最近のブログ

【動画】買っていい銘柄の見分け方

2018.05.24
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

おはようございます。

決算発表も山場を越えました。
今年も悲喜交交でしたね。

例年になく良かったものは爆上がり、
逆に悪くなくてもがっかりのパターンは
爆下がり、、、

チャートを見ていても、
そこまで売り込まれなくてもいいんじゃないのってのも
たくさん見られています。

下がったら買いたくなるのが人情、、、
かといって、なんでもかんでも買いか
というとそんなに株は甘いものではありません、、、

日足だけでなく、月足やその他指標から
計算してみると、
くっきりと買っていい銘柄、
やめたほうがいい銘柄の区別がつきます。

詳細はこちらの動画から(^^♪

 ↓↓↓

<編集部のオススメ>
じつは株式投資より高度なテクニックも、
豊富な知識も必要ない日経225先物取引で
効率よく稼ぐ方法を体験して下さい。

初心者、未経験者の方に
特化したプログラムなのでご安心を。
詳細はこちらから↓
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180607_14/


相場を読む力「金利」について

2018.05.23
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

本日は金融の基礎である、
お金の貸し借りについてお話します。

重要となる項目は以下3点です。
・金利
・お金を借りる期間
・借り手と貸し手

まずは金利について簡単にお話しします。

そもそも金利とは、
銀行からお金を借りたときの利息金額を
元金に対する割合で表したもので、
年率換算レートによって示されます。

例えば、金利1%で
100万円を銀行から借りたとします。

この場合の利息は
年間1%=1/100、つまり、
100万円の1/100である1万円です。

次にお金を借りる期間を考えます。
1年借りるのか、
6年借りるのか、
30年借りるのか、などです。

このようなお金の貸し借りの期間について、
金融業界では、
2年までを短期、
数年(厳密ではないですが5年まで)を中期、
5年-10年までを長期、
10年を超えると超長期、
と呼び、

短期はさらに、
1日をオーバーナイト、
1日単位で設定されるn日期間をトムネ、
と呼びます。

お金の貸し借りとは、
貸し手となる資金を持っている人または組織で投資を行う投資者、
借り手となる資金を調達したい需要者で成り立ちますが、

個人であればお金は銀行から借りる、
または貸す(=預ける)ことが多い一方で、

経済の世界ではお金を借りたい組織
(国、地方自治体、事業法人、金融法人)が、
組織として債券を発行します。

債券とは、
お金を必要とする組織が発行する、
あらかじめ利率や完済する日=満期日が
決めてある一種の証券です。

国が発行する場合は国債、
民間企業が発行する場合は
社債などと呼びます。

なかでも、最も一般的な債券は
割引債と呼ばれるものです。

これは満期日(たとえば1年後)に
100万円を返す(償還といいます)として、
それを100万円より割り引いて
99万円で売る、といった仕組みをとります。

このケースでは、
投資家側は99万円で購入し、
1万円の利益があるので、
リターンは1/99=0.0101=1.01%/年になります。

経済の世界では、
債券を投資家に売り、債券市場の中で
お金を貸し借りするというのが一般的です。

この債券を購入した投資家は満期日まで待つほか、
買った債券をまた債券市場で売買することができます。

債券市場という言葉が出てきましたが、

これは、株式市場でいう東京証券取引所(東証)のような、
1か所の取引所を用いて集中して売買される仕組みが
採用されていません。

株式は1998年12月まで、
取引所集中義務が規定されていて
東証へ注文を流して取引を集中させ、

勝手なところで好きな価格をつけることを
禁じていた経緯がありました。
(今は夜間や私設取引もさかんで自由化されています)

しかし、債券に関しては、
もともとプロ投資家のみが取り扱う商品なので、
そうした規制がなかったのです。

つまり、債券市場は、
機関投資家同士が相対(OTC,over the counterといいます)
で取引する事が多く、

そうした取引全般を指し、
金利は債券市場で債券の取引を通して形成されます。

さて、本日はお金の貸し借り、
債券市場の成り立ちについてお話させて頂きましたが
いかがでしたでしょうか?

相場を読むのに役に立ちますので、
基礎的な部分からお話しさせて頂きました。

次回は債券と金利の関係、
相場への影響についてお話します。

どうぞご期待ください。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
またチャンスを逃しますか?

今FXで勝てていない、
悩んでいるのなら最適な講座です。

あなたのように悩んでいた方も、
この「正しい負け方」を知って
わずか1ヶ月で資金の倍以上利益を出しました。

次回講座の日程は未定なので、
このチャンスを逃さないでください。

https://japan-i-school.jp/sl/parity/180602_kujira/


[注意]耳が痛くなるかもしれません

2018.05.22
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
ここ数か月、相当なエネルギーをかけて
作り込んできた「CLEAR TRADEブートキャンプ」の
講義が終了しました。

参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

講義を通して私自身も
進化できたと思いますし、

昨日は少しやり切った感に
浸っていたところです。笑

ただ、ここからの実践と
フィードバックが最も重要なので、
気を引き締めていきたいと思います。

今日は、久しぶりに
あなたのトレードを向上させる上で
重要なマインドセットをお話しします。

人によっては耳が痛いかもしれませんが、
真剣に読み進めてください。

最近は比較的
具体的なトレードの技術
について書いてきましたが、
 
トレードで継続して利益を出すためには、
技術とマインドは両方必要です。
 
今日お話しするマインドは、
かなり重要なマインドセットになります。
 

■「運」や「偶然」はただの妄想ーーーーーーーーーーーーーーー 

私は、運や偶然というものを
そもそも信じていません。

すべては自分の行動によって導かれた結果であり、
必然であると思っています。

運や偶然と感じるのは、
原因と結果の結びつきが明確になっていないだけで、 
原因と結果は常に1対1である
という世界観をもっています。

例えば、コンビニのくじで
景品が当たるといったことを例にとると、 

くじを引く前のくじ箱の中のくじの配置は、
あなたがくじを引こうが引くまいが、
前の人が引いた後の状態になっています。 

丁度そのタイミングで、
あなたが物を買ってそのくじを引く
という行動をとると、
 
(箱の中のくじの配置が、
あなたが手を伸ばした先に当たりくじがある
という状態だったので)
 
”必然”としてくじが当たる、と考えます。 

運が良かったと感じるのは、
どんな配置でくじが箱に入っているかを
事前に知らなかっただけの話です。
 
つまり、
自分が認知しているかいないかに関わらず
「現在」は存在しているわけで、  

その「現在」の中で自分がとった行動によって
必然として未来が造られている
と考えるわけです。
 
ちょっと理屈っぽいですが。  

詰まるところ、、
今のあなたの現状は、すべてあなたの過去の行動によって
必然的につくられたものと言うことができます。

 
そこに、運や偶然は関係していません。 
 
ちょっと話を変えます。
 
あと1か月も経てば2018年も折り返しですね。
 
日々やることで頭がいっぱい
の方も多いと思いますが、
 
ちょっと先取りして
来年の元旦を想像してみましょう。 
 
あなたは、来年の初詣で
何をお祈りもしくは決意するでしょうか?
 
あなたは、来年の抱負や目標に
何を設定するでしょうか?
 
さて、その抱負や目標は
今年の1月に決めたものと比べて
大きく前進していますか。

 
 
ちょっと厳しい言い方ですが、
 
元旦の度に目標がどんどん前進していく人と
昨年とさほど変わらない目標を立てる人
の2パターンの人がいると思います。

 
問題は後者ですね。
 
世の中がこれだけ変わっているのに、
なぜ、自分の立てる目標が
一年前とさほど変わらないのでしょうか。
 
私はその理由を、
 
”変わらないように、
 毎日の行動を選択してきたから”

 
だと考えます。
 
もう少し具体的に言うと、
 
”常に自分の価値観に合ったものだけを
 選択して生きているから”

 
です。
 
例えて言うなら、
レストランのメニューはどんどん変わって
新メニューが出ているのに、
いつもお気に入りのスパゲッティだけを
頼み続けているからです。
 
今の現状が満足な方はそれでいいでしょう。
 
現状が満足ということは、

過去のあなたの選択が正しかった

ということを意味します。
 
そして、
その選択が正しかったということは、
判断基準である”あなたの価値観”が
正しかったということを意味します。
 
つまり、今後も自分の価値観を信じ、
自分が正しいと思うものを選択し続ければ
満足な状態が維持されるでしょう。
 
一方で、
 
もし、あなたが今の現状に不満があるなら、
過去のあなたの選択が間違っていた
ということです。
 
それはつまり、
行動を選択した”あなたの価値観”が
狂っていたということです。
 
これは大問題です。
 
自分が正しいと思うものを選択
し続けると、未来も”不満な現状”が
訪れることになるからです。
 
ではどうすればいいか?
 
 
答えは簡単です。
 
今の自分の価値観を疑い、
価値観に合わないこと、
「いいや違う」と思うことを
選択すればよいのです。

 
ただし、無作為に選ぶのではなく、
あなたの理想とする結果を残している人
のアドバイスを素直に聞いて選択しましょう。
 
 
■ 未来のために、新しい原因をつくるーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いつもと同じ選択をしているから、
いつもと似たような未来がきます。
 
であれば、未来を変えるのは簡単で、
 「未来の新しい結果のために、
 新しい原因をつくっていけばいい」
 
のです。 
 
これは、日常の小さなことから
大きな目標までに当てはまります。
  
私は何かを選択したとき、
「ああ、今、未来がつくられたな」
と思っています。
 
ちょっと簡単な例をあげると、 
 
例えば、ふと、
明日京都に旅行に行きたいな、
と思ったとします。 
 
何もしなければ「明日」になっても
京都にいることはないでしょう。
 
しかし、京都に旅行に行くために
ホテルを予約して新幹線のチケットを
予約したらどうでしょうか?
 
おそらく、「明日」になると京都にいるでしょう。
当たり前だ!と思うかもしれません。
 
しかし「明日」京都にいるという未来は、
今日ホテルとチケットの予約をするという
行動によって【つくられる】のです。
 
なので、私は旅行の計画を立てるとき、
単に計画を立てているという意識ではなく、

「よし、未来をつくるぞ!」という感覚で
準備や計画を立てて実行していきます。
 
そして、実際に旅行先で思うのです。
 
「ああ、また思った方向に未来をつくれたな。」と。
  
この人は何を大げさに言っているんだ、
と思う方が大半だと思います。
 
しかし、この感覚が私の日常であり、
大きな目標を達成していくうえでも全く変わらない感覚です。
 
トレードで勝っている未来をイメージし、
その「原因」となる行動は何かを考え、実際に選択しましょう。  
 
すると、必然として
新しいトレード結果を「つくる」ことができます。
  
私には【つくりたい明確な未来】があります。
 
そのために、今日もまた「新しい原因」をつくっていきます。
 
私のブログを読んでいる人には
日中お仕事をしている方が多く
忙しいとは思いますが、
 
忙しい忙しいと言っていたのが
今までの自分なら、
 
ここはあえて、
1時間むりやり仕事を抜け出し
時間をとって今年を振り返ってみては
どうでしょうか。
 
今のあなたの常識では非常識だ!
と思える行動こそが、
来年のあなたを今と違った状態に
導いてくれます。  
 
GOOD TRADE!!
 

 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
どれだけ勉強しても
銘柄選びを間違ってしまっては
なかなか利益は伸びないでしょう。

大きな損失を出す前に、
一度銘柄選びのプロから
アドバイスを受けてみませんか?

詳細はこちら


【新講師】はじめまして堀北晃生(ほりきたあきお)と申します。

2018.05.21
horikita

From:堀北晃生
丸の内のオフィスより、、、

ジャパンインベストスクール読者の皆様

はじめまして、
堀北晃生(ほりきたあきお)です。

本日からブログを書かせて頂くことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

私の投資スタイルですが、
空売りを活用した戦略をメインに行っています。

おそらく日本でも数少ないであろう
急騰株の天井を狙った空売り手法の理論を
体系化しました。

他にも様々な手法を開発はしていますが、
この空売りにはかなりの自信があり、
「堀北式株価デトックス理論」として
トレーダーの皆さまへお届けしています。

JISさんから毎週月曜日朝に
ブログ配信させてもらえる機会をいただきましたので、

投資をより楽しく、利益に繋がる
お話をしていきたいと思います。

以下のような悩みを抱えている方であれば
解決のヒントになると思いますので、
ぜひ期待して読み続けてください。

・投資家として新しい価値やビジョンを持てる

・一人で悩むことはなくなり仲間が出来る

・効果的な投資手法を学べて資産を増やす楽しみが増える

・無駄な失敗を回避できて時間もお金も節約できる

・やることが明確になり、ライフスタイルの生産性があがる

・銘柄に対する目利き力を高めることができる

・毎日ワクワクできて人生が楽しくなる

こういった方向性が自然と身に付くようになります。

それでは、カンタンに自己紹介をさせて下さい。

■ 堀北晃生プロフィール

私は全国トップ5%に入る
富裕層向けの資産運用アドバイザーとして
2004年より活動を開始しました。

プライベートバンカーとして
資産運用の管理や
投資顧問会社へのコンサルティング、

個人投資家向けの
クローズドメルマガ配信などを行っていました。

そのような経験を通して
「投資活動を通じて、
豊かなライフスタイルと社会創りに貢献したい」
という理念のもと、

現在は個人投資家からプロトレーダーまで、
投資のアドバイスやコンサルティング活動を
行っています。

過去には
価格差から利益を取る理論を実践し、

民間企業のコンテストで
500万円を15億円まで増やして
優勝したこともあります。

プロトレーダーと個人投資家の
情報格差を埋めるために、

非公開ブログやシークレット講座を少人数で展開し、
最先端のプロトレーダーチームを育成中です。

そこで成功を納めた受講生からは、

「新たな稼ぎ方を発見できた」
「稼ぐことのメンタルブロックが外れ資産が増え続けた」
「いつも新しい世界へナビゲートしてくれる」

という声を頂いております。

こうした活動を通して、
常に進化する投資の世界において
ナンバーワンであることにこだわり、

株式市場の最先端をリードする活動に
情熱を注いでいます。

過去の空売り実績としては、

■4764 SAMURAI&J PARTNERS(株)
注目株価:439円(2018/05/16)
終値株価:410円(2018/05/16)
+29円 6.6%

■6177 AppBank(株)
注目株価 738円 (2018/05/14)
翌日終値 652円(2018/05/15)
+86円 11.6%

■3461 パルマ 
注目株価 8,500円(2018/04/25)
現在株価 6,160円(2018/05/09)
+2,340円 27.5%

■3936 (株)グローバルウェイ
注目株価 5,560円 (2018/04/23)
現在株価 3,895円(2018/05/09)
+1,665円 29.9%

■4287 ジャストプランニング
注目株価 2,998円 (2018/04/23)
現在株価 2,752円(2018/05/09)
+1,246円 41.5%

■3624 アクセルマーク(株)
注目株価 1,930円 (2018/03/29)
現在株価 1,380円(2018/05/09)
+550円 28.4%

■2176 (株)イナリサーチ
注目株価 1,390円 (2018/03/28)
現在株価 1,098円(2018/05/09)
+292円 21.0%

■6034 MRT(株)
注目株価 2,866円 (2018/03/28)
現在株価 1,899円(2018/05/09)
+967円 33.7%

これらの銘柄を「株価が下落する」と宣言し
的中させました。

現在の活動はは多岐に渡るのですが、

・大学の金融研究所と共に
 最新のフィンテックのグローバル展開の研究

・AIを活用したアルゴリズムトレードの
 開発と分析のプロジェクト

・次世代金融システムのファシリテーター

・M&Aコンサルティングアドバイザー

など、コンサルティングや
投資家育成を中心に活動をしてます。

趣味はたくさんあるのですが、
ゴルフやウェークボード、射撃など
アクティブなことが好きです。

現在も金融業界や政財界、大学の研究チームなど
多くの業界人と共に仕事をしているので、

そちらの関係上、
顔出しできないことをお許しいただきたいですが、

これまでのトレードの悩みから抜け出し、
あなたの利益に直結する情報を
お届けしたいと思います。

今後もどうぞよろしくお願いします。

堀北晃生

<編集部のオススメ>

もしあなたが、急騰株の情報を
一心不乱にかき集めているのなら、
もうその必要はありません。

急騰株トレードを続けたいけど
疲れ切ってしまったなら、
これを活用してください!

http://japan-i-school.jp/jim/seminar180525_26/
※直近開催につき、
 通常ではありえないご案内をします…。


【驚愕】あなたが負ける原因

2018.05.20
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます!
谷口です。

噂の銘柄「メルカリ」の上場が決定しました!

メルカリはスマホを中心にした
「フリーマーケット」アプリで国内最大!

出品から配送、代金回収までを
手軽に安心して取引できるシステムを提供しています。

設立は2013年2月でたったの5年で売り上げ2000億を超える
企業となり世界的にも急成長の企業となっています。

現在、アメリカ、イギリスでも展開し世界展開しています。
上場規模としてはマザーズ上場ではミクシーを抜いてトップとなります。

海外展開のため借入金は多いものの本業では堅調な売り上げを
継続しており、売り上げは年々増加しています。

昨年上場の噂がありましたが、
今年最大の話題となっており、
発表のあったTDNetでは一時アクセスできないほどとなりました。

3月4月の初値急騰で損を抱えている投資家も多いこの頃ですが、
IPO人気を再燃するきっかけになる銘柄の登場に、
またまた目が離せなくなってきました!

さて、今日はトレードにおいて重要な考え方、
損は小さく利益は大きくする「損少利大」について。

スイングトレードで一番重要なことは
損切を早くして、利益確定を遅くすることです。

分かってはいるものの、
実際にはこの逆をやってしまいます。

損が大きく、利益が小さくなる
と、言う事です。

なぜ、思っていることと
逆のことをしてしまうのかという事ですが、

これは人間が本能として持っている
「儲けたい、損したくない」と言う考え方に起因します。

誰だって、損はしたくないし
儲けたいわけです。

そのためにやっているトレードで
本能のせいで負ける?

トレードをしたことのある人ならわかると思うのですが、
損失が出ると、しばらくで戻るだろうと考え
損失が大きくなると、今損切すると大損になると考え

しばらく様子を見よう、、、となります。

要するに自分の置かれた被害について、
無かったことにしたいという
「リスク回避」の考えが出てきてしまい、
戻ることのない大きな含み損を抱えることになります。

このような状況になった場合、
儲けることよりも「被害」が無かったことにしたいので、
買った値段とトントンになったら決済しようと考えます。

結局、儲けは出ないのです。

また、買った銘柄が上昇した場合
このような経験はないでしょうか?

1000円で買った株が上昇して
朝9時の時点で1500円に急騰していた。

もっと上がってもっと儲かるとウキウキしていると
15時を迎えた時点で1200円に下がっていた。

あの時売らなかったせいで3万円も損した!
と考えて、利益を引っ張ると損をすると考えるようになります。

このように利益が出ても、
「リスク回避」能力が働いて
早め早めに手じまうようになってしまい、
「損大利少」となってしまうのです。

では、どうやってこれを回避したらいいのでしょうか?

その続きはまた来週に。

さよなら、さよなら、さよなら、、、

谷口洋章

<編集部のおすすめ>
FXを始めて勉強もしているのに損益はトントン…
なぜか勝てなくて悩んでいるなら、
まずこの講座を聞いてみるのをおすすめします。

なぜならこの講座を受けられた方の多くは
そういった悩みを抱えていましたが、

わずか3ヶ月で月利20%安定して利益を出す方もいる
驚異のプログラムです。
詳細はこちらからご興味があればどうぞ↓
https://japan-i-school.jp/sl/parity/180602_kujira/