洗脳されたトレーダーの共通点

2018.03.13
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

株を買うとき(または売るとき)
あなたは勝算の感覚を持っていますか?

勝算の感覚というのは、エントリー(イン)するとき

「今回は自信あるぞ!」とか
「今回は少し嫌な予感がするな・・・」とか

そういう感覚を持ちながらトレードをしていますか?

ということです。

なぜ、こんなことを聞くのかというと、

先日セミナーで、

「自信があるエントリーかどうかで、入り方を変えましょう」

というお話をしたら、

「先生、僕は毎回100%イケると思って株を買っています」

ということをおっしゃる方がいたからです。

それを聞いて、私は、唖然としました。
なるほど、、、これが思考停止の洗脳状態というやつだなと。

皆さんは、次のうちどちらですか?

1.エントリーするときに、自信があるときとないときがある
2.いつも100%勝てると思ってエントリーをしている

どちらですか?

もし、あなたが「2」だとしたら、
あなたは、完全に間違った投資教育に洗脳されきっています。

詳しく説明しますね。

・・・

=========

まず、トレードとはビジネスの一つです。

「どういうこと?」と思う方は、
こちらの動画講座を観てください。

→ CLEAR TRADEの投資戦略講座

トレードはビジネスの一つなので、
ビジネスで成り立つ原理原則には、
当てはまるものが多いです。

例えば、あなたがビジネスオーナー(社長)だとして、
イメージしながら読んでください。

新商品の発売をするとき、売上の予想をしますよね?

わかりやすく、お菓子メーカーだとして、
新しくスナック菓子を発売するとき、

そのスナック菓子が、全国で大ヒットするはずだ!
と100%の自信を持てると思いますか?

絶対に100%大ヒットする!と思っている社長がいたら、
結構気合系の楽観的な社長だなと思いませんか?

「今回の商品は、大ヒットすると思うんですよ!」とか
「発売してみないとどうなるか正直わからないのですが」とか

そういう感覚って、論理的な理由・センス・第6感
全部ひっくるめてのことだと思いませんか?

そして、その自信の程度に応じて
かける資金も変えていきますよね?

「ほぼイケる!」と踏んでいるときは、
大きな資金をかけて大々的にプロモーションを打ったり、

「今回はやってみて判断」であれば、
なるべく小資金で、まずは数店舗に置いてみる、とか

そういう、力の入れ具合の調節ってしますよね?

そして、その力の入れ具合というのが
経営の手腕だったり先見性だったりするわけです。

・・・

トレードも同じです。

毎回、100%の自信でエントリーってありえないですよ。

「この銘柄は絶対上がる!!!
私のありったけの資金を投下してもいい!」

って思えますか?

そんな人がいるとしたら、洗脳されているとしか思えないです。

未来というのは、不確定なのです。

100%確実な局面など、トレードにおいては絶対にありません。

まだ決まっていない価格の動きが
100%確実なんてことはありえないです。

それはビジネスでもトレードでも同じ。

ビジネスであれば、未来が不確定なのは承知のうえで、
様々な観点から事業の確実性やリスクを考えますよね。

トレードでも同じです。

すべての条件が理想的になっていて、
今回がベストなエントリーポイントだ!

と思えたとしても、
予想が外れる可能性を考えておくことは大切だし、

そもそも、そんな超理想的な状況は
そんなにあるものではないですから、

利益速度を考えると、完全に理想的でなくても
エントリーをすることはあるわけです。

そういうとき、あくまで予想だとしても
「自信」の度合いを考えなければなりません。

もちろん、全然自信がないときは
見送る(資金の0%を投資)ということになります。

この話を読んで、さっぱり意味がわからない人は、
おそらく次のような状況だと思います。

・5日移動平均線をローソク足の終値が超えたら買い
という単純なルールに従っている

・長期移動平均線の向きでトレンドを判定し、
一目均衡表の雲抜けでエントリーというルール

どうですか?

こういう「固定ルール」でエントリーしている
のではないでしょうか?

「はい、その通りですが、何がいけないのでしょうか?」

と思う方、結構いると思いますので、
申し上げておきますが、

今を西暦何年だと思っているのでしょうか?

2018年ですよ。

これだけコンピューターが発達した現代において、
こんな機械的なルールで勝てるわけがないでしょう。

もし、こんな単純なルールに本当に
優位性があるのなら、
大企業やシステムエンジニアは富豪になっていますよ。

洗脳から目を覚ましてください。

これとこれだけ見ればいい、
これがこうなったら買えばいい、
みたいな簡単なルールは存在しません。

そういう単純なルールでの長期間のシミュレーションは
人工知能の開発で嫌と言うほどやりました。

結果、全然勝てません。

一時的に機能して勝つときも、逆に大負けするときもあり、
やればやるほど、手数料の分だけマイナスになっていきます。

本当の手法というのは、
最後の最後には「感覚」が少し残るものなのです。

少なくとも、既存のインジケーターを使う場合はそう。

誰もが知っている情報の掛け合わせでは、
最後に「感覚」が必要になります。

単純に思考停止で確実に勝ちたければ、
もはやインサイダー(仕手情報)しかありません。

その事実に気づいてください。

ただ、

勘違いしてほしくないのは、
「感覚」は鍛えられるという事実です。

わかりやすいのがスポーツですね。
座学の知識だけではうまくなりませんよね?

実際にやってみて、練習を重ねてはじめてわかる
「感覚」が確かにありますよね?

感覚だからといって、それは再現性がないかというと
そんなことはないですよね?

自転車に一度乗れるようになったら、
何度でも無意識に乗れるのと同じように、
「感覚」というのは、研ぎ澄ませることが可能なのです。

感覚と知識の違いは、
それを言語として説明可能かどうかです。

そう、皆さんの頭脳には、
知識以外にも、再現性の高い「感覚」を養う機能がついています。

トレードでは、ある程度、知識は必要。
でも、最後は、練習の末の感覚も必要。

本当に勝っているトレーダーというのは、
知識と感覚で、毎回のエントリーの確実性を判定して、
戦略を変えているのです。

このあたりの詳しい話は、
第三話でもお話ししていますので
動画講座をご覧の方は楽しみにしていてください。

まだ無料講座を観ていない方は、
コチラから登録して、
最新の動画まで、すべてを確認しておいてください。

GOOD TRADE!!

Mr.K

(追伸)

「あとで観よう」と思うタイプの人は
絶対に登録しないでください。

思い立ったら、そのときに行動できる
成功者タイプの真剣な人とだけ
時間を共有するのが私の方針です。

Mr.Kの投資戦略講座(無料)

まもなく公開を終了します。

チャンス逃す人は、いつもチャンスを逃し、
チャンスを掴む人は、いつもチャンスを掴みます。

一回一回のトレードも同じ。
頭脳や戦略以前に生き方が問われています。


コメント

洗脳されたトレーダーの共通点」への4件のフィードバック

  1. リナードル

    仰る通りで、以前にもコメントした様な感じもしますが、エントリーする上で最も重要な事は
    :『エントリーした際に、何処でそのポジションを切るかを想定して居るか』
    そしてもう一つは
    :『自分が想定して居るのとは逆に向かった際にどうした戦略を立てるのかを予め想定して居るのか』
    以上の二つが最も重要で有り、それが資金管理と守るべき運用ルールでは無いかと自分は思いますね。
    そして、その二つを自分の中で思い描けて居ないトレーダーは、恐らく利益を出し続けて行く事は出来ないのでは無いかと感じますよ(出す事が出来たとしても、偶然の産物でしょうし、そもそも『100%自信を持ってエントリーして居る』と、言う考えその物こそ、驕りで有り、また、慢心で有るとも言えますからね)。
    ぶっちゃけてしまうと、自分はエントリーする際には常に『自分が想定して居るのとは逆に向かった際にどの様な動きを取って行くか、また、想定通りの動きをして行ったとして何処で手仕舞いするか』を考えて居ますし、『このエントリーには絶対の自信が有る!』なんて、トレードを初めてそろそろ3年目になろうかの自分には到底言えた物でも有りませんからね。
    寧ろ事前に『逆の方向に向かった際想定通りで有ったとしても次の戦略を思い描いて置く』方が、実際にトレードを実践した際に感じるのは、気分的には其方の方が凄く楽なんですよね。株価の値動きやアナリストの言葉に踊らされる事も無くなりますから。

    返信
    1. Mr.KMr.K

      リナードルさん、いつも熱心なコメントありがとうございます!
      素晴らしい内容ですね。こういった意識を、少なくともこのブログを読んでくださっている方には
      全員に持っていただけるようにすることが、私の使命のひとつだと感じております。

      返信
  2. シン&シーク

    同感です。世の中に100%勝てるトレードなんてありません。人間ですもの、完全無欠はありません。

    返信
    1. Mr.KMr.K

      シン&シークさん

      コメントありがとうございます!
      素晴らしいです。
      驕れる人も久しからずですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です