カテゴリー別アーカイブ: IPO

【動画】明日からの相場を予測します。

2018.04.19
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅のオフィスより、、、

いや~抜けてきましたね!

22000円、日経平均です。

呪縛のように抜けなかったのですが、
抜けるときってのはスルッと行くんですね。

さらに今回の抜け方はとてもいい抜け方です。
場中にしっかりとした陽線で抜けてきています。

そして、上ひげで終わることなく
寄付き陽線坊主で終わっています。

まだまだ明日からも行くぜって気迫が
ローソク足からも感じられるようです。

・・・ネガティブな政治的要因がなければの話ですが(^^;

さてさて明日からはどうなるのでしょう…?
実は昨年4月にも同じような状況があったんですよ。

その時のことを参考にすると、

おぼろげながら明日からの相場が見えてきます。

詳しくは下の動画で解説しています(^^♪

 ↓↓↓

<編集のオススメ>
3ヶ月で月利20%が安定。
1トレードで月給超え。
必ず勝てるようになると確信した。

上記はある”秘密”を知った
方達のコメントです。

そんな劇的に変わるはずがない!と
疑うのが普通ですが、

じつはごくシンプルな”秘密”だったのです。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/


IPOセカンダリ市場での失敗談

2018.04.12
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅のオフィスより、、、

今回はチキンハートな私の失敗談です。。。

最前からご紹介していますが、
このところはIPOセカンダリ市場で売買しています。

日経平均自体がどっちに行くのか
とても読みにくい中で、
この市場はとても有効です。

また資金がこの市場に逃げ込んでいるため
値幅も大きく、利益もよくとれています。

ところが、ところが・・・
やはり私も人間でした。。。(汗)

これまでの常識が頭の中にあるんですね~

いわゆる「メンタルブロック」ってやつです。
こいつのおかげでもっととれたのに

ちょびっとで手仕舞ってしまいました。。。

その悔しい思いと反省はこちらから(^^♪

 ↓↓↓

<編集のオススメ>
安定したトレード手法が知りたいあなたへ。

稼いだトレーダーの
話を鵜呑みにしてはいけません。

短期的に稼げた。
たまたま運がよかった。
ただそれだけでも稼いだことになります。

こちらでは40年実績を積み重ねてきたプロトレーダーが
実際のチャートを交え、

あなたの目の前で着実に勝ち続ける手法をお教えしています。

http://japan-i-school.jp/jim/180418_seminar/


私がIPOセカンダリにしてる2つの理由

2018.04.09
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅のオフィスより、、、

先日の動画で、私が通常の225銘柄ではなく
IPOのセカンダリをやってると話したら

下記のようなコメントをいただきました。

「IPOセカンダリー?株の講師が日経225から離れるってどうなん?」

これはとても良い質問だと思いましたので
その回答をみなさんとシェアしたいと思います。

結論からお話しすると、

はい、全然OKです!!

私がセカンダリやった理由は2つです。

一つは、それが当たり前だからです。

トレードの基本は日経平均などの相場と
歩調を合わせることです。

仮に日経平均が上昇相場であると判断すれば
225採用銘柄を優先して買っていきます。

逆に下降相場であると判断すれば
225採用銘柄を空売りしていきます。

ところが上昇でも下降でもなく持合とするなら
225以外の銘柄に注目するべきです。

東証一部全体で銘柄を探しに行くとか、
新興市場にも目を向けるべきでしょう。

今回は日経新聞にも載っていましたが
IPO市場にお金が集まっている
ということだったので

IPOのセカンダリをやってみたというわけです。

一番活況な市場で売買するのも
銘柄選択の基本ですね。

ですから「株の講師が日経225から離れるってどうなん?」

という質問への回答は、、、

ありです!100%ありです!!

恥も外聞も関係なく、ありです!!!

それからふたつめの理由。

私は〇〇だというこだわりは
邪魔だと考えるからです。

たとえば「自分は225オンリーのスウィングだ」
というこだわりは、

相場にトレンドがあるときは
よい結果につながるでしょう。

しかし、トレンドがなかったり、
ポジションと反対に動いた場合は、
とんでもない損になります。

これからのトレーダーは、
凝り固まったこだわりは
捨てるべきだと考えています。

225銘柄オンリーとかジャスダックだけとか…
絶対に長期投資とかデイトレ専門とか…

その時々の相場に合わせることが大事だと思います。

最近の野球も同じですね。

昔の野球は誰がどのポジションで打順も何番と決まっていました。

「3番サード長嶋」みたいに。

でも今の野球は決してそうではないですね。
1~9番どこでも打てるバッターが多いですし、
どこでも守れる選手が重宝されます。

いわゆるユーティリティプレーヤーですね。

対戦チームやその時のチーム状態によって
守りを変えたり、打順を変えるのが当たり前の時代です。

これからのトレーダーも同じように

これまでのこだわりに固守するのではなくて、

その時の相場に合わせて、市場や銘柄、手法なども

変えていく必要があると思います。

だって、やりやすい相場なんて
ほとんどないわけですから。。。

普段は長期だけど、今はデイトレ風に仕切ってみようとか、

いつもはやらない値上がりランキングから銘柄を探してみようとか、、、

その時々の相場に合わせて、生き延びていく道を
模索していかないといけません。

相場は利益優先、最後に勝ったものが勝ちの世界です。

何と言われようが、利益を出せばいいのです。

さてさて、あなたはどっちの道を選びますか?

自分の美学にこだわって今までのやり方を貫くか…
それとも、恥も外聞もなく生き延びる道を探すか…

答えはあなた次第です(^^♪

藤井百七郎

<編集のオススメ>
もしあなたが、
この下落相場で利益を出せずに困っているのなら、

あるいは、
なかなか投資成績が安定しない

空売りにもチャレンジしたいけど、
怖くて手が出せずにいるのなら、、、

この秘密の講座は、
まさにあなたのためのものです。

http://japan-i-school.jp/jim/hk2018_opt/


今年もチャンスを楽しもう!

2018.01.14
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます!
谷口です。

年初から、暴騰している日経平均ですが、
年末の見事な三角持合いからの上っ離れと
セオリー通りに動いています。

1月は米雇用統計が良いので、
ダウ平均は25,000ドルの大台を上っ離れ。

しかし、為替は持ち合いを保っています。

うかつに喜んでもいられません。

ロスカットはもちろんですが、空売りも視野に入れて
利益を積み上げて行きましょう!

さて、2017年度も絶好調だったIPOですが
今年も絶好調を保つでしょう!

今後も楽しめる銘柄が目白押しです!

【今年IPOが噂されている銘柄】

メルカリ
2017年上場の噂あり。
フリマアプリで世界展開をもくろんでいる
大人気銘柄。

ZMP
2016年から上場延期された、
自動運転の核になる銘柄で、こちらも大人気。

USJ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。
ハリポタで再上場!

JR貨物(日本貨物鉄道)
全国規模で貨物列車を運行、
他不動産事業などで大型安定上場銘柄。

Spiber(スパイバー)
鋼鉄の340倍という次世代繊維
「クモの糸」を開発しているベンチャー企業。
大人気間違いなし。

サウジアラムコ
世界最大の石油会社です。
時価総額は200兆円(上場分で10兆円)。

東京メトロ(東京地下鉄)
東京で地下鉄を経営する老舗鉄道事業者。

ヨドバシカメラ
家電量販店から多角的な経営を進めてきている。

ランサーズ
ランサーズはフリーランスのための新しい仕事形態である
「クラウドソーシング」の先駆けの会社。

Sansan
法人向けにクラウドで名刺を管理するサービス「Sansan」や、
個人向けの名刺管理アプリ「eight」を提供。

洸陽電機
省エネ支援から発電所建設まで、エネルギーに関連。

ブシロード
カードゲーム、トレーディングカード、
ゲームソフトを手掛けている。

ロッテ
大型上場銘柄、人気化間違いなし。

などなど、

上場までに、IPOのテクニックを身につけておけば

将来は安泰です

今年もIPO銘柄は話題に事欠きません!

儲けるチャンスがてんこ盛りです!

しっかり稼いでIPOを楽しみましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
先日、手法や知識に憑りつかれている友人に
2017年のトレード結果を話したら、

「どうしてこんなに差が開いたんだ…」
と嘆いていました。

2018年は、その友人と一緒に、
本質的なトレード戦略を学べる
こちらのセミナーに参加します。

2018年、勝ちを独り占めしない方はコチラへ


戌年の相場を占う

2018.01.07
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

新年、明けましておめでとうございます!

谷口です。

今年は「戌年」!
干支によってその年の相場を占う、
所謂、アノマリーというものがりますが、

今日のブログでは、
戌年のアノマリーを見てみましょう!

1940年からの相場で戌年は過去5回、
勝率は4勝1敗 80%となっています。

今年は戌年の中でも、
「戊(つちのえ)戌」となるのですが
前回は60年前の1958年。

この年の日経平均はなんと年間で、
40.5%もの上昇しています。

当時は、東京オリンピック(1964年)
に向けて国立競技場が完成、
岩戸景気がスタートした年でもありました。

当時の首相は、
安倍晋三現首相の祖父である岸信介。

1961年までの長期上昇相場の
入り口になっていました。

さて、
このアノマリーが繰り返されれば、
2018年の日本経済は
大きく上昇することになります。

とても楽しみですね!

これだけ大きく上昇すると
リセッション(世界恐慌)入りするのでは?
との声もあります。

ですが、現在の世界経済の流れを
マクロ的に見てもその可能性は低くなってきました。

記憶に残るリーマンショックの時代とは、
異なる状況と言う事ですね。

ビットコインのバブルや、中国経済のバブルが
リセッションの切っ掛けになるとの声もありますが、

どちらも、大手金融機関からは
離れた場所で動いており、
危険性は少ないとみられています。

IPO銘柄につていもセカンダリーを狙える銘柄が
多数出てきていますので、

市場の勢いを味方につけつつ、

しっかりと適正株価を計算しながら、
押し目を狙っていくことで、
かなり優位なトレードが可能になりそうです。

こういった好条件の相場こそ、
冷静な判断が重要になります。

そのための知識とスキルの習得に
手を抜かない姿勢が、成果…つまりは
手元に残る利益の違いとなってきます。

私も皆さんにお役立ていただけるような情報を
逐一、このブログでお伝えしたいと思っています。

絶好のチャンスを一緒にモノにしていきましょう。

今後日本が経済成長を続けていくことを予感する年明けに、
皆さんと同じ時間を過ごせる事は大変喜ばしいことです。

2018年もよろしくお願いいたします!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
空売りも知らないトレード初心者が
3ヶ月でトレード成績を安定させ、

今では、毎月コンスタントに
100万円の利益を獲得するまでになった

具体的プロセスをお伝えします。

残席わずかです。

利益を安定させる秘密はコチラ


【IPO】2017年の結果と2018年の展望

2017.12.31
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

2017年も今日が最後の日となりました。

皆さんにとって
2017年はどんな年だったでしょうか?

私にとっての2017年は
大きな変化の年となりました。

株式投資の中でも特に気に入ってやっていたIPO投資。

これを皆さんに提供するために沢山の資料を作成し、
出来るだけ分かりやすくしようと悪戦苦闘しました。

その甲斐あってか、
沢山の生徒さんが利益を取り始め、
成果の報告をいただけるようになりました。

講師として1番うれしい瞬間が、
生徒さんから成果報告をもらう時です。

トレードは1人で出来ますが、
利益を取った喜びは人と分かち合った方が
2倍にも3倍にもなるものです。

2018年は、この喜びをより多くの方に
提供してい行きたいと考えています。

2017年は
トランプ大統領旋風、
北朝鮮問題、
東芝歴史的な赤字、
安部政権存続の危機になりそうな不祥事、
ロシアゲート疑惑
世界同時サイバーテロ、
タカタ経営破綻、
ヒアリ騒動
神戸製鋼関連のデータ改ざん不祥事

などなど

株価を動かす大きな出来事が沢山ありました。

トランプ政権は、
オバマ政権が作った経済の基盤のおかげで
完全雇用も達成するほど経済は安定上昇しており、

日本経済も、
安部政権の経済政策が身を結び始め
株価も安定して上昇してきました。

今年に入ってから3度目の持合いですが、
下落するような形ではなく
緩やかに上昇の形態を取っています。

2018年の経済がこのままいけば、
日経平均で25000円~27000円が上値目途です。

この金額を急激に超える出来事があれば、
暴落の危機が来ますので注意が必要です。

今年のIPOは90社が上場し、
経済好調の煽りから
個人投資家の資金が集まってきました。

11年ぶりの騰落率500%超えの銘柄も出現し、
90社の公募価格から
上場日の価格上昇の勝率は91%
下落率のトップでたったのマイナス6%と、

何でも良いから
IPOを買いにきている感がありました。

全銘柄の平均高騰率は112%!
もし全部の銘柄に当選出来ていたら、
ノーリスクで資金は倍に増えたことになります。

今年話題になった銘柄として

大型上場
SGHD(佐川急便)

金融とITを組み合わせたフィンテック
マネーフォワード
トレードワークス

ユーチューバーのマネジメント(初物)
UUUM

AI(人工知能)
PKSHA Technology(パークシャ テクノロジー)
ユーザーローカル

外食系
力の源(一風堂)
スシロー

等があり、

今年の時代背景を映し出すような銘柄も
沢山出てきました。

抽選で当てるのは難しいので、
セカンダリーを推奨しているわけですが、

この上場後のセカンダリーも、
異常な盛り上がりがあった年でした。

私が生徒さんに
お伝えしている各手法の結果です。

・底値拾いパターン
勝率:69.8%
平均利益率:26.7%
平均損失率:-5.2%

・初値買いパターン
勝率:59%
平均利益率:61%
平均損失率:-10%

・2日目以降パターン
勝率:53%
平均利益率:40.7%
平均損失率:-14.9%

投資の王道、
損失を小さくして、利益を大きく取る手法
これが実っている感じです。

2018年も今年と同じ
90~100件もの銘柄が上場予想されていますので
来年も大きな成果が期待出来そうです。

2018年に上場が期待されている銘柄は

フリマアプリのメルカリ

ヘアカット専門店のQBハウス

フィンテック分野の
クラウド会計ソフトを手掛けるfreee

など、
楽しそうな銘柄で話題になる事必須です!

2018年度は株式相場が堅調に推移し、
皆さんの資産大きく膨らむことを
お祈りしております!

それでは、今年最後のメルマガでした。

皆さま良い年をお迎えください!
2018年もよろしくお願いいたします!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
成功する人と成功しない人の差
それは情報源の質の違いです。

もしあなたが、
その他大勢から抜きん出た
結果を手にしたいのであれば、

タイムリーかつ、普通では
手に入らない情報を提供します。

他言無用です。