作成者別アーカイブ: JIS-FX・先物運営事務局

何億稼ぐより幸せなやり方

2018.08.17
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
京都のホテルにて、、、

こんにちは。

直近の相場ですが、
全体的に大きく下落してきていますよね。

下げ方向に転換してきたため、
私は上げた所の売り目線で見ています。

皆さんはしっかり利益を
出せていますでしょうか?

特に前場は大きく値幅を取れますが、
無理のないトレードを心掛けて
いただければと思います。

さて、相場は目まぐるしく
動いておりますが、

私はお盆休みを利用して
20日まで各地へ旅行中です。

長崎県、石川県、福井県、
京都府、三重県、大阪府、愛知県…
と巡る計画を立て、

今は京都の舞鶴へ来ており、
このあと大阪と愛知県へ行く予定です。

こうして改めると、
私も相場に負けないほど
動いています。

トレードはお休みしていますが、
ちょくちょくチャートは気になって
見てしまいますね。

昔から時間があればチャートを見る癖は
変わりませんが、

今のように旅行へ出かけようなどと
思いもしませんでした。

以前のブログでも書きましたが、

過去に何億も利益を出してその後、
何億も損失を出したりと
繰り返していた時期です。

莫大な利益を出している時でも今思うと、
本当に一時の幸せでしかなかったと思います。

例え何億稼いでも、
心に余裕が生まれないやり方だったため、
旅行など考えることができませんでした。

「人間は失敗をして初めて気づく」
という言葉もありますが、
まさに私もその一人です。

今の手法にたどり着いた経緯も、
当時のやり方を変えたいと思ったことが
きっかけでした。

結局は一時に大きく稼ぐようなやり方より、
コツコツ利益を増やしていくほうが
幸福感が続くのです。

なので私の生徒さんには、
先物ミニでスタートして頂き、
コツコツ利益を出す方法から学んでもらいます。

もちろん幸せの考えは人それぞれなので、
やり方のコツを掴んだ方はラージで大きく
利益を取りに行く方もいます。

ラージとは1枚70万~80万の
証拠金額が必要になりますので、
私の生徒さんは100万以上で毎回取引しています。

ですが私の場合は、この歳になって
健康で好きなところへ行く
お金の余裕があれば十分だと思っています。

皆さんは現在少ししか利益が出せない、
または思ったように利益が出ないと
嘆く方もなかにはいらっしゃるかもしれませんが、

そのやり方が間違っていない限り、
コツコツやっていくことが大事なので、
焦らず続けていきましょう。

りゅうじじ

<編集部のオススメ>
「株でリスクを抑えて利幅を取る」
など、夢のような話だと思いますか?

その方法をお伝えするセミナーが
こちらです↓
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_sts1808/


日本人が陥りがちな負け思考

2018.08.16
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
億り人です。

相場は先週より、いい感じで崩れましたね。

予定していた下げで
沢山の吉報を頂きましたが…

読者の皆さんはガッツリ
利益が出ましたでしょうか?

既に過ぎてしまったお話ですが、

先週のSQ値は、前月に立てた
『2万2685円より高確率で下になる』
との予測が上手くはまりました。

今読んでくださっている皆さんのなかには、

「なぜそこまで具体的に予測できるのか?」

と疑問に思われたかもしれません。

根拠はここで詳しくお話しできませんが…
カギはSQ前日までの、
ある動きから予測しました。

相場全体を観察していると
2万2685円辺りでほんのわずかな時間、
不自然な動きが見て取れたのです。

相場の見方を少し変えるだけで、
このように予測できるのですが

不自然な値動きは、
何もSQに限った話ではありません。

先週でいうと、8/8(水)寄付きから突然の急騰…
株をやっている人のなかには、

朝9時の時点でパニックになった方も
いらっしゃったことでしょう。

この時も、ニヤニヤしてた人と
顔が青ざめた人とに、
はっきりと分かれました。

ニヤニヤしている人は、
事前に上がることが
分かっていたはずです。

一般の投資家はこういった
予兆に気づけないまま、
知らぬ間に損失を出してしまうのでしょう。

予兆に気づけない
理由はいくつかありますが、

日本人は特に…移動平均線やMACDなど、
テクニカル分析でパターンに
当てはめたいと考える傾向にあります。

私の場合は、証券会社のサイトにあるような
チャートだけを見てトレードしていません。

実際にテクニカル分析のみ
されている方なら、

パターンに当てはまらない
値動きがあることを、
痛感しているのではないでしょうか?

とはいえ、テクニカル分析を
否定したいわけではありません。

テクニカル分析は、

過去の値動きを解釈しやすいように
1つのパターンに当てはめるためのもの、
ではないということです。

例えば天気予報で考えると、

過去の雲の動きや型から、
次の天気を予測する…
可もなく不可もないと言えますよね。

なので、不確かな要素を埋めるために、
私はもうひとつの要素を提案しています。

自然現象だと思っていた値動きは、
「実は意図的なものだとしたら…」

という視点でチャートを観察してみては
いかがでしょうか。

為替や外国の主要マーケットも見ていると、
もしかしたら、今まで気づけなかった
チャートの変化に気づけるかもしれません。

今後起こるであろう大きな動きを、
以前のブログにも書きましたが…

8月 ある国の通貨が大きく動き、
9月 ある国の条約締結の動きになる

これらのニュースに注目して、
チャートの変化を観察すると
いいかと思います。

相場の裏側では、
まだニュースで報道されてないことが
動き出しているようです。

また木曜日にお会いしましょう!

億り人

PS.
相場の裏側について
詳しく聞きたい方は、
8/23(木)私のセミナーへお越しください。

相場の裏側を知ると、
一般の投資家より先を見据えた動きを
取ることが可能です。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1808/


海外の証券会社のメリット・デメリット

2018.08.15
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは
秋田洋徳です。

FXの取引をしようと思うと
先ずは証券会社の口座が
必要になりますよね。

証券会社と言うと
日本の会社と海外の会社がありますが、
私は基本的に日本の証券会社しか使っておりません。

理由は単純に海外の証券会社は
スプレッドが大きく

私が行っているような
短期売買を繰り返す手法では、
不利になってしまうからです。

とは言え海外の証券会社にも
メリットはありますので、
本日は海外証券会社について
少しお話ししたいと思います。

海外証券会社の1つ目のメリットとしては、
ゼロカットシステムと言うものを
導入している会社がある点です。

ゼロカットシステムとは、
万が一証拠金以上の損失が
発生してしまった場合、
その損失分を証券会社が
負担してくれる仕組み
のことです。

その為、証券会社に預けた金額以上の損失が
発生することはありません。

日本の証券会社ではこのシステムを
導入している会社は無い為、

万が一突然の大暴落などで、
ロスカットが間に合わず証拠金以上の
マイナスが発生してしまった場合、
その分の損失は自分で負担することになります。

証拠金以上の損失の発生は
そうそう起こるものではありませんが、

もしもそのような事態が発生した場合、
トレーダーを守ってくれるのは
ゼロカットシステムを導入している
海外の証券会社となります。

また、2つ目のメリットとしては、
レバレッジの規制が無いことです。

日本では現在レバレッジは25倍までとなっており、
今後さらに規制がされる可能性もあります。

ただ、海外の証券会社は基本的にレバレッジの
規制が無いため数百倍のレバレッジをかけることが
可能な証券会社も存在します。
(もちろん、でたらめにハイレバレッジで
トレードするのは極めて危険なことですが)

海外証券会社の大きなメリットとしては、
上記のものになります。

ただ、最初に書いたようにスプレッドが大きいことや、
信託保全が義務化されていなかったり、
出金する際に手数料や時間がかかる等の
デメリットも当然あります。

私個人としては国内の証券会社を推奨していますが、
もし気になったり、自分の取引方法に合っているようであれば、
海外の証券口座を作ってみるのも良いかもしれませんね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
今のトレード方法では
いつまで経っても目標金額まで
到達することができなさそう…

そんな方のために、
ここではあなたがこれまで知らなかった
ある事実を公開しています。

大きな利益を実現したいと本気で願っている方のみ
詳細をご確認ください。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1808/


エントリーチャンスの広げ方

2018.08.13
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

まだまだ炎天下が続きますね。

体調管理に気をつけつつ
暑さに負けずにトレードして
いきましょう!

最近はドル円相場が調整局面
ということもあり、

ユーロドル等の通貨ペアでトレードした方が
良い結果となるようなかたちでした。

通貨ペアの選び方については
以前いくつか注意点をお話しましたが、

こういった状況であれば、
複数の通貨ペアから
今一番トレード向きなものを探し出せる人が
多くの利益を得られることになります。

単純な話に思えますが、
私自身ははじめから複数の通貨ペアを
監視することはおすすめしていません。

弊社のスクールでも、普段、
生徒さんからいただく添削やその解説などは
ドル円を中心に行っています。

これは、多くの通貨ペアを監視しすぎると、
逆に一つの通貨ペアに対する
分析がおろそかになる…という点を懸念しています。

もちろん、徐々に分析の精度が保てるようになれば、
複数通貨ぺアを監視していることでチャンスが広がります。

しかし、まずは一つの通貨ペアに対しての
分析力を身に着けることが先決です。

1つの通貨ペアに集中しても
結果を出せないのであれば、
複数の通貨ペアに選択範囲をひろげるだけでは
チャンスが広がったとは言えません。

むしろ、どの通貨ペアも中途半端という
逆効果が発生します。

だからこそ最初の段階でしっかりと
通貨ペアを分析する力を培い、
それを応用する気持ちで
他の通貨ペアを見ていくことがポイントです。

そして、一つ一つに確信が持てるようになったら、
ぜひ他通貨ペアにもチャレンジしていくようにしましょう。

これができるようになったら、
次は他時間軸でのトレードです。

全てはステップバイステップで
精度を上げることが前提となります。

他通貨、他時間軸でのトレードを身に着けられたら、
いくらでもトレードチャンスを広げられますので

これまで1つの通貨に集中してきた方は
ぜひチャレンジしてみてください。

パリティ

PS.
トレードの道標として
まずはルールを確定させたいという方は
是非パリティ式のノウハウを学んでみてください。

少人数セミナーも開催しているので、
将来的に大きく利益を上げるためにも
是非こちらにも参加してくださいね。

http://japan-i-school.jp/jim/180825_kujira/


デイトレーダーは必ず見てください

2018.08.12
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、

皆さま、こんにちは。
高子です。

前回のブログでもお話ししましたが、
「乱高下時こそ、過去と同じチャートパターンの
出現頻度が高い」

ということなので、乱高下チャートを
ご自身の頭の片隅に溜めておくこと。

そのことを強くお勧めします。

前回ブログ:【トレード初心者必見の「相場の格言」】
http://j-i-s.info/j-i-s/fx_180805/

人間の記憶だけでは
心もとない部分もありますし、
やはり限界もあります。

「私は記憶力に自信あります!」
と仰る方は素晴らしいですが、

それでもやはり、ご自身の
フォルダに格納しておいてください。

記憶力に頼らずとも
ロジックを開発すればいいだけですが、
開発するのはそう簡単ではありません。

奮闘努力する甲斐は勿論ありますが♪

さて、長くなってしまいましたが、
今回はこれまで全6回の
ブログでお伝えした、

デイトレード特化型マーケットの
流れをまとめます。

マーケットの流れは、
私の過去ブログ記事からなんとなくでも
皆さまも把握頂けたかと思いますが、

「小波・大波阻止・大波」の
3パターンが相場には存在するということ。

この波の特徴を捉えてトレードすることが重要、
とお伝えしてきました。

そして、このパターンは為替相場も
「全く同じ事象が存在する」
ということも付け加えておきます。

とはいえ、ここで為替についての内容は
割愛させていただきますね。

各波の特徴は、

・大波は、小波の積み上げ
・小波は大波の前兆の小動き
・乱高下は、小波を含む大波の上下阻止の軌跡

大波はスイングとして使用できますが、
大波も小波から派生した結果です。

このように、波を捉えると
トレードするタイミングや、

利益確定のポイントを
見つけることができます。

以上で波のパターンについてお話しましたが、
繰り返し過去のブログも読んで頂けると
理解が深まるでしょう。

ロジックの内容そのものには、
残念ながらここで詳しく
触れることはできませんが、

私の知りうる知識と、
その対処方法について述べてきました。

最後に、、、

このような知識は、
実際のトレードで経験して
初めて真に理解できます。

相場を楽しんでるときの上達は早いので、
ぜひ楽しんでトレードするといいですよ(*^^*)

ではでは、
今週も良いトレードができますように。

高子

<編集部のオススメ>
常勝トレーダーがどういった銘柄に
注目するか知りたい方へ

そのノウハウを常勝トレーダーが
無料で解説します。
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_sts1808/


「もうダメだ」と思いました

2018.08.10
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

前回のブログでお伝えした、
私の相場観について答え合わせをします。

前回ブログ:【お盆休み前のスイングは要注意】
http://j-i-s.info/j-i-s/fx_180803/

8/8(水)の前場までは
順調に上げてきていましたが、
後場に入り急落。

8/9(木)も下げてきたので、
相場は下げ方向へ転換してきました。

私の予測では本日も
下げ方向となるでしょう。

お盆休みも控えており、
週末ということもあって
上げてくる力はないと思います。

皆さんの予測はいかがでしたでしょうか?

私がこうして予測ができるのも、
長年相場を見てきた経験もありますが、

日々勉強を欠かさないことが
重要
だと改めて思います。

皆さんも勉強を欠かさないように
していただければと思います。

勉強しても自分の成長が
なかなか実感しにくい
かもしれませんが、

長期的にみると必ず役に立つので、
続けることが重要です。

なぜ私が常々
「勉強しましょう」
とここでお話しするのかと言うと、

勉強しなければ投資ではなく、
ギャンブルと同じだからです。

私はこれまでギャンブル感覚で
投資を行い、相場から去った人々を
何百人と見てきました。

なかには何億と損失を出したまま
去る方もいました。

一般的な仕事に就いて働いているだけでは、
何千、何億の損失を返済することは
できませんよね。

世間にある大体の失敗は
「命まで取らない」と言われますが、

我々が行う投資は命を取る可能性があると、
私は認識しています。

偉そうに聞こえるかも
しれませんが、

私は過去にギャンブル感覚で投資を行い、
何億と損失を出したこともあります。

その時期は「もうダメだ」
何度も思いましたが、

真面目に勉強を取り組んだおかげで、
今日まで続けてくることができました。

今読んでくださっている皆さんには、
損失を出したまま相場から去って
ほしくありません。

なので、ぜひお盆休みを利用して
勉強を頑張ってみましょう。

りゅうじじ

追伸:
今日のお話で、皆さんは
「投資は怖いものだ」
と認識されたかもしれませんが、

「投資は楽しむもの」だと
私は思っています。

8/21(火)私のセミナーでは、
皆さんに楽しんでもらうために
必要なことをすべてお伝えします。

ぜひお越しください↓
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji180821/