カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

あの銘柄は今・・・?

2017.03.11
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今年に入って、非常に相場が良く、
スクールの生徒さんからも

これまでにないペースで
毎日続々と成果報告を頂いて
本当にうれしく思います^^

勿論、良い相場だからといって
この先何があるか分かりませんので、
焦ってフルスロットで買うようなことはせず、

資金に余裕をもっていきたいところです。

さて、その相場を見極めることも含めて重要となるのが、

「流れを見る癖をつける」ことですね

2015年の秋には自動運転関連があったし、

2014年にはインバウンドの相場があって、

株には、その時々のテーマがあります。

去年の末で言えば、
トランプ相場で大型株が一時期好調でした。

それらの流れのある銘柄をを大底から見極めて
逆指値をちゃんと入れていれば、

上がらないかもしれないけれど損をすることもありません。

私がトレードするような時価総額が小さい銘柄であれば、
一気に急騰することもあります。

今後もどこにトレンドが来ているのか?
見抜いていきましょう。

逆に、先ほど申し上げた大型株の中でも
ソフトバンクをずっと持っていれば当然下がることもありますし、

一時期大きく値が動いた東芝も、
初心者の方にはリスク・リターンが合いません。

今、旬なテーマでも、扱うタイミングを間違えないように、気を付けてください。

このようなトレンドや、押し目は先に気付いた者勝ちです。

冷静に銘柄を見渡してみると、
かつて話題になったものの、

誰にも騒がれずにこっそりと押し目を作っている
良い銘柄って結構あるんです。

そのポイントを見逃さないためにも、
良い銘柄のウォッチは欠かせませんので

皆さまが良い銘柄のチャートと
より仲良しになっていただけることを祈って
今回はこの辺で。

本日も頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田


この流れに気付けるかが明暗を分ける

2017.03.04
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

3月に入りましたね。

時期としても決算発表で
様々な企業の好業績が期待されるタイミングですので、
張り切っていきたいですね。

さて、先月のトレードはいかがでしたか?

一般的に言われている2月の相場は、
日経平均が1万8000円台後半から
1万9500円手前でもみ合いを繰り返した傍らで、

あるカテゴリーの個別銘柄の急伸が目立ちました。
気付いていましたか?

何かといいうと、
去年IPO(=新規上場)を果たした銘柄群です。

全てではないのですが、
私は直近IPOは買っておいて損をすることはない!
と思っています。
(ちょっと大げさでしたか^^;)

しかも、公募や公開時に
買い付けるのではなく、
上場を果たした後のタイミングで良いんです。

IPO銘柄の何より素晴らしいポイントは、
長きにわたり含み損を抱えている方がおらず、

大きな値上がりが期待できる点ですね。

実際、昨年上場を果たした銘柄の
「直近IPOバブル」は留まるところを知りません。

気になる方は、
直近のIPOのチャートをまとめたサイトがあるので、
ご覧いただくと良いと思います。

また、今回はIPOの例を出させて、
相場にはその時の情勢によって、

資金や話題が集中しているカテゴリー
があります。

テーマ株やアノマリーというのも
1つの良い例ですね。

1月・2月は直近IPOでしたが、
月が替わったこのタイミングでしたが、
今、どこに資金が集中しているのか?

週末にじっくりお考えいただいて、
またトレードに取り組まれると良いかと思います(^-^

ウルフ村田


小資金で損をしない投資法はある?

2017.02.25
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、
 
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

前回は、
「朝、絶対にやってはいけないこと」として
含み損の計算を挙げましたが、

株式投資の講師をしていると
スクール、セミナー、メールなど
多くの場面で含み損のご相談をいただきます。

特に相談にいらっしゃるのは
少資金の方ですね。

この調子なら、ずっと持っていれば
まだまだ上がるかも!と思う銘柄でも、

やはりすぐに資金を回収できないことで
不安になってしまうようです。

これから上がっていくと自信のある株でも
上昇のペースはそれぞれ違うので、

少資金の方は、まず、
1つの銘柄にすべて突っ込むのではなく
他でもしっかりトレードできるように
資金配分を気をつけたいところです。

とは言え、
せっかくずっと持っていれば
上がる銘柄を買ったのに
直ぐに損切りしてしまうのは
あまりにももったいないので、

どうしても不安があれば、

資金の半分を売って回収、
もう半分は寝かせておく

という手を使うのもアリだと思います。

また、含み損になってしまった方は
「上がると買いたくなる病」を
お持ちではないでしょうか?

上がる!と思っても、
上がっている途中で買えば買うほど
資金はかさみますし、
値幅は取りにくくなってしまうので、

安いところで拾うことがベスト!
という値幅意識を持って
どんどん押し目を狙っていきたいですね。

そして、
きちんと押し目で入ることができ、
ぐっと上昇したときは、
また下がらないうちに
一旦の利益確定もお忘れなく。

一度上昇した銘柄については
値幅調整が起こりうるので
一旦利益確定した後で
再び押し目のチャンスを待って
インすることもできますよ(^^♪

少資金トレードについては
以前よりお伝えしているので
内容が繰り返しの部分もありますが、
とても大切なことなので
改めてお話させていただきました。

株を始めたばかりの方は
是非参考にしていただき、

トレードに慣れてきた方も
ここでご自分のトレードを
再確認していただけると幸いです(^^♪

ウルフ村田


百害あって一利なし!

2017.02.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

スクールの授業ではトレードで勝つために、
「頭の回転をよくしよう」ということで、
手法以外にも大切な週間についてお伝えしています。

私が普段どんなことを考えているのか
知りたいという方も多く
いらっしゃるかと思いますので、

以前も伝えましたが、
私が朝に「絶対」やってはいけない
習慣についてお伝えします。
 
特にトレードで今、あまり勝てていない人は
気をつけて欲しいのですが、
 
 
朝、含み損銘柄の計算をするのは
絶対に避けてください。
 
これは百害あって一利なしです。
 
理由はいくつかありますが、
朝は1日のトレード手順を組んだり、
情報を収集したりするために
非常に重要な時間だからです。

人間の脳も、
朝が最も活性化します。

その貴重な時間を含み損の計算に使っていて、
次の大相場を作る銘柄やその情報を
掴みそこねてしまったら、
それこそ「もったいない」と思いませんか?
 
 
また、気持ち的にも
「さぁ、今日も一日頑張ろう!!」と
希望とエネルギーに満ちてスタートする
タイミングのはずの朝に、

含み損の計算をしていたら
どうしても気持ちが落ち込んでしまいます。

そうなると、人間とは不思議なもので、
「含み損」というネガティブな感情が、
頭の回転を鈍らせるんですね。。。
頭の回転が鈍ると

当然、次のトレードにも悪影響が出てきますし、
本当に良いこと無しです。
なので、もしあなたが含み損に悩んでいて、
朝、その計算から始まっていたら、
今すぐそれは止めた方が良いと思います。
 
トレーダーという生き物は
何が起きても頭を切り替えて
対応を変えることが生き残るためには重要ですので、

上記の事実からも、含み損を抱えている銘柄から
もし資金が抜けているなら、
早めのロスカットをして次にスパッと移るのもアリです。

もし持ち続けるにしても
明確な戦略を立てて、毎日のはじまりに
含み損の計算をしなくて済むように

プランを立ててみてください^^
 
 
ウルフ村田


タクシーで学び直しました

2017.02.11
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のセミナー会場より、、、
  
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

この前のセミナーで、
タクシーで会場へ向かっていたら
「日本橋」に降りるはずが

運転手が場所を間違えて
「竹橋」まで行ってしまい、
危うく遅刻するところでした(^-^;

一分一刻を争う
多忙なビジネスマンであれば
怒っても仕方がないシーンでしたが、

私は「大丈夫ですよ~」って
特に咎めはしませんでした。

トレーダーとして
いつも心に余裕をもつことを
忘れないようにしているので、
それが発揮されたのかなと思います。

とくに最近、スクール生を中心に
本当に多くの方と関わりを持たせていただいているので
自分自身がドンと構えて
何事にも動じないことを気を付けています。

「首脳会談後に日経平均は上がると思いますか?」ですとか、

「この前言ってたあの銘柄はまだ上がりますか?」ですとか、

とにかく今後の「予測」について
よく聞かれるのですが、

予測なんて正直かなり外れますし、
それよりもその場その場の「対応力」を
磨いた方がトレードでは勝てる気がします。

実際、いくら良い材料や数字が出たとしても
この前の東電や東芝のように
一日で事態がコロッと変わることは
往々にしてありますので、

そこで「予測」にしがみついて
ポジションを持っていると大損してしまうのは明白です。
 

最近は決算シーズンという事で
大型株については決算が出てから上がる銘柄もありますが、

今申し上げたような事態があることを
認識したうえで
 
パターンをいくつか想定して、
どちらに転んでもいいように
対策するのが大切にしましょう。

それも心の余裕がないと
なかなかできないことです。

この考えかたは、
20代で株を始めた時から変えていません。

ぜひご参考にしてみてください(^^♪
 
 
ウルフ村田


トレードのイライラを消すための鍵とは

2017.02.04
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今週末は大阪にセミナーで来ています。

先週のブログで、
「安いところは具体的にどこなのか」
というご質問にお答えしました。

そこで今回は
その「安いところ」をきちんと狙うことは
メンタル面においてもかなり
大切な役割があるということを
お話したいと思います。

株をやっていてイライラすること、
あると思います。

そのイライラの理由第一位は
「なかなか上がらない!」ってことですよね。

もっと噛みくだくと、

「さっさと売って他のトレードがしたい!」
「高値づかみしてしまった!」

など、なかなか上がらないことに
イライラする背景は様々です。

特に少資金の方は、
資金を回転させなければならないので

高値で売って逃げ切るまでは
身動きが取れずにもどかしい状態。

すぐに上がらないと
イライラしてしまうのは当然ですね。

ましてや、高値づかみの
ダブルコンボだと、もう、
イライラどころでは済みません(泣)

皆さんもそんな状態には
なりたくないですよね?^^;

そのイライラを防ぐためには、
はやりまずは安いところを
しっかりと拾って買うこと。

エレベーターのように
「上に参ります♪」と
きちんと上がる宣言が出ている
銘柄を選びましょう。

安いところで乗ってしまえば
あとは上に行くのみです。
これしか上に行かない!と慌てて
扉が閉まって昇り出したエレベーターを
わざわざ追いかける必要ってないんです。

市場には、沢山の
「上に参ります♪」サインのエレベーターが
扉を開けて待ってますから(^^♪

そして、利益が出せた後の
資金管理もお忘れなく。

儲けた分をすぐに投資資金にせず
いったん証券口座から避けておくと
いざというときのために便利です。

コツコツと働いて貯めたお金よりも
株でたまたま儲けたお金を使ったほうが
イライラせずにトレードできると思います。

少資金の方も、
こうして徐々に利益を生み出して
ゆとり資金を作ることができれば

「もう少し、上がるの待ってもいいかな」
と、思えるようなトレードも
出来るようになりますよ。

株の基本は
「買って売って逃げる」。

一つの銘柄に執着したり、
慌ててジャンピングキャッチせず、

安いところで買って、
高いところで売って逃げる!
というシンプルなトレードを
心がけていただきたいと思います(^^

ウルフ村田

《本日のおすすめ》

悲しいことに、
多くの個人投資家は相場を裏側で
操る存在を知らずに、
何も分からないまま、
「カモ」にされてしまっています。

しかし、そのカラクリを知るとこができれば、
逆にそれを利用して大きな利益を得ることができます。

興味のある方はこちらをクリックしてください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170216/

《アンケートのお願い》
あなたは“仮想通貨”に興味はありますか?

ジャパンインベストスクールの新企画開発のために
1クリックだけで終わる簡単なアンケートにご協力をお願いします。

http://j-i-s.info/j-i-s/enquate_170204/