カテゴリー別アーカイブ: 投資家心理

致命的な3つの失敗

2018.01.12
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

昨日も相場は大きく下げてきました。
新高値更新と思った途端に、大きく下落…

これでは投資家の皆さんも読みが
むずかしくて読めません。

一昨日なんかはチャートを見ながらの
エントリーでしたが、
自分の手法にあてはまらず
苦労の連続でした。

たまにこのような場面に遭遇しますが、
そんな時は気持ちを切り替えて、
早めの手仕舞い、そして後は見ているだけです。

相場の世界では何回も同じ負けを
繰り返す事が有り、いつも反省の連続でした。

気がつくと、同じところで
同じように負けている事を
私は数え切れないほど経験してきました。

そして結果的には大きく負けるのは
自分の性格が大きな原因になっている事に
気がつきました。

その後チャートをしっかりと勉強をして、
チヤートに道案内をしてもらい、
同じような所での負けを繰り返さなくなりました。

「また同じ失敗をしてしまった」
「失敗を繰り返す自分が嫌になる」

といった経験は、
私もなるべく避けたいですしね。

皆さんのトレードでも、
きっと失敗はつきものでしょうが、
「致命的な失敗」だけは避けてください。

今日は、自分のトレード研究、
そして投資家育成に力を注いできた
経験をもとに

トレードでの致命的な失敗例3つを紹介します。

1.トレード記録をつけていない

トレードを記録せずに、
長期的に利益を上げていくのはまず不可能でしょう。
なぜなら、膨大な回数のトレードを行うにもかかわらず、
トレードの具体的な検証や改善を
自分の記憶を頼りにしているからです。

今のトレードの何が良かったか分からないまま、
いずれは感情に揺さぶられた
トレードになってしまうでしょう。。

2.あらかじめ決まっている経済指標の発表を知らない

経済指標の発表といった重要イベントは、
チャートにも甚大な影響を与えます。
しかも、発表された直後はどんな手法も
機能しなくなることが多いです。

思わぬ値動き目の当たりにし、
欲にかられて買ったり、損切を躊躇してしまうなど
市場から退場しかねないダメージを
負ってしまう恐れがあります。

3.早くに多くのお金を稼ごうとする。

つまりは、身の丈に合わない
資金量でのトレードです。

含み益を早く決済しがちになる一方、
塩漬け株は価格が元に戻ることを祈り、
結果的に損切が遅れます。

ここで紹介したものは
私自身も経験していますが、

数多くの失敗の中でも、
市場から退場を宣告されない内容です。
大げさではありません。。。

もし一つでも該当するものがありましたら、
この機会に勉強して、改善してみてください。

逆にこの3つをやらなくなれば、
あなたもプロトレーダーの
仲間入りができるでしょう。

本日の動きですが、
寄り付きはしばらく様子見。
その後方向性が決まったら、
仕掛けていきます。

それでは。

りゅうじじ

追伸:
残り2名となったようです。

本業を真面目にしながら
帰宅後も稼げるトレード手法を
そのままお伝えします。
「やって見せること」にフォーカス:


目標を立てることの重要性

2018.01.03
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、新年最初の投稿と言うことで、
今回は「目標」について
お話ししていこうかと思います。

「人間は目標を追い求める動物である。
目標へ到達しようと努力することによってのみ、
人生が意味あるものとなる」

これは古代ギリシャの哲学者
アリストテレスの言葉ですが、

目標を立てるということは、
何かを達成するためにも、
人生に張り合いを持たせるためにも、

非常に大事なものだと思います。

目標を立てずに日々をなんとなく
過ごしてしまうとあっという間に
1年なんて終わってしまいますので、

仕事でも運動でも生活習慣でも
どんなことでもいいですから、

何か目標を立て、
それに向かって
努力する1年にしましょう。

さて、
この目標を立てるということに関しては、
FXも同様です。

以前、「どこで止めるか」
という題名の記事でも書きましたが、

私は毎日トレードを行う上で
1日毎の取得(もしくは損失)pipsを
きっちり決めており、

その目標値に到達するまでは、
トレードを続けるように心がけています。

目標値を決め、それを達成したら、
その日のトレードは終了する、というルールを
自分に課していますので、

目標達成後はだらだらとチャートを
眺めたりすることはありません。

逆に、中々目標値まで達しない場合は、
多少夜更かししてでも
粘ってトレードを続けます。

目標月利を達成する為には、
日々、自分が決めた取得(又は損失)pipsを
達成していく必要があるので、

多少無理をしても
目標に近づくよう努めているのです。

目標を立てることで、
そのゴールに到達するための
筋道を明確に立てられたり、

モチベーションを維持することが
出来るようになりますので、

皆さんもトレードに限らず、
何かを始めるときは、
必ず目標を持って、
物事に取り組んでみてくださいね。

本日のお話はここまでです。

2018年も良い年になるよう、
頑張っていきましょう!

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
こちらを読んでくださっている皆さんには、
2018年のトレードで、
昨年以上の成果をあげていただきたいです。

そのため、人気講師陣の各プログラムを
期間限定、最大80%オフで提供することにしました。
ぜひ、お役立て下さい。


他のページでお求めいただいた場合は
この特別価格は適用されません。

本日が最終日ですので、
お早めに、こちらをご確認下さい。

新春価格で大人気商品をGET


FXに取り組む上で忘れてはいけないこと

2017.12.27
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

こんにちは、秋田洋徳です。

クリスマスも終わり、
いよいよ年末ですね。

このブログを書くのも
年内ではこれが最後になります。

いつも読んでくださっている皆様、
ありがとうございます。

さて、今日は、
一年の終わりに関連する、
FXで忘れてはならないことをお話しします。

FXのトレーダーが忘れてはいけないこと、
なんだかわかりますか?

・・・・・・・・・・・

そうですね、
それは「確定申告」です。

FXで発生した利益は、
申告分離課税の対象となり、

1月1日~12月31日の
1年間で得た利益に対して、
約20%(厳密にいうと20.315%)の
税金を納めなくてはなりません。

確定申告と言うと難しそうだったり、
大変に思えるかもしれませんが、
案外そうでもありません。

詳しい内容は個々の事由による為
断言はできませんが、

基本的には、
取引をしている証券会社から、
1年間のトータルの損益が記載された
「年間損益報告書」を出してもらい、

その年間損益報告書に
記載された金額を
申告していただければ
問題ないかと思います。

詳しいことは、
税務署に問い合わせれば
答えてくれますので、

確定申告で困った場合は必ず確認して、
確定申告を済ませるようにしましょう。

また、FXでは繰越控除が出来ますので、
万が一損失が出ている場合、
その分を申告しておくと、

翌年に利益が出た時、
申告しておいた損失と相殺されて、
課税金額を少なくすることも出来ます。

損失が出てしまった場合も
必ず確定申告をしておきましょう。

確定申告は面倒だとお考えの方も
いらっしゃるかもしれませんが、
FXをする以上、切っても切り離せない事柄です。

何かあってからでは遅いので、
忘れずに行いましょうね。

本日のお話しはここまでです。

本年も大変お世話になりました。

それでは皆様良いお年を(^^)

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
トレードの世界では、
成功のスピードと決断の早さは比例します。

決断の早い人ほど次から次に成功していきます。

あなたがそのスピード感を手に入れ、
トレードのレベルを上げたいのであれば、
こちらでが最適です。

トレードスキルアップまでの最短ルート


デモでは勝てるのに…

2017.12.06
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。

今年も残すところあと1ヶ月に
なってしまいましたね。

2018年を気持ちよく迎えるため、
やり残しなどが無いように
残り1ヶ月頑張っていきましょう。

さて今日は
デモトレードとリアルトレードとの違い
についてお話ししましょう。

よく聞く話ですが、
「デモトレードだと勝てていたのに、
リアルトレードに移った途端に
さっぱり勝てなくなった」
と言う方がいます。

デモトレード時に見ている
チャートと言うのは、
リアルトレードをする時の
チャートと全く同じです。

その為、デモトレードの時は
勝てるように値が動いていて、
リアルトレードになったら
勝てないように値が動いている
と言うようなことは絶対にありません。

(気になるという方は、
実際にデモ口座と本口座を
両方開設して確かめていただくと
全く同じ値動きをしていることが
分かるかと思います。)

ではなぜリアルトレードに
なると勝てなくなる人が
出てくるのでしょうか。

ここで一つ問題です。
デモトレードにはなくて、
リアルトレードにはあるものとは
一体なんでしょうか?
…………………………………

………………………

………………

答えは出ましたでしょうか?

正解は

「恐怖心」

です。

例えばデモトレードでしっかりと
結果が出せている場合、

デモトレードでやっていたことを
そのままリアルトレードで行うことが
出来れば当然良い結果が出るでしょう。

しかし、ここで邪魔をしてくるのが
先ほど言った「恐怖心」です。

デモトレードの場合、使っているのは
架空のお金ですので、たとえ損失が
発生してもたいして気にはならないものです。

しかしリアルトレードでは
そうは言っていられません。
負ければ当然自分のお金が減るのですから
負けることが非常に怖くなってきます。

そこで恐怖心に負けて、
損切りを躊躇ってしまったり、

ほんの少しの利益で満足して、
さっさと利確をしてしまったりする人が多いのです。
(チキン利食いなどと呼ばれたりします。)

この様な事を繰り返していくと、
損は大きく、利益は小さくという状態に
自然となってしまい勝てなくなってしまうのです。

恐怖心の克服は
FXで勝てるようになるために
越えねばならない大きな壁ですが、

ここを越えなければ先へは進めません。

デモトレードで勝てるルールを
確立できたならば、
最後はそれを信じて恐怖心に負けずに
トレードをするしかないのです。

もし

「デモでは勝てるのになあ……」

と感じている方は、
知らず知らずのうちに恐怖心に負けて
本来のトレードルールから
外れてしまっている場合がありますので、

一度自分の感情を見直してみると
良いかもしれませんね。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
トレンドの初動から天井圏まで、
利益を全て取りきるようなトレードを
してみたいとは思いませんか?

月300~400pipsも目指せる
極秘ノウハウ公開です!
究極の損小利大を実現するならこちら


これまでの経験と比べても・・・

2017.08.11
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
長野の農村より、、、

おはようございます。
今週は夏季休暇で長野に来ています。

日経平均もついに
19000円台前半が見えてきましたね。

今後も細かい上げ下げはあると思いますが、、
下げてくるでしょう。

しばらくは買いのスイングは見送りですね、
個別銘柄も全面安となっています。

今回の下げに関連してという
訳ではないですが、

最近は北朝鮮の情勢が不安定で、
いよいよミサイルが発射されて、
最終的にはアメリカも出てきて・・・

というような話まで聞きますが、
あながち脅しでもなく、

現実になる可能性を
十分に含んだ話かなと思います。

これまでの人生で朝鮮戦争から
ベトナム、湾岸、イラクと
様々な戦争を見てきましたが、

その当時アメリカから
「悪」とされてきたリーダーたちに比べても

北朝鮮のトップは大変過激な言動、
行動が目立ちます。

相場には「上り坂」「下り坂」「まさか」が
あると言われていますが、

もし、有事の際は
大暴落が想定されますので、
持っているポジションには
十分に気をつけましょう。

相場の大きな下がり目というのは
プロにとっては絶好の買い場である一方で

多くの人が損をしている局面ですので、
講師業をしている身としては
いよいよ手法の真価が問われる時です。

投資を教える立場の人間は、
儲かっているときは「先生」と崇められても

いざ損を出し続けると、
他手のひらを返されたように
批判の的となります。

私はそのような「先生」を
何人も見てきましたので、

自分の手法に関しては、
上げ相場でも、下げ相場でも、
たとえ北朝鮮のミサイルが落ちたとしても

相場から利益を回収できるくらい
確実なものを生み出しました。

今週はもう取引が無いので、
あまり焦りませんが、

下落の良いトレンドが出たチャンスと考え、
精進していきたいですね。
 
 
りゅうじじ


市場の方向性と「トレードで勝つこと」の関係

2017.05.31
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

最近は市場のボラティリティ(値動き)
が高くなってきており、取引しやすい
相場になってきているように思います。

北朝鮮やトランプ問題等、
市場がどちらに大きく動くか
は誰にも分かりません。

しかしトレンドフォローを得意
とするパリティ式で取引される生徒さんは

動いた方向にしっかりと
エントリーしていけばいいので、
アレコレ悩む必要がないかと思います。

稀に「市場がどちらに動くかは全くの
ランダムなのでトレードで勝つことは
不可能」と言われる方がいらっしゃいますが

私は「市場どちらに動くか」と
「トレードで勝つことが不可能」
は直接はリンクしないと思っています。

私はこれまで膨大な時間をチャート
分析に割いてきましたが、そこから
導き出した結論は

「動き出す方向はランダムだとしても、
動き方には規則性がある」
というものでした。

なので、動く方向なんて予測できる必要
もなく、ただ価格の動き方をしっかりと観察し、

特定のチャートパターン
になったらトレードすることで、
しっかりと利益を出すことができます。

良く
「証券会社のアナリストの予測は当たらない」
と言われますが、

トレードで利益を出すよりも、
市場の方向性を当てに行く方が
余程難しいように思います。

ということで地味ではありますが、
結局はしっかりとチャート
パターンを研究することが、

勝てるようになるために最短の道に
なるように思います。

皆さんもしっかりと分析するように
しましょう。

パリティ


PS.
6/4(日)に、チームパリティの
講師によるセミナーを予定しています。

FXの基礎とテクニカル分析、
勝てるトレーダーになるために
本当に必要なことをお伝えします。

残席わずかですが、
お時間が合えば是非ご参加ください。
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170604/