自己投資はもったいない?

2016.06.15
fujii-profile

From:藤井百七郎
名古屋駅前のスタバにて、、、

この前、あるセミナーに行ってきました。
ビジネスに関する内容で、時間はといえば
お昼1時から5時の、たったの4時間。

ですが、受講料はなんと…

34,000円!!!

時間に換算すると、1時間約9,000円。。。
なかなかのお値段ですね。

私もけっこう高いなと感じましたが、
思いきって行ってみました。

セミナーでは、
短い時間で「次に何をすればいいのか」を
教えてもらい、とても良い内容でした。

問題は、そのあとです。
 
セミナーから帰ってきた後の
ボクシングのトレーニング中、

隣のボクシング仲間にこのセミナーの話をしたら、
こう言われました。

「高ーーっ!焼肉3回くらい行けるじゃないっすか」

(なるほど、そうだよね…)

ここまではいいのですが、
次の言葉が引っ掛かりました。
 
 
「34,000円、もったいなーーー」
 
 
あぁ、もうこれは、
一般のサラリーマンというか、

雇われてヌクヌクして、言われたことだけ
やってきた人の典型的な考え方です。
 
 
彼は、セミナーの34,000円を
”出費”と考えてしまうのです。

34,000円は”出費”ではありません。
 
 
”投資”です。
 
 
34,000円を投資して、1億円になればいいのです。

このメルマガを読んでるあなたなら
この考え方を理解してもらえると思いますが、

悲しいかな、世間一般は、
まず34,000円がもったいないと思うようです。
 
 
考えてみればわかることですが、
34,000円投資して100万円儲かったら、
それは安い投資ということになります。

だったら投資したほうがいいよね!
となるところ、やはり悲しいかな
多くの人が分からないようです。
 
受講料は払っておしまいではなく、
「払ってからいくら稼ぐか?」が大切です。
 
もちろん、払ってボーッとしていたらダメですが。
 
受講料を利益にするには、
行動しないといけませんからね。

どうも、目の前にある受講料の金額ばかりに
目がいってしまう人と、そうでない人、

つまり、受講料が高いと思っても支払って、
将来的に何倍・何十倍にして取り返してやる!と、
考えられるかが大きな差になるように思えます。
 
 
ありがたいことに、
カブックスの講師陣はすすんで高額のセミナーに参加してくれます。

先日も、
みんなで2日で10万円もするセミナーに行きましたし、

せっかくのゴールデンウィークなのに
わざわざ大阪から東京まで来た講師もいます。

今度も、たった1日だけで54,000円のセミナーに
みんなで参加します。

人を指導する立場だからこそ、
自ら向上しないといけないと分かっているからです。

私は、彼らを本当に誇らしく思います。
 
 
さて、あなたはいくら投資して、いくら稼ぎますか?

目の前の受講料と将来の利益を比較したら、
きっと受講料のほうが安いと思えるはずです^^♪
 
 
藤井百七郎


コメント

自己投資はもったいない?」への7件のフィードバック

  1. 荒木 守

    セミナーに参加するのが楽しくなっちゃいました。講師の皆さんは結構壮絶な経験をされている様で、そこをクリアしてきたからこそメンタルが強いんだろうななんてつくづく思う次第です。そういう方々のジョークは笑えない(我慢して)ものもあるんですが、面白いんですよね。楽しんでいるだけにならない様に気をつけます。

    返信
  2. 笠原

    会社勤めだと、給料が生活の全てなので、将来的な事よりも先立っての生活に目を向けてしまいます。まして、年齢を経る毎に記憶力も落ちるので、新しい投資には抵抗があります。なので、投資に向かえるのは限りがあるかも、とも思います。

    返信
    1. 藤井百七郎

      そこでほとんどの人が諦めてしまいます。

      だから一握りの人しか成功しないのです。

      自分に投資する側になってください。

      返信
  3. sachi

    いろんな人のいろんな考え方、意見など、聞くのは好きです。
    自分では思いもつかなかったことに気付いたりします

    自分磨きのため、今後の投資のために必要なセミナーなら、ちょっと高いセミナーにも参加したいですね

    でも、今の私にはまだまだ他で学べることがありそうです。

    返信
  4. 野崎

    セミナー受講して勉強したいと思ってますが、闇雲には行けないと思うんですが?
    そこで教えて欲しいですが、セミナーを選ぶ何らかの基準見たいなものはあるのですか?
    それとも、興味本意(^^)?
    もしあるなら選ぶ為の考え方?
    注意事項があれば教えてほしいです!

    返信
    1. 藤井百七郎

      本を買うときと同じです。

      作者を見て、まえがき読んで、目次見て

      あとはピーンとくるかどうかですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。