カテゴリー別アーカイブ: トレード

圧倒的有利な投資法

2018.04.17
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

先週の日曜日は、名古屋で
ブートキャンプDAY1を開催してきました。

京都からいらした方(Tさん)が
八つ橋をお土産でくださったので、
食べながらこのブログを書いています。

福岡のときの4倍近い人数でしたので
時間が伸びてしまいましたが、

アンケートを拝見する限り
「大変満足」にチェックをしていただいている方が
非常に多く、とても嬉しかったです。

トレードそのものは機械的なビジネスですが、
こうして仲間と出会う機会と捉えると
私にとってはとても楽しいものです。

最近いつもコメントをしてくれる
藤井さん(イケメン好青年でした)にお会い出来たのも
とても嬉しかったです!

ご参加頂いた皆さん、
長時間集中して取り組んでくださって
ありがとうございました!

再来週はいよいよ東京です。

人数が最大ですので、少し資料を修正して
万全の体制で私も望みます。

さて、本題に入ります。

今日のテーマは
【Mr.K流トレードの成功哲学】です。

最近、チャートが面白くて仕方ありません。

思えば4年前は、
まったく訳の分からなかったチャートが、

今はこんなにもストーリーを持って感じられ、
値動きに対しても論理的な説明ができます。

約定ルールから逆算すると、
人間の行動心理がそのまま値動きに表れている
ということは手に取るようにわかりますし、

自信のあるポイントでは9割以上の確率で
思った通りにチャートが動くようになりました。

利用方法が解明されていないとされる
プロスペクト理論も使い方がわかってきたし、

ランダムウォーク理論も、その意味が
だいぶしっくりと腑に落ちてきました。

こうなると、本当の意味で
戦略を立てる楽しさが出てきます。

相手の動きが読めるから、
複数の戦略を「考える」ことが出来ます。
(悩む、ではなく)

この境地に達したのは本当に
つい半年前くらいのことです。

人工知能を開発したのがきっかけだったと思います。

最初はまったくの素人から始めて、
負けまくり、悔しい思いをした時期から
今、ここまで来た身としては、

トレードには成功哲学があると思います。

今回から1つずつ書いていくつもりです。

1つ目のトレード成功哲学は、

『消極投資は積極投資に勝る』です。

思うに、トレードで意識するべきは、
利益ではなくリスクの方だと思います。

少し語弊があるかもしれませんが、
積極投資より消極投資のほうが
圧倒的に有利であるということです。

ハイリスク・スーパーハイリターンより、
ローリスク・ミドルリターンの戦略の方が、
結果的には高利益になる、とも言いかえられます。

消極的な方が、トータル利益が増えるなんて、
意味がわからないと感じる人が多いかもしれません。

でも、論理的にも事実です。

大元をたどれば、それは、
プラスは無限に取ることができるが、
マイナスは取れる限度がある、

という原理からきます。

積極投資というのは、
1回の勝負で取るリスクが高い投資です。

例えば、一回でマイナス10%となるリスクを取って
プラス20%を狙いに行くのが積極投資とすると、

一回でマイナス1%となるリスクに抑えて
プラス2%を小さく狙いに行くのが消極投資です。

一見、積極投資の方が、利益が伸びそうな
感覚になるかもしれませんが、

勝率が70%くらいで止まることを考えると、
何十回、何百回とトレードするうちには、
すごく運の悪いときが1回は来る可能性が高いのです。

そうすると、積極投資の人は
このたった1回の運が悪いときに
それまでの利益が全部吹き飛び退場になります。

しかし、消極投資では、積極投資に比べて
退場するほどにマイナスになるには
相当数の連敗を繰り返す天文学的な運の悪さが
必要になりますから、ほぼ退場がなくなる。

でも、リスクを抑えると利益も小さくなる。
そんな気がすると思うのですが、
実はそうではないんです。

例えば、10連敗する確率が1%だとしましょう。

そのとき、勝率が50%以上あると、
10連勝する確率は1%よりも高くなりますが、
話を簡単にするために、同じ1%としましょうか。

積極投資をすると、10連敗で退場で終わりですが、
消極投資だと、10連敗でも余裕で生き残れます。

積極投資の人は、1%の10連敗のリスクをとって、
1%の10連勝以上のリターンを狙うわけですから、

10連勝が先に起こればラッキー
10連敗が先に起こればアンラッキーなわけです。

でも、消極投資の人は、

100連敗のリスクを取って、
100連勝以上の利益を狙うことになるわけです。

そうすると、まず、消極投資の人のほうが
長く続けることができます。

長く続けることができると、
10連勝より先に10連敗が起きたとしても、

11連勝の方が11連敗よりも早く起きる可能性に
再挑戦することができ、

11連勝より先に11連敗が起きたとしても、
12連勝の方が12連敗よりも早く起きる可能性に
再挑戦することが出来…

99連勝より先に99連敗が起きたとしても、
100連勝の方が100連敗よりも早く起きる可能性に
再挑戦することができる

となり、
トータルで勝ち逃げできる可能性が
格段に大きくなることがひとつ。

それだけではないのです。

勝率は50%以上の手法で期待値がプラスの手法ですから、

回数が多ければ多いほど、
プラスとマイナス両方に複利がかかりますが、

プラスにかかる複利の方がどんどん大きくなっていく
という現象が起きます。

これが2つ目の効果です。

そして、3つ目は少し定性的要素が入りますが、

相場とは大きく見れば見るほど、
レンジ相場としての性質が強くなります。

ということは、
連勝(連敗)の許容度を
広く取れば取るほど、

結局プラスになる確率は比例以上に
急上昇していくことになります。

以上3点の理由で、
消極投資が積極投資に勝る
と私は思っています。

これは、実際のトレードに置き換えると
分散エントリー・分散エグジット
ということになります。

ブートキャンプにご参加の皆さんは、
DAY2でこのあたりの具体的手法まで
解説していきます。

どうぞご期待ください!

それでは今日はこの辺で。
コメントお待ちしています!

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集のオススメ>
今別のスクールに通っているけど、
いまいち結果が出ない…でも長期的に
通えばいつか勝てる。

本当にそれで満足ですか?

わずか3か月で安定的に勝てる手法が
あるとすれば、

あなたは大切な時間を、
スクールに通う時間に使うか、
資金を増やすことに使うか、

どちらを選びますか?

http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/


レンジ相場は◯◯の敵

2018.04.10
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
ブートキャンプDAY1の初回を
福岡で開催してきました!
 
私にとっては、初めての九州、
初めての9時間セミナーでした。
 
朝10時から夜7時まで9時間
途中休憩を除いても8時間ぶっ続けで
徹底的にチャートを読む練習をしました。
 
ロウソク足と出来高以外何もない
素のチャートだけを見て、
 
脳みそに汗を書きながら、
瞬時にチャートの未来シナリオを描き
買い・売り・何もしない、を決める。
 
そんな演習を、徹底的にやった1日でした!
 
 
正直かなり疲れたのですが、
参加者アンケートの中に嬉しい言葉がたくさんあり、
疲れが吹っ飛びました。
 
「目からこぼれるうろこも残っていません!」
「200%満足しています。」
「是非また来ていただけるとすごくうれしいです」

 
やってよかった、と思える瞬間です。
 
講師、冥利に尽きます。
ありがとうございます!
 
======
 
・・・
 
ご参加いただいた皆さんは、
昨日の努力を実力として定着させるために
必ず復習の徹底をお願いします!
 
そして来週は名古屋、月末は東京の皆さんに
お会いすることを楽しみにしています。
 
 
さて、それでは本題に。
 
今日のテーマは、
『レンジ相場はトレンドフォローの敵』です。
 
まず、あなたは順張り派ですか?
それとも、逆張り派ですか?
 
順張りというのは、
 
株価が上がってきたら買いで入り、
株がが下がってきたら売りで入る戦略で、
 
逆張りというのはその逆で、
 
株価が上がっているときに
「そろそろ下落するだろう」と予想して売り、
 
逆に株価が下がってきたときに
「そろそろ上昇するだろう」と予想して
買う戦略のことを言います。

 
そして、順張り戦略を
「トレンドフォロー」と呼びます。
 
トレンドとは、大きな流れのことですので、
大きな流れに従う=フォローする
という戦略を指します。
 
私は基本的に、
徹底的なトレンドフォロー戦略を
推奨しています。
 
CLEAR TRADE理論は、
多次元的なチャート分析と
徹底的トレンドフォロー戦略により、
伸びるフェーズを炙り出す理論です。
 
つまり、上昇が強ければ買うし、
下落が強ければ売る
、ということです。
 
このブログを読んでいる人も、
トレンドフォロー戦略の方が多いと思います。
 
 
このトレンドフォロー戦略は、
チャートが大きく動くときに
大きな利益が出るのですが、
弱点があります。
 
それは、レンジ相場では負けまくる
ということです。
 
レンジ相場というのは、
上がったり下がったりを繰り返す
相場のことを指しますから、
 
上がったのを見て買ったら下がり始めるし、
下がったのを見て売ったら上がり始めます。
 
こうなると、いわゆる「往復ビンタ」
といって、上昇でやられ、下落でやられ、、、
ということになりかねません。
 
こうならないためには、まず、
トレンドフォロー戦略はトレンドがないと勝てない
と理解しておくことが大切です。
 
そして、レンジ相場になってきたと思ったら

・取引を休む
・トレンドが発生している銘柄を探す

のどちらかの行動を取ればOKです。
 
現在、日経平均株価は、上昇・下落が
どっち付かずの状態になっています。
まさにレンジ相場ですね。
 
こういうときは、
日経平均株価と似た動きの銘柄は
取引するのをやめて、
 
代わりにトレンドが発生している銘柄を
探して取引するようにするのがいいです。
 
こういうときは、銘柄の動きが2極化します。

下がる銘柄はとことん資金が抜けていくし、
逆に、その抜けた資金は急騰銘柄に集まります。
 
勝ち続けるための鉄則は、
負ける試合をしないことです。
 
もっと言うと、難しい勝負をせずに
簡単な勝負だけを選んでやることです。

 
こういうときこそ、
普通とは一味違った戦略で
賢く利益を出して行きましょう!
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集のオススメ>
チャートを最大限活用する
方法を知っていますか?

たくさんのインディケータを
表示する必要はありません。
セミナー後には帰りの電車で
スマホのチャート設定を変更してみてください。

驚くほど明確にエントリーポイントが見えてくるはずです。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/


同じ過ちを繰り返すな 

2018.03.27
koushi_mrk01

From:Mr.K
東京に向かう新幹線の車内より、、、

おはようございます。Mr.Kです。

いつも以上に、今日は本音で書きます。

日経平均株価が暴落したとか
相場が荒れているとか

ニュースレターやtwitterが
騒がしいですが、

うーん、という感じです。

なんで空売りをしていないのでしょう・・・

日経平均株価が暴落するのは
今に始まったことではありませんよね?

一年に何回か暴落しています。

それも毎年。

同じことの繰り返しになっていませんか?

失敗は成功の母ですが、
失敗を活かすから成功の母なのであって、

同じ失敗を何度も繰り返しても
成功には繋がっていません。

日経平均が暴落して巨大な含み損を抱えたり、
どうしても塩漬け株ができてしまったり、、、

そういう悩みがある人に
喝(かつ)を入れたいと思います。

============

日経平均株価が暴落したとき、
失敗する行動パターンはというと

・安値で買おうとする
・含み損をホールドする
・ナンピンする

とこんなところでしょうか。

どうですか?

私は絶対やらないし、
私の教え子の皆さんも絶対にやりませんが

こういう行動を取る人は
けっこう多いと思います。

聞きますが、
それで毎回、塩漬けができるのですよね?

逆転の発想をしてみましょうか。

塩漬けということは、
マイナスが巨大になりすぎて
一向にマイナスが縮まらないということですね。

それはつまり、

もしも逆にエントリーしていたら
利益漬けになるということですよね?

通常、利益が出たときというのは
人はそわそわします。

「おおお!利益が伸びてきた!
や、やったぞ!!!
さてさて、慎重に利食わないと・・・」

となりますね。

お金に目が眩んでいる状態ですね。

一度得た含み益をなんとか一円でも多く
確保して逃すまいという浅ましい発想です。

ところが、塩漬けとなるとどうでしょう。

「はあ~、いつになったら戻ってくるんだろう・・・」

みたいな悠長な感じになりますよね。

その結果、利益は早めに利確して
マイナスは放置して拡大していきます。

だから塩漬けだけ残るわけです。

だったら、この逆をやればいいんです。

・・・

含み損になってきたら、

「おおお!含み損になってきた!
どこかで慎重にロスカットしないと!!!」

とロスカットのタイミングを虎視眈々と見て、
一定のロスカットになったら
すかさずロスカットをします。

そして、逆に含み益になったら、

「あ、含み益だ。お茶でも飲んで
しばらく放置して様子でも見ようっと。」

ということですね。

そうすると、損は早めにカットできて
利益漬け銘柄ができていきます。

・・・

そんなに簡単に言うなって?

いや、現実的に、そういう話ですよ。

やってみてください。

ただし、塩漬けというのは、
多くの場合、買った銘柄が下落していくことで
発生しているので、

これをやる場合は、
空売りをメインにやらないと
対称性が崩れますので、その点はご注意を。

さて、冒頭の

・安値で買おうとする
・含み損をホールドする
・ナンピンする

という暴落時の行動パターンですが、

この逆をやると、
むしろ暴落時に利益が出ます。

急落したら、

・即行で空売りする
・含み損は即切る
・ナンピンではなく空売りを重ねる

これで問題なく対処可能です。

もちろん、もっと複雑な議論というのは
ありますし、単に空売りするのが最適ではないですが、

少なくとも、いつも通りやっても
大損になるのでしたら、
同じことを繰り返すのはやめにしましょう。

トレードを続けていて、
買ったり負けたりで
プラスもマイナスもトントンの人は
それが普通です。(洗脳なし状態)

でも、毎回マイナスが膨らむ人、
あなたはある意味すごいです。

自分の行動をよくよく振り返って
分析をしてみましょう。

毎回負けられるんだったら、
必ず、その行動の中に
勝つ秘訣が見つかります。

とりとめもない感じになりましたが、

このくらい冷静に淡々とやることです。

(追伸)

CLEAR TRADE投資戦略のスピンオフセミナーが
東京・大阪の各2回、計4回終わり

合計で60人くらいの真剣な方に
お会いすることができました。

三重からお越しの方にいただいた
お土産の赤福を食べながらこの文章を書いています。

お越しいただいた皆さん
遠方から貴重なお時間をいただき
本当にありがとうございました。

セミナーだけでも実績に直結する内容を
少しでも学んでいただけましたでしょうか。

そうそう、今回は、セミナー後アンケートで
史上最高点数をいただきました。

200点!笑

満足度100%を沢山の方にいただき
今回のキャンペーンもセミナーも大成功です。

ブートキャンプは【3/31】まで申し込めますので
現状を打開したい方はぜひ飛び込んで来てください。

GOOD TRADE!!

Mr.K


【動画】もしも暴落したら…の判断と銘柄

2018.03.22
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
千葉のセミナー会場より、、、

なんだか怪しい雲行きになってきましたね…

相場と政局、安倍政権です。。。

日経平均もずるずると下げ方向にシフトしています。

なんとか踏ん張ってくれればいいのですが、
政治がらみの相場というのは、
翌日に底が抜けて始まりますからね。。。

そうなったらロスカットもクソもありません。
ただただうろたえてしまうだけです。

ですから、予測と戦略、予防線が大事になります。

ですので、今回は
どうなったら暴落相場なのか…?

また予防線とおすすめ空売り銘柄なんかを
ご紹介します(^^♪

  ↓↓↓

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
・銘柄選びが難しい…
・個別銘柄にチャート分析が通じない…
・夜の時間にもっとトレードできたら…

そんなジレンマを抱えながら
株式投資をやっているあなたに【朗報】です。

あなたのトレードを激変させる
運命の出会いが待っているはずです。

トレード人生を変えたいなら今すぐクリック


次の大相場を獲れる人、そうでない人

2018.03.17
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

こんにちは。
ウルフ村田です。

3月も半分が過ぎましたが、
チャートが物語っている通り、
現在の相場はかなりやりにくくなっています。

このような状況下でも
強い銘柄はありますが、

それにも乗れなかったのであれば、
今は無理をしないことが何よりも大切です!

地合いの良い時期は必ずやってきますから、
今は焦らず、下値不安のない銘柄が現れるまで
じっと観察すると良いでしょう。

この「観察」ですが、とっても大事なことですよ♪

トレードは、
常にやっていなければば、
腕が上がらないというものではありません。

むしろ、観察を続ける時間が圧倒的に多くて、
そこで培った力で実際のトレードが
実を結ぶのだと思います。

反対に、観察をしなければ
トレードの質は高まらないとも言えますね。

とはいえ、具体的に何をすれば良いのか
分からないという方には、

まずは市場やチャートの「全体」を
見ることに慣れていただきたいと思います。

1つの銘柄にエントリーするためには、

目の前の値動きだけでなく、
過去の値動き、底値、高値など

チャートの全体的な特性を
しっかりと把握する必要があります。

「木ではなく森を見ろ」という言葉通り、
チャートの日足が木ならば、
月足は森、年足は山、というイメージです。

この見方を癖付けることで、
長期的にも、短期的にも
割安で下値不安のない場所を
自ら発見する力がつくはずですよ(^^)

しかし、地合いの全体的な良し悪しで
割安株の上昇率は変わってきますので、

今の時期のエントリーには要注意です。

資産構築の原則は「良い時に、良い銘柄で」

やりやすい相場に転換した際に、
いち早く狙っていた銘柄にINできるように、

マザーズ指数、ジャスダック平均、
東証2部指数などのチャートのページは
忘れずにブックマーク機能を使って
毎日確認できるようにすると良いですね。

することが無いからといって
相場から目を離すのではなく、

次の大相場を楽しみに
日々頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田


【動画】結果の出た買い銘柄、これから期待の銘柄

2018.03.15
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

ほんとにやりにくい相場ですね(^^;

下がると思いきや、上げてみたり
上がると思いきや、翌朝にドスーンと…

先週末のチャートなんて、基本的に
下げなきゃいけない形ですよね。。。

日米の首相、大統領に振り回されてる感じです。

こんなときは
”正常な”トレードをさせてもらえません。

ただし、上手に銘柄を選んだり、
業種を選択しておけば、

それなりにいい結果につながるんですよ。

詳しくはこちらの動画で(^^♪

↓↓↓

朝が不安でたまらない人は、
一休みしておくのもありだと思います。

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
仮想通貨の税金対策で
お困りではありませんか?

こちらのセミナーでは
賢い節税方法をお伝えします。

受付終了になる前に、
こちらをご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/kuro0319/