カテゴリー別アーカイブ: トレード

短期トレードの鍵はコレ

2017.05.13
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今週の相場は「ふわふわ」
上がっていく様相でしたね。

利益を出された方も、
そうでない方も、

私にかかわる皆さんには
その後の転換まで見据え、

そこをしっかり捉える、
あるいは下がりきったところで
INしてほしいと願っています。

そのために、
初心者も経験者も誰もが出来る
取り組みを紹介します。

何かというと、
「頭のキレ」が大切ということです。

短期トレードでは「頭のキレ」が全て
と言っても過言ではありません。

特に最近の銘柄は
テーマ性があって強く上昇することも
あるのですが、

移り変わりがとにかく早くて、
エントリーや利益確定のタイミングが
ちょっと遅れただけで
一瞬で損失に変わってしまいます。

その時の判断の基準となるのに
株の知識は本当にわずかで、

圧倒的に「決断力」が重要になってきます。

どんな情報が入ってきたとしても
最後にトレードの判断を下すのは
皆さんですからね^^

なので、
株の技術を高めるのと同じくらい、

「頭のキレ」=トレードにおける決断力を
高めることは常に工夫してください。

そのためのアドバイスとして
以前の記事でも申し上げたかもしれませんが、

なるべく株のことだけを考えられるような
環境を作れるかがカギです。

例えば朝起きてから、

「今日の服はどうしよう?」とか

「あれやらなきゃな~」とか

「どこでランチしよっかな」とか

決めなければいけないことが多いと
「決断疲れ」を起こしてしまうからです。

もちろん、
皆さんそれぞれに事情があるとは思うので、

全部でなくても、
日常生活で決断しなければいけない場面を
少しずつ減らして行くようにしましょう。

あと、ネット証券口座を開いていない方は
必ず開いてくださいね。

過去、いろいろな人の話を聞いて
含み損を抱える原因になっていたのが、

「手数料が高くて・・・」ということ。

でも、一刻も早くロスカットして
逃げなければいけない時は

手数料なんかより自分の資産を守るのが
間違いなく大切です。

だからこそ、ためらいなく
売買できるように
ネット証券で口座を作ってほしいですね。

本当にお得ですし、
それも皆さんの決断力を高める
要因になります。

最後に、
私事ですが、大阪で講演をしてきます。
また近々そのことも報告しますね(^^
 
それでは。
 
 
 
ウルフ村田


うまく負ける方法を教えます

2017.05.09
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
ちょっと聞きますが、
 
あなたは、100%負けてくださいと言われたら負けられますか?
 
 
「そんなの、普通に勝とうとすれば負けられるよ」
 
という声が聞こえてきそうですね笑
 
 
じゃあ、負けようとしたことはありますか?
 
 
「そういえば、負けようとしたことはありません」
 
という人が多いと思います。
 
 
これ、すごくヒントになりますので、
この機会に真剣に考えてみてください。
 
 
 
負ける方法を、一緒に考えてみましょう。
 
 

まず、100%負けなさいと言われたら、あなたはどうしますか?
 
思いつく限りあげてみましょう。
 
 
・・・
 
 
どうですか?
 

    意外と思いつかない

のではないでしょうか?
 
 
・上昇の勢いが強いときに、空売りをする
 
・暴落しているときに、買いで入る
 
・値動きが少なく小幅で上下しているときに、エントリーの近くに損切りラインを設定する

 
 
こんなところでしょうか?
 
まだありますか?
 
別のことを思いつきましたか?
 
 
 
では、質問です。
 
「さっきあげた方法、本当に負けられますか?」
 
本当に?
 
逆に勝ってしまうということはありませんか?
 
本当にないでしょうか?
 
 
>>・上昇の勢いが強いときに、空売りをする
 
急騰の直後に暴落することってありませんか?
 
 
>>・暴落しているときに、買いで入る
 
あれ?暴落したときに買いで入るのは、
勝とうとするときもやっていませんか?
 
 
>>・値動きが少なく小幅で上下しているときに、
エントリーの近くに損切りラインを設定する
 
急に大きなローソク足が出て伸びていって、
どうしても利益が出てしまって“利益漬け(笑)”になってしまうことはありませんか?
 
 
 
真剣に考えた人だけが気づくと思いますが、
 
おそらく半数くらいの人が、
 
勝とうとするときと負けようとするときで戦略が同じになってしまったり、
  
負けようと思って負けることは意外と難しい
という結果になると思います。
 
 
勝とうとチャレンジすると
いつも負けてしまうのに、
 
負けようとチャレンジすると
うまく負けられない。
 
 
これ、なぜだと思いますか?
 
 
そう、
 
 
見た目でチャンスなときはチャンスではないことが多くて、
 
見た目でリスクに思えるときはそこまでリスクではない

 
ということが一つ。
 
 
そして、もう一つには、
 
エントリーは五分五分の勝率(つまり、予想できていない)で、
 
いつも、うまく行かなくなったときに諦めている

 
という行動パターンだからということです。
 
 
 
意味深すぎて、あまり多くの人に伝わらないかもしれませんね。
 
 
 
簡単に言うと、100%負けたければ、
 
うまく行きそうなときにエントリーして、
 
うまく行かなくなったらやめればいい
ということです。
 
 
それを、負けようとした途端に、
 
負けそうなときにエントリーしたりするから、
 
勝ってしまうことが出てくるのです。
 
 
 
いいですか、
 
 
うまく負けたかったら、
 
明らかに上昇しているときに買いでエントリーするか、
 
明らかに暴落しているときに空売りでエントリーして、
 
マイナスになるのを待ってエグジットしてください。
 
 
 
今日の結論は、テクニカル分析でもファンダメンタルズ分析でもありません。
 
直近のロウソク足だけを見て、すごく簡単に負けることができる方法です。

 
ぜひ、やってみてください。
 
 
勝とうと思ったら、まず、負け方の分析が必要です。
 
何かの気づきになれば、幸いです。
 
 
GOOD TRADE!!
 

Mr.K

P.S.
9割の人が株式トレードで
負けている背景には、
共通する原理原則が存在します。

あなたがトレードを仕事にしたいなら
この厳然たる事実を必ず知ってください。

http://j-i-s.info/j-i-s/170519_seminar/


次なる高みに行くには…

2017.04.24
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

先日、通販でパンツを
買いに行った時の話です。

とてもきれいなオレンジ色のパンツです。

何故オレンジなのかというと、
春なので明るい色が欲しかったからです。

ところが届いてみると…

WEBで見た画像の色より
さらに明るいのですね(汗)

はいてみるとカーンと
人目をひくくらい明るいのです。

明るすぎるというか、鮮やかすぎるというか…

一言で言うと…派手なんです。

道を歩いていると
すれ違う人がチラチラと見ていきます。

改めて周りを見渡してみると

私のような派手な色のパンツを
はいてる人はほぼいません。

懇親会に参加しましたら、

ほぼ全員からすごい色のパンツですね、

と言われました(^^;

なかなかはくのも勇気が必要です…

さて、せっかく買ったこのパンツ…

すごく派手なオレンジ色のこのパンツ…

どうしたら下手に目立たないように

はけるようになるでしょう…?

答えはこうです!

東京ドームではけばいいのです!

東京ドームといえばジャイアンツ!

ジャイアンツといえばオレンジ色です!

街中では異常なオレンジ色も東京ドームで

はけば極めて普通なパンツになるのです。

こんな派手なオレンジ色でも東京ドームでは

普通に受け入れられるはずです。

オレンジばかりのところに行けば

派手なオレンジでも受け入れられのです。

さて、トレーダーの方でどうしたら次の高みに

いけますか?と質問を受けます。

これ答えは簡単なんですよね。。。

すぐれたトレーダーの仲間を持つことです。

すぐれた投資家たちの集団に身を置くことです。

すぐれた集団に身を置いて、アドバイスをもらったり

アイディアを聞いたり、

頭やマインドを同調させるのです。

人は環境にもっとも影響を受ける動物です。

人はオオカミに育てられると

狼少年になりますが、猫や犬はなりません。

人はすごく環境が大事な動物なのですね。

なかなかロスカットができないというなら

ロスカットをきちんとしているトレーダー集団に

身を置いてロスカットが当たり前になるようすればいいのです。

なかなか30万以上稼げないというなら

100万を軽々と稼いでいるトレーダーと

付き合えばいいのです。

ネットで検索すれば成功しているトレーダー集団は

いくらでも出てきます。

いろんな会合を開いてくれています。

今の自分がそのレベルでないと引け目を感じるのは

よくわかりますが、勇気をもって参加してみることです。

株は勉強や経験である程度のレベルまではきます。

さらなる高みに上がりたければ、自分より優れた

トレーダー集団を探して、勇気をもって

参加してみましょう(^^♪

藤井百七郎


私が安定して勝てる理由を明かします

2017.04.04
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日のメルマガは、あまり多くの人には読んでほしくありません。

できれば書きたくなかった内容です。

株式トレーダーとしてメルマガを書いてきましたが、

実は最近、FXにも取り組んでいます。

トレードをする日は、2~4時間のデイトレをしますが、

正直、負ける日がまったくありません。

負ける気もまったくしません。

むしろ、負けるわけがないと思っています。

なぜか・・・?

それは・・・

先が読めるからです。

『チャートの先の展開が読めるから』です。

チャートの未来がわかったら、負けるわけありません。

逆張りでも順張りでも、

スキャルピングでもデイトレでもスイングでも、

分散投資でも単発投資でも、

片張りでも両建てでも、、、

チャートの先が読めていれば、どんな方法でやっても負けるわけがありませんよね。

信じられないという方は、
ここで読むのを止めてください。

===========

・・・

読み進めていただいてありがとうございます。

「チャートの先が読めるなんて、嘘に決まっている!!」

そう思った方が、実際ほとんどだと思います。

それが、実態です。

しかし、どうでしょうか。

チャートの先が読めなくて、勝つことなんてできるのでしょうか?

チャートの先が予想できない、つまりランダムだとしたら、

論理的には、勝つ方法は資金管理しかありません。

資金管理というのは、いつ、どのタイミングで、自分の資金の何分の一を投資するか?

ということを言います。

しかし、少し考えればわかることですが、

完全にランダムだとしたらどんな風に資金を配分し、
エントリーとエグジットをコントロールしても、期待値は常に0(ゼロ)になります。

つまり、証券会社の手数料分だけマイナスになります。

わかりますでしょうか?

論理的に考えれば、

「先が読めないなら、トレードで勝つことは不可能」

ということになります。

このテーマについては、言葉を変えて
これまで何度かメルマガでお話ししてきました。

しっかりと理解していただきたいのです。

ノートをお持ちの方はメモしてください。

『短期トレードで勝つためには、先を読む力が不可欠』
です。

しかも、それだけでも実は勝てません。

そう、チャートの先読みができただけでは、勝てないのです。

その話はここでは割愛して、話を戻しますと、

短期トレードで勝つためには、何らかの手段でチャートの流れを予想し、
先回りして賭けておく必要があります。

「上がる前に買い、下がる前に売る」

それができなければ、大きく利益を出すことなんてできません。

それを、下がってから売ったり、
上がってから買うからおかしなことになるのです。

「前回底値を割ったら売る」
「前回高値を抜いたら買う」

これを続けていたら損大利小から逃れることは困難です。

つまり、レンジブレイクアウト戦略は特殊な場合を除いて間違っています。

 

個人的にプロトレーダーの友人が何人がいますが、

彼らに共通するのもやはり、

ある程度の確率で先を読めているということです。

下がる前に下がる確率が高いとわかるのだから、

それはすなわち逆張り的発想かというと、そうではないんです。

単純な逆張りというのは、下がったから上がる、または上がったから下がる、と、

逆の取引が続いたときに反対の取引を行なうことです。

それは全然違います。

逆張りで読むのではなく、然るべき予兆を捉えて

順張りで張るというのが正確だと思います。

下がる前に、然るべき理由をもって下がると予想し、

上がる前に、然るべき理由で上がると予想しています。

勝っている人は、それぞれで予想するロジック(論理)を持っています。

 

あなたは自分のロジックが見つかっていますか?

また、見つけようとしていますか?

 

手法の本質は、先読みのロジックです。

トレードは、できるようになるまでは決して簡単ではありませんが、

再現性があり、検証可能な先読みのロジックを手に入れることにフォーカスして、

様々なトレード手法を学んでいただければ

本質を掴むことができると思います。

 

新年度が始まり、相場も動いていきます。

目先の小さな変動に惑わされることなく、本質を見て賢く勝って行きましょう。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.

信じられないかもしれませんが、
チャートの先を確実に読み、
論理的に勝つ方法は存在します。

もしあなたが真剣にトレードスキルを高め
それを収入に繋げたいのなら、
ぜひ一度私に会いに来てください。

その理論の全てを余すことなくお伝えします。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170407/


百害あって一利なし!

2017.02.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

スクールの授業ではトレードで勝つために、
「頭の回転をよくしよう」ということで、
手法以外にも大切な週間についてお伝えしています。

私が普段どんなことを考えているのか
知りたいという方も多く
いらっしゃるかと思いますので、

以前も伝えましたが、
私が朝に「絶対」やってはいけない
習慣についてお伝えします。
 
特にトレードで今、あまり勝てていない人は
気をつけて欲しいのですが、
 
 
朝、含み損銘柄の計算をするのは
絶対に避けてください。
 
これは百害あって一利なしです。
 
理由はいくつかありますが、
朝は1日のトレード手順を組んだり、
情報を収集したりするために
非常に重要な時間だからです。

人間の脳も、
朝が最も活性化します。

その貴重な時間を含み損の計算に使っていて、
次の大相場を作る銘柄やその情報を
掴みそこねてしまったら、
それこそ「もったいない」と思いませんか?
 
 
また、気持ち的にも
「さぁ、今日も一日頑張ろう!!」と
希望とエネルギーに満ちてスタートする
タイミングのはずの朝に、

含み損の計算をしていたら
どうしても気持ちが落ち込んでしまいます。

そうなると、人間とは不思議なもので、
「含み損」というネガティブな感情が、
頭の回転を鈍らせるんですね。。。
頭の回転が鈍ると

当然、次のトレードにも悪影響が出てきますし、
本当に良いこと無しです。
なので、もしあなたが含み損に悩んでいて、
朝、その計算から始まっていたら、
今すぐそれは止めた方が良いと思います。
 
トレーダーという生き物は
何が起きても頭を切り替えて
対応を変えることが生き残るためには重要ですので、

上記の事実からも、含み損を抱えている銘柄から
もし資金が抜けているなら、
早めのロスカットをして次にスパッと移るのもアリです。

もし持ち続けるにしても
明確な戦略を立てて、毎日のはじまりに
含み損の計算をしなくて済むように

プランを立ててみてください^^
 
 
ウルフ村田


「安いところ」ってどこ?

2017.01.28
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

私は、よく注目している銘柄の
「安いところを狙って」と言っているのですが、

言葉足らずで
「安いところってどこ?」と
大量に質問をいただいてしまうので笑、

今日はそれについて解説したいと思います。

これは特に小資金の方は必須の技術になります。

「安いところ」とは、結論から申し上げると
その銘柄の日足(日中足)の下値のことを言います。

何だそんなの当り前じゃないか!
という方もいると思いますが、

その下値を1週間~数か月単位で
見てエントリーポイントを決めることが肝心です。

なぜなら、銘柄によって

上下を繰り返したり、ある価格帯で留まったり
平穏な状態から突発的な上げを繰り返したりと、

チャート上に傾向が出ているからです。

下値に注目するとその傾向が分かり、
皆が良いと言っていても、
傾向的に高値圏であれば、
エントリーしなくなります。

そして、その銘柄をウオッチしながら、
株価が「安いところ」=下値付近に来たら、
始めてエントリーを考えるんですね。

これはお仕事で日中チャートを
見られない方にも有効ですので、

安易に高値掴みせず、
傾向を見抜けるように取り組んでみてください。

また、初動や良いエントリーポイントで入るためには、
できるだけ株に集中できる環境を作ってほしいですし、

私が変わらずワンピースを着続けるのもそのためです。笑

「株」以外の事になるべく頭を使いたくないですし、
私と同レベルとはいかなくとも、余計な思考を省いて

少しでも株の時間にあててみるだけでも
結果はずいぶん変わってくると思います(^^♪

ウルフ村田