最近のブログ

お祭り会場はどこ?

2017.07.22
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今日は少し上級者向けで、
漠然としますが大切な話をしたと思います。

私は短期トレードをとにかく極めて
「その時最も強い銘柄」を選ぶように
トレードをしていますが、

それができるのは、
二十歳から28年も株を経験しているからではなく、
「あること」をいつも気を付けてきたからです。

それは何かというと、、、

まわり(市場)の「雰囲気」を感じ取ることです。

言い換えると、
空気を読んでってことです。笑

そもそも、株価が動く基本的な要因は、
資金が入るか・抜けるかです。

なので、

誰が、資金を入れているか?
お祭り会場のごとく、
どこが盛り上がっているか?

この「雰囲気」を感じ取れると、
大きく上昇する銘柄を見つけ出すことが出来ます。

例えば、大きく値が上がる
「国策」や「テーマ」株だって
本当に利益があるか?よりも

「これ、なんかよく分からないけど良さそう!」

といった妄想みたいに盛り上がって、
資金が入るという事がよくあります。

たとえば、
医療情報サービスの6034 MRT。

昨年の2月から4月にかけて
大相場を作った銘柄ですが、

医療情報が本当に勢いがあって、
これからも伸びていくか?
という実体よりも国策としての
「それらしさ」が影響しています。

今回の上昇も
「今こそ医療!国策はMRTしかない!」
といった形で資金が流入し、

それを見た多くのトレーダーが
ビッグウェーブに乗るかのごとく注文を入れ、
一気に株価が上昇しました。

実際は「MRTしかない!」
なんてことないのですが(^-^;

国策やテーマは実体以上に
「それらしい」のが重要で、

上手なトレーダーほど、
その雰囲気と資金の流れを
掴むのに長けているんですね。

なので、
ちょっと人間関係にも似ていて、
上級者向けのテクニックだと思うのですが、

「雰囲気をつかむ」、
「空気を読む」ことを意識しながら
トレードに取り組むのも良いと思います。

元をたどれば、
株式市場を動かしているのも
人間の心ですからね(^^

それでは、今日はこのへんで♪
 
 
 
ウルフ村田


年金に頼らない老後を手に入れる

2017.07.21
koushi_yoko01

From:高橋陽子
自宅のトレードルームにて、、、

今回は内面から集中力を高める方法を書く!

と決めていましたが、ある記事をみて
予定を変更しました。

そのある記事とは
「年金支給が75歳開始との案が
有識者会議で意見として出た」

というもの。。。

私が年金を払い始めた頃は
60歳定年の翌月から年金支給と
なっていました。

今は65歳から支給開始。
で、暫定的に引き上げを検討。
となっていますね。

65歳といえば、働き盛り。
まだまだ現役の方も多い。

引き上げても良いでしょう。
と考えるのかもしれません。

というより、本音は年金を支払う
必要なく現役で働いていただき、

貰う側になったら、ささっと亡くなって
いただければラッキー。

と考えているのかもしれません


これはあくまでも私のうがった主観です(苦笑)

だって、75歳なんて、今の男性の平均寿命
ではないですか~(泣)
(正確には80歳ですけれど)

お給料の少ない頃から、少ないなりに
頑張って払ってきた年金です。

年金払うと、生活費が残り5000円しかなく
お給料日までの1週間、苦しい生活。

なんて記憶もあります。

同じような記憶がある方も多いでしょう。

年金の支払いが滞ると督促され。
あの、督促状。。。

今でも覚えていますが、
かなり怖い内容で大きな文字で
「督促状」と書かれていましたっけ。。。

なのに、いざもらう時になったら、先延ばし。
泣くに泣けませんね。。。(涙)

貰う側になっても。
年金だけで生活できる人は一握りです。

ほとんどの方は年金だけでは
生活できません。

会社員の方はまだましな方で。
国民年金だけの方も多くいます。

私もその1人です。

私の年金受給額は多分。
支給最低額に数千円上乗せ程度。

もちろん、生活できるレベルでは
ありません。

だからこそなんですね。

投資で生きていこう!
と行動に移したのは。
年金不安は大きな要素でした。

年金には頼れない。
いくら元気な老人が多いといっても
若い頃のようには身体が動かない。

このリスクが大きいので投資を
スタートしました。

私の様に、年金不安。
将来の生活の不安から、投資を
スタートする方は多いでしょう。

その行動って。

ホント、大正解!!
って思います。

現在、現役で働いている方。
老後はまだまだ先のこと。
と考えていらっしゃる方も多いと思います。

でも、そんな方こそ。
今のうちに、投資をスタートしましょう。

現役で収入があるうちに、
投資をスタートすれば。

初心者にありがちな投資の失敗をしても。
現役の収入でカバーでき。

そして、現役を卒業するころには
投資をしっかりマスターし、お金を
生み出すことができるでしょう。

今、お仕事があるうちに。
投資を是非、スタートしましょうね。

60歳の定年を迎えてから投資を
スタートします。
という方もいます。

ただ、そうなってしまうと、
なくしてはいけないお金ですし、
新たな収入源もありません。
不安要素が大きいのです。

投資はメンタルの要素が大きいですから
「このお金を失ってはいけない!」
と、思えば思う程、うまくいかないものなのです。

できるだけ、現役で仕事をしている内に
投資をスタートしましょう。

投資の訓練を積み。
経験と鍛錬によって、利益を出すのです。

それによって、生活の不安も解消され。
ひいては、老後のお金の不安からも
解消されます。

今日はついつい年金支給開始延長?の
有識者会議のニュースを聞いて。
このような話題に変更しました。

自分の身は、自分で守るのが一番です。
自分では自分を裏切りませんからね^^

そして、不安のない、幸せな老後を
手にいれましょう(^^♪

高橋陽子


[Video]空売りの注意警報発令!!

2017.07.20
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

日本列島もあちこちで梅雨明けのお知らせが届き、
今度は猛暑で夏バテ気味ですが、
調子はいかがでしょうか?

相場の方は持ち合いで、なかなか上がらず
2万円を割り込んできたので「買い」を手仕舞って
「売り」を考えられている方もいるかと思いますが、

ちょっと今の形は要注意です。
その理由を、動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓

藤井百七郎

<※残席残りわずか>

学んた後悔より、
学ばなかった後悔の方がきっと大きいでしょう。

どんな相場・手法の根底に流れる
共通原理を知って下さい。

http://japan-i-school.jp/jim/170725_mrk/


知らなきゃ損! 日経平均とTOPIXの歪みを見抜く

2017.07.19
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

日経平均(以下NK225)は、

日経新聞社が決めた225銘柄の単純平均を、
TOPIXは東証1部上場企業の時価総額の総和を、
それぞれある時期を100として、
指数化したものです。

細かな違いはあるものの、
どちらも株式相場全体の値動きを
代表する指数として重宝されます。

この2つの指数の比をNT倍率といいますが、
この6月以降、NT倍率は急落しています。

NT倍率の計算式は、NK225/TOPIXですから、
この値が下がるという事は、

a.分子が小さくなる(NK225がTOPIXより比率的に下がる)
b.分母が大きくなる(=TOPIXがNK225より比率的に上がる)

というケースで、NT倍率の値が下がるのは式から理解できます。

グラフで確認してみましょう。

今年に入り、先週7月14日の
引け時点でTOPIXは4.6%上がりました。

NK225は2.7%上がりました。

NT倍率は1.8%下がりました。

このグラフは、一つのチャートで比較できるように、
NK225を今年1月4日のNT倍率(=12.6)で割り算しています。

もし、NT倍率が変化ない場合、
TOPIXとNK225は完全に重なるわけですね。

しかし、NK225は、どんどんTOPIXに対して下がっている。

このグラフでは為替はいれていませんが、
円安は進んでいるので、
輸出関連株を中心に相場は好調です。

半面、内需関連株は不調です。

NK225とTOPIXの構成銘柄比率が異なるので、
上がる銘柄と下がる銘柄の数次第で、
NT倍率は日々変動するわけですが、
これだけ一気に下げるのには、わけがありそうです。

TOPIXが買われて、NK225が売られるワケとは、
いったい何でしょうか?

ひとつは、歪の解消です。

もともと、NT倍率は2008年は9.5倍でした。
それが、5年間で12.5倍まで上がった経緯があります。
その反動が起きています。

NT倍率がどんどん上がってきた原理は、こうです。

NK225は、先物取引主導で価格が付きやすいのですが、
NK225が上昇する際は、
裁定買い(=現物を買い、先物を売る)が起こります。

このポジションが積もり積もると、
NK225の採用銘柄は割高になり、
TOPIXは割安になるのです。

似た理由で、
NK225連動型の投資信託の買い(=NK225採用銘柄の買い)も
理由として挙げられます。

NK225先物だけを売買する投資家も多いはずでが、
これまた、理由に挙げられます。

その反動がおきている、ということです。
この反動、つまり、NT倍率が下がる流れは、
今度も続くものと考えています。

なお、裁定買い残は、短期での勝負ポジションなので、
かならず近いうちに解消されます。

つまり、何兆円にも膨れ上がると、
短期的な下落につながることも
覚えておくとよいと思います。

ちなみに、裁定ポジションはまだまだ低い水準ですから、
その点では安心してよいでしょう。

奥村尚


<編集部のオススメ>
稼げていない現状を直視したい人だけ
お越しください。

成長のきっかけには圧倒的な敗北感と
それをバネにした大きな「反発」が必要です。

あなたが変化を望むのであれば、
きっとお役に立てるトレード理論が
ここにはあります↓
http://japan-i-school.jp/jim/170725_mrk/


移動平均線の罠

2017.07.18
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
トレードの上達には、いくつかの段階があるように思います。
 
レベル1:なんとなく売買
レベル2:特定のルール売買
レベル3:確率論での売買
レベル4:フェーズを分けた高勝率売買

 
レベルが上がっていくにしたがって、
 
トレードというものの本質が見えていきます。
 
レベル4まで来ると
もうトレードにリスクを感じなくなっていきます。
 
では、どうやってレベルを上げるのかですが、
 
レベル2からレベル3に上がるのが第一関門だと思います。
 
そのときにネックになるのが、
 
移動平均線などのインジケータ神話からの脱却です。
 
 
どうして、トレードではインジケータを表示する人がこんなにも多いのでしょうか?
 
 
特に、移動平均線を使うことは、もはやトレードの基本みたいになっています。
 
世の中の本や教材のほとんどが
 
移動平均線を薦めているので、
 
当然と言えば当然かもしれませんが、
 
 
あなたは、移動平均線なしのローソク足だけで
 
チャートを見たことがありますか?
 
移動平均線、本当に必要ですか?
 
 
インジケータだらけのチャートを見てトレードをしている人で
 
継続して大きく勝ち続けている人を見たことがありません。

 
 
移動平均線(代表して)の必要性を、
 
本当に理解していますか?
 
 
ちなみに、私は、ローソク足しか使っていません。
 
でも、エントリーポイントもエグジットポイントも
 
非常に明確にわかります。
 
 
私も最初は、言われたままに移動平均線を見ていました。
 
でも、あるとき、
 
「これが機能するというのは、気のせいではないか?」
 
と思い、
 
思い切って、移動平均線を消してみました。
 
 
すると、、、
 
 
なくてもできたんですね。
 
というか、移動平均線をわざわざ表示しなくても、
 
どの辺に短期移動平均線があって、
 
どの辺に長期移動平均線があって、
 
この辺でゴールデンクロスしているな、
 
なんてことは、普通にわかります。
 
 
紙面の都合上、詳しくは書きませんが、
 
特定のインジケータサインだけを使うと、
 
必ず期待値が0になります。
 
 
当てはまるときがあれば、
 
当てはまらないときが必ずあります。
 
 
インジケータというのは、
 
使うときと、使わないときを
 
使い分けないといけないのです。

 
 
理想的なエントリーポイントは、
 
ほとんどが、ゴールデンクロスかデッドクロスしています。
 
 
しかし、その逆は成り立ちません。
 
ゴールデンクロスかデッドクロスをしていても、
 
まったく理想的なエントリーポイントではない、
 
むしろ、絶対にエントリーすべきでない
 
そういうポイントが半分あります。
 
 
この事実に、一定年数トレード経験を積んだ人は気づきます。
 
なんだ、うまくいく指標なんかないじゃないか。
 
 
ということですね。
 
 
その通りです。
 
 
で、その後が分かれ道です。
 
だったら、どうするのか?
 
色んなインジケータをどれだけ組み合わせても、
 
結局同じです。
 
 
そう、インジケータではない判断材料が必要です。
 
問題は、いつインジケータを使うのかということですから。
 
その判断材料が何かというと、、、
 
 
ファンダメンタルズ情報です。
 
 
ただ、安心してください。
 
ここで言うファンダメンタルズ情報というのは、
 
必ずしも業績やニュースや為替のことを言いません。
 
もちろん、使える人は使えばいいですが、
 
私はファンダメンタルズ情報を
 
ローソク足だけから得ています。
 
 
 
あなたも、ローソク足のみの表示にして、
 
チャートを眺めてみてください。
 
 
何か気づきがあるはずです。
 
意味深な終わり方になりますが、
 
常識を疑う心を持つことは大切
 
ということだけでも心に残ってもらえれば嬉しいです。
 
続きはまた別の機会に。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部より>
※緊急募集
なぜ、同じように株の本や
教材を買って勉強していて、
同じくらいのトレード環境を持っていても、
稼ぐ人がいる一方で、
収入が増えないが人いるのか?

http://japan-i-school.jp/jim/170725_mrk/