テーマ株の思わぬ罠

2017.01.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪へ向かう新幹線の中より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

2017年初めての記事ですねo(^-^)o

大発会からの相場は
多くの個別銘柄がぶっ飛んでて
幸先の良いスタートですが、

かといって、昨日とかにエントリーしちゃうと
ズコッと下がってしまって、、、
という方もいらっしゃるかもしれません。

2017年、皆さんがトレードで
成功していただくために、

AIとかVRを中心に
ポテンシャルの高いテーマ株が出てきましたので、
今日はそのような銘柄の売買について解説していきたいと思います。

ひとえに
「相場が良い」とか「このテーマ株が良い」といっても
個別銘柄によってその様相は大きく異なります。

例えば、同じAI関連でも、
企業がただそのカテゴリーに属すだけではなく
現在進行形で事業として成り立っている

= 実体があるかどうかで、
その後の継続的な上昇が変わってきます。

実体がないと、
一時的に値上がりしても
市場が「これ、本物かな~?」という見方をして
資金が引いてしまうことがあるんですね。

また、今度は実態があって
ファンダも良いのに上値が重い銘柄もあります。

しかし、そういった銘柄をよーく見てみると
チャートに規則性を見つけることが出来ます。

例えば、1回株価が上がっては横ばい、
また上がったかと思ったら横ばい、なんてパターン。

数週間下がっては吹き上がり、
また数週間下がっては吹き上がりといった銘柄も有ります。

このように、小型株・大型株に限らず
チャートに規則性が見られる銘柄は多々有りますので、

その規則性とご自身のトレードの相性が合うと、
面白いように利益が出るようになります。

逆に言うと、
ひとそれぞれ相性が良い銘柄がありますので、

ご自身の目でチャートを見て、
手に負えそうか?判断して、
手に負えそうでなければ、無理に売買しないことです。

何より確信が持てる銘柄。
これが大切です。

年初3日間ですでに色々な銘柄が値上がりしましたが、
全部トレードする必要はなく、

じっくり見極めをしていただければと思います。

あ、ただ、銘柄は横目で見ていないと気付かないので、
売買しなくても監視は続けて下さいね。

それでは(^^

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
「オーバーシュートした銘柄は必ず下がる」
のが相場の原理原則ですが、

そんな急落さえ収益チャンスに
変えてしまうスキルを
徹底的にお教えします。

詳細はこちらで紹介しておりますので
ぜひご覧になってください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170120/


コメント

テーマ株の思わぬ罠」への3件のフィードバック

  1. 、ファイトマン

    今年は先生の初動での銘柄で取るでよろしくお願いします

    返信
  2. 匿名

    いつも勉強になります❤️姐さん
    今年は勝ちまくりましょう‼︎
    いつもありがとう

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です