カテゴリー別アーカイブ: ナンピン

あなたも含み損しないために

2018.05.19
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のセミナールームより、、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

株式投資の講師をしていると、
多くの方から「含み損をしている」と
ご相談をいただきます。

やり方を間違えた、
つい感情を入れてトレードをしてしまった方や、
特にご相談にいらっしゃるのは少資金の方ですね。

この調子なら、ずっと持っていれば
まだまだ上がるかも!と思う銘柄でも、

やはりすぐに資金を回収できないことで
不安になってしまうようです。

これから上がっていくと自信のある株でも
上昇のペースはそれぞれ違うので、

少資金の方は、
まず1つの銘柄にすべて突っ込むのではなく、
他でもしっかりトレードできるように
資金配分に気をつけてほしいところです。

とは言え、
せっかくずっと持っていれば
上がる銘柄を買ったのに、
直ぐに損切りしてしまうのは
あまりにももったいないので、

どうしても不安があれば、

資金の半分を売って回収、
もう半分は寝かせておく
という手を使うのもアリだと思います。

また、含み損になってしまった方は
「上がると買いたくなる病」を
お持ちではないでしょうか?

上がる!と思っても、
上がっている途中で買えば買うほど
資金はかさみますし、
値幅は取りにくくなってしまうので、

安いところで拾うことがベスト!
という値幅意識を持って
どんどん押し目を狙っていきたいですね。

そして、
きちんと押し目で入ることができ、
ぐっと上昇したときは、
また下がらないうちに
一旦の利益確定もお忘れなく。

一度上昇した銘柄については
値幅調整が起こりうるので、

一旦利益確定した後で
再び押し目のチャンスを待ってインすることもできますよ(^^♪

少資金トレードについては
以前よりお伝えしているので
内容が繰り返しの部分もありますが、
とても大切なことなので
改めてお話させていただきました。

株を始めたばかりの方は
是非参考にしていただき、

トレードに慣れてきた方も
ここでご自分のトレードを
再確認していただけると幸いです(^^♪
 
 
ウルフ村田


その買い方だと危険ですよ

2018.05.12
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のセミナールームより、、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

決算発表のピークも終わりを迎えますが、
皆さん株価の上昇気流にうまく乗れましたか?

この上昇の波に飲まれ、
乗り遅れまいと成行で買いを入れたが、
じつはジャンピングキャッチだった。

という方が多いので、
今日はこの対策のお話をしようと思います。

買ったタイミングがすでに高値だったのは、
それはすでに大口投資家の仕掛けにかかっています。

大口投資家は株価の下がっている時に買い、
株価の上昇を狙っています。

あなたが買う時には他の投資家もすでに
その株に注目しており、いざ買った時には
山で例えれば8合目から山頂。

大口投資家はタイミングをみて一斉に
利益を確定させ離脱し、
残ったあなたは焦って損切りか、
下手すればナンピン買いをして多くの含み損を抱えてしまう。

こうならないためにも、
まず上がってから買う癖をなくしましょう。

下がってくるのを待って
安いところで買い、
上がっている時に利益を確定させるのがベストです。

もし波に乗れなかったら、
どの銘柄が上昇したのか。
安いところはいくらで買えたのか。
どこで買っていればよかったか。

と後で分析することで、今後の波に乗り遅れない
注意をすることが出来ます。

具体的な分析方法のひとつに、
陰線とMACD線を活用して、
下向きから切り替わるタイミングを観察すると分かりやすいですよ。

確かに下がっている時に買うのは勇気がいりますが、
計画的に買い下がりの計画を立てることで
利益につながるでしょう。

あとはどの銘柄を買うかですが、
自分の好きな銘柄に注目するのもいいですし
SNSからサーチしてトレンドを探すなど、
寝る前にちょっとチェックしてみるのもいいと思います。

銘柄が移り変わる時期でもあるので、
安いところを観察する癖をつけるのが大事ですね。
 
それでは。
 
 
ウルフ村田


新興株トレード上達への近道

2018.05.05
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナールームより、、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

途中から大型連休を挟む
今週の相場はふわふわと
したまま終わってしまいましたね。

先日はスクールの生徒さんで
今年100万円以上利益を出した人を
集めて食事会をしたのですが、

利益を出された方も、
そうでない方も、

私にかかわる皆さんには
まだまだ2018年は始まったばかりですから、
先の展開まで見据え、

そこをしっかり捉える、
あるいは下がりきって反発したところで
INするという意識を持ってほしいと
思いいます。

そのために、
再三普段から申し上げていることですが、

「頭のキレ」を鍛えるのが
近道だということです。

短期トレードでは「頭のキレ」が全て
と言っても過言ではありません。

特に最近の銘柄は
テーマ性があって強く上昇することも
あるのですが、

移り変わりがとにかく早くて、
エントリーや利益確定のタイミングが
ちょっと遅れただけで
一瞬で損失に変わってしまいます。

その時の判断の基準となるのに
株の知識は本当にわずかで、

圧倒的に「決断力」が重要になってきます。

どんな情報が入ってきたとしても
最後にトレードの判断を下すのは
皆さんですからね^^

なので、
株の技術を高めるのと同じくらい、

「頭のキレ」=トレードにおける決断力を
高めることは常に工夫してください。

そのためのアドバイスとして
今日の大阪セミナーでもお話ししようと思いますが、

なるべく株のことだけを考えられるような
環境を作れるかがカギです。

例えば朝起きてから、

「今日の服はどうしよう?」とか

「あれやらなきゃな~」とか

「どこでランチしよっかな」とか

決めなければいけないことが多いと
「決断疲れ」を起こしてしまうからです。

もちろん、
皆さんそれぞれに事情があるとは思うので、

全部でなくても、
日常生活で決断しなければいけない場面を
少しずつ減らして行くようにしましょう。

あと、
スピーディーな売買をするためにも
ネット証券口座を開いていない方は
必ず開いてくださいね。

過去、いろいろな人の話を聞いて
含み損を抱える原因になっていたのが、

「手数料が高くて・・・」ということ。

でも、一刻も早くロスカットして
逃げなければいけない時は

手数料なんかより自分の資産を守るのが
間違いなく大切です。

だからこそ、ためらいなく
売買できるように
ネット証券で口座を作ってほしいですね。

本当にお得ですし、
それも皆さんの決断力を高める
要因になります。
 
それでは。
 
 
 
ウルフ村田


早すぎるより遅いが吉

2018.05.01
koushi_mrk01

From:Mr.K

都内のプライベートオフィスより、、、

 
おはようございます。Mr.Kです。
 
ゴールデン・ウィークですが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 
私は、5月下旬の
ブートキャンプDAY2に向けて
資料づくりに缶詰になっております。
 
非常にやる気に燃えております!
 
というのも、
現在開催中のブートキャンプに
ご参加いただいた皆さんから
とても熱いメッセージをいただいたからです。
 
やはり、トレードは夢を叶える手段ですね。
 
単にお金を稼ぎたい、という思いより、
「◯◯のためにトレードをします!」
「トレードで勝てるようになって◯◯をしたいんです!」

 
という内に秘める思いを聞くと、
トレード技術の伝授を預かる身として
心の底から力が沸いてきます!
 
この思い絶対叶えさせたい!
と熱くなっております。
 
一昨日は、
東京ブートキャンプDAY1で、
福岡・名古屋に続き、
8時間という長時間のセミナーで
まさに「合宿」でした!
 
オンライン参加を含め、
60人超の方が参加してくださり、
非常に熱い時間となりました。
 
感動の声をメッセージでいただくたびに
より良い内容にしようと燃えます。
 
ご参加いただいた皆さん
感動を伝えてくださった皆さん
ありがとうございました。
 
さて、本題に入ります。
 
前回、前々回に引き続き、
【Mr.K流トレードの成功哲学】です。
 
3つ目のトレード成功哲学は、
『早すぎるより遅いが吉』です。
 
============
 
トレード成功のヒントは、
基本的に負けトレードの中に
隠されていると思います。
 
なぜかと言えば、
トレードでは、
負けないことが勝ちだからです。
 
負けたということは、
反対のポジションを持っていれば
勝てたということだからです。
 
そういう風に言うと、
 
“そりゃそうだけど、
買おうと思うときに売ったり、
売ろうろ思うときに買っても、
結局うまく行かないんだよ…”

 
という人がいます。
 
その通りですね。
 
単純にエントリーだけ逆にしても
結局は勝てません。
それは、私も実践済みです。
 
でも、それは、
エントリーだけ逆にしているからです。
 
エグジットも逆にすれば勝てます。
 
負けるパターンというのは、
以下の2つがあると思います。
 
最初は少し含み益で
利益を伸ばそうと思ったら逆行し
途中から含み損になって損切り

というパターンか、
 
最初から含み損で、
ゼロになるのを待っていたら、
だんだん含み損が広がって、
ついに耐えきれず損切り

 
というパターンですね。
 
あなたは、
どちらのパターンが多いでしょうか?
 
前者は、
エントリーが遅すぎるときに
起きやすく、
 
後者は、
エントリーが早すぎるときに
起きやすいです。
 
エントリーが遅すぎると
最初は少しだけ含み益に
なる期間があるのですが、
 
なかなか利益が伸びないな・・・
と思って長く持っていると
あるときいきなり含み損になります。
 
そこで損切りしないと
高値掴みのようになり、塩漬けに。
 
一方で、
 
エントリーが早すぎると、
逆張りエントリーになるので、
最初から含み損になり、
 
まあ、大丈夫だろうと思っていると
含み損が膨らみ、ナンピンしても止まらず、
さらに含み損が増えていく。
 
いかがでしょうか?
 
エントリーというのは、
早すぎても、遅すぎても
いい結果にはなりません。

 
しかし、どちらがより最悪か?
と考えてみると、
 
それは、
「早すぎるエントリー」です。
 
なぜなら、
遅すぎても塩漬けにはなりにくいが、
早すぎると塩漬けになり得るからです。
 
しかし、より重要なことは、
 
早すぎて塩漬けになるということは、
その時に逆にエントリーしていれば
利益漬けを作れる可能性がある

 
ということです。
 
早すぎるエントリーというのは、
 
「これだけ下落したから、
 もうそろそろ上昇反発するだろう…」
 
というような憶測で行動したときに
起こりやすいです。
 
実際に上昇反発するのは、
まだまだずっと先だった、
というパターンですね。
 
で、そういうときというのは、
 
「もうこれだけ下落したから
 今から下落で入るのは遅いだろう。
 
 あーあ、下落を取り逃したな。。。
 よし、じゃあ上昇で取り返してやろう!」
 
というような思考回路
なのではないでしょうか?
 
だとしたら、
あなたが大きな利益を伸ばす機会は、
「もう遅いな」
と思うときにこそ隠れている!
ということになりませんか?
 
もちろん、遅すぎたらそれはダメです。
 
しかし、
 
「もう遅いな」と思うくらいが
ちょうどいい、ということです。
 
もう遅いな、で順張りエントリーし
あとは、含み損になるまで
長期間放っておけば、
爆益のできあがりです(利益漬け)
 
  
ちょっと遠回りした説明に
なってしまったかもしれませんが、
 
以上の論理から、
 
「早すぎるなら遅いが吉」
 
と言えるわけです。
 
このマインドで
ぜひ、チャートを見てみてください。
 
これまで取れなかった
大きな利益機会に乗ることが
できるようになっているはずです。
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
4月もたくんさんの急騰株がありました。
みなさん、きちんと利益にできましたか?

乗り遅れた…という方は、
この急騰株の基本パターンを学び
今月こそはモノにしていきましょう!

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180512/


【NGを知ろう】資産管理法に逃げるな!

2017.02.28
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

先週のメルマガには18件ものコメントをいただき、

こんなにも多くの方に熱心に読んでいただけているのかと
さらに驚き、感謝とやり甲斐を感じさせていただきました。

本当にありがとうございます!

今日も張り切って出血大サービスで本質を書いていきます!

先週の話とも繋がっていますので、
一文字一句飛ばさずに読んでください。

それでは、参ります。

本日のトピックは、【NGを知ろう】シリーズで、

『資産管理法に逃げるな!』

です。

間違った情報に窓わされている人は、
次のような傾向があります。

・ドルコスト平均法ですべて解決できる
と信じている

・ロットが多い勝負をするときは、
ロスカットまでの距離を遠くして
じっくり待つのがよいと思っている

・無限ナンピン買いができれば
勝てるのになあ、と思っている

いかがでしょうか?

一つでも当てはまる人は、危険です。

間違った情報に惑わされていませんか?

といっても、恐らく95%以上の人は
上記3つを違和感なく信じていると思います。

なので、安心してしっかりと
以下を読み進めてください。

まず、肝に命じていただきたいこととして、

ーーーーーーーーーーーーーーーー
資金管理術だけで勝てるようになる
というのは、完全な妄想です
ーーーーーーーーーーーーーーーー

この内容は、私のセミナーではもっと深く
話していますが、少しだけここでも書きます。

まず、トレードという狭い枠で考えるのではなく、

トレードを事業経営に例えて考えると
非常にわかりやすいです。

トレードというのは、

上がる前に買えれば含み益になり、
下がる前に売れれば含み益になります。

ここまではいいですよね?

これって、ビジネスを仕掛ける
(=事業経営)と似ているんです。

例えば、もしもあなたが自分でビジネスを
立ち上げるとすると、
大切なことは、なんでしょうか?

それは、世の中の流れに沿っていることと、
流れの初動で乗っかることです。

例を出すと、

これからの日本で、赤ちゃん用のおむつを
つくるビジネスをはじめてもだめですね、

やるなら、お年寄り用のおむつをつくる
ビジネスをすべきです。

なぜか?

それは、内閣府が発表している
日本の人口統計上、
今後の日本は65歳以上の人口が
どんどんと増えるからです。

一方で、出生率は1.3程しかなく、
少子化は必至です。

だから、世の中の流れに沿って、
需要の多くなるものに乗っかったモノを
つくるビジネスがいいですよね?

重要なことは、

もしもこの判断を間違えたら、
どんな戦略を練っても
ビジネスで成功することは
かなり難しい、ということです。

マーケティングの4Pと呼ばれる、
・どんなデザインや機能性にするか?
・価格をどうするか?
・どこで売るか?
・広告宣伝をどうするか?

これらをいくら練ったところで、
そもそも需要が減退する赤ちゃん用の
おむつで勝負しようとしている以上、
どうにもならなそうだなというのは、
想像に難くないと思います。

わかりますか?

トレードで、資金管理方法というのは、
マーケティングの4Pのようなものです。

どんなに資金の大小を調整しようと、
どんなに売買頻度を調整しようと、
両建てなどの複雑な方法を取り入れようと、

”上がると思っていたのに下がって、
利益が出る手法は、存在しないのです”

その逆に、

どんな資金管理方法を採用しようと、

上がると思ったときに株価が上がり、
下がると思ったときに株価が下がれば、
利益の量こそ変化するものの、
”負けるわけがない”のです。

逆張りか? いや、順張りか?

それも、資金管理方法の一部です。

どちらを採用しようとも、

上がると思ったときに株価が上がり、
下がると思ったときに株価が下がれば、
勝つことができます。

もしも予想と逆に株価が動けば、
逆張りでも順張りでも
負けるものは負けるのです。

伝わっていますでしょうか?

実に非常に重要なことを書いています。

以上の議論から導き出されるのは、

『株価の先行きを予想することから逃げては、
トレードで勝つことはできない』

ということです。

私の提唱するCLEAR TRADEで勝っている人は、
株価の先行きを、チャートの流れを
一定の確率で予想することができています。

だから、勝てるのです。

もちろん、チャートの流れが高確率で
予想できたとしても、実は、
それだけで必ず勝てるとは限りません。

このあたりは、深すぎますので
今日は割愛させていただきますが、

とにもかくにも、
あなたの勝敗を左右する
もっとも根幹の要素のひとつは、

チャートの流れを高確率で予想できているか?

ということです。

言葉のうえではいろいろと語弊もありますが、

うねり取りのあの先生も、
大きく上がる銘柄を捉えるあの先生も、
仕手株のデイトレが得意なあの先生も、

得意なパターンがあり、
そのパターンにハマる銘柄と時間帯なら、
高確率でチャートを予想できるのです。

だから、勝てる。

『こうなったら、次はこうなる可能性が高い』

それがわかることが、まずは第一関門です。

先生によって、得意なパターンが違います。

私は、大型銘柄・大型市場の先の予測が得意です。

東証一部のスイングか、
FXのデイトレード。

この市場なら、私に任せてください。

先週のメルマガで書いた、
”損切りがメリットに感じる”方法は、

損が膨らむ前から
「この先は損が膨らむ可能性がかなり高い」
論理的に分析できるようになる

ということです。

文字数の関係上、また謎を残しての終わり方に
なってしまいました。

また、コメントをお願いいたします。

コメントの内容に応えた内容も検討しますので、
どしどしお寄せください。

週に一度、コメントをしていただくことで、
皆さんのトレードのリズムが作れれば、
ということも考えています。

それでは、また来週。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
もし、あなたが私のトレード理論に
可能性を見出し、習得したいと思うなら、
ぜひセミナーでお会いしましょう。

過去2回に比べて今回は早いペースで
多数お申込みをいただいていますので、
締め切られる前に一度詳細をご確認ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


下手なナンピンすかんぴん

2016.06.03
takahashi-profile

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

「下手なナンピンすかんぴん」

株式投資をしていると、
よーく耳にするか、もしくは
この難平(ナンピン)という言葉だけで
過去のいやーな記憶がよみがえる、、、

そんな方もいらっしゃるかと思います。

ナンピンはどうしても
「悪者」にされがちです。

また、「やるもんじゃない」が、
定説ですね。

しかし、良いナンピンと
悪いナンピンの2種類があることを
分かって頂きたいのです。

ナンピン全てがご法度ではない
と私個人は思っています。

ただし
ナンピンしてはいけない人もいます。
まずはそれから紹介しますね。

【ナンピンしてはいけない人】
・資金が少ない、または資金パツパツで玉を持っている人
・少しのマイナスでも耐えられない人

この2つに当てはまっている方は、
ナンピンはしてはいけません。

ナンピンは資金が潤沢にあってこそ、
なんとかなるのです。

資金的に無理だなと思う方は
ナンピンを考えないで下さいね^^

また、かなりの精神力が問われます
それは自信がないなーと思う方も
やめた方がいいですね。

さて、本題です。
まず、悪いナンピンから紹介します。

自分が持っている銘柄が
一気に下がってしまった。

あまりの陰線にびっくりして、フリーズ。
しかし、よく見ると、底値に見えなくもない。

ここで再度、買えば、少しの戻りで
±0で逃げ切れるかもしれない、、、
そこで、ナンピン。

これは、よくあるナンピンの事例ですが、
とても悪いナンピンです。

「底値に見える」だけで底ではありません。
また下がった時のリスクは計り知れないですね。

ですので、やってはいけません!
それは、地獄への入り口です(汗)

では、次に良いナンピンです。

持っている銘柄が一気に下がった
そこまでは悪い例と一緒です。
ただ、そこからが問題です。

そこから、過去3ヶ月~1年程度の
チャートを分析し、チャート的にも
底値と判断。

ただ、そこでもナンピンでは入らず
チャート的に底を形成し、少し上昇に
なってきた時に「ナンピン」。

これなら、ナンピンの成功率が
ぐっと上がります。

必要なのは、チャートの分析です。
過去チャートからの需給やポジションを
追加して良いか?の判断を冷静に
検証して入るのです。

とはいえ、
なるべくは、ナンピンなしの
トレードが一番良いですし
精神的にもラクなのは確かですね。

ただ、一気に暴落して逃げ切れなかった時の
対応法として覚えていただければと、思います。

急騰はなかなか無くとも、
暴落は経験ありという方は
多いですよね。

そんな時頭の片隅に、
この事例を置いておいてくださいね(*^_^*)

高橋陽子