昨日の「半値戻し」をどう見るか?

2017.11.08
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

昨日、日経平均は22937円という
高い位置で取引を終えました。

トランプ大統領が初来日。

心配していた貿易摩擦をことさら拡張することもなく、
二国間貿易の具体策に入ることもなく、
満足して去っていった・・・

その事への市場の評価もあったのでしょう。

ところで、昨日の引け値は、
最高値とその後の最安値の丁度中間で、
いわゆる「半値戻し」の地点に近い着地でした。

相場では、
経験則が重視されることが多いのですが、
賢者は歴史から学ぶ。

あれこれ考えるより、
格言に従ってみていきましょう。

半値戻しは、2通りの解釈があります。

一つ目は、
下落相場では、半分まで戻したのち、
また下落するという意味になります。

もう一つの解釈は、
半分まで戻したら、元の値が見えてくるので、
元まで戻りやすい・戻ったも同然、という意味です。

どちらにいくかわかりにくい時は、
出来高を見るとよいとされます。

昨日の出来高は、1110千株。
ここ2週間は出来高を伴って上げています。

この場合、上昇機運があると読めることになり
ポジティブな判断を取ることになります。

後者の判断ですね。

とすると、かなり期待できることになります。

ドル円相場の動向は
株価を大きく左右しますので、
今後期待通りいかない可能性は多々あります。

この10月を例にとると、
1円、円安になると
日経平均は450円程度
情報に押し上げられる関係がありました。

こうした通貨ペアを考えて、
株式の戦略をとると、
良いトレードにつながると思います。

では。また次回。

奥村尚

<編集部のおすすめ>

「セミナーや教室に参加してみたいけど、
 難しかったらどうしよう…
 私なんかでできるでしょうか…?」

なんて尻込みしている方に
オススメなセミナーがこちらです。

講師と一緒にトレードする超実践型授業で、
その場で全ての不安が解決できます。
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_171116/


コメント

昨日の「半値戻し」をどう見るか?」への3件のフィードバック

  1. 還暦爺

    ただ、動物的感のみのトレードのど素人 色々な先生方のメールを頂き考えさせられ大変参考になります。かといって研修会に参加させて頂くほどのトレード金額でもなく!ボケ防止のマネーゲーム有り難く拝見させて頂いております。本当に有り難うございます❗

    返信
  2. 内田

    お疲れ様です。

    解説わかりやすかったです。

    ありがとうございます。

    返信
  3. なかむら

    いつも奥村先生のメール配信を楽しみにまつています 本当に判り易く解説して頂き有難うございます

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です