カテゴリー別アーカイブ: 考え方

危険なパニック状態になっていませんか?

2017.09.15
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

昨日のことです。

あれ?
なんとなく胃が痛いかも?
から始まり。

段々と、胃痛が強烈になり、
腹痛と下痢も併発し。

段々と熱も出てきました。
あと、ちょっとで38度です(汗)

とは言え。

少し横になっていれば治るだろう。
と、高をくくっていた時のことです。

皆さんもニュースで聞いたと思います。

前橋市で起きたポテトサラダを食べて
O-157に感染し、女の子が亡くなった
ニュースです。

痛みと戦っている最中に、そのニュース。

高をくくっていたはずが。

・もっと熱が高くなったら私も危ないかも?

・明日になっても治らないようなら
 病院に行こうと思っていたけど、
 救急車を呼ぶか、タクシーで救急病院?

など、一瞬で「パニックモード」に
意識が変わっていったのです。

冷静に自分の症状を判断していたはずが
すっかりパニックです。

これって、株にも言えることではないでしょうか?

たとえば、「北朝鮮は必ず戦争を仕掛ける」
なんてことを。

いかにも偉そうな専門家とやらが、出てきて
ニュースでしゃべるのです。

専門家が言うのなら、そうに違いない。

と、パニックになり、保有株を売りまくる。

なんて事になっていませんか?

もしくはそんな気分になっていませんか?

昨日の私と同じ現象です。

完全にパニックモードです。

ニュースや専門家には要注意です。
冷静な判断を鈍らせます。

必要なことは、自身で現状を把握し。
パニックにならず、適切な判断を下すこと。

本当に戦争になるならば。

韓国への渡航を止めるように外務省から勧告も出ます。
韓国の米軍撤退などもあるはず。

そういった自分でも出来うる判断を
冷静に行うことです。

パニックは正常は判断を鈍らせます。

あくまでも冷静に。
そして、最適な判断を下していきましょうね(^^♪

高橋陽子

<編集部のおすすめ>
トレードに不安や悩みはありませんか?

このセミナーでは、
これまで100名ほどの方が個別相談をしてきましたが、
多くの人が的外れな悩みを打ち明けます…。

もしかしたら、あなたの悩みも同様かも。

自分では分からない、
「絶望的な弱点」を知りたいという方は
是非このセミナーにご参加ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170926/


【科学】資金を分散する意味とは?

2017.09.12
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日はかなり実用的な話をします。

すぐに使える概念なので、しっかりと読むことをおすすめします。

あなたは、投資する資金をしっかりと分散させていますか?

エントリーするときに、いきなり資産の半分とか投下したりしていませんか?

「いや、、資金が少ないので仕方なく、、、」

「ここから大きく動いたら機会損失になると思って、、、」

と色々な声が聞こえてきますね。

最近、私は行動心理学を以前よりさらに力を入れて勉強しているのですが、

人というのは、

・一発逆転
・起死回生
・V字回復

といったものに予想以上に価値を感じるということがわかりました。

プラスがさらにプラスより、
マイナスからの逆転でのプラスの方に感動する。

様々な事例を見て、あるいは、自分自身の経験を思い返して、

深くそう納得しました。

面白いことに、本質的に人間は、プラスよりもマイナスのほうが好きなのですね。

マイナスがあってはじめてドラマがある。

きっとあなたもそう感じてしまうことと思います。

しかし、トレードにおいては、それでは困りますね。

そこで、本心や欲望と逆行することは承知のうえで、

分散投資をオススメします。

今日は、その方法について、少しだけ紹介します。

・・・

まず、分散投資というのは、

あなたの投資資金をいくつかの投資対象、投資機会に分けて投資する

ということを言っています。

投資をする以上、誰だって、自分が投資する対象に8~9割の確信を持って投資します。

そうなると、本当は300万円投資できるのに、30万円しか投資するな!

と言われると、

「なんでだ!もしもこの投資が当たったら、俺の利益が10分の1になっちゃうんだぞ!」

と怒りたくなると思います。

人間は、機会損失を嫌う生き物ですから、

8~9割確信している機会をみすみす逃すということが耐えられれないのです。

さらには、大きな投資に踏み切ってリスクを取ることそのものが快感になります。

 

しかし、、、

8~9割当たるという確信そのものがそもそも間違いだとしたらどうでしょうか?

ここで、ランダムウォーク理論という理論を紹介します。

あなたは、ファンダメンタルズ分析にせよ、テクニカル分析にせよ、

しっかりと綿密に分析すれば、それなりに確度の高い予測が可能である

と信じていませんか?

日本人は特に、学校教育において「正解のある問題」を解く習慣がありますから、

・時間さえあれば
・知識さえあれば
・経験さえ積めば

かなり高い精度での未来予測ができると思っている人が多いです。

しかし、、、

ここからは意見が分かれるのですが、

実際のチャートというのは、

【ランダムな動き】と【意味のある動き】が混じっているものなのです。

例えば、ここ数日下落トレンドだな~と思っていたとして、

それはランダムな動きが重なった結果である可能性が結構あります。

つまり、下落「トレンド」というのは見かけ上のトレンドに「見える」だけ

であって、実はトレンドなどないフェーズである、

という可能性が結構ある、ということです。

 

他の側面から見ると、例えば、

あなたが過去2週間の合計約5回のスイングトレードで

勝率80%だったとしましょう。

5回の80%なので4回買って1回負けたということです。

一見、すごい実力が身についたように感じますね。

しかし、勝率が50%の実力だったとして、

5回中4回勝つ確率は、15.6%です。

決して大きくないですが、十分にあり得る数字です。

つまり、勝率が8割になったというのは、単なる思い込みにすぎないかもしれず、

実際は勝率50%で偶然が重なって5回中4回も勝ったかもしれないということです。

もしも単なる偶然だったとしたら、、、

この実績に自信を持って投資金額を増やしたら、、、悲惨な結果になりそうでうね。

同じように、

10回中8回勝つ確率は、4.4%
20回中16回勝つ確率は、0.5%

となります。

20回投資して16回勝ったとなると、さすがに偶然ではない可能性が高くなってきますね。

しかし、それでも、勝率が8割である保証にはなりません。

実際は勝率が65%程度である可能性が十分にあるのです。

このように、トレードの難しくかつ奥深いところは、

多少の実績は保証にならないという点です。

 

少し脱線しました。

話を戻すと、チャートの動きでトレンドがあるように見えても気のせいかもしれないし、

自分の理論が当てはまっていると感じはじめても、気のせいかもしれない、、、

ということです。

であれば、短期間の実績や過去チャートを元に大きなリスクを取ることは危険です。

そこで、より確実かつ着実に利益を積み重ねる方法として、
分散投資という概念を理解し利用すべきとオススメいたします。

 

目の前の投資機会に自信があって、全財産を一気に突っ込みたくなる気持ちはわかります。

ですが、もしもあなたの実力が本物なのだとしたら、

焦らなくても5回に分散してエントリーをしたとしても、

投資回数は増えて、その分時間はかかるかもしれませんが、

あなたの資産は着実に増えていきます。

それだけではありません。

もしも、あなたの実力があなたの妄想であった場合には、

資産が減る速度を大幅に削減してくれます。

多少、不運が重なったくらいでは資産は大きく減りません。

5回に分散投資しているということは、一極集中投資をしている場合に比べて、

5倍の不運が重ならない限り、あなたの資産は防衛されるのです。

 

私たちの生きている世界は、確率という摂理に支配されています。

あなたの勝敗は、常に、実力の要素と運の要素が含まれているのです。

ですから、

勝ったからといって100%自分の実力のお陰と思うのは思い上がりで、

偶然に感謝するくらいの謙虚さがあって妥当だし、

負けたからといって100%自分の実力のなさと憂(うれ)うのは、

落ち込み過ぎというもので、運が悪かったということもあるわけです。

このことを深く深く理解し、

資産を分散投資するということを真に譜に落とした人だけが、

超長期にわかって勝ち続けることができると思っています。

 

収集がつかなくなってきたので結論としますが、

確率論としては、5~7回にあなたの資産を分けて投資すると、

あなたの実力どおりの結果が得られます。

ぜひ、この資産分散、資産管理ということに興味をもってください。

このところ、日経平均株価も為替も難しい局面を迎えていますが、

こういうときほど、分散投資です。

ロットを減らして長く持つ。

エントリーとエグジットを分散する。

ぜひ、やってみてください。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<※お詫び JIS事務局より>
講師より予告させていただいた
資金管理のセミナーですが、
10月に予定を変更させて頂きました。

投資対象も投資時期も同じなのになぜ、
一部の個人投資家だけしか
最後は勝つことができないのか?

じっくりと準備していますので
お楽しみにお待ちください!


言葉の力を信じていこう!

2017.09.08
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

皆さんは「言葉」を選んで
しゃべっていますか?

ちょっと不機嫌な時に
声をかけられ、ちょっとした
イヤミを言ってしまったり。

思ってもいないことを言い
相手を困らせてしまったり。

もしくは。
腹が立ちすぎて、「無言」という
メッセージを送ったり。

そんな事をしていないでしょうか?

なぜ、こんな事を言うかと言いますと。

言葉にはそのものズバリ、メッセージを
送るという意思表示もありますが。

それよりも。

言葉として出したメッセージが
自分に返ってくる。

ということがあるからです。

つまり、悪いメッセージを発信し続ければ
自分に返ってくる。
という事ですね。

とっても恐ろしいことです(汗)

逆に、素晴らしいメッセージを発信
し続ければ。

それは自分にとっても、素晴らしい
プレゼントとして返ってきます。

そのプレゼントは何かというと。

言葉通りのものを貰える。
という最大級のプレゼントです。

たとえば。

「私は株で成功する。
 今後1年以内に必ず達成する。」

と、誰かに言ってみてください。

最初は恥ずかしかったり。
言いたくなかったり。
と、葛藤があるかもしれませんが。

相手に言っているのではないのです。

相手を通して自分に宣言している。
と、思えば。

恥ずかしくなく、言えるでしょう。

そして、その通りのプレゼントを
自分へのギフトとしてもらうのです。

言葉には大きなパワーが秘められています。

実際、私も。

人生がどん底の時に。

「このままでは終わらない。
 必ず道はひらかれていくから大丈夫」

と、自分にも言い聞かせ、また、
人にも公言しました。

内心は若干、ビビリな状態ではありましたが(笑)

でも、言葉のパワーを信じていたからこそ。
言葉にし、そしてその後に「行動」をしたのです。

言葉にし、行動に起こす。

これこそ人間の素晴らしいパワーです。

このパワーを最大限に使ってくださいね。

最後に。

私の大好きな言葉を送ります。
マーガレット・サッチャーの名言です。

考えは言葉となり、
言葉は行動となり、
行動は習慣となり、
習慣は人格となり、
人格は運命となる。

素晴らしい1日を(^^♪

高橋陽子

<編集部のオススメ>

市場は弱肉強食の世界。

最初に食い尽くされてしまうのは、
言うまでもなく個人投資家です。

しかし、”プロのやり方”を知ることで
世界中の恐ろしいプロトレーダーたちに
打ち勝つ術を身につけられます。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170916/


「 テクニカル VS ファンダ」の矛盾

2017.09.05
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日の内容は、プロでも混同してしまう人が多い内容です。

トレードの勉強をしていると、対立する見解に数多く出会います。

A先生とB先生の言い分の矛盾を説明できますか?

A先生:「保有期間を長くすると、リスクが減りますよ~」

一方で、

B先生:「保有期間を長くすると、リスクが上がりますよ~」

と逆のことを言っています。

 

A先生の言い分としては、

「保有期間を長くすると、
短期的な売買が平均化されてノイズが減るので、
長く持った方が勝率は上がります、
だからリスクが低いです。」

まあ、そんな気がするし、

 

B先生の言い分は、

「いやいや、未来になればなるほど、
予測不可能な事態が発生する可能性が上がるので、
目先の将来よりも遠い将来を
当てようとしたほうがリスクは上がります。」

というのも、やっぱりもっともな感じがする。

 

いったい、どっちなんだ!!!?

と混乱している人は、非常に多いと思います。

 

実際、どうでしょうか?

A先生とB先生、どちらが正しいか堂々と説明できますか?

こういう話は、論理派のあなたにはとても面白いと思います。

 

では、説明しますね。

まず、この矛盾した内容を説明できる人は、結構少ないと思います。

なぜなら、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の
両方をよく知っていなければ答えられない
からです。

 

冒頭のA先生とB先生の言い分が矛盾しているのは、

A先生が、ファンダメンタルズ分析の論理で、
B先生が、テクニカル分析の論理で話しているからなんです。

そう、誰もこうやって説明しないので、私が提唱してしまいますが、

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の論理というのは、
多くの場合、対立構造にあるのです。

なぜか?

これを理解するためには、
ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について、本質的に理解しなければなりません。

 

非常に簡単に言うと、

ファンダメンタルズ分析というのは、
【本来価値】を予想して、現在価値が割安であれば買い、
割高であれば売るという戦略
になります。

それに対して、

テクニカル分析というのは、
【勢い(トレンド)】の強さと持続時間を予想して、
トレンドの初期であれば順張りで乗り、
トレンドの末期であれば逆張りで仕掛けるという戦略
になります。

 

例えて言うと、

ビットコインの価格が目下急騰している!
⇒ この急騰は半年は続く勢いだから、買おう!

というのが、テクニカル分析。

ビットコインの利用用途は今後世界中に広がり、利用価値がどんどん上がっていくだろう
⇒ 価値があがるから、短期的な価格上下はあっても結局上がっていくから買おう!

というのが、ファンダメンタルズ分析です。
同じ「買う」という結論に達したとしても、根拠がまったく違うのです。

 

言葉を変えると、

テクニカル分析は、「過去」の分析によって、
未来への影響を予想する分析方法であり、
時間はつながっていて、
過去は未来に必ず何らかの影響を及ぼしますから、

これはこれで成り立っています。

決して、過去の「チャートパターン」を当てはめるだけの分析ではありません。

また、ファンダメンタルズ分析は、
「現在」と「未来」のギャップを狙う分析方法であり、
ギャップは時間の経過とともに埋まっていき、収束する
という数学的にも正しい理論で成り立っています。

チャートに表示できる様々なテクニカル指標にも、
テクニカル分析的な指標とファンダメンタルズ分析的な指標があります。

 

ですから、色々な手法の様々な理論や論理を使うときは、

それがテクニカル分析の論理なのか、
ファンダメンタルズ分析の論理なのかを
自分で認識し区別しなければなりません。

だって、両者は逆の結論を導きますから!

 

ちょっと難しいな、、、と思っている方は、これだけ覚えておきましょう。

テクニカル分析は、近い将来を予想するのが得意で、
ファンダメンタルズ分析は少し遠い将来を予想するのが得意。

だから、理想形は、両方使えることです。

ファンダメンタルズ分析で大きな方向性を判断し、テクニカル分析で直近の値動きが揃ったときにエントリーするのが一番堅実です。

 

ちなみに、私はニュースや企業業績などはまったく見ませんが、
しっかりとテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の
両方の要素を取り入れた売買判断をしています。

まずは、あなたの好きな方を勉強し、そのあと、もう一方も勉強して、

ぜひ【両刀使い】になってください!^^

 

それでは今日は、この辺で。

GOOD TRADE!!

 

Mr.K


大暴落を知らない大人たち♪

2017.09.04
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

戦争が終わって僕らは生まれた

僕らの名前を覚えておいてほしい

戦争を知らない子供たちさ

1970年ジローズのヒット曲です。

1945年に戦争が終わり、その後に生まれた

子供たちは、戦争の悲惨さや恐さ、苦しさを知らない。

だから、そんな”僕たち”に、あれこれと

戦時中のように厳しくされてもよくわからないよ!

ってなメッセージが含まれています。

1945年に終戦だから、この曲が流行ったころは

”僕たち”は20〜25歳くらいってことですよね。。。

そりゃ、実際に戦争を経験してないわけだから

「臨場感」がわかないのは当たり前ですよね。

さて、話は株になります。

2008年にリーマンショックが起きました。

当時日経平均は18000円から7000円まで下げました。

11000円もの大暴落だ。

100年に一回の暴落と言われています。

多くの投資家、というよりほぼ全員が

大きな損を被りました。

日経新聞のアンケートに興味深いものがあった。

40代以上の投資家たちは、株が恐いと言っている。

リーマンショックを経験したからです。

ところが、20〜30代は恐いという印象がないらしい。

リーマンショックを経験してないからです。

あのころからの相場を振り返ると

2009年から鳴かず飛ばずの3年があり、

2012年からのアベノミクス相場で日経新聞は大きく上昇。

2009年以降8年間、一度も下降相場が起きてないのだ。

つまり、2009年以降に株を始めた人たちは、

一度も下降相場を経験していないのです。

きっと頭の中、イメージ、感覚、そして細胞レベルで

株は上がるものと思い込まされているのかもしれない。

上昇相場しか経験していないと、

株価が下がった時に買う”習性”がついてしまう。

日経平均はまだ大暴落こそしていないが

大暴落の要因はいくらだってある。

株価を押し上げている企業の好決算だって

実は保有してる株価の含み益や為替差益だったり、

NYダウだって、実は企業が自社株買いに走って

ROEを上げて、見せかけだけを良くして

株価を押し上げています。

アメリカの経済の背景には、支払い能力の低い人たちの

焦げ付きが出始めて、サブプライムローンの再来を予期させているし、

外交に目を向ければ、アメリカと北朝鮮の緊張は

日々高まっているし、かなりの高い確率で開戦しそうです。

そうなれば、間に挟まれた日本は確実に

円高、株安に見舞われるだろう。

また今月9月にはアメリカの債務上限問題があります。

これまではシャンシャンと可決されたが

今回の大統領はあのトランプさん、、、

側近のバノンさんがやめたことで

今回はややこしくなるような気もします。

こんな感じで、今、日経平均を押し上げる材料より

いつ暴落が起きてもおかしくないような材料ばかり。

問題はいつ”トリガー”が引かれるかです。

先日、北朝鮮がミサイルを発射して日本上空を通過しました。

日経平均は大きく下げたが、買いが入って戻してきました。

下がったら買いを入れる。。。

これは上昇相場での常套手段ですが

もしかすると、これからは、これまでとは

全く違った相場になっていくかもしれません。

すぐ隣の国がミサイルをバンバン撃ってるのに

普通に、昨日と同じように平和に暮らしてる。

今の日本ってどこか平和ボケしてるようにも感じてしまうのは

私だけでしょうか。。。

日経平均も日足で75日と25日がデッドクロスしており

下がる”兆候”はちらほらと出てきている。

戦争を知らない子供たち。

大暴落を知らないトレーダーたち。

これまでの経験、記憶を一度全部捨て去って、

新しい目で相場を見据えていく必要が

これからはあるのではないのでしょうが(^^♪

藤井百七郎


節約モードになっていませんか?

2017.09.01
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

子供の頃、あることをやった
覚えはありませんか?

「お小遣い帳」をつける
というものです。

お金を管理する。

という目的で子供用に
作られたものですが、

私は何度もチャレンジし。
そして失敗しました(笑)

大人になっても、今度は
「節約」の名の下に。
「家計簿」を付けるのが
美学の様になっています。

もちろん、私も独身時代や
主婦時代につけていました。

節約に熱を上げるあまり。

項目別にお金を袋に入れる。

そうやって管理する手法も
取り入れたり。

手帳を家計簿がセットになって
いるものを使ったり。

色々とやってみたのです。

自分の収支を把握する。

という意味ではこれはとても
良いことです。

しかし、あまりに「家計を節約する」
に熱を上げすぎると。

ある欠陥が出てきます。

節約、お金を使わない。
ばかりに目を向けるようになり。

「お金を増やす」
の方向にベクトルが向かないのです。

お金を際限なく使うのはいけませんが。

やはりここは投資家として。

アンテナは「節約モード」ではなく
「どうやってお金を増やすか?」
に意識を向けてもらいたいものです。

会社でもそうです。
社員のリストラを行ったり。

文房具の管理や、電気の消灯などに
細かく口を出してくるような会社の
状態では、その会社は成長モード
ではなく、節約モードに入っていて。

もはや会社の成長どころでは
ありません。

家計簿をつけないでください。
と言っているのではありませんが。

ベクトルは「成長モード」で行って
欲しいのです。

つまり、株式投資ならば。
投資法をもっと研究し、実践すること。

そして、もちろん
成果を上げる!

それに集中してくださいね。

投資家として。
戦略を練って、お金をもっと増やす
方法に特化しましょう。

できたら。
今日から「成長モード」開始!!
ぐらいの勢いで。

頑張っていきましょうね(^^♪

高橋陽子

PS.
現在進行中の私の新企画
ご覧いただきましたか?

トレード初心者の方にいきなり
デイトレしてもらう、という
チャレンジ企画です(^_^)

楽しくデイトレを学んでいただけると思いますので
まだの方は是非、ご覧くださいね!

http://japan-i-school.jp/jim/1708_t_op1/