カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

〇〇の被害にあわないために

2018.01.31
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

昨日、D.C.から帰ってきて、
なにげなく見ていたテレビの国会中継で、

倒産したジャパンライフという会社に関して
質疑応答が行われていました。

どうもこの会社は、
物を買わせた上でその商品をリースし、
6%の利回りを保証する事業をしていたそうで、

300人余りの方が1億円を超えるお金を預け、
総被害額は2000億円を超えていたとのことでした。

また、別のところではある会社が、

マルチ商法で広げた仮想通貨を
上場確実と謳って
(上場というのが会社なのか通貨なのかは不明ですが)
それを売りさばいてたようで、

こちらも行政処分され、
その会社は通貨の取り扱いを停止しました。

どちらも金融詐欺事件です。

今やこの世は、一歩外に出ると、

いや、外に出ていないときでさえ
ネットを通じて、

驚くほど様々な儲け話
目に飛び込んできます。

つい心が揺れて、
誘惑に乗ってしまいそうになることも
あるかもしれませんが、

こうした儲け話には、
常々注意しておく必要があります

下手をすると、

預けたお金が全く違うことに使い込まれて
一銭も戻ってこなかった、という
被害にあうことも十分考えられます。

これは、
証券会社や銀行から何かのファンドを購入し、
投資したら15パーセント下落して損をした、

というような話とは次元が異なります。

騙してお金を集める人々が悪いのはもちろんですが、

私たち自身も、
そういった人々から身を守る力を身につけていかなくてはなりません。

様々な金融詐欺が横行する世の中で、
現代人として必要な知識を身につける

つまりリテラシーを持つということですね。

冒頭で述べたような詐欺被害は、
金融商品を扱う上で必要なリテラシーがあれば
回避できた可能性があります。

誰かにお金を預ける場合、

日本においてその相手は、
金商法という法律に従った
登録(もしくは免許、許可)事業者でなくてはなりません。

法律に従った事業者は、
締結前書面(メールやPDFを含む)の交付をはじめ、
広告規制、標識掲示義務、内部管理基準と
監督官庁による監査を受けます。

その登録をしていない会社はモグリであって、
当然違法営業なので、

その投資先や運用も疑わしいと思うべきです。

儲け話につられて大金を預ける前に

その預け先をよく調べるということは
欠かさないように注意していきましょう。

<編集部のおすすめ>
近い将来あなたに
圧倒的な成果をもたらすであろう
情報源に興味があるなら、

少しお手を休めて、
このページを読んでみてください。

きっと後悔しないはずです・・・

こちらをクリック


本当は恐い、でも本当は面白いビットコイン

2017.05.29
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
羽田空港のロビーより、、、

それにしてもビットコインはすごい乱高下ですね。

1ビット25万円から
一気に35万円に跳ね上がったかと思えば、
ズドーンと25万円まで下がりました。

株にはストップ高、ストップ安がありますが、
ビットコインにはないので
この値動きにはびっくりしますね。

まだまだ整備されていない
規模の小さな市場なので
仕方のないことなのでしょうが、

このところの乱高下で
悲喜こもごものドラマがあったようです。

人の感情ってほんとうにおもしろいもので
しばらく25万円くらいで
じっとしていたビットコインが
35万円まで跳ね上がって、25万円に下げた…

ここに2つの事実があるわけです。

・25万円から35万円に上がった
・35万円から25万円に下がった

話しをまとめてしまうと、
元々25万円だったビットコインが
元の25万円に戻っただけです。

元の値段に戻った…
つまり「損」はしていないわけです。

でも多くの人は、
「損をした」気分になっています。

このあたりが行動経済学でいうところの
アンカリングやプロスペクト理論
ということになります。

35万円の高値が正しい価格に思ってしまい
元々の価格に戻っただけなのに損した気になったり、

10万円あがったときのやったー感より
同じ10万円下がった時の喪失感のほうが
きつく感じたりします。

別に損してないのに多くの人が
大きな損をした気持ちになるのです。

この感覚が今後のトレードの判断に
大きな影響を与えます。

この感覚が大事な
トレードコンピューターを狂わせるのです。

持っていればまだまだ上がるのに
売ってしまったり、
次の投資機会を逃したりします。

人の感情、感覚ってほんとうに恐いですね。

このトレードの判断を鈍らせてしまうような、
人が元々持っている感情、
感覚に打ち勝つためには

冷静な見通しと確固なルールを
持っておく必要があります。

上がったものはどこかで下がるもの…
ならば目標価格を決めておいて、

そのあと上がろうが下がろうがお構いなしで
手仕舞う姿勢も必要でしょうし、

今後のビットコイン市場の見通しも自分なりに
持っておく必要があるでしょうね。

私なりに僭越ではございますが
ビットコインの見通しについて
お話させていただきます。

・ビットコインの高値は40万円くらい
・手仕舞いのヒントは、
まだ整備されていない市場に
大手が介入して、整備されて、
多くの人がビットコインに群がってきた時が
高値ゾーンと考えています。

このところは雑誌やバラエティ番組でも
ビットコインが紹介されています。

恐らくしばらくはこの”異常事態”が
続くと思われます。

荒れ狂う相場では、
自分で確固たるルールと見通しをもって
信じるように努めていきましょう(^^♪

藤井百七郎

P.S.
ビットコインの見通しと予想高値は
あくまで私的な見解なのでお許しくださいね。