テクニカル分析の真髄 vol.2

2017.12.19
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

前回から引き続き、
2017年の恩返しとして、

【特別な内容】をブログに書いています!

【特別な内容】というのは、
AI(人工知能)を開発して
改めて実感した、

テクニカル分析の本質のシェアです。

データに基づいた内容で、
今日のトレードからすぐに使用できる、
有用なものになると思います。

今回のテーマは、

~テクニカル分析の真髄 vol.2~

ーーーーーーーーーーーーーーー
勝率が高すぎる手法は、
長期間勝ち続けることができない。
ほどよい勝率こそ最短最速の道。
ーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんは、

・勝率99.9%の投資手法
・連勝が止まりません!!
・今月は1回しか負けていません

こういった宣伝文句に、
魅力を感じてしまいませんか?

魅力的ですよね。

思わず知りたくなりますし、

「やってみようかな・・・」

と思ってしまいます。笑

しかし、
そういった高勝率手法が

実は、あなたの資産を、
大きく増やしてはくれない
可能性が高いとしたら、
どう思いますか?

今回、為替(FX)にはなりますが、
膨大な数の取引シミュレーションを、
実際に行い、

長期間にわたって、
圧倒的なパフォーマンスを出す手法は、
勝率がそんなに高くない、

ということがわかりました。

具体的には、
60~65%程度です。

結構、意外ではないでしょうか?

当然、RR比率(※)は
1.5くらいはありますが、
勝率が高くない代わりに、
普遍的に長期間通用します。

つまり、勝ち続けることができるので、

うさぎとカメではないですが、

結果的にトータルで見ると
勝率が90%を超えるような手法より、
圧倒的なパフォーマンスになります。


RR比率とは、
利益確定時の金額と
ロスカット時の金額の
比率のことです。

トレードに限った話ではないですが、
勝ち【続ける】ということの威力は、
計り知れないものです。

あなたがもし、
資産を100倍にしたいなら、
短期的に勝率100%目指すのではなく、

勝率は60%だけれど、
ずっと使える考え方
を手に入れることをお薦めします。

また、
勝率が60%程度だと、
連続ロスカットが続くこともあるため、

1回の投資金額はあまり大きくせずに、
分散投資をすることが必須となります。

分散投資といっても、
難しいことは全然なく、

7つ以上に資金を分散して、
普通にトレードをするということです。

長く普遍的に使用できる、
エントリーポイントと
エグジットポイント、

プラス分散投資。

これこそ、
長期的に、
圧倒的なパフォーマンスを生み出す、
唯一の組み合わせである、

というのが、
私の今のところの結論です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
勝率が高すぎる手法は、
長期間勝ち続けることができない。
ほどよい勝率こそ最短最速の道。
ーーーーーーーーーーーーーーー

深い結論ですので、
覚えておいてくださいね。

GOOD TRADE!!

Mr.K

(追伸)
来年1月、初めて大阪で開催します。

安定して利益を出し続ける方法を、
順を追ってご説明します。
話をお聞きになるかどうかは、
もちろん、皆さまの自由です。

9割が株式トレードで勝てていない
真相もお伝えします。

負け組にならない方法


コメント

テクニカル分析の真髄 vol.2」への1件のフィードバック

  1. 中野 美智子

    情報に頼りハラハラの繰り返しです。何か、確固たる信念を、を持てたらと拝見しています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です