勝てるようになる人の共通点

2017.01.10
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

昨年末に、億トレーダーの友人何人かと
話していて気づいたことがあります。

億トレーダークラスになると、
共通していることがあるのです。

FXトレーダーでも、株式トレーダーでも、
大きく勝っているトレーダーには、
ある共通要素があることに気がつきました。

共通要素はいくつかあるのですが、
その一つについて、今日はお話しします。

億トレーダーに共通している一つ目は、

「長期的な逆張り視点を持ちつつ、
 短期的には順張りでエントリーしている」

ということです。
 
今日の話が腑に落ちると、
それだけで勝率が上がる人が出てくると思います。

「長期的な逆張り視点をもっている」

というのは、つまり、

チャートが上昇しているときに次の下落を考え、
チャートが下落しているときに次の上昇を考えている

ということです。

これは、下手な逆張りエントリーとは全く違います。

チャートが上昇しているとき、
”そろそろ下がるだろう”
という勝手な予想をして空売りでエントリーするのが
逆張りエントリーですが、

上昇しているときに空売り(FXならショート)
のエントリーはしません。

しないのですが、
次に空売りでエントリーする機会を伺っているのです。

そして、いざチャートが天井に達し、
伸びずにとうとう下落を始めたのを確認して
はじめて空売りで”順張り”エントリーをします。

「結局は順張りでエントリーするのなら、
 別に逆張りで観察している必要はないじゃないか!」

と思う人は、どちらかと言うと
人生行き当たりばったりを楽しむタイプ
だと思います。

ですが、トレードはそれではいけません。

下がり始めたときにすぐに空売りでエントリーの
判断ができるためには、
下がり始める前から予想している必要があるのです。

準備しているから、即断即決で行動できます。

また、狙う方向とは逆にチャートが動いているときに
順張りでのエントリーをイメージしているので、

「こうなったら、こうする!」

という先の展開の戦略を
複数パターン想像することになります。

「こうなったら、ここでエントリーする」

という具体的な戦略が複数あれば、

あとは、予想通りの展開になればエントリーするし、
予想通りにならなければエントリーせずに待てます。

自分の予想が当っているときのみエントリーするので、
その後の値動きも予想に近くなる可能性が高くなります。

自分がイメージしたことが実際に起きていれば、
自信をもってエントリーすることもできます。

「先の展開を予測する必要はありません」

という先生がいるかと思えば、

「先の展開を予測することから目をそむけてはいけません」

という先生がいます。

これは一見すると矛盾しているように見えて
混乱している人がいるかもしれませんが、

「先の展開を予測せよ」というのは、
”事前の逆張り予想をして、来るべきときに備えよ”
ということを意味し、

「先の展開を予測する必要はありません」というのは、
”流れが発生してから順張りで乗れ”
ということを意味しています。

そう考えると両方必要ということがわかるのではないでしょうか。

”来るべきときが来る前に準備を整える”

というのは、トレードでなくても成功の秘訣でしょう。

いつも、エントリーした瞬間にチャートが逆に動く人は、
逆張りの展開予想をしてみましょう。

予め備えておけば、動きが逆になったときに
初動でスムーズにエントリーすることができます。

年始に皆さんのトレード成績が
幸先の良いスタートを切れますように。

 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K
 
 
P.S.
実は、この先の展開を読むということですが、
相場の原則に逆らわずにやると、
確率的に予測することが出来ます。

そのためには、チャートを見る「世界観」と
投資戦略を変えなければいけないのですが、

その科学的トレード理論について
今度、私が全てお伝えするセミナーを開催します。
2017年こそトレード成績を本気で変えたいと思うなら、
是非参加してください。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170118/


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です