最近のブログ

[Video]神は細部に宿る

2018.01.18
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

芸能人のそっくりさんをよくテレビで観ますよね。

ぱっと見、本人かなと思うんですが、

よく見てみると、
やっぱり違うんですよね。

同じように、チャート分析もそうです。

一見、同じように見えるチャートなんですが、
よく見てみると…

全然違うんですよね。

この小さな、小さな違いが、
スウィングで持ち越してくうちに

大きな、大きな違いになっていきます。

さあ、いったいどこを見ればいいのか
こちらをご覧ください(^^♪

 ↓↓↓

今回動画で紹介した内容以外にも、
よく見ると気付ける事があると思います。

見過ごさないように注意していきましょうね。

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
短期間で利益を掴みたい人は
一度体験してみて下さい。

しっかり勝つ事に着眼し、
利益を積んでいくことを目的とした手法です。

知らずに損をしたくない方はこちら


景気を実感する方法

2018.01.17
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

1月のテレビ番組では、
一年間の景気とか、今年の経済は、というテーマで
いろいろな特番がありました。

その中で必ず起こる問題提起があります。

1月に限らず、毎週末のニュースでも、
あるいは毎日のニュースの中でも
いつでもある不思議な問題提起です。

「景気が良いといわれても
庶民の生活にまで及んでいないので
その感覚がない。どうしてなの?

どうすればいいんですか? 」

1990年のバブルの時には、恐ろしく景気が良く、
例えば、終電が終わった後のタクシー乗り場は長蛇の列、
タクシーに乗るまで1時間も2時間も待ったものでした。

皆がお金を使いまくるので、モノは飛ぶように売れた時代です。

ものづくり、サービス業、全ての業種で人手不足も深刻化し、
争奪戦になっていました。

結果、社員より契約社員の方が給料が高いという
逆転現象が起こっていました。

今回は、そんなすごいバブルにはなっていませんね。

それでも、うーん、本当は(少なくとも大企業に勤務する人には)
景気の良さは既に賃金に反映されており
生活に及んできているはずなのですが。

それはさておき、問題の答えは2つあります。

ひとつは、企業に利益が蓄積されており、
まだ還元されていない
ため、
感覚がなくても不思議ではないということです。

そもそも、
絶好調の今期は
まだ終わっていません。

期が終わってから決算を確定し、
その利益は株主総会で処分案が確定されますが、
終わっていない期の利益は使い始めることはできませんね。

もうひとつは、
それでも景気の良さを実感できている人々がいるので、
そうした人々を参考にすることです。

そういう人々は、会社の経営者だったり、
投資などをしていて、実際に管理しているお金を
今の景気の波に乗って見える化している’人々です。

行動している人々と言い換えられるでしょう。

行動しないで黙っていては
景気の良さをおそらく実感できないまま景気は終わってしまうでしょう。

今の景気の良さを是とする限り、

なぜ行動するのか?
ではなく、もはや
なぜ行動しないのか?

を問う方が答えが出やすいように思えます。

ではまた、次回をお楽しみに

奥村尚

<編集部のオススメ>
あなたは次の5つのタイプに当てはまりますか?

・FX初心者の方
・稼げる具体的なノウハウを知りたい方
・リスクを最大限に抑えたい方
・シンプルに結果を出したい方
・新しい収入源を作りたい方

これらに該当する方は
こちらのセミナーをぜひ一度ご覧ください。

心当たりのある方はコチラへ


投資で大切なのは勝つことより◯◯◯こと

2018.01.16
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

多くのプロトレーダーが日経平均株価の高騰からの注意喚起をしていると思います。

しかし、そう言われてもこれだけ上昇してきて、
まして、それを取り逃してきた人は
思わず買いたくなってしまうことでしょう。

その気持ちはわかります。

わかりますが、それだとかなり危険だと思いますので
リスクを減らすための概念について解説します。

すぐに使える概念なので、しっかりと読むことをおすすめします。

あなたは、投資する資金をしっかりと分散させていますか?

エントリーするときに、いきなり資産の半分とか投下したりしていませんか?

「いや、、資金が少ないので仕方なく、、、」

「ここから大きく動いたら機会損失になると思って、、、」

と色々な声が聞こえてきますね。

最近、私は行動心理学を以前よりさらに力を入れて勉強しているのですが、

人というのは、

・一発逆転
・起死回生
・V字回復

といったものに予想以上に価値を感じるということがわかりました。

プラスがさらにプラスより、
マイナスからの逆転でのプラスの方に感動する。

様々な事例を見て、あるいは、自分自身の経験を思い返して、

深くそう納得しました。

面白いことに、本質的に人間は、プラスよりもマイナスのほうが好きなのですね。

マイナスがあってはじめてドラマがある。

きっとあなたもそう感じてしまうことと思います。

しかし、トレードにおいては、それでは困りますね。

そこで、本心や欲望と逆行することは承知のうえで、

分散投資をオススメします。

今日は、その方法について、少しだけ紹介します。

・・・

まず、分散投資というのは、

あなたの投資資金をいくつかの投資対象、投資機会に分けて投資する

ということを言っています。

投資をする以上、誰だって、自分が投資する対象に8~9割の確信を持って投資します。

そうなると、本当は300万円投資できるのに、30万円しか投資するな!

と言われると、

「なんでだ!もしもこの投資が当たったら、俺の利益が10分の1になっちゃうんだぞ!」

と怒りたくなると思います。

人間は、機会損失を嫌う生き物ですから、

8~9割確信している機会をみすみす逃すということが耐えられれないのです。

さらには、大きな投資に踏み切ってリスクを取ることそのものが快感になります。

 

しかし、、、

8~9割当たるという確信そのものがそもそも間違いだとしたらどうでしょうか?

ここで、ランダムウォーク理論という理論を紹介します。

あなたは、ファンダメンタルズ分析にせよ、テクニカル分析にせよ、

しっかりと綿密に分析すれば、それなりに確度の高い予測が可能である

と信じていませんか?

日本人は特に、学校教育において「正解のある問題」を解く習慣がありますから、

・時間さえあれば
・知識さえあれば
・経験さえ積めば

かなり高い精度での未来予測ができると思っている人が多いです。

しかし、、、

ここからは意見が分かれるのですが、

実際のチャートというのは、

【ランダムな動き】と【意味のある動き】が混じっているものなのです。

例えば、ここ数日下落トレンドだな~と思っていたとして、

それはランダムな動きが重なった結果である可能性が結構あります。

つまり、下落「トレンド」というのは見かけ上のトレンドに「見える」だけ

であって、実はトレンドなどないフェーズである、

という可能性が結構ある、ということです。

 

他の側面から見ると、例えば、

あなたが過去2週間の合計約5回のスイングトレードで

勝率80%だったとしましょう。

5回の80%なので4回買って1回負けたということです。

一見、すごい実力が身についたように感じますね。

しかし、勝率が50%の実力だったとして、

5回中4回勝つ確率は、15.6%です。

決して大きくないですが、十分にあり得る数字です。

つまり、勝率が8割になったというのは、単なる思い込みにすぎないかもしれず、

実際は勝率50%で偶然が重なって5回中4回も勝ったかもしれないということです。

もしも単なる偶然だったとしたら、、、

この実績に自信を持って投資金額を増やしたら、、、悲惨な結果になりそうでうね。

同じように、

10回中8回勝つ確率は、4.4%
20回中16回勝つ確率は、0.5%

となります。

20回投資して16回勝ったとなると、さすがに偶然ではない可能性が高くなってきますね。

しかし、それでも、勝率が8割である保証にはなりません。

実際は勝率が65%程度である可能性が十分にあるのです。

このように、トレードの難しくかつ奥深いところは、

多少の実績は保証にならないという点です。

 

少し脱線しました。

話を戻すと、チャートの動きでトレンドがあるように見えても気のせいかもしれないし、

自分の理論が当てはまっていると感じはじめても、気のせいかもしれない、、、

ということです。

であれば、短期間の実績や過去チャートを元に大きなリスクを取ることは危険です。

そこで、より確実かつ着実に利益を積み重ねる方法として、
分散投資という概念を理解し利用すべきとオススメいたします。

 

目の前の投資機会に自信があって、全財産を一気に突っ込みたくなる気持ちはわかります。

ですが、もしもあなたの実力が本物なのだとしたら、

焦らなくても5回に分散してエントリーをしたとしても、

投資回数は増えて、その分時間はかかるかもしれませんが、

あなたの資産は着実に増えていきます。

それだけではありません。

もしも、あなたの実力があなたの妄想であった場合には、

資産が減る速度を大幅に削減してくれます。

多少、不運が重なったくらいでは資産は大きく減りません。

5回に分散投資しているということは、一極集中投資をしている場合に比べて、

5倍の不運が重ならない限り、あなたの資産は防衛されるのです。

 

私たちの生きている世界は、確率という摂理に支配されています。

あなたの勝敗は、常に、実力の要素と運の要素が含まれているのです。

ですから、

勝ったからといって100%自分の実力のお陰と思うのは思い上がりで、

偶然に感謝するくらいの謙虚さがあって妥当だし、

負けたからといって100%自分の実力のなさと憂(うれ)うのは、

落ち込み過ぎというもので、運が悪かったということもあるわけです。

このことを深く深く理解し、

資産を分散投資するということを真に譜に落とした人だけが、

超長期にわかって勝ち続けることができると思っています。

 

収集がつかなくなってきたので結論としますが、

確率論としては、5~7回にあなたの資産を分けて投資すると、

あなたの実力どおりの結果が得られます。

ぜひ、この資産分散、資産管理ということに興味をもってください。

急騰が続いた後、こういうときが人生の分かれ道です。

こういうときほど、分散投資です。

ボラティリティが大きくなりますから、ロットを減らして長く持つ。

投資で大切なのは、勝つことよりも負けないことです。

これは、長く投資をやってきた方なら全会一致の概念です。

投資は長期戦なのです。

直近でうまく勝てている人も、
相場の状況が変われば、直近の勝率は当てになりません。

休むも相場。
アクセルを踏むべきときとブレーキを踏むべきときの
見極めが非常に重要です。

GOOD TRADE!!

Mr.K

PS.
本日お話しした内容にも通じる事ですが、
値動きに一喜一憂して、
手法や知識を追いかけてばかりでは、

3年先も勝ち続ける事は難しいです。

自信をもって相場で利益を上げれるようになる
ヒントを、こちらのセミナーでお伝えします。

本気で勝ちたい方はコチラ


便利なものほどダマシが多い

2018.01.15
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京から名古屋に向かう新幹線の中、、、

先日、地方に行ったときにレンタカーを借りました。

結構新しい車種で、
バックの時に後ろの映像が見れるタイプです。

私が乗ってる車にはその”便利な”設備がありません。

ですから、いつもはバックミラーとサイドミラーを見ながら、
バックで車庫入れをします。

私、車の運転には自信があるんですよ(^^♪

昔、夜勤で11トントラックを
眠いのを我慢しながら走った経験がありますから。

車庫入れも、縦列駐車も自信があるんです。

ところが、、、

この比較的新しい、後ろの映像が見れる”便利な”車で
パーキングに停めたところ、ひどい斜めになりました(^^:

車降りてみて、気絶するくらい斜めでした。

もう、慌てて停め直しました。

いつもはバックミラーとサイドミラーだけを見て
パーキングに入れます。

ところが、最新式の”便利な”映像を見ながら停めたら
とんでもなく、失敗したわけです

便利なものほど失敗することが多いんですね。

最新式のバック映像より、
バックミラー、サイドミラーからの勘のほうが、
私にとってはずっと頼りになるわけです。

トレードの世界も同じのような気がします。

テクニカル分析で、日々”便利な”新しい指標が
沢山でてきます

これまでにもストキャスティクス、RSI,MACDなどなど。

これらは比較的、新しくできた”便利な”指標です。

ずっと昔は、ローソク足と移動平均線しかなかったそうですが、
今では新しい指標やチャートがどんどん生み出されています。

こういった新しい指標をどんどん取り入れている
トレーダーさんも多いようです。

まるで「テクニカル指標のデパート」みたいです。

新しいものが出たら試してみる、というのはいいことです。

ただし、あれこれと使うと、わけがわからなく
なってしまうことも多いです。

こっちは買いと言っているのに、あっちは売りと言ったり。


”便利な”ものほどダマシが多い
というのが
私の印象です。

その通りに売り買いしてみたら、見事に反対になったりします。

ちなみに私は、ストキャスティクスなどの指標は一切使いません。

ローソク足、移動平均線、出来高を重んじます。
(MACDは利益確定のときに参考にしたりします(^^;)

あれこれと試してみるのもいいことですし、
知っている、事も大事だと思います。

でも、できれば何かひとつの指標を深堀して
その指標の達人を目指してみる
のも大事なんじゃないかなと
思います。

あれこれ取り入れて、八方美人や器用貧乏にだけは
ならないように気を付けましょう(^^♪

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
毎日忙しくて、トレードを勉強する時間がない、
むしろ、トレードする時間がない、

そういう人はたくさんいます。

もしあなたが、家事や仕事で
十分に時間が取れなくても、

効率的に資産を増やす方法があります。
すぐわかる、お金と時間の使い方はこちら


今年もチャンスを楽しもう!

2018.01.14
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます!
谷口です。

年初から、暴騰している日経平均ですが、
年末の見事な三角持合いからの上っ離れと
セオリー通りに動いています。

1月は米雇用統計が良いので、
ダウ平均は25,000ドルの大台を上っ離れ。

しかし、為替は持ち合いを保っています。

うかつに喜んでもいられません。

ロスカットはもちろんですが、空売りも視野に入れて
利益を積み上げて行きましょう!

さて、2017年度も絶好調だったIPOですが
今年も絶好調を保つでしょう!

今後も楽しめる銘柄が目白押しです!

【今年IPOが噂されている銘柄】

メルカリ
2017年上場の噂あり。
フリマアプリで世界展開をもくろんでいる
大人気銘柄。

ZMP
2016年から上場延期された、
自動運転の核になる銘柄で、こちらも大人気。

USJ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。
ハリポタで再上場!

JR貨物(日本貨物鉄道)
全国規模で貨物列車を運行、
他不動産事業などで大型安定上場銘柄。

Spiber(スパイバー)
鋼鉄の340倍という次世代繊維
「クモの糸」を開発しているベンチャー企業。
大人気間違いなし。

サウジアラムコ
世界最大の石油会社です。
時価総額は200兆円(上場分で10兆円)。

東京メトロ(東京地下鉄)
東京で地下鉄を経営する老舗鉄道事業者。

ヨドバシカメラ
家電量販店から多角的な経営を進めてきている。

ランサーズ
ランサーズはフリーランスのための新しい仕事形態である
「クラウドソーシング」の先駆けの会社。

Sansan
法人向けにクラウドで名刺を管理するサービス「Sansan」や、
個人向けの名刺管理アプリ「eight」を提供。

洸陽電機
省エネ支援から発電所建設まで、エネルギーに関連。

ブシロード
カードゲーム、トレーディングカード、
ゲームソフトを手掛けている。

ロッテ
大型上場銘柄、人気化間違いなし。

などなど、

上場までに、IPOのテクニックを身につけておけば

将来は安泰です

今年もIPO銘柄は話題に事欠きません!

儲けるチャンスがてんこ盛りです!

しっかり稼いでIPOを楽しみましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
先日、手法や知識に憑りつかれている友人に
2017年のトレード結果を話したら、

「どうしてこんなに差が開いたんだ…」
と嘆いていました。

2018年は、その友人と一緒に、
本質的なトレード戦略を学べる
こちらのセミナーに参加します。

2018年、勝ちを独り占めしない方はコチラへ