カテゴリー別アーカイブ: テクニカル分析

今は稼ぎどき?週明け相場はいかに

2018.02.18
admin-ajax

From:谷口洋章
金沢の自宅より、、、

おはようございます!

谷口です。

さてさて、北陸の大雪も
ようやく収まり

日経平均の暴落も
収まりそうな今日この頃

持合いだったドル円も円高に動いたのに
日経平均もダウ平均も上がっています。

もう、マクロも何も関係ない感じですね!

こんな相場はどうしたら
利益が出しやすいのでしょう?

日経平均に影響されにく銘柄を見つけて
買い向かう事ですね!

特にIPO銘柄は
そんな銘柄が多いですから

すでに上昇してきた銘柄が
たくさん出てきました!

さすがに日経平均が
急落すると影響されますが、
その後の動きが安定していて良いです!

為替が円高なのに日経平均が
上がっていると言う状況ですから

まだまだ不安定だと
考えておくと良いですね。

今回の下げは人によって苦しく
人によってはやさしいものでしたが、
次回1~2年後の事も考えておきましょう。

次回はこんなものではないと、
みんな知っています。

アナリストが日経平均が
3万円だ4万円だ5万円だと言っても
30年後の話をしているように僕には聞こえます。

そんな事が今年1年で起こったら
それこそ大暴落が来てしまいます。

ロスカットの技術、
トレードはロスカット。

そのことは肝に命じておきましょうね。

利益は今の間稼いでおけば、
暴落が来ても大丈夫という考え方は
いつの時も要注意です。

リーマンショック、バブル崩壊

起きないとは言い切れないですよね?

それでは、月曜に向けて頑張りましょう!!(^^)

谷口洋章


大雪と日経乱高下にはご用心!

2018.02.11
admin-ajax

From:谷口洋章
金沢の自宅より、、、

おはようございます!

谷口です。

現在株式相場も大変ですが、金沢も大雪で大変です。

数十年ぶりの大寒波で、町はパニック状態!
バスも、電車も止まり、1晩で車は雪の中!
TVアンテナに雪が積もり、TVも見れない状態です。

朝から晩までみんな雪かきに追われて、
体ぼろぼろ、思い出ぼろぼろ…

なんて冗談を言っている場合でもなく、
ここ数日は雪も融けたのに
またまた大寒波だそうです。

「油断大敵、雨あられ」です!

でも久しぶりなので、降る雪の神秘さと
雪かきで生まれるご近所さんとの交流や

はまった車に手を差し伸べる人々の
ほっこりする場面を見ると
このしんどい大雪災害も、結構楽しめるんですよ!

さて、
それどころではないと言っている人も多いと思うので

相場の事も少し、、、

昨日はダウ平均が大きく下げる中、
日経平均も後追いの形で下落しました。

ダウ平均は少し落ち着きが出てきたようにも思いますが
まだまだ、安心はできません。

本当の暴落にならずに済んだのは、
アメリカの景気が良いからです。

ですので、
むしろ「この程度ですんだ」と思いたいところ。

ただし、

投資家心理は少し冷えたので、急上昇して復活!

なんて、夢にも思ってはいけません。

こんな時は、雪見障子から大雪を見物するのが得策です。
災害と戦っても勝てる見込みはありませんから。

冒頭、自然災害の話をしましたので
テクニカルにもこの自然から導いた
数値を使った指標があるのでご紹介をしますね。

日本ではあまり知られていないテクニカルに
フィボナッチリトレースメントと言う自然係数を使った
外国人投資家が好んで使う指標があります。

日本では半値戻しとか、
3分の1戻しと言われるものに相当するものです。

ダウ平均の2016年2月の安値から
今年の1月28日の高値を100として

23.6%
38.2%
50%
61.6%

と線を引き数値が大きいほど抵抗値は強くなります。

今回のダウは23.6%と38.2%の間で反発し
2月5日は終値が23.6%近辺
2月6日は始まり値が23.6%近辺となり反発しているわけです。

ですが、23.6%戻しはもともと弱く
しかも大きく割られているので油断できません。

ストキャスティクスは20%から戻し始めているので
数日は上昇の傾向に入っていますが
まだ、下がってもおかしくない状況と思っています。

背景に流行りの暗号通貨の暴落が止まらない状況も考えます。

あれだけ上昇したものが暴落しているわけですから
株式を取引していた人々の心理にも不安感が出てきて当然ですね。

チャート形状からは、
このまま買い上がっていくような形ではなくなってますし
下落が始まったと言える現在は、空売り目線で挑むと良いですね。

とはいえ、高値圏での暴落ですから、
急上昇、急降下を繰り返すのは致し方ないこと。

乱高下相場に入りますので
買いも、売りも慎重に入ったほうが良いでしょう。

それでは、今日も雪かきで足腰鍛えてきます!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
波乱の日経平均。

こういった時には、
世界情勢だけでは語り尽くせいない
ある「危機」が着々と進行しているかもしれません…

あなたが本当に恐怖を感じるべき
損失の元凶は決してニュースには上がってこないのです。

この「ラスト1席」が運命の分かれ道


下落相場で狙うはこの銘柄!

2018.02.04
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

日経平均はとうとう24000円台に突入!

…かと思ったのも束の間。

チャネルラインを割り
25日線を割り
13週線と、-1σに救われた日経平均。

日経が大きく下落するとIPOも下げる銘柄が多く出てきます。

こんな時にこそロスカット設定が活きてくるのですね。

危ない時はサッと逃げて、時期を待つ
これが勝ち逃げの必勝法ですね!

ここで日経平均の押し目を利用した売買方法を1つ。

日経平均がガンガン下がっているこんな時なのに、
上がっている、もしくは下がっていない銘柄に注目です!

日経平均は日本の経済指数ですので
銘柄全体に大きく影響するにもかかわらず
日経なんて関係ないよと言っている銘柄。

特にIPO銘柄は多いですが、
こういった銘柄は市場に影響されにくく
独自の強さで動いています。

つまり、日経が落ちたとしても
売りたくない人が多い銘柄ということになります。

ここに需給が見えますね。

こんな銘柄は日経が落ち着くと
大きく回復しやすい銘柄でもあります。

「トレードは需給を見抜く事」

そして

「トレードはロスカットの技術」

なんですね。

日経平均が下がった時ほど、
トレードしやすい銘柄を見つけるチャンスでもあります。

それでは、来週もトレード楽しんでいきましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
月100万円の利益が達成できたら、
あなたはどんな生活をしてみたいですか?

このセミナーをきっかけに、
本当にそんな生活を実現した人がいます。

3ヶ月後、半年後の自分を変えたい方は
今すぐご参加ください。

満席間近!今すぐこちらをクリック


「頭から尻尾まで」の達成法

2018.01.28
admin-ajax

From:谷口洋章
東京のセミナールームより、、、

おはようございます!
谷口です。

日経平均はとうとう24000円台に突入!

金曜日の終値は75日線で止まり、
為替の動きは気になりますが
一旦下げ止まりのローソク足を示しています。

高値圏ではあるものの、
テクニカル的には落ち着いた上昇を繰り返していますね。

トレードを始めると、

「底で買って天井で売る」
「頭から尻尾まで食べたい」

と欲張ってしまいがちです。

欲を張った結果上手く行かないどころか、
大損してしまったなんて経験を持ってる人も
少なくないのではないでしょうか?

実は『成功させる方法』があるのです。

実際には底値で買うには、
しっかりしたテクニカルの知識と経験が必要となります。

トレードで成功するための3つの要因として

1、銘柄選択
2、仕掛けポイント
3、手仕舞いポイント

があります。

底値で買うためには
このうちの1番と2番の見極めが非常に重要です。

1の銘柄選択には

1、底値のチャート形状
2、ファンダメンタル分析

が必要不可欠です。

そして2のどこで仕掛けるかと、
3のどこで手仕舞うかは
同時に考えなくてはならず
また、同等に重要です。

しかも数ある銘柄の中から、
今から急上昇する底値件の銘柄を探し
監視していくのは骨が折れるものです。

う~んやはり難しそうです。

そこで僕は「楽して儲ける」が座右の銘なので
得意技のIPO銘柄でこの方法を使っています。

なぜIPOかと言うと、

IPO特有の底値のパターンがすごく簡単で、
しかも頻繁に出現してくれて、
さらに、ファンダメンタル分析の要素が少なく
何より見つけてからすぐに急上昇してくれる…

せっかちでめんどくさがりの僕に
まさにぴったりのやり方なんです!

さて、IPOのセカンダリーと言いますが
僕は受講生対象に配信している「IPOメルマガ」では、
紹介した銘柄のほとんどが大きく上昇し
1か月も経たずに累計200%を超えています。

負け組だった僕はテクニカルで命をいただき
今度は、自分が好きなIPO投資を通して、
同じようなトレードでつらい思いをしている方に
トレードで勝つ喜びを分かち合いたいと思っています。

トレードは難しいものと決め付けいている方へ
コツさえ分かれば簡単で、
楽しく稼げるんだとお知らせしています。

機会があれば是非
僕のIPOセカンダリートレード方法を聞きに来て、
あなた自身の可能性に気づいてくださいね。

と、宣伝を入れたところで、また来週!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
情報に一切頼らない、
資金数万円から始められる秘密の手法を公開。

しかも、ただ教えるだけでなく
パターンが出現した時は実際にエントリーし、
利益確定の瞬間をその場で見ることができます。

40年以上の歳月をかけた秘術がこちら
※開催日が迫っております。お急ぎください。


「移動平均線を変更」だけで勝ち組に!?

2018.01.21
admin-ajax

From:谷口洋章
東京のセミナールームより、、、

おはようございます!
谷口です。

トレードを勉強するようになると、
誰でも最初に耳にする2つの要素があります。

世間では、

ファンダメンタルが最高!
テクニカルが最高!

などなど…いろいろ言われています。

僕はテクニカル派でファンダメンタルは味付けと考えています。

テクニカルのメリットは
ファンダメンタルでは分かりにくい
「需給」が分かることです。

テクニカルの基本となるがローソク足、
そして、最もポピュラーなテクニカル指標「移動平均線」ですよね。

テクニカルトレードは、

「移動平均線に始まって移動平均線に終わる」

と言われるほど重要な指標です。

でも、いまいち上手くトレードできていない時は、
移動平均線の使い方もいまいちだったりします。

そういった時は、
移動平均線の日数を変更したり、調整したりして…

「一般的な5日、25日、75日…」

「これだと上手くいかない!」

「だったら、5日、20日、60日は?」

「それでも上手くいかないから…」

「8日、13日、21日にする!!」

「どうだ!」

「フィボナッチだ!」

「自然係数が最高だ!」

「いやいやギャン理論だ!」

「サークルだ!ペンタゴンだ!占星術だ!」

「50日、100日、300日にする!!!」



めちゃくちゃに見えるかもしれませんが、
実はどれも、ローソク足に影響しているんです(笑)

それもそのはず。

世界中の個人トレーダーが、
そして、世界中の機関投資家が、
各々好きなように使っているのがこの「移動平均線」なのです。

ですから、

これが「正解」!
この日数なら!
このパラメータなら勝てる!

なんて「幻」にしがみついてはいけません。

トレードの勝率は50%

負けるのが半分。
勝つのが半分。

これは移動平均線の重要な考え方なんですが…

どのパラメーターを選んだとしても
単純に平均価格が形を作っているという事を
理解しなければ一生使えないままです。

残念ながら、

「このパラーメーターで上手くいかないからといって
 他のパラメータにしたって結局同じこのと繰り返し。」

という状況が続いてしまいます。

移動平均線を正しく理解すると、

・高くても良いから買う
・安くても良いから売ってしまう

ということができるようになります。

これが分かっていれば、
エントリーポイントは見えてくるはずです!

しっかり信念を持って
1つの「軸」を持ってください。

そうすることで、本当の移動平均線が見えてきます。

迷ってはいけません。
相場は迷っているあなたを食い物にします。

新年には信念を持たないと知んないぞ~~

と「ダジャレ」が決まったところで!

また来週!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
メディア実績多数!600人の指導実績を誇る
手堅いトレードノウハウを知りたい人はいませんか?

生徒獲得利益が累計30億を突破したカリスマトレーダーが
「朝7時」に発動する秘密の戦術をお伝えします。

無料の体験セミナーが今だけ限定募集中


テクニカル分析の真髄 vol.3

2017.12.26
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
2017年の恩返し企画を
今日も書いていきます!
 
AI(人工知能)を開発してみて
データで実証され、改めて実感した
テクニカル分析の本質です。
 
今回のテーマは、
 
~テクニカル分析の真髄 vol.3~
 
ーーーーーーーーーーーーーーー 
チャートはランダムではない。
ファンダメンタルズ情報が一切なくても
勝ち続けるルールは存在する
ーーーーーーーーーーーーーーー

 
です。
 
テクニカル分析、すなわち
チャートだけの情報から状況を分析し
先を読むトレードスタイルには
昔から賛否両論があります。
 
チャートに法則性があるという説について、
いいや、一見そうは見えるが、
実はランダムなんだよ、という説があったり
 
実際に有名パターンを統計的に解析し、
ほとんど数学的に意味がないと証明した
そういう論文があったかと思えば、
 
最近は、AI(人工知能)の研究が活発で、
 
日本人工知能学会
の大会論文などにも、
 
「◯◯という条件下では、チャートがランダムではない」
 
という証明論文が報告されていたりと、
かなり面白い展開を見せてきています。
 
世界中の天才たち
経済学者や数学者やトレーダーがたちが
この「テクニカル分析の是非」について
議論してきたのです。
 

そんな中、私の持論をはっきりと
ここで明示しておきます。
 
 
私の持論は、
 
ーーーーーーーーーーーーーーー 
チャートはランダムではない。
ファンダメンタルズ情報が一切なくても
勝ち続けるルールは存在する
ーーーーーーーーーーーーーーー

 
というものです。
 
声を大にして言いたいのですが、
 
複雑な事象を
【偶然】と片付けることは
非常に怠惰であると思います。
 
法則性がないと逃げることは、
非常に安易で簡単な道です。
 
あなたが分析できないからと言って
ランダムだ!と言ってしまうのは
本当に情けないです。
 
私は大学院まで
ガチガチの理系研究職でしたので
科学(サイエンス)をこよなく愛しています。
 
特に物理学は大好きで、
中学生のときに
アインシュタインの相対性理論
E=mc^2 という式を
知った時に感動して泣いたほどです。
 
そんな私から言わせれば、
 
科学というのは、
一見、法則性が見えないものに
法則性を見出すことを
積み重ねて進歩してきたのです。
 
現代は、科学の発展により
日に日に技術革新が
日進月歩で進んでいます。
 
日常的に誰もが使用している
スマートフォンがいい例で、
もはや、なぜ動いているのかすら
ほとんどの人は理解できない
 
という状況まで
科学は我々の生活の中に
浸透しています。
 
しかし、
 
科学というのは、
すべてが「仮説」から来ている
という側面があります。
 
つまり、複雑な事象に対して
「◯◯というメカニズムがある」と
仮定するとうまく説明できる

 
という法則性の説にすぎません。
 
 
別の言い方で、
科学とは宗教の一部である
 
ということをたまに言われますが、
本質的にはそのとおりだと思います。
 
ただ、宗教との違いは、
一応、論理的に証明がある
という点です。
 
一見、何の法則性もないように見える
ランダムな事象に対して、
その裏にあるメカニズムの仮説をつくり
それを証明することで
科学が進歩していきます。
 
そして、
 
私は、テクニカル分析に
「科学」を持ち込んでいます。

 
チャートに単純な法則性がない
ということは、私も同意します。
 
しかし、
 
複雑だが法則性があるはずだ
という立場をとっており、
その法則性の仮設を
CLEAR TRADE理論として
理論化してきました。
 
そして、最近になって
AI(人工知能)開発をやってみて
改めて確信しました。
 
 
チャートには、
テクニカル分析的な
法則性が存在します。 
 
 
100%そうだと断言することは
残念ながらできません。
 
すべての白鳥が白色である
という主張は、
一羽でも白でない白鳥が見つかったら
崩れてしまうのと同じように
 
チャートがランダムである
ということを証明することも
ランダムではない
ということを証明することも
理論上なかなか難しいがゆえなのですが、
 
法則性がない可能性は
【限りなくゼロに近い】

と言えるだけの結果は

これまでの実践と指導の中で
確かに得られています。
 
ですから、
 
もしも、
これを読んでいるあなたが、
テクニカル分析に挑戦している
のであれば、
 
自信と信念を持って
日々の技術鍛錬に
向き合っていただきたいのです。
 
テクニカル分析は、
意味があります。
 
私はそう主張します。
 
その証拠の一部として、
私のコミュニティでも
 
4ヶ月の平均勝率が
80%
を超えている人がいたり、
 
FXで月間取得pipsが
1000pips
を余裕で超える人が
出現したり、
 
色々と部分証拠は
たくさんあります。
 
人生と同じで、トレードも
自分の信念を強く信じる
【強さ】というのは必須です。
 
 
長くなりましたが、
今日の内容が何かの役に立てば
とても嬉しく思います。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

P.S.
かねてからのご要望と
これまでの感謝を込めて
1月は大阪でセミナーを開催します!

残り席数も少なくなって来ていますので
お早めにお申し込み下さい。
※残り8名です