日経平均だけじゃない!〇〇指数もバブル期超え

2017.10.18
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

昨日も日経平均は絶好調でした。

なぜ、いまこんなにも良く上がるのでしょうか?

米株がよくて、企業業績も
好調ということは以前も書きました。

さらに加えるなら、トレード戦略上のものですが、
短期的な日経平均の買い戻しが、
直接の理由に挙げられるでしょう。

日経平均をTOPIXで割ったものを、
NT倍率といいますが、

6月9日の12.5倍をピークに下げ続け、
9月8日に12.096倍まで下げました。

2013年8月以来の低さで、
簡単に言えば日経平均が割安、
TOPIXは割高でした。

9月8日をボトムに11日から反転をはじめ、
日経平均がTOPIXに対し急激に上がりはじめてきいます。

昨日10/17引けの時点で12.37倍。

これはつまり、

「TOPIX先物を売り、日経平均先物をかう」

あるいは

「日経平均の構成銘柄で比率の高い株式を買う」

ということになります。

東証一部の時価総額は昨日時点で635兆円。
上場株式時価総額(東証一部だけではない)を
一国のGDPで割ると、

有名なバフェット指数が出ますが、
122倍を超えてきました(米国は150を超えています).

一般には、100を超えると割高とされています。

この見方は、いろいろな解釈がありますから
一概に100を超えると割高とはいえませんし、

そもそも、株価や時価総額は成長するものですから、
基準を100に置くという解釈も怪しいのですが、
何らかのシグナルにはなるでしょう。

実際、2015年1月と、2015年11月は、
日本株はバフェット指数115程度まで上がり、
その後100を割り込む水準に下落しました。

昨日のバフェット指数122は、
1989年バブル以来の最高水準です。

来週は、ECB理事会があり、
金融緩和縮小案が提示されそうな気配もあり、
今週後半から市場も感じ始める可能性があります。

これは、ドル売りユーロ買いを伴うことになるので、
ドル売りの流れは円に対しても起こり、
円高方向の可能性が出てきます。

そんなことをきっかけに、
急な上昇相場の流れは案外長続きしていますが、
今週で一服するのではないか、と考えています。

では、また次回お楽しみに。

奥村尚


PS.
先日からお伝えしているセミナーですが
最新の情報を盛り込みつつ
内容もかなり固まってきました。

もちろん、当日に向けては、
より確度の高い情報を入れ込んでいきたいと思います。

まだお申し込みも可能ですので、
是非みなさまご参加ください。
http://japan-i-school.jp/jim/oh_seminar_171022/


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です