じつはシリア攻撃の背景には…

2018.04.18
prof_okumura

From:奥村尚
トルコのホテルより、、、

おはようございます。

今週からトルコに滞在しています。

丁度、先週末に大きくニュースで報道された、
シリア問題の隣国ということになります。

このシリア爆撃の前に、4月に入って世界で大きく
取り上げられたニュースがあります。

トルコ、ロシア、イランの3か国間での
シリアの将来へ向けた会議が開催されたのです。

私の知る限り日本でほとんど報道されていません。

4月4日にアンカラ(トルコの首都)で、
シリアの新憲法の起草をはじめとする、
今後のシリア統治に関する調整が始まったのです。

これは、第二次世界大戦終盤におけるヤルタ会談と似ています。

ヤルタ会談では、戦後のドイツや日本の
領土分割や統治に関して、米英ソの
3か国の利害関係を事前に調整した会議でした。

このような重要な調整がアンカラでスタートしたのですが、
その会議は欧米抜きで進められたものであったため、

余計に世界的には大きなニュースとして伝わったのです。

そのような会議を、欧米を抜きに行う(=シリア問題を
欧米抜きで勝手に決める)事は許さない、

という意思表示も今回のシリア攻撃の意図
あったと考えることができるでしょう。

ロシアとイランは共同で今回の英仏米の攻撃を
非難しましたが、アンカラ会議のメンバーだったわけですね。

ところで、昨年4月のシリア攻撃は
米国単独行動でしたが、今回は英仏も参加しました。

仏は、シリアを植民地支配していた事があり、
昔から深い関係があります。

英は、自国で起きたロシアスパイの暗殺未遂事件の件で
ロシアと対立している最中で、いち早く英を指示した
米仏との共同歩調を見せたかった理由があります。

こんな背景があって、今回の事件があったのだろう、
といろいろな世界ニュースから読み取ることができます。

いずれにしても、
この事件を受けた週明けの日本の株式相場は、

結局何もなかったかのような平和なスタートでした。

下手をすると大きく相場を動かすような、
つまり猛烈な円高と株安があったかもしれない
重要なイベントを終え、

一段落した感があるのは間違いありません。

相場にとっては、
良いことだったと思います。

奥村尚

<編集のオススメ>
失敗したくない初心者の方には必見。

たった3時間後には相場の仕組みと
勝つためのプロセスを得て、

帰り道にスマホで楽しそうに
チャートを確認するあなたを
想像して下さい。

http://japan-i-school.jp/jim/akita_180424/


コメント

じつはシリア攻撃の背景には…」への1件のフィードバック

  1. きんばら

    奥村先生 いつも深く広い知見をご披露下さりありがとうございます。
    アンカラ会議のことは知りませんでした。
    米英仏によるシリア攻撃の意味するところ、よく理解することができました。
    トランプ大統領のツイッターだけでは見えてこないこともあるのですね。
    (トランプ大統領も言いたい放題のように見えてそれだけではない。心に留めておきたいと思います。)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です