カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

タクシーで学び直しました

2017.02.11
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のセミナー会場より、、、
  
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

この前のセミナーで、
タクシーで会場へ向かっていたら
「日本橋」に降りるはずが

運転手が場所を間違えて
「竹橋」まで行ってしまい、
危うく遅刻するところでした(^-^;

一分一刻を争う
多忙なビジネスマンであれば
怒っても仕方がないシーンでしたが、

私は「大丈夫ですよ~」って
特に咎めはしませんでした。

トレーダーとして
いつも心に余裕をもつことを
忘れないようにしているので、
それが発揮されたのかなと思います。

とくに最近、スクール生を中心に
本当に多くの方と関わりを持たせていただいているので
自分自身がドンと構えて
何事にも動じないことを気を付けています。

「首脳会談後に日経平均は上がると思いますか?」ですとか、

「この前言ってたあの銘柄はまだ上がりますか?」ですとか、

とにかく今後の「予測」について
よく聞かれるのですが、

予測なんて正直かなり外れますし、
それよりもその場その場の「対応力」を
磨いた方がトレードでは勝てる気がします。

実際、いくら良い材料や数字が出たとしても
この前の東電や東芝のように
一日で事態がコロッと変わることは
往々にしてありますので、

そこで「予測」にしがみついて
ポジションを持っていると大損してしまうのは明白です。
 

最近は決算シーズンという事で
大型株については決算が出てから上がる銘柄もありますが、

今申し上げたような事態があることを
認識したうえで
 
パターンをいくつか想定して、
どちらに転んでもいいように
対策するのが大切にしましょう。

それも心の余裕がないと
なかなかできないことです。

この考えかたは、
20代で株を始めた時から変えていません。

ぜひご参考にしてみてください(^^♪
 
 
ウルフ村田


トレードのイライラを消すための鍵とは

2017.02.04
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今週末は大阪にセミナーで来ています。

先週のブログで、
「安いところは具体的にどこなのか」
というご質問にお答えしました。

そこで今回は
その「安いところ」をきちんと狙うことは
メンタル面においてもかなり
大切な役割があるということを
お話したいと思います。

株をやっていてイライラすること、
あると思います。

そのイライラの理由第一位は
「なかなか上がらない!」ってことですよね。

もっと噛みくだくと、

「さっさと売って他のトレードがしたい!」
「高値づかみしてしまった!」

など、なかなか上がらないことに
イライラする背景は様々です。

特に少資金の方は、
資金を回転させなければならないので

高値で売って逃げ切るまでは
身動きが取れずにもどかしい状態。

すぐに上がらないと
イライラしてしまうのは当然ですね。

ましてや、高値づかみの
ダブルコンボだと、もう、
イライラどころでは済みません(泣)

皆さんもそんな状態には
なりたくないですよね?^^;

そのイライラを防ぐためには、
はやりまずは安いところを
しっかりと拾って買うこと。

エレベーターのように
「上に参ります♪」と
きちんと上がる宣言が出ている
銘柄を選びましょう。

安いところで乗ってしまえば
あとは上に行くのみです。
これしか上に行かない!と慌てて
扉が閉まって昇り出したエレベーターを
わざわざ追いかける必要ってないんです。

市場には、沢山の
「上に参ります♪」サインのエレベーターが
扉を開けて待ってますから(^^♪

そして、利益が出せた後の
資金管理もお忘れなく。

儲けた分をすぐに投資資金にせず
いったん証券口座から避けておくと
いざというときのために便利です。

コツコツと働いて貯めたお金よりも
株でたまたま儲けたお金を使ったほうが
イライラせずにトレードできると思います。

少資金の方も、
こうして徐々に利益を生み出して
ゆとり資金を作ることができれば

「もう少し、上がるの待ってもいいかな」
と、思えるようなトレードも
出来るようになりますよ。

株の基本は
「買って売って逃げる」。

一つの銘柄に執着したり、
慌ててジャンピングキャッチせず、

安いところで買って、
高いところで売って逃げる!
というシンプルなトレードを
心がけていただきたいと思います(^^

ウルフ村田

《本日のおすすめ》

悲しいことに、
多くの個人投資家は相場を裏側で
操る存在を知らずに、
何も分からないまま、
「カモ」にされてしまっています。

しかし、そのカラクリを知るとこができれば、
逆にそれを利用して大きな利益を得ることができます。

興味のある方はこちらをクリックしてください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170216/

《アンケートのお願い》
あなたは“仮想通貨”に興味はありますか?

ジャパンインベストスクールの新企画開発のために
1クリックだけで終わる簡単なアンケートにご協力をお願いします。

http://j-i-s.info/j-i-s/enquate_170204/


「安いところ」ってどこ?

2017.01.28
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

私は、よく注目している銘柄の
「安いところを狙って」と言っているのですが、

言葉足らずで
「安いところってどこ?」と
大量に質問をいただいてしまうので笑、

今日はそれについて解説したいと思います。

これは特に小資金の方は必須の技術になります。

「安いところ」とは、結論から申し上げると
その銘柄の日足(日中足)の下値のことを言います。

何だそんなの当り前じゃないか!
という方もいると思いますが、

その下値を1週間~数か月単位で
見てエントリーポイントを決めることが肝心です。

なぜなら、銘柄によって

上下を繰り返したり、ある価格帯で留まったり
平穏な状態から突発的な上げを繰り返したりと、

チャート上に傾向が出ているからです。

下値に注目するとその傾向が分かり、
皆が良いと言っていても、
傾向的に高値圏であれば、
エントリーしなくなります。

そして、その銘柄をウオッチしながら、
株価が「安いところ」=下値付近に来たら、
始めてエントリーを考えるんですね。

これはお仕事で日中チャートを
見られない方にも有効ですので、

安易に高値掴みせず、
傾向を見抜けるように取り組んでみてください。

また、初動や良いエントリーポイントで入るためには、
できるだけ株に集中できる環境を作ってほしいですし、

私が変わらずワンピースを着続けるのもそのためです。笑

「株」以外の事になるべく頭を使いたくないですし、
私と同レベルとはいかなくとも、余計な思考を省いて

少しでも株の時間にあててみるだけでも
結果はずいぶん変わってくると思います(^^♪

ウルフ村田


コレをやってはダメですよ!

2017.01.21
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今週も一週間お疲れ様でした。

今週は英国EU離脱についての英首相会見、
トランプ大統領就任式など政治イベントが満載でしたが、
皆様のトレードはいかがでしたでしょうか。

このような重要イベントが待ち構えているときは
相場も先行きが不安で様子見となることが多く、
かなりもどかしくなる方も多いかと思います。

しかし、どうにか白黒つけたい!と考えて
世間や市場の予想や思惑をかじってかじって、
その情報に乗っかって突っ込んでしまったりは…

まさか、していないですよね?^^;

昨年の
ブレグジット、トランプショックを
経験した方はすでに学習済みとは思いますが、

相場の世界では、
どちらか一方に予想して動くトレードはやはり禁物。

世間というのは、大きなイベントが待ち構えているときは
どうなるのかを予想をしたがるものですが、

どんなに有力と言われる情報でも、
あくまでも予想。

実際は全然違う結果となることは
日常茶飯事ということは私も忘れないようにしています。

イベント前に複数の分かれ道の
どれに進めば良いかを絞る必要はなく、

方向性がが明確になってから
動き出しても全然遅くありません。

特に最近は地合いも底堅く、
上昇中の銘柄も非常に多いので
ずっと持っていたい気持ちはあると思いますが、

イベントにかけてせっかく利が乗っていた銘柄も暴落…
なんてリスクも十分考えられるので
私はイベント前はしっかりと利益確定をしています。

今後も重要イベントはやってきますので
「イベント前は現金化」と覚えていてくださいね。

本日は大変基本的な内容でしたが、
まずは資金を減らさないリスク管理を心がけて、
ギャンブルではない上手なトレードをしていきましょう。

それでは一週間の疲れを癒せる休日を
お過ごしください(^^♪

ウルフ村田

<本日のオススメ>
ベテラン投資家から学ぶ!
日経225先物相談会。

生徒さんの勝率は驚異の100%…
独学・ギャンブル感覚とは一線を画す、
相場歴38年のベテラン投資家が
あなたの悩みに何でもお答えします。

http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170129/


初動に迷わずINするために

2017.01.14
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

最近、新しくPCを買い替えました。
トレードはスピードが命っていうことと、
気持ち的な所から1番新しいモデルにです。

また、更に嬉しかったのが、
11月に大阪のスクールに入校された方から、
私に倣ってトレードの利益で
20数万円のPCを買いました!って報告が来ました。

こういう報告を聞くと本当に嬉しいし、
自然とパワーが湧いて来ます^_^

その方、昨年から株を始めて
スクールでも日が浅いのにもう成果が出てたとか。

その要因って何だろう?と考えてみると、、、
素直さと「適度に」考えないとことだと思いました。

株に限らず、
物事の上達に素直さが大切なのは
言うまでもありません。

資金の限られた個人投資家もいるので、
私はそういった方には、
「初動だけエントリーして」いえ、
「初動以外はやらないで!!」と強く言います。

これを素直に聞いてトレードされている方が
早く成果が上がっている事実があります。

一方で、この「適度に」考えないということですが、
なにも銘柄の盲信や飛びつき買いを推奨している訳ではありません。

初動が目の前にある時に、
考えて考えて考えてから入る方は、
いつも遅れて利も取れないのが常ですが、

初動に迷わずインするために
日々考えて検証することは必須です。

特に初動でなかったとしても
過去の銘柄のチャートを見て、

どこで下げ止まっているかを確認する。
それが大事なんですね。

一度大きく株価が上がった銘柄って、
半分くらい下落してから止まっていることが実は多いんです。

そして、そういう銘柄は再び上がってきたところで値幅が大きく取れるので、

下げ止まった所から上がり始めたら、
迷わずINしていけば利幅が狙えます。
その時は検証が出来ているので、余計なことを考える必要はありません。

ですが、それも日々検証をしていないと
動き始めたタイミングで素早くエントリーできません。

大相場というのは次々やってくるので、
焦らない事がまず第一ですが、

「慎重」という名の勉強不足にならないよう、
検証は常に重ねて下さいね。

ちなみに、私が初動の見極めで大切にしているのは、
「これ以上下がらないな」というラインを見定めて、確信を持つことです。

ぜひ、その視点でチャートを見てください♪

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
相場の世界には、一筋縄ではいかない、
理論だけでは導き出せない裏側の世界があります。

では、相場の裏側には、何があるのか?

本日ご紹介するセミナーではその、
一般の個人投資家が絶対に知り得ない
相場の隠された動きが語られます。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170119/


テーマ株の思わぬ罠

2017.01.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪へ向かう新幹線の中より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

2017年初めての記事ですねo(^-^)o

大発会からの相場は
多くの個別銘柄がぶっ飛んでて
幸先の良いスタートですが、

かといって、昨日とかにエントリーしちゃうと
ズコッと下がってしまって、、、
という方もいらっしゃるかもしれません。

2017年、皆さんがトレードで
成功していただくために、

AIとかVRを中心に
ポテンシャルの高いテーマ株が出てきましたので、
今日はそのような銘柄の売買について解説していきたいと思います。

ひとえに
「相場が良い」とか「このテーマ株が良い」といっても
個別銘柄によってその様相は大きく異なります。

例えば、同じAI関連でも、
企業がただそのカテゴリーに属すだけではなく
現在進行形で事業として成り立っている

= 実体があるかどうかで、
その後の継続的な上昇が変わってきます。

実体がないと、
一時的に値上がりしても
市場が「これ、本物かな~?」という見方をして
資金が引いてしまうことがあるんですね。

また、今度は実態があって
ファンダも良いのに上値が重い銘柄もあります。

しかし、そういった銘柄をよーく見てみると
チャートに規則性を見つけることが出来ます。

例えば、1回株価が上がっては横ばい、
また上がったかと思ったら横ばい、なんてパターン。

数週間下がっては吹き上がり、
また数週間下がっては吹き上がりといった銘柄も有ります。

このように、小型株・大型株に限らず
チャートに規則性が見られる銘柄は多々有りますので、

その規則性とご自身のトレードの相性が合うと、
面白いように利益が出るようになります。

逆に言うと、
ひとそれぞれ相性が良い銘柄がありますので、

ご自身の目でチャートを見て、
手に負えそうか?判断して、
手に負えそうでなければ、無理に売買しないことです。

何より確信が持てる銘柄。
これが大切です。

年初3日間ですでに色々な銘柄が値上がりしましたが、
全部トレードする必要はなく、

じっくり見極めをしていただければと思います。

あ、ただ、銘柄は横目で見ていないと気付かないので、
売買しなくても監視は続けて下さいね。

それでは(^^

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
「オーバーシュートした銘柄は必ず下がる」
のが相場の原理原則ですが、

そんな急落さえ収益チャンスに
変えてしまうスキルを
徹底的にお教えします。

詳細はこちらで紹介しておりますので
ぜひご覧になってください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170120/