カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

不安定な時期の過ごし方

2017.04.08
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

最近のトレードの調子はいかがでしょうか?

相場全体でかなり不安定になっていますので、
慎重に、確信が持てないときは
無理にトレードをしない方が良い時期です。

動向をじっくりと観察しながら
いつも以上に勉強をしてみるのがいいでしょう。

それは私も例外ではなく、

おかげ様で最近はスクールの方でも
講演してくださるトレーダーの方がいらっしゃり、
勉強させていただいています。

私自身、普段はアウトプットが圧倒的に多いので、
なかなかインプットの機会がなく、

かといって、良いアウトプットには
同じだけインプットも必要となりますので、

実績あるトレーダーの方からお話を
伺えるのはとてもありがたいと思います(^^

特に、尊敬する億トレーダーの方が、

「相場が悪いからといって寝そべっていたら、
いざ次の大相場が来た時に取り逃してしまう」

ということを仰っていました。

確かに地合いが悪いときは
無理にトレードをする必要はないですが、

だからといって観察や勉強を怠ると、
大相場の「初動」に自信を持って入れません。

実際、過去大相場を作った多くの銘柄の
初動は、相場が下降しているときです。

つまり、比較対象を今年に限っていえば
まさに「今」です。

そもそも人と同じ行動をしていては
何ごとも勝つのは難しいですから、

世の個人投資家が気落ちしている今こそ
逆にチャンスととらえて、
虎視眈々と次の行動へ備えていきましょう♪

ウルフ村田


情報を〇〇しないと上手くいかない?

2017.04.01
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今日は月に1度の出張で
大阪からの発信となります。

このブログも含めて
実にいろいろなメディアで
これでもか!というくらい
情報発信をしている今現在なのですが、
その恩恵もたくさん受けています。

1つ思うこととしては、
「情報を発信する人のところに、人が集まる」
という原理原則です。

株はどんな銘柄でも少なからず情報戦で、
その情報を持っているか持っていないかが、
非常に明暗を分けます。

私も日常生活の雑務すら
株の情報収集にあてていますが、
やはり1人出は限界があるもの。

このようなときに、
仲間のトレーダーからの情報がモノを言います。

つまりは、情報も
トレーダー同士で持っているものを
交換し合うわけです。

だから、株の世界でも
積極的に情報発信を続ける方には
多くの人・情報が集まりますし、

逆にただ情報を得たいがために
「くれくれマインド」でいると、
上手くいかないんですね。

私も自分の株の技術や
持てる情報を皆さんに余すところなく
お伝えしていますが、

皆さんも株が上達してきたら
ただ自分のために情報を集めるのではなく、
人のために発信する習慣を付けてみましょう(^^♪

ウルフ村田


リスク・リターン見合ってる?

2017.03.25
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週は市場で大きな下落があり、
少し潮目が変わってきているような
印象を受けますよね。

誤解を恐れずに申し上げますが
先月までは「寝てても儲かる」と
言えるくらい良い相場でしたが、

その時の利益の多くを
今月に入ってから飛ばしてしまった
という声も多く聞こえ、

あらためて
良い時の資金管理を
いかにするか?という
ポイントを伝えたいと思いました。

とにかく私が
口を酸っぱくして言っているのが
「儲かったら現金化」。

含み益はちゃんと利益確定して
現金は端に避けておくことです。

そこで出来たゆとり資金がまた面白くて、

資金が小さい時は
仕込んでも動かないと
イライラしますが、

ある程度株でお金(現金)を
作っていると、
待つ余裕ができるので、

一番安いところからエントリーして
しばらくホールドといったことが
出来るようになるんですね。

相場の世界では
慌てる人ほど稼ぎが少ない
なんて言葉もありますが、

銘柄選定をちゃんと行った後は、
値上がりするまで
しっかり待つ忍耐力も重要ですね。

とはいっても、
私も精神戦は嫌いですから笑、

だからこそ儲かったお金は
現金化して避けておきましょう。

大きな下落があったときに

ギャー!と悲鳴を上げる方と
「さて、何を買おうかな?」
と言っている方の違いはここにあります。

また、今の相場では
全市場の中でリスク・リターンの
見極めも非常に重要です。

例えば、
初心者の方が「安くなったから」って
東芝の株を買うっていうのは、
ちょっと危険ですね

デイトレーダーで
大きな資金を運用する方が
東芝のようなリスクのある株に
手を出すのはわかりますが、

ファイナンスする銘柄を
保有するというのは、
当然リスク・リターンが見合わないと思います。

まだまだ強い銘柄は出てくると
見ていますが、

リスクをまず考えて、
期待値がどれだけ見込めるのか
見極めていきましょう。

私も今週末は
スクールにセミナーに
イベント盛りだくさんですが、
張り切って頑張ります(^^♪

ウルフ村田


〇〇は盲信禁止!

2017.03.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

先週は大規模な投資イベントに
参加させていただき、
様々な方とお話しさせて頂き、

地合いが良かったこともあり、
感謝のコメントを沢山頂きました。

昨日もセミナーを開催したのですが、
このブログ記事を見て、
株で利益が出てスクールへの入校を
決めて下さった方がいらっしゃいました。

もともと儲かったお金で
さらに学びに再投資するという、
理想的な流れかと思います^ ^

もちろん、先週まではかなり
地合いが良い状況だったかと思いますが、
初心者の方は特に注意か必要です。

特に興奮して引っ掛かりやすいのが、
【目標株価】。

目標株価の多くは、なかなかその通りに行きません。

思惑で上がり、いざそのネタとなる
イベントが出る頃には下がるというのが、日常茶飯事です。

目標株価1000円って言ってたのに、
800円を超えたら下がってきて、、

なんでーー?!!
という質問をよく頂くのてすが

目標は、あくまで目標。

株価上昇の期待は持てるけれど、
不測の事態はあることを考慮した上で、

まず盲信しないことが大事です。

また、そもそも目標株価が
設定される背景として、

少なくとも値幅を作りたい
という意図は当然あり、

逆にその考え方で行くと、

大きく上げて下げてを繰り返している、
「何やってるの?」
ってチャートがあります。

こういう銘柄をオススメする訳ではないけど、
あれ?って気づくこと、

そして、初心者には綺麗なチャートが
分かりやすくてオススメだと思います。

自信のある方は
そのチャートの特徴を見抜いて
トレードすれば大丈夫です。

そのためにも、
「見れば分かるじゃん」ではなく、
過去の大相場のチャートを見て、

自分ならここで入った方が良かったって、
お休みの日は復習してみましょう♪

ウルフ村田


あの銘柄は今・・・?

2017.03.11
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今年に入って、非常に相場が良く、
スクールの生徒さんからも

これまでにないペースで
毎日続々と成果報告を頂いて
本当にうれしく思います^^

勿論、良い相場だからといって
この先何があるか分かりませんので、
焦ってフルスロットで買うようなことはせず、

資金に余裕をもっていきたいところです。

さて、その相場を見極めることも含めて重要となるのが、

「流れを見る癖をつける」ことですね

2015年の秋には自動運転関連があったし、

2014年にはインバウンドの相場があって、

株には、その時々のテーマがあります。

去年の末で言えば、
トランプ相場で大型株が一時期好調でした。

それらの流れのある銘柄をを大底から見極めて
逆指値をちゃんと入れていれば、

上がらないかもしれないけれど損をすることもありません。

私がトレードするような時価総額が小さい銘柄であれば、
一気に急騰することもあります。

今後もどこにトレンドが来ているのか?
見抜いていきましょう。

逆に、先ほど申し上げた大型株の中でも
ソフトバンクをずっと持っていれば当然下がることもありますし、

一時期大きく値が動いた東芝も、
初心者の方にはリスク・リターンが合いません。

今、旬なテーマでも、扱うタイミングを間違えないように、気を付けてください。

このようなトレンドや、押し目は先に気付いた者勝ちです。

冷静に銘柄を見渡してみると、
かつて話題になったものの、

誰にも騒がれずにこっそりと押し目を作っている
良い銘柄って結構あるんです。

そのポイントを見逃さないためにも、
良い銘柄のウォッチは欠かせませんので

皆さまが良い銘柄のチャートと
より仲良しになっていただけることを祈って
今回はこの辺で。

本日も頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田


この流れに気付けるかが明暗を分ける

2017.03.04
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

3月に入りましたね。

時期としても決算発表で
様々な企業の好業績が期待されるタイミングですので、
張り切っていきたいですね。

さて、先月のトレードはいかがでしたか?

一般的に言われている2月の相場は、
日経平均が1万8000円台後半から
1万9500円手前でもみ合いを繰り返した傍らで、

あるカテゴリーの個別銘柄の急伸が目立ちました。
気付いていましたか?

何かといいうと、
去年IPO(=新規上場)を果たした銘柄群です。

全てではないのですが、
私は直近IPOは買っておいて損をすることはない!
と思っています。
(ちょっと大げさでしたか^^;)

しかも、公募や公開時に
買い付けるのではなく、
上場を果たした後のタイミングで良いんです。

IPO銘柄の何より素晴らしいポイントは、
長きにわたり含み損を抱えている方がおらず、

大きな値上がりが期待できる点ですね。

実際、昨年上場を果たした銘柄の
「直近IPOバブル」は留まるところを知りません。

気になる方は、
直近のIPOのチャートをまとめたサイトがあるので、
ご覧いただくと良いと思います。

また、今回はIPOの例を出させて、
相場にはその時の情勢によって、

資金や話題が集中しているカテゴリー
があります。

テーマ株やアノマリーというのも
1つの良い例ですね。

1月・2月は直近IPOでしたが、
月が替わったこのタイミングでしたが、
今、どこに資金が集中しているのか?

週末にじっくりお考えいただいて、
またトレードに取り組まれると良いかと思います(^-^

ウルフ村田