炭鉱のカナリア

2015.01.05
fujii-profile

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

私はドラマが大好きです。
連ドラは週に5~10本見ています。

連ドラは3ヶ月単位くらいで終わって
また新しいドラマが始まるのです。

年が変わってまた新しい
ドラマがたくさん始まります。

どんな面白いドラマが
始まるのかわくわくしているところです^^

皆さんも今年一年
ワクワクしながら過ごしてくださいね。

さて、年も変わりいろいろな方が
いろいろな側面から、いろいろな思惑もはらんで
いろいろな今年の相場予想をしています。

日経新聞だけでも10人以上の方が
今年2015年の相場予測を出されていますね。

高値は20000~21000円くらい
安値は16000~17000円くらい
大方の予測は今年は上昇の意見が多いようです。

これは何度も言っていることですが…

大方の方が上がると予測しているからといって
我々も上昇にエントリーしていると怖いです。

ドスーンと相場が暴落したら
大変なことになるからなんですね。

得てして世間が上昇一辺倒に気持ちが
傾いたときが一番暴落の可能性が高いように思います。

これまでの私の経験則です。

炭鉱のカナリア
ということばがあります。

昔、炭鉱に働く人が炭鉱事故の原因である地中のガスが
たまったことを知るためにカナリアがさえずりをやめたら
警戒レベルまでガスがたまっているので非難するという教えです。

我々のように相場の一番弱い立場にいる
個人投資家は自分なりに、炭鉱のカナリアを
もっていると危険を察知できるものなんですね。

以前に週刊ポストに株の記事がでると
暴落の前兆ですよと書きましたが、
もういくつか炭鉱のカナリアを紹介すると・・・

日経新聞の見出しなどを
ざっと見たときに楽観的な見出しが
目につくようになったら暴落の前兆のようにも思えます。

今年の予測の大方が
上昇を予測しているのを
見ると、なんだか怖い気がしますね。

暴落の危機がいつも
相場には潜んでいることをしっかりと
念頭に置いてポジションを持ってください。

私もがんばって15:00には買いと空売りの
両方をバランスよく持つことを心がけています。

さあ今年もよい年にしましょう。

藤井百七郎


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。