カテゴリー別アーカイブ: トレード

市場の変化が激しい時でも、

2017.12.09
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナールームより、、、

おはようございます、
ウルフ村田です。

あっという間に12月に入り、
今年もあと1か月弱。

今は株式相場の変化が激しい時期ですので、
例年以上に注意が必要ですね。

今日は、年末に向けた相場展望について
お話しようかと思います。

機関投資家も外国人投資家も、
バイ・アンド・ホールドの感覚ではなく、
値幅を獲る意識なので、
上げ過ぎたらわざと下げようとします。

個人投資家も
バイ・アンド・ホールドだけだと、
下がるたびに含み益が減ってしまうので、
キャッシュポジションの比率を高めにしておけば、
下がった時に、
いつも割高で買えない銘柄も
安く拾えることになります。

買ったら上で売って、また下で拾う、
このリズムを身につけ、
値幅を獲っていただきたいですね。

ここ最近は下げ幅も大きいですが、
私は、怖いのは大歓迎、

下で拾って上で売る、
ちゃんと利益確定しておけば
値幅を獲る人には最高の時期です。

安いところで買っておけば、
どんなときでも喜べます。

北朝鮮リスクで暴落した時にも、
その近辺で拾っておけば、
かなり値幅が獲れたかなと思います。

月足、週足で見た方が、
上げている時期、下げている時期が明確です。

ちゃんと安いところで買って、
高いところで売って、
利益確定する、
このリズムが分かればこっちのもの。

私はこのリズムを把握して、
こんな銘柄も安く買えればいいのかな、
と言う目線でトレードしています。

今の市場はかなり上げてきて
過熱感があります。

こんな時は、
100万円持っていたとしても、
10万円で値幅を獲る意識にしないと、
大きなリスクが来た時に含み損になり
動けなくなります。

割安だから買うのではなく、
押し目を把握してから買う。

特に、
資金がない人は意識して下さいね。

銘柄の目利きができる人、資金がある人は、
上がれば必ず下がる、
下がれば上がる、
このリズムを意識して、
徐々に売っていきます。

ここは下がると思ったら一旦売っておかないと、
一気に下がって大きく損をしてしまいますから。

こんなに垂直で上がったら、その後は下がる、
そう分かっていれば大きなリスクを回避できます。

12月から1月は中々展開が読めない時期です。
昨年はトランプ・ラリーで上がりましたし、
一昨年はチャイナショックで大きく下がりました。

その為、
短期の株を持っている場合は、
クリスマスくらいまでに
決算しておくと良いです。

何が何でも年をまたぐ、と言う考えはNG。

今のうちに値幅を獲っておかないと、
突然のリスクで利益が飛んでしまうかもしれません。

上がり過ぎたときは、
その後、垂直下げになる可能性がとても高いです。

この辺に気付くのがとても大切かと思います。

含み損になるとその銘柄が気になって
他のトレードに集中できなくなるので、
皆さんご注意下さい^^;

ウルフ村田

PS.
私の株式投資法をマスターしていただく、
セミナーのご案内です。

いつも多くの皆様が参加してくださり、
本当に感謝しています!(*^-^*)

お時間のある方はぜひご参加下さい。
勝ち組トレーダーの投資戦略


トレードを極めてわかったこと

2017.12.05
koushi_mrk01

From:Mr.k
都内のプライベートオフィスより、、、
 
おはようございます。Mr.Kです。
 
もう年の瀬ですね。
2017年がもうすぐ終わってしまいます。
 
あなたにとって今年は実りある一年になりましたでしょうか?
 
私は大きな実りを得ました。
いちトレーダーとしてだけでなく、
本質を突き詰めた理論の発明者として
 
もうこれ以上ないというところまで
理論を成熟させることができた一年でした。
 
おかげでAI(人工知能)のツールも
まもなく完成しそうです。
 
本当に1年前にはまったく予想できなかった
飛躍の一年になりました。
 
ここでお礼を言わせてください。

それもこれも全て、
私のブログを読み続けてくれる
皆さんのおかげです。
 
私のセミナーにお越しいただいた
皆さんのおかげです。
 
私のコミュニティに入会して
一生懸命トレードを学んでくださった
皆さんのおかげです。
 
 
本当にありがとうございました。
 
 
もうテクニカル分析については、
どんな凄腕のプロが相手でも
おそらく完璧に
手法を分解することができます。
 
世界トップレベルの資金管理手法も
セミナーで解説するレベルまで
噛み砕き終わりました。
 
トレードで負けている人でも
現状を聞けばその場で即座に、
改善のアドバイスが
できるようになりました。
 
 
感覚で勝っているトレードを
限界まで論理的に分解し、
言語化するというプロセス。
 
そのプロセスを3年間
ひたすら歩んで参りました。
 
約3000時間がかかり、
寝ている間もチャートが夢に出るほどに
 
考えて、
 
考えて、、
 
考えて、、、
 
ようやくこの境地に辿り着きました。
 
 
ここまで到達できたのは、
教えるということを選んだから。
 
そして、私から学んでくださる
皆さんにお会いできたからです。
 
年末だからというわけではありませんが、
本当に有難くて感謝しかありません。
 
 
トレードというのは、
相対的な先読みと確率論の
論理ゲームです。

 
利益率の鍵を握るのは、
 
1,先を予測(読む)力
2.読めないときはやらない自制力
3.相場に合わせた保有期間の調整力
4.リスク管理の資金管理術

 
これらです。
 
運頼みなんかではけっしてありません。
 
これはビジネスです。
 
少なくとも、私にとっては
トレードをすることは
ビジネスと言えるほどに
論理的に予測可能なものです。
 
 
私は、トレードを
簡単に稼げるとか、
ポチポチすればお小遣いが稼げるとか、
そんな風には全然思っていません。
 
頭を使ってゲームに勝つことが
好きな方、そういう人であれば、
トレードはビジネスになり得ます。
 
 
そして、これまで開催してきたセミナーは
11月から内容が大きく変わりました。
 
 
今、私が見えているトレードの本質を
時間の許す限りなるべく多く
多少、早口にはなりますが、
全力でお伝えさせていただきます。
 
また、ご要望にお応えして
東京以外でもセミナーを開催する
ということを決めました。
 
ただし、回数が限られるので
若干値上げさせていただき、
それでも聞きたいという方のみと
お会いしたいと思います。
 
 
ブログで書く内容も
リクエストなどあれば
コメントをください。
 
2018年は、
お世話になった皆さんへの
恩返しの年にしようと思っています。
  
 
GOOD TRADE!!
 
 

Mr.K

P.S.
これ以上なく突き詰めた
トレードをお届けできる自信があります。
 
内容も作り変えて今まで以上に力を入れました。
新しい年に向けてトレードを
抜本的に見直したい方、ぜひご参加ください。
※限定15名


年末相場に向けた戦い方

2017.12.02
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナールームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今日は大阪に来ています。
毎月1回は大阪でセミナーをしているのですが、
12月は月末に株の補講をする予定もあるので、

普段は月1回しか会えない大阪の皆さんにも
喜んでもらえると思います(*^-^*)

さて、今年の6月以来、
市場全体に資金が戻ってきて、
激動の11月でしたね。

倍増とはいかずとも
かなり値幅を獲れたのではないでしょうか?

東証一部の大型株などに加え上がる銘柄が
幅広くなっている状況のため、

引き続き銘柄に執着せず『乗り換える』ことが
かなり必要となってきます。

ということで、
年末の
今日は銘柄乗り換えのコツをお話していきます。

乗り換える際に重要なのは、
考えをパっと切り替えることです。

注目した銘柄のチャートが
イケイケの上昇トレンドになったかを判断して
乗るか決断しなければなりません。

ちなみに私は比較的早く乗ってしまう方のタイプです。
いちいちビビッていたら大相場に入れませんからね。

リスク管理に常に目を配りつつ、
攻めるときにはドンドン攻めます。

今後はわかりませんが、

私の周りの短期トレーダーも
年末にかけて攻めに回っている方が多いです。

ただ、ここれは余剰資金が
あるという前提でのお話ですので、

資金がまだ少ないという方は
当然慎重にいかなければいけません。

資金が限られた状態でジャンピングキャッチに
見舞われてしまっていてはダメですからね^^;

まず優先するべきは
「一番トレンドの強い銘柄」がどれかを
常にきちんと見ておきましょう。

そのなかでチャートの形を確認して
値幅がとれる銘柄を選びます。

最近でいえばロシア関連は特に
チャートの上昇下落が激しいという特性があり、

わざわざジャンピングキャッチしてしまう危険もあるため、
「持つ」ことよりも「底値からの値幅をとる」ことを重要視し、

安いところで拾って
利益をだすことを念頭に計画を立てていきましょう。
(上昇しているからと言って、
 上昇の継続を安易に期待せずに下値を待ちましょう)

もっとも、相場が良くなり
上昇中の銘柄の押し目から
第二波、第三波の上昇を狙うのも良いのですが、

今は市場を問わず流動性の高い銘柄が強くなりやすいので、
板状況をみて売買できるのであれば
押し目狙いも良いと思います。

もちろん、すべてに参加する必要はないですよ。

銘柄が移り変わるリスクも激しくあるので
逆指値をきちんと入れてくださいね。

「動き始める前に逆指値すること」
これが全ての基本となってきます。

また、初心者の方などは特にですが、
乗り換えは念頭に入れながら
トレードする際はしっかり一つの銘柄に集中すると、
より確実な成果が得られます。

それくらいの意識でやっていただきたいと思います。

もしも、他で上昇した銘柄に乗れずに
敗北感を覚えたり悔しがったりしてしまうと

マイナスの方向にいってしまうことが多いので、
ドンと構えていてくださいね。

すべては反省のもとで次に生かされますから、
チャートをプリントアウトして赤鉛筆などで
ここで入るべきだっ!たというところや
ここで入ったという部分に丸をつけて
記入するのをおすすめしています。

これは後々の参考材料になります。

いかがでしたでしょうか?
週末に是非やってみてください。

自分なりの検証も取り入れながら
12月も駆け抜けて行きましょう(^^♪

ウルフ村田


最短で勝てるようになる方法

2017.11.28
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
今日は、皆さんに最短最速で
トレードを熟達させる秘訣についてお話しします。
 
トレードをしていると
いつも思い通りにはいきませんね。
ときには、思いもよらない事態に遭遇します。
 
そんなとき、多くの人は 
「自分はなんて運が悪いんだ・・・!」
と自分の悲運を嘆きます。
 
そうしてヤケになって残りの資金も
感情的に失くしてしまったり、
トレードはやめだと
市場から退場してしまったりします。
 
あなたにも、思い当たる節はありませんか?
 
どうして自分がエントリーした瞬間に
チャートが逆に動き始めるのか・・・
 
とか
 
なぜ、小さくエントリーしたときに限って
ものすごく思い通りになるのか・・・
 
とか(笑

 
そんなとき、多くの人がしてしまう過ちは、
自分だけ運が悪いと勘違いしてしまうことです。
 
そして、そういった“運が悪い”状態を
脱却する方法は、ただひとつ、
 
自分以外の人の話を聞くことです。
 
自分以外のトレーダーと経験を共有するのです。

 
そうすると、自分だけが運が悪いのではない
ということがはっきりします。
 
「なーんだ、みんな同じなんだ!」
 
そう思えると未来が変わります。
 
そうは言っても、なかなか他人のトレード成績を
赤裸々に見る機会は少ないと思います。
 
なので、今日はひとつの例を紹介いたします。
 
今日ご紹介するのは、
アメリカの伝説のトレーダーの一人である
リチャード・デニスの体験談です。
 
・・・
 
リチャード・デニスは、
1970年~80年代にかけて
わずか400ドルを元手に運用して
2億ドル近く(約50万倍)までに増やしてしまったという
アメリカの伝説のトレーダーの1人です。
 
リチャード・デニスは数々の名言を
残していますので、ぜひGoogleで
検索してみていただきたいのですが、
 
その中でも私が好きな名言があります。
 
こちらです。
 
↓↓↓
 
「トレードについて最も考えたくないとき
 つまり損をしているときこそ、
 最もトレードに注意を集中しなければならない」
 
by リチャード・デニス

 
ーーー
 
いかがでしょうか?
 
ピンと来ない方もいるかもしれないので
補足解説をしますね。
 
あなたは、証券会社の自分のポジションを見て
含み損がすごい額になっているのを見て
 
「もう、見たくない・・・
 吐き気がする・・・
 とりあえず、画面を閉じよう・・・」

 
となったことはありませんか?
 
ちなみに、私はあります。
 
いくらなんでもこの価格まで逆に行くことは
よっぽど運が悪くない限りないでしょう!
 
そう思って設定した損切りラインが目前!
という状態ですね。
 
損切りの逆指値注文を出していればまだいいのですが、
 
すごく安全だと思ってエントリーして
うっかり損切り注文を入れていなかったら
想定の3倍くらい逆に行っている・・・
 
なんてことも昔はありました。
 
あるんですよ、誰にでもそういう経験は(笑
 
そして、そうなったとき、
どうするかが運命の分かれ目です。
 
「吐き気がする・・・」
 
と画面を閉じたら、
次に画面を開けたときには
 
「え、、、さらに倍になってる・・・」
 
となり、
 
「もう無理、もう無理、損切りするしかない!」
 
と切って落ち込んで、
 
でも1ヶ月くらいかけて結局
エントリーした価格くらいまで
価格が戻っていて、
泣きたくなる。。。
 
ということになります。
 
この状況はおそらく
この文章を読んでくださっている
多くの方が共感できると思います。
 
 
ということは・・・?
 
そう、ということは、
どうすれば良かったかというと
 
1回目に見たときに、
吐き気を押さえて、自分をなだめて
チャート分析を真面目にやるべきだったのです。
 
そうして、その時点で損切りをしていれば
そのあと損失が倍になることはなかった。
 
 
そして、さらに言うならば、
 
2回目の「もう無理、、、」と
損切りをしたまさにその瞬間が、
逆のポジションを持つ最大のチャンスだった

 
ということですね。
 
そう、つまり、リチャード・デニスが
言わんとしていることは、
 
自分の想定とは逆に行ったときこそ、
最大のチャンスである可能性が高い
ということなのです。
 
これは、単純に逆張りをすればいいという
浅はかなことを申し上げているわけではありません。
 
慎重にエントリーをしても
いつかは「吐きたくなる」ような
含み損の展開というのが来ますから、
 
そのときに今日のブログを思い出していただいて
 
ぐっと堪(こら)えて
慎重にチャンスを見定めてください。
 
 
愚者は経験に学び、
賢者は歴史に学ぶ
といいます。
 
手法のトレード本よりも、
過去の偉大なトレーダーのインタビューのほうが
私は役に立つと思います。
 
おすすめです。
 
それでは今日も、GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部のオススメ>
嘘だと思うかもしれませんが…

初心者でも安全かつ塩漬けの不安ゼロの
トレードができてしまいます。
詳細はコチラ

特別なご案内もあります


百害あって一利なし!

2017.09.23
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

スクールの授業ではトレードで勝つために、
「頭の回転をよくしよう」ということで、
手法以外にも大切な週間についてお伝えしています。

私が普段どんなことを考えているのか
知りたいという方も多く
いらっしゃるかと思いますので、

以前も伝えましたが、
私が朝に「絶対」やってはいけない
習慣についてお伝えします。
 
特にトレードで今、あまり勝てていない人は
気をつけて欲しいのですが、
 
 
朝、含み損銘柄の計算をするのは
絶対に避けてください。
 
これは百害あって一利なしです。
 
理由はいくつかありますが、
朝は1日のトレード手順を組んだり、
情報を収集したりするために
非常に重要な時間だからです。

人間の脳も、
朝が最も活性化します。

その貴重な時間を含み損の計算に使っていて、
次の大相場を作る銘柄やその情報を
掴みそこねてしまったら、
それこそ「もったいない」と思いませんか?
 
 
また、気持ち的にも
「さぁ、今日も一日頑張ろう!!」と
希望とエネルギーに満ちてスタートする
タイミングのはずの朝に、

含み損の計算をしていたら
どうしても気持ちが落ち込んでしまいます。

そうなると、人間とは不思議なもので、
「含み損」というネガティブな感情が、
頭の回転を鈍らせるんですね。。。
頭の回転が鈍ると

当然、次のトレードにも悪影響が出てきますし、
本当に良いこと無しです。
なので、もしあなたが含み損に悩んでいて、
朝、その計算から始まっていたら、
今すぐそれは止めた方が良いと思います。
 
トレーダーという生き物は
何が起きても頭を切り替えて
対応を変えることが生き残るためには重要ですので、

上記の事実からも、含み損を抱えている銘柄から
もし資金が抜けているなら、
早めのロスカットをして次にスパッと移るのもアリです。

もし持ち続けるにしても
明確な戦略を立てて、毎日のはじまりに
含み損の計算をしなくて済むように

プランを立ててみてください^^
 
 
ウルフ村田


いつも「買ったら下がる」理由

2017.09.19
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

なんで、いつも自分が買ったときに限って
直後にチャートが逆に行くんだ・・・

誰かに後ろから覗かれているような、
奇妙な感覚になったことがある人は
決して少なくないはずです。

“エントリーしたときだけ逆に行く”

“むしろ、自分の意思と逆方向にエントリーした方が勝てるんじゃないか?

この感覚は、本当に多くの人が感じています。

なぜでしょうか?
気のせいでしょうか?

負けたときのほうが印象が強く残るから?

本当にそうでしょうか?

確率論から考えて、
偶然とは思えない頻度の現象には
必ず然るべき理屈が存在します。

つまり、

エントリーするとチャートが逆行する
「理由」が論理的に説明できるはずです。

「いやいや、気のせいでしょ。」

そう思う方、

もしも気のせいじゃないことが
論理的に説明できるとしたら、
どんなものか聞いてみたいですか?

・・・

エントリーすると逆に動く!

なぜだか本当に不思議に思う方は正直多いと思います。

私自身、かつては非常に奇妙に感じていました。

証券会社のシステムが仕組まれているんじゃないかと
本気で考えてみたこともあるくらいです。

ですが、

今となっては全く、不思議にすら思いません。

エントリーしたら逆に行くのは、
はっきり言って、当たり前です。

そうならないとおかしいくらいです。

なぜか?

それは、

あなたが後追い判断でエントリーをしているからです。

直近のローソク足数本を見て、
同じ方向にエントリーをしているからです。

出来上がったチャートをよく見たらわかることです。

チャートというのは、
短期的なアップダウンを繰り返しながら
徐々に大きく上昇したり下落したりしていくものです。

陽線と陰線の片方だけが連続するのは7本が限界
という経験則もあるくらいです。

例えば、

わかりやすくするために、
チャートが5日置きに上昇と下落を繰り返す
としましょう。

5日置きに上昇と下落を繰り返すのに、
3日間上昇したのを見て、

「よし、上がっているからもう一日上がったら買おう!」

と考えて4日目の上昇を確認してから
5日目に買いエントリーしたらどうなりますか?

翌日から下がり始めますよね。

だって、5日置きに上昇と下落が変わるんだから。

下落のときも同じです。
3日下落したのを見て、

「よし、下がってきたからもう一日下がったら空売りしよう!」

と考えたら・・・

「なんでエントリーした翌日に反対に行くんだ!!!」

ってなります。

みんなこれを繰り返してMAX損失を食らっていきます。

気づいてください。

・ある程度上がっていることを理由に買ったり、
・ある程度下がっていることを理由に売ったり、

それをしている限り、
すべて後手後手になります。

そりゃそうです。

じゃあ、どうすればいいと思いますか?

・・・

・・・

はい、その通りです。

上昇が5日続いたら売るとか、
下落が5日続いたら買うとか、

そういう逆張りなら後追いよりいいですよね。

しかし、実際のトレードでこの逆張りはリスクが高いです。

なぜなら、実際は5日で反発すると決まっているわけではないので。

じゃあどうすればいいか。

1日上昇したときに買いで入り、
1日下落したときに売りで入る。

そう、初動で乗るというのは
こういうことを言うのです。

ただ、それも具体的なチャートなしで
一概に語ることはできませんが、
でも、あながち的外れでもないです。

“然るべきとき”の初動に乗ることのみが
唯一の正しいエントリーだからです。

いつが“然るべきとき”かを解説する
紙面はありませんが、
今回の議論の結論としては、少なくとも、

短期的な値動きを理由にエントリーをすれば、
当然のように逆行する可能性が高くなる

ということに気づいていただければ幸いです。

相場が難しくなっています。
大局観を持ってトレードをしていきましょう。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
9月27日のセミナーですが、
予想を上回る方にご参加いただき、
満席となりました!

追加でまた10月の後半に
開催したいと思いますので
JISさんからのご案内をお待ちください。