね。

つまり、
急にランキングに登場!
みたいな銘柄です。

ものすごい勢いで上昇するものですから、
皆、飛び乗ってしまうんです。
ついつい買っちゃう。

でも、1日でブレイク終了~。
または2~3日でブレイク終了。
あとは泣かず飛ばずの状態で。

買った所が高値圏で、
後は急落して終了なんですね。

そうなったら売るに
売れませんから、本当に怖い。
手出し厳禁なのです。

もし、買ったとしても、
持ち越しなしぐらいが良いでしょうね。

例えて言うなら、
歌手やお笑いの方の
「1発屋」みたいなものです。

その後の復活はむずかしいんですね。
圧倒的なシェアを誇ったマザーズも、
最近は微妙です。

とは言え、これからも1発屋は出てきます。
決してファンにはならず、見てるだけにしましょう。

今はどの市場が盛況かを見極めて。
トレードする事は大事です。

また、1発屋に惑わされないように
注意してトレードしましょうね(^^♪

高橋陽子


福島第一原発がメルトダウンしたあの日に・・・

2016.03.15
fujii-profile

From:藤井百七郎
自宅のトレードルームより、、、

5年前の東北大震災から4日後の
3月15日、福島原発のメルトダウンが報じられた。

あの日、株式市場も大変な混乱を起こし、
私の持っていた銘柄も大変なことになった。
あの日に私がとった行動を振り返ってみたい。

5年前の3月15日は今年と同じ火曜日だった。
当時は隔週で経済番組の「ストックボイス」に
相場のお昼休憩時間に15分の枠をもらっていた。

時間はお昼の11:15〜11:30まで。
2011年当時は今と違って、11:00〜12:30は
相場は取引されていなかった。

無事に放送を終えて、東京証券取引所の通りの
反対側のストックボイスの事務所に戻った。
何気なく見ていたテレビ画面の上にテロップが流れた。

「福島原発、炉心溶融。放射能漏れの恐れ」
一瞬、何の事だか分らなかった…

炉心溶融、つまりメルトダウンだ。
あまり聞きなれない言葉ですが、
それは当たり前で日本では起きたことがない。

私の場合、アメリカのテレビドラマ『24』の
確かシーズン4の事件が確かメルトダウンで、
言葉くらいは知っていましたが、実際に
起きるなんて少しも思っていなかった。

そして、その事件が実際に起きた。
(これな大変に事態になったぞ・・・)
よくわからないなりに、そんな風に思った。

まず、何はさておき、名古屋に帰らなきゃいけない。
多くの人が関東圏から西に移動するはずだ。

のんびりしていたら、ずっと名古屋に
帰れないかもしれない。真っ先にとったのは、
帰りの新幹線の予約だ。

スマホからすぐ間に合う新幹線を予約し、
それから、午後から予定していた会議を
キャンセルしてもらった。

(とにも、かくにも関東からでなければ・・・)
意味もなくそんな危機感に襲われていた。

もうひとつ、不安なことがあった。
それは、私の持っている玉のことだ。

当時は今みたいに、両建てのスタイルを
基本にはやっていなかった。

チャートの形のいいものを選んで
優先的に仕込んでいたので、
あの日は買いを1銘柄だけもっていた。

8303新生銀行だった。

確か、103円で10000株くらいだったと思う。
移動平均線との関係性も良く、高値安値も
きれいに切り上げていて、きれいなチャートをしていた。

あの事件が起きるまでは、だいたい
買い値とトントンくらいで推移していた。

そして、メルトダウンが起きた・・・
テロップが流れたのはお昼休憩中。
もちろん、ロスカットもできない。

現物が休憩中でも、日経平均先物は取引されていた。
どうなっているかと見てみるとすごいことになっていた・・・

まるでスロットマシーンのように
板が動いて、すごい勢いで売られているのだ!

そして、ストップ安をつけて、カラカラッ〜と
最後に板が空回りしたかのようになって、止まった。

サーキットブレーカーだ。
異常な売買を鎮めるために
いったん取引を停止するのだ。

リーマンショックのときに個別株で
何度か見たが、先物が取引停止になるは
後にも先にもあの時だ。

12:30後場の取引がスタートした。

私の持っていた8303新生銀行は、
当然のごとく、圧倒的な売り板に押され
特別売り気配で値がつかない。

気配値はどんどん切り下がっていく。

100円…95円…92円…
(いったい俺はどれくらい損をするんだろう…)

変な汗が頭皮から吹き出てくる…
取引開始からずいぶんと時間がたって値がついた。

90円だ。

こうなったら、ナンピンしかない!

90円で10000株買った。

ところが、マーケットは
売りが売りを呼んでいる状態。

株価はさらに、さらに下がっていく。
目の前で起きている状況、スピードの速さに
頭と判断が追いついていかない(汗)

どうすることもできず、
ただじっと見守っているだけだった。

その後、予約した新幹線の時間が迫ってきていたので
動転して焦る気持ちとパソコンをバッグに詰め込んで、
あいさつもそこそこにストックボイスの事務所をでた。

14時台の新幹線に乗った。いつもなら空いている時間帯だが、
この日は満席だったのを覚えている。席に座ってから、すぐに
パソコンをとりだした。

相場と新生銀行がどうなっているのか知りたかったからだ。
新幹線の中にもWi-fiはあるが、非常に遅い。
原始時代レベルに遅いのだ。なかなか、立ち上がらない…

いらだちが先走る。
やっとソフトが立ちあがった。

日経平均も一時的な
パニック売りから正常を取り戻しつつあった。

新生銀行も84円の安値から
少しずつながら値を戻していた。

(明日には値を戻すはずだ!)
それにかけるしかなかった…

電波の悪い中、注文ソフトも立ち上げた。
やっぱり時間がかかった。取引終了まで
あと少ししか時間がない。いらだちから
パソコンの角っこをコンコンコンと突っつく。

やっと立ち上がった。
取引終了2分前だ。。。(汗)

引けにかけて、新生銀行も
スピードを上げて値を戻している。

(頼む!俺にももう少し買わせてくれ!)
引け間際にいくらだったか忘れたが20000株買った。
あとは明日に祈るしかなかった。

翌日、新生銀行は寄付きから元の正常な
動きを取り戻し、もっていた40000株の
平均取得単価まですぐに来てくれた。

そのまま持っていてもよかったのだろうが、
とりあえず気持ちをリセットしたかったので、
同値で逃げた。

とんでもないマイナスから、
プラマイゼロで逃げれたのだ。

全身に安堵感が広がっていくのがわかった。
体の緊張と力がスーっ抜けていった。

結果的にも持っていれば、けっこうな利益になったが、
昨日からの緊張から少しでも早く解き放たれたかったのだ。

こうして、私のトレード史上、
最大のドタバタ劇は終わった。

よい経験にはなったが、できれば
あんな経験は二度としたくないものだ。

まあ、この先、どんなことが
起きるかなんて誰にもわからないしね。

この先起きた時は、あの経験が
活かされて、経験しておいてよかったと
思える日が来るのかもしれない。

つくずくと、トレーダーの成長要素は
経験だと、毎年3月15日になると思ってしまう。

藤井百七郎