カテゴリー別アーカイブ: リスク

成功する人としない人の違い

2018.06.20
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。

秋田洋徳です。

さて突然ですが、皆さんは
ナポレオン・ヒルという方を
ご存知でしょうか。

「思考は現実化する」
などの成功哲学に関する、
本の著者として有名な方ですね。

彼の本を読んだことのある方も
多いのではないでしょうか。

そんな彼の行った調査の中で、
面白いものがあります。

それは
「人は何かに挑戦したとき、
何回目の挫折で諦めるか」

というものです。

3万人の男女に対して行った
調査らしいのですが、

平均何回だったと思いますか?
また、ご自身では何回と答えますか?

3回? 7回?
10回以上と答えられた方は、
相当忍耐力がある方かもしれませんね。

素晴らしいと思います。
さて正解は、、、

「0.8回」だそうです。

もう一度言います「0.8回」です。

回数が1回以下と聞くと
意味が分からないと思いますが、
ほとんどの人は挑戦する前から諦めてしまう。

つまり、何か目標を立てて
取り組もうとしても、

行動をする前に頭の中であれこれ理由を付けて、
結局何もしない人が大勢いるということです。

人間は失敗することを恐れる生き物ですが、
失敗を恐れるがあまり、
挑戦自体をしない人がいます。

確かに何もしなければ
「失敗」はありません。

ただ、何もしないのであれば
成功も100%ありえません。

これはFXでも同じかと思いますが、
FXで絶対に成功して利益を
上げてやろうと思っていても、

仕事が忙しい、とか、時間がないという
理由をつけて結局何もしないのであれば、
利益を得ることなど不可能です。

また、いざ取り組んでみても、
3日や1週間くらいで、結果が出ない
からと言って諦めてしまう人もいますが、

結果を出すにはそれ相応の
時間や努力が必要不可欠です。

そんなに短期間で思った通りの結果が
出ることなど稀なことです。

難しいことかもしれませんが、
何かを成し遂げるには行動力と
忍耐力が必ず必要になってきます。

もちろんこれらの力は1日、2日で
身に着くものではありません。

ただ、積極的に行動すること、
習慣化することを心掛けていけば、
きちんと得られる力だと思います。

皆さんも行動力と忍耐力を身に着けて、
何かに挑戦するときは、

「0.8回」のグループに入らないように
気を付けてくださいね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

追伸:
FXでも他のことでも、
何かを新しく始めるのは
期待と当然不安も出てきます。

ではデモトレードを体験して、
不安を解消してみませんか?

基礎的なところから
分かりやすくこのセミナーで
お伝えするので、

まずは挑戦してみしようと
意思をもって、
ぜひご参加ください。

それが成功への第一歩です↓
http://japan-i-school.jp/jim/akita_180706/


つまらない作業が成功への近道

2018.06.13
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは、
秋田洋徳です。

普段は仕事で各地を飛び回っている私ですが、
たまの休みには、唯一の趣味である釣りによく出かけます。

私の場合は仲間と共同で買った船に乗って、
沖まで出る「ジギング」をやっています。

釣った魚を自分で捌いて食べますが、
やっぱり自分で釣って、
自分で捌いた魚の味は格別です。

さて、ここからは真面目な話に入るのですが…

以前、とても感銘を受けた言葉があったので
皆さんにもお伝えさせていただきます。

「1年後の成功を想像すると、
日々の地味な作業に取り組むことができる。
僕はその味をしめてしまったんですよ。」

これは誰の言葉かご存知ですか?

これはサッカーの本田圭佑選手の言葉なのですが、
いかにも本田選手らしい言い回しですよね。

本田選手のような
一流のスポーツ選手だけではなく、

それぞれの道で成功している人たちは
みんな「地味な作業」を繰り返しています。

スポーツ選手であれば、毎日の厳しい練習に加え、
身体のケアも必要なので、

食事での栄養管理や質の良い睡眠時間などで、
しっかりと体調管理もしていかなければなりません。

これは、一般的な仕事でも同じです。

長期にわたって
確実に成果を出し続けるためには、

やるべきことを毎日の作業として
続ける必要があります。

そして、責任を持って、
与えられた仕事をこなしていくためには
体調管理も重要ですよね。

成功している人を外から見ていると、
楽をして優雅な生活を送っているように
見えるかもしれませんが、

そういう人たちこそ、
毎日の生活では地味な同じ作業を
繰り返していることが多いのです。

そして、その積み重ねが
結果的に優雅な生活に
結びつくのだと思います。

毎日のコツコツとした
地味な作業の繰り返しが
結局、成功にたどり着く堅固な道を
作っていくんですね。

これはトレードでも同じだといえるでしょう。

私の知っている勝ち組トレーダーの方々の多くは
毎日チャート分析やトレード結果の検証など、
地道なルーティンを持っています。

一見、地味な作業の繰り返しであっても
その一連の作業と習慣こそが

FXトレードで
利益を生み出し続けるための
源になっているのです。

要するに、しっかりとした
「結果」を得るためには、
毎日のコツコツとした
作業の積み重ねが大切だといえます。

勝ち組トレーダーになれるかなれないかは、
この地味で退屈な作業を継続できるか否かです。

きっと「こんな作業みたいなトレードつまらないな…」
と思っている人も多いかもしれません。

でも、それを続けていくことで、
良い結果に繋がっていくということは
覚えていてほしいと思っています。

皆さんは投資を始めようを決めたとき、
「絶対に利益を出せるようになろう!」
という目標を持っていたはずです。

そのときの「強い気持ち」
「地味な作業を繰り返す努力」
の大切さを忘れないでください。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

追伸:
本日は、トレードにおける心構えを
お話しましたが、

もし、トレード自体に自信が持てない、
結果の出せる方法が明確でない、という方は
是非、体験セミナーへお越しください。

FX初心者の方向けですが、
勝てない方にも役に立つ内容をお伝えしております。

http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_tokyo_h/


注文時の生命線「スリッページ」

2018.06.06
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

トレードの注文画面や、
設定画面には

「スリッページ」と言う数値を
設定する欄がありますが、

スリッページとは何?
数値はいくつに設定すべき?

という質問をよく受けますので、
今回はこのスリッページについて
説明しようと思います。

スリッページとは
成り行き注文等をする際、

注文をした価格と約定した価格との
間に生じる差のことをいいます。

例えば、今トレード画面を見た時
1ポンド=150.000のレートだったとして、

この数値で買いエントリーをしようと思い、
すぐさま成り行き買い注文をしたとします。

ただ、自分は150.000の時に買ったと思ったのに、
実際に約定した価格(取引が成立した価格)は
1ポンド=150.014と言う価格でした。

この場合、注文しようとした価格(150.000)と、
実際に約定した価格(150.014)には
1.4pipsの差が生まれており、
これがスリッページと言うものになります。

通貨のレートと言うのは常に数値が上下しており、
一瞬ごとにレートは変化します。

その為、自分が買い注文を出してから、
その注文が成立するまでの一瞬の間にレートが変化し、

自分が思った価格から少しずれた位置で
取引が成立してしまうことがあるのです。

ただ、このズレがあまりにも大きいと
取引をする側に不利な場合がある為、

それを防ぐ方法として、
注文画面にスリッページ欄があります。

この注文画面のスリッページ欄は、
取引する際、何pipsまでならズレて約定しても
許容するかを設定することができます。

例えば、スリッページを2pipsに設定しておいた場合、

トレードをする際に注文価格と約定価格の差が
2pips以上ズレてしまうような取引は、
自動的に不成立になります。

この様にスリッページを設定しておくことで、
注文価格と約定価格が大幅にずれて、
損をしてしまうケースを予め防ぐことができます。

ただ、いくら価格がズレるのが嫌だからといって
スリッページを0に設定してしまうと、

注文時にほんの僅かに値が動いただけで
取引が不成立となってしまい、

殆ど取引が成立しなくなってしまう
可能性もありますので、
スリッページを0に設定はしない方が良いでしょう。

また、スリッページは
DMMFXのデフォルトの数値である
2pipsで問題ないかと思いますので、
2pips前後で設定すると良いかと思います。

成り行き注文をメインで使用している方は
スリッページが直接取引に関わってきますので、
これを機に見直してみるのも良いですね。

それでは今回はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
本気で利益を出したい方だけに、
実践ノウハウを徹底的にお伝えする
集中プログラムです。

最短距離で常勝トレーダーになる
具体的な内容はこちらから↓
http://japan-i-school.jp/jim/mrk_seminar180614/


あなたなら損切りしますか?

2018.05.30
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは、
秋田洋徳です。

いきなりですが皆さん、

今、ご自身がチャートを見ていて、
トレードをしようとしている
ところだと想像してみてください。

例えば今、ポンド/円のチャートを見ていたとして、
何かしらのルールに則って
買いのチャンスが来ていたので
買いのエントリーをしたとします。

エントリーした瞬間は、
20pips取れたら利確して、
20pips逆行したら(損が出たら)、
そこで損切りしようと決めました。

ところがエントリーをした途端
突然逆行を始め、価格が下がっていき、
あっという間に損切りをしようと考えていた
価格まで来てしまいました。
(20pipsの含み損が発生してしまいました。)

さあ、この状況の時、皆さんならどうしますか?
少し考えてみてください。

答えは出ましたでしょうか?

「たまたま下がっただけでもう少し待ってたら
有利な方へ行くかもしれないから待つ」

「ここで損切りをして、結果的に待ってたらよかった、
なんて状況になるのは嫌なので損切りしない」

というような答えが聞こえてきそうですが、

この質問で一番安全なのは
「最初に定めた考え方通り、
20pipsの損が発生したので、潔く損切りをする 」
という答えです。

実際にトレードをしていると、
損切りとは自分で損を確定させる行為ですから
勇気がいるものです。

今回のように文章での質問なら、
「損切りする」と簡単に答えられる
かもしれませんが、

実際にトレードの画面を目の前にしたら、
そしてそれが本物のお金を使ったトレードだとしたら、
その決断はなかなか思い切り良くはいかないものです。

ただ、そこで躊躇をした結果、
さらに損が拡大し、
「あの時損切りしておけばよかった」
と後悔する人も多いのです。

確かに損切りをせずに待っていたら、
もしかしたら価格が好転し、
利益が上がる可能性もあります。

ただ、そうならなかったとき、
含み損が増え続け、強制ロスカットにかかり、
証拠金の多くを失ってしまう可能性もあるのです。

そうならない為にも、
損切りの重要性をきちんと
覚えておいていただきたいと思います。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
急騰する株から効率よく利益を出すことに特化した、
たった1時間半で学べる講座です。

知識もなく売買して資金を損失しないために、
リスク管理、売買判断の重要ポイントを抑え、
一生使える知識を身につけてください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180608_09/


利益に繋がるストレス軽減法

2018.05.23
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

皆さんがトレードをするとき
一番ストレスに感じることは何でしょうか?

私の場合はエントリーをした後に、
決済されるまでチャートを
見続けることです。

エントリー後にチャートを見ていると、
含み益が発生している時は
良い気分でいられますが、

含み損が発生すると、
イライラしたり、値動きが気になって
他のことが手につかなくなってしまったり
することがあります。

こんな状態では冷静に物事を
考えることが出来ません。

そのため私は基本的にエントリーをした後は、
決済注文を入れて、自動で決済が行われる様に設定し、
後はチャートを見ない様にしています。

決済に関しては感情が入ると
利益が上手く伸ばせなかったり、

逆に損切りを躊躇してしまい
大損するリスクもあります。

だから私はその部分を完全に
自動化しているのです。
(指値・逆指値の数値は
もちろん自分で設定します。)

トレードをやっている方の中には、
エントリーした後、

「上がれっ!上がれっ!!」

と、念を送ったりしている方も
いますが、当然そんなことをしても
結果が変わるわけではありません。

逆に頑張って念を送ったにも関わらず
悪い結果になってしまった場合、
その時の精神的疲労は少なくありません。

健康的にトレードを長く続けるためには
決済を自動化させるなどの、
ストレスを軽減する工夫が必要です。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
チャートの「秘密」を理解しない限り、
目隠しでトレードしていることと同じですが、
その理由を今回お伝えします。

全くトレードで利益が出なかった方が
たった3ヶ月学んで資金を倍以上にできた、
驚異的な「秘密」はこちらからご確認を↓
https://japan-i-school.jp/sl/parity/180602_kujira/


トレードが終わったら…次は?

2018.05.16
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

FX初心者の方の中には、
トレードを体験してみて
注文を確定させたところまでは分かるが、

勝ったのか負けたのか、
いくら損益が発生したのか、
などの結果はどうやって見るのか。

そこがわからないという方も
いらっしゃるかと思います。

1回のトレードが終わりましたら、
先ずは「約定履歴」を見てみましょう。

約定履歴とはトレードの結果が
記載される項目ですが、

1回のトレードが終わりますと、
「新規」又は「決済」という
2つの注文が約定履歴の欄に並びます。

1525907152381

「新規」にはエントリーが発生した時の情報、
例えばエントリーした
(1)価格
(2)取引数量
(3)時間

等が記載されます。

1525907152381

また、「決済」には
(4)価格
(5)取引数量
(6)損益
(7)トレードが終了した時の時間

等の情報が記載されます。
(具体的に何円勝ったか負けたかが表記されます。)

1525907152381

何円の利益(又は損失)が発生したかは「決済」欄を
見れば分かりますが、

例えばそのトレードで何pipsの損益が発生したかに
関しましては、

「新規」に記載されている注文した時の価格と、
「決済」に記載されているトレードが終わった時の価格の
差額を計算すれば取得pips数も算出することができます。

トレードの結果を確認するのは
非常に大切なことですので、

初心者の方は約定履歴の見方を覚えて
損益の管理をしっかりと
できるようになってくださいね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

<編集部のおすすめ>
トレードを始めてはみたものの、
世界経済や今の日本の状況がよくわからない…

ニュースの言っている意味も、
経済用語も今から勉強なんて無理なのかも。

そんな諦めを抱える投資家の皆さんに朗報です!

あなたの疑問に、
現役ヘッジファンドマネージャーが本気でお答えします。
http://japan-i-school.jp/jim/ifl_180606/
※キャンペーン価格での継続できるのは今だけ!