最近のブログ

トレードが確実に上達する方法

2017.11.19
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

皆さんはトレードの上達には
何が必要だと思いますか?

・ロスカット
・利益率
・シンプル思考
・トレードマインド

色々な要素がありますが、実は…

上手くいくまでやる人
上手くいく前に「愚痴」を言ってやめる人

これだけなんです。

では、
「上手くいくまでやる」とは?

・どこまでやったら良いのか分からない。
・どれだけやったら投資の勉強から卒業できるのですか?

生徒さんのなかにも
そんな不安を口にされる方はいます。

私は、投資においての「上手くいく」の基準について、
本人の目指す分だけ伸び代があると思っています。

だからこそ、常に、
「今」より上手くいく方法を試し続けるのです。

「トライ&エラー」という言葉を
聞いたことがある人も多いかもしません。
ものを作る世界は全てこれに尽きます。

日本語では「試行錯誤」といいますから、
これだと、なんとなく結論に到達しないイメージがあります。

しかし、辞典で調べてみると
「解答が見つかるまで試みること」
とあります。

そうです。

あきらめずに解答を見つけ出すこと
「試行錯誤」「トライ&エラー」なんです。

私がトレードを始めたころ、
自分で投資の書籍を読み漁り
自分なりのトレード法を見つけましたが

これでは、何かが足りない…
という気持ちがずっとありました。

それは、

値段が動くメカニズムの中でも
最大の要因である「需給」が
どこから来るのか?
本当の意味は何なのか?

これがいまひとつ掴めていない、
というものでした。

チャート分析は
感情的な値動きを捕まえます。

ファンダメンタルは
大きな値動きを捕まえます。

この2つがいつも同じなら、
思ったとおりに相場は動くはずです。

ですが、突然相場は
違う方向に動きだしたりします。

・予想と反して動いた時の対応
・予想通りに動いた時の対応

自分のトレード法には
何が足りないのかを考え抜き
そして試行錯誤しました。

人からの受け売りだけじゃなくて
なぜ、その方法が良いのか
自分で考えてテストしてみることで
本当の解答が見つかります。

人の話の上にあぐらをかくのではなくて
自分でも結論を出して、

人の話はヒントにして
やり続ける根拠にすることが大切です。

仏教もキリスト教も1人が話しているのに
いくつもの説に分離しています。

いろんな言い回しをしても、心理は一つ。

そこにたどり着けるのであれば
やり方には間違いも正解は無いはずです。

要するに、あなたが選んだものを
正解にするか、間違いにするかは
あなたが決めることです。

あなたが間違いと決めた事でも
別の人は成果を出せることがあるかもしれません。

あなたが正解と決めた事でも
別の人は間違いと言うかもしれません。

たとえ他の人と違う答えであっても
自分がトライ&エラーを繰り返し
得たものだけが
あなた自身の技術となるのではないでしょうか。

谷口洋章

<編集部のおすすめ>
本当に儲かるトレード法だけ勉強をしたい…
これから何をやったら良いのか分からない…

トレード歴は長いけど、
何をやっても上手くいかない
八方塞がりなあなたへ

業界の影の実力者が、
リアルタイムで秘密のトレード手法をお伝えします。

新セミナーの詳しい内容はこちら


狙うべきは「出遅れ」銘柄!?

2017.11.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

私のセミナーや授業では
繰り返しお伝えしていることなのですが

やはり株の世界においては
「何事も起こり得る」ということを
改めて頭の片隅に置いて
トレードをしてほしいと思います。

今まで上手く行っていた銘柄、手法など
ある程度継続して使わないと検証は出来ませんが、
何せ相場というのは生き物です。

知人のある投資家から来週以降は
大型株中心に下落する可能性があるという話があったのですが、
つい最近までの買い一辺倒の状況からは
信じられませんよね、

なので、上手く行っていたとしても、
有事のための逆指値の徹底が重要になってきます。

そして、本日のブログで
お伝えしたいことはもう1つあります。

それは、あくまで
私の意見ではあるのですが

「値幅を取る手法」が
一番利益が取れる手法である、
ということ。

つまり、出遅れている銘柄や業種に
ポジションを持つことで
利益を獲得していくんです(^-^)

この出遅れている銘柄に
ポジションを持つ一番のメリットは

下値不安が小さいこと!

飛行機でも、
離陸してしばらく経ち
高い高度で飛行している状態で
トラブルが起きたときと

離陸してまもない段階で、
トラブルが起きたときでは

そのリスクは明らかに異なりますよね!

株でも同じことがいえるんです。

どんな銘柄、どんな業種も
高いところで買ってはいけません。

テクニカルを使って
安いところをえぐるように
買うことが重要なんですね(^^♪

この「値幅」を狙うことは
相場の上下に依りませんので、
ぜひやってみてください(*^-^*)

今年もあっという間に
終わってしまいそうですが

年末相場にかけて良い時期でも

常にリスクと値幅を意識した
トレードを意識できるといいですね!

ウルフ村田


「老後の不安」対策に3つの秘訣

2017.11.16
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

実りある老後を送りたい。

そんな思いを抱いている人は
多いと感じています。

ただ、ついつい目が行きがちなのが
「老後のお金」
に関することでしょう。

お金さえあればなんとかなる。
と、考える人が大多数だからです。

勿論、お金は必要です。
でも、その他に必要不可欠なものが
2つあります。

残りの2つは。

・健康
・友人

この2つなんですね。

それなりに筋力をつけ、体力をつけて
健康的な毎日を過ごす。

老後までにこれを習慣にする必要があります。

どんなにお金があっても、不健康では、
多くの事をあきらめなくてはいけない
事態になるからです。

また、老後になった途端に
孤独に陥る人が多いようです。

それは「会社」という枠の中でしか
友人関係を作っていない、
地域の友人や
同じ趣味の友人もいないので、

老後になった途端にさびしい人生に
なってしまうのです。

これも、できるだけ仕事とは関係ない
利害関係のない友人を作る努力を
定年前からしなくてはなりません。

そうすれば、
毎日が楽しく生きられるのでは
ないでしょうか。

その上で、やっぱり「お金」は必要です。

仕事がある内に、お金を増やすスキルを
しっかりと身に着けていく。

そしていざ老後!となった時に。
想定した以上に老後にお金が
かかったとしても、

すでにお金を増やすスキルが
身についていますから
なんとか対処ができるでしょう。

定年前は、ある程度アクティブな
投資をし

定年後は、今度は手堅い手法に
切り替える。

そうやって、投資手法を切り替えて
いくのも良いでしょうね。

どんな人間にも
平等にやってくるのが老後です。

出来るだけ早くから、この3つの

・お金
・健康
・友人

を習慣の中に取り入れて。

不安もなく、楽しい老後のための
準備をしましょうね♪

勿論、株式投資もその一つです。
最初は自分にあった手法を
見つけ、利益を取っていきましょう。

ある程度まで来れば、手法の切り替えは
簡単なんですね。

まだ何も投資らしい投資はしていない…
そんな方は、年明けから頑張ろう!!

なんて言わずに、
年内スタートで頑張っていきましょうね(^^♪

高橋陽子


<編集部のオススメ>
トレードの勉強はしたいけど、
日中はチャートが見れないし、
夜帰ってから出来るトレードはないの?

という方に朗報です!
あなたも、こっそり始められる…

ちょっと怪しい「夜間トレードのススメ」


[Video]これから使える空売りのチャートパターン

2017.11.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
藤井です。

日経平均はひと頃の上昇ムードから
下落にトレンド転換してきているようですが、

下降といっても良い感じで押し目を
付けているように見えています。

ただ高値圏であるのは間違いないので、
下げ止まるまではどのような個別銘柄が
空売りに適しているのか、動画で解説します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

下げ止まりの予測は難易度が高いと思いますが、
ここで解説したシンプルな動画パターンを頭に入れて
トレードに励んでいただければと思います。

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
相場の本質は、その裏側にある
「ある動き」によるものでした。

あなたのトレードをガラリと変える
新たな境地へたどり着きたいなら
このセミナーへご参加ください。

相場の裏側をこっそり覗く


市場の「暗示」を知る方法

From:奥村尚
スペイン、バルセロナより、、、

いま、欧州に来ていて、
独立問題の渦中の場所を見にきています。

「バルセロナでは市中あちこちで通行止めがあって、
 その先にはストライキをした市民のデモが起こっている。
 それを軍隊が見守っている。」

などと言われていますが、

そんなニュースはガセネタではないか?
と思えるほど、平穏な感じです…

ただ、これも、
本日だけが平穏なのかもしれません。

さて、ファイナンスの世界では、
impliedという言葉があります。
これは、僕の大好きな単語です。

impliedは、日本語に訳した途端、
異なる意味になる可能性の高い単語でもあります。

日本語では「空気を読む(今なら流行語の忖度か)」という意味ですが、
英語の文章的にはこうした場合、
たぶんread between the line
(言外の意味を読む)なんて言い方でしょうか。

unspoken ruleとか、
bro(girl) codeなども、
暗黙の…と訳されます。

こうして日本語の訳から類義語を探していくと、
impliedの持つ意味とは、どんどん離れていく感じがあります。

「暗示する」という訳では、
時にsilentという単語も用いますが、
相場のフロントにいる僕としては
これも静的すぎてちょっと違う感じがします。

やはり、相場には
impliedという単語が最もしっくりきます。

impliedというのは、
暗に「示唆する」という意味合いを
強く持っているからです。

「債券相場が暗に示唆する為替レートはxx」
とか表現するとわかりやすいでしょうか。

しかし、この例えでは本来、
債券市場は為替市場に
圧倒的にインパクトを与えますので、

示唆する間接性というよりは
より直接的な影響になるので、
暗に…という意味は含まれないわけです。

ここが少し難しいのですが、
相場では、
もっとインダイレクトな事柄にimpliedを使います。

例えば、こんな例では、
「示唆する」という意味がぴったりです。

英国の公認賭け屋*(bookmaker,bookie.)では、
一定の参加者が考え、
金をかけて正しい事を主張し、
そしてギャンブル的要素を楽しむ仕組みを
つかさどっています。

*英国では賭けは合法で外国人も(もちろん日本人も)
参加する権利がある=ブッキングに参加できます。
広く参加者を募ることで、市場が形成され、オープンで公平な取引が出きるというわけです。
これは東証と似ていますね。ついでに書くと、その時のオッズで確定して買う指値(Fixed-odds betting)と
投票だけしておき、オッズは締め切り時の今はまだわからないオッズで買う成行(Starting price)の2つの
賭け方があります。これも株と似てますね。

ロンドンでは、最大手William Hillや
Ladbrokersといったブックメーカーは、
店舗は探さなくても自然に目に入ってくる、
日本でいえば宝くじ売り場のような存在です。

よく例に出されるのは、
オリンピックで金メダルを取る選手は誰か、
という賭けです。

まだ出場選手すらきまっていませんが、
わかりやすくスケート競技で、
こんなデータが出ていたとしましょう。

選手        オッズ
ネイサンチェン   3.5
羽生結弦      6.0
フェルナンデス   8.5

オッズが出ていると、確率が計算できます。

ある事象が起こる確率を P とすると、
Pが起こらない確率は 1-P になります。

その事象のオッズはこの2つの値の比
P/(1-P)として計算できます。

Odds = P/(1-P)

P=Odd/(1+Odds)

ここで求めたPこそ、市場が示唆する確率です。

オッズ1.0で確率50%
オッズ4.0で確率20%
オッズ8.0で確率11%と計算できます。

オッズ8.00(確率11%)で1ポンドをかけておくと、
当たった場合、掛け金1に加えて、
1/0.11≒9 ポンドを受け取ります。

1 かけると、10 戻ってくるんですね。
8:1 とか、8/1 という表記をする賭け屋もいます。

英国競馬でも同様の表記で賭けをおこなっています。

このような『市場が示唆する原理』を利用して、
オプション取引の価格(プレミアムといいます)を使って、

市場が示唆する価格変動率
(インプライド・ボラティリティ)を求め、
その大きさをリスク指標にする手法は、

シカゴ市場の恐怖指数(VIX指数)として
あまりに有名です。

次週、VIXに関する話を掘り下げます。
お楽しみに。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
相場が示す方向をいかに掴めるか・・・
それが投資家としての運命の分かれ道です。

あなたの損失をプラスに変える
ある考え方を学びに来ませんか?

詳細はこちらをクリック↓
【11/24大阪・少人数限定セミナー】