次の【大相場】を掴み取るために

2016.12.31
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪からの新幹線の車中より、、、
 
 
ウルフ村田です。
昨日は大納会でしたね。

皆さんも1年間、トレードお疲れ様でした。

私はギリギリまで相場を張って、
終わってからは大坂の生徒さんたちへ
株の補講をしていました。

年末なので
皆さんお忙しいかな〜?
と思っていましたが、

想像以上に多くの方にご参加いただき、
来年に向けて良い準備が出来たと思います(^-^)

年末年始は市場から資金も抜けがちですし、
ドッと大相場が来る時期でもないので、

1年の振り返りや勉強には
ぴったりな時期だと思います。

この振り返りや勉強が
言うまでもなく大切で、

相場が良くない時=あまり動かない時に
ボーッとしているのではなく
しっかり観察することを続けて初めて、
次の大相場の初動に入ることが出来ます。

観察というのは、
今の相場を見るのも良いですし、
過去チャートを眺めるのも良いでしょう。

上昇する銘柄はチャートの特徴や
パターンをつかめば、すぐに見抜くことができます。

特に、株価が数倍~10倍以上に急騰するような銘柄の「初動」は、
相場に動きが無い時にこそ発生します。

だからこそ、
お仕事をしながらという方も
実際にトレードはしなくても、

相場を常に見て「初動」の発生に
気付けるようになって頂きたいなと思います。

「初動」の特徴を知って、情報収集を欠かさずしていれば、
必ず株価が安い良い位置でエントリー出来ます。

初動で入れるメリットって、
利益が大きくなるだけでなく、
万が一暴落した際のリスクも小さくなるんですよね。

特に、億トレと呼ばれるくらい
大きく稼いでいる方ほどやっぱり勉強家ですし、
初動を大切にされています。

個人投資家でも勉強を重ねれば
それは十分可能なことなので、

今はこれまでの振り返りをしながら
2017年もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田
 
 
<編集部のオススメ>
トランプラリーで好調だった日経平均株価。
ですが、上がった株価は必ず下がります。

その時、「空売り」ができるようになっていれば
株価の下げで利益を出せるメリットがありますが、
実はそれだけではありません・・・

詳しくはこちら


コメント

次の【大相場】を掴み取るために」への3件のフィードバック

  1. C

    今年株2年生になります。
    必ず、
    目指す頂上へ登れると自分を
    信じて毎日研究し続けます!

    返信
  2. 高橋

    ウルフ様 今年度はご指導頂き有難うございました。 コメント内で、上昇する銘柄のチャートの特徴パターンが分かりません。監視して特徴を掴むしかないと思いますが、自分は現在、モブキャストを保有し監視していますが何処が底値、高値なのかが、分かりません。それでは、ウルフ様良いお年をお迎え下さい。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です