カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

次の【大相場】を掴み取るために

2017.10.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、
 

ウルフ村田です。
昨日からスクールの授業で大阪に来ています。

引けギリギリまで相場を張って、
終わってからは大坂の生徒さんたちへ
株の講義をしていました。

年度が半分消化されるタイミングですので、
皆さんお忙しいかな〜?
と思っていましたが、

想像以上に多くの方にご参加いただき、
良い講義が出来たと思います(^-^)

例年10月は年末に市場が盛り返し資金も
入りやすいタイミングですが今は新興市場も鈍いですし、
兆候も見えづらいので、

大型銘柄を扱わない限りは
振り返りや勉強にぴったりな時期だと思います。

この振り返りや勉強が
言うまでもなく大切で、

相場が良くない時=あまり動かない時に
ボーッとしているのではなく
しっかり観察することを続けて初めて、
次の大相場の初動に入ることが出来ます。

観察というのは、
今の相場を見るのも良いですし、
過去チャートを眺めるのも良いでしょう。

上昇する銘柄はチャートの特徴や
パターンをつかめば、すぐに見抜くことができます。

特に、株価が数倍~10倍以上に急騰するような銘柄の「初動」は、
相場に動きが無い時にこそ発生します。

だからこそ、
お仕事をしながらという方も
実際にトレードはしなくても、

相場を常に見て「初動」の発生に
気付けるようになって頂きたいなと思います。

「初動」の特徴を知って、情報収集を欠かさずしていれば、
必ず株価が安い良い位置でエントリー出来ます。

初動で入れるメリットって、
利益が大きくなるだけでなく、
万が一暴落した際のリスクも小さくなるんですよね。

特に、億トレと呼ばれるくらい
大きく稼いでいる方ほどやっぱり勉強家ですし、
初動を大切にされています。

個人投資家でも勉強を重ねれば
それは十分可能なことなので、

これまでの振り返りをしながら
10月もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田
 
 


「安いところ」の探し方

2017.09.30
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でござす。

私は、よく注目している銘柄の
「安いところを狙って」と言っているのですが、

いつも「安いところってどこ?」と
大量に質問をいただいてしまうので笑、

今日はそれについて解説したいと思います。

これは特に小資金の方は
必須の技術になるでしょう。

「安いところ」とは、結論から申し上げると
その銘柄の日足(日中足)の下値のことを言います。

何言っているんだ!
そんなの当り前じゃないか!
という方もいると思いますが、

その下値を【1週間~数か月単位】で
見てエントリーポイントを決めることが肝心です。

なぜなら、銘柄によって

上下を繰り返したり、ある価格帯で留まったり
平穏な状態から突発的な上げを繰り返したりと、

人間の性格みたいに
チャート上に傾向が出ているからです。

とくに下値に注目すると
その傾向が分かるようになりますので、

「皆が良い」と言っていても、
傾向的に高値圏であれば、
エントリーしなくなります。

そして、その銘柄をウオッチしながら、
株価が「安いところ」=下値付近に来たら、
始めてエントリーを考えるんですね。

それに加えて、
オシレーター系テクニカル指標も見て、

さらにシナリオと逆に言った場合に備えて
逆指値を入れておけば、
仮にロスカットになっても損小で済むでしょう。

これはお仕事で日中チャートを
見られない方にも有効ですので、

安易に高値掴みせず、
傾向を見抜けるように取り組んでみてください。

また、初動や良いエントリーポイントで入るためには、
できるだけ株に集中できる環境を作ってほしいですし、

私が変わらずワンピースを着続けるのもそのためです。笑

「株」以外の事になるべく頭を使いたくないですし、
私と同レベルとはいかなくとも、余計な思考を省いて

少しでも株の時間にあててみるだけでも
結果はずいぶん変わってくると思います(^^♪

ウルフ村田


百害あって一利なし!

2017.09.23
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

スクールの授業ではトレードで勝つために、
「頭の回転をよくしよう」ということで、
手法以外にも大切な週間についてお伝えしています。

私が普段どんなことを考えているのか
知りたいという方も多く
いらっしゃるかと思いますので、

以前も伝えましたが、
私が朝に「絶対」やってはいけない
習慣についてお伝えします。
 
特にトレードで今、あまり勝てていない人は
気をつけて欲しいのですが、
 
 
朝、含み損銘柄の計算をするのは
絶対に避けてください。
 
これは百害あって一利なしです。
 
理由はいくつかありますが、
朝は1日のトレード手順を組んだり、
情報を収集したりするために
非常に重要な時間だからです。

人間の脳も、
朝が最も活性化します。

その貴重な時間を含み損の計算に使っていて、
次の大相場を作る銘柄やその情報を
掴みそこねてしまったら、
それこそ「もったいない」と思いませんか?
 
 
また、気持ち的にも
「さぁ、今日も一日頑張ろう!!」と
希望とエネルギーに満ちてスタートする
タイミングのはずの朝に、

含み損の計算をしていたら
どうしても気持ちが落ち込んでしまいます。

そうなると、人間とは不思議なもので、
「含み損」というネガティブな感情が、
頭の回転を鈍らせるんですね。。。
頭の回転が鈍ると

当然、次のトレードにも悪影響が出てきますし、
本当に良いこと無しです。
なので、もしあなたが含み損に悩んでいて、
朝、その計算から始まっていたら、
今すぐそれは止めた方が良いと思います。
 
トレーダーという生き物は
何が起きても頭を切り替えて
対応を変えることが生き残るためには重要ですので、

上記の事実からも、含み損を抱えている銘柄から
もし資金が抜けているなら、
早めのロスカットをして次にスパッと移るのもアリです。

もし持ち続けるにしても
明確な戦略を立てて、毎日のはじまりに
含み損の計算をしなくて済むように

プランを立ててみてください^^
 
 
ウルフ村田


情報をフルに活用するために。

2017.09.16
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅にて、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

週末。人によっては
もう何度もお聞きいただいている内容化と思いますが、

【週次値上がり率ランキング】は
必ずチェックしておいてください。

その目的ですが、、、

その1週間で上がった銘柄を把握し、
大きく始まりつつあるテーマを
掴むためです。

常に情報というものは
全体像を捉えることが非常に重要です。

私のスクールの生徒さんのなかには
私が発信する情報があまりに多すぎて

どれが重要な情報なのか分からない、と
おっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、私が発信する情報において
重要でないものなどありません。

100%吸収できなくとも
その情報の輪郭だけでもさらって
自分のものにしていく。

この積み重ねが
含み損に悩まされるか、そうでないかの差の
ひとつではないでしょうか。

また、週次値上がりランキングを
チェックする際には
テーマを掴むだけだけでなく、

なぜ、その銘柄が上がったのか
という理由を分析する視点を持つことが
非常に重要です。

情報をそのまま鵜呑みにしていては
いつまでも勝てるトレーダーの
考え方や頭のキレは手に入りません。

情報を吸収する前に
一度立ち止まって考えてみる、
ということは株に限らず
重要だといえると思います。

ちなみに、
週次値上がり率ランキングのなかでも
私は四季報オンラインの
前週比値上がり率ランキングを
おすすめしています。

なぜなら、
四季報オンラインの
週次値上がり率ランキングは
日ごとに更新が行われているから。

前日比ではなく
週ごとに情報を追うことができるため
リアルタイムな情報を
入手できます。

そして、今日は
個人投資家のみなさんに向けて

株取引をするうえで
重要な基本となるポイントも
簡単にお伝えしたいと思っております(^^♪

まずは、逆指値を必ず入れるということ。
これは本当に必須となる事項です。

そして、現金比率は多めに。

また、同じテーマの銘柄でも
移り変わりは常に激しいため、
テクニカルを使った
早めの利益確定も重要です。

実践できていましたでしょうか?

今日はいつもより
基本的な内容となってしまいましたが、
基本こそ侮ることなかれです。

それでは♪

ウルフ村田


ド真ん中銘柄の見極め方

2017.09.09
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます
ウルフ村田です。

北朝鮮の建国記念日を迎え、
市場はポジション軽減&様子見ムードですが、

毎年出てくる「テーマ株」を狙いながら
年間で見ればしっかり利が乗るようなトレードを
より強く意識してもらえればと思います。

2017年のテーマ株といえば、
VR・AR関係、人工知能、半導体、防衛関連など、
多くの分野に注目が集まってきましたね。

テーマ株だから飛びつくというのはNGですが、
そのテーマの中で中心となる銘柄さえ間違えなければ
大化け株は確実に出てきますので、
今回はそんな大化け株の特徴をお伝えしていきます。

先ほどテーマ株として挙げた人工知能関連。
確かに注目が集められてきましたが、
インターネットなどで今後有望という情報が
必要以上に飛び交っている典型のように感じます。

そのような影響で
人工知能関連の株価は一気に上がることはあっても、
結局のところ材料は思惑だけなので
すぐに落ちてしまうこともよく見られました。

あくまで、思惑が先行していることを忘れず
思惑に乗せられて高値掴みしてしまった!
ということのないよう注意してくださいね。

万が一、短期急騰した銘柄で
高値づかみしてしまった場合は、
基本的にはロウソク足の実体が
5日線を一回割ったらまずいと思って
逃げていただければと思います^^;

繰り返しになるかもしれませんが、
きちんと上がる株というのは、
思惑や宣言だけでなく、きちんと実体があります。

実体のある銘柄というのは、
事業内容や計画だけでなく、
現在進行形でその内容(テーマ)を実行し、稼働しています。

私はその企業が「事業を実際にちゃんとやっているか」
という視点で、きちんと分析された情報をもって
実体のある強い銘柄を発掘しています。

しかし、ポテンシャルの高さに気づいた投資家たちが
その銘柄をイチ早く買い込んでしまった場合、

本来の時期よりも早く急騰してしまい、
そこからエントリーしてしまうと高値づかみになってしまいますので、
その時はグッとこらえて、安値のところで拾うようにしましょう。

また、現時点でまだ株価が安く、
ポテンシャルが高い銘柄は沢山ありますので、
上がる前に買って値幅をとるためには
日々のチャートの監視が大切になります。

しかし、気になる銘柄はいくつもあるのに、
それらを忘れて1つの銘柄に集中しすぎて、
気づいたときには上がっていた!
なんてご経験はありませんか?

そんなもったいない結末にならないように、
チャートの管理の工夫は出来ているでしょうか?

今日は私のオススメ管理ツールをお伝えしたいと思います。

「ハイパーSBI」というサイト、
既に使われている方もいるかもしれませんが、
1画面に沢山の銘柄を表示させることができます。
何が良いって、監視銘柄のチャートも
一気に表示させられるので、変化に気づきやすいんですね。
直近IPOを一気に監視することも可能です。

無理に買う必要はありませんが、
日々のチャートの監視は初動を捉えるうえで必須になりますので、
是非検索して活用してみて下さいね。

ではでは今日はこれにて。
見通し不透明な中ですが、
来週からも張りきっていきましょう(^^♪

ウルフ村田


暴騰への心構えとは

2017.09.02
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナールームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今日は月に一度の大阪出張です。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています(^^♪

さて、今回は
これから暴騰する・暴騰している銘柄に対する
心構えをお伝えしたいと思います。

8月が終わり、秋にかけては
個別株の暴騰の「初動」を狙うのに絶好の時期で、

トレーダーが待ち望む
派手に値幅が取れる最高のチャンス!

しかし、そのお祭りで
利益を勝ち取って終えられれば
良いのですが、

すでにお祭り状態になった銘柄へ
あまりに興奮して高値づかみしてしまい、

その後、
損切りポイントに待ちくたびれる
事態にはなっていませんか?

私も、暴騰してお祭り騒ぎに
なっている銘柄を話題にすることがありますが、

これは
「上がるから買って!」と伝えたいのではなく、

「上がったから売ることも考えて!」
という解釈をしていただいた方が
いいかもしれません。

どんな話題の銘柄と言っても
わざわざ高値づかみして
値幅が取れないなら意味はないので、

「上がっているから買わなきゃ!」と
思わずに、

むしろ「買えなかったらどうでもいい!」と
心に決めちゃうくらいが良いと思います。

それよりも、
話題の銘柄について
「安いところがあればいいな」
という心持ちが大切です。

安いところがあったら拾う、という
スタンスでないと、
高値づかみして含み損を作ることに
なってしまいますし、

自分が買おうと思っていた銘柄が、
すでにお祭り状態になっているのなら、

値が落ち着いている別の銘柄を
探したほうが断然お得ということです。

一回高値を付けて下がっても、
これから上がる宣言があって
再度高値に向かう銘柄は沢山ありますから、

そういう銘柄のチャートが、
一度上がった後にだらしなく垂れていれば
安く拾えてラッキーですよね。

しっかり安値を拾えれば
上がり始めたどの地点で売ってしまっても
絶対に含み損になることはないので、

どこで売るべきかよりも
どこで買って持っているべきかを
重要視したいところです。

ちなみに、私は長期的に上がっていた
銘柄については、

初動の時点から実況中継しているので
どの地点が初動だったのかを
是非観察していただけると、

今後の参考にしていただけると思います。

では今日はこのへんで(^^♪

ウルフ村田